fc2ブログ

ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で海上砲撃戦闘訓練を実施した

『タス通信』より
2022年1月29日2時16分配信
【バルト艦隊の3隻の艦は海上目標への砲射撃を実施した】
モスクワ、11月28日/タス通信

バルト艦隊の3隻の小型ロケット艦は海上目標への砲射撃を実施した。
月曜日にバルト艦隊広報サービスは発表した。

「バルト海での計画演習実施の枠組みにおいて、小型ロケット艦ゼリョヌイ・ドル、パッサート、リヴェン、ロケット艇チュヴァシヤ、ディミトロフグラードの乗組員は海上目標へ砲打撃を与えました」
声明では、こう説明された。

広報サービスによると、艦は、仮想敵艦を模した標的への砲射撃を成功裏に実行した。

海上へ出ている間、艦の乗組員は海面目標への複合合同砲射撃を実施した。
標的として曳航盾船が関わった。
実地射撃は、6銃身30mm砲装置AK-630砲装置AK-176及び100mm砲A-190から行なわれた。

砲射撃の後に艦の乗組員は、浮遊機雷を破壊する任務、小型目標の攻撃の撃退及び対空防衛の要素へ取り組み、電波電子戦闘、通信及び合同操艦の演習を行なった。



22-0409c.jpg
21-0603b.jpg
現在、バルト艦隊には、新旧合わせて16隻の小型ロケット艦/ロケット艇が配備されており、全てカリーニングラード州バルチースク海軍基地に駐留しています。
この内の5隻は、2010年代後半以降に配備された新型艦(プロジェクト21631プロジェクト22800)です。
[第36ロケット艇旅団]
第1親衛ロケット艇大隊
・プロジェクト12411ロケット艇
R-129「クズネツク」(1985年12月28日就役)
R-257(1986年10月31日就役)
R-187「ザレチヌイ」(1989年3月4日就役)
R-291「ディミトロフグラード」(1991年5月30日就役)
22-1129c.jpg

R-293「モルシャンスク」(1992年3月23日就役)

R-2「チュヴァシヤ」(2000年2月26日就役)
22-1129d.jpg

・プロジェクト22800小型ロケット艦
「ムィティシ」(2018年12月17日就役)
「ソヴィェツク」(2019年10月12日就役)
「オジンツォボ」(2020年11月21日就役)


第106小型ロケット艦大隊
・プロジェクト12341小型ロケット艦
「ズイビ」(1989年9月26日就役)
「ゲイゼル」(1989年12月27日就役)

「パッサート」(1990年12月6日就役)
22-1129e.jpg

「リヴェン」(1991年10月25日就役)
22-0701d.jpg

・プロジェクト21631小型ロケット艦
「ゼリョヌイ・ドル」(2015年12月12日就役)
22-1129f.jpg

「セルプホフ」(2015年12月12日就役)



バルト艦隊小型ロケット艦ロケット艇は、9月下旬にバルト海で実施された大規模演習へ参加しました。
[ロシア海軍バルト艦隊の15隻以上の艦船はバルト海で演習を開始した]
[ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で演習を実施した]
[ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で砲撃訓練を実施した]
[ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で対空射撃訓練を実施した]

11月中旬にもバルト海で砲撃訓練を行ないました。
[ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で対空実弾射撃訓練を実施した]
スポンサーサイト



ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で対空実弾射撃訓練を実施した

『タス通信』より
2022年11月15日21時4分配信
【バルト艦隊の打撃艦グループは空中目標への砲射撃を実施した】
カリーニングラード、11月15日/タス通信

小型ロケット艦「ゼリョヌイ・ドル」、「ソヴィェツク」、「オジンツォボ」、ロケット艇「ディミトロフグラード」、「チュヴァシヤ」で構成されるバルト艦隊打撃艦グループは、海上演習中に仮想敵空中攻撃手段を模した砲射撃を成功裏に実施した。
火曜日に艦隊広報サービスは発表した。

「バルト海の海上射爆場で戦闘艦の乗組員は、様々な高度及び方向からの『敵』の空中攻撃手段の攻撃を撃退する課題へ取り組み、実際の砲射撃を実行しました」
広報サービスは話した。

空中標的として、艦隊海上航空隊前線爆撃機Su-24及び戦闘機Su-27により設置された発光航空爆弾SAB-250小型航空機標的M-6が使用された事を広報サービスは明らかにした。

「戦闘訓練は、2つの艦及び艇グループにより順番に実施されました。
射撃は、艦載砲装置AK-630MA-190AK-176を使用し、様々な高度及び距離で行なわれました。
全ての指定目標は成功裏に撃破されました」

