FC2ブログ

クリロフ国立研究センターは半双胴形式の軽空母を提案する

18-1002a.jpg
『タス通信』より
2018年10月2日10時19分配信
【ロシアはカタマラン軽航空母艦の建造を提示する】
モスクワ、10月2日/タス通信

新たなロシア軽航空母艦の素案は、半カタマラン(双胴)形状のユニークな水中部分を得る。
航空艦の為のこのような概略は、未だ提示していない。
『タス通信』は、草案の開発企業である『クリロフ国立研究センター』の代理人より伝えられた。

新たな通常動力多目的軽航空母艦の模型は、8月末のフォーラム『アルミヤ-2018』で初めて提示された。
18-1002c.jpg18-1002b.jpg
素案は、未だ名前が無い。

「このプロジェクトの主な特徴は、水中部分の構造です。
船体の形状は、半カタマランを実現します」
『タス通信』
はセンターの代理人より伝えられた。

カタマランは、2つの並行する船体を有し、上部構造物プラットフォームで結合される。
新たな航空母艦の概略は、半カタマランと呼ばれ、艦の尾部は2つの独立した船体であり、艦首部分で1つに収束される。

企業の代理人によると、新たな概略は、小さい排水量で、より重クラスの航空母艦のような広範囲の飛行甲板の使用を可能にする。
甲板の面積は、航空機の構成及び機数に依る。
「その結果、艦は中規模の排水量で、それ以上の艦上航空団を収容できます」
専門家は強調した。

彼によると、以前に作成された航空艦では、同様の形状の船体は採用されなかった。

[特性]
センター
は、新たな航空母艦の満載排水量は44000トン、全長304メートル、甲板幅78メートル、吃水8.5メートル、最大速力28ノット、航続距離8000海里と見積もっていると説明した。
艦の航空団は、12~14機の戦闘機Su-33、12~14機のMiG-29K/KUB、4機の遠距離電波位置測定探知・管制航空機、12~14機のヘリコプターKa-27ファミリーを含む46機の飛行装置から成る。

比較の為に:ロシア唯一の中型クラスの航空母艦「アドミラル・クズネツォフ」の満載排水量は、より大きな59000トン(15000トン多い)だが、保有する航空群は、殆ど同じである~52機の航空機及びヘリコプター



[ロシア新世代航空母艦]
ロシア海軍の為の将来航空母艦Перспективный Авианосецの設計開発作業は2007年に始まりました。

将来航空母艦は、複数の設計草案が提示されており、この内の1つは排水量75000トンになるようです。
[ロシア海軍の将来航空母艦の設計草案は2018年末までにロシア国防省へ提出される]

将来航空母艦アイランドは非金属複合材料製になります。
[ロシア海軍将来正規空母のアイランドは複合材料で造られる]

将来航空母艦の動力に関しては、通常動力(ガスタービンなど)と原子力推進の2つのヴァージョンが検討されていますが、ロシア海軍原子力推進を望んでいます。
[ロシア海軍将来正規空母は原子力推進となる]
[ロシア海軍将来正規空母と将来駆逐艦リデル級は同型の原子力機関を搭載する]

将来航空母艦の建造は2023年~2028年の開始が計画されています。
[ロシア海軍の新世代空母の建造は2023年~2028年に開始される]
[ロシア海軍の為の新世代空母の建造は『2018-2027年の国家軍備プログラム』において開始される]



2018年8月下旬にモスクワ州クビンカで開催された国際軍事技術フォーラム『アルミヤ-2018』において、『クリロフ国立研究センター』は、軽空母の概念設計案を初めて公表しました。
[クリロフ国立研究センターは軽空母の概念設計案を作成する]
[クリロフ国立研究センターは軽空母の概念設計案を公表した]

この軽空母は基本的には輸出用ですが、ロシア海軍向けとしても考慮されています。

既に、ロシア海軍将来航空母艦の為の艦載機として、新たにVSTOL艦上戦闘機の開発が始まっています。
[ヤコブレフ新世代VSTOL艦上戦闘機]

VSTOL艦上戦闘機を搭載するのなら、大型の航空母艦は必要なく、この軽空母のような44000トンの艦で充分でしょう。
18-0822e.jpg
[軽多目的航空母艦]
基準排水量:37000トン
満載排水量:44000トン
全長:304m
最大幅:78m
機関出力:110000馬力(ガスタービン)
速力:28ノット
航続距離:8000海里
自立航行期間:60日
兵装:高射ミサイル砲複合体「パーンツィリ-ME」×4基
対潜/対魚雷複合体「パケート」×4基
搭載機:46機
(重戦闘機×12~14機
軽戦闘機×12~14機、
遠距離電波位置特定巡視航空機×4機
ヘリコプター×12~14機)


