FC2ブログ

東南アジア遠征を行なったロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はウラジオストクへ帰投した

18-0712a.jpg
『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2018年7月12日7時20分配信
【太平洋艦隊戦闘艦支隊は遠距離航海からウラジオストクへ戻った】
ウラジオストク、7月12日、インタファクス-極東

太平洋艦隊大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」、「アドミラル・ヴィノグラードフ」、中型海洋給油船「ペチェンガ」は、2ヶ月間に渡った遠距離航海を完了し、木曜日にウラジオストクへ戻ってきた。
太平洋艦隊広報サービスは発表した。

「この2ヶ月の間、太平洋艦隊の艦船は、アジア-太平洋地域で任務を果たし、カンボジア、タイ、ベトナム、フィリピン、そして日本の港への業務寄港を行ないました」
声明では、こう述べられた。

ウラジオストク戦闘艦支隊は、沿海地方多種戦力小艦隊司令官セルゲイ・ジューガ少将に出迎えられた。
伝統に従い、与えられた任務を成功裏に遂行した艦船の乗組員には、子豚の丸焼きが贈られた。
18-0712d.jpg

太平洋艦隊主要埠頭の練兵場では、太平洋艦隊水上艦師団の要員の隊列の行進及び会合が行なわれた。
遠距離航海から戻った艦船支隊の歓迎式典は、連合部隊の要員(の隊列)全てが通過して完了した。



大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」(572、1989年5月1日就役)と「アドミラル・トリブツ」(564、1986年2月15日就役)、そして中型海洋給油船「ペチェンガ」(1979年10月1日就役)から成る太平洋艦隊艦船支隊は、2018年5月7日にウラジオストクを出航し、アジア-太平洋地域への遠距離航海へ向かいました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはアジア太平洋地域への遠洋航海へ出発した]

太平洋艦隊艦船支隊は、ロシア連邦の祝日である5月9日の『勝利の日』(対独戦勝記念日)日本海で迎えました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは日本海で対独戦勝記念日を祝った]

同日(5月9日)に対馬海峡を通過し、東シナ海へ入りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは対馬海峡を通過して東シナ海へ入った]

18-0522b.jpg
その後、太平洋艦隊艦船支隊フィリピン海へ入り、艦載ヘリコプターKa-27PLを使用した演習を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはフィリピン海で演習を行なった]

18-0603g.jpg
太平洋艦隊艦船支隊は5月22日にカンボジアシアヌークビル(コンポン・ソム)を訪れました。
18-0522c.jpg
5月26日にシアヌークビル(コンポン・ソム)を出航し、カンボジア海軍と合同演習を行なった後、同国を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はコンポン・ソム港(シアヌークビル)を抜錨し、カンボジア海軍と合同演習を行なった]

翌5月27日、隣国タイサッタヒープ港へ入港しました。
18-0528b.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープを訪れた]

5月28日、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」サッタヒープで一般公開されました。
[タイを訪問中のロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・トリブツは一般公開された]

5月31日に太平洋艦隊艦船支隊サッタヒープ港を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープ港を去った]

6月3日、隣国ベトナムカムラン港へ入港しました。
18-0603h.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を訪れた]

6月6日にカムラン港を出航し、ベトナム海軍と合同演習を行なった後、同国を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を去り、ベトナム海軍と合同演習を行なった]

ベトナムを去った艦船支隊は東へ向かい、6月9日にフィリピンマニラ港へ入港しました。
18-0610h.jpg
18-0610i.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はフィリピンのマニラを訪れた]

艦船支隊は6月14日にマニラを出航し、フィリピン海軍と合同演習を行なった後、同国から去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はフィリピンのマニラを去り、フィリピン海軍と合同演習を行なった]

その後、艦船支隊は北上して東シナ海へ移動し、支隊の各艦に乗っている海軍歩兵隊員~沿海地方第155独立海軍歩兵旅団から派遣された対テログループの演習を行ないました。
18-0619e.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は東シナ海で対テロ演習を行なった]

7月1日に対馬海峡を通過して日本海へ入りました。
[東南アジア遠征を行なったロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は対馬海峡を通過して日本海へ入った]
18-0705d.jpg

7月5日、艦船支隊日本舞鶴港へ入港しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は日本の舞鶴港を訪れた]
18-0705f.jpg

日本国海上自衛隊公式サイトより
【ロシア海軍艦艇の訪日及び日露捜索・救難共同訓練の実施について】

7月7日にはロシア艦が一般公開されました。

7月8日には舞鶴港不審船を臨検するロシア海軍日本海上自衛隊の合同訓練が行なわれました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は日本海上自衛隊と合同で不審船の臨検訓練を行なった]

7月10日、艦船支隊舞鶴港を出航し、日本海上自衛隊の艦船と合同捜索救助演習を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は日本の舞鶴港を去り、日本海上自衛隊と合同捜索救助演習を行なった]

そして7月12日、艦船支隊ウラジオストクへ帰投しました。
18-0712b.jpg
18-0712c.jpg
スポンサーサイト

ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は日本の舞鶴港を去り、日本海上自衛隊と合同捜索救助演習を行なった

