セヴェロドヴィンスク造船所は40年間に渡りインド海軍空母ヴィクラマーディティヤの保守整備を行なう

15-0417a.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2015年4月15日9時36分配信
【『セヴマシュ』はインド海軍の「ヴィクラマーディティヤ」のサービス契約に署名した】
モスクワ、4月15日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア『セヴマシュ』インド海軍の代表は、保証期間後の航空母艦「ヴィクラマーディティヤ」の為の技術的後援サービス契約に署名した。
ロシア企業の広報サービスは発表した。

「これは、現在、ロシア側とインド側で議論されている保証期間後の艦に関するものの1つです。
インド海軍に対し、当社は40年間に渡り、この作業の実施を提供いたします。
今、セヴマシュの専門技術者は、航空母艦の保証期間中の業務を完了します。
艦の機器及びシステムに関し、最小限のメンテナンスが実施されます。
当社の保証グループは、機器の取り付けから調整、試験まで関わり、ヴィクラマーディティヤの全ての建造段階へ参加した専門家達です」

声明では、こう述べられた。

『セヴマシュ』で大規模な再建造が行なわれた航空母艦「ヴィクラマーディティヤ」(旧「アドミラル・ゴルシコフ」)は、2013年11月16日に正式にインド海軍へ引き渡された。
航空母艦は12月9日にロシア領海を去り、(2014年)1月には安全にインドカルワル港の係留岸壁へ到着した。


[空母ヴィクラマーディティヤ(旧ブログ)]
[空母ヴィクラマーディティヤ]
11434.jpg
13-0806b.jpg

ロシア海軍重航空巡洋艦「アドミラル・ゴルシコフ」(旧「バクー」)は、退役後にインドへ売却、セヴェロドヴィンスクセヴマシュ造船所で大規模な改装が行なわれ、航空母艦「ヴィクラマーディティヤ」に変身した後、2013年11月16日にインド海軍へ引き渡されました。
[重航空巡洋艦アドミラル・ゴルシコフ改め航空母艦ヴィクラマーディティヤはインド海軍へ引き渡された]

2014年1月7日、駐留基地となるインドカルワル海軍基地へ到着しました。
[空母ヴィクラマーディティヤ(旧アドミラル・ゴルシコフ)は新たなる祖国インドへ到着した]

その「ヴィクラマーディティヤ」の就役後のアフターサービス期間は、元々の契約では20年となっていましたが、インド側は「ヴィクラマーディティヤ」を今後30-40年に渡り使い続ける事を望んでいます。
[空母ヴィクラマーディティヤはインド海軍で30-40年就役するかもしれない]

この為、インド側は、「ヴィクラマーディティヤ」のアフターサービス期間を当初の20年から2倍の40年にする事をロシア側へ要望し、交渉が行なわれていました。
[セヴマシュは空母ヴィクラマーディティヤの20-40年のアフターサービスを提供する]
[インドは空母ヴィクラマーディティヤのアフターサービス期間を40年にする事を望む]
[空母ヴィクラマーディティヤのアフターサービス契約は2014年5月に締結される]
[インド空母ヴィクラマーディティヤのアフターサービス契約が締結される]

そして最終的にはインド側の要望が受け入れられ、セヴェロドヴィンスク『セヴマシュ』は、今後40年間に渡り「ヴィクラマーディティヤ」の保守整備を受け持つ事になりました。

「ヴィクラマーディティヤ」は、2050年代初頭までインド海軍で使われる事になりそうです。
スポンサーサイト

インド空母ヴィクラマーディティヤ近影(2014年12月4日)

インド海軍航空母艦R33「ヴィクラマーディティヤ」

元々はロシア海軍重航空巡洋艦「アドミラル・ゴルシコフ」でしたが、退役後にインドへ売却、セヴェロドヴィンスクセヴマシュ造船所で大規模な改装が行なわれ、全通甲板の航空母艦へ変身した後、2013年11月16日にインド海軍へ引き渡されました。
[重航空巡洋艦アドミラル・ゴルシコフ改め航空母艦ヴィクラマーディティヤはインド海軍へ引き渡された]

