ロシア海軍バルト艦隊の潜水艦ヴィボルグは戦闘訓練の為に出航した

17-0228b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア西方軍管区(バルト艦隊)広報サービス発表
2017年2月28日12時27分配信
【バルト艦隊の潜水艦「ヴィボルグ」は計画戦闘演習の為に海へ出た】

潜水艦船員は魚雷発射を行なう。
乗組員は、対潜、対艦防衛、更には、数十回の艦内演習で様々な種類の訓練を行なう:潜水艦の生存の為の闘い(ダメージコントロール)、乗組員の組織的な日常活動、水上及び水中位置での航法。

「ヴィボルグ」の錬成任務への取り組みの枠組みにおいて、艦隊機雷掃海部隊と連携して掃海網の設置を行ない、独立強化機雷障害物と機雷の設置任務を遂行する。

ディーゼルエレクトリック潜水艦「ヴィボルグ」が属するプロジェクト877潜水艦は、水上艦及び潜水艦との戦闘、機雷障害物の設置、偵察行動の為に意図されている。
このタイプの潜水艦の主な利点の1つは、低レベルの騒音に在る。



プロジェクト877(NATOコード名「キロ」)通常動力潜水艦B-227は、1982年2月23日にコムソモリスク・ナ・アムーレ「レーニン共産党青年団記念造船工場」(現アムール造船工場)で起工され、同年9月16日に進水した後、ボリショイ・カーメニへ回航されて艤装工事と航海試験が行なわれ、同年12月27日にソ連海軍へ納入(受領-引渡証書へ署名)されました。

1983年2月23日に海軍旗初掲揚式典を開催し、正式にソ連海軍へ就役しました。
(同艦の就役記念日は2月23日)

1983年4月には赤旗太平洋艦隊・第6潜水艦戦隊・第19潜水艦旅団へ編入されました。

1984年8月28日から9月1日まで原子力潜水艦K-115(プロジェクト627A)、重航空巡洋艦「ノヴォロシースク」(プロジェクト1143.3)、大型対潜艦「ワシーリー・チャパエフ」(プロジェクト1134A)、対潜哨戒機Il-38と共に日本海アメリカ海軍原潜を追跡しました。

1985年8月から10月に掛けて、インド洋-紅海-スエズ運河-地中海経由でバルト海へ回航され、バルト艦隊へ転属しました。

当初は、外国(アルジェリアルーマニア)へ輸出されるプロジェクト877EKM潜水艦の乗員の訓練支援任務に就き、その後、正式に赤旗2度授与バルト艦隊へ編入され、ラトビア共和国のリエパヤ基地に駐留していました。

1988年12月~1989年4月、1989年12月~1990年3月にはバルト海で戦闘当直に就きました。

1993年8月には修理の為にクロンシュタットへ回航されました。

ソ連邦解体後の資金不足により修理は遅延し、完了は2003年になりました。

2004年から2007年には中華人民共和国へ輸出されるプロジェクト636M潜水艦の試験の支援を行ないました。

2008年6月にはヴィボルグ市と後援協定を締結し、同市の名前が付けられました。

2011年から2014年まで「クロンシュタット海洋工場」でオーバーホールが行なわれ、2014年10月末に復帰しました。

2015年7月26日の「ロシア海軍の日」には、ロシア海軍最新鋭艦と共にバルチースクの観艦式へ参加しました。
16-0402a.jpg

2016年1月から3月まで「クロンシュタット海洋工場」で船体の補修工事が行なわれました。
[ロシア海軍バルト艦隊のキロ級潜水艦ヴィボルグは修理を終えて復帰した]

その後の動向は明らかにされていませんでしたが、今回のバルト艦隊広報部の発表の通り、2017年2月28日に戦闘訓練の為に出航しました。


現在、バルト艦隊には2隻のプロジェクト877潜水艦が配備されており、レニングラード海軍基地(クロンシュタット)に駐留しています。

もう1隻のB-806「ドミトロフ」(1986年9月27日就役)は、輸出用のプロジェクト877EKMとして建造され、こちらも就役当初は外国へ輸出される同型艦の乗員訓練や海上試験の支援任務に就いていました。
16-0402d.jpg