一見すると、「アドミラル・クズネツォフ」をリファインしたような艦ですが、この艦は「半カタマラン(双胴形式)」と呼ばれ、船体の後部が双胴形状になっています。

「アドミラル・クズネツォフ」よりも15000トンほど軽い空母ですが、飛行甲板のサイズは「アドミラル・クズネツォフ」と殆ど同じであり、搭載機数も「アドミラル・クズネツォフ」より、やや少ない程度となっております。

機関はガスタービンですが、合計出力(11万馬力)から見て、おそらくは、フリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」型と同じM90FR(27500馬力)を4基搭載するようです。
14-0714f.jpg

『クリロフ国立研究センター』は、この軽空母ロシア海軍向けとしても提案するつもりのようですが、そのロシア海軍は、7万トン級の原子力空母を望んでいるようです。
[ロシア海軍の将来航空母艦は7万トン級になる]
[ロシア海軍の為の新世代原子力空母が建造される]
スポンサーサイト

ロシア海軍の為の新世代原子力空母が建造される

18-0826d.jpg
『タス通信』より
2018年8月24日12時25分配信
【ロシアに原子力航空母艦が登場するだろう】
クビンカ/モスクワ州、8月24日/タス通信

ロシア海軍は、新世代航空母艦の為の核動力装置作成の作業と、この艦のプロジェクト作成の作業を既に始動させている。
金曜日、テレビ局『ズヴェズダー』の生放送でロシア海軍造船管理部長ウラジーミル・トリャピチニコフ少将は述べた。


「非常に複雑な問題ですね。
それは今日において、『統合造船業営団』の設計局が実際に作業を行なっています。
造船工場での作業は、それ故に、この艦を作成する為の生産能力が必要です」

彼は、海軍には、核動力を有する航空母艦が必要な否かという質問に答え、こう話した。

このテーマの下でのこのような作業は、海軍の科学研究機関で行なわれている。
「今日において、エンジン(その作成の為の研究の始動)は始動されており、私共は、今日、このテーマの下での作業を有しております。
そして近い内に、何れかのコンセプトが承認されます。
そうですね、これは長期に渡る事になるでしょうが、この艦は、然るべき場所に保有しなければなりません」
トリャピチニコフ
は強調した。

ロシア海軍の代理人は指摘した。
この新世代航空艦「最新であり、それに沿った任務を遂行しなければななりません」
「近い内に、この決定は採択されるでしょう」

提督は総括した。

ロシア海軍の戦闘編制には、ただ1隻の通常動力中型航空母艦「アドミラル・クズネツォフ」(国内での分類は重航空巡洋艦)が在る。
以前に海軍が表明したように、ロシア海軍は、核動力装置を有する将来航空母艦の受領を2030年末に見込んでおり、その排水量は少なくとも7万トンでなければならない。
航空艦の設計には、ロシアで唯一の研究組織~ネヴァ川計画設計局が従事している。



[ロシア新世代航空母艦]
ロシア海軍の為の将来航空母艦Перспективный Авианосецの設計開発作業は2007年に始まりました。

将来航空母艦は、複数の設計草案が提示されており、この内の1つは排水量75000トンになるようです。
[ロシア海軍の将来航空母艦の設計草案は2018年末までにロシア国防省へ提出される]
ロシア海軍は、少なくとも70000トンの艦を望んでいるようです。
[ロシア海軍の将来航空母艦は7万トン級になる]

将来航空母艦アイランドは非金属複合材料製になります。
[ロシア海軍将来正規空母のアイランドは複合材料で造られる]

将来航空母艦の動力に関しては、通常動力(ガスタービンなど)と原子力推進の2つのヴァージョンが検討されていますが、ロシア海軍の要求により、ほぼ原子力推進に確定しております。
[ロシア海軍将来正規空母は原子力推進となる]
[ロシア海軍将来正規空母と将来駆逐艦リデル級は同型の原子力機関を搭載する]

将来航空母艦は、サンクトペテルブルク『バルト工場』で建造中の新型原子力砕氷船「アルクチカ」型原子炉RITM-200と同系列のもの(改良発展型)を搭載するようです。
[ロシア海軍将来原子力空母は原子炉RITM-200を搭載するかもしれない]

将来航空母艦の最終設計案は2020年以降に固められます。
[ロシア海軍将来原子力空母の最終設計案は2020年以降に作成される]
[新型原子力空母の建造はロシア海軍の将来計画に含まれている]

将来航空母艦の建造は2023年~2028年の開始が計画されています。
[ロシア海軍の新世代空母の建造は2023年~2028年に開始される]
[ロシア海軍の為の新世代空母の建造は『2018-2027年の国家軍備プログラム』において開始される]


今回、ロシア海軍造船管理部長ウラジーミル・トリャピチニコフ少将は全く触れていませんが、既に将来航空母艦の艦載機として、新世代VSTOL(短距離・垂直離陸/垂直着陸)艦上戦闘機の開発作業が始まっています。
[ロシア海軍の為の新たなVSTOL艦上戦闘機の開発作業は既に開始されている]
[ロシア航空機製造業界はロシア海軍の為の新世代VSTOL艦上戦闘機の開発作業を進めている]
VSTOL艦上戦闘機は、比較的小さな航空母艦でも搭載・運用できるという利点があります。

