fc2ブログ

ロシア海軍太平洋艦隊航空隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はオホーツク海で潜水艦捜索演習を実施した

22-1014a.jpg
『Aviation EXplorer』より
2022年10月14日配信
【太平洋艦隊のTu-142乗組員は、オホーツク海で模擬敵潜水艦の捜索を行いました】
2022年10月14日、AEX.RU

太平洋艦隊海上航空隊航空機Tu-142の乗員は、オホーツク海エリアで対潜任務へ取り組む練習-訓練飛行を実施した。
ロシア国防省東方軍管区広報サービスは発表した。

飛行中、2機の航空機Tu-142の乗員はハバロフスク地方飛行場の1つから離陸し、仮想敵潜水艦を探知する特殊標準手段を使用する捜索行動を実施した。

6時間以上に及んだ飛行は、目印と電波技術航空航法手段の無い水面上の困難な水文気象条件下で行なわれた。

練習-訓練飛行は戦闘訓練計画に沿って行なわれた。
全ての飛行任務は完全に遂行された。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。

現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
太平洋艦隊Tu-142は、ハバロフスク地方カーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)に駐留する第7062航空基地独立対潜飛行隊へ配備されています。

カーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)
18-0122c.jpg
18-0122d.jpg
21-0330g.jpg




最近では、2022年6月上旬に実施された太平洋艦隊の演習へ参加しています。
[ロシア海軍太平洋艦隊の太平洋演習(2022年6月上旬)]
スポンサーサイト



ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3は日本海で対潜演習を実施した

22-0701e.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2022年7月1日4時34分配信
【太平洋艦隊の航空機は日本海の演習で「敵」潜水艦を破壊した】
ウラジオストク、7月1日-ロシア通信社ノーボスチ

太平洋艦隊対潜航空機Tu-142M3乗員は、日本海の演習で仮想敵潜水艦の捜索と破壊へ取り組んだ。
太平洋艦隊は発表した。

2機の対潜航空機Tu-142M3乗員は、日本海エリア上空で「敵」潜水艦の捜索と破壊の課題へ取り組む練習訓練飛行を行なった。

「航空機は沿海地方の予備飛行場から離陸しました。
飛行中に乗員は電波位置測定手段及び水中音響探知手段を複合使用し、そこから受け取った情報を体系化して分析しました。
戦闘訓練射爆場の1つで海上航空隊の飛行士は仮想敵潜水艦を探知、分析し、それを追跡する行動を実行しました」

声明では、こう述べられた。

その後、乗員は目標を捕捉、破壊する手順へ取り組み、対潜兵器を模擬使用した。

敵の役割は、太平洋艦隊プロジェクト「ワルシャワンカ」ディーゼルエレクトリック潜水艦の内の1隻が務めた。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。

現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
太平洋艦隊所属機はカーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)に配備されています。

カーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)
18-0122c.jpg
18-0122d.jpg
21-0330g.jpg




最近では、2022年6月上旬に実施された太平洋艦隊の演習へ参加しています。
[ロシア海軍太平洋艦隊の太平洋演習(2022年6月上旬)]

7月1日には日本海で対潜演習を行ないました。

「敵役」を務めたのは太平洋艦隊「ワルシャワンカ」級潜水艦との事ですが、おそらくは最新の「ペトロパヴロフスク・カムチャツキー」「ヴォルホフ」でしょう。

オホーツク海上空でロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142の新人パイロットの訓練飛行が行なわれた

22-0127k.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2022年1月27日9時30分配信
【太平洋艦隊の若い飛行士は航空機Tu-142でオホーツク海上空での対潜任務へ取り組んだ】

太平洋艦隊海上航空隊カーメニ・ルチェイ飛行場で、オホーツク海上空での対潜任務への取り組みを伴う遠距離対潜航空機Tu-142の若い乗員の整然とした行動を目的とする計画練習訓練飛行が行なわれた。

飛行実施中に2機の航空機Tu-142乗員は、専門の標準探知手段を使用する仮想敵潜水艦の捜索行動を行なった。

これに加え、Tu-142乗員は、経験豊かな航空部隊の教官の指導下で、目印の無い場所の上空の指定コースを通行し、地上の電波技術航空航法手段を欠く条件下で操縦する飛行士の整然とした行動の技量を向上させた。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。

現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
太平洋艦隊所属機はカーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)に配備されています。

カーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)
18-0122c.jpg
18-0122d.jpg
21-0330g.jpg