2014年1月7日、駐留基地となるインドカルワル海軍基地へ到着しました。
[空母ヴィクラマーディティヤ(旧アドミラル・ゴルシコフ)は新たなる祖国インドへ到着した]

[空母ヴィクラマーディティヤ(旧ブログ)]
[空母ヴィクラマーディティヤ]

そして、引き渡しから1年以上経過した2014年12月4日のインド海軍記念日「ヴィクラマーディティヤ」
33c.jpg
33b.jpg
33a.jpg


空母「ヴィクラマーディティヤ」は未だに近接防空兵器(CIWS)などの防空兵器を搭載しておらず、インド海軍は、この点を問題視しているようです。

『ヒンドゥスタン・タイムズ』より
2014年12月3日22時27分配信
【INSヴィクラマーディティヤは未だ完全に運用可能では無い】

「ヴィクラマーディティヤ」は、来年(2015年)にインド南部コーチ造船所で定期修理を実施する予定であり、この時にイスラエル製の「バラク-8」対空ミサイルが装備されます。

ロシアの造船所の技術者はインド空母ヴィクラマーディティヤの舵を修理した

14-0824e.jpg
『中央海軍ポータル』(フロートコム)より
2014年8月20日11時44分配信
【「セヴマシュ」専門技術者は航空母艦「ヴィクラマーディティヤ」の舵を修理した】

「セヴマシュ」社の保証グループの専門技術者は、航空母艦「ヴィクラマーディティヤ」のユニークな操作を実施した-舵の頭部へのオイルシールの追加を。

ユニークな操作の要点は、それが乾ドック上では無く、航空母艦が海上に居る状態で実施された事に有る。

『中央海軍ポータル』が作業の進捗に精通している情報提供者より伝えられた所によると、「セヴマシュ」の専門技術者は、正確に計算し、艦首部分を沈降させ、舵の部分を水上へ出した。
これにより、必要な作業の実施が可能となった。

航空母艦「ヴィクラマーディティヤ」は、重航空巡洋艦「アドミラル・ゴルシコフ」をベースにして、「セヴマシュ」社が高度な近代化を行なう事により建造された。
同艦は2013年11月にインド海軍へ引き渡された。

2014年6月、インド国防省は、公開株式会社「ロソボロネクスポルト」(ロシア兵器輸出公社)及び公開株式会社「生産合同セヴマシュ」と、航空母艦「ヴィクラマーディティヤ」の就役期間全てに渡るアフターサービス保証の契約を締結すると報じられた。


[空母ヴィクラマーディティヤ(旧ブログ)]
[空母ヴィクラマーディティヤ]

ロシア海軍重航空巡洋艦「アドミラル・ゴルシコフ」は、退役後にインドへ売却、セヴェロドヴィンスクセヴマシュ造船所で大規模な改装が行なわれ、航空母艦「ヴィクラマーディティヤ」に変身した後、2013年11月16日にインド海軍へ引き渡されました。
[重航空巡洋艦アドミラル・ゴルシコフ改め航空母艦ヴィクラマーディティヤはインド海軍へ引き渡された]

2014年1月7日、駐留基地となるインドカルワル海軍基地へ到着しました。
[空母ヴィクラマーディティヤ(旧アドミラル・ゴルシコフ)は新たなる祖国インドへ到着した]

「ヴィクラマーディティヤ」の就役後のアフターサービス期間については、インドとロシアで何度も交渉が行なわれ(インド側は40年を希望)、結局、同艦の就役期間全般と定められた契約が締結される事になりました。
[インド空母ヴィクラマーディティヤのアフターサービス契約が締結される]

これにより、「セヴマシュ」は、「ヴィクラマーディティヤ」が退役するまで、同艦の為の各種予備パーツを供給する事になります。
[インド空母ヴィクラマーディティヤの為の予備パーツがロシアから届けられる]

そして今回、「セヴマシュ」の技術者は、「ヴィクラマーディティヤ」の舵の修理を実施しました。
場所については触れられていませんが、おそらくはカルワル海軍基地でしょう。

