ロシア海軍北方艦隊の大演習はバレンツ海で続けられている

18-0618d.jpg
『タス通信』より
2018年6月18日5時58分配信
【北方艦隊グループは仮想敵の攻撃を撃退する演習を始めた】
ムルマンスク、6月18日/タス通信

北方艦隊艦、潜水艦航空隊は、集合航海の枠組みで仮想敵の攻撃を撃退する演習を開始した。
月曜日、北方艦隊広報サービスは発表した。

「演習中、北方艦隊将兵は、多種戦力グループの戦術戦闘行動の実施へ取り組みます」
広報サービスは話し、演習は特別な防衛の性質を持つことを指摘した。
その主な目的は、艦の乗組員、沿岸部隊及び航空隊が指示された任務を遂行する為の実際の準備態勢のチェックにある。

機動演習には、36隻の戦闘艦、潜水艦、支援船、20機の飛行装置、150基以上の兵器、沿岸ロケット砲及び陸上部隊、海軍歩兵、対空防衛部隊の軍用車両及び特殊車両が関わる。
乗組員は70回以上の戦闘訓練を実行する。
この内の19回は、海上、空中、沿岸目標への戦闘射撃である。

射撃へ関与するロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」、駆逐艦「アドミラル・ウシャコーフ」、小型ロケット艦「アイスベルク」、「ラッスヴェート」、小型対潜艦「スネシュノゴルスク」原子力潜水艦及びディーゼルエレクトリック潜水艦、大型揚陸艦「コンドポガ」、「ゲオルギー・ポべドノーセッツ」、「アレクサンドル・オトラコフスキー」は、既に機雷敷設と、海上揚陸部隊の移送及び無防備の海岸への上陸の課題へ取り組んだ。

集合航海において、補助艦隊及び物資-技術サービス供給部隊は、戦闘艦への海上での物資補充及び技術的準備状態の回復へ取り組む重要な役割を担う。
それは同時に、バレンツ海の射爆場でミサイル及び砲射撃の実施の為、標的を設置する。



ロシア北方艦隊の大演習は2018年6月13日から始まりました。
[ロシア海軍北方艦隊の大演習がバレンツ海で始まった]

演習は、第14対潜艦旅団(セヴェロモルスク基地)に所属する大型対潜艦1隻と、第7水域防護艦旅団第270親衛小型対潜艦大隊(オレニヤ湾)に所属する小型対潜艦3隻の対潜戦闘訓練から始まりました。
[ロシア海軍北方艦隊の対潜艦はバレンツ海で対潜演習を行なった]

その後も演習は続けられているようです。
スポンサーサイト

ロシア海軍北方艦隊の対潜艦はバレンツ海で対潜演習を行なった

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年6月13日17時9分配信
【北方艦隊の対潜艦はバレンツ海で仮想敵潜水艦の捜索及び撃破の問題へ取り組んだ】

北方艦隊対潜艦の乗組員は、本日(6月13日)の大規模集合航海開始の枠組みにおいて、バレンツ海の戦闘訓練射爆場で仮想敵潜水艦の捜索の問題へ取り組んだ。

大型対潜艦「セヴェロモルスク」小型対潜艦「スネシュノゴルスク」、そして小型対潜艦「ブレスト」「ナリヤン・マル」は、2つの捜索打撃艦グループを形成した。
その課題は、戦術動作及び捜索方法への取り組み、更には、敵潜水艦の仮想撃破であった。
双方のグループは対潜任務の様々な段階の演習を、北方艦隊航空・防空連合部隊の航空機、更には、仮想敵潜水艦を演じるコラ多種戦力小艦隊潜水艦と協同で実施した。

本日、大型対潜艦「セヴェロモルスク」小型対潜艦「スネシュノゴルスク」の乗組員は、対潜ヘリコプターKa-27PLと協同で潜水艦捜索の為の合同機動へ取り組んだ。

集合航海の開始及び艦の出航期間中、艦長と乗組員は、北方艦隊司令官ニコライ・エフメノフ大将に見送られた。
彼は、軍事船員が与えられた任務を成功裏に遂行する事を望み、更には、海上航行及び戦闘訓練の実地遂行の安全規則の義務に従うように指示した。



ロシア北方艦隊の大演習は2018年6月13日から始まりました。
[ロシア海軍北方艦隊の大演習がバレンツ海で始まった]

