沿海地方のボリショイ・カーメニでロシア海軍のプロジェクト949A原子力水中巡洋艦(オスカーII級)の近代化改装が行なわれている

17-0308a.jpg
17-0308b.jpg
『タス通信』より
2017年3月7日11時26分配信
【原子力潜水艦「アンテイ」はミサイル複合体「カリブル」を受け取る】
ボリショイ・カーメニ/沿海地方/3月7日/タス通信

原子力水中巡洋艦プロジェクト949A「アンテイ」は、極東工場『ズヴェズダー』における高度な近代化の際にミサイル複合体「カリブル」で再武装する。
ロシア連邦国防相代理(国防次官)ユーリー・ボリソフは同社を訪れた際に報道陣へ伝えた。

「工場ズヴェズダーは、兵装複合体のミサイル複合体カリブルへの交換、更には、航法システム、居住保障システム、その他を含めた原子力潜水艦プロジェクト949Aの高度な近代化を実施しております」
ボリソフ
は話した。

合計で11隻のプロジェクト949A「アンテイ」潜水艦が建造され、現在、ロシア海軍には8隻が残されている。
潜水艦の排水量は24000トンに達し、それは24基の有翼ミサイル「グラニート」発射装置と6門の魚雷発射管を装備している。

以前、海洋工学中央設計局『ルビーン』総取締役イーゴリ・ヴィリニトは、海軍が保有しているこのタイプの潜水艦全ての近代化は計画されていないと『タス通信』へ伝えた。



【極東工場『ズヴェズダー』公式サイト】
17-0308c.jpg

極東工場『ズヴェズダー』は、沿海地方ボリショイ・カーメニ市に在る艦船修理工場です。

以前には、旧ソ連の大量の除籍原潜の解体工事を行なっていました。

最近では、太平洋艦隊原子力潜水艦のオーバーホールや近代化改装を行なっています。
[近代化された原子力巡洋潜水艦クズバスはロシア海軍太平洋艦隊へ復帰した]
[ロシア海軍の原子力戦略用途水中巡洋艦リャザンは近代化改装を終えて太平洋艦隊へ復帰し、カムチャツカ半島のヴィリュチンスク基地へ戻った]


更に極東工場『ズヴェズダー』では、プロジェクト949A原子力水中巡洋艦(オスカーII)の近代化改装が行なわれています。
[オスカーII級ミサイル原潜は「オーニクス」と「カリブル」を装備する]
[太平洋艦隊のオスカーII級原潜3隻は2020年までに近代化される]

現在までに太平洋艦隊の2隻の949A「イルクーツク」「チェリャビンスク」『ズヴェズダー』へ回航され、近代化改装工事が進められています。
[ロシア海軍太平洋艦隊の原子力水中巡洋艦イルクーツクは汎用ミサイル発射機を装備する]
[オスカーII級原潜イルクーツクは高度な近代化を実施する]
[ロシア太平洋艦隊の3隻の原潜は近代化改装の為に移送された]

近代化される949Aは、有翼ミサイル「オーニクス」「カリブル」の両方を運用できる汎用ミサイル発射機を装備しますが、将来的には、この汎用発射機から極超音速ミサイル「ツィルコン」も発射できるようになります。
[ロシア海軍のプロジェクト949A原子力水中巡洋艦(オスカーII級)は近代化改装により極超音速対艦ミサイル"ツィルコン"を装備する]
スポンサーサイト

ロシア海軍北方艦隊の原子力水中巡洋艦スモレンスクは長距離打撃ミサイル"グラニート"をノヴァヤゼムリャ島の地下目標へ発射した

16-1017b.jpg
16-1017c.jpg
『タス通信』より
2016年10月17日13時16分配信
【原子力潜水艦「スモレンスク」はノヴァヤゼムリャの標的への有翼ミサイル発射を実行した】
モスクワ、10月17日/タス通信

