FC2ブログ

ウシャコーフ勲章授与・重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフは2021年末までにロシア海軍へ復帰する

19-0904a.jpg
『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2019年9月4日8時24分配信
【ロシア唯一の航空母艦「アドミラル・クズネツォフ」は修理の後、2021年に海軍へ復帰する-『統合造船業営団』トップ】
ウラジオストク(ルースキー島)、9月4日、インタファクス

『統合造船業営団』は、重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」を期限内に修復するつもりである。
『インタファクス』は、『統合造船業営団』のトップ、アレクセイ・ラフマノフより伝えられた。

「未だ如何なる延期も有りませんし、我々の計画は生きてます。
他の決定が採択されるとすれば、それは確定してからです。
何も変更は無く、2021年のままです」
ラフマノフ
は、「アドミラル・クズネツォフ」の修理完了時期に関する質問に答え、こう話した。

以前、ロシア連邦海軍総司令官ニコライ・エフメノフ大将は、ロシア海軍航空母艦を近代化の後、2021年の受領を見込んでいると『インタファクス』へ述べた。
「スケジュールは、チェックして承認しておりますのでね。
航空母艦については、全てスケジュール通りに行なわれておりますよ」

彼は、6月25日にフォーラム『アルミヤ-2019』で話した。
「ええ、当然ですよ」
エフメノフ
は、海軍は、航空母艦を修理の後、2021年の受領を見込んでいるのかという質問に答え、こう話した。

以前、ラフマノフは、巡洋艦の使い古された主要動力システムは近代化されると述べた。
5月、『統合造船業営団』のトップは、「アドミラル・クズネツォフ」は新たな対空防衛システムと通信システムを得ると話した。
海軍の代理人は、近代化中に艦は対空防衛複合体「パーンツィリ」の海上版、新たなボイラー、ポンプ、新たな航空システムを得ると述べた。

航空母艦の技術的準備状態の回復及び近代化の為の艦船修理センター『ズヴェズドーチカ』との国家契約を、軍は2018年4月に締結した。

「アドミラル・クズネツォフ」は2017年2月に地中海航海からセヴェロモルスクへ戻った。
海軍の歴史上初めて、艦上戦闘機Su-33及びMiG-29KRシリアで戦闘動作を行なった。
公式データによると、「アドミラル・クズネツォフ」は、航海中に2機の艦上戦闘機を失った。
事故は着艦へのアプローチの際に発生し、飛行士は脱出した。
メディアは、シリア沿岸への航海でロシア航空母艦が濃い煙を出していた事を指摘した。

2018年10月30日未明、第82艦船修理工場(ロスリャコヴォ村、ムルマンスク)に在る世界最大級の浮きドックの1つであるPD-50から「アドミラル・クズネツォフ」が出渠した。
事故の結果、浮きドッククレーンの1つが航空母艦の甲板へ落下した。

重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」は、1982年に黒海造船工場の造船台で起工された。
艦は50機以上の飛行装置を搭載できる。
その兵装構成には、対艦有翼ミサイル「グラニート」高射ミサイル複合体「クリノーク」高射ミサイル砲複合体「カシターン」、自動艦載機関砲、更には対潜兵器システムが在る。



ロシア海軍唯一の「航空母艦」ウシャコーフ勲章授与・重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」(1991年1月21日就役)の近代化改装の契約は、2018年4月23日に締結され、その直後に工事が開始されました。
[ロシア海軍北方艦隊のウシャコーフ勲章授与・重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフの近代化改装の契約は締結された]


近代化改装の全容は明らかにされていませんが、兵装、電子機器、通信機器、航空艤装、戦闘情報管理システム、航空機管制複合体、火災探知システムなどは新型に変更される事になるようです。
[ロシア海軍の重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフは近代化改装により新たな通信システムを受け取る]
[ロシア海軍将来汎用揚陸艦の為の新たな戦闘情報管理システムが開発される]
[ロシア海軍唯一の空母アドミラル・クズネツォフは航空隊と戦闘情報管理ステムを近代化する]
[ロシア海軍北方艦隊のウシャコーフ勲章授与・重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフは近代化改装により新たな航空機管制複合体を装備する]

