FC2ブログ

ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは空中戦闘訓練を行なった

19-0716d.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2019年7月16日4時5分配信
【近代化された太平洋艦隊のMiG-31BMは戦闘機動の要素を伴う空中戦へ取り組んだ】

カムチャツカ太平洋艦隊海上航空隊の近代化された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの乗員は、太平洋の北方緯度水域上空で空中戦闘実施及びミサイル兵器の戦術使用の要素へ取り組んだ。

実地行動中、飛行士は、自身の兵器使用及び敵兵器の有効性を減らす為の有利なポジションを占める目的の操縦術へ取り組んだ。
訓練では、ミサイル兵器による攻撃時のポジションの選択と、単一空中目標への攻撃を他機へ移す為の迅速な交代が行なわれた。

この他、MiG-31BM乗員は、航空機の能力の限界の機動の為の長時間の過負荷に耐え抜く技量を向上させた。

近代化された高空迎撃戦闘機MiG-31BMは、今年2月に太平洋艦隊海上航空隊エリゾヴォ飛行場へ到着した。

工場での近代化を伴う修理中、航空機の航空電子機器及び電波電子システムは更新され、迎撃機の戦術特性は向上し、戦闘能力は向上した。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
19-0220e.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
19-0220f.jpg
19-0220g.jpg
19-0220h.jpg
このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。


現在、ロシア航空宇宙軍MiG-31は、電子機器を換装し、対地/対艦ミサイルの運用能力を付与するMiG-31BMへの近代化改修を行なっています。



太平洋艦隊海軍航空隊所属のMiG-31MiG-31BMへ改修される事になり、2019年2月20日に最初の2機がカムチャツカエリゾヴォ飛行場へ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊へ近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの慣熟訓練を進めている]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの飛行訓練を行なっている]

今年中には更に数機のMiG-31MiG-31BMへの改修を終えてエリゾヴォへ到着します。
スポンサーサイト

ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは沿海地方の演習で爆撃機Tu-22M3(バックファイア)を迎撃した

19-0712l.jpg
19-0712m.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2019年7月11日10時47分配信
【沿海地方における太平洋艦隊海上航空隊の戦闘機と遠距離航空隊の航空機の合同演習は完了した】

沿海地方日本海上空の戦闘訓練地域で計画合同戦術演習が実施され、太平洋艦隊海上航空隊高空迎撃戦闘機MiG-31BM、超音速ロケット爆撃機Tu-22M3遠距離電波位置測定探知管制航空機A-50が関わった。

実地活動の為、航空機は恒久駐留場所から沿海地方の作戦飛行場へ急速に移動した。
19-0712i.jpg
演習中、ロケット機Tu-22M3のペアは、仮想敵水上艦グループへ有翼ミサイルKh-22による模擬打撃を与え、パッシブ妨害の設定を行なった。

次に、太平洋艦隊の2機の戦闘機MiG-31BMは、ウラジオストク周辺の飛行場から離陸し、成功裏に爆撃機の迎撃を行なった。
目標までの誘導は、遠距離電波位置測定探知管制航空機A-50の機器の能力を使用して行なわれた。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
19-0220e.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
19-0220f.jpg
19-0220g.jpg
19-0220h.jpg
このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。


現在、ロシア航空宇宙軍MiG-31は、電子機器を換装し、対地/対艦ミサイルの運用能力を付与するMiG-31BMへの近代化改修を行なっています。



太平洋艦隊海軍航空隊所属のMiG-31MiG-31BMへ改修される事になり、2019年2月20日に最初の2機がカムチャツカエリゾヴォ飛行場へ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊へ近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの慣熟訓練を進めている]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの飛行訓練を行なっている]

今年中には更に数機のMiG-31MiG-31BMへの改修を終えてエリゾヴォへ到着します。


2019年7月11日、2機のMiG-31BM沿海地方へ移動し、カーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)に駐留する超音速爆撃機Tu-22M3(バックファイア)を洋上で迎撃する演習を行ないました。