18-0710a.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
2018年7月10日5時57分配信
ロシア沿海地域情報供給部(ウラジオストク市)発表
【太平洋艦隊艦船支隊は日本訪問を完了した】

本日、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」、「アドミラル・ヴィノグラードフ」、中型海洋給油船「ペチェンガ」で構成される太平洋艦隊戦闘艦支隊は、7月5日に到着した日本海上自衛隊舞鶴海軍基地への業務訪問プログラムを完了した。

訪問期間中、艦船支隊指揮官オレグ・コロリョーフ1等海佐は、海軍基地司令官、駆逐艦大隊司令、日本艦の艦長及び舞鶴市長との会合を行なった。

ロシア船員の為の社会文化プログラムが計画され、両国の将兵間のスポーツ競技会が開催された。
更に、その枠組みにおいて、太平洋艦隊戦闘艦日本船員の訪問の為に日中開放された。

太平洋艦隊戦闘艦支隊海軍歩兵隊員は、日本の軍人と合同で不審船の臨検訓練を実施した。

太平洋艦隊艦船支隊舞鶴海軍基地を去り、日本海で任務遂行を続ける。


『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア沿海地域情報供給部(ウラジオストク市)発表
2018年7月10日8時16分配信
【太平洋艦隊及び日本海上自衛隊の艦船は海上救助の為の『SAREX』合同演習を実施した】

大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」、「アドミラル・ヴィノグラードフ」、中型海洋給油船「ペチェンガ」で構成される太平洋艦隊戦闘艦支隊は、本日、日本舞鶴港への業務訪問プログラムを完了し、日本海エリアにおいて、日本海上自衛隊の艦と合同で海上救助の為の『SAREX』(Search and Rescue Exercise)タイプの演習を実施した。

日本側からは、駆逐艦「あさぎり」及び支援艦「ひうち」が演習へ参加した。

海上を移動する両国の艦は、通信訓練を実施し、合同戦術機動の要素へ取り組んだ。

演習のエピソードでは人員の捜索へ取り組まれ、大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」艦上への被災者の後送にはヘリコプターKa-27PSが関わった。

更に、演習中、仮想遭難艦へ援助を与える課題を解決した。

演習完了後、艦は、軍事船員の送別式典に沿って、双方の航跡が交差するルートを移動した。



大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」(572、1989年5月1日就役)と「アドミラル・トリブツ」(564、1986年2月15日就役)、そして中型海洋給油船「ペチェンガ」(1979年10月1日就役)から成る太平洋艦隊艦船支隊は、2018年5月7日にウラジオストクを出航し、アジア-太平洋地域への遠距離航海へ向かいました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはアジア太平洋地域への遠洋航海へ出発した]

太平洋艦隊艦船支隊は、ロシア連邦の祝日である5月9日の『勝利の日』(対独戦勝記念日)日本海で迎えました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは日本海で対独戦勝記念日を祝った]

同日(5月9日)に対馬海峡を通過し、東シナ海へ入りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは対馬海峡を通過して東シナ海へ入った]

18-0522b.jpg
その後、太平洋艦隊艦船支隊フィリピン海へ入り、艦載ヘリコプターKa-27PLを使用した演習を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはフィリピン海で演習を行なった]

18-0603g.jpg
太平洋艦隊艦船支隊は5月22日にカンボジアシアヌークビル(コンポン・ソム)を訪れました。
18-0522c.jpg
5月26日にシアヌークビル(コンポン・ソム)を出航し、カンボジア海軍と合同演習を行なった後、同国を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はコンポン・ソム港(シアヌークビル)を抜錨し、カンボジア海軍と合同演習を行なった]

翌5月27日、隣国タイサッタヒープ港へ入港しました。
18-0528b.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープを訪れた]

5月28日、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」サッタヒープで一般公開されました。
[タイを訪問中のロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・トリブツは一般公開された]

5月31日に太平洋艦隊艦船支隊サッタヒープ港を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープ港を去った]

6月3日、隣国ベトナムカムラン港へ入港しました。
18-0603h.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を訪れた]

6月6日にカムラン港を出航し、ベトナム海軍と合同演習を行なった後、同国を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を去り、ベトナム海軍と合同演習を行なった]

ベトナムを去った艦船支隊は東へ向かい、6月9日にフィリピンマニラ港へ入港しました。
18-0610h.jpg
18-0610i.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はフィリピンのマニラを訪れた]

艦船支隊は6月14日にマニラを出航し、フィリピン海軍と合同演習を行なった後、同国から去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はフィリピンのマニラを去り、フィリピン海軍と合同演習を行なった]

その後、艦船支隊は北上して東シナ海へ移動し、支隊の各艦に乗っている海軍歩兵隊員~沿海地方第155独立海軍歩兵旅団から派遣された対テログループの演習を行ないました。
18-0619e.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は東シナ海で対テロ演習を行なった]