近代化改装を終えた「アドミラル・クズネツォフ」は、少なくとも20年間の就航が可能となります。
つまり、2040年頃までは現役に留まるという事です。
[ロシア海軍の空母アドミラル・クズネツォフは近代化改装後、少なくとも2040年まで現役に留まる]

プロジェクト11435重航空巡洋艦(アドミラル・クズネツォフ)を設計した『ネフスキー計画設計局』により、「アドミラル・クズネツォフ」の新たな近代化改装案が作成されました。
[ネフスキー計画設計局はロシア海軍唯一の空母アドミラル・クズネツォフの近代化改装の為の準備を進めている]
「アドミラル・クズネツォフ」には、新たな淡水化装置が設置されます。

「アドミラル・クズネツォフ」は、近代化改装により新型の高射ミサイル砲複合体「パーンツィリ-M」が装備されます。
[近代化改装されるウシャコーフ勲章授与・重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフは新たな高射ミサイル砲複合体パーンツィリ-Mを装備する]

更には、ロシア海軍新型フリゲート・プロジェクト22350(「アドミラル・ゴルシコフ」型)で初めて採用される最新の高射ミサイル複合体「ポリメント-リドゥート」の装備も計画されています。
[近代化改装されるウシャコーフ勲章授与・重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフは最新高射ミサイル複合体ポリメント-リドゥートを装備する]

「アドミラル・クズネツォフ」の近代化改装の費用については、これまでに様々な数字が出ていましたが、結局、約600億ルーブルに落ち着いたようです。
[ロシア海軍北方艦隊のウシャコーフ勲章授与・重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフの近代化改装の費用は約600億ルーブルになる]

「アドミラル・クズネツォフ」機関(蒸気タービン)自体は変更されませんが、蒸気発生用のボイラーは8基全てが交換される事になり、2018年7月下旬からボイラーの撤去作業が始まりました。
[近代化改装されるロシア海軍北方艦隊のウシャコーフ勲章授与・重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフのボイラーの撤去作業が始まった]

蒸気タービン機関自体も大規模な修復が行なわれます。
[近代化改装されるロシア海軍北方艦隊のウシャコーフ勲章授与・重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフは蒸気タービンエンジンを修復する]

「アドミラル・クズネツォフ」は、8基のボイラー(KVG-4)を、新たに製造されたボイラーKVG-4と交換します。
『Mil.Press FLOT』(フロートコム)より
2018年9月4日8時0分配信
【情報筋:「アドミラル・クズネツォフ」の新たなロシア製ボイラーは25年と見積もられている】
新たなボイラーKVG-4の寿命は25年になります。


「アドミラル・クズネツォフ」は、2018年9月17日にムルマンスク北東のロスリャコヴォ第82艦船修理工場大型浮きドックPD-50へ入渠しました。
18-0901d.jpg
19-0208g.jpg
[近代化改装されるロシア海軍北方艦隊のウシャコーフ勲章授与・重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフは大型浮きドックPD-50へ入った]

2018年10月30日未明、大型浮きドックPD-50へ入渠していた「アドミラル・クズネツォフ」の出渠作業中、突然に電力供給が止まり、浮きドックは沈没しました。
[重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフを修理中の浮きドックPD-50で事故が発生した]

この事故により、浮きドックPD-50のクレーン1基が「アドミラル・クズネツォフ」の飛行甲板へ落下し、甲板を損傷しました。
具体的には、飛行甲板に直径5メートル程の穴が開きました。

「アドミラル・クズネツォフ」は、事故後にロスリャコヴォからムルマンスク第35艦船修理工場へ回航され、第24埠頭(「アドミラル・クズネツォフ」がいつも停泊している場所)へ係留されました。

10月30日の浮きドック事故で「アドミラル・クズネツォフ」が受けた損傷は計52ヶ所に及び、その修復費用は約7000万ルーブルと見積もられています。
[浮きドックPD-50の沈没事故による航空母艦アドミラル・クズネツォフの損傷復旧には約7000万ルーブルの費用が掛かる]
「アドミラル・クズネツォフ」の近代化改装には約600億ルーブルが計上されているので、7000万ルーブルは、その1パーセントにも満たない数字です。