記事を読む限り、「セヴマシュ」の技術者は、海上に居る「ヴィクラマーディティヤ」の艦首部分に注水して艦首を沈降させ、一時的に艦尾を水上に出して舵の修理を行なったようです。
13-0806b.jpg
14-0824d.jpg
14-0824c.jpg

インド空母ヴィクラマーディティヤの為の予備パーツがロシアから届けられる

14-0609e.jpg
公開株式会社「生産合同・北方機械製造組合(セヴマシュ)」公式サイトより
2014年6月9日配信
【航空母艦の為の補充部品】

インド海軍セヴマシュの協力の枠組みにおいて、航空母艦「ヴィクラマーディティヤ」へ、艦の安全な運行を保障する為に意図された交換用部品、消耗品、資材(ZIP)が供給される。

形成されるZIP(予備パーツ)には、2011年から2014年までの13回に渡る出荷が含まれる。
既に9バッチの部品が送られており、それぞれの重量は70~100トンになる。
それは操舵装置のコンポーネントと多数の付属品である。

現在、「セヴマシュ」では、航空母艦「ヴィクラマーディティヤ」の為の2基の推進軸の作業が完了に近づいている。
1基は既に移送の準備が出来ており、2基目は腐食からの保護の為、外装がガラス強化プラスチックで覆われた。

「軸は2つの部分から成り、単一のユニットに結合されています」
機械作業主任代理エフゲニー・パヴレンコは述べた。
「技術的な作業に困難が発生する事は有りません。
私達には、大規模な設計の経験が有ります。
これは、製造を適切に仕上げる資材の発注に始まり、熱処理、機械加工、外装、塗装といった長い生産サイクルです」


今年夏、推進軸は出荷される。
特大の貨物である推進軸は、当社の設計者が特別に設計した輸送用容器(1基当たりの軸及び容器の重量は46トン、全長は約25メートル)に包まれ、サンクトペテルブルクの鉄道の特殊プラットフォームで移送される。
北方首都の港から海上輸送で貴重な貨物はインド海軍基地ムンバイ市-航空母艦「ヴィクラマーディティヤ」の予備部品の保管場所-へ届けられる。


[空母ヴィクラマーディティヤ(旧ブログ)]
[空母ヴィクラマーディティヤ]
11434.jpg
13-0806b.jpg

ロシア海軍重航空巡洋艦「アドミラル・ゴルシコフ」は、退役後にインドへ売却、セヴェロドヴィンスクセヴマシュ造船所で大規模な改装が行なわれ、航空母艦「ヴィクラマーディティヤ」に変身した後、2013年11月16日にインド海軍へ引き渡されました。
[重航空巡洋艦アドミラル・ゴルシコフ改め航空母艦ヴィクラマーディティヤはインド海軍へ引き渡された]

2014年1月7日、駐留基地となるインドカルワル海軍基地へ到着しました。
[空母ヴィクラマーディティヤ(旧アドミラル・ゴルシコフ)は新たなる祖国インドへ到着した]

「ヴィクラマーディティヤ」の就役後のアフターサービス期間については、インドとロシアで何度も交渉が行なわれ(インド側は40年を希望)、結局、同艦の就役期間全般と定められた契約が締結される事になりました。
[インド空母ヴィクラマーディティヤのアフターサービス契約が締結される]

これにより、「セヴマシュ」は、「ヴィクラマーディティヤ」が退役するまで、同艦の為の各種予備パーツを供給する事になります。

インド空母ヴィクラマーディティヤのアフターサービス契約が締結される

14-0603f.jpg
公開株式会社「生産合同・北方機械製造組合(セヴマシュ)」公式サイトより
2014年6月3日配信
【セヴマシュは「ヴィクラマーディティヤ」の保証期間後の保守を実施する】

インド国防省公開株式会社『ロソボロネクスポルト』公開株式会社『生産合同セヴマシュ』は、航空母艦「ヴィクラマーディティヤ」の保証期間後の保守に関し、同艦の就役期間全てに渡る契約を締結する。
航空母艦の更なる技術的支援の問題は、最近、デリーで開催されたインド海軍の合同本部会議で議論が行なわれた。

