FC2ブログ

ロシア海軍黒海艦隊の為の最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフは船体の点検の為にサンクトペテルブルクへ戻った

21-0413i.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦国防省情報・マスコミュニケーション部発表
2021年4月12日17時15分配信
【後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」はフィンランド湾の指定海域での工場航行試験の次の段階を成功裏に行なった】

『北方造船所』(『統合造船業営団』へ加入)で建造されたプロジェクト23120後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」は、フィンランド湾の指定海域での工場航行試験の次の段階を成功裏に行なった。
試験中、クレーン設備、曳航装置、通信及び航法手段、更には動力装置の動作が点検された。
結氷状況での試験後、そして航行試験の次の段階を前に、船は『北方造船所』で船体の船底外部システムの計画短期ドック検査を行なう。

以前、工場航行試験の第2段階中、後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」は、フィンランド湾の指定海域で同等の排水量の船の4時間にわたる曳航試験を成功裏にやり遂げた。
ロシア海軍総司令官ニコライ・エフメノフ大将は、海軍の為に建造される新たな艦船の試験の問題を討議する会議で報告を受けた。

バルト海での後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」の航行試験は約1ヶ月続く。
船では、乗組員と共に100名以上の試運転チームが作業する。
その課題は、外海条件の下での主動力装置、他のシステム及びメカニズムの点検、クレーン及びウィンチの動作試験である。
計画では、4月に試運転チームと船の乗組員は、国家試験へ移行しなければならない。

「フセヴォロド・ボブロフ」は、『北方造船所』(『統合造船業営団』へ加入)で建造されたプロジェクト23120の2番船である。
トップ船「エリブルス」は、2018年に北方艦隊統合戦略司令部補助艦隊支援サービス船支隊へ加わった
2019年に「エリブルス」は、フリゲート「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・ゴルシコフ」率いるロシア艦船の一員として175日間の世界一周航海を行なった

トップ船の運用結果によりプロジェクト23120は仕上げられた。
特に、通信及び航法システムが改善された。

プロジェクト23120船は、貨物輸送、曳航、水路調査、遭難した艦の援助の為に意図されている。
クレーン設備動態位置決定システムのお陰により、船は無設備の埠頭の岸壁及び外海で積載操作を行なえる。
自動化クラスA1は、当直無しでの勤務を保障する。
砕氷クラスArc4の船体は、厚さ0.6mの氷の突破が考慮されている。

21-0402d.jpg
船は、有名なサッカー及びアイスホッケー選手、功労あるスポーツの達人、ソヴィエト社会主義共和国連邦の功労あるコーチ、オリンピックのチャンピオン、オリンピック競技の歴史上、他の種類のスポーツを含め(サッカーとアイスホッケーの)双方で我が国の選抜チームの主将を務めた唯一のスポーツマンのフセヴォロド・ミハイロヴィチ・ボブロフ(1922年12月1日~1979年7月1日)に敬意を表して命名された。




18-0409f.jpg
プロジェクト23120多機能後方支援船の2番船MB-75は、2013年12月19日にサンクトペテルブルク『北方造船所』で起工されました。
20-1004c.jpg
20-1004b.jpg

2015年2月5日に「フセヴォロド・ボブロフ」と改名されました。

2016年11月14日に進水しました。
20-1004f.jpg

その後、岸壁で艤装作業が進められました。
20-1004d.jpg

「フセヴォロド・ボブロフ」の洋上試験は、2020年12月初頭にバルト海で開始される予定でしたが、延期されました。
[ロシア海軍の最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフは洋上試験の準備を進めている]

2021年3月20日、「フセヴォロド・ボブロフ」は洋上試験の最初の段階となる工場航行試験を開始する為にサンクトペテルブルクから出航しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の為の最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフは洋上試験を開始した]

3月31日に補給の為、一旦クロンシュタットへ帰投しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の為の最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフはフィンランド湾で洋上試験の第1段階を終えた]

補給を終えた「フセヴォロド・ボブロフ」は4月4日に工場航行試験を再開し、同等の排水量(つまり9500トン前後)の船の曳航試験を行ないました。
[ロシア海軍黒海艦隊の為の最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフはフィンランド湾で洋上試験を再開した]

4月中旬に洋上試験を一旦終え、船体外部の点検の為にサンクトペテルブルク『北方造船所』へ戻りました。

工場航行試験は1ヶ月間続き、その後に最終洋上試験となる国家試験が始まります。

「フセヴォロド・ボブロフ」は、2021年前半、つまり2021年6月末までにロシア海軍への引き渡しが予定されています。
[最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフは2021年前半にロシア海軍へ就役する]
就役後は黒海艦隊へ配備されます。


21-0321c.jpg
プロジェクト23120の1番船「エリブルス」は2018年4月9日に就役しました。
[プロジェクト23120多機能後方支援船エリブルスはロシア海軍へ就役し、北方艦隊へ編入された]