広報サービスは指摘した。

安全目的により、バルト海の戦闘訓練実施海域及びその上空域は、船舶航行及び全種類の航空機の飛行にとって一時的に危険であると宣言された。



22-0409c.jpg
21-0603b.jpg
現在、バルト艦隊には、新旧合わせて16隻の小型ロケット艦/ロケット艇が配備されており、全てカリーニングラード州バルチースク海軍基地に駐留しています。
この内の5隻は、2010年代後半以降に配備された新型艦(プロジェクト21631プロジェクト22800)です。
[第36ロケット艇旅団]
第1親衛ロケット艇大隊
・プロジェクト12411ロケット艇
R-129「クズネツク」(1985年12月28日就役)
R-257(1986年10月31日就役)
R-187「ザレチヌイ」(1989年3月4日就役)
R-291「ディミトロフグラード」(1991年5月30日就役)
22-0923a.jpg

R-293「モルシャンスク」(1992年3月23日就役)

R-2「チュヴァシヤ」(2000年2月26日就役)
22-0409a.jpg

・プロジェクト22800小型ロケット艦
「ムィティシ」(2018年12月17日就役)

「ソヴィェツク」(2019年10月12日就役)
22-0322d.jpg

「オジンツォボ」(2020年11月21日就役)
22-0126g.jpg

第106小型ロケット艦大隊
・プロジェクト12341小型ロケット艦
「ズイビ」(1989年9月26日就役)
「ゲイゼル」(1989年12月27日就役)
「パッサート」(1990年12月6日就役)
「リヴェン」(1991年10月25日就役)

・プロジェクト21631小型ロケット艦
「ゼリョヌイ・ドル」(2015年12月12日就役)
20-0909e.jpg

「セルプホフ」(2015年12月12日就役)



バルト艦隊小型ロケット艦ロケット艇は、9月下旬にもバルト海の大規模演習へ参加しています。
[ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で対空射撃訓練を実施した]

遠洋実習航海を行なっているロシア海軍バルト艦隊の練習艦スモーリヌイは北極海を通過してセヴェロモルスク基地へ到着した


『SeverPost』より
2022年10月22日8時38分配信
【練習艦「スモールヌイ」は北方艦隊へ到着した】

セヴェロモルスクS.O.マカロフ記念太平洋高等海軍学校の生徒を乗せた練習艦「スモーリヌイ」の歓迎式典が開催された。
練習艦は、北方艦隊副司令官(軍事政治業務担当)イーゴリ・クロチキン少将に出迎えられた。
彼は生徒と乗組員の北方艦隊主要基地への到着を祝福し、生徒が経験と海軍の専門知識を習得するのに必要な海上実習の重要性を指摘した。

練習艦「スモーリヌイ」で若い船員は当直士官の代役として当直に就き、艦の組織についての知識を向上させた。
22-1024b.jpg
ウラジオストクからセヴェロモルスクまで練習艦「スモーリヌイ」北方海上航路を通行し、カムチャツカチュクチの港へ寄港した。
ヴィリキツキー海峡の結氷海域で、プロジェクト22220原子力砕氷船「アルクチカ」練習艦「スモーリヌイ」の氷上先導を行なった。
22-1024a.jpg

北極圏の移動中、生徒は、等級6の強風と海波を伴う不利な水文気象条件下での行動経験を得た。

セヴェロモルスク練習艦「スモーリヌイ」は数日間滞在する。
物資の補充及び生徒の交代の後、艦はバルト海への練習航海を続ける。



smo-1978.jpg
プロジェクト887練習艦の1番艦「スモーリヌイ」は、ポーランドシュチェチン造船所で1974年4月23日に起工され、1976年1月8日に進水し、1976年6月30日にソヴィエト連邦海軍へ就役しました。

現在はバルト艦隊に所属し、クロンシュタット港に駐留しています。

2010年秋からブルガリアヴァルナの艦船修理工場で大規模なオーバーホールを行ない、完了後、2013年8月30日にクロンシュタットへ戻りました。
(ソヴィエト連邦時代のブルガリアの債務返還の一環として)

2014年6月にはロシアフランスへ発注し、サンナゼール造船所で艤装中の「ミストラル」級ヘリコプター母艦の乗組員400名を乗せてサンナゼールへ向かいました。
22-0705d.jpg
[ロシア海軍向けミストラル級の乗員400名はフランスへ到着した]

しかし、フランスロシアへの「ミストラル」級売却をキャンセルした為(支払った代金はロシアへ返金)、2014年12月末にクロンシュタットへ戻りました。
[ヘリ空母ミストラル級乗員のロシア海軍将兵はクロンシュタットへ到着した]
[ロシア海軍のミストラル級ヘリコプター揚陸ドック艦の乗員団は解散した]

2015年7月から士官候補生の練習航海を開始し、アンゴラ共和国ルアンダ赤道ギニアマラボスペインラス・パルマス・デ・グラン・カナリアへ寄港しました。

2016年7月1日から10月3日まで士官候補生の練習航海を行ない、マルタ島ヴァレッタ黒海艦隊基地セヴァストーポリへ寄港しました。

2019年にはクロンシュタット海洋工場でオーバーホールが行なわれました。
300-2019.jpg

2020年7月7日から10月末まで士官候補生の練習航海を行ない、北方艦隊基地セヴェロモルスクアルハンゲリスク黒海艦隊基地セヴァストーポリへ寄港しました。

アルハンゲリスクへ寄港した「スモーリヌイ」(2020年7月24日入港、7月28日出港)



