ロシア海軍バルト艦隊の警備艦ヤロスラフ・ムードルイはカリブ海を去り、母港への帰路に就いた

16-0818f.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年12月2日12時50分配信
【警備艦「ヤロスラフ・ムードルイ」はカリブ海における全ての任務を果たした】
カリーニングラード、12月2日-ロシア通信社ノーボスチ

バルト艦隊警備艦「ヤロスラフ・ムードルイ」の乗組員は、カリブ海における計画任務の遂行を完了し、母国の沿岸へ進路を取った。
西方軍管区下のバルト艦隊広報サービス・情報供給部長ローマン・マルトフ1等海佐は報道陣へ伝えた。

「遠距離航海に在る警備艦ヤロスラフ・ムードルイの乗組員は、カリブ海における計画任務の遂行を完了し、母国の沿岸へ進路を取りました」
マルトフ
は話した。

彼は、「ヤロスラフ・ムードルイ」が6月1日にバルト艦隊主要基地バルチースク港から出航し、9月初頭には地中海を去ってインド洋へ入り、数週間に渡り対海賊ミッションを遂行した事を指摘した。
10月前半、警備艦地中海を横断し、大西洋へ出た。

10月、警備艦「ヤロスラフ・ムードルイ」給油船「レナ」で構成されるバルト艦隊艦船支隊大西洋を横断し、カリブ海へ入り、海軍の現代史上初めてキューバハバナ港トリニダード・トバゴ共和国ポイント・フォーティン港を業務寄港の為に訪れた。

「ヤロスラフ・ムードルイ」は最新の多目的警備艦であり、2009年に海軍へ加わっている。
それは、敵潜水艦の捜索、探知、追尾、海上における戦闘艦の対艦及び対潜防衛の保障、陸上部隊の戦闘活動の支援、海上揚陸部隊の上陸の支援の為に意図されている。



バルト艦隊警備艦「ヤロスラフ・ムードルイ」(2009年7月24日就役)は、2016年6月1日にバルチースクを出航し、6月11日には地中海中部マルタ島を訪問、6月14日にマルタを出航しました。
[ロシア海軍バルト艦隊の警備艦ヤロスラフ・ムードルイ、マルタ島訪問(2016年6月11日)]
[バルト艦隊の警備艦ヤロスラフ・ムードルイはロシア海軍地中海作戦連合部隊へ参加する]

その後、地中海東部へ到着し、ロシア海軍地中海作戦連合部隊(2013年6月1日創設)の一員として行動していました。

6月17日にはアメリカ海軍駆逐艦「ニアミス」を起こしました。
[地中海東部でアメリカ海軍駆逐艦はロシア海軍の警備艦ヤロスラフ・ムードルイへ接近した]

その後の動向は一切明らかにされていませんでしたが、地中海を出て紅海へ移動し、ジブチ港へ寄港していました。
16-0818e.jpg

8月18日にジブチを出航し、アフリカの角(アデン湾)海賊対処任務に就きました。
[ロシア海軍バルト艦隊の警備艦ヤロスラフ・ムードルイはアデン湾で海賊対処任務に就いた]

9月初頭にオマーンサラーラ港へ寄港し、9月6日に出航しました。
[ロシア海軍バルト艦隊の警備艦ヤロスラフ・ムードルイはアデン湾で海賊対処任務を続ける]

「ヤロスラフ・ムードルイ」は、以前にも2014年9月~10月にアデン湾海賊対処任務に就いており、今回で2度目になります。
[警備艦ヤロスラフ・ムードルイ遠距離航海(2014年8月-2015年2月)]

その後、「ヤロスラフ・ムードルイ」海賊対処任務を終えて地中海東部へ戻り、9月20日にキプロスリマソール港へ寄港しました。
16-0920a.jpg
[ロシア海軍バルト艦隊の警備艦ヤロスラフ・ムードルイはキプロスを訪れた]

10月7日に北アフリカスペイン領セウタへ寄港しました。


その後、大西洋を横断してカリブ海へ行き、10月26日にはキューバハバナ港へ寄港しました。
[ロシア海軍バルト艦隊の警備艦ヤロスラフ・ムードルイはキューバを訪れた]
16-1027f.jpg