2019年2月~7月にはフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」と共に世界一周航海を行ないました。
[フリゲート"アドミラル・ゴルシコフ"遠距離航海(2019年2月-7月)]

プロジェクト23120の3番船「カピタン・シェフチェンコ」は2014年7月24日に起工されており、太平洋艦隊への配備が予定されています。
20-1221c.jpg
スポンサーサイト



ロシア海軍黒海艦隊の為の最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフはフィンランド湾で洋上試験を再開した

21-0405d.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦国防省情報・マスコミュニケーション部発表
2021年4月5日0時23分配信
【後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」はフィンランド湾の指定海域での工場航行試験の次の段階中に同等の排水量の船の曳航を成功裏にやり遂げた】

『北方造船所』(『統合造船業営団』へ加入)で建造されたプロジェクト23120後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」は、フィンランド湾の指定海域での工場航行試験の次の段階中、同等の排水量の船の4時間にわたる曳航試験を成功裏にやり遂げた。
現在、後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」の乗組員と『北方造船所』試運転チームは、居住保障総合船内システム、通信手段、曳航装置の機能の点検を続けている。
ロシア海軍総司令官ニコライ・エフメノフ大将は、海軍の為に建造される新たな艦船の試験の問題を討議する会議で報告を受けた。

以前の4月3日、工場航行試験の第1段階まで実行した後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」は、クロンシュタットで備蓄を補充した。
工場航行試験第1段階の最中、船の電波航法機器通信手段動力装置の動作が点検された。

バルト海での後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」の航行試験は約1ヶ月続く。
船では、乗組員と共に100名以上の試運転チームが作業する。
その課題は、外海条件の下での主動力装置、他のシステム及びメカニズムの点検、クレーン及びウィンチの動作試験である。
計画では、4月に試運転チームと船の乗組員は、国家試験へ移行しなければならない。

「フセヴォロド・ボブロフ」は、『北方造船所』(『統合造船業営団』へ加入)で建造されたプロジェクト23120の2番船である。
トップ船「エリブルス」は、2018年に北方艦隊統合戦略司令部補助艦隊支援サービス船支隊へ加わった
2019年に「エリブルス」は、フリゲート「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・ゴルシコフ」率いるロシア艦船の一員として175日間の世界一周航海を行なった

トップ船の運用結果によりプロジェクト23120は仕上げられた。
特に、通信及び航法システムが改善された。

プロジェクト23120船は、貨物輸送、曳航、水路調査、遭難した艦の援助の為に意図されている。
クレーン設備動態位置決定システムのお陰により、船は無設備の埠頭の岸壁及び外海で積載操作を行なえる。
自動化クラスA1は、当直無しでの勤務を保障する。
砕氷クラスArc4の船体は、厚さ0.6mの氷の突破が考慮されている。

21-0402d.jpg
船は、有名なサッカー及びアイスホッケー選手、功労あるスポーツの達人、ソヴィエト社会主義共和国連邦の功労あるコーチ、オリンピックのチャンピオン、オリンピック競技の歴史上、他の種類のスポーツを含め(サッカーとアイスホッケーの)双方で我が国の選抜チームの主将を務めた唯一のスポーツマンのフセヴォロド・ミハイロヴィチ・ボブロフ(1922年12月1日~1979年7月1日)に敬意を表して命名された。




18-0409f.jpg
プロジェクト23120多機能後方支援船の2番船MB-75は、2013年12月19日にサンクトペテルブルク『北方造船所』で起工されました。
20-1004c.jpg
20-1004b.jpg

2015年2月5日に「フセヴォロド・ボブロフ」と改名されました。

2016年11月14日に進水しました。
20-1004f.jpg

その後、岸壁で艤装作業が進められました。
20-1004d.jpg

「フセヴォロド・ボブロフ」の洋上試験は、2020年12月初頭にバルト海で開始される予定でしたが、延期されました。
[ロシア海軍の最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフは洋上試験の準備を進めている]

2021年3月20日、「フセヴォロド・ボブロフ」は洋上試験の最初の段階となる工場航行試験を開始する為にサンクトペテルブルクから出航しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の為の最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフは洋上試験を開始した]

3月31日に補給の為、一旦クロンシュタットへ帰投しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の為の最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフはフィンランド湾で洋上試験の第1段階を終えた]

補給を終えた「フセヴォロド・ボブロフ」は4月4日に工場航行試験を再開し、同等の排水量(つまり9500トン前後)の船の曳航試験を行ないました。

工場航行試験は1ヶ月間続き、その後に最終洋上試験となる国家試験が始まります。

「フセヴォロド・ボブロフ」は、2021年前半、つまり2021年6月末までにロシア海軍への引き渡しが予定されています。
[最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフは2021年前半にロシア海軍へ就役する]
就役後は黒海艦隊へ配備されます。