2021年6月29日から10月31日まで士官候補生の練習航海を行ない、セヴェロモルスクセヴァストーポリへ寄港しました。
300-02021.jpeg


2022年7月1日、「スモーリヌイ」は士官候補生の練習航海の為、クロンシュタットから出航しました。
[ロシア海軍バルト艦隊の練習艦スモーリヌイは練習航海へ出発した]

その後、カリーニングラード州バルチースクへ寄港し、7月5日に同港から出航しました。
[ロシア海軍バルト艦隊の練習艦スモーリヌイはバルチースクを出航し、セヴェロモルスクへ向かった]

7月11日に北方艦隊基地セヴェロモルスクへ到着しました。
22-0812f.jpg
22-0812g.jpg
[ロシア海軍バルト艦隊の練習艦スモーリヌイは北方艦隊基地セヴェロモルスクへ到着した]

その後、7月下旬に一旦クロンシュタットへ戻り、8月1日に再び出航、8月11日にセヴェロモルスクへ到着しました。
[ロシア海軍バルト艦隊の練習艦スモーリヌイは北極海を通過して極東へ行く]

セヴェロモルスクへ数日間滞在した後に出航し、北極海(北方海上航路)を通過して9月11日にカムチャツカ半島ロシア太平洋艦隊原潜基地ヴィリュチンスク(ペトロパヴロフスク・カムチャツキー)へ到着しました。
[ロシア海軍バルト艦隊の練習艦スモーリヌイは北極海を通過してカムチャツカの原潜基地ヴィリュチンスクへ到着した]

その後にペトロパヴロフスク・カムチャツキーを出航し、9月15日にウラジオストクへ到着しました。
[遠洋実習航海を行なっているロシア海軍バルト艦隊の練習艦スモーリヌイはウラジオストクへ到着した]

太平洋海軍高等学校の生徒を乗せた「スモーリヌイ」は、9月21日にウラジオストクを出航しました。
[遠洋実習航海を行なっているロシア海軍バルト艦隊の練習艦スモーリヌイはウラジオストクを去り、北極海経由でクロンシュタットへ行く]

「スモーリヌイ」北極海を通過し、10月22日にセヴェロモルスクへ到着しました。

今後、「スモーリヌイ」は母港クロンシュタットへの帰路に就きます。


北極海を通過する実習航海は、以前に同型艦「ペレコプ」が2度実行しています。
[練習艦ペレコプ遠洋実習航海(2018年3月-11月)]
[2019年度の練習艦ペレコプ遠洋実習航海(2019年7月-12月)]

ロシア海軍バルト艦隊航空隊の前線爆撃機Su-24Mはバルト海で対艦ミサイルを発射した

22-0925b.jpg
『タス通信』より
2022年9月25日2時15分配信
【バルト艦隊のSu-24M乗員は「敵」艦を模した海上目標をミサイルで撃破した】
カリーニングラード、9月24日/タス通信

バルト艦隊爆撃機Su-24Mの乗員は、空対艦ミサイルによる演習中に仮想敵艦を模した海上目標を成功裏に撃破した。
土曜日に艦隊広報サービスは発表した。

「バルト海エリアの艦隊グループの双務指揮参謀演習の枠組みにおいて、艦隊海上航空隊の前線爆撃機Su-24Mは、海上目標へのミサイル打撃へ取り組みました。
標的として大型盾船が関わりました」

声明では、こう述べられた。

射撃は、短距離高精度空対艦ミサイルを使用して実行された。
「客観的観測データにより、目標は成功裏に撃破された事が確認されました」
広報サービスは指摘した。

戦闘訓練の安全を保障する為、海上に居る10隻以上の艦隊戦闘艦補助船が関わった。

Su-24可変後退翼を持つ戦術前線爆撃機であり、低高度を含め、昼間及び夜間の良好及び困難な気象条件下で地上及び水上の目標へミサイル爆弾による打撃を与える為に意図されている。



バルト艦隊海軍航空隊戦闘機爆撃機は、ロシア連邦の飛び地カリーニングラード州へ配備されています。
18-0126g.jpg

チェルニャホフスク飛行場に駐留する第4親衛独立海洋襲撃機航空連隊は、20機程度の前線爆撃機Su-24Mと6機程度の偵察機Su-24MRを保有しています。
18-0126a.jpg
18-0126c.jpg
18-0126b.jpg
18-0126d.jpg


カリーニングラード州に駐留するバルト艦隊の部隊は9月19日から大規模演習を開始しており、15隻以上の艦船が参加しています。
[ロシア海軍バルト艦隊の15隻以上の艦船はバルト海で演習を開始した]
この内の7隻が小型ロケット艦/ロケット艇であり、この他に警備艦コルベット、小型対潜艦、掃海艦なども参加しています。
[ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で演習を実施した]

