fc2ブログ

カリーニングラード州のロシア海軍飛行場へ配備された極超音速ミサイル「キンジャール」搭載戦闘機MiG-31Iは地上攻撃訓練を実施した

22-0930a.jpg
『タス通信』より
2022年9月29日23時36分配信
【戦闘機MiG-31は演習で「敵」装備へのミサイル打撃へ取り組んだ】
カリーニングラード、9月29日/タス通信

今年8月にカリーニングラード州へ移転した最新迎撃戦闘機MiG-31は、仮想敵の装備へ打撃を与える演習を実施した。
木曜日にバルト艦隊広報サービスは発表した。

「演習中、航空機MiG-31の乗員は、バルト艦隊海上航空隊の戦闘機Su-27戦闘機編隊の援護の下で、仮想敵の大規模な鉄道交差点、軍部隊及び装甲車両集積所へ仮想ミサイル打撃を与えました」
広報サービスは話した。

これに加えMiG-31の乗員は、成層圏飛行、仮想敵航空機の攻撃からの離脱、そして更に州の予備飛行場への移動の為の行動へ取り組んだ。

次に、MiGを援護する戦闘機Su-27の飛行士は、戦闘訓練を実施し、単独で、そして編隊の一員として、敵航空機の探知と吊り下げミサイル兵器の使用による「破壊」を果たした。

「演習の主な目的は、飛行要員が意図された戦闘任務及び特殊任務を遂行する準備態勢の点検、そして更に航空機材の戦闘能力を完全に使用する新たな戦術動作と行動方法への実地での取り組みです」
広報サービスは指摘した。

22-0930b.jpg
以前に伝えられたように、8月18日、追加の戦略的抑止措置実行の枠組みにおいて、極超音速ミサイル「キンジャール」を持つ3機の航空機MiG-31Iカリーニングラード州チカロフスク飛行場へ移転した。
飛行場では、これらの航空機の24時間体制の戦闘当直が組織される事が指摘された。



18-0126e.jpg
18-0126f.jpg
ロシア連邦の飛び地カリーニングラード州チカロフスク飛行場には、バルト艦隊航空隊戦闘機Su-27が配備されています。
[ロシア海軍バルト艦隊航空隊の戦闘機Su-27はカリーニングラード州で空対空ミサイル発射及び地上掃射訓練を実施した]


2022年3月18日、チカロフスク飛行場ロシア航空宇宙軍極超音速ミサイル「キンジャール」搭載戦闘機MiG-31Iが3機到着しました。

[3機の極超音速ミサイル「キンジャール」搭載戦闘機MiG-31Iはカリーニングラード州のロシア海軍航空隊の飛行場へ展開した]

今後暫くの間、3機のMiG-31Iチカロフスク飛行場を拠点にして行動します。
[カリーニングラード州へ配備された極超音速ミサイル「キンジャール」搭載戦闘機MiG-31Iは地上攻撃訓練を実施した]
[カリーニングラード州へ配備された極超音速ミサイル「キンジャール」搭載戦闘機MiG-31Iはロシア海軍バルト艦隊の前線爆撃機Su-24Mと共に飛行場攻撃訓練を実施した]
スポンサーサイト



カリーニングラード州へ配備された極超音速ミサイル「キンジャール」搭載戦闘機MiG-31Iはロシア海軍バルト艦隊の前線爆撃機Su-24Mと共に飛行場攻撃訓練を実施した

22-0918a.jpg
『タス通信』より
2022年9月18日0時40分配信
【バルト艦隊のMiG-31とSu-24はカリーニングラードの「敵」へロケットと爆弾による打撃を与えた】
カリーニングラード、9月17日/タス通信

最新迎撃戦闘機MiG-31を含むバルト艦隊の10機の航空機の乗員がカリーニングラード州の演習へ関わり、仮想敵飛行場へのロケット爆弾による打撃へ取り組んだ。
土曜日に艦隊広報サービスは発表した。

「迎撃戦闘機MiG-31と爆撃機Su-24の乗員は計画飛行中、バルト艦隊の航空機Su-27の援護の下で『敵』飛行場へロケットと爆弾による打撃を与えました」
広報サービスは話した。