21-0321c.jpg
プロジェクト23120の1番船「エリブルス」は2018年4月9日に就役しました。
[プロジェクト23120多機能後方支援船エリブルスはロシア海軍へ就役し、北方艦隊へ編入された]

2019年2月~7月にはフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」と共に世界一周航海を行ないました。
[フリゲート"アドミラル・ゴルシコフ"遠距離航海(2019年2月-7月)]

プロジェクト23120の3番船「カピタン・シェフチェンコ」は2014年7月24日に起工されており、太平洋艦隊への配備が予定されています。
20-1221c.jpg

ロシア海軍黒海艦隊の為の最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフはフィンランド湾で洋上試験の第1段階を終えた

21-0402e.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア海軍情報供給部発表
2021年4月1日22時45分配信
【後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」はフィンランド湾の指定海域で工場航行試験の第1段階へ取り組んだ】

『北方造船所』(『統合造船業営団』へ加入)で建造されたプロジェクト23120後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」は、フィンランド湾の指定海域で工場航行試験の第1段階へ取り組み、備蓄補充の為にクロンシュタットへ戻った。
ロシア海軍総司令官ニコライ・エフメノフ大将は、海軍の為に建造される新たな艦船の試験の問題を討議する会議で報告を受けた。

工場航行試験第1段階の最中、船の電波航法機器通信手段動力装置の動作が点検された。

必要な基準まで備蓄を補充した後、後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」は、船の曳航装置を点検する工場航行試験の次の段階の為、4月3日に再びクロンシュタットからの出航が計画されている。

バルト海の航行試験は約1ヶ月続く。
船では、乗組員と共に100名以上の試運転チームが作業する。
その課題は、外海条件の下での主動力装置、他のシステム及びメカニズムの点検、クレーン及びウィンチの動作試験である。
計画では、4月に試運転チームと船の乗組員は、国家試験へ移行しなければならない。

「フセヴォロド・ボブロフ」は、『北方造船所』(『統合造船業営団』へ加入)で建造されたプロジェクト23120の2番船である。
トップ船「エリブルス」は、2018年に北方艦隊統合戦略司令部補助艦隊支援サービス船支隊へ加わった
2019年に「エリブルス」は、フリゲート「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・ゴルシコフ」率いるロシア艦船の一員として175日間の世界一周航海を行なった

トップ船の運用結果によりプロジェクト23120は仕上げられた。
特に、通信及び航法システムが改善された。

プロジェクト23120船は、貨物輸送、曳航、水路調査、遭難した艦の援助の為に意図されている。
クレーン設備動態位置決定システムのお陰により、船は無設備の埠頭の岸壁及び外海で積載操作を行なえる。
自動化クラスA1は、当直無しでの勤務を保障する。
砕氷クラスArc4の船体は、厚さ0.6mの氷の突破が考慮されている。

21-0402d.jpg
船は、有名なサッカー及びアイスホッケー選手、功労あるスポーツの達人、ソヴィエト社会主義共和国連邦の功労あるコーチ、オリンピックのチャンピオン、オリンピック競技の歴史上、他の種類のスポーツを含め(サッカーとアイスホッケーの)双方で我が国の選抜チームの主将を務めた唯一のスポーツマンのフセヴォロド・ミハイロヴィチ・ボブロフ(1922年12月1日~1979年7月1日)に敬意を表して命名された。




18-0409f.jpg
プロジェクト23120多機能後方支援船の2番船MB-75は、2013年12月19日にサンクトペテルブルク『北方造船所』で起工されました。
20-1004c.jpg
20-1004b.jpg

2015年2月5日に「フセヴォロド・ボブロフ」と改名されました。

2016年11月14日に進水しました。
20-1004f.jpg

その後、岸壁で艤装作業が進められました。
20-1004d.jpg

「フセヴォロド・ボブロフ」の洋上試験は、2020年12月初頭にバルト海で開始される予定でしたが、延期されました。
[ロシア海軍の最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフは洋上試験の準備を進めている]

2021年3月20日、「フセヴォロド・ボブロフ」は洋上試験の最初の段階となる工場航行試験を開始する為にサンクトペテルブルクから出航しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の為の最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフは洋上試験を開始した]

3月31日に補給の為、一旦クロンシュタットへ帰投しました。

「フセヴォロド・ボブロフ」は4月3日に工場航行試験を再開します。

工場航行試験は1ヶ月間続き、その後に最終洋上試験となる国家試験が始まります。

「フセヴォロド・ボブロフ」は、2021年前半、つまり2021年6月末までにロシア海軍への引き渡しが予定されています。
[最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフは2021年前半にロシア海軍へ就役する]
就役後は黒海艦隊へ配備されます。