今回の演習では「敵役」となったカーメニ・ルチェイTu-22M3ですが、元々はロシア海軍航空隊所属機であり、2010年代初頭に空軍(航空宇宙軍)遠距離航空隊へ移管されました。
19-0712j.jpg
19-0712k.jpg

ロシア海軍太平洋艦隊航空隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは空中給油訓練を行なった


『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2019年6月17日8時8分配信
【太平洋艦隊海上航空隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは極北地域で空中給油を行なった】

太平洋艦隊独立混成航空連隊戦闘機飛行士は、極北地域での空中給油実施へ取り組んだ。

給油される航空機MiG-31BMは、高度約6500メートルを時速500キロメートルでカムチャツカ半島地域の空中空間、更には太平洋上空を通過した。
戦闘機は単独で、そしてペアを組んで任務を遂行した。

戦闘機MiG-31BMは、ロシア航空宇宙軍遠距離航空隊給油航空機Il-78Mから給油を受けた。

複雑な天候条件下における訓練中、太平洋艦隊海上航空隊迎撃戦闘機は、空中給油機Il-78Mと正常に接触し、給油航空機までの指定速度及び距離を完全に一貫して保った。

航空機MiG-31BMの飛行勤務において、合計で20回以上の給油機への接触を行なった。

空中での燃料補給は、飛行訓練における困難な要素の1つであり、戦闘用航空機の戦術行動半径を増加する為に実施される。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
19-0220e.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
19-0220f.jpg
19-0220g.jpg
19-0220h.jpg
このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。


現在、ロシア航空宇宙軍MiG-31は、電子機器を換装し、対地/対艦ミサイルの運用能力を付与するMiG-31BMへの近代化改修を行なっています。



太平洋艦隊海軍航空隊所属のMiG-31MiG-31BMへ改修される事になり、2019年2月20日に最初の2機がカムチャツカエリゾヴォ飛行場へ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊へ近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの慣熟訓練を進めている]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの飛行訓練を行なっている]

今回は、北極圏で空中給油訓練を行ないました。

今年中には更に数機のMiG-31MiG-31BMへの改修を終えてエリゾヴォへ到着します。

ロシア海軍太平洋艦隊航空隊の高空迎撃戦闘機MiG-31はアラスカ沖でロシア航空宇宙軍の戦略ロケット爆撃機Tu-95MSを護衛した


『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2019年5月27日7時2分配信
【太平洋艦隊の戦闘機はロシア航空宇宙軍の戦略ロケット機Tu-95MSを護衛した】

太平洋艦隊海上航空隊戦闘機飛行士は、5月22日にロシア連邦航空宇宙軍ロケット機Tu-95MSを護衛し、太平洋艦隊の担当ゾーンでの活動を保障した。

以前に伝えたように、ロシア連邦航空宇宙軍戦略ロケット機Tu-95MSは、チュクチ海、ベーリング海、オホーツク海、更にはアラスカ沿岸西方、アリューシャン列島沿岸北方及び太平洋海域に沿って、中立水域上空での計画飛行を行なった。
19-0527f.jpg
Tu-95MSへ随伴し、飛行の安全を保障する為、エリゾヴォ飛行場(カムチャツカ地方)から太平洋艦隊海上航空隊高空迎撃戦闘機MiG-31のペアが上がった。
指定地点で戦闘機飛行士は戦略ロケット機と合流し、Tu-95MS乗員と目視及び無線での接触を行ない、更には、太平洋艦隊の担当ゾーン全ての飛行へ同行した。
飛行実施の安全保障の為、MiG-31ロケット機の飛行ルート上の電波位置測定偵察を実施した。

全ての飛行は、空域使用の国際法規に厳密に沿って実施された。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
19-0220e.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
19-0220f.jpg
19-0220g.jpg
19-0220h.jpg
このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。


