FC2ブログ

ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの飛行訓練を行なっている

19-0419a.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア沿海地域情報供給部(ウラジオストク市)発表
2019年4月19日7時30分配信
【太平洋艦隊海上航空隊の戦闘機飛行士は近代化されたMiG-31BMの初飛行を行なった】

カムチャツカでは、太平洋艦隊海上航空隊混成航空連隊飛行士が対空防衛戦闘当直へ就く準備の枠組みにおいて、近代化された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの初飛行を行なった。

MiG-31BM乗員の練習-訓練飛行中、編隊を構成して航空機の提示された特性を確認する課題へ取り組んだ。

今年2月、太平洋艦隊海上航空隊混成航空連隊へ、新たな迎撃戦闘機MiG-31BMが補充された。
工場での近代化を伴う修理中、航空機の航空電子機器及び電波電子システムは更新され、迎撃機の戦術特性は向上し、戦闘能力は向上した。

今年末までに、ロシア北東軍集団へ更に数機の近代化された戦闘機MiG-31BMの増強が計画されている。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
19-0220e.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
19-0220f.jpg
19-0220g.jpg
19-0220h.jpg
このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。


現在、ロシア航空宇宙軍MiG-31は、電子機器を換装し、対地/対艦ミサイルの運用能力を付与するMiG-31BMへの近代化改修を行なっています。



太平洋艦隊海軍航空隊所属のMiG-31MiG-31BMへ改修される事になり、2月20日に最初の2機がカムチャツカエリゾヴォ飛行場へ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊へ近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの慣熟訓練を進めている]

今年中には更に数機が近代化改修を終えてエリゾヴォへ到着するようです。
スポンサーサイト

ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31はアナディリへ進出して飛行戦闘訓練を行なった

19-0404b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2019年4月4日4時23分配信
【太平洋艦隊の高空戦闘機MiG-31は北極圏で仮想敵空中目標の迎撃へ取り組んだ】

カムチャツカでの飛行戦術演習中、太平洋艦隊海上航空隊混成航空連隊飛行隊の1つの飛行士は、北極圏への遠距離移動飛行を行なった。
19-0404c.jpg
指示された演習任務を果たす為、4機の高空迎撃戦闘機MiG-31は、カムチャツカ地方エリゾヴォ飛行場から作戦飛行場アナディリへの基地移動を行なった。
19-0404d.jpg
19-0404e.jpg
北極圏太平洋艦隊迎撃戦闘機は、「敵」空中目標の探知、分類そして迎撃し、長射程「空対空」クラスのミサイルの戦術発射を行なう操縦術へ単独及び合同で取り組んだ。

注目されるのは、太平洋艦隊の海上飛行士は、この地域での行動の充分な経験を有している事である。
昨年の演習中、太平洋艦隊戦闘機は、北極圏で仮想敵航空機の大規模な航空攻撃を撃退した。
高空迎撃戦闘機MiG-31乗員は、所定の防御線で兵器を予防使用し、全ての「敵」空中目標を成功裏に破壊した。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
19-0220e.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
19-0220f.jpg
19-0220g.jpg
19-0220h.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。


現在、ロシア航空宇宙軍MiG-31は、電子機器を換装し、対地/対艦ミサイルの運用能力を付与するMiG-31BMへの近代化改修を行なっています。



太平洋艦隊海軍航空隊所属のMiG-31MiG-31BMへ改修される事になり、2月20日に最初の2機がカムチャツカエリゾヴォ飛行場へ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊へ近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]
今年中には更に数機が近代化改修を終えてエリゾヴォへ到着するようです。
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの慣熟訓練を進めている]

ロシア海軍太平洋艦隊航空隊は近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMの慣熟訓練を進めている

19-0303d.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2019年3月3日5時48分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊海上航空隊の戦闘機飛行士は近代化された戦闘機MiG-31BMで対空防衛当直に就く準備を完了する】