21-0321c.jpg
プロジェクト23120の1番船「エリブルス」は2018年4月9日に就役しました。
[プロジェクト23120多機能後方支援船エリブルスはロシア海軍へ就役し、北方艦隊へ編入された]

2019年2月~7月にはフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」と共に世界一周航海を行ないました。
[フリゲート"アドミラル・ゴルシコフ"遠距離航海(2019年2月-7月)]

プロジェクト23120の3番船「カピタン・シェフチェンコ」は2014年7月24日に起工されており、太平洋艦隊への配備が予定されています。
20-1221c.jpg

ロシア海軍黒海艦隊の為の最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフは洋上試験を開始した

21-0321a.jpg
21-0321b.jpg
『タス通信』より
2021年3月20日21時1分配信
【後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」は工場航行試験へ出発した】
モスクワ、3月20日/タス通信

『北方造船所』で建造された後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」は、工場航行試験へ出発した。
土曜日に同社の代理人オーリガ・ダニレフスカヤは発表した。

「船の全ての係留証明書は終了しました。
第13建造/修理艦船旅団は、工場航行試験へ着手する許可を与え、本日(3月20日)、プロジェクト23120後方支援船フセヴォロド・ボブロフは試験へ出発しました」

彼女は話した。

彼女によると、この試験はバルト海で約1ヶ月間続けられる。
船では、乗組員と共に100名以上の試運転チームが作業する。
4月に試運転チームと船員は、国家試験へ移行しなければならない。

「フセヴォロド・ボブロフ」は、『北方造船所』で建造されたプロジェクト23120の2番船である。
トップ船「エリブルス」は、は、2018年に北方艦隊統合戦略司令部補助艦隊支援サービス船支隊へ加わった。
トップ受注品の運用結果によりプロジェクト23120は仕上げられた。
特に、通信及び航法システムが改善された。
プロジェクト23120船は、貨物輸送、曳航、水路調査、遭難した艦の援助の為に意図されている。
砕氷クラスArc4の船体は、厚さ0.6mの氷の突破が考慮されている。



18-0409f.jpg
プロジェクト23120多機能後方支援船の2番船MB-75は、2013年12月19日にサンクトペテルブルク『北方造船所』で起工されました。
20-1004c.jpg
20-1004b.jpg

2015年2月5日に「フセヴォロド・ボブロフ」と改名されました。

2016年11月14日に進水しました。
20-1004f.jpg

その後、岸壁で艤装作業が進められました。
20-1004d.jpg

「フセヴォロド・ボブロフ」の洋上試験は、2020年12月初頭にバルト海で開始される予定でしたが、延期されました。
[ロシア海軍の最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフは洋上試験の準備を進めている]

2021年3月20日、「フセヴォロド・ボブロフ」は洋上試験の第1段階となる工場航行試験を開始する為にサンクトペテルブルクから出航しました。

工場航行試験は1ヶ月間続き、その後に最終洋上試験となる国家試験が始まります。

「フセヴォロド・ボブロフ」は、2021年前半、つまり2021年6月末までにロシア海軍への引き渡しが予定されています。
[最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフは2021年前半にロシア海軍へ就役する]
就役後は黒海艦隊へ配備されます。


21-0321c.jpg
プロジェクト23120の1番船「エリブルス」は2018年4月9日に就役しました。
[プロジェクト23120多機能後方支援船エリブルスはロシア海軍へ就役し、北方艦隊へ編入された]

2019年2月~7月にはフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」と共に世界一周航海を行ないました。
[フリゲート"アドミラル・ゴルシコフ"遠距離航海(2019年2月-7月)]

プロジェクト23120の3番船「カピタン・シェフチェンコ」は2014年7月24日に起工されており、太平洋艦隊への配備が予定されています。
20-1221c.jpg

ロシア海軍は砕氷船の建造を続ける

21-0104d.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦国防省情報・マスコミュニケーション部発表
2020年1月3日12時0分配信
【ロシア海軍は砕氷クラス艦の装備を継続する】

北極ゾーンの積極的な開発、北方海上航路の機能面の安全保障を考慮し、ロシア海軍自身の砕氷艦及び砕氷クラスの支援船の装備を含む軍事造船の重要なセグメントは、2021年及び近い将来の開発の優先事項である。

ロシア海軍総司令部は、北方艦隊の新たな砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」の初年の運用経験を分析した。
この経験は、砕氷船の設計で設定された特性の有効性を完全に証明した。
2020年9月~10月、砕氷船は、北方海上航路の殆ど全てのルートにおいて、与えられた課題を成功裏に果たした。
砕氷クラスを有する多機能後方支援船「エリブルス」の乗組員は、任務を効率的に遂行した。
この船は、北極グループの包括的な支援の問題を高クオリティで解決する能力を証明した。