演習へ関わった全てのタイプの航空機の乗員は、指揮所からの座標支援を使用し、目標への無誘導ロケットの仮想発射と爆撃を行なった事が明らかにされた。

これに加え、飛行場へ配置された仮想敵航空機の特性に応じ、全範囲の航空兵器の使用がシミュレートされた。

10機の航空ユニットが関わった演習の主な目的は、飛行要員が意図された戦闘任務及び特殊任務を遂行する準備態勢の点検、そして更に航空機材の戦闘能力を完全に使用する新たな戦術動作と行動方法への実地での取り組みである事を広報サービスは指摘した。

最新迎撃戦闘機MiG-31は、追加の戦略的抑止措置実行の枠組みにおいて2022年8月にカリーニングラード州へ移転した。
航空機極超音速ミサイル「キンジャール」を装備する。



バルト艦隊海軍航空隊戦闘機爆撃機は、ロシア連邦の飛び地カリーニングラード州へ配備されています。
18-0126g.jpg

チカロフスク飛行場に駐留する第689親衛戦闘機航空連隊は、18機程度の戦闘機Su-27及びSu-27UBを保有しています。
18-0126e.jpg
18-0126f.jpg

チェルニャホフスク飛行場に駐留する第4親衛独立海洋襲撃機航空連隊は、20機程度の前線爆撃機Su-24Mと6機程度の偵察機Su-24MRを保有しています。
18-0126a.jpg
18-0126c.jpg
18-0126b.jpg
18-0126d.jpg

2022年3月18日、チカロフスク飛行場ロシア航空宇宙軍極超音速ミサイル「キンジャール」搭載戦闘機MiG-31Iが3機到着しました。

[3機の極超音速ミサイル「キンジャール」搭載戦闘機MiG-31Iはカリーニングラード州のロシア海軍航空隊の飛行場へ展開した]

今後暫くの間、3機のMiG-31Iチカロフスク飛行場を拠点にして行動します。
[カリーニングラード州へ配備された極超音速ミサイル「キンジャール」搭載戦闘機MiG-31Iは地上攻撃訓練を実施した]

カリーニングラード州へ配備された極超音速ミサイル「キンジャール」搭載戦闘機MiG-31Iは地上攻撃訓練を実施した

22-0914a.jpg
『タス通信』より
2022年9月13日21時24分配信
【カリーニングラードへ移転したMiG-31は「敵」指揮所への打撃へ取り組んだ】
カリーニングラード、9月13日/タス通信

最近にカリーニングラード州へ移転した最新迎撃戦闘機MiG-31ロシア最西端地域の上空で練習訓練飛行を実施した。
火曜日にバルト艦隊広報サービスは発表した。

「カリーニングラード州へ移転した航空機MiG-31は、計画訓練飛行の枠組みにおいて仮想敵の防護指揮所へミサイル打撃を与える行動へ取り組みました」
広報サービスは話した。

演習中、航空機MiG-31の乗員は、バルト艦隊海上航空隊戦闘機Su-27編隊の援護下で「敵」防護指揮所へ仮想ミサイル打撃を与えた事が指摘された。

これに加え航空機MiG-31の飛行士は、成層圏での飛行活動へ取り組み、仮想敵航空機の打撃から離脱し、そして更に州の作戦飛行場へ移動した。

「演習の主な目的は、飛行要員が意図された戦闘任務及び特殊任務を遂行する準備態勢の点検、そして更に航空機材の戦闘能力を完全に使用する新たな戦術動作と行動方法への実地での取り組みです」
声明では、こう述べられた。

以前に伝えられたように、8月18日、追加の戦略的抑止措置実行の枠組みにおいて、極超音速ミサイル「キンジャール」を持つ3機の航空機MiG-31Iカリーニングラード州チカロフスク飛行場へ移転した。
飛行場では、これらの航空機の24時間体制の戦闘当直が組織される事が指摘された。



18-0126e.jpg
18-0126f.jpg
ロシア連邦の飛び地カリーニングラード州チカロフスク飛行場には、バルト艦隊航空隊戦闘機Su-27が配備されています。
[ロシア海軍バルト艦隊航空隊の戦闘機Su-27はカリーニングラード州で空対空ミサイル発射及び地上掃射訓練を実施した]