更に、ロシア海軍の艦船の形状などを研究し、艦船設計の大まかな方向性を決定する『クリロフ国立研究センター』は、44000トン級軽航空母艦の概念設計案を発表しています。
[クリロフ国立研究センターは軽空母の概念設計案を公表した]

この軽空母(輸出用あるいはロシア海軍向け)の動力はガスタービンが想定されていますが、或いは、これを原子力推進化した艦がロシア海軍向けに建造されるかもしれません。

クリロフ国立研究センターは軽空母の概念設計案を公表した

18-0822b.jpg
『タス通信』より
2018年8月21日17時23分配信
【『クリロフセンター』は軽航空母艦の素案を開発した】
クビンカ/モスクワ州、8月21日/タス通信

『クリロフ研究センター』は、ロシア海軍向けとなる可能性も含まれる輸出用軽航空母艦の素案を開発した。
火曜日、『タス通信』は同社の代理人より伝えられた。
航空母艦の概念は、フォーラム『アルミヤ-2018』の枠組みにおいて、センターの展示台で示された。

「この自主開発は輸出用のものですが、国家発注を含めて考慮しております」
対談者は話した。

彼によると、新たなプロジェクトは、予備評価では、以前の重航空母艦概念案「シトルム」のおよそ半分の価格である。
しかし、航空団の質(航空機のタイプの数量)は、これと同様である。
このようなクラスの艦は、『セヴマシュ』か、ケルチ工場『ザリフ』或いは『バルト工場』で建造できる。

発注主から技術的課題を受け取った場合、構成文書は『ネヴァ川計画設計局』により開発され、約2年掛かると『クリロフセンター』の代理人は指摘した。
「その後、起工され、完成するのに、およそ6~7年掛かります」
彼は付け加えた。

添付データによると、新たな航空母艦の満載排水量は44000トンであり、46機までの飛行装置を搭載できる。
艦の動力装置はガスタービンとなる。

国際軍事技術フォーラム『アルミヤ-2018』は、モスクワ州クビンカで8月21日~26日に開催される。



[ロシア新世代航空母艦]
ロシア海軍の為の将来航空母艦Перспективный Авианосецの設計開発作業は2007年に始まりました。

将来航空母艦は、複数の設計草案が提示されており、この内の1つは排水量75000トンになるようです。
[ロシア海軍の将来航空母艦の設計草案は2018年末までにロシア国防省へ提出される]

将来航空母艦アイランドは非金属複合材料製になります。
[ロシア海軍将来正規空母のアイランドは複合材料で造られる]

将来航空母艦の動力に関しては、通常動力(ガスタービンなど)と原子力推進の2つのヴァージョンが検討されていますが、ロシア海軍の要求により、ほぼ原子力推進に確定しております。
[ロシア海軍将来正規空母は原子力推進となる]
[ロシア海軍将来正規空母と将来駆逐艦リデル級は同型の原子力機関を搭載する]

将来航空母艦は、サンクトペテルブルク『バルト工場』で建造中の新型原子力砕氷船「アルクチカ」型と同型の原子炉RITM-200を搭載するようです。
[ロシア海軍将来原子力空母は原子炉RITM-200を搭載するかもしれない]

将来航空母艦の建造は2023年~2028年の開始が計画されています。
[ロシア海軍の新世代空母の建造は2023年~2028年に開始される]
[ロシア海軍の為の新世代空母の建造は『2018-2027年の国家軍備プログラム』において開始される]


18-0822c.jpg
18-0822d.jpg
そして、2018年8月21日からモスクワ州クビンカで始まった国際軍事技術フォーラム『アルミヤ-2018』において、『クリロフ国立研究センター』は、軽空母の概念設計案を初めて公表しました。
[クリロフ国立研究センターは軽空母の概念設計案を作成する]

この軽空母は基本的には輸出用ですが、ロシア海軍向けとしても考慮されています。

既に、ロシア海軍将来航空母艦の為の艦載機として、新たにVSTOL艦上戦闘機の開発が始まっています。
[ロシア海軍の為の新たなVSTOL艦上戦闘機の開発作業は既に開始されている]

VSTOL艦上戦闘機を搭載するのなら、大型の航空母艦は必要なく、この軽空母のような44000トンの艦で充分でしょう。
18-0822e.jpg
[軽多目的航空母艦]
基準排水量:37000トン
満載排水量:44000トン
全長:304m
最大幅:78m
機関出力:110000馬力(ガスタービン)
速力:28ノット
航続距離:8000海里
自立航行期間:60日
兵装:高射ミサイル砲複合体「パーンツィリ-ME」×4基
対潜/対魚雷複合体「パケート」×4基
搭載機:46機
(重戦闘機×12~14機
軽戦闘機×12~14機、
遠距離電波位置特定巡視航空機×4機
ヘリコプター×12~14機)