更に、損傷を受けた部分は、元々近代化改装工事の過程で交換する予定だった箇所なので、損傷を受けようが受けまいが、どのみち近代化改装予算の範囲内で交換する事になります。
従いまして、今回の事故の損傷復旧の為、新たに7000万ルーブルを出費する必要は無いわけです。

[浮きドックPD-50の沈没事故による航空母艦アドミラル・クズネツォフの損傷復旧の為の追加支出の必要は無い]

「アドミラル・クズネツォフ」の飛行甲板へ落下したクレーンは、12月下旬に撤去されました。
[浮きドックPD-50の沈没事故により航空母艦アドミラル・クズネツォフの飛行甲板へ落下したクレーンは完全に撤去されている]


「アドミラル・クズネツォフ」の火災探知システムは、予算の都合の為か、半分だけが新型に取り換えられることになるようです。
[近代化改装されるロシア海軍北方艦隊のウシャコーフ勲章授与・重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフは火災探知システムの半分を新型に替える]

更には、電力供給体系(ケーブル線)の一部も更新されます。
[近代化改装されるロシア海軍北方艦隊のウシャコーフ勲章授与・重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフは電力供給体系を部分的に更新する]

「アドミラル・クズネツォフ」から取り外された蒸気タービンエンジンは、サンクトペテルブルク『キーロフ-エネルゴマシュ』などへ送られ、修復されます。
その完了は2020年に予定されています。
[近代化改装中のロシア海軍北方艦隊のウシャコーフ勲章授与・重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフの蒸気タービンエンジン修復は2020年に完了する]

「アドミラル・クズネツォフ」は、近代化改装により機関の能力もアップするようです。
[ロシア海軍北方艦隊のウシャコーフ勲章授与・重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフは近代化改装により新たな能力を得る]


2019年3月、『統合造船業営団』総裁アレクセイ・ラフマノフ氏は、「アドミラル・クズネツォフ」の近代化改装工事の完了と海軍への引き渡しが、2021年末よりも3~4ヶ月遅れるかもしれないと発言しました。
[ロシア海軍北方艦隊のウシャコーフ勲章授与・重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフの近代化改装の完了は2021年末よりも3~4ヶ月遅れるかもしれない]

3~4ヶ月遅れるかもしれない理由は、「アドミラル・クズネツォフ」が入渠できるドックの確保に関する問題です。
[ロシアは事故で沈没した大型浮きドックPD-50に代わる新たな浮きドックの外国への発注は計画していない]

現在の『第35艦船修理工場』の乾ドックのサイズでは、「アドミラル・クズネツォフ」は入渠できませんが、これを、同艦が入渠できるサイズに拡張する計画は以前から有り、これが実行に移される事になりました。
19-0319d.jpg
19-0904b.jpg
[ロシア海軍の空母アドミラル・クズネツォフの為のムルマンスク艦船修理工場の乾ドック結合・拡張工事の準備は進められている]

「アドミラル・クズネツォフ」の近代化改装工事の主要部分は、2020年中には完了できる見込みです。
[ロシア海軍北方艦隊のウシャコーフ勲章授与・重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフの近代化改装工事の主要部分は2020年中に完了する]

2019年6月10日、ロシア海軍総司令部及びロシア造船業界の代表は、「アドミラル・クズネツォフ」の近代化改装工事の問題に関する(非公開の)会議をムルマンスクで開催し、この場で、『第35艦船修理工場』の乾ドック拡張後、「アドミラル・クズネツォフ」をそこへ入渠させる事が正式に決定したようです。
[ロシア海軍総司令部と造船業界は重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフの近代化改装に関する問題を討議する]
[近代化改装中のロシア海軍北方艦隊のウシャコーフ勲章授与・重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフは、ムルマンスク艦船修理工場の乾ドック拡張後にドック入りする]