ロシア側からは、この行事に公開株式会社『ロソボロネクスポルト』公開株式会社『統合造船業営団』の代表が出席した。
公開株式会社『生産合同セヴマシュ』代表団は、総取締役ミハイル・ブドニチェンコに率いられる。
インド海軍の物資-技術供給部長ナイル中将と兵器調達部長スブへダル中将は、インド航空母艦の保守及び技術的問題の迅速な解決を導いたセヴマシュの保証グループの素晴らしい組織的な作業に関し、当社の管理部へ感謝の意を表した。

今、「ヴィクラマーディティヤ」はアクティブな運用状態に在る。
同艦の艦上には、第1バッチの航空機12機が搭載されている。
インド人飛行士は、ロシア航空機製造組合「ミグ」の専門家の監督下で訓練プログラムを完了し、現在は夜間飛行の準備を行なっている。

デリーにおける会議では、保証期間後の保守に関する契約の詳細が討議された。
インド側は、セヴマシュを唯一の履行者と考えている。

航空母艦の駐留地カルワルでは、航空母艦の就役期間全てに渡り、当社の代表が組織的な常時の活動を行なう。
セヴェロドヴィンスク造船所の専門技術者は、インド海軍の需要に応じて必要な技術的保障作業を実施する。
保証期間後のグループのメンバーは定期的に交代する。

加えて、当社には、同艦への計器の供給の問題が残されている。
それはインドの4ヶ所の造船所の沿岸施設で設置される。

この件に関するセヴマシュインド海軍との間の契約は、ニューデリーで8月に締結される​​だろう。


[空母ヴィクラマーディティヤ(旧ブログ)]
[空母ヴィクラマーディティヤ]
11434.jpg
13-0806b.jpg

ロシア海軍重航空巡洋艦「アドミラル・ゴルシコフ」は、退役後にインドへ売却、セヴェロドヴィンスクセヴマシュ造船所で大規模な改装が行なわれ、航空母艦「ヴィクラマーディティヤ」に変身した後、2013年11月16日にインド海軍へ引き渡されました。
[重航空巡洋艦アドミラル・ゴルシコフ改め航空母艦ヴィクラマーディティヤはインド海軍へ引き渡された]

2014年1月7日、駐留基地となるインドカルワル海軍基地へ到着しました。
[空母ヴィクラマーディティヤ(旧アドミラル・ゴルシコフ)は新たなる祖国インドへ到着した]

その「ヴィクラマーディティヤ」の就役後のアフターサービス期間は、元々の契約では20年となっていましたが、インド側は、それを2倍の40年にする事をロシア側へ要望し、交渉が行なわれていました。
[セヴマシュは空母ヴィクラマーディティヤの20-40年のアフターサービスを提供する]
[インドは空母ヴィクラマーディティヤのアフターサービス期間を40年にする事を望む]
[空母ヴィクラマーディティヤのアフターサービス契約は2014年5月に締結される]

そして結局、「ヴィクラマーディティヤ」インド海軍に就役している間、セヴマシュは同艦の保守整備を受け持つという内容の契約が今年8月にニューデリーで締結される事になりました。

インド海軍「ヴィクラマーディティヤ」を今後30-40年間は使いたい意向なので、その間、セヴマシュは同艦の保守整備を行なう事になります。

なお、今回の記事中で「第1バッチの航空機12機」と書かれているのは、2011年末までにインド海軍へ引き渡された艦上戦闘機MiG-29K/KUBの第1バッチ(計16機)を指しています。
[空母「ヴィクラマーディティヤ」の為の艦上戦闘機MiG-29K/KUBの納入は2011年末までに完了する]
この時には単座型MiG-29Kが12機、複座型MiG-29KUBが4機引き渡されましたが、おそらくは単座型12機が「ヴィクラマーディティヤ」に搭載・運用されているのでしょう。

第1バッチに続き、2010年3月には第2バッチ(29機)の購入契約が締結されてており、既に引き渡しが始まっています。
[ロシアとインドは、29機の艦上戦闘機MiG-29Kの購入契約を締結する]