現在、ロシア航空宇宙軍MiG-31は、電子機器を換装し、対地/対艦ミサイルの運用能力を付与するMiG-31BMへの近代化改修を行なっています。



太平洋艦隊海軍航空隊所属のMiG-31MiG-31BMへ改修される事になり、2019年2月20日に最初の2機がカムチャツカエリゾヴォ飛行場へ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊へ近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの慣熟訓練を進めている]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの飛行訓練を行なっている]
今年中には更に数機のMiG-31MiG-31BMへの改修を終えてエリゾヴォへ到着します。


2019年5月22日、ロシア航空宇宙軍の2機の戦略爆撃機Tu-95MSアラスカ及びアリューシャン列島沖を飛行し、アメリカ空軍戦闘機F-22がスクランブル発進しました。

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦国防省情報・マスコミュニケーション部発表
2019年5月22日14時0分配信
【ロシア航空宇宙軍の2機の戦略ロケット機Tu-95MSは、アラスカ沿岸西方及びアリューシャン列島沿岸北方に沿って計画飛行を実施した】
この時、太平洋艦隊海軍航空隊所属のMiG-31Tu-95MSを護衛していたとの事です。

ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの飛行訓練を行なっている

19-0419a.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア沿海地域情報供給部(ウラジオストク市)発表
2019年4月19日7時30分配信
【太平洋艦隊海上航空隊の戦闘機飛行士は近代化されたMiG-31BMの初飛行を行なった】

カムチャツカでは、太平洋艦隊海上航空隊混成航空連隊飛行士が対空防衛戦闘当直へ就く準備の枠組みにおいて、近代化された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの初飛行を行なった。

MiG-31BM乗員の練習-訓練飛行中、編隊を構成して航空機の提示された特性を確認する課題へ取り組んだ。

今年2月、太平洋艦隊海上航空隊混成航空連隊へ、新たな迎撃戦闘機MiG-31BMが補充された。
工場での近代化を伴う修理中、航空機の航空電子機器及び電波電子システムは更新され、迎撃機の戦術特性は向上し、戦闘能力は向上した。

今年末までに、ロシア北東軍集団へ更に数機の近代化された戦闘機MiG-31BMの増強が計画されている。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
19-0220e.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
19-0220f.jpg
19-0220g.jpg
19-0220h.jpg
このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。


現在、ロシア航空宇宙軍MiG-31は、電子機器を換装し、対地/対艦ミサイルの運用能力を付与するMiG-31BMへの近代化改修を行なっています。



太平洋艦隊海軍航空隊所属のMiG-31MiG-31BMへ改修される事になり、2月20日に最初の2機がカムチャツカエリゾヴォ飛行場へ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊へ近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの慣熟訓練を進めている]

今年中には更に数機が近代化改修を終えてエリゾヴォへ到着するようです。

ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31はアナディリへ進出して飛行戦闘訓練を行なった

19-0404b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2019年4月4日4時23分配信
【太平洋艦隊の高空戦闘機MiG-31は北極圏で仮想敵空中目標の迎撃へ取り組んだ】

カムチャツカでの飛行戦術演習中、太平洋艦隊海上航空隊混成航空連隊飛行隊の1つの飛行士は、北極圏への遠距離移動飛行を行なった。
19-0404c.jpg
指示された演習任務を果たす為、4機の高空迎撃戦闘機MiG-31は、カムチャツカ地方エリゾヴォ飛行場から作戦飛行場アナディリへの基地移動を行なった。
19-0404d.jpg
19-0404e.jpg
北極圏太平洋艦隊迎撃戦闘機は、「敵」空中目標の探知、分類そして迎撃し、長射程「空対空」クラスのミサイルの戦術発射を行なう操縦術へ単独及び合同で取り組んだ。

