ロシア海軍黒海艦隊の警備艦スメトリーヴイは黒海で対空戦闘訓練を行なった

17-0521d.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2017年5月20日8時45分配信
【黒海艦隊の警備艦「スメトリーヴイ」は空中標的へのミサイル射撃を実行した】

黒海艦隊警備艦「スメトリーヴイ」は、戦闘訓練射爆場において、敵の空中攻撃手段からの攻撃を撃退する計画単独演習を実施した。

艦は、空中目標を模した標的へ2基の高射ミサイル複合体「ヴォルナ」の発射と砲射撃を実行した。
標的の設置は、黒海艦隊海軍航空隊水陸両用航空機Be-12の乗員により支援された。



黒海艦隊警備艦「スメトリーヴイ」(1969年10月21日就役)は、2016年3月6日にセヴァストーポリを出航して地中海へ向かい、6月10日に帰港しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の警備艦スメトリーヴイは地中海へ向かった]

その後、2016年10月28日に再びセヴァストーポリを出航し、10月29日にボスポラス海峡を南下して地中海へ入りました。


10月31日から11月1日までギリシャを訪問し、ロシア皇帝家出身のギリシャ王妃オルガ(オリガ)の生誕165周年記念行事へ参加しました。

オリガ・コンスタンチノヴナ・ロマノヴァ(1851年9月3日~1926年6月18日)は、ロシア皇帝アレクサンドル2世の弟コンスタンチン大公の娘であり、1867年にギリシャ国王ゲオルギオス1世と結婚してギリシャ王妃となりました。
17-0306c.jpg

「スメトリーヴイ」ギリシャを去った後も地中海東部(シリア沖)に滞在し、ここで2017年の新年を迎えました。

2017年2月下旬には地中海東部に居るアメリカ海軍原子力空母「ジョージ・H・W・ブッシュ」を追尾しました。
ブログ『BMPD』より
【「スメトリーヴイ」は「ブッシュ」を追う】

「スメトリーヴイ」は3月5日にボスポラス海峡を北上して黒海へ入り、3月6日にセヴァストーポリへ帰投しました。

[ロシア海軍黒海艦隊の警備艦スメトリーヴイは4ヶ月間の地中海航海を終えてセヴァストーポリへ帰投した]


それから1ヶ月半程経った5月20日、黒海へ出航して対空戦闘訓練を行ない、高射ミサイル「ヴォルナ」AK-726 76mm連装砲を発射しました。

高射ミサイル「ヴォルナ」
17-0521f.jpg
17-0521g.jpg

AK-726 76mm連装砲
17-0521e.jpg

黒海艦隊では、警備艦「アドミラル・グリゴロヴィチ」「アドミラル・エッセン」などの新造艦の配備が進められていますが、既に就役から47年が経ったオールドタイマーの「スメトリーヴイ」は、まだ暫くの間は現役に留まるようです。
スポンサーサイト

ロシア海軍黒海艦隊の偵察艦リマンはイスタンブール沖で民間船と衝突し沈没した

17-0427g.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年4月27日14時9分配信
【ロシアの調査船「リマン」は黒海で損傷を受けた】
モスクワ、4月27日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア黒海艦隊調査船「リマン」は、ボスポラス海峡から40kmで他の船と衝突した後に損傷を受けた。
乗組員は負傷していないとロシア国防省は発表した。

緊急事態は、木曜日の昼頃に発生した。
「リマン」は、現在、所有者が確立している「アショート-7」号と衝突し、吃水線下の右側を損傷した。
「同艦の乗組員は、船のダメージコントロールに努めています」
軍当局は声明で述べた。

事故現場へ黒海艦隊の当直部隊の艦船と、更には救助チームの航空機An-26が向かった。



『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年4月27日14時34分配信
【損傷を受けたロシア船「リマン」の乗組員は全員が救助された】
アンカラ、4月27日-ロシア通信社ノーボスチ、アラン・パラジチェンコ

黒海で他の船と衝突して損傷したロシア連邦黒海艦隊調査船「リマン」の全ての乗組員は、イスタンブール沿岸警備隊に救助された。
『ロシア通信社ノーボスチ』は当局の広報サービス代表より伝えられた。