7月1日に対馬海峡を通過して日本海へ入りました。
[東南アジア遠征を行なったロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は対馬海峡を通過して日本海へ入った]
18-0705d.jpg

7月5日、艦船支隊日本舞鶴港へ入港しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は日本の舞鶴港を訪れた]
18-0705f.jpg

日本国海上自衛隊公式サイトより
【ロシア海軍艦艇の訪日及び日露捜索・救難共同訓練の実施について】

7月7日にはロシア艦が一般公開されました。

7月8日には舞鶴港不審船を臨検するロシア海軍日本海上自衛隊の合同訓練が行なわれました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は日本海上自衛隊と合同で不審船の臨検訓練を行なった]

そして7月10日、艦船支隊舞鶴港を出航し、日本海上自衛隊の艦船と合同捜索救助演習を行ないました。

ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は日本海上自衛隊と合同で不審船の臨検訓練を行なった

18-0708c.jpg
『タス通信』より
2018年7月8日2時20分配信
【太平洋艦隊の艦船は訪問の枠組みで日本と船舶臨検の合同訓練を行なった】
ウラジオストク、7月8日/タス通信

ロシア及び日本の軍事船員は、太平洋艦隊戦闘艦支隊の訪問中、日本舞鶴港「不審船」を臨検する合同訓練を実施した。
日曜日、太平洋艦隊の公式代理人ニコライ・ヴォスクレセンスキー2等海佐は発表した。

「日本海上自衛隊の舞鶴海軍基地への大型対潜艦アドミラル・トリブツ、アドミラル・ヴィノグラードフ、中型海洋給油船ペチェンガで構成される太平洋艦隊戦闘艦支隊の業務訪問は続けられています。
訪問計画に沿って、臨検チームの役割を演じる太平洋艦隊の海軍歩兵部隊は、日本の軍人と合同で不審船の臨検訓練を実施しました」
ヴォスクレセンスキー
は伝えた。

この他、ロシア及び日本の船員は互いの戦闘艦を訪問し、ロシア艦は日中に見学の為に開放され、両国の軍人間のミニサッカーの試合が計画されている。
太平洋艦隊戦闘艦支隊日本への寄港は7月10日に終了する。



大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」(572、1989年5月1日就役)と「アドミラル・トリブツ」(564、1986年2月15日就役)、そして中型海洋給油船「ペチェンガ」(1979年10月1日就役)から成る太平洋艦隊艦船支隊は、2018年5月7日にウラジオストクを出航し、アジア-太平洋地域への遠距離航海へ向かいました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはアジア太平洋地域への遠洋航海へ出発した]

太平洋艦隊艦船支隊は、ロシア連邦の祝日である5月9日の『勝利の日』(対独戦勝記念日)日本海で迎えました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは日本海で対独戦勝記念日を祝った]

同日(5月9日)に対馬海峡を通過し、東シナ海へ入りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは対馬海峡を通過して東シナ海へ入った]

18-0522b.jpg
その後、太平洋艦隊艦船支隊フィリピン海へ入り、艦載ヘリコプターKa-27PLを使用した演習を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはフィリピン海で演習を行なった]

18-0603g.jpg
太平洋艦隊艦船支隊は5月22日にカンボジアシアヌークビル(コンポン・ソム)を訪れました。
18-0522c.jpg
5月26日にシアヌークビル(コンポン・ソム)を出航し、カンボジア海軍と合同演習を行なった後、同国を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はコンポン・ソム港(シアヌークビル)を抜錨し、カンボジア海軍と合同演習を行なった]

翌5月27日、隣国タイサッタヒープ港へ入港しました。
18-0528b.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープを訪れた]

5月28日、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」サッタヒープで一般公開されました。
[タイを訪問中のロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・トリブツは一般公開された]

5月31日に太平洋艦隊艦船支隊サッタヒープ港を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープ港を去った]

6月3日、隣国ベトナムカムラン港へ入港しました。
18-0603h.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を訪れた]

6月6日にカムラン港を出航し、ベトナム海軍と合同演習を行なった後、同国を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を去り、ベトナム海軍と合同演習を行なった]

ベトナムを去った艦船支隊は東へ向かい、6月9日にフィリピンマニラ港へ入港しました。
18-0610h.jpg
18-0610i.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はフィリピンのマニラを訪れた]

艦船支隊は6月14日にマニラを出航し、フィリピン海軍と合同演習を行なった後、同国から去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はフィリピンのマニラを去り、フィリピン海軍と合同演習を行なった]

その後、艦船支隊は北上して東シナ海へ移動し、支隊の各艦に乗っている海軍歩兵隊員~沿海地方第155独立海軍歩兵旅団から派遣された対テログループの演習を行ないました。
18-0619e.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は東シナ海で対テロ演習を行なった]

7月1日に対馬海峡を通過して日本海へ入りました。
[東南アジア遠征を行なったロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は対馬海峡を通過して日本海へ入った]
18-0705d.jpg

7月5日、艦船支隊日本舞鶴港へ入港しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は日本の舞鶴港を訪れた]
18-0705f.jpg