カムチャツカ太平洋艦隊海上航空隊混成航空連隊の要員は、新たな迎撃戦闘機MiG-31BMで対空防衛当直に就く準備を完了する。

航空連隊の整備員は、工場から受け取った後の航空機材を導入する為の必要量の作業を行なった。
正規乗員は新たなモデルの航空機への実地習熟を続け、近い内に最初の飛行実施を計画している。

以前、太平洋艦隊海上航空隊混成航空連隊へ、MiG-31のアヴィオニクスと電波電子システムを更新する修理及び近代化を終えた後に駐留飛行場へ戻った2機の新たな高空迎撃戦闘機MiG-31BMが補充された。
戦闘機の戦術特性及び戦闘能力は向上した。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
19-0220e.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
19-0220f.jpg
19-0220g.jpg
19-0220h.jpg
このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。


現在、ロシア航空宇宙軍MiG-31は、電子機器を換装し、対地/対艦ミサイルの運用能力を付与するMiG-31BMへの近代化改修を行なっています。



太平洋艦隊海軍航空隊所属のMiG-31MiG-31BMへ改修される事になり、2月20日に最初の2機がカムチャツカエリゾヴォ飛行場へ到着しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊へ近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された]
今年中には更に数機が近代化改修を終えてエリゾヴォへ到着するようです。

ロシア海軍太平洋艦隊へ近代化改修された高空迎撃戦闘機MiG-31BMが配備された

19-0220i.jpg
『タス通信』より
2019年2月20日9時45分配信
【2機の迎撃戦闘機MiG-31BMが太平洋艦隊航空隊へ補充された】
タス通信、2月20日

2機の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは近代化の後に太平洋艦隊海上航空隊へ補充された。
水曜日、太平洋艦隊の公式代理人ニコライ・ヴォスクレセンスキーは発表した。

「本日、太平洋艦隊海上航空隊飛行場エリゾヴォへ、修理及び近代化を終えた2機の高空迎撃戦闘機MiG-31BMが復帰し、混成航空連隊へ加わりました。
工場での近代化を伴う修理中、航空機の航空電子機器及び電波電子システムは更新され、迎撃機の戦術特性は向上し、戦闘能力は向上しました」
ヴォスクレセンスキー
は伝えた。

迎撃戦闘機のペアは、7000km以上の距離を飛行して勤務に就く場所へ戻ってきた。
計画では、今年末までに太平洋艦隊海上航空隊へ、更に数機の近代化された戦闘機MiG-31BMが増強される。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
19-0220e.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
19-0220f.jpg
19-0220g.jpg
19-0220h.jpg
このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。




現在、ロシア航空宇宙軍MiG-31は、電子機器を換装し、対地/対艦ミサイルの運用能力を付与するMiG-31BMへの近代化改修を行なっています。

太平洋艦隊海軍航空隊所属のMiG-31MiG-31BMへ改修される事になり、2月20日に最初の2機がカムチャツカエリゾヴォ飛行場へ到着しました。
今年中には更に数機が近代化改修を終えてエリゾヴォへ到着するようです。

ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31は北極圏で飛行訓練を行なった

18-0813g.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2018年8月13日6時48分配信
【太平洋艦隊海上航空隊の戦闘機MiG-31は北極海域で遠距離無着陸飛行を行なった】

カムチャツカでは、太平洋艦隊海上航空隊混成連隊の飛行士の飛行戦術演習中に北極海域での遠距離無着陸飛行が行なわれた。

高空迎撃戦闘機MiG-31グループは、カムチャツカ地方エリゾヴォ飛行場から飛び立った。
18-0813f.jpg
北方での飛行は1600km以上に及び、MiG-31北極海域空中給油航空機Il-78からの空中給油を行なった。
戦闘機の飛行は、シミッタ岬を迂回してチュクチ海沿岸まで続いた。

復路で戦闘機飛行士は2度目の空中給油を行ない、カムチャツカエリゾヴォ駐留飛行場へ無事に到着した。

戦闘機MiG-31の遠距離無着陸飛行は4000km以上に及び、飛行時間は5時間を超えた。

カムチャツカ戦闘機飛行士にとって、これは、今年2度目の北極海域への無着陸飛行である。

航空機MiG-31への空中給油は、ロシア航空宇宙軍遠距離航空隊給油機Il-78により保障された。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
18-0121f.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
18-0123a.jpg
18-0123c.jpg
18-0123b.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。


