FC2ブログ

ロシア海軍北方艦隊と太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142MKは、バレンツ海及びノルウェー海、北太平洋の上空で長時間飛行を行なった


『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦国防省情報・マスコミュニケーション部発表
2020年6月27日20時0分配信
【3機の遠距離対潜航空機Tu-142MKはバレンツ海及びノルウェー海エリアの上空で計画飛行を実施した】

2020年6月27日、3機の遠距離対潜航空機Tu-142MKは、バレンツ海及びノルウェー海エリアの上空で計画飛行を実施した。

ノルウェー海の中立水域上空でにおける航空機の飛行ルート上の各段階には、ノルウェー空軍戦闘機F-16が同行した。

もう4機の遠距離対潜航空機Tu-142MKは、太平洋北部の中立水域上空の飛行を実施した。
ルート上の各段階には、アメリカ合衆国空軍戦闘機F-22が同行した。

戦闘機の航空カバーは、迎撃戦闘機MiG-31により行なわれた。
航空機の飛行は、およそ11時間に渡って続いた。

航空機の飛行は、空域使用に関する国際法規に厳密に沿って実施され、他国の境界線は侵犯していない。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。

現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
北方艦隊所属機はキぺロヴォ飛行場太平洋艦隊所属機はカーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)に配備されています。

キぺロヴォ飛行場
18-0329c.jpg
18-0329d.jpg
18-0329e.jpg

カーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)
18-0122c.jpg
18-0122d.jpg
18-0122e.jpg


ロシア海軍航空隊Tu-142は、度々遠方海域へ進出しています。

北方艦隊Tu-142は、2016年6月初頭と2018年3月末に地中海東部へ進出しています。
[ロシア海軍航空隊の対潜哨戒機Tu-142M3はシリア上空で目撃された]
[シリア上空で目撃されたロシア海軍航空隊の長距離哨戒機Tu-142M3は、地中海で警備艦アドミラル・グリゴロヴィチと合同演習を行なっていた]
[ロシア海軍航空隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3は地中海南東部で潜水艦探知演習を行なった]


2019年8月6日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ、カナダ及びアリューシャン列島沖を飛行しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の対潜哨戒機Tu-142はアリューシャン列島、アラスカ、カナダ沖を飛行した]

2020年3月4日、北方艦隊の2機のTu-142クリミア半島まで進出し、黒海艦隊航空隊と共に演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクリミア半島上空で空中給油訓練を行なった]


2020年3月8日、北方艦隊の2機のTu-142大西洋まで進出しました。

[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は大西洋上空の長距離飛行を行なった]

2020年3月9日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ周辺を長時間飛行しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はアラスカ周辺を長時間飛行した]

2020年3月11日、北方艦隊の2機のTu-142は再び大西洋まで進出しました。

[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は再び大西洋上空の長距離飛行を行なった]

3月14日、太平洋艦隊の2機のTu-142北極海で長時間飛行を行ないました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は北極海上空で長時間飛行を行なった]

4月29日、北方艦隊の2機のTu-142は、バレンツ海、ノルウェー海、そして北海へ進出しました。
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はバレンツ海、ノルウェー海、北海の上空を飛行した]

5月23日、太平洋艦隊の2機のTu-142太平洋で長時間飛行を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3は太平洋上空で長時間飛行を行なった]


これまで北方艦隊太平洋艦隊Tu-142の長時間飛行は、別々の日に実行されていましたが、今回(6月27日)は、初めて北方艦隊太平洋艦隊の合計7機のTu-142が同じ日に長時間飛行を行ないました。

今回、同時長時間飛行を行なったTu-142MKは、Tu-142初期生産機の改良型です。
(Tu-142MKを更に改良したのがTu-142M3)
[ロシア海軍北方艦隊へオーバーホールを終えた対潜哨戒機Tu-142MKウラジーミル・ドゥビンスキー号が引き渡された]
[ロシア海軍北方艦隊へオーバーホールを終えた対潜哨戒機Tu-142MKが引き渡された]

今回の異例の北方艦隊太平洋艦隊の同時長時間飛行は、6月26日のアメリカ空軍偵察機空中給油機による黒海上空(クリミア半島沖)飛行に対抗しての事でしょうか。
スポンサーサイト



ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3は太平洋上空で長時間飛行を行なった


『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2020年5月23日9時21分配信
【太平洋艦隊の遠距離対潜航空機Tu-142M3は太平洋上空で12時間の計画飛行を実施した】