日本国海上自衛隊公式サイトより
【ロシア海軍艦艇の訪日及び日露捜索・救難共同訓練の実施について】

7月7日にはロシア艦が一般公開されました。

7月8日には舞鶴港不審船を臨検するロシア海軍日本海上自衛隊の合同訓練が行なわれました。
ロシア艦に乗っていたロシア海軍歩兵部隊が臨検チームの役割だったとの事ですから、海上自衛隊の船が「不審船」役だったようです。

艦船支隊は7月10日まで舞鶴港に滞在します。

ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は日本の舞鶴港を訪れた

18-0705e.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア沿海地域情報供給部(ウラジオストク市)発表
2018年7月5日8時2分配信
【太平洋艦隊艦船支隊は日本へ到着した】

本日、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」、「アドミラル・ヴィノグラードフ」、中型海洋給油船「ペチェンガ」で構成される太平洋艦隊戦闘艦支隊は、日本海上自衛隊舞鶴海軍基地へ業務訪問の為に到着した。

艦の係留後、港で戦闘艦支隊の歓迎式典が開催され、その後にロシア艦船支隊指揮官オレグ・コロリョーフ1等海佐は同国の一般情報伝達機関の代表の為の会合を行なった。

同日午後には、支隊指揮官の海軍基地司令官、駆逐艦大隊司令、駆逐艦「あさぎり」艦長及びヘリコプター駆逐艦「ひゅうが」艦長、地域の海上安全保障部門の指揮官、舞鶴市長への表敬訪問が計画されている。

訪問期間中、ロシア船員の為の社会文化プログラムが計画されており、両国の将兵間のスポーツ競技会が開催される。

太平洋艦隊戦闘艦支隊日本への寄港は7月10日まで続く。



大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」(572、1989年5月1日就役)と「アドミラル・トリブツ」(564、1986年2月15日就役)、そして中型海洋給油船「ペチェンガ」(1979年10月1日就役)から成る太平洋艦隊艦船支隊は、2018年5月7日にウラジオストクを出航し、アジア-太平洋地域への遠距離航海へ向かいました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはアジア太平洋地域への遠洋航海へ出発した]

太平洋艦隊艦船支隊は、ロシア連邦の祝日である5月9日の『勝利の日』(対独戦勝記念日)日本海で迎えました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは日本海で対独戦勝記念日を祝った]

同日(5月9日)に対馬海峡を通過し、東シナ海へ入りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは対馬海峡を通過して東シナ海へ入った]

18-0522b.jpg
その後、太平洋艦隊艦船支隊フィリピン海へ入り、艦載ヘリコプターKa-27PLを使用した演習を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはフィリピン海で演習を行なった]

18-0603g.jpg
太平洋艦隊艦船支隊は5月22日にカンボジアシアヌークビル(コンポン・ソム)を訪れました。
18-0522c.jpg
5月26日にシアヌークビル(コンポン・ソム)を出航し、カンボジア海軍と合同演習を行なった後、同国を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はコンポン・ソム港(シアヌークビル)を抜錨し、カンボジア海軍と合同演習を行なった]

翌5月27日、隣国タイサッタヒープ港へ入港しました。
18-0528b.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープを訪れた]

5月28日、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」サッタヒープで一般公開されました。
[タイを訪問中のロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・トリブツは一般公開された]

5月31日に太平洋艦隊艦船支隊サッタヒープ港を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープ港を去った]

6月3日、隣国ベトナムカムラン港へ入港しました。
18-0603h.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を訪れた]

6月6日にカムラン港を出航し、ベトナム海軍と合同演習を行なった後、同国を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を去り、ベトナム海軍と合同演習を行なった]

ベトナムを去った艦船支隊は東へ向かい、6月9日にフィリピンマニラ港へ入港しました。
18-0610h.jpg
18-0610i.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はフィリピンのマニラを訪れた]

艦船支隊は6月14日にマニラを出航し、フィリピン海軍と合同演習を行なった後、同国から去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はフィリピンのマニラを去り、フィリピン海軍と合同演習を行なった]

その後、艦船支隊は北上して東シナ海へ移動し、支隊の各艦に乗っている海軍歩兵隊員~沿海地方第155独立海軍歩兵旅団から派遣された対テログループの演習を行ないました。
18-0619e.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は東シナ海で対テロ演習を行なった]

7月1日に対馬海峡を通過して日本海へ入りました。
[東南アジア遠征を行なったロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は対馬海峡を通過して日本海へ入った]
18-0705d.jpg
そして7月5日、日本舞鶴港へ入港しました。
18-0705f.jpg

日本国海上自衛隊公式サイトより
【ロシア海軍艦艇の訪日及び日露捜索・救難共同訓練の実施について】
艦船支隊は7月10日まで舞鶴港に滞在し、7月7日にはロシア艦の一般公開が予定されています。

東南アジア遠征を行なったロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は対馬海峡を通過して日本海へ入った