北方艦隊原子力潜水艦「スモレンスク」北極圏ノヴァヤゼムリャ島の標的への有翼ミサイル発射を実行した。
北方艦隊広報サービス部長ワジム・セルガは報道機関へ伝えた。

「2016年の戦闘訓練の最終活動の枠組みにおいて、北方艦隊のプロジェクト949Aアンテイ原子力水中巡洋艦スモレンスクは、複雑な沿岸標的へのミサイル発射を実行しました。
発射は前日の10月16日に実行され、有翼ミサイル"グラニート"はバレンツ海の高緯度海域の水中位置から発射されました。
初めてノヴァヤゼムリャ島の北方群島の沿岸の深い位置に配置された複雑な標的への発射が実行されました」

彼は話した。



ロシア・ソ連潜水艦総合情報サイト『ディープストーム』より
【プロジェクト949A:K-410「スモレンスク」】

プロジェクト949A「アンテイ」(オスカーII級)の5番艦K-410は1986年12月9日にセヴェロドヴィンスク造船所で起工され、1988年3月4日に進水し、1990年1月20日に進水、1990年12月22日に海軍へ引き渡されました。
当初は巡洋潜水艦に分類されていました。

1991年3月14日に赤旗北方艦隊・第1潜水艦小艦隊・第11潜水艦師団(ザオゼルスク)に編入されました。

1992年7月3日、原子力水中巡洋艦に分類変更されました。

1993年4月6日、「スモレンスク」と命名されました。

1995年にはサルガッソー海で戦闘勤務に就きました。

2005年にはムルマンスク近郊ロスリャコヴォ村第82艦船修理工場大型浮きドックPD-50で修理を実施しました。
14-0101c.jpg

2011年9月からセヴェロドヴィンスク市「ズヴェズドーチカ」で修理及び近代化を開始し、2012年8月4日に進水しました。
[オスカーII級ミサイル原潜スモレンスクは再進水した]


その後、艤装と航海試験が行なわれ、2013年12月30日に駐留基地ザオゼルスクへ戻ってきました。
[オスカーII級原潜スモレンスクは修理を終えて基地へ戻った]

2015年9月、同型艦「ヴォロネジ」と共に有翼ミサイル「グラニート」を海上目標へ発射しました。
[ロシア海軍北方艦隊のオスカーII級原潜は巡航ミサイルを発射した]


そして2016年10月16日、今度は「グラニート」ノヴァヤゼムリャ島の沿岸に配置された標的へ発射しました。
16-1017a.jpg
記事を読む限り、標的は「深い位置」つまり地下に配置されていたようです。

これまでに「グラニート」を海上目標へ発射した事は何度も有りますが、地上(正確には地下)目標への発射は初めてです。
12-0927a.jpg
[有翼ミサイル複合体グラニートは軍備採用30周年を迎えた]


北方艦隊は、毎年9月~10月頃に「グラニート」の実弾発射訓練を行なっており、今年9月25日には重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」プロジェクト949A原子力水中巡洋艦(艦名は公表されず)が海上目標へ発射しています。
[ロシア海軍北方艦隊の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーは長距離対艦ミサイル"グラニート"を発射した]

火災事故に遭ったロシア海軍北方艦隊の原子力水中巡洋艦オリョールは再進水した

16-1004b.jpg
『タス通信』より
2016年10月3日12時59分配信
【『ズヴェズドーチカ』で損傷した潜水艦「オリョール」は修理後に進水した】
アルハンゲリスク、10月3日/タス通信特派員ウラジーミル・アヌフリエフ

2015年春に火災で損傷した原子力潜水艦「オリョール」セヴェロドヴィンスクで進水し、計画修理の後、2016年末までに復帰する。
タス通信特派員は、艦船修理センター『ズヴェズドーチカ』広報サービスより伝えられた。

「オリョールは進水し、契約で予定されているように、今年末までにロシア海軍へ引き渡されます」
広報サービスは話した。

プロジェクト949A「アンテイ」として建造された北方艦隊「オリョール」 は、2014年4月に『ズヴェズドーチカ』のドックへ置かれた。
潜水艦の火災は2015年4月7日、、火気作業中に発生し、潜水艦の艦尾部分の艦内空間の間のゴム被覆断熱材が焼けた。
事件の結果、如何なる被災者も無く、『ズヴェズドーチカ』は事件での損失は少量であると評価した。
火災の原因は、火気作業時の技術的安全違反であった。