バルト艦隊航空隊戦闘機爆撃機も参加しています。
[ロシア海軍バルト艦隊航空隊の戦闘機Su-30SMと爆撃機Su-24Mはカリーニングラード沖で対艦攻撃訓練を実施した]

9月23日には3隻の小型ロケット艦と2隻のロケット艇が各種艦載砲の砲撃訓練を行ないました。
[ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で砲撃訓練を実施した]

9月24日には、引き続き3隻の小型ロケット艦と2隻のロケット艇が対空射撃訓練を行ないました。
[ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で対空射撃訓練を実施した]

同日、カリーニングラード州ドンスコエに駐留する第25独立沿岸ロケット旅団地対艦ミサイル「バル」(対艦ミサイル「ウラン」の地上発射型)大隊は対艦ミサイル「ウラン」を発射しました。
[ロシア海軍バルト艦隊の地対艦ミサイル「バル」部隊は対艦ミサイル「ウラン」を発射した]

同日、第4親衛独立海洋襲撃機航空連隊Su-24Mバルト海対艦ミサイルを発射しました。

ロシア海軍バルト艦隊の地対艦ミサイル「バル」部隊は対艦ミサイル「ウラン」を発射した

22-0925a.jpg
『タス通信』より
2022年9月25日2時16分配信
【バルト艦隊の複合体「バル」の要員は海上目標へのミサイル射撃を実行した】
カリーニングラード、9月24日/タス通信

バルト艦隊沿岸ミサイル複合体「バル」の要員は海上目標へのミサイル射撃を実行した。
土曜日に艦隊広報サービスは発表した。

「艦隊のバルチースク海軍基地のロケット連合部隊の軍人は、双務指揮参謀演習の枠組みで沿岸ミサイル複合体バルからの戦闘射撃を成功裏に実施しました」
広報サービスは話した。
射撃は、カリーニングラード州沿岸の発射位置から行なわれた。

演習計画の下、カリーニングラード州の地域の1つで意図された任務を遂行する沿岸ミサイル複合体「バル」大隊は、仮想敵艦を探知し、目標のコースを追跡した。
敵艦の役割で盾標的船が関わった。

「ミサイル兵器使用の信号を受信した後、複合体の戦闘要員は、かなり離れた場所の目標への射撃を実行しました。
正確な命中の結果、それは破壊されました」

広報サービスは話した。

ミサイル射撃は、海上目標を探知、破壊する任務へ取り組みロケット連合部隊の軍人の実地技量を向上させる目的で行なわれた事が指摘された。

沿岸ミサイル複合体「バル」の特徴は、高い機動性、迅速な位置変更、短い時間でミサイル兵器使用の準備が整う事に在る。
複合体「バル」は、あらゆる時間帯で距離120キロメートルまでの目標の攻撃が可能であり、最も悪天候の条件では発射装置は海岸から10キロメートルまで離れた隠蔽位置へ配置できる。



カリーニングラード州に駐留するバルト艦隊の部隊は9月19日から大規模演習を開始しており、15隻以上の艦船が参加しています。
[ロシア海軍バルト艦隊の15隻以上の艦船はバルト海で演習を開始した]
この内の7隻が小型ロケット艦/ロケット艇であり、この他に警備艦コルベット、小型対潜艦、掃海艦なども参加しています。
[ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で演習を実施した]

バルト艦隊航空隊戦闘機爆撃機も参加しています。
[ロシア海軍バルト艦隊航空隊の戦闘機Su-30SMと爆撃機Su-24Mはカリーニングラード沖で対艦攻撃訓練を実施した]

9月23日には3隻の小型ロケット艦と2隻のロケット艇が各種艦載砲の砲撃訓練を行ないました。
[ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で砲撃訓練を実施した]

9月24日には、引き続き3隻の小型ロケット艦と2隻のロケット艇が対空射撃訓練を行ないました。
[ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で対空射撃訓練を実施した]

同日、カリーニングラード州ドンスコエに駐留する第25独立沿岸ロケット旅団地対艦ミサイル「バル」(対艦ミサイル「ウラン」の地上発射型)大隊は対艦ミサイル「ウラン」を発射しました。

ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で対空射撃訓練を実施した

『タス通信』より
2022年9月25日2時24分配信
【バルト艦隊の艦は空中目標への砲射撃を実施した】
カリーニングラード、9月24日/タス通信

5隻の小型ロケット艦及びロケット艇で構成されるバルト艦隊打撃艦グループは、バルト海エリアの双務指揮参謀演習の枠組みで空中目標への砲射撃を実施した。
土曜日に艦隊広報サービスは発表した。
艦載砲の為の標的として有翼ミサイルが使われた。