2018年7月1日午前5時頃、ロシア海軍ウダロイI級駆逐艦2隻とドゥブナ級補給艦1隻が下対馬の南西約60kmを北東へ進み、その後、対馬海峡を通過して日本海へ入りました。
18-0702c.jpg

『日本国防衛省・統合幕僚監部公式サイト』より
2018年7月2日公表
【ロシア海軍艦艇の動向について】
無論言うまでもなく、この3隻は、東南アジアへの遠距離航海を行なっていた太平洋艦隊艦船支隊です。

・ウダロイI級駆逐艦(564):大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」
・ウダロイI級駆逐艦(572):大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」
・ドゥブナ級補給艦:中型海洋給油船「ペチェンガ」


大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」(572、1989年5月1日就役)と「アドミラル・トリブツ」(564、1986年2月15日就役)、そして中型海洋給油船「ペチェンガ」(1979年10月1日就役)から成る太平洋艦隊艦船支隊は、2018年5月7日にウラジオストクを出航し、アジア-太平洋地域への遠距離航海へ向かいました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはアジア太平洋地域への遠洋航海へ出発した]

太平洋艦隊艦船支隊は、ロシア連邦の祝日である5月9日の『勝利の日』(対独戦勝記念日)日本海で迎えました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは日本海で対独戦勝記念日を祝った]

同日(5月9日)に対馬海峡を通過し、東シナ海へ入りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは対馬海峡を通過して東シナ海へ入った]

18-0522b.jpg
その後、太平洋艦隊艦船支隊フィリピン海へ入り、艦載ヘリコプターKa-27PLを使用した演習を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはフィリピン海で演習を行なった]

18-0603g.jpg
太平洋艦隊艦船支隊は5月22日にカンボジアシアヌークビル(コンポン・ソム)を訪れました。
18-0522c.jpg
5月26日にシアヌークビル(コンポン・ソム)を出航し、カンボジア海軍と合同演習を行なった後、同国を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はコンポン・ソム港(シアヌークビル)を抜錨し、カンボジア海軍と合同演習を行なった]

翌5月27日、隣国タイサッタヒープ港へ入港しました。
18-0528b.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープを訪れた]

5月28日、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」サッタヒープで一般公開されました。
[タイを訪問中のロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・トリブツは一般公開された]

5月31日に太平洋艦隊艦船支隊サッタヒープ港を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープ港を去った]

6月3日、隣国ベトナムカムラン港へ入港しました。
18-0603h.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を訪れた]

6月6日にカムラン港を出航し、ベトナム海軍と合同演習を行なった後、同国を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を去り、ベトナム海軍と合同演習を行なった]

ベトナムを去った艦船支隊は東へ向かい、6月9日にフィリピンマニラ港へ入港しました。
18-0610h.jpg
18-0610i.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はフィリピンのマニラを訪れた]

艦船支隊は6月14日にマニラを出航し、フィリピン海軍と合同演習を行なった後、同国から去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はフィリピンのマニラを去り、フィリピン海軍と合同演習を行なった]

その後、艦船支隊は北上して東シナ海へ移動し、支隊の各艦に乗っている海軍歩兵隊員~沿海地方第155独立海軍歩兵旅団から派遣された対テログループの演習を行ないました。
18-0619e.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は東シナ海で対テロ演習を行なった]

そして7月1日に対馬海峡を通過して日本海へ入りました。

ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊は東シナ海で対テロ演習を行なった

18-0619d.jpg
18-0619f.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア沿海地域情報供給部(ウラジオストク市)発表
2018年6月19日7時43分配信
【太平洋艦隊艦船支隊は東シナ海で対テロ演習を実施した】

本日、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」、「アドミラル・ヴィノグラードフ」、中型海洋給油船「ペチェンガ」で構成される太平洋艦隊戦闘艦支隊は、沿海地方海軍歩兵連合部隊対テログループの演習を東シナ海で実施した。

海軍歩兵隊員は、艦の乗組員と協同で小型高速目標の攻撃を撃退する訓練を行ない、狭い海域及び海峡ゾーンを通過する艦の防護及び防衛を、より完全なものにした。
更に、標準的な手順による疑わしい船の検査の訓練を行ない、臨検チームの舟艇による船への乗船及び下船の活動へ取り組んだ。

演習の最後に、大型対潜艦は、航行中に中型海洋給油船「ペチェンガ」から燃料と水の補充を行ない、遠距離航海任務の遂行を継続する。



大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」(572、1989年5月1日就役)と「アドミラル・トリブツ」(564、1986年2月15日就役)、そして中型海洋給油船「ペチェンガ」(1979年10月1日就役)から成る太平洋艦隊艦船支隊は、2018年5月7日にウラジオストクを出航し、アジア-太平洋地域への遠距離航海へ向かいました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはアジア太平洋地域への遠洋航海へ出発した]

太平洋艦隊艦船支隊は、ロシア連邦の祝日である5月9日の『勝利の日』(対独戦勝記念日)日本海で迎えました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは日本海で対独戦勝記念日を祝った]