先だってロシア国防省は、黒海艦隊調査船「リマン」が木曜日にボスポラス海峡から40kmで他の船と衝突した後に損傷を受け、乗組員は負傷していないと発表した。
トルコのメディアは、トルコ沿岸警備隊の艇が船の衝突場所へ到着したと報じた。

「衝突した2隻の船は、1隻はロシア船、2隻目はトーゴ船籍です。
双方の船の乗組員は全て救助され、死傷者は居ません。
私共は、合計で78名の避難者を救助しました」

対談者は話した。



『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年4月27日15時17分配信
【黒海で損傷を受けたロシア船「リマン」は沈没した】
モスクワ、4月27日-ロシア通信社ノーボスチ

黒海艦隊船「リマン」は損傷を受けた結果、沈没したが、乗組員は誰も負傷していない。
(ロシア)国防省は発表した。

事故は、木曜日の昼頃に発生した。
ボスポラス海峡から40kmでロシア艦「アショート-7」号と衝突し、右舷側に損傷を受けた。
緊急事態の現場へ直ちにトルコ沿岸警備隊の艇が出動し、双方の船の乗組員を救助した。
合計で78名の避難者が救助された。

「黒海艦隊の調査船リマンの乗組員全ては完全に生存し、健在です。
現在、トルコの救助船はロシア艦の避難の準備をしています」

防衛当局は声明で述べた。

国防省は更に、「リマン」の乗組員の一部が欠けているというロイター通信の報道を否定した。

近い内に、緊急事態の現場から1.5海里に居たロシア船「ウルス・スター」黒海艦隊基地へ乗組員を送り届ける。

イスタンブールロシア総領事館によると、艦の衝突の理由は濃霧かもしれない。

イスタンブール沿岸警備隊の広報サービス代表は、「アショート-7」号トーゴ船籍で活動していたと『ロシア通信社ノーボスチ』へ話した。

「リマン」は1970年にポーランドのグダニスク市で建造され、当初は海面図調査の為に意図されていた。
1989年に船は偵察艦へ改装された。



『赤旗黒海艦隊情報リソース』より
【中型偵察艦「リマン」】

プロジェクト861中型偵察艦「リマン」は1970年8月19日に進水し、同年12月23日に就役し、北方艦隊へ編入されました。

1974年に黒海艦隊へ転属しました。

1999年4月~5月にはユーゴスラヴィア沖(アドリア海)へ進出し、NATO軍の動向を監視しました。
17-0427h.jpg


この数年間は交代で地中海東部へ派遣され、最近では、2016年10月20日にボスポラス海峡を南下して地中海へ入り、2017年1月26日にボスポラス海峡を北上して黒海へ入りました。
これが「リマン」にとって、最後の地中海での活動になりました。

記事中で触れられているように、「リマン」は2017年4月27日にボスポラス海峡の北西40kmでトーゴ船籍の貨物船と衝突し、沈没しました。
乗組員は全員救助されました。
17-0427f.jpg

ロシア海軍黒海艦隊の最新警備艦アドミラル・グリゴロヴィチはシリア沖へ向かった

16-1103a.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年11月3日11時32分配信
【フリゲート「アドミラル・グリゴロヴィチ」はシリア沖の海軍グループを強化する】
セヴァストーポリ、11月3日-ロシア通信社ノーボスチ

「カリブル」ミサイルで武装する黒海艦隊の最新フリゲート「アドミラル・グリゴロヴィチ」は、木曜日にセヴァストーポリから地中海へ向かい、シリア沖のロシアグループを強化する。
ロシア通信社ノーボスチクリミアの軍機構の情報提供者より伝えられた。

2016年6月、「アドミラル・グリゴロヴィチ」セヴァストーポリへ到着し、黒海艦隊へ加わった。

「黒海艦隊の最新ロケットフリゲート"アドミラル・グリゴロヴィチ"は、本日に基地から出航し、地中海へ向かいました。
(同艦は)シリア沖のロシア艦船グループへ補充されます」

対談者は話した。

彼によると、「アドミラル・グリゴロヴィチ」の到着は、ロシア海軍地中海グループ「かなり大幅な強化」となる。

「艦は汎用性が有り、長距離で水上及び地上の双方の目標へミサイルによる打撃を与える事が可能です。
それは更に、ロシアグループの対空防衛システム全体を統合します。
艦の乗組員にとっては、戦闘勤務の条件は、良い実地作業となるでしょう」