演習第1日目は、第14対潜艦旅団(セヴェロモルスク基地)に所属する大型対潜艦1隻と、第7水域防護艦旅団第270親衛小型対潜艦大隊(オレニヤ湾)に所属する小型対潜艦3隻の対潜戦闘訓練から始まりました。
18-0614h.jpg

大型対潜艦「セヴェロモルスク」(1988年1月24日就役)
18-0614c.jpg

小型対潜艦「スネシュノゴルスク」(1994年11月17日就役)
18-0614d.jpg

小型対潜艦「ブレスト」(1988年11月9日就役)
18-0614e.jpg

小型対潜艦「ナリヤン・マル」(1990年12月29日就役)

18-0614f.jpg

「敵潜水艦」の役は、ポリャールヌイ基地に駐留する第161潜水艦旅団に所属するプロジェクト877潜水艦が務めました。
18-0614g.jpg

ロシア海軍北方艦隊の大演習がバレンツ海で始まった

18-0613c.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年6月13日13時11分配信
【北方艦隊の様々な部隊は、この10年で最も大規模な集合航海任務の遂行へ着手した】

36隻の戦闘艦、潜水艦、支援船、20機の飛行装置、150基以上の兵器、沿岸ロケット砲及び陸上部隊、海軍歩兵、対空防衛部隊の軍用車両及び特殊車両は、本日にバレンツ海で始まったこの10年間で最も大規模な北方艦隊の集合航海へ関与する。

これには、ロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」、大型対潜艦「セヴェロモルスク」、駆逐艦「アドミラル・ウシャコーフ」、原子力潜水艦及びディーゼルエレクトリック潜水艦、大型揚陸艦「コンドポガ」、「ゲオルギー・ポべドノーセッツ」、「アレクサンドル・オトラコフスキー」と他の艦が参加する。

戦術行動中、砲、ミサイル、水雷兵器を使用する19回の実地射撃が実施される。
7回の戦闘訓練では、海軍総司令官の表彰が推薦される。
新たな風貌の海上兵器の試験が計画されている。

集合航海は、様々なエピソードで構成され、その中で北方艦隊将兵は北方艦隊の担当ゾーンにおける軍部隊の全ての分野の防衛行動へ取り組む:仮想敵の空中攻撃手段の大規模な攻撃の撃退、対潜防衛の保障、仮想敵の艦船グループ及び海上揚陸支隊への攻撃。

演習は、来週末まで続けられる。
バレンツ海射爆場は、戦闘訓練期間中には民間船舶航行及び航空機の飛行が禁止される。



北方艦隊ロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」は、2018年3月末以降、度々バレンツ海で演習を行なっており、最近では、6月10日に長距離対艦ミサイルを発射しています。
[ロシア海軍北方艦隊のロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフはバレンツ海で長距離対艦ミサイル"ヴルカーン"を発射した]

駆逐艦「アドミラル・ウシャコーフ」は、2018年5月下旬から何度かバレンツ海へ出航しています。
[ロシア海軍北方艦隊の駆逐艦アドミラル・ウシャコーフは地上目標へ130mm連装砲を発射した]

北方艦隊大型揚陸艦は、最近では、6月5日に上陸演習を行なっています。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年6月5日13時11分配信
【北方艦隊の揚陸艦は海上揚陸部隊の上陸戦闘演習を実施した】

大型対潜艦「セヴェロモルスク」は、最近では6月8日にバレンツ海艦載ヘリコプターの発着訓練を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年6月8日16時40分配信
【北方艦隊の大型対潜艦「セヴェロモルスク」はバレンツ海でヘリコプターとの連携へ取り組んだ】


そして2018年6月13日、これらの艦を含めた計36隻の各種艦船(潜水艦を含む)が参加する大演習がバレンツ海で始まりました。


今回の演習では「新たな風貌の海上兵器の試験が計画されている」との事ですから、現在、北方艦隊基地セヴェロモルスクに居る最新鋭フリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」も演習へ参加するかもしれません。
[ロシア海軍最新鋭フリゲート"アドミラル・ゴルシコフ"は北方艦隊基地セヴェロモルスクへ到着した]
18-0613d.jpg

ロシア海軍北方艦隊はT-80BVM戦車の慣熟訓練を始めた

T80BVM1.jpg
T80BVM3.jpg
『タス通信』より
2018年6月8日19時22分配信
【北方艦隊は新たな戦車T-80BVMへの習熟に着手した】
ムルマンスク、6月8日/タス通信