現在、企業『アドミラルティ造船所』では、北極ゾーン汎用哨戒艦「イワン・パパーニン」の建造が進められており、そしてサンクトペテルブルク造船商会『アルマーズ』プロジェクト21180M砕氷船「エヴパチー・コロヴラト」を建造しており、2022年に海軍へ加入する。
これらの艦の設計と建造には、国内の革新的な解決策が数多く導入されている。




プロジェクト21180ディーゼルエレクトリック砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」は、2017年11月30日にロシア海軍へ就役し、北方艦隊へ配備されました。
[新型砕氷船イリヤー・ムーロメツ、ロシア海軍へ就役(2017年11月30日)]
[ロシア海軍の新型砕氷船イリヤー・ムーロメツは北方艦隊基地へ到着した]

海軍向けの砕氷船は、ソヴィエト連邦時代の1960年代(1960年~1970年)にプロジェクト97砕氷船が8隻建造されて以来、ほぼ50年ぶりとなります。

「イリヤー・ムーロメツ」は、2018年以降、毎年北方艦隊北極遠征へ同行しています。
[ロシア北方艦隊第7次北極圏遠征(2018年8月-10月)]
[ロシア北方艦隊第8次北極遠征(2019年8月-9月)]
[ロシア北方艦隊第9次北極遠征(2020年8月-10月)]

2018年12月12日にはプロジェクト21180を小型化したプロジェクト21180M砕氷船の1番船「エヴパチー・コロヴラト」が起工され、2020年11月20日に進水しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の新型砕氷船エヴパチー・コロヴラトは造船台を出た]
21-0104b.jpg
「エヴパチー・コロヴラト」は2022年の就役が予定されており、就役後は太平洋艦隊へ配備されます。

これとは別に、砕氷船としての機能も併せ持つプロジェクト23500哨戒艦の1番艦「イワン・パパーニン」が2017年4月19日に起工され、2019年10月25日に進水し、現在艤装中です。
21-0104c.jpg
[ロシア海軍の為のプロジェクト23550砕氷哨戒艦イワン・パパ―ニンはサンクトペテルブルクで進水した]

2番艦「ニコライ・ズーボフ」は2019年11月27日に起工されています。
[ロシア海軍の為のプロジェクト23550砕氷哨戒艦ニコライ・ズーボフはサンクトペテルブルクで起工された]

「イワン・パパ―ニン」は2023年、「ニコライ・ズーボフ」は2024年の就役が予定されており、北方艦隊へ配備されます。
[2隻のプロジェクト23550(イワン・パパーニン型)砕氷哨戒艦は2023~2024年にロシア海軍へ引き渡される]

この他、砕氷能力を有するプロジェクト23120多機能後方支援船の1番船「エリブルス」が2018年4月9日に就役し、北方艦隊へ配備されています。
20-1221b.jpg
[プロジェクト23120多機能後方支援船エリブルスはロシア海軍へ就役し、北方艦隊へ編入された]

最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフは2021年前半にロシア海軍へ就役する

20-1221a.jpg
『Mil.Press FLOT』(フロートコム)より
2020年12月21日10時46分配信
【後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」の引き渡し時期が伝えられた】

海軍へのプロジェクト23120後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」の引き渡しは、2021年前半に予定されている。
ロシア連邦国防省広報サービスが伝えたように、軍当局の次官アレクセイ・クリヴォルチコは『北方造船所』への訪問中に表明した。


更に彼は、同社は、受注品の引き渡しの為の国家試験実施の全ての期限を遵守し、作業は確立されたスケジュールに沿って実行される事を指摘した。

「フセヴォロド・ボブロフ」プロジェクト23120の2番船であり、『北方造船所』で2013年に起工され、2016年11月に進水した。
航行試験開始は12月前半に計画されていた。

プロジェクト23120のトップ船「エリブルス」は、2018年に北方艦隊統合戦略司令部補助艦隊支援サービス船支隊へ補充された事が想い起こされる。

[『Mil.Press FlotProm』参照]
プロジェクト23120船
は、沿岸への貨物の輸送、積載、保管、移管の為に意図されている。
クレーン設備動態位置決定システムのお陰により、補給船は無設備の埠頭の岸壁及び外海で積載操作を行なえる。
排水量-9500トン、船体長-95メートル、幅-22メートル、吃水-9メートル。
速力-18ノット、航続距離-5000海里、自立行動期間-60日。

同プロジェクト船は曳船としての機能を果たし、遭難した艦船への援助を行なう事が可能である。
更に、気密室を備えた潜水夫複合体を装備する。
砕氷クラスArc4は、砕氷船の支援無しで北極緯度での移動を可能にする。



