FC2ブログ

ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はセヴェロモルスクへ帰投した

19-0930b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月29日16時26分配信
【北方艦隊の戦闘艦・支援船支隊は北極航海任務を完遂し、セヴェロモルスクへ到着した】

本日(9月29日)、北方艦隊主要基地-セヴェロモルスクでは、北氷洋海域において遠距離航海任務を遂行した北方艦隊戦闘艦・支援船支隊の歓迎式典が開催された。

北方艦隊司令官でロシア英雄アレクサンドル・モイセーエフ中将は、指示された任務を成功裏に完遂したとの報告を受けた。

艦隊司令官は、北極航海へ参加し、遠距離航海を成功裏に完了して故郷へ戻った北方艦隊将兵を祝福した。
彼は指摘した。
「大型対潜艦ヴィツェ・アドミラル・クラコーフが基地へ帰ってきた事により、北方艦隊の北極への習熟の今次段階は完了しました」

アレクサンドル・モイセーエフ中将は述べた。
「支隊は北極の北方海上航路のコース上のノヴァヤ・ゼムリャ諸島、セヴェルナヤ・ゼムリャ諸島、フランツ・ヨシフ諸島、そして更にはタイミル半島で活動しました」

北方艦隊司令官は強調した。
「航海の全期間において、海上および地上で10回以上の大規模な演習が実施され、戦闘艦支隊の要員は、タイミルの重要な産業施設を防衛する兵種間戦術演習と、セヴェルナヤ・ゼムリャ諸島及びフランツ・ヨシフ諸島地域で島嶼ゾーンを防衛する演習へ参加しました」

彼は更に、北方艦隊将兵が重要な任務を遂行した事を指摘した。
「実施された遠距離航海は、ロシアの北極への習熟の次なる一歩となり、北方艦隊統合戦略司令部の安全保障の能力の良き検証となりました」
アレクサンドル・モイセーエフ
中将は表明した。

北方艦隊の艦及び支援船の北極航海は8月5日に始まり、約2ヶ月間続いた。
これは、コラ多種戦力小艦隊司令官オレグ・ゴルべフ中将の将旗の下で実施された。

支隊の一員として、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」、大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」、「コンドポガ」、救助曳船「パミール」、給油船「セルゲイ・オシポフ」が行動した。
航海の個々の段階で、砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」支隊の一員として任務を遂行した。

航海中、5600海里以上を走破した。
北方艦隊艦船支隊は、境界線警備隊員と連携して北方海上航路のコース上の安全保障へ取り組み、200回以上の艦上演習を実施した。

航海のキーとなる段階の1つは、北方艦隊戦闘艦エニセイ川の移動、タイミルでの兵種間戦術演習の実施、ボリシェヴィク島への支隊の上陸、カラ海ヴィゼ島ウエジネニヤ島の調査、フランツ・ヨシフ諸島地域で実施された一連の演習となった。

ヴィリキツキー海峡の航行は、困難な航海環境の下で行なわれた。
結氷海域では、支隊の艦船へ国営法人『ロスアトム』砕氷船「ヴァイガチ」が同行した。



18-0808c.jpg
ロシア北方艦隊の8度目の北極圏への遠距離航海は、2019年8月5日に始まりました。
[ロシア海軍北方艦隊艦船部隊は北極遠征へ出発した]
参加艦船は、2018年の北極遠征とほぼ同じです。
(指揮官も同じ)

[北方艦隊北極支隊](オレグ・ゴルべフ中将)
大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」(626)
大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」(031)
大型揚陸艦「コンドポガ」(027)
救助曳船「パミール」
中型海洋給油船「セルゲイ・オシポフ」
砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」


8月6日にバレンツ海で演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の北極遠征部隊はバレンツ海で演習を行なう]

8月7日、北極遠征部隊ノヴァヤゼムリャ付近へ到達し、対テロ演習を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はノヴァヤゼムリャで対テロ演習を行なう]

8月8日には、北極海で運用される石油採掘プラットフォーム「プリラズロムナヤ」をテロリストから防衛する為の演習を実施しました。

[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は石油採掘プラットフォーム防衛演習を行なった]

8月9日、北極遠征部隊カラ海へ入りました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はカラ海へ入った]

8月12日、北極遠征部隊ディクソン港へ到着しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はディクソンへ到着した]

8月13日、北極遠征部隊ディクソン港を抜錨し、エニセイ川の南下を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川を南下する]
19-0814b.jpg

翌8月14日、北極遠征部隊ドゥディンカ港へ到着しました。


[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港へ到着した]
19-0814g.jpg

8月17日、2隻の大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵(キルケネス赤旗授与・第61独立海軍歩兵旅団)及び北極圏旅団(第80独立自動車化射撃兵旅団)の将兵は、ドゥディンカ付近で上陸演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川沿岸のドゥディンカで上陸演習を行なった]

演習には、北極遠征部隊の他に、空挺軍部隊航空部隊も参加したようです。

その後、大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵部隊は、ドゥディンカの東方に位置するノリリスク市(ニッケル、コバルト、銅を産出)へ派遣され、同地で8月26日に実施された工業施設防衛演習へ参加しました。
19-0831a.jpg
19-0831b.jpg
演習の総指揮官は、北方艦隊(北方統合戦略コマンド)司令官アレクサンドル・モイセーエフ中将が務めました。

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日15時21分配信
【北方艦隊は北極で大規模産業施設を防衛する演習を実施した】

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日16時30分配信
【北方艦隊の爆撃航空隊はタイミルで仮想敵グループを撃破した】

8月29日には、クラスノヤルスク地方知事アレクサンドル・ヴィクトロヴィチ・ウスス氏がドゥディンカに滞在する遠征部隊旗艦の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」を訪れました。

[ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦ヴィツェ・アドミラル・クラコーフをクラスノヤルスク地方知事が訪れた]

8月30日、ノリリスクの演習へ参加した海軍歩兵部隊空挺軍部隊ドゥディンカへ戻り、2隻の大型揚陸艦へ乗艦しました。
[ロシア海軍歩兵部隊と空挺軍部隊はドゥディンカで北方艦隊の大型揚陸艦へ乗艦した]

8月31日、ドゥディンカ港で地元アーチストによるコンサートが開催されました。
[ドゥディンカ港でロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊の為のコンサートが行なわれた]

9月3日、北極遠征部隊ドゥディンカ港を出航しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港を去った]

北極遠征部隊は9月5日にディクソン港へ到着し、ここで砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」は遠征部隊と別れ、バレンツ海へ向かいました。
[ロシア海軍北方艦隊の砕氷船イリヤー・ムーロメツはバレンツ海へ向かった]

その他の艦船は、引き続き北極海を東へ進みました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は北極海を東へ進む]
19-0914a.jpg
9月9日にはラプテフ海へ入りました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月9日13時16分配信
【北方艦隊北極グループはラプテフ海へ入った】
北極遠征部隊は、『アトムフロート』(ロスアトム)原子力砕氷船「ヴァイガチ」に先導されて結氷海域を航行しました。

19-0914b.jpg
9月13日にはボリシェヴィク島付近でロシア連邦保安庁所属の境界線警備隊と合同で不審船の臨検訓練を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はラプテフ海で不審船の臨検訓練を行なった]

翌9月14日、大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵部隊空挺軍部隊は、ボリシェヴィク島で上陸演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はボリシェヴィク島で上陸演習を行なった]