『第35艦船修理工場』の乾ドック拡張工事は、2019年7月以降に始まりました。
[ロシア海軍の空母アドミラル・クズネツォフ近代化改装の為のムルマンスク艦船修理工場の乾ドック結合・拡張工事は既に始まっている]

この工事には少なくとも1年は掛かるので、工事完了は最短でも2020年7月になるでしょう。
[ロシア海軍の空母アドミラル・クズネツォフ近代化改装の為のムルマンスク艦船修理工場の乾ドック結合・拡張工事には1年掛かる]
ただし、この時期まで「アドミラル・クズネツォフ」の改装工事が中断されるわけでは無く(現に、今現在も中断されていない)、水上に浮いたままでも出来る工事は進められます。

「アドミラル・クズネツォフ」『第35艦船修理工場』の新たな乾ドックへ入渠できるのは、早くても2020年7月になるでしょう。
乾ドックで水面下部分の工事を行ない、更に、他の全ての作業が完了するのは早くても2021年前半になるでしょうし、それから洋上試験を行ない、同年末までにロシア海軍へ引き渡すのは、かなりギリギリのスケジュールでしょう。
スポンサーサイト



2007年12月のロシア空母「アドミラル・クズネツォフ」

前回の大西洋・地中海遠征(2007年12月5日~2008年2月3日)時の
ロシア海軍空母「アドミラル・クズネツォフ」

2007年12月中に撮影された写真です。

12月11日撮影(北海)
1211a.jpg
1211b.jpg

12月17日撮影(ケルト海)
1217a.jpg

12月19日撮影(クズネツォフ上空を飛行するノルウェー空軍のオライオン哨戒機)
1219a.jpg
1219b.jpg

12月20日撮影(ビスケー湾)
1220a.jpg

12月22日撮影(前日にジブラルタル海峡を通過、地中海西部)
1222a.jpg
1222b.jpg
1222c.jpg

12月23日撮影(地中海西部)
1223a.jpg

12月27日撮影(地中海中部)
1227a.jpg

2008年1月11日のロシア空母「アドミラル・クズネツォフ」

前回の大西洋・地中海遠征(2007年12月5日~2008年2月3日)時の
ロシア海軍空母「アドミラル・クズネツォフ」

2008年1月11日の早朝から夜間に掛けて撮影された写真です。
同日、「アドミラル・クズネツォフ」は、地中海中部に居ました。

07時07分撮影
0707.jpg

07時17分撮影
0717.jpg

07時20分撮影
0720.jpg

07時28分撮影
0728.jpg

午前に撮影
0800.jpg

午後に撮影
2000.jpg

20時21分撮影
2021.jpg

20時54分撮影
2054.jpg

21時12分撮影
2112.jpg

21時35分撮影
2135.jpg

遠征に参加した将兵達は、勲章を授与された

08-0430a.jpg

2008年4月30日、先の北東大西洋・地中海遠征に参加したロシア海軍艦艇打撃グループの将兵に対し、勲章が授与されました。

ロシア連邦国防省公式サイトより。


【北方艦隊の最良の将兵達に、国から勲章と報酬が与えられる】

国家の防衛力および軍の警戒態勢の維持と増強の為に貢献した北方艦隊の将兵は、ロシア大統領令により、ロシア連邦から勲章と報酬を与えられた。

北方艦隊司令官ニコライ・マクシーモフ海軍中将は、「第4等"軍における祖国への奉仕に対する"勲章」を授与された。

艦上戦闘機航空連隊司令イーゴリィ・マトコフスキー大佐には、「ロシア連邦英雄」の称号が与えられた。
胸の「金星」勲章は、2008年4月29日、クレムリンのエカチェリーナ・ホールにおいて、ロシア大統領ウラジーミル・プーチンの手で留められた。

「勇敢さに対する勲章」は、パイロットのユーリー・デニソフ中佐、ボリス・カリムツスキー、ウラジーミル・コクーリン、ユーリー・レベデフ、セルゲイ・ペチェネフ、セルゲイ・サウシュキン、アレクサンドル・スレサレフ、アンドレイ・チュルーシンに授与された。