「演習任務への取り組みの最中に小型ロケット艦ソヴィェツク、ゼリョヌイ・ドル、オジンツォボ、ロケット艇チュヴァシヤ、ディミトロフグラードで構成されるバルト艦隊打撃艦グループは、空中目標への砲射撃を成功裏に実施しました。
標的として小型ロケット艦パッサートから発射された有翼ミサイルが使用されました」

広報サービスは話した。

の乗組員は、艦載砲複合体AK-630AK-176AK-176MAA-190から空中目標への同時実弾射撃を実行し、その結果、有翼ミサイルは破壊された。

9月19日から行なわれている双務指揮参謀演習には、合計で15隻以上の支援船、約1500名の軍人、50両以上の軍用及び特殊車両、そして更に艦隊海上航空隊航空機ヘリコプターが参加する。



22-0409c.jpg
21-0603b.jpg
現在、バルト艦隊には、新旧合わせて16隻の小型ロケット艦/ロケット艇が配備されており、全てカリーニングラード州バルチースク海軍基地に駐留しています。
この内の5隻は、2010年代後半以降に配備された新型艦(プロジェクト21631プロジェクト22800)です。
[第36ロケット艇旅団]
第1親衛ロケット艇大隊
・プロジェクト12411ロケット艇
R-129「クズネツク」(1985年12月28日就役)
R-257(1986年10月31日就役)
R-187「ザレチヌイ」(1989年3月4日就役)
R-291「ディミトロフグラード」(1991年5月30日就役)
22-0923a.jpg

R-293「モルシャンスク」(1992年3月23日就役)

R-2「チュヴァシヤ」(2000年2月26日就役)
22-0409a.jpg

・プロジェクト22800小型ロケット艦
「ムィティシ」(2018年12月17日就役)

「ソヴィェツク」(2019年10月12日就役)
22-0322d.jpg

「オジンツォボ」(2020年11月21日就役)
22-0126g.jpg

第106小型ロケット艦大隊
・プロジェクト12341小型ロケット艦
「ズイビ」(1989年9月26日就役)
「ゲイゼル」(1989年12月27日就役)
「パッサート」(1990年12月6日就役)
19-0803e.jpg

「リヴェン」(1991年10月25日就役)

・プロジェクト21631小型ロケット艦
「ゼリョヌイ・ドル」(2015年12月12日就役)
20-0909e.jpg

「セルプホフ」(2015年12月12日就役)



カリーニングラード州に駐留するバルト艦隊の部隊は9月19日から大規模演習を開始しており、15隻以上の艦船が参加しています。
[ロシア海軍バルト艦隊の15隻以上の艦船はバルト海で演習を開始した]
この内の7隻が小型ロケット艦/ロケット艇であり、この他に警備艦コルベット、小型対潜艦、掃海艦なども参加しています。
[ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で演習を実施した]

バルト艦隊航空隊戦闘機爆撃機も参加しています。
[ロシア海軍バルト艦隊航空隊の戦闘機Su-30SMと爆撃機Su-24Mはカリーニングラード沖で対艦攻撃訓練を実施した]

9月23日には3隻の小型ロケット艦と2隻のロケット艇が各種艦載砲の砲撃訓練を行ないました。
[ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で砲撃訓練を実施した]

A-190-01「ウニヴェルサール」100mm単装砲(ゼリョヌイ・ドル)
100mm-A190.jpg

AK-176MA 76mm単装砲(ソヴィェツク、オジンツォボ)
76mm-AK176MA.jpg

AK-176 76mm単装砲(チュヴァシヤ、ディミトロフグラード)
76mm-AK176.jpg

AK-630M 30mm6銃身機関砲(ソヴィェツク、チュヴァシヤ、ディミトロフグラード)

30mmAK630.jpg

9月24日には、引き続き3隻の小型ロケット艦と2隻のロケット艇が対空射撃訓練を行ないました。
標的として小型ロケット艦「パッサート」対艦ミサイル「マラヒート」を発射しました。

ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で砲撃訓練を実施した

『タス通信』より
2022年9月24日0時29分配信
【バルト艦隊の艦はバルト海エリアで砲射撃を実施した】
カリーニングラード、9月23日/タス通信

5隻の小型ロケット艦及びロケット艇の乗組員は、バルト艦隊双務指揮参謀演習の最中の金曜日にバルト海エリアで砲射撃を実行した。
金曜日に艦隊広報サービスは発表した。

「演習任務への取り組みの最中に小型ロケット艦ソヴィェツク、ゼリョヌイ・ドル、オジンツォボ、ロケット艇チュヴァシヤ、ディミトロフグラード乗組員は、バルト艦隊の戦闘訓練海上射爆場で仮想敵の戦闘艦を模した大型及び小型の海上盾船への複合砲射撃を成功裏に実行しました。
これに加え、仮想敵の沿岸砲を模した視界の外に在るブイ設置場所への射撃も行なわれました」