今回は、北極圏のチュクチ海までの無着陸飛行訓練を行ないました。

記事中で触れられていますが、太平洋艦隊MiG-31は、今年3月末にもチュクチ海への飛行を行なっています。
[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31は北極圏で迎撃戦闘訓練を行なった]


なお、MiG-31を開発したロシア航空機製造会社『ミグ』は、MiG-31の後継機MiG-41の開発に着手しています。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年6月14日9時59分配信
【ロシアはMiG-31を代替する新たな迎撃戦闘機の開発を始めた】

ミグ社は、MiG-31を代替する「遠距離迎撃将来航空複合体」の概念設計を行なっています。

MiG-41は、単なるMiG-31の改良発展型ではなく、全く新しい設計の迎撃戦闘機となります。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年8月22日17時17分配信
【迎撃戦闘機MiG-41は宇宙で動作できる】

ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31は悪天候下で飛行訓練を行なった

18-0731a.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2018年7月31日7時15分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊海上航空隊の戦闘機MiG-31乗員は極限の気象条件下でのフライトへ取り組んだ】

カムチャツカ半島では、様々な気象条件において対空防衛戦闘当直に就く太平洋艦隊海上航空隊独立混成連隊戦闘機飛行士の計画訓練が続けられている。

現在、地域の天候は、先週に南オホーツク海を通過したサイクロンが確定している。
困難な気象条件下で計画訓練中の高空迎撃戦闘機MiG-31乗員は、フライトを学習している。

極限の気象条件という設定下で、昼も夜もMiG-31乗員は低い雲での離着陸、視界が悪い状態で計器を使用した戦闘機の操縦術、更には編隊での連携へ取り組んだ。

練習飛行には、戦闘機MiG-31乗員6名が関わった。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
18-0121f.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
18-0123a.jpg
18-0123c.jpg
18-0123b.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。


なお、MiG-31を開発したロシア航空機製造会社『ミグ』は、MiG-31の後継機MiG-41の開発に着手しています。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年6月14日9時59分配信
【ロシアはMiG-31を代替する新たな迎撃戦闘機の開発を始めた】

ミグ社は、MiG-31を代替する「遠距離迎撃将来航空複合体」の概念設計を行なっています。

MiG-41は、単なるMiG-31の改良発展型ではなく、全く新しい設計の迎撃戦闘機となります。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年8月22日17時17分配信
【迎撃戦闘機MiG-41は宇宙で動作できる】

ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31は領空侵犯機の迎撃訓練を行なった



『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2018年7月18日1時43分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊戦闘機飛行士は成層圏の空中境界線で仮想侵犯機を破壊した】

太平洋艦隊海上航空隊混成航空連隊迎撃戦闘機MiG-31飛行士は、ロシア領空への仮想侵犯機を破壊する戦闘演習中、彼らの職業上の記念日を空で迎えた。

超音速で高度約18000メートルの成層圏下層を許可なしにロシア領空へ模擬進入する空中境界線の侵犯機の役割は、1機の航空機MiG-31が演じた。

目標の迎撃の為、高空迎撃戦闘機MiG-31の2組の乗員がスクランブル発進した。
彼らは超音速~時速約2200kmで捜索を行ない、捕捉した物体へ照準を合わせ、その後、遠方行動範囲でミサイルの電子発射を実行した。

「侵犯機」が対ミサイル機動を用いたのにも関わらず、客観的な観測データによると、目標は成功裏に撃破された。
点検中、更に、規定の遂行及び乗員の整然とした行動が評価された。

「侵犯機」を捜索する困難な任務の遂行の為、MiG-31乗員は、地上の対空防衛手段が参加する事無く自身で職務を遂行した。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
18-0121f.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
18-0123a.jpg
18-0123c.jpg
18-0123b.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。