「ドミトロフ」も2014年から「クロンシュタット海洋工場」でオーバーホールが行なわれており、2015年12月25日にドックから出ています。


プロジェクト877潜水艦は1981年から1994年に掛けて24隻がソ連/ロシア海軍向けに建造され、現在は17隻が在籍しておりますが、この内の3隻は事実上退役しています。
[ワルシャワンカ型リスト(ロシア海軍)]

[北方艦隊]
B-402「ヴォログダ」(1984年就役、予備役)
B-808「ヤロスラヴリ」(1988年就役)
B-800「カルーガ」(1989年就役)
B-459「ウラジカフカース」(1990年就役)
B-471「マグ二トゴルスク」(1990年就役)
B-177「リぺツク」(1991年就役)

[太平洋艦隊]
B-260「チタ」(1981年就役、予備役)
B-445「スヴャチテリ・ニコライ・チュドトヴォーレッツ」(1988年就役、予備役)
B-394「ヌルラト」(1988年就役)
B-464「ウスチ・カムチャツスク」(1990年就役)
B-494「ウスチ・ボリシェレツク」(1990年就役)
B-187「コムソモリスク・ナ・アムーレ」(1991年就役)
B-190「クラスノカメンスク」(1992年就役)
B-345「モゴーチャ」(1994年就役)

[バルト艦隊]
B-227「ヴィボルグ」(1983年就役)
B-806「ドミトロフ」(1986年就役)

[黒海艦隊]
B-871「アルローサ」(1990年就役)



この他、2014年からは改良型のプロジェクト06363潜水艦が6隻就役しています。

[黒海艦隊]
B-261「ノヴォロシースク」(2014年就役)
B-237「ロストフ・ナ・ドヌー」(2014年就役)
B-262「スタールイ・オスコル」(2015年就役)
B-265「クラスノダール」(2015年就役)
B-268「ヴェリキー・ノヴゴロド」(2016年就役)
B-271「コルピノ」(2016年就役)


プロジェクト06363は、今後、太平洋艦隊向けにも6隻建造されます。
スポンサーサイト

近代化改装を終えた潜水艦コムソモリスク・ナ・アムーレはロシア海軍太平洋艦隊へ再就役した


『タス通信』より
2017年1月27日5時50分配信
【潜水艦「コムソモリスク・ナ・アムーレ」は近代化の後に太平洋艦隊へ復帰した】
ウラジオストク、1月27日/タス通信

ディーゼル潜水艦「コムソモリスク・ナ・アムーレ」は、『アムール造船工場』(ハバロフスク地方)での修理と近代化の後に太平洋艦隊の戦闘編制へ復帰した。
太平洋艦隊広報サービスは発表した。

「本日、ウラジオストクにて、大型ディーゼル潜水艦コムソモリスク・ナ・アムーレの太平洋艦隊戦闘編制への編入式典が開催されました。
太平洋艦隊司令官セルゲイ・アヴァキャンツ大将は、艦隊軍事評議会に代わり、作業を成し遂げた工場の専門技術者に感謝し、近代化された潜水艦の実戦部隊への編入と潜水艦乗員を祝福しました」
東方軍管区
下の太平洋艦隊広報サービス・情報供給部長ウラジーミル・マトヴェーエフは話した。

ハバロフスク地方政庁広報サービスは、潜水艦の作業完了時にウリス湾で会合が開催された事を明らかにした。
潜水艦の修理作業と航行試験への参加者へ感謝状が手渡された。
会合には、沿海地方知事ウラジーミル・ミクルシェフスキーハバロフスク地方知事ヴャチェスラフ・シポルトが出席した。