9月17日、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」艦載ヘリコプターKa-27PSは、ヴィゼ島ウエジネニヤ島の調査を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月17日9時2分配信
【北方艦隊北極グループはカラ海の島嶼の調査を行なった】
19-0920c.jpg

9月19日、北極遠征部隊フランツ・ヨシフ諸島付近で対空戦闘訓練を行ないました。
19-0920d.jpg
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はフランツ・ヨシフ諸島海域で対空戦闘訓練を実施した]

9月21日、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」は、北極横断中の帆船「パンゲア」を発見しましたが、無線による問いかけに応答しなかった為、同船の臨検を実施しました。
[ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦ヴィツェ・アドミラル・クラコーフはバレンツ海で帆船パンゲアを臨検した]

その後も北極遠征部隊フランツ・ヨシフ諸島付近に留まりました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はフランツ・ヨシフ諸島で行動している]

9月25日にはフランツ・ヨシフ諸島アレクサンドラ島でホッケーの試合を開催しました。
19-0930a.jpg

9月29日にセヴェロモルスクへ帰投しました。
19-0930c.jpg
スポンサーサイト



ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はフランツ・ヨシフ諸島で行動している

19-0925e.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月24日16時30分配信
【北方艦隊北極グループはフランツ・ヨシフ諸島の島嶼間の新たなルートを切り開いた】

北方艦隊北極グループの艦及び支援船は、フランツ・ヨシフ諸島の島嶼間の新たなルートを進んだ。

コラ多種戦力小艦隊司令官オレグ・ゴルべフ中将と航海グループ本部が乗る大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」率いる支隊は、列島の最南端ノルトブルク島から北西のアレクサンドラ島への内部海峡を進んだ。
19-0925d.jpg
艦はグケラ島、スコット・ケルト島、アルトゥル島、ゲオルグ島を通り過ぎ、氷河の観測を行なった。
現在、グループは、軍事基地『北極クローバー』が配置され、北方艦隊戦術グループの軍人が勤務に就いているアレクサンドラ島海域で行動している。

以前、北方艦隊北極グループの艦は、仮想敵空中攻撃手段への反撃へ取り組み、高射ミサイル複合体「キンジャール」、砲装置AK-100、AK-725、更には小口径速射高射砲からの射撃を実施した。



18-0808c.jpg
ロシア北方艦隊の8度目の北極圏への遠距離航海は、2019年8月5日に始まりました。
[ロシア海軍北方艦隊艦船部隊は北極遠征へ出発した]
参加艦船は、2018年の北極遠征とほぼ同じです。
(指揮官も同じ)

[北方艦隊北極支隊](オレグ・ゴルべフ中将)
大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」(626)
大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」(031)
大型揚陸艦「コンドポガ」(027)
救助曳船「パミール」
中型海洋給油船「セルゲイ・オシポフ」
砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」


8月6日にバレンツ海で演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の北極遠征部隊はバレンツ海で演習を行なう]

8月7日、北極遠征部隊ノヴァヤゼムリャ付近へ到達し、対テロ演習を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はノヴァヤゼムリャで対テロ演習を行なう]

8月8日には、北極海で運用される石油採掘プラットフォーム「プリラズロムナヤ」をテロリストから防衛する為の演習を実施しました。

[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は石油採掘プラットフォーム防衛演習を行なった]

8月9日、北極遠征部隊カラ海へ入りました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はカラ海へ入った]

8月12日、北極遠征部隊ディクソン港へ到着しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はディクソンへ到着した]

8月13日、北極遠征部隊ディクソン港を抜錨し、エニセイ川の南下を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川を南下する]
19-0814b.jpg

翌8月14日、北極遠征部隊ドゥディンカ港へ到着しました。


[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港へ到着した]
19-0814g.jpg

8月17日、2隻の大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵(キルケネス赤旗授与・第61独立海軍歩兵旅団)及び北極圏旅団(第80独立自動車化射撃兵旅団)の将兵は、ドゥディンカ付近で上陸演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川沿岸のドゥディンカで上陸演習を行なった]

演習には、北極遠征部隊の他に、空挺軍部隊航空部隊も参加したようです。

その後、大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵部隊は、ドゥディンカの東方に位置するノリリスク市(ニッケル、コバルト、銅を産出)へ派遣され、同地で8月26日に実施された工業施設防衛演習へ参加しました。
19-0831a.jpg
19-0831b.jpg
演習の総指揮官は、北方艦隊(北方統合戦略コマンド)司令官アレクサンドル・モイセーエフ中将が務めました。

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日15時21分配信
【北方艦隊は北極で大規模産業施設を防衛する演習を実施した】

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日16時30分配信
【北方艦隊の爆撃航空隊はタイミルで仮想敵グループを撃破した】

8月29日には、クラスノヤルスク地方知事アレクサンドル・ヴィクトロヴィチ・ウスス氏がドゥディンカに滞在する遠征部隊旗艦の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」を訪れました。

[ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦ヴィツェ・アドミラル・クラコーフをクラスノヤルスク地方知事が訪れた]

8月30日、ノリリスクの演習へ参加した海軍歩兵部隊空挺軍部隊ドゥディンカへ戻り、2隻の大型揚陸艦へ乗艦しました。
[ロシア海軍歩兵部隊と空挺軍部隊はドゥディンカで北方艦隊の大型揚陸艦へ乗艦した]

8月31日、ドゥディンカ港で地元アーチストによるコンサートが開催されました。
[ドゥディンカ港でロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊の為のコンサートが行なわれた]

9月3日、北極遠征部隊ドゥディンカ港を出航しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港を去った]

北極遠征部隊は9月5日にディクソン港へ到着し、ここで砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」は遠征部隊と別れ、バレンツ海へ向かいました。
[ロシア海軍北方艦隊の砕氷船イリヤー・ムーロメツはバレンツ海へ向かった]

その他の艦船は、引き続き北極海を東へ進みました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は北極海を東へ進む]
19-0914a.jpg
9月9日にはラプテフ海へ入りました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月9日13時16分配信
【北方艦隊北極グループはラプテフ海へ入った】
北極遠征部隊は、『アトムフロート』(ロスアトム)原子力砕氷船「ヴァイガチ」に先導されて結氷海域を航行しました。

19-0914b.jpg
9月13日にはボリシェヴィク島付近でロシア連邦保安庁所属の境界線警備隊と合同で不審船の臨検訓練を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はラプテフ海で不審船の臨検訓練を行なった]

翌9月14日、大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵部隊空挺軍部隊は、ボリシェヴィク島で上陸演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はボリシェヴィク島で上陸演習を行なった]

9月17日、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」艦載ヘリコプターKa-27PSは、ヴィゼ島ウエジネニヤ島の調査を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月17日9時2分配信
【北方艦隊北極グループはカラ海の島嶼の調査を行なった】
19-0920c.jpg

9月19日、北極遠征部隊フランツ・ヨシフ諸島付近で対空戦闘訓練を行ないました。
19-0920d.jpg
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はフランツ・ヨシフ諸島海域で対空戦闘訓練を実施した]

9月21日、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」は、北極横断中の帆船「パンゲア」を発見しましたが、無線による問いかけに応答しなかった為、同船の臨検を実施しました。
[ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦ヴィツェ・アドミラル・クラコーフはバレンツ海で帆船パンゲアを臨検した]

ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦ヴィツェ・アドミラル・クラコーフはバレンツ海で帆船パンゲアを臨検した