本日(5月23日)、太平洋艦隊海上航空隊の2機の遠距離対潜航空機Tu-142M3は、太平洋の中立水域上空で計画飛行を実施した。
飛行は、約12時間に渡って続けられた。
この時、航空機は距離9000キロメートルのルートを進んだ。

航空機の乗員は、水面上の飛行技量を磨いた。

飛行は、対潜航空機乗員の戦闘訓練プログラムの枠組みで実施され、空域使用に関する国際法規に厳密に沿って実施された。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。

現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
北方艦隊所属機はキぺロヴォ飛行場太平洋艦隊所属機はカーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)に配備されています。

キぺロヴォ飛行場
18-0329c.jpg
18-0329d.jpg
18-0329e.jpg

カーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)
18-0122c.jpg
18-0122d.jpg
18-0122e.jpg


ロシア海軍航空隊Tu-142は、度々遠方海域へ進出しています。

北方艦隊Tu-142は、2016年6月初頭と2018年3月末に地中海東部へ進出しています。
[ロシア海軍航空隊の対潜哨戒機Tu-142M3はシリア上空で目撃された]
[シリア上空で目撃されたロシア海軍航空隊の長距離哨戒機Tu-142M3は、地中海で警備艦アドミラル・グリゴロヴィチと合同演習を行なっていた]
[ロシア海軍航空隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3は地中海南東部で潜水艦探知演習を行なった]


2019年8月6日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ、カナダ及びアリューシャン列島沖を飛行しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の対潜哨戒機Tu-142はアリューシャン列島、アラスカ、カナダ沖を飛行した]

2020年3月4日、北方艦隊の2機のTu-142クリミア半島まで進出し、黒海艦隊航空隊と共に演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクリミア半島上空で空中給油訓練を行なった]


2020年3月8日、北方艦隊の2機のTu-142大西洋まで進出しました。

[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は大西洋上空の長距離飛行を行なった]

2020年3月9日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ周辺を長時間飛行しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はアラスカ周辺を長時間飛行した]

2020年3月11日、北方艦隊の2機のTu-142は再び大西洋まで進出しました。

[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は再び大西洋上空の長距離飛行を行なった]

3月14日、太平洋艦隊の2機のTu-142北極海で長時間飛行を行ないました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は北極海上空で長時間飛行を行なった]

4月29日、北方艦隊の2機のTu-142は、バレンツ海、ノルウェー海、そして北海へ進出しました。
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はバレンツ海、ノルウェー海、北海の上空を飛行した]

5月23日、太平洋艦隊の2機のTu-142太平洋で長時間飛行を行ないました。

ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はバレンツ海、ノルウェー海、北海の上空を飛行した

20-0430d.jpg
『タス通信』より
2020年4月30日6時33分配信
【対潜機Tu-142はバレンツ海、ノルウェー海、北海上空の飛行を実施した】
セヴェロモルスク、4月30日/タス通信

2機のロシア遠距離対潜航空機Tu-142は、バレンツ海、ノルウェー海、北海エリア上空の計画飛行を実施した。
北方艦隊広報サービスは報道機関へ伝えた。

「2020年4月29日、北方艦隊の2機の遠距離対潜航空機Tu-142の乗員は、バレンツ海、ノルウェー海、北海の中立水域上空で計画練習飛行を実施しました」
声明では、こう述べられた。

ロシアの飛行士は、目標物の無い場所での指定ルート上空の通行と、地上電波工学航法手段を欠いた条件下で操縦する際の整然とした行動へ取り組んだ。
「これに加え、乗員は、遠海ゾーンでの課題を解決する為の訓練を行ない、氷上偵察を行ないました」
北方艦隊
広報サービスは説明した。

ルート上の各段階で、ロシア航空機には、ノルウェー戦闘機F-16及びF-35ブリテン戦闘機タイフーンが同行した。
「北方艦隊の遠距離対潜航空機Tu-142の飛行は、空域使用に関する国際法規に厳密に沿って実施されました」
北方艦隊
は強調した。

以前、グレートブリテン王立空軍ロジーマス基地のツイッターは、水曜日、ブリテン戦闘機タイフーンは、グレートブリテン北大西洋条約機構(NATO)「権益ゾーン」へ接近していたロシア航空宇宙軍航空機Tu-142へ同行する為にスコットランドロジーマス航空基地から空へ上がったと伝えた。
20-0430c.jpg
「この時に、ロシアの航空機はブリテンの主権空域へ進入した事は有りませんでした」
王立空軍
は声明で強調した。
20-0430e.jpg