2022年3月18日、チカロフスク飛行場ロシア航空宇宙軍極超音速ミサイル「キンジャール」搭載戦闘機MiG-31Iが3機到着しました。

[3機の極超音速ミサイル「キンジャール」搭載戦闘機MiG-31Iはカリーニングラード州のロシア海軍航空隊の飛行場へ展開した]

今後暫くの間、3機のMiG-31Iチカロフスク飛行場を拠点にして行動します。

ロシア海軍「キンジャール」は配備されていませんが、「キンジャール」の運用試験には間接的に関わっています。
[ロシア海軍北方艦隊の支援下で実施された極超音速対艦/対地ミサイル「キンジャール」の北極での試験は完了した]

ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMの新人パイロットは太平洋上で夜間飛行訓練を実施した

22-0831d.jpg
『Mil.Press FLOT』より
2022年8月31日8時26分配信
【迎撃機MiG-31BMは太平洋上空で夜間飛行訓練を行なった】

ロシア北東軍集団の独立混成航空連隊の迎撃戦闘機MiG-31BMは、太平洋海域上空で夜間飛行を実施した。
ロシア連邦国防省広報サービスが伝えたように、飛行士は低い雲の状況での離陸及び着陸に磨きをかけ、視界が制限された条件下で計器による操縦術、そして更に視認できる沿岸の目印を欠いた状態での飛行へ取り組んだ。


軍当局によると、乗員は目標捜索の際のグループでの協同行動へ取り組んだ。

広報サービスは、若い飛行士の訓練へ特別な注意を払った事を指摘した。
中尉の飛行は経験豊富な教官により監督された。

練習訓練飛行の主な課題は、太平洋艦隊の担当ゾーンで意図された任務を遂行するMiG-31BM乗員の技量を向上させる事であったと軍当局の代理人は強調した。

迎撃機MiG-31は、ロシア対ミサイル防衛システムの一部である。
あらゆる高度の範囲で有翼ミサイル及び弾道ミサイルを破壊する為に意図されている。
人工衛星、第5世代ステルス戦闘機、無人飛行装置、地形を包み込む飛行経路の低空飛行の目標の探知、破壊が可能である。

近代化ヴァージョンのMiG-31BMは、特に、距離320キロメートルで目標を探知し、距離280キロメートルでの攻撃を可能にする新たな兵器管制システム電波位置測定ステーション(レーダー)を受け取った。
MiG-31BM は、10個までの空中目標を追跡し、その内の6個を同時に攻撃できる。

航空機MiG-31BMは、20000メートルを超える高度において時速3000キロメートルの速度で任務を遂行する用意がある。



16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31が駐留しています。

エリゾヴォ基地
20-1110f.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
20-1110b.jpg
20-1110c.jpg
20-1110d.jpg
20-1110e.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍第865独立戦闘機航空連隊(1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。

その後、第865独立戦闘機航空連隊は廃止され、第317混成航空連隊の下の1個飛行隊へ改編されました。

現在は、30機程度のMiG-31が配備されています。


現在、ロシア航空宇宙軍MiG-31は、電子機器を換装し、対地/対艦ミサイルの運用能力を付与するMiG-31BMへの近代化改修を行なっています。



太平洋艦隊海軍航空隊所属のMiG-31MiG-31BMへ改修される事になり、2019年2月20日に最初の2機がカムチャツカエリゾヴォ飛行場へ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊へ近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの慣熟訓練を進めている]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの飛行訓練を行なっている]
[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは空中戦闘訓練を行なった]

2020年2月8日、次のMiG-31BMエリゾヴォへ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊へ高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]

2020年12月下旬には4機目のMiG-31BMエリゾヴォへ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊のカムチャツカの飛行場へ4機目の近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]

2020年12月1日からは、2機程度のMiG-31BMが交代でチュクチ半島アナドイル空港へ展開し、戦闘当直任務、つまりスクランブル待機に就いています。
20-1201h.jpg
20-1201i.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMはチュクチ半島で戦闘当直に就いた]

2022年3月1日にも2機のMiG-31BMエリゾヴォへ到着しています。

[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊のカムチャツカの飛行場へ2機の近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが到着した]