ムルマンスク州ペチェンガ町に駐屯している北方艦隊軍団自動車化射撃旅団戦車部隊の要員は、戦車T-80BVMへの習熟に着手した。
金曜日に同艦隊広報サービスは発表した。

「軍備として持ち込まれた戦車T-80BVMは、北方艦隊軍団の自動車化射撃旅団の戦車部隊の戦闘能力を著しく強化します」
広報サービスは伝えた。

戦車兵は、起伏に富んだ場所で障害を突破する操縦技量を完成させる。
習熟では、いわゆる側面射撃に注意が払われる。
この時、乗員は標的フィールドに沿って前進し、戦車は様々な目標を撃破しなければならない。
このような訓練の実行は、照準手~目標までの距離を確定させるのに必要な操作者、そして機関士~戦闘車両を一定の速度で運転する操縦者といった全ての乗員の整然とした行動の為には重要なものである。

T-80BVMは、戦車T-80BVを近代化したものである。
車両は、多重チャンネル照準器を装備している。
戦車には口径125mmの砲、ガスタービンエンジン、兵装の安定装置、機関-運転士の観測機器が設置されている。



18-0608l.jpg
18-0608m.jpg
ペチェンガ赤旗・クトゥーゾフ勲章授与・第200独立自動車化射撃旅団は、元々はロシア陸軍に所属していたのですが、2012年12月1日付でロシア北方艦隊へ移管されました。

第200独立自動車化射撃旅団は、以下の部隊で構成されています。

ヤロスラヴリ赤旗・スヴォーロフ勲章及びボフダン・フメリニツキー勲章授与・第583独立親衛自動車化射撃大隊
第658独立自動車化射撃大隊
第664独立自動車化射撃大隊
フォクシャン-グダニスク赤旗・スヴォーロフ勲章授与・第60独立親衛戦車大隊
コブリンスク赤旗・ボフダン・フメリニツキー勲章授与・第416独立自走砲大隊
第471独立自走曲射砲大隊
第382独立反応砲大隊
第274独立親衛工兵大隊
第871独立対戦車砲大隊
第226独立高射ミサイル砲大隊
第293独立電波電子戦闘中隊
第185連絡郵便通信所


T80BVM.jpg
T-80BVMは、T-80BV(1985年軍備採用)を近代化改修したT-80シリーズの最新型です。

T80BVM2.jpg
T-80BVMの試験は今年の初期に完了しました。
『タス通信』より
2018年1月31日9時20分配信
【T-80BVM戦車の試験は2018年初期の完了が計画されている】

T-80BVMは、T-72B3(T-72の最新の近代化改修型)と同等の能力を有します。
T-72b3.jpg

T-80BVMは、2018年5月末から北方艦隊ペチェンガ赤旗・クトゥーゾフ勲章授与・第200独立自動車化射撃旅団への配備が始まりました。
テレビ局『ズヴェズダー』より
2018年5月30日13時15分配信
【T-80BVM戦車は北方艦隊の戦車大隊のT-72を代替する】

ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦セヴェロモルスクとヴィツェ・アドミラル・クラコーフはバレンツ海で対潜戦闘訓練を行なう

18-0418a.jpg
18-0418b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年4月17日18時1分配信
【大型対潜艦「セヴェロモルスク」と「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」はバレンツ海で潜水艦の捜索へ取り組んだ】

大型対潜艦「セヴェロモルスク」「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」で構成される北方艦隊捜索-打撃艦グループは、仮想敵潜水艦の捜索及び破壊の為の評価戦術演習の実地部門への取り組みに着手した。

演習は、対潜艦旅団司令官アンドレイ・クリメンコ1等海佐の統制下で、バレンツ海の北方艦隊戦闘訓練射爆場において幾つかの段階が実施される。

艦の乗組員は、他の友軍、更には原子力潜水艦及びディーゼルエレクトリック潜水艦及び対潜航空隊との連携へ取り組み、共同での潜水艦の捜索実施の為の新たな戦術動作を習得する。
更に艦は、仮想戦闘損傷による船腹の破孔、火災発生或いは緊急事態の際の生存への対処(ダメージコントロール)の演習を実施し、放射線、化学兵器、生物兵器の防護訓練を行なった。

バレンツ海での北方艦隊捜索-打撃艦グループの評価戦術演習は、更に数日間続く。
潜水艦捜索実施の様々なヴァージョンへ取り組んだ後、艦は仮想敵潜水艦を破壊する任務を遂行し、演習用魚雷の射撃を行なう。