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。

現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
北方艦隊所属機はキぺロヴォ飛行場太平洋艦隊所属機はカーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)に配備されています。

キぺロヴォ飛行場
18-0329c.jpg
18-0329d.jpg
18-0329e.jpg


ロシア海軍航空隊Tu-142は、度々遠方海域へ進出しています。

北方艦隊Tu-142は、2016年6月初頭と2018年3月末に地中海東部へ進出しています。
[ロシア海軍航空隊の対潜哨戒機Tu-142M3はシリア上空で目撃された]
[シリア上空で目撃されたロシア海軍航空隊の長距離哨戒機Tu-142M3は、地中海で警備艦アドミラル・グリゴロヴィチと合同演習を行なっていた]
[ロシア海軍航空隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3は地中海南東部で潜水艦探知演習を行なった]


2019年8月6日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ、カナダ及びアリューシャン列島沖を飛行しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の対潜哨戒機Tu-142はアリューシャン列島、アラスカ、カナダ沖を飛行した]

2020年3月4日、北方艦隊の2機のTu-142クリミア半島まで進出し、黒海艦隊航空隊と共に演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクリミア半島上空で空中給油訓練を行なった]


2020年3月8日、北方艦隊の2機のTu-142大西洋まで進出しました。

[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は大西洋上空の長距離飛行を行なった]

2020年3月9日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ周辺を長時間飛行しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はアラスカ周辺を長時間飛行した]

2020年3月11日、北方艦隊の2機のTu-142は再び大西洋まで進出しました。

[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は再び大西洋上空の長距離飛行を行なった]

3月14日、太平洋艦隊の2機のTu-142北極海で長時間飛行を行ないました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は北極海上空で長時間飛行を行なった]

4月29日、北方艦隊の2機のTu-142は、バレンツ海、ノルウェー海、そして北海へ進出しました。
20-0430b.jpg

ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3はオホーツク海の演習へ参加した

20-0405f.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦国防省情報・マスコミュニケーション部発表
2020年4月5日9時10分配信
【航空機Tu-142M3乗員はオホーツク海上空で仮想敵潜水艦を捜索し、破壊する任務へ取り組んだ】

太平洋艦隊対潜航空隊は、日本海、オホーツク海、太平洋エリアで実施されている遠海ゾーンのグループ戦力の一連の戦術演習計画下での行動を続けている。

飛行実施中、カーメニ・ルチェイ飛行場の3機の遠距離対潜航空機Tu-142M3の乗員は、オホーツク海エリア上空で仮想敵潜水艦を捜索、分類、追跡し、兵器を使用する任務へ取り組んだ。
長時間の飛行中に飛行士は、電波位置測定手段及び水中音響探知手段を複合使用し、ブイを設置し、そこから送信される情報を分析した。
指定海域で対潜機「敵」潜水艦へ仮想打撃を与えた。

これに加え、Tu-142M3乗員は、目標物の無い場所で指定ルート上空を飛行する技量と、地上電波工学航法手段を欠いた条件下で操縦する際の整然とした行動を改善した。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。

現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
太平洋艦隊所属機はカーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)に配備されています。

カーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)
18-0122c.jpg
18-0122d.jpg
18-0122e.jpg


ロシア太平洋艦隊は、2020年3月25日から日本海オホーツク海で大規模な演習を行なっています。
[ロシア海軍太平洋艦隊は2020年4月2日~8日にオホーツク海南部(クリル諸島南部)で実弾射撃演習を行なう]

太平洋艦隊海軍航空隊も演習へ参加します。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦術演習へ20機以上の航空機とヘリコプターが参加する]

カーメニ・ルチェイ飛行場Tu-142M3オホーツク海へ進出して太平洋艦隊演習へ参加し、対潜戦闘訓練を行ないました。

ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はアラスカ周辺へ進出した

20-0315a.jpg
『タス通信』より
2020年3月14日配信
【アラスカから100kmのボフォート海で北方艦隊の2機のTu-142が上空飛行を行なった】
セヴェロモルスク/ムルマンスク州、3月14日/タス通信