3機の極超音速ミサイル「キンジャール」搭載戦闘機MiG-31Iはカリーニングラード州のロシア海軍航空隊の飛行場へ展開した


『タス通信』より
2022年8月18日19時56分配信
【極超音速の「キンジャール」を持つ3機の戦闘機はカリーニングラード近郊へ移転した】
モスクワ、8月18日/タス通信

極超音速ミサイル「キンジャール」を持つ3機の航空機MiG-31Iは、追加の戦略的抑止措置の枠組みでカリーニングラード州チカロフスク飛行場へ移転した。
木曜日にロシア国防省は発表した。

「本日・2022年8月18日、追加の戦略的抑止措置実行の枠組みにおいて、極超音速ミサイル・キンジャールを持つ3機の航空機MiG-31Iがカリーニングラード州のチカロフスク飛行場へ移転しました」
声明では、こう述べられた。
当局は、飛行中に第6航空・防空軍戦闘機、そして更にバルト艦隊海上航空隊との協同行動へ取り組んだ事を明らかにした。

「チカロフスク飛行場では、極超音速航空複合体キンジャールを持つ航空機MiG-31Iの24時間体制の戦闘当直が組織されます」
国防省
は付け加えた。

キンジャール」極超音速弾道ミサイルを備えた最新のロシア複合体である。
複合体の搭載機として迎撃戦闘機MiG-31KMiG-31Iが選ばれた。
レーダー視認性が低く高機動のミサイル「キンジャール」は、地上及び海上の目標を破壊する為に意図されている。
ミサイルの速度は音速の10倍を超え、攻撃距離は2000キロメートル以上になる。
ミサイルは軌道の全ての部分で機動を行なう為、全ての対空防衛及び対ミサイル防衛を突破できる。
複合体は通常弾頭及び核弾頭を装備する。弾頭重量は500キログラム。

複合体「キンジャール」は2017年12月からロシア連邦軍で試験戦闘当直に在る。
公式には、このミサイルの最初の戦闘使用はウクライナ特殊軍事作戦中の2022年3月18日である。





18-0126e.jpg
18-0126f.jpg
ロシア連邦の飛び地カリーニングラード州チカロフスク飛行場には、バルト艦隊航空隊戦闘機Su-27が配備されています。
[ロシア海軍バルト艦隊航空隊の戦闘機Su-27はカリーニングラード州で空対空ミサイル発射及び地上掃射訓練を実施した]


2022年3月18日、チカロフスク飛行場ロシア航空宇宙軍極超音速ミサイル「キンジャール」搭載戦闘機MiG-31Iが3機到着しました。

今後暫くの間、3機のMiG-31Iチカロフスク飛行場を拠点にして行動します。

ロシア海軍「キンジャール」は配備されていませんが、「キンジャール」の運用試験には間接的に関わっています。
[ロシア海軍北方艦隊の支援下で実施された極超音速対艦/対地ミサイル「キンジャール」の北極での試験は完了した]

ロシア海軍北方艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMはバレンツ海でロシア航空宇宙軍の戦略爆撃機Tu-160をエスコートした


『タス通信』より
【2機のロケット機Tu-160はバレンツ海エリア上空で計画飛行を実施した】
モスクワ、7月19日/タス通信

戦略ロケット機Tu-160バレンツ海エリアの哨戒を実施した。
火曜日にロシア連邦国防省は発表した。

「遠距離航空隊の2機の戦略ロケット機Tu-160は、バレンツ海の中立水域の上空域でで計画飛行を実施しました」
当局は指摘した。

当局によると、戦闘機の護衛は、北方艦隊航空・防空連合部隊航空機MiG-31乗員により提供された。
飛行は7時間以上に及んだ。

遠距離航空隊航空機の乗員は、北極圏、北大西洋、黒海、バルト海、太平洋の中立海域上空での飛行を定期的に行なっている。
ロシア航空宇宙軍航空機の全ての飛行は、空域使用に関する国際法規に厳密に沿って実施されている。



第45航空・防空軍は、北方艦隊の指揮下で北極圏の防空を担当する為、元々の北方艦隊海軍航空隊に、ロシア航空宇宙軍(空軍)から移管した航空部隊及び防空部隊を加えて2015年12月に編成されました。

