ロシア海軍バルト艦隊の大型揚陸艦アレクサンドル・シャバリンは地中海東部から帰投した

17-0129b.jpg
『タス通信』より
2017年1月29日14時13分配信
【大型揚陸艦「アレクサンドル・シャバリン」は地中海への航海から戻ってきた】
モスクワ、1月29日/タス通信

大型揚陸艦「アレクサンドル・シャバリン」給油船「レナ」で構成されるバルト艦隊艦船支隊は、本日に常時駐留場所であるバルチースク港へ到着した。
同艦隊の広報サービスは発表した。

「日曜日、バルチースク軍港において式典が開催され、軍楽隊の演奏の下で艦船乗組員は、バルト艦隊司令官アレクサンドル・ノサトフ中将、船員の家族と親類に出迎えられました」
タス通信
が受け取った声明では、こう述べられた。

大型揚陸艦「アレクサンドル・シャバリン」は、2016年7月に遠距離航海へと向かった。
航海中に乗組員は、独自に、或いは地中海ロシア海軍常設作戦連合部隊の一員として数十回の戦闘演習任務を遂行した。

海洋給油船「レナ」は、2016年10月から遠距離航海に在り、地中海、インド洋、西大西洋へ行った。
乗組員は、遠海ゾーンでロシア海軍艦船への物資-技術サービス提供に従事していた。



バルト艦隊大型揚陸艦「アレクサンドル・シャバリン」は、2016年7月にバルチースクを出航し、地中海東部へ向かいました。

8月20日にボスポラス海峡を北上し、黒海へ入りました。
入れ違いに、以前から派遣されていたバルト艦隊大型揚陸艦「ミンスク」は帰路に就きました。

その後、ボスポラス海峡を通って黒海沿岸シリアを往航する貨物輸送任務(シリア・エクスプレス)に就きました。

・8月30日ボスポラス海峡南下、9月8日北上
・9月29日ボスポラス海峡南下、10月9日北上
・10月25日ボスポラス海峡南下、11月2日北上
・11月14日ボスポラス海峡南下、11月22日北上
・12月1日ボスポラス海峡南下、12月9日北上
・12月18日ボスポラス海峡南下、12月26日北上


2017年1月3日にボスポラス海峡を南下して地中海へ入り、そのまま帰路に就きました。

同時期にシリア沖から離れ、帰路に就いた北方艦隊航空打撃艦グループへ同行する事になりました。
[ロシア海軍北方艦隊の重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフは地中海東部を去る]

現在は、「アレクサンドル・シャバリン」に代わり、バルト艦隊「コロリョーフ」地中海東部へ派遣されています。


バルト艦隊中型海洋給油船「レナ」は、2016年10月にバルチースクを出航しました。

その後は地中海、インド洋、西大西洋で補給任務に就いていたようです。

おそらくは、カリブ海まで行ったバルト艦隊警備艦「ヤロスラフ・ムードルイ」への補給を行なっていたのでしょう。
[警備艦ヤロスラフ・ムードルイ遠距離航海(2016年6月-12月)]

その後、シリア沖から離れて帰路に就いた北方艦隊航空打撃艦グループへ同行する事になりました。
[重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフを含むロシア海軍航空打撃艦グループはポルトガル沖を去った]


バルト艦隊の2隻の艦船は、北海へ入るまでは航空打撃艦グループと一緒に行動していたようですが、その後、別れてバルチースクへ向かいました。
[重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフを含むロシア海軍航空打撃艦グループは北海へ入った]

そして2017年1月29日にバルチースクへ帰投しました。
スポンサーサイト

ロシア海軍バルト艦隊の警備艦ヤロスラフ・ムードルイはコルベット"ボイキー"と共に対潜戦闘訓練を行なった

16-0422a.jpg
16-0422b.jpg
『タス通信』より
2016年4月22日14時4分配信
【バルト艦隊の艦は「敵」潜水艦を破壊した】
カリーニングラード、4月22日/タス通信特派員ウラジーミル・ヌヤクシェフ、アレクサンドル・アルヒポフ