北方艦隊の2機の遠距離対潜航空機Tu-142乗員は、アラスカから100kmの距離のボフォート海を含む北氷洋の上空で計画飛行を行なった。
土曜日に北方艦隊広報サービスは発表した。

20-0315b.jpg
「飛行任務の最も遠い地点は、アラスカ半島沿岸から約100km離れたボフォート海に在りました。
飛行時間は15時間に及び、そのルートの長さは11000km以上でした。
Tu-142乗員は北極で空中給油機Il-78から燃料補給を受けました」

声明では、こう述べられた。

広報サービスは、飛行は主に目標物の無い場所の上空で行なわれ、飛行士は、操縦技量と地上電波工学航空航法手段を欠いた条件での整然とした行動へ習熟し、Tu-142乗員は更に氷上偵察と北極圏の結氷状況のモニタリングを行なった事を通知した。

「北方艦隊対潜航空隊の飛行は、冬期訓練期間のTu-142乗員の戦闘訓練プログラムの枠組みで行なわれ、空域使用に関する国際法規に厳密に沿って実施されました」
広報サービスは説明した。

3月に北方艦隊航空機Tu-142乗員は、北氷洋及び大西洋上空で数回の計画飛行を行なった。
土曜日にロシア連邦国防省は、太平洋艦隊海上航空隊の2機の対潜航空機Tu-142太平洋及び北氷洋の中立水域上空で計画飛行を行なったと発表した。
飛行時間は約12時間に及び、この間に航空機は距離5000kmを超えるルートを通り抜けた。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。

現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
北方艦隊所属機はキぺロヴォ飛行場太平洋艦隊所属機はカーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)に配備されています。

キぺロヴォ飛行場
18-0329c.jpg
18-0329d.jpg
18-0329e.jpg

カーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)
18-0122c.jpg
18-0122d.jpg
18-0122e.jpg


ロシア海軍航空隊Tu-142は、度々遠方海域へ進出しています。

北方艦隊Tu-142は、2016年6月初頭と2018年3月末に地中海東部へ進出しています。
[ロシア海軍航空隊の対潜哨戒機Tu-142M3はシリア上空で目撃された]
[シリア上空で目撃されたロシア海軍航空隊の長距離哨戒機Tu-142M3は、地中海で警備艦アドミラル・グリゴロヴィチと合同演習を行なっていた]
[ロシア海軍航空隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3は地中海南東部で潜水艦探知演習を行なった]


2019年8月6日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ、カナダ及びアリューシャン列島沖を飛行しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の対潜哨戒機Tu-142はアリューシャン列島、アラスカ、カナダ沖を飛行した]


2020年3月4日、北方艦隊の2機のTu-142クリミア半島まで進出し、黒海艦隊航空隊と共に演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクリミア半島上空で空中給油訓練を行なった]


2020年3月8日、北方艦隊の2機のTu-142大西洋まで進出しました。

[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は大西洋上空の長距離飛行を行なった]

2020年3月9日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ周辺を長時間飛行しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はアラスカ周辺を長時間飛行した]

2020年3月11日、北方艦隊の2機のTu-142は再び大西洋まで進出しました。

[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は再び大西洋上空の長距離飛行を行なった]

2020年3月14日、太平洋艦隊の2機のTu-142北極海で長時間飛行を行ないました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は北極海上空で長時間飛行を行なった]

そして同じ日に北方艦隊の2機のTu-142アラスカ周辺を長時間飛行しました。

ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は北極海上空で長時間飛行を行なった


『タス通信』より
2020年3月14日配信
【太平洋艦隊の航空機Tu-142は太平洋及び北氷洋の上空飛行を行なった】
モスクワ、3月14日/タス通信

太平洋艦隊海上航空隊の2機の対潜航空機Tu-142は、太平洋及び北氷洋の中立市域上空の計画飛行を実施した。
土曜日にロシア連邦国防省情報・マスコミュニケーション部は発表した。

「飛行時間は約12時間に及びました。
この間に航空機は距離5000kmを超えるルートを通り抜けました」

声明では、こう指摘された。

国防省によると、飛行中、飛行士は、目標物の無い場所の上空を飛行する技量と、地上電波工学手段無しで操縦する際の整然とした行動に習熟した。
近隣ゾーンで航空機Tu-142のペアには太平洋艦隊海上航空隊戦闘機MiG-31BMが随伴した。