プロジェクト877「パルトゥス」(或いはワルシャワ条約機構加盟国への供給を意図した「ワルシャワンカ」)大型潜水艦B-187は、
1991年5月7日に『アムール造船工場』で起工され、1993年から1995年の間に3回の完全自立戦闘勤務を行ない、「優秀」と評価された。
1995年、同艦の乗組員は「戦闘訓練の結果に置いて太平洋艦隊最高の艦」の優秀ペナントを獲得した。
1997年、B-187は、ウラジオストク、タイ、マレーシアの国際兵器展示会へ参加した。
2015年7月15日、ロシア海軍総司令官の指示により「コムソモリスク・ナ・アムーレ」と命名された。
2016年、潜水艦は、沿海地方ボリショイ・カーメニ市『アムール造船工場』試験実施基地において航行試験を成功裏に実施した。

プロジェクト877潜水艦に属する潜水艦「コムソモリスク・ナ・アムーレ」は、水上艦及び潜水艦との戦闘、機雷源設置、偵察行動の為に意図されている。
このタイプの潜水艦の主な利点の1つは、騒音レベルの低さに在る。

1980年から1994年までに合計28隻のプロジェクト877潜水艦が建造された。
潜水艦の全長は70メートル以上、排水量は約3200トン、乗組員は52名。
潜水艦は18.6ノットの速力発揮、深度300メートルまでの潜航が可能であり、自立航行期間は45日である。



[潜水艦B-187]

プロジェクト877大型潜水艦B-187は、コムソモリスク・ナ・アムーレ市アムール造船工場で1991年5月7日に起工され、同年10月5日に進水、そして同年12月30日には受領-引渡証書への署名が行なわれ、ソ連海軍へ納入されました。
翌1992年に太平洋艦隊へ正式編入、第182独立潜水艦旅団の所属となり、カムチャツカ半島へ配備されました。

1993年1月~3月、1994年8月~9月、1995年3月15日~4月28日に戦闘勤務を実施。

1997年8月、東南アジアでの兵器展示会への参加準備の為、ウラジオストクへ回航されました。
1997年10月にはタイの展示会「タイ-97」(10月20日~27日)へ参加し、11月にはベトナムカムラン湾へ停泊、翌12月にはマレーシアの展示会「リマ-97」(12月2日~8日)へ参加しました。
この双方の展示会において、B-187は、輸出用潜水艦プロジェクト636「見本」として出展されました。
この時、西側は、本艦の艦名をBN-529「ロシア」と勘違いしています。

東南アジアから帰港後、B-187ウラジオストク(ウリス湾)第19潜水艦旅団へ転属しました。

2003年、B-187は修理の為、ボリショイ・カーメニへ回航、その後、近代化改装を行なう為、コムソモリスク・ナ・アムーレ市アムール造船工場へ回航され、現在に至っています。

就役から24年が経過した2015年7月20日に「コムソモリスク・ナ・アムーレ」と命名されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊のキロ級潜水艦B-187はコムソモリスク・ナ・アムーレと命名された]

2015年10月には造船台を出渠し、浮きドック「ゼーヤ」へ載せられ、引き続き艤装工事が進められました。


2016年5月5日、潜水艦「コムソモリスク・ナ・アムーレ」は再び進水し、艤装岸壁へ係留されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊のキロ級潜水艦コムソモリスク・ナ・アムーレは進水した]

その後、係留試験が行なわれ、2016年12月には航行試験が行なわれ、12月10日に終了しました。
[近代化されたロシア海軍太平洋艦隊の潜水艦コムソモリスク・ナ・アムーレは航行試験を終えた]

2016年12月19日、「コムソモリスク・ナ・アムーレ」太平洋艦隊基地(ウラジオストク南部のウリス湾)へ到着しました。
[近代化された潜水艦コムソモリスク・ナ・アムーレはロシア海軍太平洋艦隊基地へ到着した]

そして2017年1月27日、太平洋艦隊への再編入式典が開催され、正式に再就役しました。


現在、太平洋艦隊には8隻のプロジェクト877潜水艦が配備されていますが、この内の何隻かは近代化改装され、更にはプロジェクト06363潜水艦6隻が新たに建造されます。
[ロシア海軍太平洋艦隊は通常動力潜水艦を増強する]
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の1隻目のプロジェクト06363潜水艦は2017年秋に起工される]