「オリョール」は、『ズヴェズドーチカ』で修理される第3のプロジェクト949A原子力潜水艦となる。
以前、同社は同じタイプの「ヴォロネジ」「スモレンスク」の修理を行なった。
予想されるように、工場での修理後、「オリョール」の就役期間は3年半延長される。

「オリョール」セヴェロドヴィンスク造船所『セヴマシュ』で建造され、1993年2月5日に海軍へ加わった。
これは、第3世代多目的原子力潜水艦に属する。

プロジェクト949A「アンテイ」の水中排水量は24000トンに達し、水中速力は32ノット、乗員は107名である。
これらの潜水艦には、24基の有翼ミサイル「グラニート」(射程距離-約500km)発射機と6門の魚雷発射管が装備されている。



北方艦隊所属のプロジェクト949A「アンテイ」原子力水中巡洋艦K-266「オリョール」の修理及び寿命延長近代化工事の契約は2014年4月9日に締結されました。
[オスカーII級原潜オリョールは寿命延長工事を行なう]

同年4月23日、セヴェロドヴィンスク市艦船修理工場「ズヴェズドーチカ」ドックへ入渠しました。
[オスカーII級原潜オリョールは寿命延長工事の為にドック入りした]

2015年4月7日、溶接作業中に艦尾の外部非耐圧殻と内部耐圧殻の間で火災が発生しました。

[セヴェロドヴィンスクの修理工場で火災が発生した]
[修理中のロシア海軍原子力潜水艦オリョールで火災が発生した]
[ロシア海軍原潜オリョール火災事故・続報]
[ロシア海軍原潜オリョール火災事故・続報その2]
火災は4月7日14時14分に発生し、翌4月8日0時57分に完全に鎮火しました。
この間、火災が完全に鎮火できない為、「オリョール」が入っていたドックへの注水が行なわれました。

「オリョール」の改装工事は2015年4月中旬に再開されました。
[ロシア海軍の原潜オリョールの近代化改装工事は再開される]
16-1004c.jpg

そして2016年10月3日、「オリョール」は再び進水しました。

「オリョール」は、2016年末にロシア海軍へ引き渡される予定です。
[火災事故に遭ったロシア海軍北方艦隊の原子力水中巡洋艦オリョールは2016年末までに復帰する]


記事中で触れられていますが、以前に「ズヴェズドーチカ」は、北方艦隊所属の同型艦2隻の寿命延長工事を行なっています。

K-119「ヴォ​​ロネジ」は、2011年11月末に寿命延長近代化を終えました。
[オスカーII級ミサイル原潜「ヴォロネジ」は近代化改装を終えた]

K-410「スモレンスク」は、2013年12月末に寿命延長近代化を終えています。
[オスカーII級原潜スモレンスクは修理を終えて基地へ戻った]

ロシア海軍太平洋艦隊の原子力水中巡洋艦トムスクは任務を終えてカムチャツカへ帰港した

16-0727a.jpg
16-0727b.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年7月27日7時9分配信
【原子力水中巡洋艦「トムスク」はカムチャツカの駐留地点へ戻った】
モスクワ、7月27日-ロシア通信社ノーボスチ

原子力水中ロケット巡洋艦「トムスク」は、成功裏に任務を遂行した後、ヴィリュチンスク市太平洋艦隊潜水艦部隊の常時駐留地点へ戻ってきた。
東方軍管区下の太平洋艦隊広報サービス・情報供給部長ウラジーミル・マトヴェーエフは発表した。

「水中巡洋艦の艦長セルゲイ・セルギエンコ1等海佐は、セルゲイ・レキシ少将へ、乗組員は与えられた任務を遂行し、水中巡洋艦の構成材に異常は無く、乗員は健常であると報告しました」
マトヴェーエフ
は話した。