同日(5月9日)に対馬海峡を通過し、東シナ海へ入りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは対馬海峡を通過して東シナ海へ入った]

18-0522b.jpg
その後、太平洋艦隊艦船支隊フィリピン海へ入り、艦載ヘリコプターKa-27PLを使用した演習を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはフィリピン海で演習を行なった]

18-0603g.jpg
太平洋艦隊艦船支隊は5月22日にカンボジアシアヌークビル(コンポン・ソム)を訪れました。
18-0522c.jpg
5月26日にシアヌークビル(コンポン・ソム)を出航し、カンボジア海軍と合同演習を行なった後、同国を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はコンポン・ソム港(シアヌークビル)を抜錨し、カンボジア海軍と合同演習を行なった]

翌5月27日、隣国タイサッタヒープ港へ入港しました。
18-0528b.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープを訪れた]

5月28日、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」サッタヒープで一般公開されました。
[タイを訪問中のロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・トリブツは一般公開された]

5月31日に太平洋艦隊艦船支隊サッタヒープ港を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープ港を去った]

6月3日、隣国ベトナムカムラン港へ入港しました。
18-0603h.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を訪れた]

6月6日にカムラン港を出航し、ベトナム海軍と合同演習を行なった後、同国を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を去り、ベトナム海軍と合同演習を行なった]

ベトナムを去った艦船支隊は東へ向かい、6月9日にフィリピンマニラ港へ入港しました。
18-0610h.jpg
18-0610i.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はフィリピンのマニラを訪れた]

艦船支隊は6月14日にマニラを出航し、フィリピン海軍と合同演習を行なった後、同国から去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はフィリピンのマニラを去り、フィリピン海軍と合同演習を行なった]

その後、艦船支隊は北上して東シナ海へ移動し、支隊の各艦に乗っている海軍歩兵隊員~沿海地方第155独立海軍歩兵旅団から派遣された対テログループの演習を行ないました。
18-0619e.jpg

ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はフィリピンのマニラを去り、フィリピン海軍と合同演習を行なった

18-0614b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2018年6月14日6時32分配信
【太平洋艦隊艦船支隊はマニラへの非公式訪問を完了し、フリピン海軍の艦と訓練を実施した】

本日、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」、「アドミラル・ヴィノグラードフ」、中型海洋給油船「ペチェンガ」で構成される太平洋艦隊戦闘艦支隊は、6月9日に到着したマニラ(フィリピン)への非公式訪問プログラムを完了した。

訪問期間中、艦船支隊指揮官オレグ・コロリョーフ1等海佐は、フィリピン海軍司令官及びフィリピン沿岸警備隊司令官との会合を行なった。

フィリピン共和国、パラオ共和国、ミクロネシア連邦ロシア連邦特命全権大使イーゴリ・ホヴァエフ戦闘艦支隊指揮官と艦長は、フィリピンの国民的英雄ホセ・リサールの記念碑へ献花した。

マニラロシア戦闘艦を、フィリピンロシア連邦大使館員、共和国海軍及び沿岸警備隊の将兵が訪れた。

フォート・ボニファシオ海軍歩兵軍団司令部では、ロシア及びフィリピン船員間のサッカー及びバレーボールの親善試合が開催され、戦闘艦支隊の船員の為に、市内の歴史的名所、リサール公園及び国立博物館の見学旅行が用意された。

マニラから出た後、ロシア戦闘艦は、フィリピン海軍の艦と戦術機動及び通信の合同訓練を実施した。



大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」(572、1989年5月1日就役)と「アドミラル・トリブツ」(564、1986年2月15日就役)、そして中型海洋給油船「ペチェンガ」(1979年10月1日就役)から成る太平洋艦隊艦船支隊は、2018年5月7日にウラジオストクを出航し、アジア-太平洋地域への遠距離航海へ向かいました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはアジア太平洋地域への遠洋航海へ出発した]

太平洋艦隊艦船支隊は、ロシア連邦の祝日である5月9日の『勝利の日』(対独戦勝記念日)日本海で迎えました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは日本海で対独戦勝記念日を祝った]

同日(5月9日)に対馬海峡を通過し、東シナ海へ入りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは対馬海峡を通過して東シナ海へ入った]

18-0522b.jpg
その後、太平洋艦隊艦船支隊フィリピン海へ入り、艦載ヘリコプターKa-27PLを使用した演習を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはフィリピン海で演習を行なった]

18-0603g.jpg
太平洋艦隊艦船支隊は5月22日にカンボジアシアヌークビル(コンポン・ソム)を訪れました。
18-0522c.jpg
5月26日にシアヌークビル(コンポン・ソム)を出航し、カンボジア海軍と合同演習を行なった後、同国を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はコンポン・ソム港(シアヌークビル)を抜錨し、カンボジア海軍と合同演習を行なった]

翌5月27日、隣国タイサッタヒープ港へ入港しました。
18-0528b.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープを訪れた]

5月28日、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」サッタヒープで一般公開されました。
[タイを訪問中のロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・トリブツは一般公開された]