ロシア海軍の将来航空母艦の設計草案は2018年末までにロシア国防省へ提出される

18-0516c.jpg
『タス通信』より
2018年5月16日11時26分配信
【『統合造船業営団』は年末に(ロシア)国防省へ新たな航空母艦の完成ヴァージョンを提示する】
モスクワ、5月16日/タス通信

『統合造船業営団』は2018年末までにロシア連邦国防省へ、新たな国産航空母艦の複数の完成した設計草案を検討の為に提示する。
ヴァージョンの内の1つが選定された場合、艦の試験設計作業は2019年から開始できる。
『タス通信』防衛産業企業体の情報提供者より伝えられた。

「『統合造船業営団』は、年末までにロシア連邦国防省へ検討の為に、完成した提案(註:航空母艦の)を提示する課題があります。
ヴァージョンの1つは、具体的には、排水量75000トンの航空艦の建造を前提としております」

対談者は話した。

情報提供者は、設計の内の1つが選定された場合
「艦の技術設計、プロジェクト設計文書の準備は2019年に開始する事ができ、航空母艦は、2021~2022年には起工できるでしょう。
その建造は、事前の見積もりでは、約10年間に渡るでしょう」
と説明した。
対談者は、『2018~2027年の国家軍備プログラム』において、新たな航空母艦プログラムへの「最初の資金供給」が規定されていると付け加えた。

『統合造船業営団』『タス通信』へ、この情報に関してコメントしなかった。

現在、ロシア海軍の戦闘編制には、唯一の通常動力中型航空母艦「アドミラル・クズネツォフ」(国内の分類は重航空巡洋艦)が在籍している。
以前に海軍が表明したように、ロシア海軍は、核動力装置を有する将来航空母艦の受領を2030年末に見込んでおり、新たな航空母艦の排水量は、少なくとも7万トンでなければならない。

『クリロフ国立研究センター』は、以前、外国の発注者の為、更には自国海軍への提案の為、航空母艦の素案を開発し、広範囲の人々へ提示した。
プロジェクト23000「シトルム」の名を受け取った。
提示された草案では、艦は80000~90000トンの排水量を有し、複合動力装置(原子炉及びガスタービンエンジン)を装備する。
艦の航空グループは60機の機体を有していなければならない。



[ロシア新世代航空母艦]
[ロシア海軍将来空母概念設計案・プロジェクト23000E「シトルム」]
23000e.jpg

ロシア海軍の為の将来航空母艦Перспективный Авианосецの設計開発作業は2007年に始まりました。

現在の所、将来航空母艦は、5万トンから8万5千トンまでの3種類のヴァリエーション(軽空母、中空母、重空母)が提示されています。

重航空母艦(排水量80000-85000t、搭載機70機)
中航空母艦(排水量55000-65000t、搭載機50-55機)
軽航空母艦(排水量50000t)

建造費は重空母で3000億ルーブル、軽空母で1000億ルーブルと見積もられています。
[ロシアは3種類の将来航空母艦を設計している]
[ロシア国防省は3つの将来原子力空母設計案を検討している]
[ロシア将来空母の作成には約10年掛かり、費用は1000-3000億ルーブルになる]

将来航空母艦アイランドは非金属複合材料製になります。
[ロシア海軍将来正規空母のアイランドは複合材料で造られる]

将来航空母艦の動力に関しては、通常動力(ガスタービンなど)と原子力推進の2つのヴァージョンが検討されていますが、ロシア海軍の要求により、ほぼ原子力推進に確定しております。
[ロシア海軍将来正規空母は原子力推進となる]
[ロシア海軍将来正規空母と将来駆逐艦リデル級は同型の原子力機関を搭載する]

将来航空母艦は、2016年6月16日にサンクトペテルブルク『バルト工場』で進水した新型原子力砕氷船「アルクチカ」(2019年就航予定)と同型の原子炉RITM-200を搭載するようです。
[ロシア海軍将来原子力空母は原子炉RITM-200を搭載するかもしれない]
18-0225g.jpg

将来航空母艦の建造は2023年~2028年の開始が計画されています。
[ロシア海軍の新世代空母の建造は2023年~2028年に開始される]
[ロシア海軍の為の新世代空母の建造は『2018-2027年の国家軍備プログラム』において開始される]


将来航空母艦艦載機に関しては、以前には2019年以降に配備予定のロシア第5世代重戦闘機Su-57の艦上機型が有力視されていました。
[ロシア海軍将来正規空母は第5世代重戦闘機Su-57の艦上機型を搭載し、カタパルトとスキージャンプを並行装備する]
[ロシア航空機製造業界は第5世代重戦闘機Su-57の艦上戦闘機型を開発する用意がある]