太平洋艦隊対潜航空隊航空機の飛行は、空域使用に関する国際法規に厳密に沿って実施され、冬期訓練期間のTu-142乗員の戦闘訓練プログラムの枠組みで行なわれた事をロシア連邦国防省は指摘した。

数日前、太平洋艦隊対潜航空機Tu-142のペアは、12時間に渡りチュクチ海及びボフォート海の中立水域上空で計画飛行を行なった。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。

現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
北方艦隊所属機はキぺロヴォ飛行場太平洋艦隊所属機はカーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)に配備されています。

キぺロヴォ飛行場
18-0329c.jpg
18-0329d.jpg
18-0329e.jpg

カーメニ・ルチェイ飛行場(モンゴフト)
18-0122c.jpg
18-0122d.jpg
18-0122e.jpg


ロシア海軍航空隊Tu-142は、度々遠方海域へ進出しています。

北方艦隊Tu-142は、2016年6月初頭と2018年3月末に地中海東部へ進出しています。
[ロシア海軍航空隊の対潜哨戒機Tu-142M3はシリア上空で目撃された]
[シリア上空で目撃されたロシア海軍航空隊の長距離哨戒機Tu-142M3は、地中海で警備艦アドミラル・グリゴロヴィチと合同演習を行なっていた]
[ロシア海軍航空隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3は地中海南東部で潜水艦探知演習を行なった]


2019年8月6日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ、カナダ及びアリューシャン列島沖を飛行しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の対潜哨戒機Tu-142はアリューシャン列島、アラスカ、カナダ沖を飛行した]

2020年3月4日、北方艦隊の2機のTu-142クリミア半島まで進出し、黒海艦隊航空隊と共に演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクリミア半島上空で空中給油訓練を行なった]


2020年3月8日、北方艦隊の2機のTu-142大西洋まで進出しました。

[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は大西洋上空の長距離飛行を行なった]

2020年3月9日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ周辺を長時間飛行しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はアラスカ周辺を長時間飛行した]

2020年3月11日、北方艦隊の2機のTu-142は再び大西洋まで進出しました。

[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は再び大西洋上空の長距離飛行を行なった]

3月14日、太平洋艦隊の2機のTu-142北極海で長時間飛行を行ないました。

ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は再び大西洋上空の長距離飛行を行なった


『ロシア通信社ノーボスチ』より
2020年3月11日22時51分配信
【2機の航空機Tu-142は大西洋上空で計画飛行を実施した】
モスクワ、3月11日-ロシア通信社ノーボスチ

北方艦隊対潜航空機Tu-142は水曜日に北氷洋及び大西洋上空で計画飛行を実施した。
同艦隊の広報サービスは発表した。

「3月11日、北方艦隊の遠距離対潜航空機Tu-142の2組の乗組員は、バレンツ海、ノルウェー海、北海及び大西洋~ビスケー湾、イベリア北部~の中立水域上空で次の計画飛行を実施しました」
声明では、こう述べられた。

飛行は14時間以上に渡って続けられ、ルートの長さは1万キロメートル以上となった事が指摘された。

飛行は、空域使用に関する国際法規に厳密に沿って実施された事が強調された。 



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。

現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
北方艦隊所属機はキぺロヴォ飛行場へ配備されています。

キぺロヴォ飛行場
18-0329c.jpg
18-0329d.jpg
18-0329e.jpg


ロシア海軍航空隊Tu-142は、度々遠方海域へ進出しています。

北方艦隊Tu-142は、2016年6月初頭と2018年3月末に地中海東部へ進出しています。
[ロシア海軍航空隊の対潜哨戒機Tu-142M3はシリア上空で目撃された]
[シリア上空で目撃されたロシア海軍航空隊の長距離哨戒機Tu-142M3は、地中海で警備艦アドミラル・グリゴロヴィチと合同演習を行なっていた]
[ロシア海軍航空隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3は地中海南東部で潜水艦探知演習を行なった]


2019年8月6日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ、カナダ及びアリューシャン列島沖を飛行しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の対潜哨戒機Tu-142はアリューシャン列島、アラスカ、カナダ沖を飛行した]

2020年3月4日、北方艦隊の2機のTu-142クリミア半島まで進出し、黒海艦隊航空隊と共に演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクリミア半島上空で空中給油訓練を行なった]


2020年3月8日、北方艦隊の2機のTu-142大西洋まで進出しました。

[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は大西洋上空の長距離飛行を行なった]