北方艦隊大型対潜艦「セヴェロモルスク」(619)(1988年1月24日就役)は、2017年8月10日から10月4日まで北極海への遠距離航海を行ないました。
[ロシア北方艦隊の北極海遠征(2017年8月-10月)]


北方艦隊「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」(626)(1982年1月10日就役)は、2017年7月30日にクロンシュタットで行なわれた「ロシア海軍の日」観艦式へ参加しました。
[2017年7月30日にクロンシュタットとサンクトペテルブルクで挙行される『ロシア海軍の日』観艦式には約40隻の艦船が参加する]


観艦式が終わった後も母港へは戻らず、大西洋を南下して地中海へ入り、更には紅海、アデン湾へ進出し、2017年9月1日から海賊対処任務に就きました。
[大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」アデン湾遠征(2017年8月-)]

海賊対処任務を終えた「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」は、10月17日にスエズ運河へ入りました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年10月17日11時0分配信
【北方艦隊の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」はスエズ運河へ入った】

10月21日にエジプトアレクサンドリア港訪問を終えて出航し、地中海へ入りました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年10月21日17時42分配信
【北方艦隊の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」はエジプトのアレクサンドリア港への業務寄港を完了し、地中海へ出た】

11月3日にジブラルタル海峡を通過して大西洋へ出ました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年11月3日10時16分配信
【北方艦隊の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」はジブラルタル海峡を通過して大西洋へ出た】

翌11月4日、ポルトガルリスボン港を訪問しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年11月4日17時15分配信
【北方艦隊の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」はリスボン港へ寄港した】

11月27日、バレンツ海で砲撃演習を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年11月27日15時0分配信
【北方艦隊の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」はバレンツ海で砲射撃を実施した】

遠距離航海を終えた「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」は、11月28日にセヴェロモルスク基地へ帰投しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年11月28日14時53分配信
【北方艦隊の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」は遠距離航海を完了した】

帰投から約1ヶ月後の12月26日にはバレンツ海で対潜戦闘訓練を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年12月26日17時18分配信
【北方艦隊の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」はバレンツ海で対潜演習を実施した】


2018年1月23日にはヘリコプターの発着訓練を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年1月23日17時25分配信
【北方艦隊の艦上航空隊は大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」の発着場でヘリコプターの着艦へ取り組んだ】

3月21日にはヘリコプターの夜間の発着訓練を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年3月21日18時6分配信
【北方艦隊の艦上ヘリコプター乗員はコラ湾で夜間着艦へ取り組んだ】


2018年3月23日、大型対潜艦「セヴェロモルスク」「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」は一緒にバレンツ海へ出航し、対空防衛戦闘訓練を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦セヴェロモルスクとヴィツェ・アドミラル・クラコーフはバレンツ海で対空戦闘訓練を行なった]

2018年3月末から4月初頭まで2隻とも北方艦隊の演習へ参加しました。
[ロシア海軍北方艦隊はバレンツ海での演習を終えた]


そして4月17日、2隻揃ってバレンツ海へ出航し、対潜戦闘訓練を開始しました。

ロシア海軍北方艦隊の戦略用途ロケット水中巡洋艦はバレンツ海で敵の原潜を回避する演習を行なった

18-0409a.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年4月8日23時6分配信
【北方艦隊の戦略水中巡洋艦はバレンツ海で多目的潜水艦から逃げる演習へ取り組んだ】

北方艦隊戦略用途ロケット水中巡洋艦の内の1隻は、バレンツ海北方艦隊戦闘訓練射爆場で敵潜水艦へ対抗する為の複合任務を成功裏に遂行した。

巡洋艦の乗組員は、多目的原子力潜水艦と協同で、欺瞞目標を設置して仮想敵の追跡から離脱し、攻撃から逃れる演習へ取り組み、更には、氷の覆いを形成するする為の仮想魚雷発射を行なった。

北方艦隊多種連合潜水艦部隊のサブマリナー(潜水艦乗り)は、バレンツ海北方艦隊戦闘訓練射爆場で専門技量の向上を続けている。
計画演習の枠組みにおいて、彼らは、連携、組織的通信、様々な環境での兵器の戦術使用、氷面下の航行の実地経験の取得、結氷の捜索及び氷面への浮上、更には、他の特殊な任務へ取り組む。



現在、北方艦隊に在籍する戦略用途原子力ロケット水中巡洋艦(戦略原潜)は計7隻ですが、この内の1隻は近代化改装中ですから、実際に動かせる艦は6隻です。

[プロジェクト955「ボレイ」]
K-535「ユーリー・ドルゴルーキー」(2013年就役)