情報提供者は指摘した。

黒海艦隊の射爆場で船員は、既に砲撃と空中攻撃の撃退の作業と、更には海上航空隊の対潜ヘリコプターの作業へ取り組んだ事を対談者は付け加えた。

公開情報によると、フリゲート「アドミラル・グリゴロヴィチ」は、艦上に8基の有翼ミサイル「カリブル」、更には36基の高射誘導ロケット複合体「シチーリ-1」(高射複合体「ブーク」の海上版)を搭載できる。

プロジェクト11356フリゲートの排水量は4000トン、速力30ノット、自立行動期間30日、乗員200名。
ミサイル複合体に加え、艦の武装には、口径100mmの艦砲対潜反応爆弾発射機「スメルチ-2」、口径533mmの魚雷ヘリコプターKa-27が在る。



ロシア海軍の最新警備艦(フリゲート)プロジェクト11356Rの1番艦「アドミラル・グリゴロヴィチ」は2016年3月11日に就役しました。
[プロジェクト11356R警備艦(フリゲート)1番艦アドミラル・グリゴロヴィチはロシア海軍へ就役し、黒海艦隊へ編入された]

6月9日にセヴァストーポリ基地へ到着しました。
[ロシア海軍最新フリゲート"アドミラル・グリゴロヴィチ"は黒海艦隊基地セヴァストーポリへ到着した]

7月13日には黒海で戦闘訓練を実施しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の最新フリゲート"アドミラル・グリゴロヴィチ"は黒海で砲撃訓練を行なう]

8月下旬には「抜き打ち演習」へ参加しました。
[ロシア海軍黒海艦隊とカスピ小艦隊は抜き打ち演習へ参加する]


9月24日、「アドミラル・グリゴロヴィチ」は初めての地中海航海へと出発しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の最新警備艦(フリゲート)アドミラル・グリゴロヴィチはギリシャへ向かった]

地中海へ出た「アドミラル・グリゴロヴィチ」は、9月28日にギリシャケルキラ(コルフ)島を訪問しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の最新警備艦(フリゲート)アドミラル・グリゴロヴィチはギリシャのケルキラ(コルフ島)を訪問した]
16-0924e.jpg

10月3日、「アドミラル・グリゴロヴィチ」ギリシャから去りました。
[ロシア海軍黒海艦隊の最新警備艦(フリゲート)アドミラル・グリゴロヴィチはギリシャを去った]

10月7日にセヴァストーポリへ帰港しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の最新警備艦(フリゲート)アドミラル・グリゴロヴィチはセヴァストーポリへ帰投した]


それから約1ヶ月後、「アドミラル・グリゴロヴィチ」は再び地中海へ向かいました。

今度はシリア沖へ行くようです。

ロシア海軍黒海艦隊のロケット艇イワノヴェツは地中海東部(シリア沖)からセヴァストーポリへ帰投した

16-1022a.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年10月21日16時45分配信
【黒海艦隊のロケット艇は計画任務遂行後にセヴァストーポリへ戻った】
モスクワ、10月21日-ロシア通信社ノーボスチ

黒海艦隊ロケット艇「イワノヴェツ」は、2ヶ月以上に渡る計画任務を遂行し、地中海からセヴァストーポリの基地へ戻った。
金曜日、黒海艦隊情報供給部長ヴャチェスラフ・トルハチェフは報道機関へ伝えた。

「地中海での計画任務遂行を完了した黒海艦隊のロケット艇イワノヴェツは、艦隊主要基地セヴァストーポリへ帰投しました。
戦闘艦は2か月条に渡り、この作戦ゾーンの海軍常設連合部隊の一員として行動しました」

彼は話した。

トルハチェフは、グループ戦力の計画ローテーションに基づき、ロケット艇「イワノヴェツ」小型ロケット艦「ミラーシュ」と交代したと説明した。
艦が遠距離航海から戻った際、セヴァストーポリでは歓迎式典が開催された。

以前、黒海艦隊は、同艦隊のロケット艦「ミラーシュ」セヴァストーポリから地中海へ出航した事を確認した。



プロジェクト12411「モルニヤ」大型ロケット艇R-334は、1988年4月1日にレニングラード(現サンクトペテルブルク)の『中部ネヴァ川造船工場』で起工され、1989年7月28日に進水、1990年12月30日にソ連海軍へ納入されました。