2020年3月9日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ周辺を長時間飛行しました。

[ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はアラスカ周辺を長時間飛行した]


そして3月11日、北方艦隊の2機のTu-142は再び大西洋まで進出しました。

ロシア海軍太平洋艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はアラスカ周辺を長時間飛行した


『ロシア通信社ノーボスチ』より
2020年3月11日0時2分配信
【ロシアのTu-142は中立水域の上空でフライトを行なった】
ウラジオストク、3月10日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア海軍の2機の遠距離対潜航空機Tu-142は、チュクチ海及びボフォート海の中立水域上空で計画飛行を行なった。
20-0311c.jpg
東方軍管区太平洋艦隊広報サービス・情報供給部は発表した。

以前、アメリカ戦闘機が4時間に渡りアラスカ地域でロシア対潜航空機Tu-142に同行したと報じられた。

フライトは、約12時間に渡って続いた。
ルートの各段階でロシア航空機にはアメリカ合衆国空軍戦闘機F-22及びF-18が同行した。

フライトは、空域使用に関する国際法規に厳密に沿って実施された事が強調された。

最近、ロシアTu-142の数回の練習操作が伝えられている。
先週、太平洋艦隊司令部は、日本海での爆撃演習について通知し、2月末には2機の同型機のノルウェー海及びバレンツ海の中立水域上空における練習飛行が伝えられた。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。

現在、ロシア海軍航空隊では、北方艦隊太平洋艦隊に各12機が在籍しています。
太平洋艦隊所属機はカーメニ・ルチェイ(モンゴフト)に配備されています。
18-0122c.jpg
18-0122d.jpg
18-0122e.jpg


ロシア海軍航空隊Tu-142は、度々遠方海域へ進出しています。

北方艦隊Tu-142は、2016年6月初頭と2018年3月末に地中海東部へ進出しています。
[ロシア海軍航空隊の対潜哨戒機Tu-142M3はシリア上空で目撃された]
[シリア上空で目撃されたロシア海軍航空隊の長距離哨戒機Tu-142M3は、地中海で警備艦アドミラル・グリゴロヴィチと合同演習を行なっていた]
[ロシア海軍航空隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3は地中海南東部で潜水艦探知演習を行なった]


2019年8月6日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ、カナダ及びアリューシャン列島沖を飛行しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の対潜哨戒機Tu-142はアリューシャン列島、アラスカ、カナダ沖を飛行した]

遠方海域では有りませんが、今回の記事中でも触れられているように、2020年3月6日、太平洋艦隊の3機のTu-142日本海で対潜戦闘訓練を行ない、実際に対潜爆弾を使用しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2020年3月6日3時49分配信
【太平洋艦隊の3機の遠距離対潜航空機Tu-142M3は日本海で実地爆撃を行なった】

2020年3月8日、北方艦隊の2機のTu-142大西洋まで進出しました。
20-0309d.jpg
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は大西洋上空の長距離飛行を行なった]

そして3月9日、太平洋艦隊の2機のTu-142アラスカ周辺を長時間飛行し、アメリカ空軍F-22戦闘機及びカナダ軍戦闘機CF-18がスクランブル発進しました。
20-0311a.jpg
20-0311b.jpg

ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は大西洋上空の長距離飛行を行なった


『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2020年3月8日13時2分配信
【北方艦隊の2組のTu-142乗員は北氷洋及び大西洋上空での飛行任務へ取り組んだ】

北方艦隊遠距離対潜航空機Tu-142の2組の乗員は、北氷洋及び大西洋上空での飛行任務へ取り組んだ。
飛行中、彼らはロシア航空宇宙軍遠距離航空隊給油航空機Il-78からの空中燃料補給へ取り組んだ。

Tu-142乗員の海上での飛行は13時間以上に渡り続けられた。
その近隣及び中間ゾーンで、我々の航空機は、北方艦隊独立混成航空連隊戦闘機MiG-31の支援を受けた。

飛行の様々な段階で、NATO(北大西洋条約機構)空軍戦闘機は、Tu-142への同行を行なった。
北方艦隊Tu-142の乗員は、訓練を成功裏に実施し、遠海ゾーンでの課題を解決した。
飛行は、空域使用に関する国際法規に厳密に沿って行なわれた。
空中ルートは、バレンツ海、ノルウェー海、北海、大西洋の中立水域の上空を通過した。
ルートの総距離は、約1万キロメートルに及んだ。