19-0922a.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月21日12時30分配信
【大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」は北極でブラジル船籍のヨットを発見した】

北方艦隊北極グループの構成員は、ロシア連邦保安庁境界線局検査-監視グループと共に、北極西方海域大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」で、フランツ・ヨシフ諸島ノヴァヤゼムリャ諸島の間のバレンツ海及びカラ海の境界線の監視-検査活動へ取り組んだ。

将兵は、ベーリング海峡からスピッツベルゲン諸島まで北氷洋の海上移動を行なっているヨット「パンゲア」を臨検した。

船は、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」の機器装置により発見されたが、電波通信による問いかけへの応答は無く、北方艦隊北極グループ指揮官は、臨検作戦を実施する決断を下した。

ヨットの乗組員の文書が点検され、北方海上航路の通行を果たした各乗員にロシア連邦の法律違反は見つからなかった。
帆船ブラジル船籍である。
その乗組員は、ロシア、ドイツ、ポーランド、アメリカ合衆国、フランス、スウェーデン、南アフリカ共和国の民間人で構成されており、合計で男性8名と女性2名である。



18-0808c.jpg
ロシア北方艦隊の8度目の北極圏への遠距離航海は、2019年8月5日に始まりました。
[ロシア海軍北方艦隊艦船部隊は北極遠征へ出発した]
参加艦船は、2018年の北極遠征とほぼ同じです。
(指揮官も同じ)

[北方艦隊北極支隊](オレグ・ゴルべフ中将)
大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」(626)
大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」(031)
大型揚陸艦「コンドポガ」(027)
救助曳船「パミール」
中型海洋給油船「セルゲイ・オシポフ」
砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」


8月6日にバレンツ海で演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の北極遠征部隊はバレンツ海で演習を行なう]

8月7日、北極遠征部隊ノヴァヤゼムリャ付近へ到達し、対テロ演習を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はノヴァヤゼムリャで対テロ演習を行なう]

8月8日には、北極海で運用される石油採掘プラットフォーム「プリラズロムナヤ」をテロリストから防衛する為の演習を実施しました。

[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は石油採掘プラットフォーム防衛演習を行なった]

8月9日、北極遠征部隊カラ海へ入りました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はカラ海へ入った]

8月12日、北極遠征部隊ディクソン港へ到着しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はディクソンへ到着した]

8月13日、北極遠征部隊ディクソン港を抜錨し、エニセイ川の南下を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川を南下する]
19-0814b.jpg

翌8月14日、北極遠征部隊ドゥディンカ港へ到着しました。


[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港へ到着した]
19-0814g.jpg

8月17日、2隻の大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵(キルケネス赤旗授与・第61独立海軍歩兵旅団)及び北極圏旅団(第80独立自動車化射撃兵旅団)の将兵は、ドゥディンカ付近で上陸演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川沿岸のドゥディンカで上陸演習を行なった]

演習には、北極遠征部隊の他に、空挺軍部隊航空部隊も参加したようです。

その後、大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵部隊は、ドゥディンカの東方に位置するノリリスク市(ニッケル、コバルト、銅を産出)へ派遣され、同地で8月26日に実施された工業施設防衛演習へ参加しました。
19-0831a.jpg
19-0831b.jpg
演習の総指揮官は、北方艦隊(北方統合戦略コマンド)司令官アレクサンドル・モイセーエフ中将が務めました。

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日15時21分配信
【北方艦隊は北極で大規模産業施設を防衛する演習を実施した】

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日16時30分配信
【北方艦隊の爆撃航空隊はタイミルで仮想敵グループを撃破した】

8月29日には、クラスノヤルスク地方知事アレクサンドル・ヴィクトロヴィチ・ウスス氏がドゥディンカに滞在する遠征部隊旗艦の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」を訪れました。

[ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦ヴィツェ・アドミラル・クラコーフをクラスノヤルスク地方知事が訪れた]

8月30日、ノリリスクの演習へ参加した海軍歩兵部隊空挺軍部隊ドゥディンカへ戻り、2隻の大型揚陸艦へ乗艦しました。
[ロシア海軍歩兵部隊と空挺軍部隊はドゥディンカで北方艦隊の大型揚陸艦へ乗艦した]

8月31日、ドゥディンカ港で地元アーチストによるコンサートが開催されました。
[ドゥディンカ港でロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊の為のコンサートが行なわれた]

9月3日、北極遠征部隊ドゥディンカ港を出航しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港を去った]

北極遠征部隊は9月5日にディクソン港へ到着し、ここで砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」は遠征部隊と別れ、バレンツ海へ向かいました。
[ロシア海軍北方艦隊の砕氷船イリヤー・ムーロメツはバレンツ海へ向かった]

その他の艦船は、引き続き北極海を東へ進みました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は北極海を東へ進む]
19-0914a.jpg
9月9日にはラプテフ海へ入りました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月9日13時16分配信
【北方艦隊北極グループはラプテフ海へ入った】
北極遠征部隊は、『アトムフロート』(ロスアトム)原子力砕氷船「ヴァイガチ」に先導されて結氷海域を航行しました。

19-0914b.jpg
9月13日にはボリシェヴィク島付近でロシア連邦保安庁所属の境界線警備隊と合同で不審船の臨検訓練を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はラプテフ海で不審船の臨検訓練を行なった]

翌9月14日、大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵部隊空挺軍部隊は、ボリシェヴィク島で上陸演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はボリシェヴィク島で上陸演習を行なった]

9月17日、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」艦載ヘリコプターKa-27PSは、ヴィゼ島ウエジネニヤ島の調査を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月17日9時2分配信
【北方艦隊北極グループはカラ海の島嶼の調査を行なった】
19-0920c.jpg

9月19日、北極遠征部隊フランツ・ヨシフ諸島付近で対空戦闘訓練を行ないました。
19-0920d.jpg
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はフランツ・ヨシフ諸島海域で対空戦闘訓練を実施した]

9月21日、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」は、北極横断中の帆船「パンゲア」を発見しましたが、無線による問いかけに応答しなかった為、同船の臨検を実施しました。

ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はフランツ・ヨシフ諸島海域で対空戦闘訓練を実施した


『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月19日19時0分配信
【北方艦隊北極グループはフランツ・ヨシフ諸島付近で仮想敵の攻撃を撃退した】

北方艦隊北極グループ戦闘艦は、バレンツ海北方のフランツ・ヨシフ諸島海域で戦闘射撃演習を実施した。
19-0920d.jpg

大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」、大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」、「コンドポガ」の乗組員は、高射ミサイル複合体「キンジャール」、砲装置AK-100及びAK-725、更には速射小口径高射砲複合体AK-630の助力を得て、様々な高度及び方向からの仮想敵空中攻撃手段の撃退へ取り組んだ。

仮想敵の高精度兵器へ対抗する目的で、艦は電波電子戦闘複合体からのパッシブおよびアクティブ妨害の設置へ取り組んだ。

演習は、風浪階級4の波と強い突発的な嵐の暴風条件下で実施された。

実地高射射撃を行なった後、艦は、仮想「敵」水上グループとの海上戦闘を始め、それを砲火で撃破した。
更に大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」の乗組員は、仮想敵潜水艦への反応深海爆弾射撃を実施した。



18-0808c.jpg
ロシア北方艦隊の8度目の北極圏への遠距離航海は、2019年8月5日に始まりました。
[ロシア海軍北方艦隊艦船部隊は北極遠征へ出発した]
参加艦船は、2018年の北極遠征とほぼ同じです。
(指揮官も同じ)