1998年11月にイワノヴォ州黒海艦隊第41ロケット艇旅団が後援協定を締結し、同年10月29日付で「イワノヴェツ」と命名されました。

2014年1月には、ソチ冬季オリンピックの警護の為、同市沖へ派遣されました。
[17隻のロシア艦艇がソチ冬季オリンピックを護る]

2016年8月に地中海東部へ派遣され、10月21日にセヴァストーポリへ帰投しました。

記事中で触れられていますが、10月初頭には黒海艦隊小型ロケット艦「ミラーシュ」セヴァストーポリを出航し、地中海東部へ向かいました。
[ロシア海軍黒海艦隊の小型ロケット艦ミラーシュは地中海東部(シリア沖)へ向かった]

ロシア海軍黒海艦隊の最新警備艦(フリゲート)アドミラル・グリゴロヴィチはセヴァストーポリへ帰投した

16-1007b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2016年10月7日12時22分配信
【黒海艦隊のフリゲート「アドミラル・グリゴロヴィチ」はギリシャ共和国からセヴァストーポリへ戻った】

今日、有名な提督フョードル・ウシャコーフの記念日の枠組みにおいて開催された第15回年次フォーラム『イオニア諸島のロシア週間』へ参加した黒海艦隊フリゲート「アドミラル・グリゴロヴィチ」は、セヴァストーポリへ戻った。

航海中に同艦はコルフ島レフカダ島を訪問した。
艦上には黒海艦隊の儀礼衛兵隊、軍楽隊と創作アーチストチームが乗っていた。

セヴァストーポリへ入港する前にフリゲートの乗組員は、黒海艦隊混成航空連隊の飛行士と合同で同艦の甲板からのヘリコプターKa-27PSの組織的発着艦へ取り組んだ。

最初の遠海ゾーン航海からセヴァストーポリへ戻ってきた「アドミラル・グリゴロヴィチ」の歓迎式典が開催され、黒海艦隊水上艦連合部隊司令部と退役将兵の代表が参加した。



ロシア海軍の最新警備艦(フリゲート)プロジェクト11356Rの1番艦「アドミラル・グリゴロヴィチ」は2016年3月11日に就役しました。
[プロジェクト11356R警備艦(フリゲート)1番艦アドミラル・グリゴロヴィチはロシア海軍へ就役し、黒海艦隊へ編入された]

6月9日にセヴァストーポリ基地へ到着しました。
[ロシア海軍最新フリゲート"アドミラル・グリゴロヴィチ"は黒海艦隊基地セヴァストーポリへ到着した]

7月13日には黒海で戦闘訓練を実施しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の最新フリゲート"アドミラル・グリゴロヴィチ"は黒海で砲撃訓練を行なう]

8月下旬には「抜き打ち演習」へ参加しました。
[ロシア海軍黒海艦隊とカスピ小艦隊は抜き打ち演習へ参加する]


9月24日、「アドミラル・グリゴロヴィチ」は初めての地中海航海へと出発しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の最新警備艦(フリゲート)アドミラル・グリゴロヴィチはギリシャへ向かった]

地中海へ出た「アドミラル・グリゴロヴィチ」は、9月28日にギリシャケルキラ(コルフ)島を訪問しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の最新警備艦(フリゲート)アドミラル・グリゴロヴィチはギリシャのケルキラ(コルフ島)を訪問した]
16-0924e.jpg


コルフ島は、歴史上ロシア海軍とは深く関わっており、1799年、ロシア海軍フョードル・ウシャコーフ提督は、コルフ島フランスから解放しています。
15-0927a.jpg

これを記念して毎年9月下旬~10月初頭にロシア海軍の艦がコルフ島(ケルキラ)を訪れ、記念行事(イオニア諸島のロシア週間)が開催されています。
【「イオニア諸島のロシア週間」公式サイト】

10月3日、「アドミラル・グリゴロヴィチ」『イオニア諸島のロシア週間』への参加を終え、ギリシャから去りました。
[ロシア海軍黒海艦隊の最新警備艦(フリゲート)アドミラル・グリゴロヴィチはギリシャを去った]

そして10月7日にセヴァストーポリへ帰港しました。