ロシア海軍黒海艦隊の潜水艦アルローサの近代化改装は2017年に完了する

17-0115a.jpg
『中央海軍ポータル』(フロートコム)より
2017年1月12日20時29分配信
【「アルローサ」は2017年には復帰するだろう】

2014年夏からセヴァストーポリの第13艦船修理工場で行なわれている潜水艦B-871「アルローサ」の修理と近代化は、2017年の完了が計画されている。

発注者への納入時期は2016年から2017年に移動した。
『海軍産業』(フロートプロム)特派員は、セヴァストーポリ造船所の広報秘書官セルゲイ・ゴルバチョフより伝えられた。

「作業は、工場にとっては、これまでに実行した事が無かった多くのユニークな特性を有しております」
ゴルバチョフ
は付け加えた。

ニジニ・ノヴゴロド造船所『クラースノエ・ソルモヴォ』で1989年に建造された「アルローサ」は、最近にプロジェクト636.3「ワルシャワンカ」艦が引き渡されるまでは黒海艦隊で唯一の戦闘可能な潜水艦だった。
「アルローサ」は修理完了後、黒海艦隊へ復帰すると見られている。
また、メディアから発表された情報によると、近代化された「アルローサ」は、魚雷発射管から発射される有翼ミサイル「カリブル-PL」で武装する。



[ポンプジェット潜水艦アルローサ(旧ブログ)]

17-0115c.jpg
17-0115b.jpg
ロシア黒海艦隊潜水艦B-871「アルローサ」(1990年就役)は、2014年6月からセヴァストーポリ第13艦船修理工場(黒海艦隊直営)で修理及び近代化が行なわれています。
[ロシア海軍黒海艦隊のポンプジェット潜水艦アルローサは近代化改装を行なう]
[ロシア海軍黒海艦隊の潜水艦アルローサは近代化改装を行なっている]

「アルローサ」は、2016年4月18日までに第13艦船修理工場の浮きドックへ入渠しました。
[ロシア海軍黒海艦隊のポンプジェット潜水艦アルローサは2015年12月末までに復帰する]
[ロシア海軍黒海艦隊のポンプジェット潜水艦アルローサは浮きドックへ入った]

「アルローサ」の近代化改装作業は2016年末にも完了せず、海軍への引き渡しは2017年に延期されました。


記事中で触れられているように、B-871「アルローサ」は、長年~1990年代末から2010年代前半まで~に渡り、ロシア黒海艦隊で唯一の行動可能な潜水艦でした。

しかし、2014年以降、黒海艦隊向けのプロジェクト06363潜水艦が就役し、この問題は解消されました。
[プロジェクト06363潜水艦]

プロジェクト06363潜水艦は、2014年に2隻、2015年に2隻が、2016年に2隻が就役し、この内の3隻が黒海艦隊基地へ回航されています。

艦齢25年のベテラン潜水艦「アルローサ」は、新造潜水艦6隻と共に黒海艦隊潜水艦部隊で勤務する事になります。
[ロシア黒海艦隊は2017年に7隻の潜水艦を有する]

近代化された潜水艦コムソモリスク・ナ・アムーレはロシア海軍太平洋艦隊基地へ到着した

16-1219l.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年12月19日15時44分配信
【太平洋艦隊の潜水艦「コムソモリスク・ナ・アムーレ」は13年に渡る修理の後に復帰した】
モスクワ、12月19日-ロシア通信社ノーボスチ

アムール造船工場は、13年間に渡って続いたディーゼルエレクトリック潜水艦「コムソモリスク・ナ・アムーレ」の修理を完了し、潜水艦は航行試験プログラムを実行し、太平洋艦隊基地へ到着した。
月曜日に同社の広報サービスは発表した。