[北方艦隊北極支隊](オレグ・ゴルべフ中将)
大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」(626)
大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」(031)
大型揚陸艦「コンドポガ」(027)
救助曳船「パミール」
中型海洋給油船「セルゲイ・オシポフ」
砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」


8月6日にバレンツ海で演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の北極遠征部隊はバレンツ海で演習を行なう]

8月7日、北極遠征部隊ノヴァヤゼムリャ付近へ到達し、対テロ演習を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はノヴァヤゼムリャで対テロ演習を行なう]

8月8日には、北極海で運用される石油採掘プラットフォーム「プリラズロムナヤ」をテロリストから防衛する為の演習を実施しました。

[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は石油採掘プラットフォーム防衛演習を行なった]

8月9日、北極遠征部隊カラ海へ入りました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はカラ海へ入った]

8月12日、北極遠征部隊ディクソン港へ到着しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はディクソンへ到着した]

8月13日、北極遠征部隊ディクソン港を抜錨し、エニセイ川の南下を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川を南下する]
19-0814b.jpg

翌8月14日、北極遠征部隊ドゥディンカ港へ到着しました。


[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港へ到着した]
19-0814g.jpg

8月17日、2隻の大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵(キルケネス赤旗授与・第61独立海軍歩兵旅団)及び北極圏旅団(第80独立自動車化射撃兵旅団)の将兵は、ドゥディンカ付近で上陸演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川沿岸のドゥディンカで上陸演習を行なった]

演習には、北極遠征部隊の他に、空挺軍部隊航空部隊も参加したようです。

その後、大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵部隊は、ドゥディンカの東方に位置するノリリスク市(ニッケル、コバルト、銅を産出)へ派遣され、同地で8月26日に実施された工業施設防衛演習へ参加しました。
19-0831a.jpg
19-0831b.jpg
演習の総指揮官は、北方艦隊(北方統合戦略コマンド)司令官アレクサンドル・モイセーエフ中将が務めました。

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日15時21分配信
【北方艦隊は北極で大規模産業施設を防衛する演習を実施した】

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日16時30分配信
【北方艦隊の爆撃航空隊はタイミルで仮想敵グループを撃破した】

8月29日には、クラスノヤルスク地方知事アレクサンドル・ヴィクトロヴィチ・ウスス氏がドゥディンカに滞在する遠征部隊旗艦の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」を訪れました。

[ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦ヴィツェ・アドミラル・クラコーフをクラスノヤルスク地方知事が訪れた]

8月30日、ノリリスクの演習へ参加した海軍歩兵部隊空挺軍部隊ドゥディンカへ戻り、2隻の大型揚陸艦へ乗艦しました。
[ロシア海軍歩兵部隊と空挺軍部隊はドゥディンカで北方艦隊の大型揚陸艦へ乗艦した]

8月31日、ドゥディンカ港で地元アーチストによるコンサートが開催されました。
[ドゥディンカ港でロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊の為のコンサートが行なわれた]

9月3日、北極遠征部隊ドゥディンカ港を出航しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港を去った]

北極遠征部隊は9月5日にディクソン港へ到着し、ここで砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」は遠征部隊と別れ、バレンツ海へ向かいました。
[ロシア海軍北方艦隊の砕氷船イリヤー・ムーロメツはバレンツ海へ向かった]

その他の艦船は、引き続き北極海を東へ進みました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は北極海を東へ進む]
19-0914a.jpg
9月9日にはラプテフ海へ入りました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月9日13時16分配信
【北方艦隊北極グループはラプテフ海へ入った】
北極遠征部隊は、『アトムフロート』(ロスアトム)原子力砕氷船「ヴァイガチ」に先導されて結氷海域を航行しました。

19-0914b.jpg
9月13日にはボリシェヴィク島付近でロシア連邦保安庁所属の境界線警備隊と合同で不審船の臨検訓練を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はラプテフ海で不審船の臨検訓練を行なった]

翌9月14日、大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵部隊空挺軍部隊は、ボリシェヴィク島で上陸演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はボリシェヴィク島で上陸演習を行なった]

9月17日、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」艦載ヘリコプターKa-27PSは、ヴィゼ島ウエジネニヤ島の調査を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月17日9時2分配信
【北方艦隊北極グループはカラ海の島嶼の調査を行なった】
19-0920c.jpg

9月19日、北極遠征部隊フランツ・ヨシフ諸島付近で対空戦闘訓練を行ないました。

ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はボリシェヴィク島で上陸演習を行なった

19-0915a.jpg
19-0915b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月14日17時0分配信
【北方艦隊の海軍歩兵は北極で仮想破壊工作員を一掃した】

大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」及び「コンドポガ」に乗って北方艦隊北極グループの一員として任務を遂行している海軍歩兵及び空挺軍部隊は、北極の島の無防備の海岸への上陸と、仮想敵の破壊工作偵察グループを撃滅する演習を実施した。

演習は、コラ多種戦力小艦隊司令官オレグ・ゴルべフ中将の指揮下で、セヴェルナヤ・ゼムリャ列島ボリシェヴィク島地域において行なわれた。
それには、戦闘艦の乗組員及び北方艦隊北極グループ戦闘車両BTR-82Aの要員が参加した。
総計で3隻の戦闘艦、2機のヘリコプターKa-27、10両の装甲車、2隻のと500名以上の人員が関わった。

最初に島の海岸へ入ったのは、水中破壊工作員へ対処する為のコラ小艦隊支隊の戦闘泳者であった。
彼らは、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」汎用口径砲塔から敵の強化火力トーチカへの砲打撃を与える為の目標指示を行なった。

その後、海岸への砲撃準備の為、海軍歩兵グループ高速艇で送り込まれ、更にはヘリコプターKa-27から空挺部隊が降り立った。
海軍歩兵部隊の要員は、海岸で橋頭堡を確保し、基幹部隊が乗る大型揚陸艦の進入を保障した。

大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」及び「コンドポガ」は、歴史上初めてボリシェヴィク島海岸への進入及び重点方式による戦闘車両の陸揚げへ取り組んだ。
艦の中甲板から進入後、BTR-82A乗員は、仮想敵の追撃、包囲、撃滅の為の機動戦実施戦術へ取り組んだ。

演習中、海軍歩兵及び空挺軍部隊の要員は、更に射撃兵器及び擲弾筒からの射撃を実施した。

ボリシェヴィク島での戦闘演習任務遂行を完了した戦闘車両揚陸艦へ積載され、北方艦隊北極グループカラ海ウエジネニヤ島へ進路を取った。
19-0915c.jpg
19-0915d.jpg



18-0808c.jpg
ロシア北方艦隊の8度目の北極圏への遠距離航海は、2019年8月5日に始まりました。
[ロシア海軍北方艦隊艦船部隊は北極遠征へ出発した]
参加艦船は、2018年の北極遠征とほぼ同じです。
(指揮官も同じ)

[北方艦隊北極支隊](オレグ・ゴルべフ中将)
大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」(626)
大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」(031)
大型揚陸艦「コンドポガ」(027)
救助曳船「パミール」
中型海洋給油船「セルゲイ・オシポフ」
砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」


8月6日にバレンツ海で演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の北極遠征部隊はバレンツ海で演習を行なう]

8月7日、北極遠征部隊ノヴァヤゼムリャ付近へ到達し、対テロ演習を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はノヴァヤゼムリャで対テロ演習を行なう]