コルベット「ボイキー」警備艦「ヤロスラフ・ムードルイ」は、バルト艦隊海軍航空隊対潜ヘリコプターKa-27PLと協同で演習中に「敵」潜水艦を発見し、仮想破壊した。
同艦隊の公式代理人ウラジーミル・マトヴェーエフは発表した。

「コルベット"ボイキー"と警備艦ヤロスラフ・ムードルイで構成される捜索打撃艦グループは、対潜兵器を使用して仮想敵潜水艦を撃破しました」
彼は話した。

敵潜水艦の役割は、ディーゼルエレクトリック潜水艦「ワルシャワンカ」級が演じた。

「捜索打撃グループが潜水艦を破壊した事により、"敵"は、彼らに与えられた任務~-バルト艦隊海洋揚陸部隊の沿岸への上陸を挫折させる~を果たす事が出来なくなりました」
マトヴェーエフ
は指摘した。

更に演習の一環として、艦は海上目標への砲射撃を実行し、対潜ヘリコプターの飛行士は艦の甲板への着艦へ取り組んだ。


ロシア海軍バルト艦隊プロジェクト11540警備艦「ヤロスラフ・ムードルイ」(2009年6月19日竣工/7月24日就役)は、2014年8月から2015年2月まで長期遠洋航海を行ない、太平洋方面のインドネシアまで進出しました。
[警備艦ヤロスラフ・ムードルイ遠距離航海(2014年8月-2015年2月)]

その後、ガスタービンエンジン(高速航行用)の1基が破損し、修理されることになりました。
[ロシア海軍バルト艦隊の警備艦(フリゲート)ヤロスラフ・ムードルイは2016年初頭に復帰する]
[ロシア海軍バルト艦隊の警備艦(フリゲート)ヤロスラフ・ムードルイはガスタービンエンジン修理後の係留試験を行なった]

修理完了後にロシア海軍へ復帰し、2016年4月上旬にはコルベット「ボイキー」と共にバルト艦隊の演習へ参加しました。
[ロシア海軍バルト艦隊の警備艦ヤロスラフ・ムードルイはコルベット"ボイキー"と共に砲撃訓練を行なった]


プロジェクト20380コルベット3番艦「ボイキー」は、2013年5月16日に就役し、バルト艦隊へ編入されました。
[コルベット「ボイキー」はロシア海軍へ就役した]

就役後は度々バルト艦隊の演習へ参加しています。
[3隻のステレグーシチー型コルベットは対艦ミサイルを同時に発射した]
[ロシア海軍バルト艦隊のプロジェクト20380コルベットは4隻揃って演習に参加した]
[ロシア海軍バルト艦隊の3隻の最新コルベットは対艦ミサイルを同時に発射した]


そして今回、「ヤロスラフ・ムードルイ」「ボイキー」は対潜戦闘訓練を実施しました。

「ヤロスラフ・ムードルイ」対潜ミサイル複合体「ヴォドパード」「ボイキー」対潜魚雷複合体「パケート-NK」を装備しており、これらの対潜兵器が使用されたようです。

対潜訓練の「相手役」は、バルト艦隊潜水艦が務めました。

どの潜水艦が演習へ参加したのかは公表されていませんが、可能性が高いのは、4月初頭に修理を終えて復帰した「ヴィボルグ」でしょう。
[ロシア海軍バルト艦隊のキロ級潜水艦ヴィボルグは修理を終えて復帰した]

ロシア海軍バルト艦隊の警備艦ヤロスラフ・ムードルイはコルベット"ボイキー"と共に砲撃訓練を行なった

16-0416a.jpg
16-0416b.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年4月15日15時4分配信
【(バルト)艦隊の艦は仮想敵の空中及び海上目標を破壊した】
モスクワ、4月15日-ロシア通信社ノーボスチ