しかし、2017年7月以降、ヤコブレフ新世代VSTOL艦上戦闘機を開発するという話が出てきており、搭載機はVSTOL戦闘機になる可能性も有ります。
[ロシア海軍の将来空母の為のVSTOL艦上戦闘機が開発される]
[ロシア海軍の為の新たなVSTOL艦上戦闘機が開発される]
[ロシア航空業界はロシア海軍の為の新たなVSTOL艦上戦闘機の為のエンジンを開発する用意がある]


将来航空母艦の建造は、セヴェロドヴィンスク『セヴマシュ』と、サンクトペテルブルク『北方造船所』の協業になるようです。
[ロシア海軍の新世代航空母艦はセヴェロドヴィンスク造船所(セヴマシュ)とサンクトペテルブルク北方造船所が協同で建造する]

2018年4月下旬、ロシア海軍副総司令官(軍備担当)ヴィクトール・ブルスク中将は、将来航空母艦の排水量は70000トンになると発言しました。
[ロシア海軍の将来航空母艦は7万トン級になる]


そして、今回の記事に登場する「ロシア防衛産業企業体の匿名希望の情報提供者」によると、将来航空母艦の複数の設計草案が2018年末までにロシア国防省へ提示され、そのうちのどれか1つが選定されれば、2019年からは本格的な設計作業へ取り掛かり、順調に行けば、2021~2022年には艦を起工できると言っています。

なお、複数ある設計草案の1つは、排水量7万5千トンになるとの事です。
おそらくは、これが最も大きな艦でしょう。

ロシア海軍の将来航空母艦は7万トン級になる

18-0425c.jpg
『タス通信』より
2018年4月25日15時32分配信
【海軍の将来航空母艦は少なくとも70000トンの排水量を得る】
サンクトペテルブルク、4月25日/タス通信

ロシア海軍将来航空母艦は、少なくとも70000トンの排水量を有し、技術設計は未だ用意されていない。
ロシア海軍福総司令官(軍備担当)ヴィクトール・ブルスク中将は報道陣へ伝えた。

「海軍は、『価値-品質』の経済的相関性の観点から、ロシア連邦の為に軽航空母艦を建造するのは無駄であると考えております。
望ましいのは、その艦上に数多くの飛行装置を乗せる事が可能な排水量70000トンの航空母艦の建造でしょう」

彼は話した。

ブルスクは付け加えた。
「技術的特性及び設計は、未だ用意されておらず、技術的設計の作成中に、必要なものが定められます。
ですが、既に今、明確なのは、その排水量は70000トンになるという事です」


これまでにロシア連邦海軍は、ロシア海軍が核動力装置を有する将来航空母艦の受領を2030年末に見込んでいると表明していた。
以前、ロシア連邦国防次官ユーリー・ボリソフは、航空母艦の建造契約は2025年末に署名されるかもしれないと述べた。
ロシア連邦産業貿易相デニス・マントゥロフは、航空艦の概略設計は既に作成され、ロシア国防省へ提示されていると述べた。

同時に、『統合造船業営団』へ加入している『クリロフ国立研究センター』は、新たな航空母艦の概略設計を開発し、更には、我が国の海軍の為に提示している。
プロジェクト23000「シトルム」の名を受け取った。
提示された草案では、艦は80000~90000トンの排水量を有し、複合動力装置(原子炉及びガスタービンエンジン)を装備する。
艦の航空グループは60機の機体を有していなければならない。



[ロシア新世代航空母艦]
[ロシア海軍将来空母概念設計案・プロジェクト23000E「シトルム」]
23000e.jpg

ロシア海軍の為の将来航空母艦Перспективный Авианосецの設計開発作業は2007年に始まりました。

現在の所、将来航空母艦は、5万トンから8万5千トンまでの3種類のヴァリエーション(軽空母、中空母、重空母)が提示されています。

重航空母艦(排水量80000-85000t、搭載機70機)
中航空母艦(排水量55000-65000t、搭載機50-55機)
軽航空母艦(排水量50000t)

建造費は重空母で3000億ルーブル、軽空母で1000億ルーブルと見積もられています。
[ロシアは3種類の将来航空母艦を設計している]
[ロシア国防省は3つの将来原子力空母設計案を検討している]
[ロシア将来空母の作成には約10年掛かり、費用は1000-3000億ルーブルになる]


将来航空母艦艦載機は、2019年以降に配備予定のロシア第5世代重戦闘機Su-57の艦上機型が想定されており、この他に無人機も搭載されます。
[ロシア海軍将来正規空母は第5世代重戦闘機Su-57の艦上機型を搭載し、カタパルトとスキージャンプを並行装備する]
[ロシア航空機製造業界は第5世代重戦闘機Su-57の艦上戦闘機型を開発する用意がある]
[ロシア海軍航空隊の為の有人/無人航空機が開発される]