5月31日に太平洋艦隊艦船支隊サッタヒープ港を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープ港を去った]

6月3日、隣国ベトナムカムラン港へ入港しました。
18-0603h.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を訪れた]

6月6日にカムラン港を出航し、ベトナム海軍と合同演習を行なった後、同国を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を去り、ベトナム海軍と合同演習を行なった]

ベトナムを去った艦船支隊は東へ向かい、6月9日にフィリピンマニラ港へ入港しました。
18-0610h.jpg
18-0610i.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はフィリピンのマニラを訪れた]

艦船支隊は6月14日にマニラを出航し、フィリピン海軍と合同演習を行なった後、同国から去りました。

ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はフィリピンのマニラを訪れた

18-0610i.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2018年6月9日8時17分配信
【太平洋艦隊艦船支隊はフィリピンへ到着した】

大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」、「アドミラル・ヴィノグラードフ」、中型海洋給油船「ペチェンガ」で構成される太平洋艦隊戦闘艦支隊は、非公式訪問の為にマニラ(フィリピン)へ到着した。

本日(6月9日)、訪問計画に沿って艦船支隊指揮官オレグ・コロリョーフ1等海佐は、フィリピン海軍司令部の代表との会合を行ない、その後、同国の一般情報伝達手段の為の記者会見へ参加した。

同日午後、フィリピン共和国、パラオ共和国、ミクロネシア連邦ロシア連邦特命全権大使イーゴリ・ホヴァエフ戦闘艦支隊指揮官と艦長は、フィリピンの国民的英雄ホセ・リサールの記念碑へ献花した。
その後、マニラ港大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」ロシア連邦大使の歓迎式典が開催される。

本日には、フィリピン沿岸警備隊及び海軍の将兵がロシアの戦闘艦を訪れる。

ロシア艦船のフィリピン訪問は6月14日まで続く。



大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」(572、1989年5月1日就役)と「アドミラル・トリブツ」(564、1986年2月15日就役)、そして中型海洋給油船「ペチェンガ」(1979年10月1日就役)から成る太平洋艦隊艦船支隊は、2018年5月7日にウラジオストクを出航し、アジア-太平洋地域への遠距離航海へ向かいました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはアジア太平洋地域への遠洋航海へ出発した]

太平洋艦隊艦船支隊は、ロシア連邦の祝日である5月9日の『勝利の日』(対独戦勝記念日)日本海で迎えました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは日本海で対独戦勝記念日を祝った]

同日(5月9日)に対馬海峡を通過し、東シナ海へ入りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは対馬海峡を通過して東シナ海へ入った]

18-0522b.jpg
その後、太平洋艦隊艦船支隊フィリピン海へ入り、艦載ヘリコプターKa-27PLを使用した演習を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはフィリピン海で演習を行なった]

18-0603g.jpg
太平洋艦隊艦船支隊は5月22日にカンボジアシアヌークビル(コンポン・ソム)を訪れました。
18-0522c.jpg
5月26日にシアヌークビル(コンポン・ソム)を出航し、カンボジア海軍と合同演習を行なった後、同国を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はコンポン・ソム港(シアヌークビル)を抜錨し、カンボジア海軍と合同演習を行なった]

翌5月27日、隣国タイサッタヒープ港へ入港しました。
18-0528b.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープを訪れた]

5月28日、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」サッタヒープで一般公開されました。
[タイを訪問中のロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・トリブツは一般公開された]

5月31日に太平洋艦隊艦船支隊サッタヒープ港を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープ港を去った]

6月3日、隣国ベトナムカムラン港へ入港しました。
18-0603h.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を訪れた]

6月6日にカムラン港を出航し、ベトナム海軍と合同演習を行なった後、同国を後にしました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を去り、ベトナム海軍と合同演習を行なった]

ベトナムを去った艦船支隊は東へ向かい、6月9日にフィリピンマニラ港へ入港しました。
18-0610h.jpg

ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を去り、ベトナム海軍と合同演習を行なった

18-0606a.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2018年6月6日6時38分配信
【太平洋艦隊艦船支隊はベトナム訪問を完了した】

大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」、「アドミラル・ヴィノグラードフ」、中型海洋給油船「ペチェンガ」で構成される太平洋艦隊戦闘艦支隊は、6月3日に業務訪問の為に到着したカムラン港(ベトナム)への寄港を完了した。

港で、ホーチミンロシア連邦総領事館ロシア人外交官と共に支隊の送別式典が開催され、ベトナム防衛当局、人民海軍の海軍管区司令部の代表が出席した。

停泊期間に太平洋艦隊の士官は、ベトナム海軍の地域部隊司令部との表敬会合へ参加した。
カムランでは、ロシア及びベトナムの船員の間でミニサッカーの親善試合が開催された。
太平洋艦隊戦闘艦支隊の要員の為の地域の歴史的名所へのバス旅行が行なわれた。