バルト艦隊コルベット「ボイキー」及び警備艦「ヤロスラフ・ムードルイ」の乗組員は、査察を受けている間に仮想敵の空中及び海上目標を破壊した。
金曜日、バルト艦隊の代理人ウラジーミル・マトヴェーエフ2等海佐は報道機関へ伝えた。

西方軍管区司令官アンドレイ・カルタポロフ大将は、コルベット「ボイキー」に乗ってバルト艦隊の艦の活動を評価し、船員の素晴らしい専門的な技量に注目した。

「バルト艦隊の冬期訓練期間を総括する査察の枠組みにおいて、コルベット"ボイキー"と警備艦ヤロスラフ・ムードルイの乗組員は、空中及び海上目標への砲射撃を実行しました」
マトヴェーエフ
は話した。

彼によると、艦の電波位置特定検出手段(レーダー)は、2つの空中目標グループを捕捉、追尾した。
高速かつ低空飛行という想定の仮想敵の役割は、バルト艦隊海軍航空隊前線爆撃機Su-24対潜ヘリコプターKa-27が演じた。
空中標的として使用された航空爆弾SAB-250は、前線爆撃機Su-24により投下された。

「艦は電波電子戦手段を活性化させ、能動的及び受動的干渉を提供しました。
射撃境界線へ接近した目標に対し、コルベット(と警備艦)の乗組員は、艦載複合体A-190及びAK-100、コールチク及びAK-630からの実地射撃を行ない、仮想敵機は破壊されました」
バルト艦隊
の代理人は指摘した。

空中目標を破壊する任務を遂行した後、艦は、仮想敵の戦闘艦支隊を模した曳航された盾船砲複合体を発射した。
全ての目標への射撃の結果、それは破壊された。
「加えて、艦は、艦隊の海軍航空隊のヘリコプターKa-27PLと連携し、対機雷・対潜防衛、移動中のヘリコプターの発着艦及びホバリング課題へ取り組み、連携機動、組織的連携及び通信の要素に取り組みました」
マトヴェーエフ
は付け加えた。


ロシア海軍バルト艦隊プロジェクト11540警備艦「ヤロスラフ・ムードルイ」(2009年6月19日竣工/7月24日就役)は、2014年8月から2015年2月まで長期遠洋航海を行ない、太平洋方面のインドネシアまで進出しました。
[警備艦ヤロスラフ・ムードルイ遠距離航海(2014年8月-2015年2月)]

その後、ガスタービンエンジン(高速航行用)の1基が破損し、修理されることになりました。

ロシア海軍艦艇用ガスタービン機関の製造(ユニットの最終組立)や修理に関してはウクライナ(「ゾーリャ機械設計」社)に依存していましたが、2014年3月以降、ウクライナとの関係が悪化し、もはやウクライナに頼る事は出来なくなりました。
そこで、ガスタービンエンジンの製造や修理はロシア国内で行なう事になりました。
[ガスタービンエンジン代替問題]

「ヤロスラフ・ムードルイ」ガスタービンは、サマーラで修理されることになりました。
[ロシア海軍バルト艦隊の警備艦(フリゲート)ヤロスラフ・ムードルイは2016年初頭に復帰する]

ガスタービンの修理が完了した「ヤロスラフ・ムードルイ」は、2016年3月初頭からカリーニングラード「ヤンターリ」造船所で係留試験を行ないました。
[ロシア海軍バルト艦隊の警備艦(フリゲート)ヤロスラフ・ムードルイはガスタービンエンジン修理後の係留試験を行なった]

その後、ロシア海軍へ復帰し、今回の記事の通り、バルト艦隊の演習へ参加して艦載砲(AK-100 100mm単装砲高射ミサイル砲複合体「コールチク」)の実弾射撃を実施しました。