[プロジェクト667BDRM「デリフィン」](デルタIV級)
K-51「ヴェルホトゥリエ」(1984年就役)
K-84「エカテリンブルク」(1985年就役)
K-114「トゥーラ」(1987年就役)
K-117「ブリャンスク」(1988年就役、近代化改装中)
K-18「カレリア」(1989年就役)
K-407「ノヴォモスコフスク」(1990年就役)


今回の演習へ参加した艦は、この6隻の内のどれかです。


「多目的原子力潜水艦」とは、要するに攻撃原潜の事であり、北方艦隊に在籍する艦は以下の15隻です。

[プロジェクト885「ヤーセン」]
K-560「セヴェロドヴィンスク」(2014年就役)

[プロジェクト971「シチューカ-B」](アクラ級)
K-317「パンテーラ」(1990年就役)
K-461「ヴォルク」(1991年就役):近代化改装中
K-328「レオパルト」(1992年就役):近代化改装中
K-154「チグル」(1993年就役)
K-157「ヴェプリ」(1995年就役):修理中
K-335「ゲパルト」(2001年就役)

[プロジェクト945A「コンドル」](シエラII級)
B-534「ニジニ・ノヴゴロド」(1990年就役)
B-336「プスコフ」(1993年就役)

[プロジェクト945「バラクーダ」](シエラI級)
B-239「カルプ」(1984年就役):近代化改装中
B-276「コストロマ」(1987年就役)

[プロジェクト671RTMK「シチューカ」](ヴィクターIII級)
B-388「ペトロザヴォーツク」(1988年就役):予備役
B-138「オブニンスク」(1990年就役)
B-414「ダニール・モスコフスキー」(1990年就役)
B-448「タンボフ」(1992年就役):予備役


無論、近代化改装中や修理中、予備役の艦は動けないので、それ以外のどれか1隻が参加したようです。


今回の北方艦隊広報部発表では、演習へ参加した艦の名前は明らかにされていませんが、2017年3月に北方艦隊「ユーリー・ドルゴルーキー」「オブニンスク」が決闘形式での水中戦闘訓練を行なった事が有ります。
[ロシア海軍北方艦隊の原子力戦略用途水中巡洋艦ユーリー・ドルゴルーキーと原子力大型潜水艦オブニンスクはバレンツ海で『決闘』を行なった]


バレンツ海ではアメリカ及びグレートブリテン海軍原潜ロシア海軍の動向(戦略原潜を含む)を監視しているので、これらの原潜の追跡を回避する為のトレーニングという事も有るでしょう。
[ロシア海軍北方艦隊はバレンツ海でアメリカ原潜を追跡した]
[アメリカとブリテンの原潜はロシア近海に常時展開している]

ロシア海軍北方艦隊はバレンツ海での演習を終えた

18-0403d.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年4月2日20時12分配信
【北方艦隊の艦艇と潜水艦はバレンツ海で1週間に渡り50回以上の戦闘訓練へ取り組んだ】

北方艦隊の艦艇及び潜水艦の乗組員は、海上射爆場で1週間に渡り砲、ミサイル、機雷-魚雷兵器を使用した50回以上の戦闘訓練へ取り組んだ。

ロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」「セヴェロモルスク」、コラ多種戦力小艦隊の掃海グループを構成する基地掃海艇「コテリニチ」、「ヤドリン」、「コロムナ」、更には多目的原子力潜水艦及び戦略原子力潜水艦が同時にバレンツ海で戦闘演習任務を遂行した。

この数日間、様々な戦闘訓練射爆場で艦艇及び潜水艦の乗組員は、海軍の準備体制の向上に関連した複合活動へ取り組み、意図された部隊の戦術動作へ取り組み、更には、近代化された兵装システムの点検及び試験を行なった。

一連の任務を艦艇と潜水艦は他の友軍、更には北方艦隊航空・防空軍の艦上及び対潜航空連合部隊の航空機及びヘリコプターと連携して遂行した。
特に、大型対潜艦「セヴェロモルスク」「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」で構成される捜索-打撃艦グループは、北方艦隊水中巡洋艦の1隻が演じる仮想敵潜水艦の捜索、追跡へ取り組んだ。