重航空巡洋艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」艦長ウラチェスラフ・ロジオノフ1等海佐は、「海上における功績に対する勲章」を授与され、副長イーゴリィ・ニキーチン2等海佐、および北方艦隊の他の将校数名は、「軍隊における功績に対する勲章」を授与された。

セルゲイ・ザコリチノフ大佐、セルゲイ・ネフロトフ大佐、ウリャチェスラフ・トロヤン1等海佐、セルゲイ・テフヤシェフ1等海佐、ウラジーミル・プレスカチェ軍医中佐、パーヴェル・クズネツォフ2等海佐は、名誉勲章を授与され、オレグ・プラソフ2等海佐は、友愛勲章を授与された。

14人の水兵は「第1等"祖国への奉仕に対する"勲章」及び「第2等"祖国への奉仕に対する"勲章」を授与され、5名の将校はウシャコフ勲章を、1名はネステロフ勲章を授与された。
ロシア連邦国防省公式サイト・2008年4月30日


上記の「艦上戦闘機航空連隊」は、Su-33艦上戦闘機を擁する
「ソヴィエト連邦英雄2回受賞ボリス・サフォーノフ名称記念・第279艦上戦闘機航空連隊」を指しております。
連隊司令の他に、8名のパイロットの名前が挙げられていますが、彼らは、Su-33乗りでしょう。

誤解

2008年1月18日17時28分に撮影されたアメリカ海軍イージス巡洋艦CG-56サン・ジャシントと
ロシア海軍艦艇打撃グループの駆逐艦アドミラル・チャバネンコ
CG56-DD650.jpg


「ロシア空母部隊は補給を受けた(1月23日)」
にあるように、ロシア海軍は、
「地中海のトゥーロンから出港した後、大西洋の訓練海域に到達するまで、ロシア艦艇部隊は、20~50kmの間隔を維持しながら米国海軍巡洋艦「サン・ジャシント」に追尾された。」
と発表しました。


しかし、『世界の艦船』2008年4月号では、アメリカ海軍からの情報として、アドミラル・チャバネンコとサン・ジャシントが「共同訓練」をしたなどと書かれています。

確かに、上の写真は、一見すれば、アドミラル・チャバネンコとサン・ジャシントが「共同訓練」をしたようにも見えるでしょうし、この写真の出所は、アメリカ海軍です。

しかし、本当に「共同訓練」をしたのなら、ロシア側は、そう発表しますよ。
「追尾された」などとは言わないでしょう。

地中海のロシア空母部隊(2008年1月)

ロシア連邦国防省公式サイトより。

地中海のロシア連邦北方艦隊艦艇打撃グループ(KUG)

重航空巡洋艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」
CV02.jpg


重航空巡洋艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」と大型対潜艦「アドミラル・チャバネンコ」
KUG01.jpg


大型対潜艦「アドミラル・レフチェンコ」
KUG02.jpg


大型対潜艦「アドミラル・レフチェンコ」と大型海上給油艦「セルゲイ・オシポフ」
KUG03.jpg


空母部隊と合流したロシア黒海艦隊旗艦のロケット巡洋艦「モスクワ」
KUG04.jpg


大型対潜艦「アドミラル・チャバネンコ」
KUG05.jpg


大型対潜艦「アドミラル・レフチェンコ」
KUG06.jpg


大型対潜艦「アドミラル・チャバネンコ」
KUG07.jpg

地中海と大西洋の空母クズネツォフ

ロシア連邦国防省公式サイトより。


地中海の重航空巡洋艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」
TAKR01.jpg
TAKR06.jpg
TAKR07.jpgTAKR09.jpg
TAKR10.jpgTAKR08.jpg


大西洋の「アドミラル・クズネツォフ」
TAKR02.jpg
TAKR03.jpg
TAKR04.jpg
TAKR05.jpg

セヴェロモルスクに帰港したロシア海軍空母部隊

ロシア連邦国防省公式サイトより。


2ヶ月に及ぶ北東大西洋・地中海遠征を終えてセヴェロモルスクに帰ってきたロシア海軍北方艦隊の空母部隊

重航空巡洋艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」
01.jpg


帰港した空母部隊将兵を出迎えるロシア海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキー
1219c
09.jpg


