ロシア海軍地中海作戦連合部隊はシリアの化学兵器を載せた船を全力全開で護衛する

13-1219c.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2013年12月24日13時50分配信
【ロシア軍艦はシリア化学兵器船を護送する】
モスクワ、12月24日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア連邦海軍地中海グループの軍艦はシリア化学兵器を載せた船を目的地まで護送する。
火曜日にロシア通信社ノーボスチロシア連邦軍参謀本部の高位の代理人より伝えられた。

現在、グループの構成に含まれているのは、原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」(北方艦隊)、警備艦「スメトリーヴイ」(黒海艦隊)、4隻の大型揚陸艦-「ヤーマル」(黒海艦隊)、「ニコライ・フィリチェンコフ」(黒海艦隊)、「ゲオルギー・ポベドノーセッツ」(北方艦隊)、「アレクサンドル・シャバリン」(バルト艦隊)である。

「特定任務の為の艦の割り当てに関する決定は、地中海における運用状況に基づいて下されます。
この決定は、海軍総司令官に報告された後、参謀本部長により下されます」

対談者は話した。


シリア化学兵器を国外へ搬出する貨物船をロシア海軍が護衛するというニュースは、以前にも報じられています。
『毎日新聞』より
【OPCW:シリア化学兵器国外搬出 ロシア海軍が護衛】

[ロシア海軍の警備艦スメトリーヴイはシリアの化学兵器を積載した貨物船を護衛する]

今回の記事によると、シリアの化学兵器を運搬する船を護衛するロシア海軍の軍艦は、この6隻です。

重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」(北方艦隊、ロシア海軍地中海作戦連合部隊旗艦)
13-1224c.jpg

警備艦「スメトリーヴイ」(黒海艦隊)
13-1224d.jpg

大型揚陸艦「ヤーマル」(黒海艦隊)
13-1224f.jpg

大型揚陸艦「ニコライ・フィリチェンコフ」(黒海艦隊)
13-1224h.jpg

大型揚陸艦「ゲオルギー・ポベドノーセッツ」(北方艦隊)
13-1224e.jpg

大型揚陸艦「アレクサンドル・シャバリン」(バルト艦隊)

13-1224g.jpg

つまり、ロシア海軍地中海作戦連合部隊の現有戦力のほぼ全てが投入されるという事です。
スポンサーサイト

バルト艦隊の大型揚陸艦アレクサンドル・シャバリンは帰路に就いた

13-1223b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア西方軍管区(バルト艦隊)広報サービス発表
2013年12月23日12時04分配信
【バルト艦隊の大型揚陸艦「アレクサンドル・シャバリン」は常時駐留所へ針路を取った】

地中海ロシア海軍艦隊間グループの一員としての指定任務遂行を完了した大型揚陸艦「アレクサンドル・シャバリン」は、常時駐留場所-バルチースクへ針路を取った。

北方艦隊重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」との合同演習を実施した後、大型揚陸艦「アレクサンドル・シャバリン」は、ロシア連邦海軍地中海戦隊の編制から抜け、バルト海へ針路を取った。

移動中に大型揚陸艦「アレクサンドル・シャバリン」モロッコ北方沿岸に位置するセウタ港(スペイン)への業務寄港を行なう。
停泊中に艦は水と食料を補充し、乗組員は遠距離海洋航海において、沿岸で休養の機会を与えられる。

バルチースクへの同艦の帰港は2014年1月下旬に予定されている。
同艦の乗組員は2012年12月から指定任務を遂行した。
この間に大型揚陸艦「アレクサンドル・シャバリン」は50000海里以上を航行した。


大型揚陸艦「アレクサンドル・シャバリン」は、昨年(2012年)12月17日にバルチースクを出港しました。
[バルト艦隊艦船は地中海へ向かった]

2013年1月に地中海黒海で実施された3艦隊合同演習に参加しました。
[ロシア海軍3艦隊合同演習(2013年1月下旬) ]

その後、一緒に出港した他の艦はバルチースクへ戻りましたが、「アレクサンドル・シャバリン」のみは地中海に留まっていました。

12月18日からは北方艦隊重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」と合同演習を実施しました。
[重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーはエーゲ海で演習を行なう]

その「アレクサンドル・シャバリン」も、ようやくバルチースクへ帰れる事になりました。

工作船PM-138はセヴァストーポリへ戻った

13-1221c.jpg
13-1221b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2013年12月20日19時26分配信
【黒海艦隊の浮揚工場(工作船)PM-138は遠距離航海からセヴァストーポリへ戻った】

黒海艦隊浮揚工場PM-138は、遠海ゾーンでの任務遂行を完了後、セヴァストーポリへ戻ってきた。

同船は今年4月25日に航海へ出発し、7ヶ月間に渡り乗組員はタルトゥース港(シリア)黒海艦隊物資・技術供給所の専門技術者と協力してロシア海軍地中海常設連合部隊の行動を保障した。

浮揚工場の船上には、同船の安全を保障する為、黒海艦隊独立海軍歩兵旅団の対テロ部隊が乗船していた。

PM-138が航海から戻ってきた時、セヴァストーポリでは歓迎式典が開催された。

現在、計画ローテーションに従い、PM-138地中海浮揚工場PM-56と交代し、6ヶ月間の当直を引き継いだ。


黒海艦隊浮揚工場(工作船)PM-138は今年4月にセヴァストーポリを出航し、地中海へ向かいました。
[工作船PM-138は地中海へ行く]
[ロシア海軍の工作船PM-138はボスポラス海峡を通過した]