今回の記事の冒頭で出てくる「職業上の記念日」とは、7月17日の『ロシア海軍航空隊の日』を指しています。

第1次世界大戦中の1916年7月17日、バルト艦隊航空母船「オルリツァ」の4機の水上飛行機M-9バルト海上空で4機のドイツ機と交戦し、勝利を収めた事を記念し、この日が『海軍航空隊の日』となりました。


なお、MiG-31を開発したロシア航空機製造会社『ミグ』は、MiG-31の後継機MiG-41の開発に着手しています。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年6月14日9時59分配信
【ロシアはMiG-31を代替する新たな迎撃戦闘機の開発を始めた】

ミグ社は、MiG-31を代替する「遠距離迎撃将来航空複合体」の概念設計を行なっています。

MiG-41は、単なるMiG-31の改良発展型ではなく、全く新しい設計の迎撃戦闘機となります。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年8月22日17時17分配信
【迎撃戦闘機MiG-41は宇宙で動作できる】

ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31の新人パイロットの雲中飛行訓練が行なわれた

18-0428b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2018年4月28日5時53分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊海軍航空隊の戦闘機MiG-31の新人乗員は初めての雲中飛行へ取り組んだ】

カムチャツカでは、太平洋艦隊海軍航空隊独立混成連隊の対空防衛の為の戦闘当直に就く新人戦闘機飛行士の計画訓練が続けられている。

半島へ到来した猛吹雪という条件下で、高空迎撃戦闘機MiG-31の乗員は雲中飛行を実施した。

複雑な気象条件で日中及び夜間に、飛行士は制限された視界で、計器による操縦、低い雲での離着陸、更にはグループ連携へ取り組んだ。

新人飛行士の訓練は、常に航空連隊の経験豊富な指導員の監督の下で行なわれている。

雲中飛行の実行は、対空防衛の為の戦闘当直に就く迎撃戦闘機MiG-31乗員の訓練の重要な要素である。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
18-0121f.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
18-0123a.jpg
18-0123c.jpg
18-0123b.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31が配備されています。


最近、エリゾヴォ飛行場MiG-31部隊へ新人パイロットが着任したらしく、現在は、この新人達の訓練に力を入れているようです。


なお、MiG-31を開発したロシア航空機製造会社『ミグ』は、MiG-31の後継機MiG-41の開発に着手しています。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年6月14日9時59分配信
【ロシアはMiG-31を代替する新たな迎撃戦闘機の開発を始めた】

ミグ社は、MiG-31を代替する「遠距離迎撃将来航空複合体」の概念設計を行なっています。

MiG-41は、単なるMiG-31の改良発展型ではなく、全く新しい設計の迎撃戦闘機となります。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年8月22日17時17分配信
【迎撃戦闘機MiG-41は宇宙で動作できる】

ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31は巡航ミサイルの迎撃訓練を行なった

18-0410a.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2018年4月10日6時10分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は仮想敵の有翼ミサイルの迎撃へ取り組んだ】

戦闘訓練計画の枠組みにおいて、カムチャツカ太平洋艦隊海軍航空隊の独立連隊の戦闘機飛行士は、低空飛行する仮想長距離有翼ミサイルの迎撃及び破壊の訓練を実施した。

高速で特異な機動を行ない、特異な高度を模擬飛行する仮想敵の戦術有翼ミサイル目標の役割は、戦闘機MiG-31が演じた。
航空機目標の主な任務は、現地の起伏を効果的に利用し、低空及び最大限の低高度で規定された境界へ進入する事にあった。

高空迎撃戦闘機MiG-31の乗員は警報を受けて空中へ上がり、困難な空中目標の捜索及び破壊の任務を行ない、最初に捕捉し、最大距離捕捉照準でミサイルの電子発射を行なった。

実施された訓練の特色は、戦闘機飛行士が、地上の対空防衛手段を参加させる事無く自身で空中目標の捜索を行なったことにある。



[高空迎撃戦闘機MiG-31(ロシア太平洋艦隊)]
16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
18-0121f.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
18-0123a.jpg
18-0123c.jpg
18-0123b.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は、約30機のMiG-31B及びMiG-31D3が配備されています。