太平洋艦隊Tu-142は、度々遠方海域へ進出しています。

2019年8月6日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ、カナダ及びアリューシャン列島沖を飛行しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の対潜哨戒機Tu-142はアリューシャン列島、アラスカ、カナダ沖を飛行した]

2020年3月9日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ周辺を長時間飛行しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はアラスカ周辺を長時間飛行した]

3月14日、太平洋艦隊の2機のTu-142北極海で長時間飛行を行ないました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は北極海上空で長時間飛行を行なった]

5月23日、太平洋艦隊の2機のTu-142太平洋で長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3は太平洋上空で長時間飛行を行なった]

6月27日には、北方艦隊太平洋艦隊の合計7機のTu-142が同じ日に長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊と太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142MKは、バレンツ海及びノルウェー海、北太平洋の上空で長時間飛行を行なった]

8月28日には太平洋艦隊の4機のTu-142太平洋で長時間飛行を行ないました。
他の艦隊の航空機も同じ日に長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍航空隊の4艦隊の航空隊は同時飛行訓練を行なった]

2021年1月26日、太平洋艦隊の2機のTu-142は、ベーリング海及びチュクチ海上空で長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はベーリング海及びチュクチ海上空で長時間飛行を行なった]

2021年3月29日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ付近を飛行し、北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)に捕捉されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はアラスカ近郊に出現した]

4月23日には太平洋艦隊の2機のTu-142太平洋で長時間飛行を行ないました。
アメリカ海軍艦上戦闘機F/A-18がスクランブル発進しているので、Tu-142アメリカ海軍空母の近くを飛行したようです。
[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は太平洋で長時間飛行を行なった]


2022年1月27日には2機のTu-142オホーツク海上空で新人パイロットの飛行訓練を行ないました。

ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は太平洋で長時間飛行を行なった

21-0424i.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦国防省情報・マスコミュニケーション部発表
2021年4月23日12時15分配信
【遠距離対潜航空機Tu-142乗員は太平洋上空で計画飛行を実施した】

太平洋艦隊海上航空隊の2機の遠距離対潜航空機Tu-142乗員は、太平洋エリア上空で10時間の計画飛行を実施した。
指示された任務への取り組みで、飛行士は約8000キロメートルを進んだ。

乗員は、目印の無い場所と電波位置測定監視を欠く条件下での空中船の操縦を練習した。
飛行の一部分でロシア航空機アメリカ合衆国海軍艦上戦闘機F-18が同行した。

太平洋艦隊海上航空隊Tu-142の飛行は、空域使用に関する国際法規に厳密に沿って実施された。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。

現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
太平洋艦隊所属機はカーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)に配備されています。

カーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)
18-0122c.jpg
18-0122d.jpg
21-0330g.jpg


太平洋艦隊Tu-142は、度々遠方海域へ進出しています。

2019年8月6日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ、カナダ及びアリューシャン列島沖を飛行しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の対潜哨戒機Tu-142はアリューシャン列島、アラスカ、カナダ沖を飛行した]

2020年3月9日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ周辺を長時間飛行しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はアラスカ周辺を長時間飛行した]

3月14日、太平洋艦隊の2機のTu-142北極海で長時間飛行を行ないました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は北極海上空で長時間飛行を行なった]

5月23日、太平洋艦隊の2機のTu-142太平洋で長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3は太平洋上空で長時間飛行を行なった]

6月27日には、北方艦隊太平洋艦隊の合計7機のTu-142が同じ日に長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊と太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142MKは、バレンツ海及びノルウェー海、北太平洋の上空で長時間飛行を行なった]

8月28日には太平洋艦隊の4機のTu-142太平洋で長時間飛行を行ないました。
他の艦隊の航空機も同じ日に長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍航空隊の4艦隊の航空隊は同時飛行訓練を行なった]

2021年1月26日、太平洋艦隊の2機のTu-142は、ベーリング海及びチュクチ海上空で長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はベーリング海及びチュクチ海上空で長時間飛行を行なった]

2021年3月29日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ付近を飛行し、北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)に捕捉されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はアラスカ近郊に出現した]

4月23日には太平洋艦隊の2機のTu-142太平洋で長時間飛行を行ないました。
アメリカ海軍艦上戦闘機F/A-18がスクランブル発進しているので、Tu-142アメリカ海軍空母の近くを飛行したようです。

ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はアラスカ近郊に出現した

21-0330a.jpg
『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2021年3月29日23時58分配信
【ロシア連邦海軍の遠距離対潜航空機のペアはアラスカ近郊で飛行を行なった-NARAD】
ワシントン、3月29日、インタファクス

ロシア海軍の2機の遠距離対潜航空機Tu-142は、月曜日にアラスカ近郊で飛行を行なった。
北アメリカ航空宇宙防衛統合司令部(NORAD)は発表した。

「NORADは、アラスカの対空防衛識別ゾーンへ入ったロシアの2機の哨戒対潜航空機Tu-142を積極的に識別し、追跡しました」
声明では、こう述べられた。

その指摘によると、ロシア航空機は国際空域に在り、合衆国或いはカナダの主権空危機への進入は無かった。

ブリテン王立空軍は月曜日に、即時対応部隊の一員である戦闘機タイフーンは、連合王国近郊の北海上空の飛行を行なっていたロシアの2機の遠距離哨戒対潜航空機Tu-142を「迎撃」する為に緊急発進したと発表した。
ベルギー空軍は更に、この2機のロシア遠距離対潜航空機Tu-142は、ネーデルラント近郊の北海の中立海域上空の飛行を行なったと発表した。

これに先立つ月曜日、ロシア連邦国防省は、ロシアの2機の戦略爆撃機Tu-160バレンツ海及びノルウェー海上空の飛行を実施したと発表した。

「遠距離航空隊の2機の戦略ロケット機Tu-160は、バレンツ海及びノルウェー海エリアの中立水域上空の空域で計画飛行を実施sました。
飛行は8時間以上続きました」
ロシア連邦国防省
は表明した。

戦闘機の同伴は、ロシア海軍海上航空隊航空機MiG-31乗員により保障されたと軍当局は話した。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。

現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
太平洋艦隊所属機はカーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)に配備されています。

カーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)
18-0122c.jpg
18-0122d.jpg
21-0330g.jpg


太平洋艦隊Tu-142は、度々遠方海域へ進出しています。

2019年8月6日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ、カナダ及びアリューシャン列島沖を飛行しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の対潜哨戒機Tu-142はアリューシャン列島、アラスカ、カナダ沖を飛行した]

2020年3月9日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ周辺を長時間飛行しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はアラスカ周辺を長時間飛行した]

3月14日、太平洋艦隊の2機のTu-142北極海で長時間飛行を行ないました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は北極海上空で長時間飛行を行なった]

5月23日、太平洋艦隊の2機のTu-142太平洋で長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3は太平洋上空で長時間飛行を行なった]

6月27日には、北方艦隊太平洋艦隊の合計7機のTu-142が同じ日に長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊と太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142MKは、バレンツ海及びノルウェー海、北太平洋の上空で長時間飛行を行なった]

8月28日には太平洋艦隊の4機のTu-142太平洋で長時間飛行を行ないました。
他の艦隊の航空機も同じ日に長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍航空隊の4艦隊の航空隊は同時飛行訓練を行なった]

2021年1月26日、太平洋艦隊の2機のTu-142は、ベーリング海及びチュクチ海上空で長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はベーリング海及びチュクチ海上空で長時間飛行を行なった]

そして3月29日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ付近を飛行し、北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)に捕捉されました。

ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はノルウェー海と北海で長時間飛行を行なった

21-0330h.jpg
『タス通信』より
2021年3月30日3時5分配信
【ノルウェーとブリテンの戦闘機は北海上空でロシアのTu-142へ同行した】
モスクワ、3月29日/タス通信

2機のノルウェー空軍戦闘機F-16王立空軍の2機の戦闘機タイフーンは、ノルウェー海及び北海上空で2機のロシア航空機Tu-142の飛行に同行した。
月曜日に北方艦隊広報サービスは報道機関へ伝えた。

広報サービスが話したように、北方艦隊の2機の遠距離対潜航空機Tu-142乗員は、北海及び北東大西洋エリア上空で計画飛行を実施した。

「航空機Tu-142の飛行は、バレンツ海、ノルウェー海、北海の中立水域上空で行なわれました。
バレンツ海上空の飛行の初期部分においては、戦闘機Su-33乗員が同行しました。
飛行は約11時間続きました」

広報サービスは話した。
「北方艦隊の対潜航空機Tu-142のノルウェー海エリア上空の飛行中、それに同行する為、ノルウェー海軍の戦闘機F-16のペアが2回空中へ上がりました。
これに加え、王立空軍の2機の戦闘機タイフーンは北海エリア上空の空域で航空機Tu-142へ同行しました」