18-0409f.jpg
プロジェクト23120多機能後方支援船の2番船MB-75は、2013年12月19日にサンクトペテルブルク『北方造船所』で起工されました。
20-1004c.jpg
20-1004b.jpg

2015年2月5日に「フセヴォロド・ボブロフ」と改名されました。

2016年11月14日に進水しました。
20-1004f.jpg

その後、岸壁で艤装作業が進められました。
20-1004d.jpg

「フセヴォロド・ボブロフ」の洋上試験は、2020年12月初頭にバルト海で開始される予定でしたが、延期されました。
[ロシア海軍の最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフは洋上試験の準備を進めている]

「フセヴォロド・ボブロフ」は、2021年前半、つまり2021年6月末までにロシア海軍への引き渡しが予定されています。
就役後は黒海艦隊へ配備されます。


20-1221b.jpg
プロジェクト23120の1番船「エリブルス」は2018年4月9日に就役しました。
[プロジェクト23120多機能後方支援船エリブルスはロシア海軍へ就役し、北方艦隊へ編入された]

2019年2月~7月にはフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」と共に世界一周航海を行ないました。
[フリゲート"アドミラル・ゴルシコフ"遠距離航海(2019年2月-7月)]

プロジェクト23120の3番船「カピタン・シェフチェンコ」は2014年7月24日に起工されており、太平洋艦隊への配備が予定されています。
20-1221c.jpg

ロシア海軍太平洋艦隊の為の新型砕氷船エヴパチー・コロヴラトは造船台を出た

20-1120a.jpg
『Mil.Press FLOT』(フロートコム)より
2020年11月20日11時5分配信
【砕氷船「エヴパチー・コロヴラト」は造船台から出た】

サンクトペテルブルクの造船商会『アルマーズ』で、ロシア連邦国防省の利益の為に建造が続けられているプロジェクト21180M砕氷船「エヴパチー・コロヴラト」の船体が造船台から出た。
11月20日・金曜日、『KORABEL.RU』は、同社広報サービスを引用して伝えた。


砕氷船「エヴパチー・コロヴラト」~これは、プロジェクト21180(現時点では、このタイプの船は唯一「イリヤー・ムーロメツ」のみが建造された)の軽量ヴァージョンである。
「海軍には、同プロジェクト船よりも吃水の少ない砕氷船が必要です」
2017年、『Mil.Press FlotProm』のインタビューに対し、『ヴィンペル』主任エンジニアのドミトリー・ポサドフは述べた。

「エヴパチー・コロヴラト」『アルマーズ』で2018年12月に起工された。
18-1213g.jpg
船の海軍への引き渡しは2022年に予定されている。

プロジェクト21180M船は、結氷条件下での艦船の自立先導全種類の氷上作業、曳航保障、基地から離れた地域への貨物の移送、遭難した船の救助の実行の為に意図されている。

プロジェクト21180M砕氷船の満載排水量は4080トン、船体の長さは82メートル、幅19メートル、吃水4.6メートル。
速力14ノット、航続距離7600海里、自立行動期間30日、乗組員28名。
速力2ノットで厚さ1メートルの氷を突破できる。




プロジェクト21180ディーゼルエレクトリック砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」は、2017年11月30日にロシア海軍へ就役し、北方艦隊へ配備されました。
[新型砕氷船イリヤー・ムーロメツ、ロシア海軍へ就役(2017年11月30日)]
[ロシア海軍の新型砕氷船イリヤー・ムーロメツは北方艦隊基地へ到着した]

海軍向けの砕氷船は、ソヴィエト連邦時代の1960年代(1960年~1970年)にプロジェクト97砕氷船が8隻建造されて以来、ほぼ50年ぶりとなります。


「イリヤー・ムーロメツ」の就役から1年以上経った2018年12月12日、プロジェクト21180M砕氷船の1番船「エヴパチー・コロヴラト」サンクトペテルブルク『アルマーズ』造船所で起工されました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の為の新型砕氷船エヴパチー・コロヴラトは起工された]

プロジェクト21180Mは、プロジェクト21180を小型化した砕氷船であり、基本的な機能は同一です。
18-1213h.jpg

「エヴパチー・コロヴラト」は2022年の就役が予定されており、就役後は太平洋艦隊へ配備されます。

新型曳船アンドレイ・ステパノフはペトロパヴロフスク・カムチャツキーでロシア海軍への就役の為の準備を進めている

20-1025b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア沿海地域情報供給部(ウラジオストク市)発表
2020年10月24日4時0分配信
【カムチャツカでは最新海洋曳船「アンドレイ・ステパノフ」の機器の再始動及び調整作業が行なわれている】

最近にロシア北東軍集団支援船支隊へ補充された最新海洋曳船「アンドレイ・ステパノフ」は、北方海上航路経由でセヴァストーポリからカムチャツカへの移動後、船の再始動の為の作業を始めた。