今回は、同じ部隊のMiG-31を相手に有翼ミサイル(巡航ミサイル)の迎撃訓練を行ないましたが、これは、4月9日にシリア政府軍飛行場巡航ミサイル(おそらくはイスラエル戦闘機F-15が発射)による攻撃を受けた事も意識しているのでしょうか。


なお、MiG-31を開発したロシア航空機製造会社『ミグ』は、MiG-31の後継機MiG-41の開発に着手しています。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年6月14日9時59分配信
【ロシアはMiG-31を代替する新たな迎撃戦闘機の開発を始めた】

ミグ社は、MiG-31を代替する「遠距離迎撃将来航空複合体」の概念設計を行なっています。

MiG-41は、単なるMiG-31の改良発展型ではなく、全く新しい設計の迎撃戦闘機となります。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年8月22日17時17分配信
【迎撃戦闘機MiG-41は宇宙で動作できる】

ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31は悪天候下で空中給油を行なった

18-0409c.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2018年4月9日5時40分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊海軍航空隊の戦闘機乗員は困難な気象条件下での空中給油実施に取り組んだ】

カムチャツカ太平洋艦隊独立混成航空連隊の飛行士は、高空迎撃戦闘機MiG-31乗員の困難な気象条件下での空中給油の準備状態の要素の向上を続けている。

給油機Il-78Mからの空中給油の要素への実地取り組みの為、半島の猛吹雪の通過期間が利用された。

通常ならざる気象条件での補給を実現させる為、飛行士は航空機を大気希薄層へ上げ、戦闘機への猛吹雪の影響を減らした。
航空機MiG-31の飛行士は、円錐ロッドへの接触と、戦闘機を給油に最適な距離に保つ訓練を行なった。

課題への取り組みは高度8500メートル以上で行なわれた。
約10回のフライトと、ロシア航空宇宙軍遠距離航空隊給油機Il-78Mへの20回の接触が行なわれた。

以前の3月末、太平洋艦隊戦闘機飛行士は、2度の空中給油を受け、初めて無着陸で北極地域で4000キロメートル以上の距離の移動飛行を行なった。



16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
18-0121f.jpg

エリゾヴォ基地MiG-31
18-0123a.jpg
18-0123c.jpg
18-0123b.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は約30機のMiG-31B及びMiG-31D3が配備されています。


MiG-31は度々訓練を行なっており、2016年7月中旬には、原子力潜水艦から発射された超音速有翼ミサイルの迎撃訓練を実施しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は原潜から発射された超音速巡航ミサイルを撃墜した]

12月24日には、敵の攻撃を受けて損傷したという想定下での滑走路への着陸訓練を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2016年12月24日8時2分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊海軍航空隊の戦闘機MiG-31乗員は、損傷したという想定下の滑走路への着陸へ取り組んだ】

12月30日には、潜水艦捜索訓練を行なう対潜哨戒機Il-38の援護訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は対潜哨戒機Il-38を援護した]

2017年3月10日、一部のMiG-31エリゾヴォから沿海地方ツェントラーリナヤ・ウグロヴァーヤ基地(ロシア航空宇宙軍戦闘機Su-35が駐留)へ移動しました。
17-0328f.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2017年3月10日10時31分配信
【太平洋艦隊海軍航空隊の戦闘機MiG-31編隊はカムチャツカから沿海地方への長距離飛行を行なった】

ツェントラーリナヤ・ウグロヴァーヤ基地
17-0328e.jpg

2017年3月28日には、太平洋艦隊親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」戦隊水雷艇(駆逐艦)「ブイストルイ」の防空戦闘訓練へ「空中目標」として参加しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグと戦隊水雷艇(駆逐艦)ブイストルイは日本海で防空戦闘訓練を行なった]

4月3日にはMiG-31B/BSMiG-31BM沿海地方ピョートル大帝湾上空で空中戦闘訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は沿海地方で空中戦闘訓練を行なった]
17-0403e.jpg