8月8日には、北極海で運用される石油採掘プラットフォーム「プリラズロムナヤ」をテロリストから防衛する為の演習を実施しました。

[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は石油採掘プラットフォーム防衛演習を行なった]

8月9日、北極遠征部隊カラ海へ入りました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はカラ海へ入った]

8月12日、北極遠征部隊ディクソン港へ到着しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はディクソンへ到着した]

8月13日、北極遠征部隊ディクソン港を抜錨し、エニセイ川の南下を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川を南下する]
19-0814b.jpg

翌8月14日、北極遠征部隊ドゥディンカ港へ到着しました。


[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港へ到着した]
19-0814g.jpg

8月17日、2隻の大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵(キルケネス赤旗授与・第61独立海軍歩兵旅団)及び北極圏旅団(第80独立自動車化射撃兵旅団)の将兵は、ドゥディンカ付近で上陸演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川沿岸のドゥディンカで上陸演習を行なった]

演習には、北極遠征部隊の他に、空挺軍部隊航空部隊も参加したようです。

その後、大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵部隊は、ドゥディンカの東方に位置するノリリスク市(ニッケル、コバルト、銅を産出)へ派遣され、同地で8月26日に実施された工業施設防衛演習へ参加しました。
19-0831a.jpg
19-0831b.jpg
演習の総指揮官は、北方艦隊(北方統合戦略コマンド)司令官アレクサンドル・モイセーエフ中将が務めました。

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日15時21分配信
【北方艦隊は北極で大規模産業施設を防衛する演習を実施した】

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日16時30分配信
【北方艦隊の爆撃航空隊はタイミルで仮想敵グループを撃破した】

8月29日には、クラスノヤルスク地方知事アレクサンドル・ヴィクトロヴィチ・ウスス氏がドゥディンカに滞在する遠征部隊旗艦の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」を訪れました。

[ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦ヴィツェ・アドミラル・クラコーフをクラスノヤルスク地方知事が訪れた]

8月30日、ノリリスクの演習へ参加した海軍歩兵部隊空挺軍部隊ドゥディンカへ戻り、2隻の大型揚陸艦へ乗艦しました。
[ロシア海軍歩兵部隊と空挺軍部隊はドゥディンカで北方艦隊の大型揚陸艦へ乗艦した]

8月31日、ドゥディンカ港で地元アーチストによるコンサートが開催されました。
[ドゥディンカ港でロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊の為のコンサートが行なわれた]

9月3日、北極遠征部隊ドゥディンカ港を出航しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港を去った]

北極遠征部隊は9月5日にディクソン港へ到着し、ここで砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」は遠征部隊と別れ、バレンツ海へ向かいました。
[ロシア海軍北方艦隊の砕氷船イリヤー・ムーロメツはバレンツ海へ向かった]

その他の艦船は、引き続き北極海を東へ進みました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は北極海を東へ進む]
19-0914a.jpg
9月9日にはラプテフ海へ入りました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月9日13時16分配信
【北方艦隊北極グループはラプテフ海へ入った】
北極遠征部隊は、『アトムフロート』(ロスアトム)原子力砕氷船「ヴァイガチ」に先導されて結氷海域を航行しました。

19-0914b.jpg
9月13日にはボリシェヴィク島付近でロシア連邦保安庁所属の境界線警備隊と合同で不審船の臨検訓練を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はラプテフ海で不審船の臨検訓練を行なった]

翌9月14日、大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵部隊空挺軍部隊は、ボリシェヴィク島で上陸演習を行ないました。

ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はラプテフ海で不審船の臨検訓練を行なった

19-0914c.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月13日14時45分配信
【北方艦隊将兵は北極で船の臨検へ取り組んだ】

北方艦隊対テロ活動グループ及びロシア連邦保安庁境界線局の協力者は、北極エリア西方において、艦隊の北極グループの一員として行動している大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」の艦上で、ロシアの法律に違反している疑いのある船の臨検活動へ取り組んだ。

ソルネチナヤ湾海域(ラプテフ海)ボリシェヴィク島地域で、境界線局及び北方艦隊の将兵から成る臨検グループは、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」から高速艇で、セヴェルナヤ・ゼムリャ諸島へ貨物を送り届ける民間船「S.クズネツォフ」へ乗り込んだ。

臨検活動中、ディーゼル船の勤務、貨物、居住船室、船の文書と乗組員の文書が点検された。
一連の現行法違反が判明し、情報は規定の順序を経て然るべき機関での検討の為に転送された。

境界線警備隊北方艦隊将兵の連携により、北極での臨検作戦時の行動における手続きを行なう初めての経験を得た。

北方艦隊北極グループの8度目の航海は、8月5日に北方艦隊主要基地セヴェロモルスク市から出航して始まった。
セヴェロモルスクからの移動中に支隊の艦船は2500海里以上を移動した。



18-0808c.jpg
ロシア北方艦隊の8度目の北極圏への遠距離航海は、2019年8月5日に始まりました。
[ロシア海軍北方艦隊艦船部隊は北極遠征へ出発した]
参加艦船は、2018年の北極遠征とほぼ同じです。
(指揮官も同じ)

[北方艦隊北極支隊](オレグ・ゴルべフ中将)
大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」(626)
大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」(031)
大型揚陸艦「コンドポガ」(027)
救助曳船「パミール」
中型海洋給油船「セルゲイ・オシポフ」
砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」


8月6日にバレンツ海で演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の北極遠征部隊はバレンツ海で演習を行なう]

8月7日、北極遠征部隊ノヴァヤゼムリャ付近へ到達し、対テロ演習を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はノヴァヤゼムリャで対テロ演習を行なう]

8月8日には、北極海で運用される石油採掘プラットフォーム「プリラズロムナヤ」をテロリストから防衛する為の演習を実施しました。

[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は石油採掘プラットフォーム防衛演習を行なった]

8月9日、北極遠征部隊カラ海へ入りました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はカラ海へ入った]

8月12日、北極遠征部隊ディクソン港へ到着しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はディクソンへ到着した]

8月13日、北極遠征部隊ディクソン港を抜錨し、エニセイ川の南下を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川を南下する]
19-0814b.jpg

翌8月14日、北極遠征部隊ドゥディンカ港へ到着しました。


[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港へ到着した]
19-0814g.jpg

8月17日、2隻の大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵(キルケネス赤旗授与・第61独立海軍歩兵旅団)及び北極圏旅団(第80独立自動車化射撃兵旅団)の将兵は、ドゥディンカ付近で上陸演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川沿岸のドゥディンカで上陸演習を行なった]

演習には、北極遠征部隊の他に、空挺軍部隊航空部隊も参加したようです。

その後、大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵部隊は、ドゥディンカの東方に位置するノリリスク市(ニッケル、コバルト、銅を産出)へ派遣され、同地で8月26日に実施された工業施設防衛演習へ参加しました。
19-0831a.jpg
19-0831b.jpg
演習の総指揮官は、北方艦隊(北方統合戦略コマンド)司令官アレクサンドル・モイセーエフ中将が務めました。

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日15時21分配信
【北方艦隊は北極で大規模産業施設を防衛する演習を実施した】

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日16時30分配信
【北方艦隊の爆撃航空隊はタイミルで仮想敵グループを撃破した】

8月29日には、クラスノヤルスク地方知事アレクサンドル・ヴィクトロヴィチ・ウスス氏がドゥディンカに滞在する遠征部隊旗艦の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」を訪れました。

[ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦ヴィツェ・アドミラル・クラコーフをクラスノヤルスク地方知事が訪れた]

8月30日、ノリリスクの演習へ参加した海軍歩兵部隊空挺軍部隊ドゥディンカへ戻り、2隻の大型揚陸艦へ乗艦しました。
[ロシア海軍歩兵部隊と空挺軍部隊はドゥディンカで北方艦隊の大型揚陸艦へ乗艦した]

8月31日、ドゥディンカ港で地元アーチストによるコンサートが開催されました。
[ドゥディンカ港でロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊の為のコンサートが行なわれた]

9月3日、北極遠征部隊ドゥディンカ港を出航しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港を去った]

北極遠征部隊は9月5日にディクソン港へ到着し、ここで砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」は遠征部隊と別れ、バレンツ海へ向かいました。
[ロシア海軍北方艦隊の砕氷船イリヤー・ムーロメツはバレンツ海へ向かった]

その他の艦船は、引き続き北極海を東へ進みました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は北極海を東へ進む]
19-0914a.jpg
9月9日にはラプテフ海へ入りました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月9日13時16分配信
【北方艦隊北極グループはラプテフ海へ入った】
北極遠征部隊は、『アトムフロート』(ロスアトム)原子力砕氷船「ヴァイガチ」に先導されて結氷海域を航行しました。

19-0914b.jpg
9月13日にはボリシェヴィク島付近でロシア連邦保安庁所属の境界線警備隊と合同で不審船の臨検訓練を行ないました。

ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は北極海を東へ進む

19-0907a.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月6日14時14分配信
【北方艦隊艦船支隊は北極航海を続ける】

本日(9月6日)、北極で遠距離航海任務を遂行している北方艦隊艦船支隊は、エニセイ湾からカラ海へ入った。
19-0907c.jpg

大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」、大型揚陸艦「コンドポガ」、「アレクサンドル・オトラコフスキー」、給油支援船「セルゲイ・オシポフ」、救助曳船「パミール」は、ディクソン港で指定基準まで物資を補充した後、北極航海計画に沿って北方海上航路のルートに近い海域を北東方面へ向かって移動を続ける。

前日の9月5日、タイミル半島北方艦隊北極支隊の一員として行動していたディーゼルエレクトリック砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」は、ディクソン港からバレンツ海へ進路を取った。
砕氷船は、ノリリスク市で重要な産業施設を防衛する兵種間演習へ参加した北方艦隊の車両と人員を恒久駐留所へ送り届ける。

エニセイ湾から出た大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」乗組員は、境界線上警備艦「ポリャールナヤ・ズヴェズダー」と共に、カラ海の指定海域及びタイミル沿岸における生物資源利用をモニタリング及び監視する一連の任務を遂行した。
19-0907b.jpg
この課題を解決する為、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」から艦載ヘリコプターKa-27が空中へ上がり、計画ルートの上空飛行を行なった。

大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」率いる北方艦隊艦・支援船支隊の今次北極航海は、8月5日に北方艦隊主要基地セヴェロモルスクから出航して始まった。

遠距離航海の主な目的は、北極ゾーンにおけるロシア連邦の海上船舶航行及び他の種類の海上経済活動の安全保障に在る。
航海任務の1つとして、更に、北極での北方艦隊船員の捜索救助の保障と、高緯度で遭難した船の援助への習熟が在る。



18-0808c.jpg
ロシア北方艦隊の8度目の北極圏への遠距離航海は、2019年8月5日に始まりました。
[ロシア海軍北方艦隊艦船部隊は北極遠征へ出発した]
参加艦船は、2018年の北極遠征とほぼ同じです。
(指揮官も同じ)

[北方艦隊北極支隊](オレグ・ゴルべフ中将)
大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」(626)
大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」(031)
大型揚陸艦「コンドポガ」(027)
救助曳船「パミール」
中型海洋給油船「セルゲイ・オシポフ」
砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」


8月6日にバレンツ海で演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の北極遠征部隊はバレンツ海で演習を行なう]

8月7日、北極遠征部隊ノヴァヤゼムリャ付近へ到達し、対テロ演習を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はノヴァヤゼムリャで対テロ演習を行なう]

8月8日には、北極海で運用される石油採掘プラットフォーム「プリラズロムナヤ」をテロリストから防衛する為の演習を実施しました。

[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は石油採掘プラットフォーム防衛演習を行なった]

8月9日、北極遠征部隊カラ海へ入りました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はカラ海へ入った]

8月12日、北極遠征部隊ディクソン港へ到着しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はディクソンへ到着した]

8月13日、北極遠征部隊ディクソン港を抜錨し、エニセイ川の南下を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川を南下する]
19-0814b.jpg

翌8月14日、北極遠征部隊ドゥディンカ港へ到着しました。


[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港へ到着した]
19-0814g.jpg

8月17日、2隻の大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵(キルケネス赤旗授与・第61独立海軍歩兵旅団)及び北極圏旅団(第80独立自動車化射撃兵旅団)の将兵は、ドゥディンカ付近で上陸演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川沿岸のドゥディンカで上陸演習を行なった]

演習には、北極遠征部隊の他に、空挺軍部隊航空部隊も参加したようです。

その後、大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵部隊は、ドゥディンカの東方に位置するノリリスク市(ニッケル、コバルト、銅を産出)へ派遣され、同地で8月26日に実施された工業施設防衛演習へ参加しました。
19-0831a.jpg
19-0831b.jpg
演習の総指揮官は、北方艦隊(北方統合戦略コマンド)司令官アレクサンドル・モイセーエフ中将が務めました。

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日15時21分配信
【北方艦隊は北極で大規模産業施設を防衛する演習を実施した】

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日16時30分配信
【北方艦隊の爆撃航空隊はタイミルで仮想敵グループを撃破した】

8月29日には、クラスノヤルスク地方知事アレクサンドル・ヴィクトロヴィチ・ウスス氏がドゥディンカに滞在する遠征部隊旗艦の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」を訪れました。

[ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦ヴィツェ・アドミラル・クラコーフをクラスノヤルスク地方知事が訪れた]

8月30日、ノリリスクの演習へ参加した海軍歩兵部隊空挺軍部隊ドゥディンカへ戻り、2隻の大型揚陸艦へ乗艦しました。
[ロシア海軍歩兵部隊と空挺軍部隊はドゥディンカで北方艦隊の大型揚陸艦へ乗艦した]

8月31日、ドゥディンカ港で地元アーチストによるコンサートが開催されました。
[ドゥディンカ港でロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊の為のコンサートが行なわれた]

9月3日、北極遠征部隊ドゥディンカ港を出航しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港を去った]

北極遠征部隊は9月5日にディクソン港へ到着し、ここで砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」は遠征部隊と別れ、バレンツ海へ向かいました。
[ロシア海軍北方艦隊の砕氷船イリヤー・ムーロメツはバレンツ海へ向かった]

その他の艦船は、引き続き北極海を東へ進みます。

ロシア海軍北方艦隊の砕氷船イリヤー・ムーロメツはバレンツ海へ向かった

19-0906d.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月5日15時8分配信
【北方艦隊の砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」はバレンツ海へ進路を取った】

本日(9月5日)、タイミル半島北方艦隊北極支隊の一員として行動していたディーゼルエレクトリック砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」は、ディクソン港からバレンツ海へ進路を取った。
砕氷船は、ノリリスク市で重要な産業施設を防衛する兵種間演習へ参加した北方艦隊の車両と人員を恒久駐留所へ送り届ける。