広報サービスによると、飛行任務を完遂した後、飛行士はヴォログダ州キペロヴォ飛行場への着陸を行なった。

「北方艦隊海上航空隊の航空機の飛行は、空域使用に関する国際法規に厳密に沿って実施されました」
艦隊
広報サービスは伝えた。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。


現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
北方艦隊所属機はキぺロヴォ飛行場に配備されています。

キぺロヴォ飛行場
18-0329c.jpg
18-0329d.jpg
18-0329e.jpg


ロシア海軍航空隊Tu-142は、度々遠方海域へ進出しています。

北方艦隊Tu-142は、2016年6月初頭と2018年3月末に地中海東部へ進出しています。
[ロシア海軍航空隊の対潜哨戒機Tu-142M3はシリア上空で目撃された]
[シリア上空で目撃されたロシア海軍航空隊の長距離哨戒機Tu-142M3は、地中海で警備艦アドミラル・グリゴロヴィチと合同演習を行なっていた]
[ロシア海軍航空隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3は地中海南東部で潜水艦探知演習を行なった]


2020年3月4日、北方艦隊の2機のTu-142クリミア半島まで進出し、黒海艦隊航空隊と共に演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクリミア半島上空で空中給油訓練を行なった]


2020年3月8日、北方艦隊の2機のTu-142大西洋まで進出しました。

[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は大西洋上空の長距離飛行を行なった]

2020年3月11日、北方艦隊の2機のTu-142は再び大西洋まで進出しました。

[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は再び大西洋上空の長距離飛行を行なった]

4月29日、北方艦隊の2機のTu-142は、バレンツ海、ノルウェー海、そして北海へ進出しました。
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はバレンツ海、ノルウェー海、北海の上空を飛行した]

6月27日には、初めて北方艦隊太平洋艦隊の合計7機のTu-142が同じ日に長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊と太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142MKは、バレンツ海及びノルウェー海、北太平洋の上空で長時間飛行を行なった]

7月3日、北方艦隊の3機のTu-142は、バレンツ海、ノルウェー海、北東大西洋で長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はバレンツ海、ノルウェー海、北東大西洋で長時間飛行を行なった]

8月28日には、北方艦隊の4機のTu-142太平洋艦隊の4機のTu-142が長時間飛行を行ないました。

[ロシア海軍航空隊の4艦隊の航空隊は同時飛行訓練を行なった]

9月12日、北方艦隊の2機のTu-142は、バレンツ海、ノルウェー海、北海で長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はバレンツ海、ノルウェー海、北海で長時間飛行を行なった]

9月17日、北方艦隊の2機のTu-142は、バレンツ海、ノルウェー海、北海、大西洋で長時間飛行を行ないました。

[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はバレンツ海、ノルウェー海、北海、大西洋で長時間飛行を行なった]

11月21日、北方艦隊の2機のTu-142は、北極で長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は北極海で長時間飛行を行なった]

11月28日~29日に掛けて北方艦隊の2機のTu-142北極及び北東大西洋で約12時間に渡る長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は北極海と北東大西洋で長時間飛行を行なった]

そして2021年3月29日、北方艦隊の2機のTu-142ノルウェー海北海で約11時間にわたる長時間飛行を行ない、ノルウェー空軍イギリス空軍戦闘機が緊急発進しました。

クラスノダール地方で空中給油訓練を行なったロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は極東の駐留飛行場へ戻ってきた

21-0305b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア沿海地域情報供給部(ウラジオストク市)発表
2021年3月5日5時0分配信
【太平洋艦隊の遠距離対潜航空機Tu-142のペアはクラスノダール地方から沿海地方の駐留飛行場への長距離移動飛行を行なった】

太平洋艦隊海上航空隊の2機の遠距離対潜航空機Tu-142は、エイスクから沿海地方の駐留飛行場への7000キロメートル以上に渡る長距離移動飛行を行なった。

クラスノダール地方太平洋艦隊将兵海軍海上航空隊の集合訓練へ関わり、その中でロシア航空宇宙軍遠距離航空隊司令部の燃料給油航空機Il-78からの空中給油へ取り組んだ。