この時、モンチェゴルスク飛行場に駐留し、高空迎撃戦闘機MiG-31を有するヴィスレンスキー赤旗・クトゥーゾフ勲章授与・第98親衛混成航空連隊も移管されました。
(MiG-31の他に前線爆撃機Su-24M、戦術偵察機Su-24MRを保有)
21-0117d.jpg
21-0117e.jpg
21-0117g.jpg
21-0117f.jpg

第98親衛混成航空連隊の20機のMiG-31は、2019年末までにMiG-31BMにアップグレードされました。

21-0117c.jpg
21-0117h.jpg
モンチェゴルスク飛行場に駐留している北方艦隊MiG-31BMですが、2021年1月16日から北極圏ノヴァヤ・ゼムリャに分遣隊を派遣し、ロガチョフ飛行場へ駐留する事になりました。
[ロシア海軍北方艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは北極のノヴァヤ・ゼムリャ諸島へ配備された]
[北極のノヴァヤ・ゼムリャ諸島へ派遣されたロシア海軍北方艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは交代した]
22-0719h.jpg

3月26日には2機のMiG-31が初めて北極点上空を飛行しました。

[ロシア海軍北方艦隊の原子力潜水艦3隻は同時に北極の氷上へ浮上した]

3月29日、北方艦隊MiG-31BMフランツ・ヨシフ諸島アレクサンドル島ナグルスカヤ飛行場から離陸し、北極点を通過してモンチェゴルスク飛行場へ戻りました。
飛行中、2度の空中給油を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは北極上空の飛行中に2度の空中給油を行なった]

4月7日、北方艦隊MiG-31BMは、バレンツ海上空を飛行するノルウェー空軍電子戦機ファルコン 20へのスクランブル発進を実施しました。
[ロシア海軍北方艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMはバレンツ海でノルウェー空軍の電子戦機ファルコン 20に対するスクランブル発進を行なった]

5月11日にはバレンツ海上空を飛行するノルウェー空軍対潜哨戒機P-3Cへのスクランブル発進を実施しました。
[ロシア海軍北方艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMはバレンツ海でノルウェー空軍の対潜哨戒機P-3Cに対するスクランブル発進を実施した]

2022年7月19日にはバレンツ海上空を飛行するロシア航空宇宙軍戦略爆撃機Tu-160をエスコートしました。

ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31は悪天候のカムチャツカで飛行訓練を実施した

22-0330e.jpg
『インテルファクス』極東ニュースより
2022年3月30日8時17分配信
【太平洋艦隊の迎撃戦闘機MiG-31の乗員は困難な気象条件下での飛行へ取り組んだ】
モスクワ、3月30日、インテルファクス

太平洋艦隊海上航空隊混成航空連隊戦闘機飛行士は、カムチャツカ地方の困難な気象条件下で練習訓練飛行を行なった。
東方軍管区下の太平洋艦隊広報サービスは伝えた。

「全天候戦闘機MiG-31の乗員は、日中の低い雲、更には強い横風の条件下での計器による操縦の要素へ取り組みました」
広報サービスは水曜日の声明で述べた。

飛行士は、仮想損傷した飛行場の滑走路において短い距離での着陸の練習要素を改善した事が指摘された。

「困難な気象条件下での飛行の実施は、カムチャツカの過酷な気候条件下での高空迎撃戦闘機MiG-31の乗員の訓練の重要な要素です」
広報サービスは付け加えた。



16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31が駐留しています。

エリゾヴォ基地
20-1110f.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
20-1110b.jpg
20-1110c.jpg
20-1110d.jpg
20-1110e.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍第865独立戦闘機航空連隊(1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。

その後、第865独立戦闘機航空連隊は廃止され、第317混成航空連隊の下の1個飛行隊へ改編されました。

現在は、30機程度のMiG-31が配備されています。


現在、ロシア航空宇宙軍MiG-31は、電子機器を換装し、対地/対艦ミサイルの運用能力を付与するMiG-31BMへの近代化改修を行なっています。



太平洋艦隊海軍航空隊所属のMiG-31MiG-31BMへ改修される事になり、2019年2月20日に最初の2機がカムチャツカエリゾヴォ飛行場へ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊へ近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの慣熟訓練を進めている]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの飛行訓練を行なっている]
[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは空中戦闘訓練を行なった]