与えられた任務を成功裏に遂行した後、飛行士は北方艦隊航空・防空軍連合部隊飛行場の1つへの着陸を行なった。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。
インド海軍Tu-142は2017年末までに退役しました。


現在、ロシア海軍航空隊では、各型合わせて北方艦隊に12機、太平洋艦隊に12機が在籍しています。
北方艦隊所属機はキぺロヴォ飛行場へ配備されています。

キぺロヴォ飛行場
18-0329c.jpg
18-0329d.jpg
18-0329e.jpg

北方艦隊Tu-142は、度々地中海東部へ進出しています。
[ロシア海軍航空隊の対潜哨戒機Tu-142M3はシリア上空で目撃された]
[シリア上空で目撃されたロシア海軍航空隊の長距離哨戒機Tu-142M3は、地中海で警備艦アドミラル・グリゴロヴィチと合同演習を行なっていた]
[ロシア海軍航空隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3は地中海南東部で潜水艦探知演習を行なった]


2020年3月4日にはクリミア半島まで進出し、黒海艦隊航空隊と共に演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクリミア半島上空で空中給油訓練を行なった]


3月8日には大西洋まで進出しました。
20-0309d.jpg


ロシア海軍航空隊Tu-142は近代化改修され、今後も現役に留まります。
[ロシア海軍は2018年に最初の近代化改修された対潜哨戒機Tu-142を受け取る]
[ロシア海軍航空隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は爆撃照準システムSVP-24を装備する]

ロシア海軍北方艦隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142はクリミア半島上空で空中給油訓練を行なった


『Mil.Press FLOT』(フロートコム)より
2020年3月4日15時7分配信
【北方艦隊の対潜機Tu-142はクリミアでの訓練へ向かった】

北方艦隊の海上航空隊の一員である遠距離対潜航空機Tu-142は、黒海艦隊の航空機との演習へ参加する為にクリミアへの移動飛行を行なった。
3月4日・水曜日、ロシア連邦国防省広報サービスは発表した。


半島上空では、既に空中給油機Il-78からの給油訓練が行なわれている。
演習へは更に、3機の多目的戦闘機Su-30SMと2機の爆撃機Su-24Mが関わった。


軍当局広報サービスが説明したように、様々なタイプの航空機への給油は、高度の最低及び最高の許容限度で交互に行なわれた。
給油時の航空機間の距離は10~12メートルを超えず、飛行士は円錐送油器から給油ロッドまでの距離を目視で判断した。

遠距離対潜航空機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95をベースに作成された。
最大飛行距離は12000kmを超え、高度7000メートルで重量138トンの際の速度は時速855キロメートル。
飛行継続時間は9時間。
航空機は、潜水艦探知手段、更にはロケット、爆弾、機雷を装備する。



ソ連/ロシア海軍遠距離対潜哨戒機Tu-142は、戦略爆撃機Tu-95の海軍向けヴァージョンであり、1968年6月18日に初飛行し、1972年11月15日に軍備採用されました。
1968年から1994年までに合計で100機生産され、この内の8機はインドへ輸出されました。
インド海軍Tu-142は2017年末までに退役しました。


現在、ロシア海軍航空隊では、各型合わせて北方艦隊に12機、太平洋艦隊に12機が在籍しています。
北方艦隊所属機はキぺロヴォ飛行場へ配備されています。

キぺロヴォ飛行場
18-0329c.jpg
18-0329d.jpg
18-0329e.jpg

北方艦隊Tu-142は、度々地中海東部へ進出しています。
[ロシア海軍航空隊の対潜哨戒機Tu-142M3はシリア上空で目撃された]
[シリア上空で目撃されたロシア海軍航空隊の長距離哨戒機Tu-142M3は、地中海で警備艦アドミラル・グリゴロヴィチと合同演習を行なっていた]
[ロシア海軍航空隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142M3は地中海南東部で潜水艦探知演習を行なった]


2020年3月4日にはクリミア半島まで進出し、黒海艦隊航空隊と共に演習を行ないました。


ロシア海軍航空隊Tu-142は近代化改修され、今後も現役に留まります。
[ロシア海軍は2018年に最初の近代化改修された対潜哨戒機Tu-142を受け取る]
[ロシア海軍航空隊の遠距離対潜哨戒機Tu-142は爆撃照準システムSVP-24を装備する]