空中での燃料給油は、遠距離対潜航空機Tu-142の行動時間及び半径を大幅に増加し、更には能力を拡大する。
このような訓練は、飛行訓練において最も困難な種類の1つである。
時速500~550キロメートルで、離陸重量180トン以上のTu-142の飛行士は、空中給油機へ距離10-15メートルまで接近して円錐燃料移送器への標準接触を行ない、その後、双方は、その位置を保ったまま完全に給油しなければならない。

更に太平洋艦隊海上航空隊の飛行士は、集合訓練中に黒海エリア上空で練習訓練飛行を行ない、その中で仮想敵潜水艦を捜索する課題を解決した。

駐留場所への航空機の移動飛行は、何事も無い通常モードで実施された。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。

現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
北方艦隊所属機はキぺロヴォ飛行場太平洋艦隊所属機はカーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)に配備されています。

キぺロヴォ飛行場
18-0329c.jpg
18-0329d.jpg
18-0329e.jpg

カーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)
18-0122c.jpg
18-0122d.jpg
18-0122e.jpg


2021年2月17日、太平洋艦隊の2機のTu-142クラスノダール地方エイスク飛行場へ移動しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクラスノダール地方のエイスク飛行場へ移動した]

2月19日には、北方艦隊Tu-142エイスク飛行場へ移動しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊発表
2021年2月19日14時30分配信
【北方艦隊の遠距離対潜航空機の乗員は空中給油へ取り組む】

その後、太平洋艦隊北方艦隊Tu-142は、ロシア航空宇宙軍空中給油機Il-78と共にクラスノダール地方で空中給油訓練を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊と太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクラスノダール地方で空中給油訓練を行なう]
[ロシア海軍北方艦隊と太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクラスノダール地方で空中給油訓練を行なった]


訓練終了後、太平洋艦隊Tu-142カーメニ・ルチェイ飛行場へ戻りました。

ロシア海軍北方艦隊と太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクラスノダール地方で空中給油訓練を行なった


『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシ海軍情報供給グループ発表
2021年3月2日22時0分配信
【エイスクの海軍海上航空隊要員戦闘順応・再訓練センターの基盤で海上対潜航空機の乗員は空中給油訓練を行なった】

ロシア海軍総司令官ニコライ・エフメノフ大将が承認した計画に沿って、空中での航空機への燃料給油訓練の為の海軍海上航空隊の乗員の集合訓練が行なわれた。

戦闘訓練計画に沿って、北方艦隊太平洋艦隊対潜航空機Tu-142は、恒久駐留所からエイスク海軍海上航空隊要員戦闘順応・再訓練センター飛行場へ到着した。
20-1202e.jpg

集合訓練中、「対潜機」は、軍用輸送給油航空機Il-78乗員と合同で、空中での航空機への燃料給油の要素を実行し、自身の実地技量を仕上げる。
このような飛行は飛行訓練において最も困難な種類の1つであり、この時、離陸重量190トンの対潜航空機Tu-142は、重量170トンの空中給油機Il-78へ距離10-15メートルまで接近して円錐燃料移送器への標準接触を行ない、その後、双方は、その位置を保ったまま完全に給油しなければならない。

飛行中の燃料給油は、その行動時間及び半径を大幅に増加し、更には遠距離対潜航空機Tu-142の能力を拡大する。
これにより、恒久駐留場所を使用し、遠く離れた場所での任務遂行が可能になる。

飛行は、日中と夜間の双方の条件下で行なわれた。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。

現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
北方艦隊所属機はキぺロヴォ飛行場太平洋艦隊所属機はカーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)に配備されています。

キぺロヴォ飛行場
18-0329c.jpg
18-0329d.jpg
18-0329e.jpg

カーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)
18-0122c.jpg
18-0122d.jpg
18-0122e.jpg


2021年2月17日、太平洋艦隊の2機のTu-142クラスノダール地方エイスク飛行場へ移動しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクラスノダール地方のエイスク飛行場へ移動した]

2月19日には、北方艦隊Tu-142エイスク飛行場へ移動しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊発表
2021年2月19日14時30分配信
【北方艦隊の遠距離対潜航空機の乗員は空中給油へ取り組む】

その後、太平洋艦隊北方艦隊Tu-142は、ロシア航空宇宙軍空中給油機Il-78と共にクラスノダール地方で空中給油訓練を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊と太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクラスノダール地方で空中給油訓練を行なう]

なお、2020年3月初頭には北方艦隊の2機のTu-142クリミア半島まで進出し、黒海艦隊航空隊と共に空中給油訓練を行なっています。
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクリミア半島上空で空中給油訓練を行なった]