2020年2月8日、次のMiG-31BMエリゾヴォへ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊へ高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]

2020年12月下旬には4機目のMiG-31BMエリゾヴォへ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊のカムチャツカの飛行場へ4機目の近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]

2020年12月1日からは、2機程度のMiG-31BMが交代でチュクチ半島アナドイル空港へ展開し、戦闘当直任務、つまりスクランブル待機に就いています。
20-1201h.jpg
20-1201i.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMはチュクチ半島で戦闘当直に就いた]

2022年3月1日にも2機のMiG-31BMエリゾヴォへ到着しています。

[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊のカムチャツカの飛行場へ2機の近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが到着した]

ロシア海軍太平洋艦隊航空隊のカムチャツカの飛行場へ2機の近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが到着した


『タス通信』より
2022年3月1日11時12分配信
【カムチャツカへ改良された迎撃戦闘機MiG-31BMが到着した】
タス通信、3月1日

超音速迎撃戦闘機MiG-31BMは、ニジニ・ノヴゴロド航空機製造工場『ソコル』での高度の近代化の後にカムチャツカへ到着した。
火曜日に太平洋艦隊広報サービスは発表した。

「カムチャツカへ、ニジニ・ノヴゴロド航空機製造工場『ソコル』で高度の近代化を行なった2機の超音速迎撃戦闘機MiG-31BMが到着しました。
双方の戦闘機は、以前にモデルBMへの近代化を行なう為に出て行ったロシア北東軍集団の独立混成航空連隊へ復帰しました」

広報サービスは述べた。

近代化により戦闘機の戦闘力は数倍向上し、与えられた任務を遂行する能力は増大した。

改良されたMiG-31BMカムチャツカへの到着の際、エリゾヴォ飛行場で会合が行なわれ、その中で連隊司令は、工場からの移動飛行は無事故で行なわれたと飛行士から報告を受け、迎撃戦闘機の乗員へ子豚の丸焼きを手渡した。
連隊の司令及び要員に加え、飛行士は、花と子供の絵で家族と親類に出迎えられた。

長距離飛行後、近代化されたMiG-31BMは技術的整備を行ない、飛行中隊の一員として加わり、カムチャツカ北極の極北地域で対空防衛の戦闘当直へ就く。



16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31が駐留しています。

エリゾヴォ基地
20-1110f.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
20-1110b.jpg
20-1110c.jpg
20-1110d.jpg
20-1110e.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍第865独立戦闘機航空連隊(1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。

その後、第865独立戦闘機航空連隊は廃止され、第317混成航空連隊の下の1個飛行隊へ改編されました。

現在は、30機程度のMiG-31が配備されています。


現在、ロシア航空宇宙軍MiG-31は、電子機器を換装し、対地/対艦ミサイルの運用能力を付与するMiG-31BMへの近代化改修を行なっています。



太平洋艦隊海軍航空隊所属のMiG-31MiG-31BMへ改修される事になり、2019年2月20日に最初の2機がカムチャツカエリゾヴォ飛行場へ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊へ近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの慣熟訓練を進めている]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの飛行訓練を行なっている]
[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは空中戦闘訓練を行なった]

2020年2月8日、次のMiG-31BMエリゾヴォへ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊へ高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]

2020年12月下旬には4機目のMiG-31BMエリゾヴォへ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊のカムチャツカの飛行場へ4機目の近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]


2020年12月1日からは、2機程度のMiG-31BMが交代でチュクチ半島アナドイル空港へ展開し、戦闘当直任務、つまりスクランブル待機に就いています。
20-1201h.jpg
20-1201i.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMはチュクチ半島で戦闘当直に就いた]

そして2022年3月1日、2機のMiG-31BMエリゾヴォへ到着しました。

ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31はカムチャツカ沖でアメリカ海軍の対潜哨戒機P-8ポセイドンに対するスクランブル発進を実施した


『タス通信』より
2021年7月15日16時23分配信
【戦闘機MiG-31は太平洋海域上空でアメリカ合衆国の哨戒航空機へ同行した】
モスクワ、7月15日/タス通信