プロジェクト877「ワルシャワンカ」潜水艦「コムソモリスク・ナ・アムーレ」は1991年に進水した。
2003年、潜水艦は修理の為、最初はボリショイ・カーメニ村へ、その後、アムール造船工場へ移されたが、資金不足が故に作業は遅延した。

「ボリショイ・カーメニ市のアムール造船工場試験実施基地の桟橋へ工場航行試験から戻ってきた大型潜水艦コムソモリスク・ナ・アムーレが係留されました。
試験チームのプロ意識と整然とした行動、更には潜水艦乗組員の努力により、設定された試験プログラムの任務は果たされました」

声明では、こう述べられた。

広報サービスは、潜水艦が基地へ無事に到着し、乗組員は完全に健常であると説明した。

1980年から1994年までに合計で24隻のプロジェクト877「ワルシャワンカ」潜水艦が建造された。
潜水艦の全長は70メートル以上、(水中)排水量は約3200トン、乗員は52名。
潜水艦は18.6ノットの速力を発揮し、深度300メートルまで潜航し、自立航行期間は45日である。
現在、海軍の為に更新されたプロジェクト636.3潜水艦が建造されている。



[潜水艦B-187]

プロジェクト877大型潜水艦B-187は、コムソモリスク・ナ・アムーレ市アムール造船工場で1991年5月7日に起工され、同年10月5日に進水、そして同年12月30日には受領-引渡証書への署名が行なわれ、ソ連海軍へ納入されました。
翌1992年に太平洋艦隊へ正式編入、第182独立潜水艦旅団の所属となり、カムチャツカ半島へ配備されました。

1993年1月~3月、1994年8月~9月、1995年3月15日~4月28日に戦闘勤務を実施。

1997年8月、東南アジアでの兵器展示会への参加準備の為、ウラジオストクへ回航されました。
1997年10月にはタイの展示会「タイ-97」(10月20日~27日)へ参加し、11月にはベトナムカムラン湾へ停泊、翌12月にはマレーシアの展示会「リマ-97」(12月2日~8日)へ参加しました。
この双方の展示会において、B-187は、輸出用潜水艦プロジェクト636「見本」として出展されました。
この時、西側は、本艦の艦名をBN-529「ロシア」と勘違いしています。

東南アジアから帰港後、B-187ウラジオストク(ウリス湾)第19潜水艦旅団へ転属しました。

2003年、B-187は修理の為、ボリショイ・カーメニへ回航、その後、近代化改装を行なう為、コムソモリスク・ナ・アムーレ市アムール造船工場へ回航され、現在に至っています。

就役から24年が経過した2015年7月20日に「コムソモリスク・ナ・アムーレ」と命名されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊のキロ級潜水艦B-187はコムソモリスク・ナ・アムーレと命名された]

2015年10月には造船台を出渠し、浮きドック「ゼーヤ」へ載せられ、引き続き艤装工事が進められました。


2016年5月5日、潜水艦「コムソモリスク・ナ・アムーレ」は再び進水し、艤装岸壁へ係留されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊のキロ級潜水艦コムソモリスク・ナ・アムーレは進水した]

その後、係留試験が行なわれ、2016年12月には航行試験が行なわれ、12月10日に終了しました。
[近代化されたロシア海軍太平洋艦隊の潜水艦コムソモリスク・ナ・アムーレは航行試験を終えた]


そして12月19日に「コムソモリスク・ナ・アムーレ」太平洋艦隊基地へ到着しました。

何処の基地へ到着したのかについては触れられていませんが、おそらくはウラジオストク南部のウリス湾でしょう。
16-1219k.jpg
16-1219j.jpg


現在、太平洋艦隊には8隻のプロジェクト877潜水艦が配備されていますが、この内の何隻かは近代化改装され、更にはプロジェクト06363潜水艦6隻が新たに建造されます。
[ロシア海軍太平洋艦隊は通常動力潜水艦を増強する]
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の1隻目のプロジェクト06363潜水艦は2017年秋に起工される]