艦のテストとなる対空防衛戦術演習は、3機の艦上戦闘機MiG-29Kと共にロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」乗組員により実施された。
船員は、高射ミサイル複合体「フォルト」で空中目標の仮想撃破へ取り組み、更には、汎用口径砲塔~砲複合体AK-130による海上、沿岸、空中目標への射撃を実施した。
海上での任務を成功裏に遂行した後、ロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」は、艦隊主要基地-セヴェロモルスク市へ戻る。



ロシア北方艦隊ロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」は、3月29日に演習の為、バレンツ海へ出航しました。
[ロシア海軍北方艦隊のロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフは演習の為にバレンツ海へ出航した]

同日、大型対潜艦「セヴェロモルスク」「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」バレンツ海へ出航し、原子力潜水艦を相手に対潜戦闘訓練を行ない、魚雷と対水中ロケット爆雷を発射しました。
2隻は更に対空戦闘訓練を行ない、空中標的へ高射ミサイル「キンジャール」を発射しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年3月29日16時52分配信
【大型対潜艦「セヴェロモルスク」と「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」はバレンツ海で潜水艦の捜索へ取り組んだ】

3月30日も北方艦隊の艦艇はバレンツ海で演習を続けました。
演習には、北方艦隊の水上艦艇の他に、多目的原子力潜水艦戦略原子力潜水艦も参加していました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年3月30日12時0分配信
【北方艦隊の10隻以上の戦闘艦と潜水艦はバレンツ海で戦闘訓練任務を遂行している】

4月2日、大型対潜艦「セヴェロモルスク」バレンツ海で対潜戦闘訓練を行ない、演習用魚雷と対水中ロケット爆雷を発射しました。
更には、海上、沿岸目標への砲撃と対空防衛訓練も行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年4月2日15時24分配信
【北方艦隊の大型対潜艦「セヴェロモルスク」はバレンツ海で仮想敵潜水艦を破壊した】

ロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」は対空戦闘訓練を行ない、高射ミサイル「フォルト」の模擬発射を行ないました。
「敵役」は、北方艦隊第100独立艦上戦闘機航空連隊の3機の艦上戦闘機MiG-29Kが務めました。
[ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機MiG-29Kは空中戦闘訓練を行なった]

これで北方艦隊の演習は終了したようです。

ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦セヴェロモルスクとヴィツェ・アドミラル・クラコーフはバレンツ海で対空戦闘訓練を行なった

18-0324a.jpg
18-0324b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年3月23日17時20分配信
【大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」と「セヴェロモルスク」はバレンツ海の演習で仮想敵の空中攻撃を撃退した】

北方艦隊大型対潜艦「セヴェロモルスク」「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」は、戦闘訓練計画活動の枠組みにおいてバレンツ海で仮想敵航空隊の攻撃からの艦船支隊の対空防衛演習を実施した。

演習へは更に、北方艦隊航空・防空軍対潜航空機連合部隊航空機が関わった。
Il-38の乗員は空中標的を投下し、艦の高射ミサイル及びにより成功裏に撃破された。

大型対潜艦の兵装として在るAK-100及び高射ミサイル複合体「キンジャール」の砲術班は、与えられた任務を果たした。

訓練時、射撃を行なった艦の一連の乗組員は、整然とした行動と高い海軍技量を示した。

戦闘訓練を実施した後、大型対潜艦「セヴェロモルスク」「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」は、人員の熟練度の向上と水上艦の第2錬成任務の独自の要素への取り組みの準備の為、バレンツ海エリアでの計画任務を合同で継続する。



北方艦隊大型対潜艦「セヴェロモルスク」(619)(1988年1月24日就役)は、2017年8月10日から10月4日まで北極海への遠距離航海を行ないました。
[ロシア北方艦隊の北極海遠征(2017年8月-10月)]


北方艦隊「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」(626)(1982年1月10日就役)は、2017年7月30日にクロンシュタットで行なわれた「ロシア海軍の日」観艦式へ参加しました。
[2017年7月30日にクロンシュタットとサンクトペテルブルクで挙行される『ロシア海軍の日』観艦式には約40隻の艦船が参加する]


観艦式が終わった後も母港へは戻らず、大西洋を南下して地中海へ入り、更には紅海、アデン湾へ進出し、2017年9月1日から海賊対処任務に就きました。
[大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」アデン湾遠征(2017年8月-)]

海賊対処任務を終えた「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」は、10月17日にスエズ運河へ入りました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年10月17日11時0分配信
【北方艦隊の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」はスエズ運河へ入った】