ロシア海軍北方艦隊と太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクラスノダール地方で空中給油訓練を行なう

21-0222a.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア海軍情報供給グループ発表
2021年2月21日11時17分配信
【エイスクの海軍海上航空隊要員戦闘順応・再訓練センターの基盤で海上対潜航空機の集合訓練が行なわれる】

空中での航空機への燃料給油訓練の為の海軍海上航空隊の乗員の集合訓練は、ロシア海軍総司令官ニコライ・エフメノフ大将が承認した計画に沿って行なわれる。

北方艦隊太平洋艦隊対潜航空機Tu-142は、恒久駐留所からセンター飛行場へ到着した。
20-1202e.jpg

集合訓練中、「対潜機」は、軍用輸送給油航空機Il-78乗員と合同で、空中での航空機への燃料給油の技量を向上させる。
飛行は、日中と夜間の双方の条件下で行なわれる。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。

現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
北方艦隊所属機はキぺロヴォ飛行場太平洋艦隊所属機はカーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)に配備されています。

キぺロヴォ飛行場
18-0329c.jpg
18-0329d.jpg
18-0329e.jpg

カーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)
18-0122c.jpg
18-0122d.jpg
18-0122e.jpg


2021年2月17日、太平洋艦隊の2機のTu-142クラスノダール地方エイスク飛行場へ移動しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクラスノダール地方のエイスク飛行場へ移動した]

2月19日には、北方艦隊Tu-142エイスク飛行場へ移動しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊発表
2021年2月19日14時30分配信
【北方艦隊の遠距離対潜航空機の乗員は空中給油へ取り組む】

今後、太平洋艦隊北方艦隊Tu-142は、クラスノダール地方で空中給油訓練を行ないます。


なお、2020年3月初頭には北方艦隊の2機のTu-142クリミア半島まで進出し、黒海艦隊航空隊と共に空中給油訓練を行なっています。
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクリミア半島上空で空中給油訓練を行なった]

ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクラスノダール地方のエイスク飛行場へ移動した

21-0217f.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
【太平洋艦隊の2機の遠距離対潜航空機Tu-142は距離7000キロメートル以上の移動飛行を行なった】

戦闘訓練計画に沿って、太平洋艦隊海上航空隊の2機の遠距離対潜航空機Tu-142は、沿海地方からエイスク飛行場までの距離7000キロメートル以上の移動飛行を行なった。
20-1202e.jpg
太平洋艦隊将兵は、空中での航空機への燃料給油訓練する海軍海上航空隊の集合訓練へ参加する為にクラスノダール地方へ到着した。

訓練中、対潜機遠距離航空隊航空機Il-78乗員と合同で、集合訓練の困難な要素を実行する技量を向上させる。
飛行は、日中と夜間の双方の条件下で行なわれる。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。

現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
太平洋艦隊所属機はカーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)に配備されています。

カーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)
18-0122c.jpg
18-0122d.jpg
18-0122e.jpg




太平洋艦隊Tu-142は、度々遠方海域へ進出しています。

2019年8月6日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ、カナダ及びアリューシャン列島沖を飛行しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の対潜哨戒機Tu-142はアリューシャン列島、アラスカ、カナダ沖を飛行した]

2020年3月9日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ周辺を長時間飛行しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はアラスカ周辺を長時間飛行した]

3月14日、太平洋艦隊の2機のTu-142北極海で長時間飛行を行ないました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は北極海上空で長時間飛行を行なった]

5月23日、太平洋艦隊の2機のTu-142太平洋で長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3は太平洋上空で長時間飛行を行なった]

6月27日には、北方艦隊太平洋艦隊の合計7機のTu-142が同じ日に長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊と太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142MKは、バレンツ海及びノルウェー海、北太平洋の上空で長時間飛行を行なった]

8月28日には太平洋艦隊の4機のTu-142太平洋で長時間飛行を行ないました。
他の艦隊の航空機も同じ日に長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍航空隊の4艦隊の航空隊は同時飛行訓練を行なった]

2021年1月26日、太平洋艦隊の2機のTu-142は、ベーリング海及びチュクチ海上空で長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はベーリング海及びチュクチ海上空で長時間飛行を行なった]

2月17日には太平洋艦隊の2機のTu-142クラスノダール地方エイスク飛行場へ移動しました。
今後、Tu-142クラスノダール地方で空中給油訓練を行ないます。