東方軍管区対空防衛部隊の当直編制からの戦闘機MiG-31は、太平洋海域上空でアメリカ合衆国哨戒航空機へ同行した。
ロシア連邦国家防衛管理センターは発表した。

「2021年7月15日、ロシアの空域監視手段は、太平洋海域上空でロシア連邦の国境線へ接近してくる空中目標を探知しました」
センター
は伝えた。

指摘されたように、空中目標を特定し、ロシア連邦国境の侵犯を阻止する為、戦闘機MiG-31が空中へ上がった。
「ロシア戦闘機乗員は、空中目標を、アメリカ合衆国海軍の基地哨戒航空機P-8ポセイドンと識別し、カムチャツカ沖南東に沿った太平洋海域上空でそれに同行しました」
センター
は伝えた。


外国の軍用航空機ロシア連邦の国境線から離れた後、ロシア戦闘機は無事に駐留飛行場へ戻った。
ロシア戦闘機の飛行は、空域使用に関する国際法規に厳密に沿って実施された。

ロシア連邦の国境線の侵犯を許さなかった事をセンターは強調した。



16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31が駐留しています。

エリゾヴォ基地
20-1110f.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
20-1110b.jpg
20-1110c.jpg
20-1110d.jpg
20-1110e.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍第865独立戦闘機航空連隊(1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。

その後、第865独立戦闘機航空連隊は廃止され、第317混成航空連隊の下の1個飛行隊へ改編されました。

現在は、30機程度のMiG-31が配備されています。


現在、ロシア航空宇宙軍MiG-31は、電子機器を換装し、対地/対艦ミサイルの運用能力を付与するMiG-31BMへの近代化改修を行なっています。



太平洋艦隊海軍航空隊所属のMiG-31MiG-31BMへ改修される事になり、2019年2月20日に最初の2機がカムチャツカエリゾヴォ飛行場へ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊へ近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの慣熟訓練を進めている]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの飛行訓練を行なっている]
[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは空中戦闘訓練を行なった]

2020年2月8日、次のMiG-31BMエリゾヴォへ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊へ高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]

2020年12月下旬には4機目のMiG-31BMエリゾヴォへ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊のカムチャツカの飛行場へ4機目の近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]

2020年12月1日、数機のMiG-31BMチュクチ半島アナドイル空港へ展開し、戦闘当直任務、つまりスクランブル待機に就きました。
20-1201h.jpg
20-1201i.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMはチュクチ半島で戦闘当直に就いた]

2020年12月11日にベーリング海上空でアメリカ空軍戦略偵察機RC-135に対するスクランブル発進を行なったのも、おそらくはアナドイル派遣隊でしょう。
[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31はベーリング海でアメリカ空軍の戦略偵察機RC-135に対するスクランブル発進を行なった]

21-0411a.jpg
2021年4月10日には太平洋上空でアメリカ空軍戦略偵察機RC-135に対するスクランブル発進を実施しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31は太平洋でアメリカ空軍の戦略偵察機RC-135に対するスクランブル発進を実施した]

4月16日にもカムチャツカ半島沖へ接近してきたアメリカ空軍RC-135に対するスクランブル発進を実施しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31はカムチャツカ半島沖でアメリカ空軍の戦略偵察機RC-135に対するスクランブル発進を実施した]

5月6日にはチュクチ海を飛行するアメリカ空軍RC-135に対するスクランブル発進を実施しました。
スクランブル発進したのは、おそらくアナドイル派遣隊でしょう。
[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31はチュクチ海でアメリカ空軍の戦略偵察機RC-135に対するスクランブル発進を実施した]

2021年7月15日には太平洋上空でアメリカ海軍対潜哨戒機P-8に対するスクランブル発進を実施しました。
今回の発表では東方軍管区MiG-31としか述べられていませんが、カムチャツカ半島の南東沖ですから、おそらくはエリゾヴォに駐留する海軍航空隊MiG-31でしょう。
21-0411a.jpg


現在の所、太平洋艦隊海軍航空隊では、第317混成航空連隊の下に1個飛行隊が配備されているMiG-31ですが、今後は更なる1個飛行隊が増強される事になるようです。
[カムチャツカに駐留するロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31は増強される]