4月9日にツェントラーリナヤ・ウグロヴァーヤ飛行場を離陸し、ホームベースであるカムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場へ戻りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は沿海地方からカムチャツカへ戻った]

4月13日にはカムチャツカ半島有翼ミサイル(巡航ミサイル)の迎撃訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は成層圏での巡航ミサイル迎撃訓練を行なった]

5月19日には成層圏での迎撃戦闘訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は成層圏での迎撃訓練を行なった]

6月16日にはカムチャツカ半島及び太平洋の上空で空中戦闘訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31はカムチャツカ半島で空中戦闘訓練を行なった]

7月17日には超音速有翼ミサイルの迎撃訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は超音速巡航ミサイルの迎撃訓練を行なった]


その後も、エリゾヴォ基地MiG-31は、度々各種の飛行訓練を行なっています。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2017年10月31日8時0分配信
【太平洋艦隊のMiG-31飛行士は空中での燃料補給へ取り組んだ】

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2017年11月15日6時36分配信
【カムチャツカの戦闘機飛行士は困難な気象条件でのフライトへ取り組んだ】

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2017年11月17日10時40分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊の高速迎撃機MiG-31乗員は困難な気象条件でフライトを行なった】

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2017年11月23日6時2分配信
【カムチャツカの戦闘機飛行士は仮想敵の航空機を成層圏で破壊した】

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2017年12月11日3時20分配信
【高速迎撃戦闘機MiG-31乗員はカムチャツカ及び太平洋上空での夜間空中戦闘実施の習熟へ取り組んだ】


『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2017年12月20日3時55分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊海軍航空隊の乗員はグループ飛行への取り組みへ着手した】



2018年1月23日には成層圏での迎撃戦闘訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊の戦闘機MiG-31は成層圏戦闘訓練を行なった]

2月12日には領空侵犯機の迎撃訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊航空隊の戦闘機MiG-31は領空侵犯機の迎撃訓練を行なった]

2月20日には編隊飛行訓練を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2018年2月20日5時23分配信
【カムチャツカの戦闘機MiG-31乗員はグループ飛行への取り組みへ着手した】

2月28日には、対潜哨戒機Tu-142M3が敵機役を務め、迎撃戦闘訓練を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2018年2月28日6時21分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊の戦闘機飛行士は仮想敵の空中攻撃手段を撃退した】

3月6日には、対潜哨戒機Il-38対潜ヘリコプターKa-27PL、輸送ヘリコプターMi-8と共に悪天候下で飛行訓練を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2018年3月6日3時56分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊海軍航空隊の飛行士は困難な天候条件下で訓練飛行を実施した】

3月16日にはカムチャツカエリゾヴォ飛行場に駐留する対潜哨戒機Il-38Nが敵機(爆撃機)役を務め、迎撃戦闘訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31は爆撃機の迎撃訓練を行なった]

3月21日には、悪天候(降雪と低い雲)の下で飛行訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31は悪天候下で飛行訓練を行なった]

3月28日には、ロシア航空宇宙軍空中給油機Il-78から空中給油を受けてチュクチ自治管区北部まで飛行し、チュクチ海方面から侵入してくる「敵爆撃機」を迎撃するという想定下で訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31は北極圏で迎撃戦闘訓練を行なった]

4月2日深夜~4月3日早朝、初めて夜間の空中給油訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31は夜間の空中給油を行なった]

そして4月9日には悪天候下(猛吹雪)で空中給油訓練を行ないました。


なお、MiG-31を開発したロシア航空機製造会社『ミグ』は、MiG-31の後継機MiG-41の開発に着手しています。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年6月14日9時59分配信
【ロシアはMiG-31を代替する新たな迎撃戦闘機の開発を始めた】

ミグ社は、MiG-31を代替する「遠距離迎撃将来航空複合体」の概念設計を行なっています。

MiG-41は、単なるMiG-31の改良発展型ではなく、全く新しい設計の迎撃戦闘機となります。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年8月22日17時17分配信
【迎撃戦闘機MiG-41は宇宙で動作できる】