注目されるのは、太平洋艦隊の海上飛行士は、この地域での行動の充分な経験を有している事である。
昨年の演習中、太平洋艦隊戦闘機は、北極圏で仮想敵航空機の大規模な航空攻撃を撃退した。
高空迎撃戦闘機MiG-31乗員は、所定の防御線で兵器を予防使用し、全ての「敵」空中目標を成功裏に破壊した。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
19-0220e.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
19-0220f.jpg
19-0220g.jpg
19-0220h.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。


現在、ロシア航空宇宙軍MiG-31は、電子機器を換装し、対地/対艦ミサイルの運用能力を付与するMiG-31BMへの近代化改修を行なっています。



太平洋艦隊海軍航空隊所属のMiG-31MiG-31BMへ改修される事になり、2月20日に最初の2機がカムチャツカエリゾヴォ飛行場へ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊へ近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]
今年中には更に数機が近代化改修を終えてエリゾヴォへ到着するようです。
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの慣熟訓練を進めている]

ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの慣熟訓練を進めている

19-0303d.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2019年3月3日5時48分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊海上航空隊の戦闘機飛行士は近代化された戦闘機MiG-31BMで対空防衛当直に就く準備を完了する】

カムチャツカ太平洋艦隊海上航空隊混成航空連隊の要員は、新たな迎撃戦闘機MiG-31BMで対空防衛当直に就く準備を完了する。

航空連隊の整備員は、工場から受け取った後の航空機材を導入する為の必要量の作業を行なった。
正規乗員は新たなモデルの航空機への実地習熟を続け、近い内に最初の飛行実施を計画している。

以前、太平洋艦隊海上航空隊混成航空連隊へ、MiG-31のアヴィオニクスと電波電子システムを更新する修理及び近代化を終えた後に駐留飛行場へ戻った2機の新たな高空迎撃戦闘機MiG-31BMが補充された。
戦闘機の戦術特性及び戦闘能力は向上した。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
19-0220e.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
19-0220f.jpg
19-0220g.jpg
19-0220h.jpg
このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。


現在、ロシア航空宇宙軍MiG-31は、電子機器を換装し、対地/対艦ミサイルの運用能力を付与するMiG-31BMへの近代化改修を行なっています。



太平洋艦隊海軍航空隊所属のMiG-31MiG-31BMへ改修される事になり、2月20日に最初の2機がカムチャツカエリゾヴォ飛行場へ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊へ近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]
今年中には更に数機が近代化改修を終えてエリゾヴォへ到着するようです。

ロシア海軍太平洋艦隊へ近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された

19-0220i.jpg
『タス通信』より
2019年2月20日9時45分配信
【2機の迎撃戦闘機MiG-31BMが太平洋艦隊航空隊へ補充された】
タス通信、2月20日

2機の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは近代化の後に太平洋艦隊海上航空隊へ補充された。
水曜日、太平洋艦隊の公式代理人ニコライ・ヴォスクレセンスキーは発表した。

「本日、太平洋艦隊海上航空隊飛行場エリゾヴォへ、修理及び近代化を終えた2機の高空迎撃戦闘機MiG-31BMが復帰し、混成航空連隊へ加わりました。
工場での近代化を伴う修理中、航空機の航空電子機器及び電波電子システムは更新され、迎撃機の戦術特性は向上し、戦闘能力は向上しました」
ヴォスクレセンスキー
は伝えた。

迎撃戦闘機のペアは、7000km以上の距離を飛行して勤務に就く場所へ戻ってきた。
計画では、今年末までに太平洋艦隊海上航空隊へ、更に数機の近代化された戦闘機MiG-31BMが増強される。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
19-0220e.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
19-0220f.jpg
19-0220g.jpg
19-0220h.jpg
このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。




現在、ロシア航空宇宙軍MiG-31は、電子機器を換装し、対地/対艦ミサイルの運用能力を付与するMiG-31BMへの近代化改修を行なっています。

太平洋艦隊海軍航空隊所属のMiG-31MiG-31BMへ改修される事になり、2月20日に最初の2機がカムチャツカエリゾヴォ飛行場へ到着しました。
今年中には更に数機が近代化改修を終えてエリゾヴォへ到着するようです。

ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31は北極圏で飛行訓練を行なった

18-0813g.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2018年8月13日6時48分配信
【太平洋艦隊海上航空隊の戦闘機MiG-31は北極海域で遠距離無着陸飛行を行なった】

カムチャツカでは、太平洋艦隊海上航空隊混成連隊の飛行士の飛行戦術演習中に北極海域での遠距離無着陸飛行が行なわれた。

高空迎撃戦闘機MiG-31グループは、カムチャツカ地方エリゾヴォ飛行場から飛び立った。
18-0813f.jpg
北方での飛行は1600km以上に及び、MiG-31北極海域空中給油航空機Il-78からの空中給油を行なった。
戦闘機の飛行は、シミッタ岬を迂回してチュクチ海沿岸まで続いた。

復路で戦闘機飛行士は2度目の空中給油を行ない、カムチャツカエリゾヴォ駐留飛行場へ無事に到着した。

戦闘機MiG-31の遠距離無着陸飛行は4000km以上に及び、飛行時間は5時間を超えた。

カムチャツカ戦闘機飛行士にとって、これは、今年2度目の北極海域への無着陸飛行である。

航空機MiG-31への空中給油は、ロシア航空宇宙軍遠距離航空隊給油機Il-78により保障された。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
18-0121f.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
18-0123a.jpg
18-0123c.jpg
18-0123b.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。


今回は、北極圏のチュクチ海までの無着陸飛行訓練を行ないました。

記事中で触れられていますが、太平洋艦隊MiG-31は、今年3月末にもチュクチ海への飛行を行なっています。
[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31は北極圏で迎撃戦闘訓練を行なった]


なお、MiG-31を開発したロシア航空機製造会社『ミグ』は、MiG-31の後継機MiG-41の開発に着手しています。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年6月14日9時59分配信
【ロシアはMiG-31を代替する新たな迎撃戦闘機の開発を始めた】

ミグ社は、MiG-31を代替する「遠距離迎撃将来航空複合体」の概念設計を行なっています。

MiG-41は、単なるMiG-31の改良発展型ではなく、全く新しい設計の迎撃戦闘機となります。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年8月22日17時17分配信
【迎撃戦闘機MiG-41は宇宙で動作できる】

ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31は悪天候下で飛行訓練を行なった

18-0731a.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2018年7月31日7時15分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊海上航空隊の戦闘機MiG-31乗員は極限の気象条件下でのフライトへ取り組んだ】

カムチャツカ半島では、様々な気象条件において対空防衛戦闘当直に就く太平洋艦隊海上航空隊独立混成連隊戦闘機飛行士の計画訓練が続けられている。

現在、地域の天候は、先週に南オホーツク海を通過したサイクロンが確定している。
困難な気象条件下で計画訓練中の高空迎撃戦闘機MiG-31乗員は、フライトを学習している。

極限の気象条件という設定下で、昼も夜もMiG-31乗員は低い雲での離着陸、視界が悪い状態で計器を使用した戦闘機の操縦術、更には編隊での連携へ取り組んだ。

練習飛行には、戦闘機MiG-31乗員6名が関わった。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
18-0121f.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
18-0123a.jpg
18-0123c.jpg
18-0123b.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。


なお、MiG-31を開発したロシア航空機製造会社『ミグ』は、MiG-31の後継機MiG-41の開発に着手しています。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年6月14日9時59分配信
【ロシアはMiG-31を代替する新たな迎撃戦闘機の開発を始めた】

ミグ社は、MiG-31を代替する「遠距離迎撃将来航空複合体」の概念設計を行なっています。

MiG-41は、単なるMiG-31の改良発展型ではなく、全く新しい設計の迎撃戦闘機となります。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年8月22日17時17分配信
【迎撃戦闘機MiG-41は宇宙で動作できる】