大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」、大型揚陸艦「コンドポガ」、「アレクサンドル・オトラコフスキー」、給油支援船「セルゲイ・オシポフ」、救助曳船「パミール」は、ディクソン港で指定基準まで物資を補充した後、北極航海計画に沿って北方海上航路のルートに近い海域を北東方面へ向かって移動を続ける。

近い内に大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」艦載ヘリコプターKa-27は、北方艦隊艦・支援船支隊の移動ルート上の結氷偵察を行なう。

北方艦隊の水上部隊の8度目の北極航海は、8月5日に北方艦隊主要基地セヴェロモルスクから出航して始まった。
セヴェロモルスクからの移動中に支隊の艦船は1800海里以上を移動した。

タイミルへの滞在中、北方艦隊将兵は、北方艦隊部隊、空挺軍部隊、中央軍管区航空部隊、航空宇宙軍遠距離航空隊司令部、更には内務省、非常事態省、連邦執行庁の部隊も参加した重要な産業施設を防衛する兵種間戦術演習任務を成功裏に遂行した。



18-0808c.jpg
ロシア北方艦隊の8度目の北極圏への遠距離航海は、2019年8月5日に始まりました。
[ロシア海軍北方艦隊艦船部隊は北極遠征へ出発した]
参加艦船は、2018年の北極遠征とほぼ同じです。
(指揮官も同じ)

[北方艦隊北極支隊](オレグ・ゴルべフ中将)
大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」(626)
大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」(031)
大型揚陸艦「コンドポガ」(027)
救助曳船「パミール」
中型海洋給油船「セルゲイ・オシポフ」
砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」


8月6日にバレンツ海で演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の北極遠征部隊はバレンツ海で演習を行なう]

8月7日、北極遠征部隊ノヴァヤゼムリャ付近へ到達し、対テロ演習を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はノヴァヤゼムリャで対テロ演習を行なう]

8月8日には、北極海で運用される石油採掘プラットフォーム「プリラズロムナヤ」をテロリストから防衛する為の演習を実施しました。

[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は石油採掘プラットフォーム防衛演習を行なった]

8月9日、北極遠征部隊カラ海へ入りました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はカラ海へ入った]

8月12日、北極遠征部隊ディクソン港へ到着しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はディクソンへ到着した]

8月13日、北極遠征部隊ディクソン港を抜錨し、エニセイ川の南下を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川を南下する]
19-0814b.jpg

翌8月14日、北極遠征部隊ドゥディンカ港へ到着しました。


[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港へ到着した]
19-0814g.jpg

8月17日、2隻の大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵(キルケネス赤旗授与・第61独立海軍歩兵旅団)及び北極圏旅団(第80独立自動車化射撃兵旅団)の将兵は、ドゥディンカ付近で上陸演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川沿岸のドゥディンカで上陸演習を行なった]

演習には、北極遠征部隊の他に、空挺軍部隊航空部隊も参加したようです。

その後、大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵部隊は、ドゥディンカの東方に位置するノリリスク市(ニッケル、コバルト、銅を産出)へ派遣され、同地で8月26日に実施された工業施設防衛演習へ参加しました。
19-0831a.jpg
19-0831b.jpg
演習の総指揮官は、北方艦隊(北方統合戦略コマンド)司令官アレクサンドル・モイセーエフ中将が務めました。

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日15時21分配信
【北方艦隊は北極で大規模産業施設を防衛する演習を実施した】

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日16時30分配信
【北方艦隊の爆撃航空隊はタイミルで仮想敵グループを撃破した】

8月29日には、クラスノヤルスク地方知事アレクサンドル・ヴィクトロヴィチ・ウスス氏がドゥディンカに滞在する遠征部隊旗艦の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」を訪れました。

[ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦ヴィツェ・アドミラル・クラコーフをクラスノヤルスク地方知事が訪れた]

8月30日、ノリリスクの演習へ参加した海軍歩兵部隊空挺軍部隊ドゥディンカへ戻り、2隻の大型揚陸艦へ乗艦しました。
[ロシア海軍歩兵部隊と空挺軍部隊はドゥディンカで北方艦隊の大型揚陸艦へ乗艦した]

8月31日、ドゥディンカ港で地元アーチストによるコンサートが開催されました。
[ドゥディンカ港でロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊の為のコンサートが行なわれた]

9月3日、北極遠征部隊ドゥディンカ港を出航しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港を去った]

北極遠征部隊は9月5日にディクソン港へ到着し、ここで砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」は遠征部隊と別れ、バレンツ海へ向かいました。

その他の艦船は、引き続き北極海を東へ進みます。

ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港を去った

19-0906c.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年9月3日17時57分配信
【北方艦隊艦船支隊はドゥディンカ港から出航し、カラ海へ向かった】

本日(9月3日)、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」、大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」、「コンドポガ」、砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」で構成される北方艦隊艦船支隊ドゥディンカ港から出航し、カラ海へ向かった。

タイミルへの滞在中、戦闘艦支隊北極の重要な産業施設を防衛する兵種間戦術演習へ参加した。
演習は北方艦隊司令官アレクサンドル・モイセーエフ中将の統制の下で行なわれ、北方艦隊部隊、空挺軍部隊、中央軍管区航空部隊、航空宇宙軍遠距離航空隊司令部、更には内務省、非常事態省、連邦執行庁の部隊も参加した。

北方艦隊将兵はタイミルへ3週間滞在した。
北方艦隊艦・支援船支隊は8月14日にドゥディンカ港へ到着した。
双方の大型揚陸艦の乗組員がエニセイ川を移動するのは今回で3度目となり、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」は初めてである。

タイミルへの滞在中、北方艦隊将兵は、兵種間演習のみならず、組織的な大規模文化プログラムへ参加し、地元チームとバレーボール、サッカー、ホッケーのスポーツ競技会を開催した。
ドゥディンカ市アイスアリーナ『タイミル』では、戦闘艦支隊の選抜チームとドゥディンカ市庁代表チームが初めてアイスホッケーの親善試合を行なった。
北方艦隊の艦は、訪問客の為に開放された。
そこでは、現代的な兵器が展示された。
ドゥディンカで艦を2017年の訪問よりも1000名多い11000名の地元住民が訪れた。
70名のタイミルの児童が全連邦軍事スポーツ少年団へ参加した。

北方艦隊の水上部隊の8度目の北極航海は、8月5日に北方艦隊主要基地セヴェロモルスクから出航して始まった。
これまでに支隊の艦船は1500海里以上を移動した。
オレグ・ゴルべフ中将が指揮するグループは、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」、大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」、「コンドポガ」、救助曳船「パミール」、給油船「セルゲイ・オシポフ」、砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」で構成される。



18-0808c.jpg
ロシア北方艦隊の8度目の北極圏への遠距離航海は、2019年8月5日に始まりました。
[ロシア海軍北方艦隊艦船部隊は北極遠征へ出発した]
参加艦船は、2018年の北極遠征とほぼ同じです。
(指揮官も同じ)

[北方艦隊北極支隊](オレグ・ゴルべフ中将)
大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」(626)
大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」(031)
大型揚陸艦「コンドポガ」(027)
救助曳船「パミール」
中型海洋給油船「セルゲイ・オシポフ」
砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」


8月6日にバレンツ海で演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の北極遠征部隊はバレンツ海で演習を行なう]