11月17日にはトリニダード・トバゴポイント・フォーティン港を訪れました。
[ロシア海軍バルト艦隊の警備艦ヤロスラフ・ムードルイはトリニダード・トバゴを訪れた]
16-1118b.jpg
ロシア海軍の艦船がトリニダード・トバゴを訪問するのは初めてです。

その後もカリブ海に居たようですが、今回の記事の通り、母港(バルチースク)への帰路に就きました。


なお、「ヤロスラフ・ムードルイ」の舷側番号は、就役以降一貫して「727」でしたが、最近、「777」に変更されました。

「ヤロスラフ・ムードルイ」は、2012年4月からロシア皇帝家(ロマノフ家)の後援を受けています。
[ロマノフ家は警備艦ヤロスラフ・ムードルイを後援する]
スポンサーサイト

ロシア海軍太平洋艦隊の2017年度の予定

16-1202a.png
『タス通信』より
2016年12月1日5時3分配信
【太平洋艦隊の艦船は新年度に7つの国際演習へ参加する】
ウラジオストク、12月1日/タス通信特派員ナターリヤ・ニクーリナ

太平洋艦隊の艦船は、木曜日(12月1日)から始まる新年度に7つの国際演習へ参加し、クリル諸島(千島列島)マトゥア島(松輪島)への第2の科学研究探検を行ない、更に、幾つかの外国港を訪問する。
タス通信は、東方軍管区下の太平洋艦隊広報サービス・情報供給部長ウラジーミル・マトヴェーエフ2等海佐より伝えられた。

「本日(12月1日)、太平洋艦隊の部隊は、ロシア軍の新年度開始の為の会合を開催しました。
太平洋艦隊将兵は、7つの国際演習への参加を計画しています。
今日は、12月にヴィシャカ―パトナム港(インド)及びインド洋海域で実施されるロシア-インド演習『インドラ ネイヴィー-2016』への参加準備が完了しました」
マトヴェーエフ
は伝えた。

彼によると、太平洋艦隊全てに、新年度の充実した戦闘演習、構成員の基礎的な海上、野外、飛行訓練が待ち受けている。
艦隊の艦船は、世界の大洋の様々な地点での任務遂行を続け、外国港への業務寄港および訪問を行なう。
現在、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」、「アドミラル・パンテレーエフ」、大型海洋給油船「ボリス・ブートマ」が、指示された任務を海上で遂行している。

それに加え、(2017年)6月~9月に太平洋艦隊将兵は、国防省ロシア地理学協会の後援下でマトゥア島への第2の科学研究探検へ参加する。
現在、島の調査の為の計画の詳細が纏められ、人員及び調査委業務に必要な機材の選択が進められている。

更に、太平洋艦隊の基地では、2017年の国際軍事競技の枠組みにおいて、海上と野外で2つの国際競争「海洋杯」「海上揚陸」が実施されるとマトヴェーエフは付け加えた。



ロシア連邦軍の新年度は、12月1日から始まります。
つまり、2016年12月1日から2017年11月30日までが「2017年度」という事になります。

今回は、この「2017年度」太平洋艦隊の大まかな予定が発表されました。

まず、2016年12月には、インド海軍との合同演習『インドラ・ネイヴィー-2016』が実施されます。
この他に6つの国際演習へ参加するとの事ですが、その中の1つには、当然、中国海軍との合同演習『海洋協同-2017』が有るでしょう。

太平洋艦隊は、2016年5月~6月にクリル諸島(千島列島)中部のマトゥア島(松輪島)の調査を行ないましたが、2017年6月~9月には2回目の調査が行なわれるとの事です。
[クリル諸島マトゥア島(松輪島)のロシア海軍基地建設]

現在、太平洋艦隊大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」、「アドミラル・パンテレーエフ」、大型海洋給油船「ボリス・ブートマ」が遠距離航海を行なっているとの事です。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船部隊はインド洋へ向かった]
[ロシア海軍太平洋艦隊の駆逐艦ブイストルイはウラジオストクへ帰投した]