ペトロパヴロフスク・カムチャツキーセログラズカ湾の埠頭で、業界の代表は乗組員と共に、船のユニットおよび機構の段階的な稼働へ着手した。
20-1025c.jpg
20-1025d.jpg
曳船の航法機器、通信手段及び制御手段の調整が始まった。
機関室では、主エンジン及び補助エンジンの始動の為の準備作業が行なわれ、燃料、工業用液体、水の為のタンク及びパイプラインのメンテナンス、自動化ユニット及び電動ユニットの調整が進められる。

近い内に「アンドレイ・ステパノフ」での聖アンドレイ旗掲揚式典の開催とロシア海軍への加入が計画されている。

曳船は、遠洋ゾーンでの護衛作戦実施、(座礁した)艦船の引き離し、水上物体及び沿岸施設の火災の消火、石油流出事故の結果の清算、貨物の移送、砕氷、更には救助活動及び特殊活動の為に考慮されている。

は約3200トンの排水量を有し、自立行動期間は30日以上、航続距離は3000海里以上である。
20-1005b.jpg



プロジェクト23470海洋曳船の2番船「アンドレイ・ステパノフ」は、ロシア内陸部『ヤロスラヴリ造船工場』で2015年7月23日に起工されました。


2017年6月29日に進水しました。
20-0222h.jpg

2020年3月12日から黒海で洋上試験(工場航行試験)を開始しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2020年3月12日10時15分配信
【海洋曳船「アンドレイ・ステパノフ」は黒海エリアで工場航行試験を行なう】


5月25日からは最終洋上試験となる国家試験を開始しました。
『Mil.Press FLOT』(フロートコム)より
2020年5月25日17時9分配信
【新たな曳船「アンドレイ・ステパノフ」は国家試験へ着手した】

20-0619e.jpg
国家試験を完了した「アンドレイ・ステパノフ」は、配備先であるカムチャツカ半島へ、北方海上航路、つまり北極海経由で回航される事になり、6月19日にセヴァストーポリを出航しました。
なお、出航前に引渡-受入文書への署名が行なわれ、ロシア海軍へ納入されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の新型曳船アンドレイ・ステパノフは北極海経由でカムチャツカへ向かう]
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の新型曳船アンドレイ・ステパノフは北極海を通過した]
20-0921d.jpg

北極海を横断した「アンドレイ・ステパノフ」は、10月5日までにペトロパヴロフスク・カムチャツキーへ到着しました。


[ロシア海軍太平洋艦隊の為の新型曳船アンドレイ・ステパノフはペトロパヴロフスク・カムチャツキー港へ到着した]

現在は回航後の整備作業が行なわれており、これが終わった後、正式なロシア海軍への就役式典(聖アンドレイ旗初掲揚式典)が開催されます。


プロジェクト23470海洋曳船は、現在までに『ヤロスラヴリ造船工場』で3隻が起工されています。
20-0222n.jpg

1番船「セルゲイ・バルク」は、2014年10月30日に起工され、2016年12月27日に進水、2020年2月21日に就役し、黒海艦隊へ編入されました。
20-1005e.jpg
[新型海洋曳船セルゲイ・バルクはロシア海軍へ就役し、黒海艦隊へ編入された]
2020年6月下旬から8月中旬まで地中海へ進出しました。
20-1005f.jpg

3番船「カピタン・ナイデン」は2016年に起工され、2019年11月28日に進水し、現在艤装中です。
20-0921a.jpg

ロシア海軍太平洋艦隊の為の新型曳船アンドレイ・ステパノフはペトロパヴロフスク・カムチャツキー港へ到着した


『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア沿海地域情報供給部(ウラジオストク市)発表
2020年10月5日3時0分配信
【最新曳船「アンドレイ・ステパノフ」は北方海上航路からカムチャツカの恒久駐屯場所へ到着した】

太平洋艦隊海洋曳船「アンドレイ・ステパノフ」は、黒海から北方海上航路経由で太平洋艦隊への移動を完了した。
船はペトロパヴロフスク・カムチャツキーイリイチェヴァ湾の埠頭へ係留された。
20-1005c.jpg
20-1005d.jpg
「アンドレイ・ステパノフ」は曳航により恒久駐留場所まで13000海里を進んだ。

以前にカムチャツカで形成された乗組員は既に訓練を完了し、船の材料部分に習熟し、工場試運転チームと共に船の工場航行試験へ参加した。
セヴァストーポリで実施された検査出航中、曳船から艦上航空隊ヘリコプターの飛行が行なわれた。

乗組員は、そのユニット及びメカニズムを始動させる為、船の錆止め油の拭き落としを始めた。
近い内に強力な汎用曳船は、ロシア北東軍集団支援船支隊へ補充される。

プロジェクト23470曳船は、遠洋ゾーンでの護衛作戦実施、(座礁した)艦船の引き離し、水上物体及び沿岸施設の火災の消火、石油流出事故の結果の清算、貨物の移送、砕氷、更には救助活動及び特殊活動の為に意図されている。