プロジェクト20380コルベット3番艦「ボイキー」は、2013年5月16日に就役し、バルト艦隊へ編入されました。
[コルベット「ボイキー」はロシア海軍へ就役した]

就役後は度々バルト艦隊の演習へ参加しています。
[3隻のステレグーシチー型コルベットは対艦ミサイルを同時に発射した]
[ロシア海軍バルト艦隊のプロジェクト20380コルベットは4隻揃って演習に参加した]
[ロシア海軍バルト艦隊の3隻の最新コルベットは対艦ミサイルを同時に発射した]

そして今回は、オーバーホールを終えて現役復帰した警備艦「ヤロスラフ・ムードルイ」のモニタリング役として演習へ参加しました。

ロシア海軍バルト艦隊の大型揚陸艦コロリョーフは地中海任務(シリア・エクスプレス)を終えて母港バルチースクへ戻った

16-0124b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア西方軍管区(バルト艦隊)広報サービス発表
2016年1月23日15時20分配信
【バルト艦隊の大型揚陸艦「コロリョーフ」は遠距離航海からバルチースクへ戻った】

バルト艦隊大型揚陸艦「コロリョーフ」は、遠距離航海任務遂行後に軍港バルチースク市へ戻った。

大型揚陸艦「コロリョーフ」乗組員は8ヶ月以上に渡り、地中海、黒海、北海、更には大西洋を通してアンドレイ旗を掲げた。
艦は37000海里以上を187日間に渡り航行し、何度かロシア及び外国の港へ寄港した。
艦の航海任務の主な目的の1つは、アンドレイ旗を示す事に有った。
地中海エリアにおいて艦はロシア海軍常設作戦連合部隊の一員として行動し、単一計画により、太平洋艦隊、北方艦隊、黒海艦隊の戦闘艦と共に多くの訓練を実施し、艦隊間レベルの合同任務へ取り組んだ・
また、この間に艦の乗組員は独自に10数回の戦闘演習任務を遂行し、その中には、対空及び対潜防衛演習、様々な艦内演習及び訓練、海上及び空中目標への砲射撃が有った。

艦の歓迎の為の祝賀会合にはバルト艦隊及びバルチースク市管理部の代表、更にはバルト艦隊船員の家族や友人が参加した。
バルト艦隊司令官ヴィクトール・クラフチュク中将は、艦隊の軍事評議会のメンバーに代わり、与えられた遠距離大洋航海任務を成功裏に遂行した乗組員と海軍歩兵対テログループを祝福し、戦闘演習での新たな成功を望んだ。

式典においては、遠距離航海において優秀だった将兵が表彰され、艦隊司令官から贈り物を受け取った。
遠距離航海から戻った大型揚陸艦は、機器の修理と必要な物資補充の後に、意図された任務を遂行する。


[ロシア海軍は19隻の大型揚陸艦を有する]

バルト艦隊大型揚陸艦「コロリョーフ」(1991年7月10日就役)は、2015年5月20日にバルチースクを抜錨し、地中海へ向かいました。
[ロシア海軍バルト艦隊の大型揚陸艦コロリョーフは地中海へ向かった]

2015年6月3日、「コロリョーフ」地中海東部へ到着し、ロシア海軍地中海作戦連合部隊(2013年6月1日創設)へ加わりました。
[バルト艦隊の大型揚陸艦コロリョーフは地中海東部へ到着し、ロシア海軍地中海作戦連合部隊へ加わった]

その後は黒海沿岸(ノヴォロシースク或いはセヴァストーポリ)からシリアタルトゥースへの輸送任務、いわゆる「シリア・エクスプレス」へ就きました。
[ロシア海軍黒海艦隊の大型揚陸艦2隻は地中海東部へ入った]