PM-138シリアタルトゥースに駐留し、地中海で行動するロシア海軍艦船のメンテナンスに従事しました。
13-0627d.jpg

記事中でも触れられていますが、現在はPM-138の代わりに工作船PM-56地中海へ派遣されています。
[工作船PM-56はシリアへ行く]
13-1221d.jpg

ロシア海軍の警備艦スメトリーヴイはシリアの化学兵器を積載した貨物船を護衛する

13-1219e.jpg
13-1219c.jpg
『中央海軍ポータル』(フロートコム)より
2013年12月19日15時30分配信
【シリアの化学兵器船団は(ロシア)海軍の軍艦「スメトリーヴイ」が率いる】

ロシア連邦海軍作戦連合部隊の一員である警備艦「スメトリーヴイ」は、船上に有毒物質を載せたデンマーク及びノルウェーコンテナ船を護送する為の船団を率いる。
『インタファクス』は12月19日に軍事外交筋より伝えられた。

「それ(船団)は、移動中に(ロシア)海軍グループの一員である2隻の大型揚陸艦が加わります。
船団の統制活動は、巡洋艦ピョートル・ヴェリキー艦上に展開する地中海グループ司令部により実施されます」

対談者は話した。

彼は、護衛のロシア艦は、未だラタキアに到着していないと説明した。
「スメトリーヴイ」は来週にキプロスリマソールへ寄港し、数日間物資を補充する。

化学兵器のラタキア港への輸送を保障する為、ロシアは50両の全輪駆動トラック、15両の全輪駆動装甲トラック、20個のタンク、52のテント、13の野外キッチンを提供した。


黒海艦隊警備艦「スメトリーヴイ」は、9月12日にセヴァストーポリを出港し、地中海へ向かいました。
[黒海艦隊の警備艦スメトリーヴイは地中海へ向けて出港した]

地中海に出た後はギリシャを訪問しました。
[黒海艦隊の警備艦スメトリーヴイはギリシャを訪れた]

その後、イタリアを訪れてイタリア海軍と合同演習を実施し、11月19日にはフランストゥーロンを訪問しました。


その「スメトリーヴイ」ですが、近い内にシリアラタキア港から搬出される化学兵器を乗せた貨物船を護衛するとの事です。

『毎日新聞』より
【OPCW:シリア化学兵器国外搬出 ロシア海軍が護衛】
護衛にあたるロシア海軍の軍艦が「スメトリーヴイ」です。


ロシア海軍地中海作戦連合部隊旗艦を務めている北方艦隊重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」は、現在エーゲ海に居ます。
[重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーはエーゲ海で演習を行なう]

工作船PM-56はシリアへ行く

13-0506a.jpg
『インタファクス』より
2013年11月23日15時08分配信
【タルトゥースへロシアの浮揚工場が行く】
モスクワ、11月23日、インタファクス.RU

地中海ロシア海軍グループを支援する為、黒海艦隊浮揚工場給油船が派遣される。
彼らは、既に同海域で当直に就いている然るべき船と交代する。

『インタファクス-AVN』黒海艦隊司令部より伝えられた所によると、浮揚工場PM-56は土曜日(11月23日)にセヴァストーポリからタルトゥース港(シリア)へ向かった。
「イーゴリ・バクラジェが指揮するPM-56は、半年間に渡りシリアのタルトゥースに位置する海軍物資・技術供給所に寄港し、ロシア海軍の艦船の修理及び機器整備に従事します」
対談者は話した。

彼によると、遠距離航海の前夜、PM-56は、海洋への検査出航を行なった。
同船は、今年5月以降タルトゥースで任務を遂行しているPM-138と交代する。

対談者は、同船にはロシア連邦英雄ウラジーミル・ベリャフスキー大佐が率いる黒海艦隊独立海軍歩兵旅団対テログループが乗船している事を指摘した。

彼は、アレクサンドル・カシャラビが指揮するPM-138乗組員は、シリアでの悪化した政治的危機という状況下で彼らの任務を遂行した事を想い起した。

同船は数回に渡り、危機的状況が発生した為に海軍物資・技術供給所のスタッフを乗せて同港の泊地から出航し、その後、またタルトゥースへ戻った。
PM-138は、12月7日にはセヴァストーポリへ着くだろう。

加えて黒海艦隊司令部は、土曜日に中型海洋給油船「イマン」セヴァストーポリから遠距離航海へ出発したと『インタファクス-AVN』へ話した。
13-1125g.jpg
「アレクサンドル・ゴロビンが指揮する予備役1等海佐給油船イマンは、まず初めにソチ水域へ赴き、数日間に渡り2014年のオリンピック開催エリアへ滞在し、艦船への支援を行ないます。
その後、給油船は指示された課題を解決する為に地中海へ向かいます」

対談者は伝えた。

彼によると、「イマン」地中海で7月から艦船へ水、燃料、食料を提供している大型海洋給油船「イワン・ブブノフ」と交代する。
13-1125h.jpg
「イワン・ブブノフ」は12月20日まで任務を遂行し、「イマン」の航海は2014年3月末まで続けられる。

対談者は、「イマン」船上には黒海艦隊独立海軍歩兵旅団の対テログループが居る事を指摘した。


黒海艦隊浮揚工場(工作船)PM-138は今年4月にセヴァストーポリを出航し、シリアタルトゥースへ向かいました。
13-1125f.jpg
[工作船PM-138は地中海へ行く]
[ロシア海軍の工作船PM-138はボスポラス海峡を通過した]

ロシア黒海艦隊工作船は交代でタルトゥースへ派遣されており、PM-138の前にはPM-56が派遣されていました。
PM-56は半年間に渡る任務を終えて今年5月初頭に帰港しました。
[ロシア黒海艦隊艦船の動向]

そして今回、再びPM-56タルトゥースへ派遣されます。
13-0627d.jpg