10月21日にエジプトアレクサンドリア港訪問を終えて出航し、地中海へ入りました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年10月21日17時42分配信
【北方艦隊の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」はエジプトのアレクサンドリア港への業務寄港を完了し、地中海へ出た】

11月3日にジブラルタル海峡を通過して大西洋へ出ました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年11月3日10時16分配信
【北方艦隊の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」はジブラルタル海峡を通過して大西洋へ出た】

翌11月4日、ポルトガルリスボン港を訪問しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年11月4日17時15分配信
【北方艦隊の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」はリスボン港へ寄港した】

11月27日、バレンツ海で砲撃演習を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年11月27日15時0分配信
【北方艦隊の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」はバレンツ海で砲射撃を実施した】

遠距離航海を終えた「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」は、11月28日にセヴェロモルスク基地へ帰投しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年11月28日14時53分配信
【北方艦隊の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」は遠距離航海を完了した】

帰投から約1ヶ月後の12月26日にはバレンツ海で対潜戦闘訓練を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年12月26日17時18分配信
【北方艦隊の大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」はバレンツ海で対潜演習を実施した】


2018年1月23日にはヘリコプターの発着訓練を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年1月23日17時25分配信
【北方艦隊の艦上航空隊は大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」の発着場でヘリコプターの着艦へ取り組んだ】

3月21日にはヘリコプターの夜間の発着訓練を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年3月21日18時6分配信
【北方艦隊の艦上ヘリコプター乗員はコラ湾で夜間着艦へ取り組んだ】


そして2018年3月23日、大型対潜艦「セヴェロモルスク」「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」は一緒にバレンツ海へ出航し、対空防衛戦闘訓練を行ないました。

シリアへの輸送任務(シリア・エクスプレス)を行なったロシア海軍北方艦隊の大型揚陸艦アレクサンドル・オトラコフスキーは母港セヴェロモルスクへ帰投した

18-0306b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年3月5日17時59分配信
【大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」は遠距離航海からセヴェロモルスクへ到着した】

北方艦隊主要基地~セヴェロモルスク~で、半年間に渡り地中海に滞在していた大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」乗組員の遠距離航海からの歓迎式典が開催された。

式典には、北方艦隊司令官ニコライ・エフメノフ大将が出席した。
彼は、艦長エフゲニー・アレクセーエフ2等海佐から指示された任務を成功裏に遂行したとの報告を受け、基地へ到着した乗組員を祝福した。

遠距離航海時に大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」は40000海里以上を航行し、数十回の戦闘演習を実施した。
独立航海期間に同艦は、困難な水文気象条件において航行した。



北方艦隊大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」(1978年就役)は、2014年11月下旬から2016年6月末まで地中海東部への遠距離航海を行ないました。

[ロシア海軍北方艦隊の大型揚陸艦アレクサンドル・オトラコフスキーは1年7ヶ月に及んだ長期航海を終えて帰港した]

2017年5月下旬には北方艦隊の演習へ参加しました。
[ロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフはロシア海軍北方艦隊の演習へ参加する]

2017年8月10日に北極圏遠征へ出発し、8月21日にはエニセイ川ドゥディンカ近辺で上陸演習を行ないました。
[北極圏遠征中のロシア海軍北方艦隊艦船部隊はエニセイ川で上陸演習を行なった]

その後、遠征部隊本隊と別れて母港セヴェロモルスクへの帰路に就きました。
[北極圏遠征中のロシア海軍北方艦隊艦船部隊は2つのグループに分かれた]

北極圏航海から戻って間もない9月12日にセヴェロモルスク港を出港し、大西洋へ向かいました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年9月13日13時9分配信
【北方艦隊の大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」は遠距離航海へ出発した】

9月21日にはラマンシュ海峡(英仏海峡)を通過しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年9月21日9時43分配信
【大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」はラマンシュ海峡を通過した】

9月25日にジブラルタル海峡を通過して地中海へ入りました。
[ロシア海軍北方艦隊の大型揚陸艦アレクサンドル・オトラコフスキーはジブラルタル海峡を通過して地中海へ入った]

その後、地中海東部へ到着し、10月5日にボスポラス海峡を北上して黒海へ入りました。

以後、黒海沿岸(ノヴォロシースク或いはセヴァストーポリ)からシリアタルトゥースへ貨物や人員などを輸送する任務、いわゆる「シリア・エクスプレス」に就きました。
18-0116c.jpg