この他、太平洋艦隊は2つの国際軍事競技会へ参加するとの事です。
2016年の「海洋杯」黒海及びカスピ海で、「海上揚陸」バルト海で実施されましたが、2017年は2つとも太平洋艦隊の基地で実施されるようです。

新型原子力空母の建造はロシア海軍の将来計画に含まれている

16-1002a.jpg
『インタファクス』より
2016年12月1日9時32分配信
【(ロシア)海軍の将来プログラムには海洋航空機搭載複合体も加えられている】
モスクワ、12月1日、インタファクス-ロシア

海洋航空機搭載複合体ロシア海軍の将来発展計画に示されており、それは、予見できる将来の国家安全保障の課題の解決に関与する。
ロシア連邦軍事産業委員会参与会のメンバーであるウラジーミル・ポスペロフは伝えた。
16-1201a.jpg

「私共が将来の為に形成するこのプログラムには、このクラスの艦が在ります。
ロシア海軍により解決される目標と課題は、確実に、将来的には、このクラスの艦が解決するでしょう」
ポスペロフ
は木曜日に『インタファクス』へ話した。

将来海洋航空機搭載複合体プロジェクト23000E(コード名「シトルム」)は、未だ模型でのみ存在している。
艦のコンセプトは、クリロフ研究センター(サンクトペテルブルク)ネフスキー計画設計局と共同で開発した。

予備データによると、艦の全長は330メートル、幅40メートル、吃水11メートル。
航空母艦の速力は30ノットに達する。

最新の海洋航空機搭載複合体の建造が、どのような方向性となるのかという話で、ポスペロフ「複数の選択肢が考慮されている」と言い、このクラスの艦は、如何なる国にとっても高い値打が有る事を指摘した。
「特に、一部の課題を解決できる他の効果的な海洋手段を考慮すれば」
これは特に、最近に海軍へ加わったロケット艦を意味する。

9月にロシア連邦産業貿易相デニス・マントゥロフは、ロシアは新たな航空母艦の建造が可能であると発言し、この問題は、ロシア連邦国防省側からの需要に対し、より良い方向性を示している事を指摘した。
5月にロシア連邦国防相代理ユーリー・ボリソフは、海軍の為の新たな航空母艦は2025年以降にロシアで建造できると報道陣へ語った。
今、ロシアには、ただ1隻の航空母艦重航空機搭載巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」が在る。



[ロシア将来航空母艦]
[ロシア海軍将来空母概念設計案・プロジェクト23000E「シトルム」]
23000e.jpg

ロシア将来正規空母Перспективный Авианосецは、現在の所、3種類のヴァリエーションが検討されています。
重航空母艦(排水量80000-85000t、搭載機70機)
中航空母艦(排水量55000-65000t、搭載機50-55機)
軽航空母艦(排水量50000t未満)

建造費は重空母で3000億ルーブル、軽空母で1000億ルーブルと見積もられています。
[ロシアは3種類の将来航空母艦を設計している]
[ロシア国防省は3つの将来原子力空母設計案を検討している]
[ロシア将来空母の作成には約10年掛かり、費用は1000-3000億ルーブルになる]

将来正規空母の建造開始時期は、今のところは未定です。
[ロシア海軍の為の将来原子力空母の起工は2018年までの予定表には無い]

将来正規空母の艦載機は、数年後に配備予定のロシア空軍第5世代重戦闘機PAK FA(T-50)の艦上機型となり、この他に無人機も搭載されます。
[ロシア第5世代戦闘機T-50(PAK FA)の艦上戦闘機型が開発される]

将来正規空母の為の電磁カタパルトの開発作業も進められています。
[ロシア海軍将来正規空母の為の電磁カタパルトの開発は進められている]

将来正規空母アイランドは非金属複合材料製になります。
[ロシア海軍将来正規空母のアイランドは複合材料で造られる]