帰港した空母部隊将兵
1219b
04.jpg
05.jpg
06.jpg
08.jpg07.jpg



空母部隊将兵の家族
10.jpg
11.jpg



クズネツォフ艦上のSu-33
13.jpg
14.jpg
15.jpg
16.jpg
17.jpg
18.jpg


大型対潜艦「アドミラル・チャバネンコ」「アドミラル・レフチェンコ」19.jpg

大西洋のクズネツォフ(2008年1月下旬)

2008年1月下旬に大西洋で撮影されたロシア海軍空母「アドミラル・クズネツォフ」
(クリックすると、大きいサイズの写真が表示されます)
08-01a.jpg
08-01b.jpg
08-01c.jpg
08-01d.jpg
08-01e.jpg
08-01f.jpg
08-01g.jpg
08-01h.jpg

ロシア海軍総司令官は、空母部隊将兵を表彰した

063.jpg

ロシア連邦国防省公式サイトより
【北方艦隊の艦艇打撃グループは、大西洋および地中海への航海を成功裏に完了した】

2008年2月3日、北方艦隊の主要基地セヴェロモルスクで、ロシア海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキー海軍大将は、大西洋および地中海への遠征の任務を成功裏に達成した北方艦隊の艦艇打撃グループ(KUG)艦船を出迎えた。

海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキー海軍大将の将旗を掲げた送迎艇は、艦艇打撃部隊の大型対潜艦「アドミラル・レフチェンコ」「アドミラル・チャバネンコ」、支援艦「セルゲイ・オシポフ」「ニコライ・チケル」を査閲した後、係留されている重航空巡洋艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」へ接舷した。
艦艇打撃グループの乗組員は、上甲板で整列した。

海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキー海軍大将は、北方艦隊司令官ニコライ・マクシーモフ海軍中将が出迎える中、ムルマンスク州知事ユーリー・エフドキモフ、国家海上政治委員会議長ヴャチェスラフ・ポポフと共に、重航空巡洋艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」の艦上を訪れ、ロシア連邦国防相アナトーリー・セルジュコフからのメッセージを読み上げた。

艦上での厳粛な表彰式において、北方艦隊艦艇打撃グループの12名の将校および准士官は、アパートを取得した。
モスクワ市およびモスクワ州から、30名の水兵に報奨金が与えられた。
10名の水兵は、ロシア連邦国防相に代わり、海軍総司令官から素晴らしい報奨を贈られた。

海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキー海軍大将は、栄光ある艦艇打撃グループの重航空巡洋艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」乗組員は、課せられた任務を遂行した事を指摘した。
ウラジーミル・ヴィソツキー海軍大将によると、艦(クズネツォフ)は定期整備と出撃準備が行われた後、先に完了した遠征よりも価値が小さくない新たな任務を遂行するだろう。

海軍総司令官によると、ロシア軍艦は、我が国の国益に関わる場所で、我が国の意志を示した。

北方艦隊の艦艇打撃グループの航海は2007年12月5日に始まった。
航海の目的は、世界の海洋の国益上重要な海域において、ロシア海軍存在を示す事である。
航海の指揮は、北方艦隊司令官ニコライ・マクシーモフ海軍中将が執った。

航海中、艦上航空機は飛行活動を遂行し、重航空巡洋艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」の戦闘機は、離艦および着艦、計20回の飛行操作、約400回の出撃(100回以上に及ぶ)を遂行した。

航海時、艦艇打撃グループは、黒海艦隊の艦船との相互運用を含む全ての示された課題を成功裏に遂行し、15,000海里以上を走破した。
また、北方艦隊の艦艇打撃グループは、フランスおよびイタリア海軍艦艇と幾度かの合同演習を行なった。
北方艦隊の艦船は、チュニジア、フランスおよびイタリアの港へ寄港した。
ロシア連邦国防省公式サイト・2008年2月4日



ウラジーミル・ヴィソツキー総司令官の発言を見ると、ロシア海軍は、今年中にもう一度、空母クズネツォフの遠征を実行するつもりのようです。