港から出航した後、太平洋艦隊艦船支隊は、ベトナム海軍第4海軍管区との合同演習を実施し、その中で、組織的通信、合同戦術機動及び海上での捜索救助へ取り組んだ。



大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」(572、1989年5月1日就役)と「アドミラル・トリブツ」(564、1986年2月15日就役)、そして中型海洋給油船「ペチェンガ」(1979年10月1日就役)から成る太平洋艦隊艦船支隊は、2018年5月7日にウラジオストクを出航し、アジア-太平洋地域への遠距離航海へ向かいました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはアジア太平洋地域への遠洋航海へ出発した]

太平洋艦隊艦船支隊は、ロシア連邦の祝日である5月9日の『勝利の日』(対独戦勝記念日)日本海で迎えました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは日本海で対独戦勝記念日を祝った]

同日(5月9日)に対馬海峡を通過し、東シナ海へ入りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは対馬海峡を通過して東シナ海へ入った]

18-0522b.jpg
その後、太平洋艦隊艦船支隊フィリピン海へ入り、艦載ヘリコプターKa-27PLを使用した演習を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはフィリピン海で演習を行なった]

18-0603g.jpg
太平洋艦隊艦船支隊は5月22日にカンボジアシアヌークビル(コンポン・ソム)を訪れました。
18-0522c.jpg
5月26日にシアヌークビル(コンポン・ソム)を出航し、カンボジア海軍と合同演習を行なった後、同国を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はコンポン・ソム港(シアヌークビル)を抜錨し、カンボジア海軍と合同演習を行なった]

翌5月27日、隣国タイサッタヒープ港へ入港しました。
18-0528b.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープを訪れた]

5月28日、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」サッタヒープで一般公開されました。
[タイを訪問中のロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・トリブツは一般公開された]

5月31日に太平洋艦隊艦船支隊サッタヒープ港を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープ港を去った]

6月3日、隣国ベトナムカムラン港へ入港しました。
18-0603h.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を訪れた]

6月6日にカムラン港を出航し、ベトナム海軍と合同演習を行なった後、同国を後にしました。

ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はベトナムのカムラン港を訪れた

18-0603h.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア沿海地域情報供給部(ウラジオストク市)発表
2018年6月3日12時53分配信
【太平洋艦隊艦船支隊はベトナムへ到着した】

本日、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」、「アドミラル・ヴィノグラードフ」、中型海洋給油船「ペチェンガ」で構成される太平洋艦隊戦闘艦支隊は、カムラン港(ベトナム)へ業務訪問の為に到着した。

港で開催された支隊の歓迎式典には、ホーチミンロシア連邦総領事ベトナム国防省、人民海軍の海軍管区司令部、ベトナム人民軍政治管理総局、国境警備軍管理局、カインホア省の軍管理部及び人民委員会の代表が出席した。

本日、同時に、ロシア艦の港への停泊の保障問題に関する受け入れ側の労務者の打ち合わせが行なわれた。

訪問の枠組みで計画されている主な表敬行事は、カムランで6月4日に開催される。

寄港期間内にロシア及びベトナムの船員の合同スポーツ競技会が開催され、更には、太平洋艦隊戦闘艦支隊の要員の為の地域の歴史的名所へのバス旅行が行なわれる。

ロシア艦船のベトナム訪問は6月6日まで続く。



大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」(572、1989年5月1日就役)と「アドミラル・トリブツ」(564、1986年2月15日就役)、そして中型海洋給油船「ペチェンガ」(1979年10月1日就役)から成る太平洋艦隊艦船支隊は、2018年5月7日にウラジオストクを出航し、アジア-太平洋地域への遠距離航海へ向かいました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはアジア太平洋地域への遠洋航海へ出発した]

太平洋艦隊艦船支隊は、ロシア連邦の祝日である5月9日の『勝利の日』(対独戦勝記念日)日本海で迎えました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは日本海で対独戦勝記念日を祝った]

同日(5月9日)に対馬海峡を通過し、東シナ海へ入りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツは対馬海峡を通過して東シナ海へ入った]

18-0522b.jpg
その後、太平洋艦隊艦船支隊フィリピン海へ入り、艦載ヘリコプターKa-27PLを使用した演習を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフとアドミラル・トリブツはフィリピン海で演習を行なった]

5月22日にカンボジアシアヌークビル(コンポン・ソム)を訪れました。
18-0522c.jpg
太平洋艦隊艦船支隊は5月26日にシアヌークビル(コンポン・ソム)を出航し、カンボジア海軍と合同演習を行なった後、同国を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はコンポン・ソム港(シアヌークビル)を抜錨し、カンボジア海軍と合同演習を行なった]

翌5月27日、隣国タイサッタヒープ港へ入港しました。
18-0528b.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープを訪れた]

5月28日、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」サッタヒープで一般公開されました。
[タイを訪問中のロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・トリブツは一般公開された]

5月31日に太平洋艦隊艦船支隊サッタヒープ港を去りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船支隊はタイのサッタヒープ港を去った]

そして6月3日、隣国ベトナムカムラン港へ入港しました。
18-0603g.jpg