将来正規空母の動力に関しては、通常動力(ガスタービンなど)と原子力推進の2つのヴァージョンが検討されていますが、ロシア海軍の要求により、ほぼ原子力推進に確定しております。
[ロシア海軍将来正規空母は原子力推進となる]
[ロシア海軍将来正規空母と将来駆逐艦リデル級は同型の原子力機関を搭載する]

2016年1月下旬、ロシア海軍造船管理部長ウラジーミル・トリャピチニコフ氏は、将来正規空母の1番艦は2030年末に就役する見込みであると述べました。
更には、将来正規空母の機関が「特別な動力装置」、つまり原子力になるとも言いました。
[ロシア海軍の将来原子力空母は2030年に就役する]

将来正規空母は、「2018-2025年の国家軍備プログラム」の枠組みにおいて建造が始まります。
[ロシア海軍将来正規空母の建造契約は2025年末までに締結される]

将来正規空母は、2016年6月16日にサンクトペテルブルク『バルト工場』で進水した新型原子力砕氷船「アルクチカ」と同型の原子炉RITM-200を搭載するようです。
[ロシア海軍将来原子力空母は原子炉RITM-200を搭載するかもしれない]
16-0622h.jpg

将来正規空母の最終設計案は2020年以降に固められ、2030年頃の完成が予定されています。
[ロシア海軍将来原子力空母の最終設計案は2020年以降に作成される]



将来正規空母を何処で建造するのかは未だ正式に決定されていませんが、候補となるのは、ロシア国内全長300メートル以上の艦の建造が可能な乾ドックを有するセヴェロドヴィンスク『セヴマシュ』サンクトペテルブルク『バルト工場』です。
[ロシアの2つの造船所はロシア海軍の為の将来正規空母を建造できる]

『セヴマシュ』
16-1002d.jpg

『バルト工場』
16-1002e.jpg

現在の所、将来正規空母建造の中核となる可能性が最も高いのはセヴェロドヴィンスク「セヴマシュ」であり、同社は、造船設備の近代化を進めています。
[セヴェロドヴィンスク造船所は生産設備を近代化した後にロシア海軍の為の将来正規空母を建造できるようになる]
[ロシア造船業界は2019年にはロシア海軍の為の将来正規空母の建造が可能となる]

この他、サンクトペテルブルク『北方造船所』(セーヴェルナヤ・ヴェルフィ)ドックの拡張工事を行なっており、完了後は全長350メートルまでの艦の建造が可能となります。
無論、将来正規空母の建造も可能になります。
16-1002f.jpg
[サンクトペテルブルクの造船所はロシア海軍の将来原子力空母の建造に参加できる]

ロシア海軍の為の将来原子力駆逐艦リデル級の設計が始まる

16-1201b.jpg
『インタファクス』より
2016年12月1日10時53分配信
【ロシアは原子力駆逐艦「リデル」の設計を開始した】
モスクワ、12月1日、インタファクス-ロシア

新世代の将来駆逐艦プロジェクト「リデル」の外観が形成される。
『インタファクス』は木曜日にロシア連邦軍事産業委員会参与会のメンバーであるウラジーミル・ポスペロフより伝えられた。
16-1201a.jpg

「我々の新たな駆逐艦~この艦の本質は大洋ゾーンです。
それは外観が形成されます。
技術的プロジェクトの承認に関する問題は事実上解決されています」
ポスペロフ
は話した。

彼によると、駆逐艦の作成は「ロシア連邦の共通の単一造船発展プログラムの枠組みと、国家防衛発注の現在の課題の枠組みにおいて決定されます」

以前、遠海ゾーン用将来駆逐艦プロジェクト23560(コード名「リデル」)の建造は、2018年の開始が計画されていると報じられた。

専門家の見方によると、これは「見えない」駆逐艦であり、「ステルス」技術により建造され、遠海ゾーンで任務を遂行する海軍の能力を強化し、最も現代的な電波技術兵装、新たな高精度兵器と並々ならぬ機動特性が備えられる。



[ロシア将来駆逐艦プロジェクト「リデル」]
[ロシア海軍将来駆逐艦概念設計案・プロジェクト23560E「シクヴァル」]