8月7日、北極遠征部隊ノヴァヤゼムリャ付近へ到達し、対テロ演習を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はノヴァヤゼムリャで対テロ演習を行なう]

8月8日には、北極海で運用される石油採掘プラットフォーム「プリラズロムナヤ」をテロリストから防衛する為の演習を実施しました。

[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は石油採掘プラットフォーム防衛演習を行なった]

8月9日、北極遠征部隊カラ海へ入りました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はカラ海へ入った]

8月12日、北極遠征部隊ディクソン港へ到着しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はディクソンへ到着した]

8月13日、北極遠征部隊ディクソン港を抜錨し、エニセイ川の南下を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川を南下する]
19-0814b.jpg

翌8月14日、北極遠征部隊ドゥディンカ港へ到着しました。


[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港へ到着した]
19-0814g.jpg

8月17日、2隻の大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵(キルケネス赤旗授与・第61独立海軍歩兵旅団)及び北極圏旅団(第80独立自動車化射撃兵旅団)の将兵は、ドゥディンカ付近で上陸演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川沿岸のドゥディンカで上陸演習を行なった]

演習には、北極遠征部隊の他に、空挺軍部隊航空部隊も参加したようです。

その後、大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵部隊は、ドゥディンカの東方に位置するノリリスク市(ニッケル、コバルト、銅を産出)へ派遣され、同地で8月26日に実施された工業施設防衛演習へ参加しました。
19-0831a.jpg
19-0831b.jpg
演習の総指揮官は、北方艦隊(北方統合戦略コマンド)司令官アレクサンドル・モイセーエフ中将が務めました。

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日15時21分配信
【北方艦隊は北極で大規模産業施設を防衛する演習を実施した】

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日16時30分配信
【北方艦隊の爆撃航空隊はタイミルで仮想敵グループを撃破した】

8月29日には、クラスノヤルスク地方知事アレクサンドル・ヴィクトロヴィチ・ウスス氏がドゥディンカに滞在する遠征部隊旗艦の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」を訪れました。

[ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦ヴィツェ・アドミラル・クラコーフをクラスノヤルスク地方知事が訪れた]

8月30日、ノリリスクの演習へ参加した海軍歩兵部隊空挺軍部隊ドゥディンカへ戻り、2隻の大型揚陸艦へ乗艦しました。
[ロシア海軍歩兵部隊と空挺軍部隊はドゥディンカで北方艦隊の大型揚陸艦へ乗艦した]

8月31日、ドゥディンカ港で地元アーチストによるコンサートが開催されました。
[ドゥディンカ港でロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊の為のコンサートが行なわれた]

9月3日、北極遠征部隊ドゥディンカ港を出航しました。

ドゥディンカ港でロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊の為のコンサートが行なわれた

19-0901d.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月31日20時45分配信
【北方艦隊戦闘艦の乗組員の前でドゥディンカとノリリスクのアーチストが演奏した】

本日(8月31日)、タイミル半島ノリリスク地域の兵種間戦術演習へ参加した北方艦隊戦闘艦支隊の構成員の前で、ドゥディンカノリリスクの創作家集団によるコンサートプログラムが上演された。

コンサートは、ドゥディンカ海港で行なわれた。
タイミルのアーチストは、軍事船員へ極北民族の独特な民族文化を見せた。
ドゥディンカ市の市立文化会館のアーチストとノリリスクの創作家集団は、北方艦隊将兵へ舞踏会と音楽の出し物を贈った。

情熱的で鮮やかな容貌、天賦の才、独創的な歌の演奏は、コンサートを真に忘れ難いものとし、北方艦隊将兵へ最もポジティブで好意的な感情だけを刻み付けた。

北方艦隊戦闘艦・支援船支隊北極航海を指揮するコラ多種戦力小艦隊司令官オレグ・ゴルべフ中将は、北の人々の温かい歓迎へ感謝の意を述べた。

数日前、赤旗北方艦隊歌と踊りのアンサンブルのアーチストは、北方艦隊オーケストラと共にタイミルの居住地のツアーを行ない、そのコンサートプログラムへ地元の聴衆は拍手喝采を浴びせた。



18-0808c.jpg
ロシア北方艦隊の8度目の北極圏への遠距離航海は、2019年8月5日に始まりました。
[ロシア海軍北方艦隊艦船部隊は北極遠征へ出発した]
参加艦船は、2018年の北極遠征とほぼ同じです。
(指揮官も同じ)

[北方艦隊北極支隊](オレグ・ゴルべフ中将)
大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」(626)
大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」(031)
大型揚陸艦「コンドポガ」(027)
救助曳船「パミール」
中型海洋給油船「セルゲイ・オシポフ」
砕氷船「イリヤー・ムーロメツ」


8月6日にバレンツ海で演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の北極遠征部隊はバレンツ海で演習を行なう]

8月7日、北極遠征部隊ノヴァヤゼムリャ付近へ到達し、対テロ演習を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はノヴァヤゼムリャで対テロ演習を行なう]

8月8日には、北極海で運用される石油採掘プラットフォーム「プリラズロムナヤ」をテロリストから防衛する為の演習を実施しました。

[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊は石油採掘プラットフォーム防衛演習を行なった]

8月9日、北極遠征部隊カラ海へ入りました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はカラ海へ入った]

8月12日、北極遠征部隊ディクソン港へ到着しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はディクソンへ到着した]

8月13日、北極遠征部隊ディクソン港を抜錨し、エニセイ川の南下を開始しました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川を南下する]
19-0814b.jpg

翌8月14日、北極遠征部隊ドゥディンカ港へ到着しました。


[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はドゥディンカ港へ到着した]
19-0814g.jpg

8月17日、2隻の大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵(キルケネス赤旗授与・第61独立海軍歩兵旅団)及び北極圏旅団(第80独立自動車化射撃兵旅団)の将兵は、ドゥディンカ付近で上陸演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊北極遠征部隊はエニセイ川沿岸のドゥディンカで上陸演習を行なった]

演習には、北極遠征部隊の他に、空挺軍部隊航空部隊も参加したようです。

その後、大型揚陸艦に乗ってきた海軍歩兵部隊は、ドゥディンカの東方に位置するノリリスク市(ニッケル、コバルト、銅を産出)へ派遣され、同地で8月26日に実施された工業施設防衛演習へ参加しました。
19-0831a.jpg
19-0831b.jpg
演習の総指揮官は、北方艦隊(北方統合戦略コマンド)司令官アレクサンドル・モイセーエフ中将が務めました。

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日15時21分配信
【北方艦隊は北極で大規模産業施設を防衛する演習を実施した】

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2019年8月26日16時30分配信
【北方艦隊の爆撃航空隊はタイミルで仮想敵グループを撃破した】

8月29日には、クラスノヤルスク地方知事アレクサンドル・ヴィクトロヴィチ・ウスス氏がドゥディンカに滞在する遠征部隊旗艦の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」を訪れました。

[ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦ヴィツェ・アドミラル・クラコーフをクラスノヤルスク地方知事が訪れた]

8月30日、ノリリスクの演習へ参加した海軍歩兵部隊空挺軍部隊ドゥディンカへ戻り、2隻の大型揚陸艦へ乗艦しました。
[ロシア海軍歩兵部隊と空挺軍部隊はドゥディンカで北方艦隊の大型揚陸艦へ乗艦した]

8月31日、ドゥディンカ港で地元アーチストによるコンサートが開催されました。