将来航空母艦には、艦載機発進の為のカタパルトが装備されます。
[ロシア海軍の為の将来正規空母はカタパルトを装備する]

将来航空母艦の為の電磁カタパルトの開発作業も進められています。
[ロシアは将来空母用の電磁カタパルトの開発を始めている]
[ロシア海軍将来正規空母の為の電磁カタパルトの開発は進められている]

将来航空母艦アイランドは非金属複合材料製になります。
[ロシア海軍将来正規空母のアイランドは複合材料で造られる]

将来航空母艦の動力に関しては、通常動力(ガスタービンなど)と原子力推進の2つのヴァージョンが検討されていますが、ロシア海軍の要求により、ほぼ原子力推進に確定しております。
[ロシア海軍将来正規空母は原子力推進となる]
[ロシア海軍将来正規空母と将来駆逐艦リデル級は同型の原子力機関を搭載する]

将来航空母艦は、2016年6月16日にサンクトペテルブルク『バルト工場』で進水した新型原子力砕氷船「アルクチカ」(2019年就航予定)と同型の原子炉RITM-200を搭載するようです。
[ロシア海軍将来原子力空母は原子炉RITM-200を搭載するかもしれない]
18-0225g.jpg

将来航空母艦の最終設計案は2020年以降に固められます。
[ロシア海軍将来原子力空母の最終設計案は2020年以降に作成される]
[新型原子力空母の建造はロシア海軍の将来計画に含まれている]

将来航空母艦の建造は2023年~2028年の開始が計画されています。
[ロシア海軍の新世代空母の建造は2023年~2028年に開始される]
[ロシア海軍の為の新世代空母の建造は『2018-2027年の国家軍備プログラム』において開始される]

なお、艦上戦闘機に関しては、2017年7月以降、ヤコブレフ新世代VSTOL艦上戦闘機を開発するという話が出てきているので、搭載機はSu-57艦上戦闘機型では無く、VSTOL戦闘機になる可能性も有ります。
[ロシア海軍の将来空母の為のVSTOL艦上戦闘機が開発される]
[ロシア海軍の為の新たなVSTOL艦上戦闘機が開発される]
[ロシア航空業界はロシア海軍の為の新たなVSTOL艦上戦闘機の為のエンジンを開発する用意がある]


新世代航空母艦の建造は、セヴェロドヴィンスク『セヴマシュ』と、サンクトペテルブルク『北方造船所』の協業になるようです。
[ロシア海軍の新世代航空母艦はセヴェロドヴィンスク造船所(セヴマシュ)とサンクトペテルブルク北方造船所が協同で建造する]


そして今回、ロシア海軍副総司令官(軍備担当)ヴィクトール・ブルスク中将は、将来航空母艦の排水量は70000トンになると発言しました。

更にブルスク中将は、軽航空母艦の建造は無駄であるとまで断言しております。

上記のように、将来航空母艦重空母、中空母、軽空母の3タイプが検討されていましたが、この中の中空母をベースにした案が選ばれたようです。


「7万トン級の航空母艦」は、ソ連時代の1970年代に計画された事が有ります。
[幻と消えた原子力空母・プロジェクト1153]
CV-1153.png
プロジェクト1153は建造には至りませんでしたが、40年以上の時を経て、同クラスの艦が現実化するかもしれません。

ロシア海軍の新世代航空母艦はセヴェロドヴィンスク造船所(セヴマシュ)とサンクトペテルブルク北方造船所が協同で建造する

18-0322d.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2018年3月21日16時18分配信
【『セヴマシュ』と『北方造船所』(セーヴェルナヤ・ヴェルフィ)は新たなロシアの航空母艦を建造できる】
モスクワ、3月21日-ロシア通信社ノーボスチ

新たなロシア航空母艦を建造できる企業は1つでは無く、『セヴマシュ』『北方造船所』(セーヴェルナヤ・ヴェルフィ)の協業となる。
水曜日、『統合造船業営団』のトップ、アレクセイ・ラフマノフは報道陣へ伝えた。

「『セヴマシュ』は、これ(航空母艦の建造)を行なえる事が示されています。
2019年には、我々は『北方造船所』近代化の第1段階を完了します。
言うまでもなく、航空母艦は1つの企業だけで建造されるものでは有りませんが、協業が形成されるのならば、『北方造船所』の生産力を用いる事も含め、モジュール方式で建造されます」
ラフマノフ
は、新たな航空母艦を建造できる企業は何処かという質問に答え、こう話した。



[ロシア新世代航空母艦]
[ロシア海軍将来空母概念設計案・プロジェクト23000E「シトルム」]
23000e.jpg

ロシア海軍の為の将来航空母艦Перспективный Авианосецの設計開発作業は2007年に始まりました。

現在の所、将来航空母艦は、5万トンから8万5千トンまでの3種類のヴァリエーション(軽空母、中空母、重空母)が検討されています。

重航空母艦(排水量80000-85000t、搭載機70機)
中航空母艦(排水量55000-65000t、搭載機50-55機)
軽航空母艦(排水量50000t)