なお、MiG-31の設計主任を務めたワレーリー・ワシリコフ氏は、2021年7月14日に亡くなりました。
享年62歳でした。
『タス通信』より
2021年7月15日3時35分配信
【MiG-31設計主任ワレーリー・ワシリコフは亡くなった】

ロシア海軍北方艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMはバレンツ海でノルウェー空軍の対潜哨戒機P-3Cに対するスクランブル発進を実施した

21-0512a.jpg
21-0512b.jpg
『タス通信』より
2021年5月11日21時16分配信
【戦闘機MiG-31はバレンツ海上空でノルウェー空軍の航空機に同行した】
モスクワ、5月11日/タス通信

戦闘機MiG-31は、バレンツ海上空でノルウェー空軍基地哨戒航空隊航空機へ同行し、ロシア空中境界線への侵犯を許さなかった。
火曜日に北方艦隊広報サービスは報道機関へ伝えた。

艦隊によると、火曜日にロシアの空域監視手段は、バレンツ海エリア上空でロシア連邦の国境線へ接近する空中目標を探知した。

「空中目標を特定し、ロシア連邦国境線への侵入を防ぐ為、北方艦隊の対空防衛当直部隊の一員である戦闘機MiG-31が空へ上がりました。
ロシア戦闘機の乗員は、空中目標をノルウェー空軍の基地哨戒航空隊の航空機P-3Cオライオンと識別し、バレンツ海上空で同行しました。
ロシア連邦の国境線の侵犯を許す事は有りませんでした」

広報サービスは話した。

艦隊は、外国の軍用航空機ロシア連邦の国境線から離れた後、戦闘機は無事に駐留飛行場へ戻ったと伝えた。

「ロシア戦闘機の飛行は、空域使用に関する国際法規に厳密に沿って実施されました」
広報サービスは強調した。



第45航空・防空軍は、北方艦隊の指揮下で北極圏の防空を担当する為、元々の北方艦隊海軍航空隊に、ロシア航空宇宙軍(空軍)から移管した航空部隊及び防空部隊を加えて2015年12月に編成されました。

この時、モンチェゴルスク飛行場に駐留し、高空迎撃戦闘機MiG-31を有するヴィスレンスキー赤旗・クトゥーゾフ勲章授与・第98親衛混成航空連隊も移管されました。
(MiG-31の他に前線爆撃機Su-24M、戦術偵察機Su-24MRを保有)
21-0117d.jpg
21-0117e.jpg
21-0117g.jpg
21-0117f.jpg

第98親衛混成航空連隊の20機のMiG-31は、2019年末までにMiG-31BMにアップグレードされました。

21-0117c.jpg
21-0117h.jpg
モンチェゴルスク飛行場に駐留している北方艦隊MiG-31BMですが、2021年1月16日から北極圏ノヴァヤ・ゼムリャに分遣隊を派遣し、ロガチョフ飛行場へ駐留する事になりました。
[ロシア海軍北方艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは北極のノヴァヤ・ゼムリャ諸島へ配備された]
[北極のノヴァヤ・ゼムリャ諸島へ派遣されたロシア海軍北方艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは交代した]


3月26日には2機のMiG-31が初めて北極点上空を飛行しました。

[ロシア海軍北方艦隊の原子力潜水艦3隻は同時に北極の氷上へ浮上した]

3月29日、北方艦隊MiG-31BMフランツ・ヨシフ諸島アレクサンドル島ナグルスカヤ飛行場から離陸し、北極点を通過してモンチェゴルスク飛行場へ戻りました。
飛行中、2度の空中給油を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは北極上空の飛行中に2度の空中給油を行なった]

4月7日、北方艦隊MiG-31BMは、バレンツ海上空を飛行するノルウェー空軍電子戦機ファルコン 20へのスクランブル発進を実施しました。
[ロシア海軍北方艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMはバレンツ海でノルウェー空軍の電子戦機ファルコン 20に対するスクランブル発進を行なった]

5月11日にはバレンツ海上空を飛行するノルウェー空軍対潜哨戒機P-3Cへのスクランブル発進を実施しました。