桟橋で潜水艦乗員は、潜水艦部隊司令部の代表、連合部隊本部の士官、家族や親戚に出迎えられた。
レキシ少将は、伝統的な子豚の丸焼きを艦長と乗組員へ贈り、特に優秀な将兵には表彰状と価値ある贈り物を手渡した。




ロシア・ソ連潜水艦総合情報サイト『ディープストーム』より
【プロジェクト949A:K-150「トムスク」】

巡洋潜水艦K-150セヴェロドヴィンスク「セヴマシュ」造船所で1991年8月27日に起工されました。

1992年4月28日、原子力水中巡洋艦へ種別変更されました。

1993年4月13日、「トムスク」と命名されました。

1996年7月20日に進水し、1996年12月30日にロシア海軍へ納入されました。

1997年3月17日に赤旗北方艦隊第1潜水艦小艦隊・第11潜水艦師団へ編入されました。

1998年に太平洋艦隊へ転属し、カムチャツカ半島ヴィリュチンスクへ回航されました。

2008年11月、定期修理を行なう為、沿海地方ボリショイ・カーメニ市艦船修理工場「ズヴェズダー」へ到着しました。

2013年9月16日4時30分頃(モスクワ時間)、修理中に火災が発生しました。

[オスカーII級原潜トムスク火災事故]
[オスカーII級原潜トムスク火災事故・続報]

2014年6月12日に進水しました。
[オスカーII級原潜トムスクは進水した]

2014年12月25日に海軍へ引き渡された後、カムチャツカに向かいました。

12月27日に宗谷海峡を東へ通過しました。

『日本国防衛省・統合幕僚監部公式サイト』より
2014年12月28日発表
【ロシア海軍艦艇の動向について】
この「オスカーII級巡航ミサイル原子力潜水艦」「トムスク」です。

この時、「トムスク」に随伴していた大型対潜艦「マルシャル・シャーポシニコフ」(543)は、回航時のエスコート役だったようです。
「マルシャル・シャーポシニコフ」は、「トムスク」が無事にオホーツク海へ入ったのを確信した後、反転してウラジオストクへ戻りました。

12月31日にヴィリュチンスク基地へ到着しました。

その後の動向は公表されませんでしたが、2015年12月には長期航海を終えてヴィリュチンスク基地へ戻っています。
おそらくは、オホーツク海のパトロール任務を遂行していたのでしょう。


そして2016年7月27日、「トムスク」「成功裏に任務を遂行した」後にヴィリュチンスク基地へ帰港しました。

「トムスク」が如何なる任務を遂行していたのかについては全く触れられていませんが、7月14日、カムチャツカに駐留する太平洋艦隊航空隊迎撃戦闘機MiG-31は戦闘訓練を行ない、「原子力潜水艦から発射され、超音速で飛翔する有翼ミサイル」を撃墜しています。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は原潜から発射された超音速巡航ミサイルを撃墜した]

この有翼ミサイル~「グラニート」を発射したのは「トムスク」だったようです。

ロシア海軍のプロジェクト949A原子力水中巡洋艦(オスカーII級)は近代化改装により極超音速対艦ミサイル"ツィルコン"を装備する


16-0317a.jpg
『Lenta.Ru』より
2016年5月4日19時35分配信
【近代化された「空母ハンター」は極超音速ミサイルを得る】

近代化が実施されるプロジェクト949A「アンテイ」原子力水中ロケット巡洋艦の弾薬庫には、他のタイプのミサイルに加え、最新の極超音速対艦ミサイル「ツィルコン」が含まれる。
『Lenta.Ru』特派員は、防衛産業の情報提供者より伝えられた。
新たなミサイルを有する最初の近代化された潜水艦は、2020年までにロシア海軍へ引き渡されなければならない。

「近代化は、水雷兵装、そしてミサイル兵装のリストの拡大が含まれる事を意味します」
対談者は指摘した。
「既に知られているミサイル複合体カリブルと、極超音速ミサイルを含めた新たなものの使用が計画されています。
発射装置は汎用となり、潜水艦は指定任務に応じて弾薬を変更する事が出来ます」