建造費は重空母で3000億ルーブル、軽空母で1000億ルーブルと見積もられています。
[ロシアは3種類の将来航空母艦を設計している]
[ロシア国防省は3つの将来原子力空母設計案を検討している]
[ロシア将来空母の作成には約10年掛かり、費用は1000-3000億ルーブルになる]


将来航空母艦艦載機は、2019年以降に配備予定のロシア第5世代重戦闘機Su-57の艦上機型が想定されており、この他に無人機も搭載されます。
[ロシア海軍将来正規空母は第5世代重戦闘機Su-57の艦上機型を搭載し、カタパルトとスキージャンプを並行装備する]
[ロシア航空機製造業界は第5世代重戦闘機Su-57の艦上戦闘機型を開発する用意がある]
[ロシア海軍航空隊の為の有人/無人航空機が開発される]

将来航空母艦には、艦載機発進の為のカタパルトが装備されます。
[ロシア海軍の為の将来正規空母はカタパルトを装備する]

将来航空母艦の為の電磁カタパルトの開発作業も進められています。
[ロシアは将来空母用の電磁カタパルトの開発を始めている]
[ロシア海軍将来正規空母の為の電磁カタパルトの開発は進められている]

将来航空母艦アイランドは非金属複合材料製になります。
[ロシア海軍将来正規空母のアイランドは複合材料で造られる]

将来航空母艦の動力に関しては、通常動力(ガスタービンなど)と原子力推進の2つのヴァージョンが検討されていますが、ロシア海軍の要求により、ほぼ原子力推進に確定しております。
[ロシア海軍将来正規空母は原子力推進となる]
[ロシア海軍将来正規空母と将来駆逐艦リデル級は同型の原子力機関を搭載する]

将来航空母艦は、2016年6月16日にサンクトペテルブルク『バルト工場』で進水した新型原子力砕氷船「アルクチカ」(2019年就航予定)と同型の原子炉RITM-200を搭載するようです。
[ロシア海軍将来原子力空母は原子炉RITM-200を搭載するかもしれない]
18-0225g.jpg

将来航空母艦の最終設計案は2020年以降に固められます。
[ロシア海軍将来原子力空母の最終設計案は2020年以降に作成される]
[新型原子力空母の建造はロシア海軍の将来計画に含まれている]

将来航空母艦の建造は2023年~2028年の開始が計画されています。
[ロシア海軍の新世代空母の建造は2023年~2028年に開始される]
[ロシア海軍の為の新世代空母の建造は『2018-2027年の国家軍備プログラム』において開始される]


ただ、2017年7月以降、ロシア海軍新世代VSTOL艦上戦闘機(ヤコブレフ)を開発するという話が出てきており、最初に建造されるのは、(Su-57艦上戦闘機型を搭載する大型正規空母では無く)VSTOL軽空母になるかもしれません。
[ロシア海軍の将来空母はVSTOL空母になるかもしれない]
[ロシア海軍の為の新たなVSTOL艦上戦闘機が開発される]

以前に将来空母概念設計(シトルム)を作成した『クリロフ国立研究センター』は、今度は軽空母(30000~40000トン)の概念設計案を作成します。
[クリロフ国立研究センターは軽空母の概念設計案を作成する]


新世代航空母艦を建造する造船所について、以前、『統合造船業営団』総裁アレクセイ・ラフマノフ氏は、セヴェロドヴィンスク『セヴマシュ』の他に、サンクトペテルブルク市『バルト工場』を挙げていました。
[ロシアの2つの造船所はロシア海軍の為の将来正規空母を建造できる]
[サンクトペテルブルクの造船所はロシア海軍の将来原子力空母の建造に参加できる]

『セヴマシュ』
18-0322a.jpg

『バルト工場』
18-0322c.jpg

しかし今回、ラフマノフ氏は、新世代航空母艦の建造は『セヴマシュ』と、サンクトペテルブルク『北方造船所』の協業になると明言しています。

『北方造船所』
18-0322b.jpg

『バルト工場』原子力水上艦船の建造経験が豊富であり(原子力砕氷船、重原子力ロケット巡洋艦、原子力偵察艦を建造)、かつてロシア海軍フランスへ発注した「ミストラル」級ヘリコプター揚陸ドック艦2隻の船体の半分を建造した経験もあり、新世代航空母艦を建造する造船所の有力候補でした。
しかし『バルト工場』には、ロシア北極圏で運用される原子力砕氷船の建造という重要な仕事が有ります。
(現在は新世代原子力砕氷船「アルクチカ」型を建造中)