広報サービスは話した。

の乗組員は更に、海上及び沿岸の模擬目標、浮遊機雷模型への艦載砲複合体AK-630AK-176AK-176MAA-190からの単一及び同時実弾射撃を行なった。

「演習の枠組みで、海上交通線の防護及び艦隊の駐留所の防衛、艦と艇の乗組員の連携及び海上技量の改善の課題へ取り組みました」
広報サービスは指摘した。

双務指揮参謀演習には、合計で15隻以上の支援船、約1500名の軍人、50両以上の軍用及び特殊車両、そして更に艦隊海上航空隊航空機ヘリコプターが参加する。



22-0409c.jpg
21-0603b.jpg
現在、バルト艦隊には、新旧合わせて16隻の小型ロケット艦/ロケット艇が配備されており、全てカリーニングラード州バルチースク海軍基地に駐留しています。
この内の5隻は、2010年代後半以降に配備された新型艦(プロジェクト21631プロジェクト22800)です。
[第36ロケット艇旅団]
第1親衛ロケット艇大隊
・プロジェクト12411ロケット艇
R-129「クズネツク」(1985年12月28日就役)
R-257(1986年10月31日就役)
R-187「ザレチヌイ」(1989年3月4日就役)
R-291「ディミトロフグラード」(1991年5月30日就役)
22-0923a.jpg

R-293「モルシャンスク」(1992年3月23日就役)

R-2「チュヴァシヤ」(2000年2月26日就役)
22-0409a.jpg

・プロジェクト22800小型ロケット艦
「ムィティシ」(2018年12月17日就役)

「ソヴィェツク」(2019年10月12日就役)
22-0322d.jpg

「オジンツォボ」(2020年11月21日就役)
22-0126g.jpg

第106小型ロケット艦大隊
・プロジェクト12341小型ロケット艦
「ズイビ」(1989年9月26日就役)
「ゲイゼル」(1989年12月27日就役)
「パッサート」(1990年12月6日就役)
「リヴェン」(1991年10月25日就役)

・プロジェクト21631小型ロケット艦
「ゼリョヌイ・ドル」(2015年12月12日就役)
20-0909e.jpg

「セルプホフ」(2015年12月12日就役)



カリーニングラード州に駐留するバルト艦隊の部隊は9月19日から大規模演習を開始しており、15隻以上の艦船が参加しています。
[ロシア海軍バルト艦隊の15隻以上の艦船はバルト海で演習を開始した]
この内の7隻が小型ロケット艦/ロケット艇であり、この他に警備艦コルベット、小型対潜艦、掃海艦なども参加しています。
[ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で演習を実施した]

バルト艦隊航空隊戦闘機爆撃機も参加しています。
[ロシア海軍バルト艦隊航空隊の戦闘機Su-30SMと爆撃機Su-24Mはカリーニングラード沖で対艦攻撃訓練を実施した]

9月23日には3隻の小型ロケット艦と2隻のロケット艇が各種艦載砲の砲撃訓練を行ないました。

A-190-01「ウニヴェルサール」100mm単装砲(ゼリョヌイ・ドル)
100mm-A190.jpg

AK-176MA 76mm単装砲(ソヴィェツク、オジンツォボ)
76mm-AK176MA.jpg

AK-176 76mm単装砲(チュヴァシヤ、ディミトロフグラード)
76mm-AK176.jpg

AK-630M 30mm6銃身機関砲(ソヴィェツク、チュヴァシヤ、ディミトロフグラード)

30mmAK630.jpg

ロシア海軍バルト艦隊航空隊の戦闘機Su-30SMと爆撃機Su-24Mはカリーニングラード沖で対艦攻撃訓練を実施した

22-0330b.jpg
22-0330a.jpg
『タス通信』より
2022年9月22日23時55分配信
【バルト艦隊航空隊は「敵」揚陸艦支隊を破壊する演習を実施した】
カリーニングラード、9月22日/タス通信

バルト艦隊双務指揮参謀演習の枠組みにおいて、海上航空隊の約15機の爆撃機戦闘機は仮想敵艦支隊へ打撃を与える為の戦術行動へ取り組んだ。
木曜日に艦隊広報サービスは発表した。

演習の筋書きの下、海上航空隊連合部隊の指揮所は、カリーニングラード州沿岸へ揚陸部隊が上陸する仮想敵の計画揚陸作戦の情報を受け取った。

「偵察の為、海上の指定区域へ当直部隊の前線爆撃機Su-24Mが派遣され、敵の揚陸艦支隊を発見しました。
必要な情報を受け取り、更に数機のSu-24Mと多目的戦闘機Su-30SMが空中へ上がり、爆撃機の上空援護は戦闘機Su-27が提供しました」

広報サービスは話した。

仮想敵艦支隊は、海上に居るバルト艦隊戦闘艦支援船が模した。

「指定海域で飛行士は海上目標を成功裏に仮想破壊しました」
広報サービスは指摘した。

総計15機の戦闘機多目的戦闘機海上航空隊の演習へ関わった事を広報サービスは明らかにした。



バルト艦隊海軍航空隊戦闘機爆撃機は、ロシア連邦の飛び地カリーニングラード州へ配備されています。
18-0126g.jpg

チカロフスク飛行場に駐留する第689親衛戦闘機航空連隊は、18機程度の戦闘機Su-27及びSu-27UBを保有しています。
18-0126e.jpg
18-0126f.jpg