最新船は約3200トンの排水量を有し、自立行動期間は30日以上、航続距離は3000海里以上である。

曳船の全長は62メートル、幅10メートル、最大速力16ノット、乗組員34名。
20-1005b.jpg



プロジェクト23470海洋曳船の2番船「アンドレイ・ステパノフ」は、ロシア内陸部『ヤロスラヴリ造船工場』で2015年7月23日に起工されました。


2017年6月29日に進水しました。
20-0222h.jpg

2020年3月12日から黒海で洋上試験(工場航行試験)を開始しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2020年3月12日10時15分配信
【海洋曳船「アンドレイ・ステパノフ」は黒海エリアで工場航行試験を行なう】


5月25日からは最終洋上試験となる国家試験を開始しました。
『Mil.Press FLOT』(フロートコム)より
2020年5月25日17時9分配信
【新たな曳船「アンドレイ・ステパノフ」は国家試験へ着手した】

20-0619e.jpg
国家試験を完了した「アンドレイ・ステパノフ」は、配備先であるカムチャツカ半島へ、北方海上航路、つまり北極海経由で回航される事になり、6月19日にセヴァストーポリを出航しました。
なお、出航前に引渡-受入文書への署名が行なわれ、ロシア海軍へ納入されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の新型曳船アンドレイ・ステパノフは北極海経由でカムチャツカへ向かう]
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の新型曳船アンドレイ・ステパノフは北極海を通過した]
20-0921d.jpg

北極海を横断した「アンドレイ・ステパノフ」は、10月5日までにペトロパヴロフスク・カムチャツキーへ到着しました。

正式な就役式典(聖アンドレイ旗初掲揚式典)は、ペトロパヴロフスク・カムチャツキー到着後に開催されます。


プロジェクト23470海洋曳船は、現在までに『ヤロスラヴリ造船工場』で3隻が起工されています。
20-0222n.jpg

1番船「セルゲイ・バルク」は、2014年10月30日に起工され、2016年12月27日に進水、2020年2月21日に就役し、黒海艦隊へ編入されました。
20-1005e.jpg
[新型海洋曳船セルゲイ・バルクはロシア海軍へ就役し、黒海艦隊へ編入された]
2020年6月下旬から8月中旬まで地中海へ進出しました。
20-1005f.jpg

3番船「カピタン・ナイデン」は2016年に起工され、2019年11月28日に進水し、現在艤装中です。
20-0921a.jpg

ロシア海軍の最新鋭多機能後方支援船フセヴォロド・ボブロフは洋上試験の準備を進めている

20-1004e.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦国防省情報・マスコミュニケーション部発表
2020年10月2日19時4分配信
【後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」は推進複合体と操舵装置の試験を行なった】

『北方造船所』においてロシア国防省の発注下で建造されている後方支援船「フセヴォロド・ボブロフ」は、推進複合体と操舵装置の試験を行ない、更には生活及び勤務場所の準備を完了した。

12月初頭にバルト海での実施が計画されている航行試験の為、乗組員は10月末~11月初頭には船へ到着しなければならない。

「フセヴォロド・ボブロフ」は、『北方造船所』で建造される第2のプロジェクト23120後方支援船である。
トップ船「エリブルス」は、2018年に北方艦隊統合戦略司令部の補助艦隊の支援サービス船支隊の一員として受け入れられた。
2019年、同船はロシア艦船支隊の一員として175日間の世界一周航海を成功裏に行なった。

後方支援船は、貨物の移送、曳航、水路調査の実施、遭難した艦への援助の為に意図されている。
砕氷クラスArc4の船体は、厚さ0.6mの氷の突破が考慮されている。



18-0409f.jpg
プロジェクト23120多機能後方支援船の2番船MB-75は、2013年12月19日にサンクトペテルブルク『北方造船所』で起工されました。
20-1004c.jpg
20-1004b.jpg

2015年2月5日に「フセヴォロド・ボブロフ」と改名されました。

2016年11月14日に進水しました。
20-1004f.jpg

その後、岸壁で艤装作業が進められました。
20-1004d.jpg

「フセヴォロド・ボブロフ」は、2020年12月初頭にバルト海で洋上試験を開始します。


プロジェクト23120の1番船「エリブルス」は2018年4月9日に就役しました。
[プロジェクト23120多機能後方支援船エリブルスはロシア海軍へ就役し、北方艦隊へ編入された]

2019年2月~7月にはフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」と共に世界一周航海を行ないました。
[フリゲート"アドミラル・ゴルシコフ"遠距離航海(2019年2月-7月)]