現在、ボリショイ・カーメニ市極東工場『ズヴェズダー』に居る2隻のプロジェクト949A原子力水中巡洋艦K-132「イルクーツク」K-442「チェリャビンスク」の近代化が行なわれている。
「イルクーツク」の作業は2017年に完了すると伝えられている。
「チェリャビンスク」の作業の完了時期は未だ知られていない。
合計で4-6隻のプロジェクト949A原子力ロケット艦ミサイル複合体を換装する近代化を実施しなければならない。

改善された「アンテイ」は、現代の同類とは異なる大重量と寸法のミサイル複合体「グラニート」の24基の発射機に代わり、様々なタイプの対艦ミサイルの為の72基の発射機を装備する。

有翼ミサイル「ツィルコン」は、少なくとも2011年以降、『戦術ミサイル兵器』コーポレーションで開発されている。
それは、まず第一に、海軍の軍備である重対艦ミサイル複合体「グラニート」を代替すると見られており、更には、将来大洋ゾーン艦(ロケット巡洋艦)「リデル」型と近代化されるプロジェクト1144「オルラン」原子力巡洋艦の兵装として加わらなければならない。


極超音速対艦ミサイル「ツィルコン」(ジルコン、風信子石)は、以前に長距離超音速有翼ミサイル「グラニート」超音速ミサイル「オーニクス」を開発した科学生産合同『機械製造』が新たに開発しているミサイルです。
[有翼ミサイル複合体グラニートは軍備採用30周年を迎えた]
[ロシア海軍の超音速対艦ミサイル"オーニクス"は近代化される]

ミサイルの名前以外の確たる情報は出ていませんが、射程距離は400~500km程度、飛翔速度はマッハ5~マッハ6になるようです。

「ツィルコン」の発射試験は既に開始されています。
[ロシア海軍の為の極超音速巡航ミサイル"ツィルコン"の試験が始まった]

「ツィルコン」の試験は2015年秋から始まっており、アルハンゲリスク州ネノクサ村に在るロシア海軍ミサイル発射試験場で発射試験が行なわれているようです。
[ロシア海軍の為の巡航ミサイルは試射中にアルハンゲリスク州ネノクサ村の住宅へ落下した]

「ツィルコン」は、2018~2020年から生産が始まります。
[極超音速巡航ミサイル"ツィルコン"は2020年以降にロシア海軍へ制式採用される]
[ロシア海軍の為の極超音速巡航ミサイル"ツィルコン"は2018年から生産を開始するかもしれない]

「ツィルコン」は、数年後に大規模な近代化改装が行なわれる重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」に装備されます。
[ロシア海軍の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーは近代化改装により極超音速対艦ミサイル"ツィルコン"を装備するかもしれない]

更には、現在、大規模な近代化改装が行なわれている重原子力ロケット巡洋艦「アドミラル・ナヒーモフ」も装備する事になります。
[ロシア海軍北方艦隊の重原子力ロケット巡洋艦アドミラル・ナヒーモフの近代化改装の為の新たな大型クレーンが導入された]

この他、現在開発中のロシア海軍第5世代原子力潜水艦「ハスキー」級にも装備されます。
[ロシア海軍第5世代原潜ハスキー級は多用途原潜と戦略原潜を統合する?]


そして、ミサイル発射機を換装する近代化改装が行なわれるプロジェクト949A原子力水中巡洋艦(オスカーII)にも「ツィルコン」が装備されます。
[ロシア海軍の約10隻のアクラ級原潜とオスカーII級原潜が近代化改装される]


現在、太平洋艦隊「イルクーツク」「チェリャビンスク」は、沿海地方ボリショイ・カーメニで近代化改装が行なわれています。
[ロシア海軍太平洋艦隊の原子力水中巡洋艦イルクーツクは汎用ミサイル発射機を装備する]
[オスカーII級原潜イルクーツクは高度な近代化を実施する]
[ロシア太平洋艦隊の3隻の原潜は近代化改装の為に移送された]

近代化される949Aは、有翼ミサイル「オーニクス」「カリブル」の両方を運用できる汎用ミサイル発射機を装備しますが、将来的には、この汎用発射機から「ツィルコン」も発射できるようになるという事です。