チェルニャホフスク飛行場に駐留する第4親衛独立海洋襲撃機航空連隊は、20機程度の前線爆撃機Su-24Mと6機程度の偵察機Su-24MRを保有しています。
18-0126a.jpg
18-0126c.jpg
18-0126b.jpg
18-0126d.jpg

第4親衛独立海洋襲撃機航空連隊には2016年12月初頭から多用途複座戦闘機Su-30SMの配備が始まり、2018年7月初頭までに計8機のSu-30SMが配備されました。
[ロシア海軍バルト艦隊へ2機の多用途複座戦闘機Su-30SMが到着した]

2022年1月末には、アップグレード型のSu-30SM2が4機チェルニャホフスク飛行場へ到着しました。
[ロシア海軍バルト艦隊航空隊へ4機の多用途複座戦闘機Su-30SM2が配備された]


カリーニングラード州に駐留するバルト艦隊の部隊は9月19日から大規模演習を開始しており、15隻以上の艦船の他に海上航空隊戦闘機爆撃機も参加しています。
[ロシア海軍バルト艦隊の15隻以上の艦船はバルト海で演習を開始した]
[ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で演習を実施した]

9月22日には、この演習参加艦船を「目標」にしてバルト艦隊戦闘機爆撃機が対艦攻撃訓練を行ないました。

ロシア海軍バルト艦隊の小型ロケット艦とロケット艇はバルト海で演習を実施した

『タス通信』より
2022年9月22日22時6分配信
【バルト艦隊のロケット艦は海上で仮想敵を破壊する演習を実施した】
カリーニングラード、9月22日/タス通信

7隻のロケット艦及びロケット艇で構成されるバルト艦隊打撃艦グループは、双務指揮参謀演習中にミサイル複合体「カリブル」「マラヒート」「モスキート」で海上の仮想敵艦及び輸送船の捜索及び破壊を実施した。
木曜日に艦隊広報サービスは発表した。

「艦隊のバルチースク海軍基地のロケット艦オジンツォボ、ゼリョヌイ・ドル、ソヴィェツク、パッサート、リヴェンとロケット艇チュヴァシヤ、ディミトロフグラードから成る打撃艦グループは、戦術グループを構成してバルト海で仮想敵の艦及び輸送船を捜索する任務を遂行しました」
広報サービスは話した。

艦の乗組員が特定した海上目標へ、ミサイル複合体「カリブル」、「マラヒート」、「モスキート」の電子発射が行なわれた。

「電子発射の結果、全ての指定目標へ成功裏に命中した事が客観的観測手段により確認されました」
広報サービスは指摘した。

会場での任務への取り組みの際、彼らは合同操艦を行ない、対空、対艦、対潜防衛の行動へ取り組んだ。

バルト艦隊が行なっている双務指揮参謀演習には、15隻以上の艦と支援船、1500名以上の軍人、50両以上の軍用及び特殊車両、そして更にバルト艦隊海上航空隊航空機ヘリコプターが参加する。



22-0409c.jpg
21-0603b.jpg
現在、バルト艦隊には、新旧合わせて16隻の小型ロケット艦/ロケット艇が配備されており、全てカリーニングラード州バルチースク海軍基地に駐留しています。
この内の5隻は、2010年代後半以降に配備された新型艦(プロジェクト21631プロジェクト22800)です。
[第36ロケット艇旅団]
第1親衛ロケット艇大隊
・プロジェクト12411ロケット艇
R-129「クズネツク」(1985年12月28日就役)
R-257(1986年10月31日就役)
R-187「ザレチヌイ」(1989年3月4日就役)
R-291「ディミトロフグラード」(1991年5月30日就役)
22-0923a.jpg

R-293「モルシャンスク」(1992年3月23日就役)

R-2「チュヴァシヤ」(2000年2月26日就役)
22-0409a.jpg

・プロジェクト22800小型ロケット艦
「ムィティシ」(2018年12月17日就役)

「ソヴィェツク」(2019年10月12日就役)
22-0322d.jpg

「オジンツォボ」(2020年11月21日就役)
22-0126g.jpg

第106小型ロケット艦大隊
・プロジェクト12341小型ロケット艦
「ズイビ」(1989年9月26日就役)
「ゲイゼル」(1989年12月27日就役)

「パッサート」(1990年12月6日就役)
19-0803e.jpg

「リヴェン」(1991年10月25日就役)
19-0803f.jpg

・プロジェクト21631小型ロケット艦
「ゼリョヌイ・ドル」(2015年12月12日就役)
20-0909e.jpg

「セルプホフ」(2015年12月12日就役)