ロシア海軍は、2000年代後半以降、新世代多用途駆逐艦(将来駆逐艦Перспективный Эсминец)の建造計画について何度も表明して来ました。
[ロシア海軍新世代原子力駆逐艦建造計画]
[ロシア海軍新世代駆逐艦の建造計画は現司令部に承認された]
[ロシアは「超駆逐艦」を建造する]

将来駆逐艦「リデル」は、原子力推進通常動力(ガスタービン)の2タイプの設計が進められていました。
[ロシア新世代駆逐艦は通常動力と核動力の2種類が設計される]

しかし2015年2月20日、ロシア海軍総司令官ヴィクトール・チルコフ提督は、「リデル」の機関が原子力推進にほぼ確定したと述べました。
[ロシア海軍の為の将来駆逐艦リデルは原子力推進となる]

ロシア海軍総司令官ヴィクトール・チルコフ提督は、「リデル」の排水量は、前のクラス(プロジェクト956駆逐艦、約8000トン)よりも遥かに大きくなり、その打撃力は巡洋艦に匹敵すると述べています。
[ロシア海軍将来駆逐艦リデルは巡洋艦に匹敵する攻撃力を有する]

将来駆逐艦「リデル」の動力は、ほぼ原子力推進に決まっています。
[ロシア海軍将来駆逐艦リデル級は原子力推進となる]

「リデル」の上部構造物には複合材料の使用も検討されています。
[ロシア海軍将来駆逐艦リデル級の上部構造物は非金属複合材料で造られるかもしれない]

2015年6月、ロシア連邦海軍総司令官ヴィクトール・チルコフ提督は、「リデル」の建造は2019年から開始されると述べました。
[ロシア海軍の為の将来駆逐艦リデル級の建造は2019年に開始される]

2015年7月、『統合造船業営団』国家防衛発注局取締役アナトーリー・シレモフ氏は、「リデル」の設計原案は2016年には纏まり、起工は早くて2018-2019年になると述べています。
[ロシア海軍の新型駆逐艦プロジェクト23560リデルの設計原案は2016年に出来上がる]

2015年12月、『統合造船業営団』総裁アレクセイ・ラフマノフ氏は、2018年に「リデル」建造の為のプレートカットが開始されると発言しました。
[ロシア海軍の将来駆逐艦リデル級は2018年から建造を開始する]

「リデル」は、ロシア連邦『2018-2025年の国家軍備プログラム』の枠組みにおいて起工されます。
[ロシア海軍将来駆逐艦リデル級は『2018-2025年の国家軍備プログラム』において建造される]
[ロシア海軍の新世代原子力駆逐艦リデル級の1番艦は2019年に起工される]

「リデル」の設計を担当する『北方計画設計局』は、実際にロシア海軍向けとして建造される艦の設計へ着手します。
(これまでに公開されている模型は、「リデル」の概念設計案「シクヴァル」のものであり、このままの形で建造されるわけではない)
[ロシア海軍将来駆逐艦リデル級の本格的な設計作業が始まる]
[ロシア海軍の将来原子力駆逐艦リデル級の本格的な設計作業は2017年に始まる]

「リデル」級駆逐艦は8隻の調達が予定されています。
[ロシア海軍は太平洋艦隊と北方艦隊の為に合計8隻の新世代原子力駆逐艦リデル級を発注する]

『統合造船業営団』副総裁イーゴリ・ポノマリョフ氏は、ロシアの造船所は、複数(2隻以上)の「リデル」級駆逐艦を同時に建造する事が可能であると発言しています。
[ロシアの造船所はロシア海軍の為の将来原子力駆逐艦リデル級を複数同時に建造できる]


そして今回、ロシア政府軍事産業委員会のメンバーであるウラジーミル・ポスペロフ氏は、「リデル」級駆逐艦「技術的プロジェクトの承認に関する問題は、事実上解決されている」と発言しました。
つまり、「リデル」級駆逐艦の主要目は、ほぼ決まったという事でしょう。