ロシア海軍当局からの発表は一切ありませんでしたが、「コロリョーフ」は2015年12月下旬まで計10回に渡り黒海沿岸からシリアへ物資を輸送しました。
(6月22日、7月10日、7月29日、8月16日、9月3日、10月1日、10月22日、11月9日、11月28日、12月23日にボスポラス海峡を南下して地中海へ向かっている)

その後、地中海東部を離れて帰路に就き、2016年1月18日に英仏海峡を通過しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア西方軍管区(バルト艦隊)広報サービス発表
2016年1月18日18時35分配信
【バルト艦隊の大型揚陸艦「コロリョーフ」はラマンシュ海峡を通過して北海へ入った】

1月20日にバルト海へ入りました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア西方軍管区(バルト艦隊)広報サービス発表
2016年1月20日12時34分配信
【バルト艦隊の大型揚陸艦「コロリョーフ」はバルト海峡を通過する】

そして1月23日、8ヶ月ぶりに母港バルチースクへ戻ってきました。

既に「コロリョーフ」と交代するバルト艦隊大型揚陸艦「ミンスク」地中海東部へ派遣されており(おそらくは2015年11月後半に出航)、2015年12月中旬からシリアへの輸送任務に就いています。
ただし、「ミンスク」バルチースクを出港する際にロシア海軍当局からの発表は一切ありませんでしたが。
16-0124c.jpg

「ミンスク」は、2015年12月14日、2016年1月6日、1月22日にボスポラス海峡を南下して地中海へ向かっています。
(つまり現時点においてはシリア付近に居る)

ロシア海軍バルト艦隊の3隻の最新コルベットは対艦ミサイルを同時に発射した

kh35.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア西方軍管区(バルト艦隊)広報サービス発表
2015年9月16日1時22分配信
【演習『連合の盾-2015』においてバルト艦隊の3隻のコルベットは仮想敵艦に対し同時にミサイル打撃を与えた】

ロシア・ベラルーシ合同作戦演習『連合の盾-2015』の枠組みにおいてバルト艦隊の最新コルベット「ソーブラジテルヌイ」、「ボイキー」、「ストイーキー」は、仮想敵艦を模した困難な目標に対し、初めて同時ミサイル発射を行なった。

ミサイル攻撃は、コルベットの主要打撃兵装-対艦ミサイル複合体「ウラン」により、35km以上の距離で実行された。

射撃結果の客観的観察の為にヘリコプターが関わり、乗員は目標への命中を確認した。

コルベット「ストイーキー」艦上で発射を見ていたバルト艦隊司令官ヴィクトール・クラフチュク中将は、困難な射撃任務を遂行した同艦の乗組員の秩序立った行動を高く評価した。

発射が実施された海洋射爆場は、民間船舶の航行が禁止されていた。
閉鎖された射爆場で、バルト艦隊の約15隻の水上艦支援船が任務を遂行した。


ロシア・ベラルーシ合同演習『連合の盾-2015』は、2015年9月10日から9月16日まで実施されました。

ロシア軍ベラルーシ軍から8000名以上の将兵と約400両の軍用車両、約80機の航空機とヘリコプター、そしてバルト艦隊の約20隻の艦船が参加しました。

そして、この合同演習へ参加した3隻のプロジェクト20380コルベットは、同時に対艦ミサイル「ウラン」を発射しました。

コルベット「ソーブラジテルヌイ」(2011年10月14日納入・就役)
15-0916a.jpg

コルベット「ボイキー」(2013年5月16日納入・就役)
15-0916b.jpg

コルベット「ストイーキー」(2014年7月18日納入/2014年7月27日就役)

15-0916c.jpg


2014年4月下旬にも3隻のプロジェクト20380コルベットが同時に対艦ミサイル「ウラン」を発射していますが、この時には「ステレグーシチー」、「ソーブラジテルヌイ」、「ボイキー」の3隻でした。
(この時点で「ストイーキー」は未だ就役していなかった)
[3隻のステレグーシチー型コルベットは対艦ミサイルを同時に発射した]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。