カリーニングラード州に駐留するバルト艦隊の部隊は9月19日から大規模演習を開始しており、15隻以上の艦船が参加しています。
[ロシア海軍バルト艦隊の15隻以上の艦船はバルト海で演習を開始した]
この内の7隻が小型ロケット艦/ロケット艇であり、この他に警備艦コルベット、小型対潜艦、掃海艦なども参加しています。

ロシア海軍バルト艦隊の15隻以上の艦船はバルト海で演習を開始した

22-0922a.jpg
『タス通信』より
2022年9月21日23時43分配信
【バルト艦隊の15隻以上の艦船は指揮参謀演習の課題を解決する為に海上へ出航した】
カリーニングラード、9月21日/タス通信

バルト艦隊の15隻以上の水上戦闘艦艇支援船は、双務指揮参謀演習の枠組みでの実地行動への取り組みへ着手した。
水曜日に艦隊広報サービスは発表した。
戦術グループの艦は、艦隊の艦グループが演習任務を遂行する為にバルト海の指定海域へ展開する為に駐留所から出航した。

「演習には、警備艦、コルベット、小型ロケット艦、ロケット艇、小型対潜艦、基地掃海艦及び泊地掃海艦、そして更に物資-装備供給船を含む15隻以上の戦闘艦艇と支援船が参加します」
広報サービスは話した。

今後数日間、艦は意図された任務~部隊の展開の為の対機雷保障、泊地へ停泊している艦艇の対潜-対破壊工作防衛~を果たす。
更に艦グループには、射撃による仮想敵空中攻撃手段の撃退、海上戦闘訓練の実施、実際のミサイル及び砲射撃の為の合同行動への取り組みが待ち受けている。

沿岸ミサイル複合体「バル」「バスチオン」の要員は、カリーニングラード州の沿岸を揚陸部隊の危険から防護する為の戦術行動及び方法へ取り組む。

艦隊広報サービスが以前に発表したように、9月19日に始まった演習には、合計で15隻以上の水上艦艇と支援船の乗組員、1500名以上の軍人、50両以上の軍用及び特殊車両、そして更にバルト艦隊海上航空隊航空機ヘリコプターが参加する。



22-0409b.jpg
22-0409c.jpg
現在、バルト艦隊バルチースク海軍基地には、同艦隊の主力水上艦艇が駐留しています。

[第128水上艦旅団]

・プロジェクト956駆逐艦
「ナストーイチヴイ」(1993年3月27日就役)

・プロジェクト11540警備艦
「ネウストラシムイ」(1993年1月24日就役)
「ヤロスラフ・ムードルイ」(2009年7月24日就役)

・プロジェクト20380コルベット
「ステレグーシチー」(2008年2月27日就役)
「ソーブラジテルヌイ」(2011年10月14日就役)
「ボイキー」(2013年5月16日就役)
「ストイーキー」(2014年7月27日就役)

[第36ロケット艇旅団]
第1親衛ロケット艇大隊
・プロジェクト12411ロケット艇
R-129「クズネツク」(1985年12月28日就役)
R-257(1986年10月31日就役)
R-187「ザレチヌイ」(1989年3月4日就役)
R-291「ディミトロフグラード」(1991年5月30日就役)
R-293「モルシャンスク」(1992年3月23日就役)
R-2「チュヴァシヤ」(2000年2月26日就役)

・プロジェクト22800小型ロケット艦
「ムィティシ」(2018年12月17日就役)
「ソヴィェツク」(2019年10月12日就役)
a>
「オジンツォボ」(2020年11月21日就役)

第106小型ロケット艦大隊
・プロジェクト12341小型ロケット艦
「ズイビ」(1989年9月26日就役)
「ゲイゼル」(1989年12月27日就役)
「パッサート」(1990年12月6日就役)
「リヴェン」(1991年10月25日就役)

・プロジェクト21631小型ロケット艦
「ゼリョヌイ・ドル」(2015年12月12日就役)
「セルプホフ」(2015年12月12日就役)

[第64水域保護艦旅団]
第264対潜艦大隊
・プロジェクト1331M小型対潜艦
MPK-224「アレクシン」(1989年3月31日就役)
MPK-227「カバルディノ・バルカリヤ」(1989年6月29日就役)
MPK-229「カルムイキア」(1990年4月6日就役)

第323掃海艦大隊
・プロジェクト12700対機雷防衛艦
「アレクサンドル・オブホフ」(2016年12月9日就役)

・プロジェクト1265基地掃海艦
「アレクサンドル・レベジェフ」(1989年7月15日就役)
「レオニード・ソボリョフ」(1990年11月24日就役)
BT-212「ノヴォチェボクカルスク」(1991年12月22日就役)
BT-213「セルゲイ・コルバシエフ」(1992年9月8日就役)


この他、カリーニングラード州ドンスコエに駐留する第25独立沿岸ロケット旅団には地対艦ミサイル「バスチオン」「バル」が配備されています。