シリアへ派遣されたロシア海軍黒海艦隊の地対艦ミサイル"バスチオン"の代わりとなる同型のミサイルがクリミア半島へ到着した

16-1130e.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年11月30日10時25分配信
【情報筋:クリミアの新たな「バスチオン」はシリアへ送られた複合体の代わりとなる】
セヴァストーポリ、11月30日-ロシア通信社ノーボスチ

クリミア沿岸ミサイル複合体「バスチオン」の新たな大隊は、10月にシリアへ派遣された同類の部隊の代わりとなる。
ロシア通信社ノーボスチは、火曜日に半島の軍組織の情報提供者より伝えられた。

「10月にシリアへ送られた同類の部隊の代わりとなるバスチオン大隊は、本日に半島へ到着しました。
バスチオンは、半島の2ヶ所の地域に配置されます」

対談者は話した。

彼は、到着した「バスチオン」は、駐屯地が常に変更される移動式複合体であり、クリミア半島西方沿岸を、セヴァストーポリ地域と、エフパトリア(イェウパトーリヤ)或いは半島の北東に沿って移動する事を説明した。
「このバスチオンのような複合体によるカバーは、半島の対艦防衛と安全保障を大幅に向上させます」
クリミア
の軍組織の情報提供者は強調した。

2016年10月、クリミア「バスチオン」部隊は、同国のロシア航空宇宙軍グループ地中海海軍航空艦グループの安全保障を強化する計画により、シリアへ送られた。

対艦有翼ミサイル「ヤーホント」/「オーニクス」を有する沿岸ミサイル複合体「バスチオン」は、600kmに及ぶ海岸の防護の為に意図されており、様々なタイプおよびクラスの水上艦を撃破できる。
11月中旬、(ロシア)国防省は、沿岸ミサイル複合体が初めてシリアのテロリストの地上施設へ使用されたと発表した。

「バスチオン」大隊の標準的な編制には、ミサイルの為の4基の発射機と2基の輸送発射コンテナを含む約10両の車両が含まれる。



沿岸ミサイル複合体「バスチオン」は、超音速対艦ミサイル「オーニクス」(ヤーホント)の地上発射ヴァージョンです。

[ロシア海軍の超音速対艦ミサイル"オーニクス"は近代化される]

黒海艦隊は、クラスノダール地方及びクリミア半島地対艦ミサイル「バスチオン」を配備しています。
『黒海艦隊サイト』より
【K300P「バスチオン-P」】

2016年11月15日、重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」艦上戦闘機Su-33警備艦「アドミラル・グリゴロヴィチ」シリア領内のイドリブホムスISIL(イラク・レバントのイスラム国)及びアル=ヌスラ戦線の施設を攻撃しましたが、この時、「バスチオン」による攻撃も同時に行われました。
[ロシア海軍の正規空母アドミラル・クズネツォフの艦載機は初めてシリア領内のテロ組織への攻撃へ参加した]
[ロシア海軍黒海艦隊の最新警備艦アドミラル・グリゴロヴィチはシリア領内のテロ組織へ巡航ミサイルを発射した]


この「バスチオン」は、2016年10月にクリミア半島からシリアへ移送されたものでした。


そして11月30日、シリアへ移送された「バスチオン」の代わりとなる新たな「バスチオン」クリミア半島へ到着しました。


将来的には、「バスチオン」のサイロ発射型もクリミア半島へ配備されます。
[クリミア半島へロシア海軍の地対艦ミサイル"バスチオン"のサイロ発射型が配備される]


「バスチオン」は、2016年から北方艦隊太平洋艦隊にも配備されています。

2016年3月下旬、北方艦隊「バスチオン」が配備されました。
[ロシア海軍北方艦隊へ超音速地対艦ミサイル"バスチオン"が配備された]

2016年3月初頭には、沿海地方「バスチオン」が配備されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊へ超音速地対艦ミサイル"バスチオン"が配備された]
[ロシア海軍太平洋艦隊沿岸部隊は超音速地対艦ミサイル"バスチオン"を初めて発射した]

2016年11月下旬には、クリル諸島南部へ「バスチオン」が配備されています。
[ロシア海軍太平洋艦隊は南クリル(千島)に新型地対艦ミサイルを配備した]