・2017年10月22日にボスポラス海峡を南下、11月1日に北上
・11月11日にボスポラス海峡を南下、11月下旬頃に北上
・12月25日にボスポラス海峡を南下


2018年1月5日にボスポラス海峡を北上して黒海へ入り、1月22日に同海峡を南下して地中海へ入りました。

これで「アレクサンドル・オトラコフスキー」「シリア・エクスプレス」任務を終えて母港セヴェロモルスクへの帰路に就き、2月19日にジブラルタル海峡を通過して大西洋へ入りました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年2月19日13時9分配信
【北方艦隊の大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」はジブラルタル海峡を通過した】

2018年2月23日にはラマンシュ海峡(英仏海峡)へ入りました。
[シリアへの輸送任務(シリア・エクスプレス)を行なったロシア海軍北方艦隊の大型揚陸艦アレクサンドル・オトラコフスキーは母港への帰路に就いた]

そして3月5日に母港セヴェロモルスクへ帰投しました。

シリアへの輸送任務(シリア・エクスプレス)を行なったロシア海軍北方艦隊の大型揚陸艦アレクサンドル・オトラコフスキーは母港への帰路に就いた

18-0224b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2018年2月22日23時33分配信
【大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」はラマンシュ海峡を通過する】

世界の大洋の作戦的に重要な海域における遠距離航海任務の遂行を完了した北方艦隊大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」は、ラマンシュ海峡へ入った。
現在、ロシア船員は、海況の最も狭い部分~パ・ド・カレーを通過している。

大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」乗組員は、北海の不利な水文気象条件下での航行を準備し、暴風下での艦の材料部分および資材の固定の点検を行なっている。

艦は、昨年9月12日に北方艦隊主要基地セヴェロモルスクから遠距離航海へ出発した。
5ヶ月間に渡り乗組員は地中海ロシア海軍常設グループの一員として活動し、与えられた任務を遂行した。

北方艦隊大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」は、航海時に数千海里を走破した。
その基地への帰投は、3月前半となる。



北方艦隊大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」(1978年就役)は、2014年11月下旬から2016年6月末まで地中海東部への遠距離航海を行ないました。

[ロシア海軍北方艦隊の大型揚陸艦アレクサンドル・オトラコフスキーは1年7ヶ月に及んだ長期航海を終えて帰港した]

2017年5月下旬には北方艦隊の演習へ参加しました。
[ロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフはロシア海軍北方艦隊の演習へ参加する]

2017年8月10日に北極圏遠征へ出発し、8月21日にはエニセイ川ドゥディンカ近辺で上陸演習を行ないました。
[北極圏遠征中のロシア海軍北方艦隊艦船部隊はエニセイ川で上陸演習を行なった]

その後、遠征部隊本隊と別れて母港セヴェロモルスクへの帰路に就きました。
[北極圏遠征中のロシア海軍北方艦隊艦船部隊は2つのグループに分かれた]

北極圏航海から戻って間もない9月12日にセヴェロモルスク港を出港し、大西洋へ向かいました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年9月13日13時9分配信
【北方艦隊の大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」は遠距離航海へ出発した】

9月21日にはラマンシュ海峡(英仏海峡)を通過しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年9月21日9時43分配信
【大型揚陸艦「アレクサンドル・オトラコフスキー」はラマンシュ海峡を通過した】

9月25日にジブラルタル海峡を通過して地中海へ入りました。
[ロシア海軍北方艦隊の大型揚陸艦アレクサンドル・オトラコフスキーはジブラルタル海峡を通過して地中海へ入った]

その後、地中海東部へ到着し、10月5日にボスポラス海峡を北上して黒海へ入りました。

以後、黒海沿岸(ノヴォロシースク或いはセヴァストーポリ)からシリアタルトゥースへ貨物や人員などを輸送する任務、いわゆる「シリア・エクスプレス」に就きました。
18-0116c.jpg

・2017年10月22日にボスポラス海峡を南下、11月1日に北上
・11月11日にボスポラス海峡を南下、11月下旬頃に北上
・12月25日にボスポラス海峡を南下


2018年1月5日にボスポラス海峡を北上して黒海へ入り、1月22日に同海峡を南下して地中海へ入りました。

これで「アレクサンドル・オトラコフスキー」「シリア・エクスプレス」任務を終えて母港セヴェロモルスクへの帰路に就き、2018年2月23日にはラマンシュ海峡(英仏海峡)へ入りました。


現在、バルト艦隊からも「シリア・エクスプレス」任務の為に大型揚陸艦「ミンスク」地中海東部へ派遣されています。
18-0224a.jpg