近代化されたロシア海軍太平洋艦隊の潜水艦コムソモリスク・ナ・アムーレは航行試験を終えた

16-1213a.jpg
『中央海軍ポータル』(フロートコム)より
2016年12月12日15時8分配信
【ディーゼルエレクトリック潜水艦「コムソモリスク・ナ・アムーレ」は近代化の後の航行試験を完了した】

近代化が行なわれた大型潜水艦「コムソモリスク・ナ・アムーレ」は、10日間の航行試験プログラムを完了し、アムール造船工場の試験実施基地へ戻った。

同社広報サービスが伝えたように、潜水艦は12月10日・土曜日にボリショイ・カーメニ市の工場桟橋へ係留された。

「試験チームのプロ意識と整然とした行動、更には潜水艦乗組員の努力により、設定された試験プログラムは仕上げられました。
乗組員とチームは健常です」

広報サービスは説明した。

アムール造船工場での潜水艦の修理と近代化は2013年に始まった。
当初、作業は2015年には完了する予定だった。
しかし、2016年5月になってから潜水艦はドックを出て進水した。

「コムソモリスク・ナ・アムーレ」(2015年までB-187)は、プロジェクト877ディーゼルエレクトリック潜水艦である。
1993~1995年に3度の戦闘勤務を行ない、完全な自立行動により「優秀」と評価された。

1995年、同艦の乗組員は「戦闘訓練の結果による太平洋艦隊で最高の艦」の優勝ペナントを獲得した。



[潜水艦B-187]

プロジェクト877大型潜水艦B-187は、コムソモリスク・ナ・アムーレ市アムール造船工場で1991年5月7日に起工され、同年10月5日に進水、そして同年12月30日には受領-引渡証書への署名が行なわれ、ソ連海軍へ納入されました。
翌1992年に太平洋艦隊へ正式編入、第182独立潜水艦旅団の所属となり、カムチャツカ半島へ配備されました。

1993年1月~3月、1994年8月~9月、1995年3月15日~4月28日に戦闘勤務を実施。

1997年8月、東南アジアでの兵器展示会への参加準備の為、ウラジオストクへ回航されました。
1997年10月にはタイの展示会「タイ-97」(10月20日~27日)へ参加し、11月にはベトナムカムラン湾へ停泊、翌12月にはマレーシアの展示会「リマ-97」(12月2日~8日)へ参加しました。
この双方の展示会において、B-187は、輸出用潜水艦プロジェクト636「見本」として出展されました。
この時、西側は、本艦の艦名をBN-529「ロシア」と勘違いしています。

東南アジアから帰港後、B-187ウラジオストク(ウリス湾)第19潜水艦旅団へ転属しました。

2003年、B-187は修理の為、ボリショイ・カーメニへ回航、その後、近代化改装を行なう為、コムソモリスク・ナ・アムーレ市アムール造船工場へ回航され、現在に至っています。

就役から24年が経過した2015年7月20日に「コムソモリスク・ナ・アムーレ」と命名されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊のキロ級潜水艦B-187はコムソモリスク・ナ・アムーレと命名された]

2015年10月には造船台を出渠し、浮きドック「ゼーヤ」へ載せられ、引き続き艤装工事が進められました。
16-0505e.jpg
16-0505f.jpg
16-0505g.jpg

2016年5月5日、潜水艦「コムソモリスク・ナ・アムーレ」は再び進水し、艤装岸壁へ係留されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊のキロ級潜水艦コムソモリスク・ナ・アムーレは進水した]

その後、係留試験が行なわれ、2016年12月には航行試験が行なわれ、12月10日に終了しました。

「コムソモリスク・ナ・アムーレ」は、早ければ2016年12月末には太平洋艦隊へ復帰します。


現在、太平洋艦隊には8隻のプロジェクト877潜水艦が配備されていますが、この内の何隻かは近代化改装され、更にはプロジェクト06363潜水艦6隻が新たに建造されます。
[ロシア海軍太平洋艦隊は通常動力潜水艦を増強する]