原子力砕氷船『バルト工場』以外の造船所で建造する事は出来ないので、同社は原子力砕氷船の建造に専念させる事になったようです。

今回の記事でも触れられていますが、『北方造船所』は近代化を進めており、全長250メートル、幅70メートルの乾ドックが2ヶ所建設され、その完成は2019年末に予定されています。
[サンクトペテルブルク市の北方造船所は2019年末以降にロシア海軍の為の汎用揚陸艦プリボイ級と新世代駆逐艦リデル級を建造できる]
新ドック完成後、『北方造船所』は、「セヴァストーポリ」型汎用ヘリコプター母艦原子力駆逐艦「リデル」級の建造に着手します。

新ドックが完成すれば、ロシア海軍新世代航空母艦を丸ごと1隻建造する事は出来なくとも、船体の一部を建造する事は可能になるでしょう。

ロシア海軍将来正規空母は第5世代重戦闘機Su-57の艦上機型を搭載し、カタパルトとスキージャンプを並行装備する

18-0225b.jpg
『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2018年2月25日12時44分配信
【ロシア海軍の為の新たな航空母艦が建造される】
モスクワ、2月25日、インタファクス

ロシア海軍の為の新たな航空複合体が建造される。
ロシア連邦国防省の海軍造船兵器軍事研究センター所長ニコライ・マクシモフは述べた。
18-0225d.jpg

「予見される航空複合体の建造には、航空母艦自身、航空団、駐留システムが含まれます」
ニコライ・マクシモフ
テレビ局『ズヴェズダー』の生放送で話した。

新たな航空母艦には、発艦の為のトランポリン(スキージャンプ)加速装置(カタパルト)が並行装備される。
ロシア連邦国防省の海軍兵器軍事研究センターの艦船将来計画部長ウラジーミル・ペペリャエフはテレビ局へ伝えた。
18-0225c.jpg
「トランポリンと加速装置を併用すれば、全ての航空機の発艦能力が増加します」
ウラジーミル・ペペリャエフ
は話した。

クリロフ国立研究センターの水上艦設計部長ワレンチン・ベロネンコによると、航空母艦の艦上には、その海洋ヴァージョンの作成が決定された場合、ロシア第5世代戦闘機Su-57が駐留できる。
18-0225e.jpg
「決定が下された場合、それ(Su-57)は、甲板の為に適応します」
ワレンチン・ベロネンコ
は指摘した。

以前、『統合造船業営団』のトップは、新たな国家軍備プログラムにおいて、新たな航空母艦の為の「作業の定義」が規定されると述べた。

『インタファクス』が伝えたように、『クリロフ国立研究センター』は、将来航空母艦の概念設計~プロジェクト23000E「シトルム」を開発している。
将来航空母艦プロジェクト23000E(コード名「シトルム」)は、未だ模型でのみ存在している。
艦のコンセプトは、『クリロフ研究センター』(サンクトペテルブルク)『ネフスキー計画設計局』と共同で開発している。
艦の全長は330メートル、幅40メートル、吃水11メートル。
航空母艦の速力は30ノットに達し、それは90機までの航空機及びヘリコプターを搭載する。

2017年3月初頭、ドミトリー・ロゴージン副首相『インタファクス』のインタビューに対し、ロシア防衛産業企業体は、然るべき決定が下された場合、海軍の為の新たな航空母艦を建造する用意があると語った。



[ロシア将来航空母艦]
[ロシア海軍将来空母概念設計案・プロジェクト23000E「シトルム」]
23000e.jpg

ロシア海軍の為の将来航空母艦Перспективный Авианосецの設計開発作業は2007年に始まりました。

現在の所、将来航空母艦は、5万トンから8万5千トンまでの3種類のヴァリエーション(軽空母、中空母、重空母)が検討されています。

重航空母艦(排水量80000-85000t、搭載機70機)
中航空母艦(排水量55000-65000t、搭載機50-55機)
軽航空母艦(排水量50000t)

建造費は重空母で3000億ルーブル、軽空母で1000億ルーブルと見積もられています。
[ロシアは3種類の将来航空母艦を設計している]
[ロシア国防省は3つの将来原子力空母設計案を検討している]
[ロシア将来空母の作成には約10年掛かり、費用は1000-3000億ルーブルになる]


将来航空母艦艦載機は、2019年以降に配備予定のロシア第5世代重戦闘機Su-57の艦上機型となり、この他に無人機も搭載されます。
[ロシア第5世代戦闘機T-50(PAK FA)の艦上戦闘機型が開発される]
[ロシア海軍航空隊の為の有人/無人航空機が開発される]

将来航空母艦には、艦載機発進の為のカタパルトが装備されます。
[ロシア海軍の為の将来正規空母はカタパルトを装備する]

将来航空母艦の為の電磁カタパルトの開発作業も進められています。
[ロシアは将来空母用の電磁カタパルトの開発を始めている]
[ロシア海軍将来正規空母の為の電磁カタパルトの開発は進められている]

将来航空母艦アイランドは非金属複合材料製になります。
[ロシア海軍将来正規空母のアイランドは複合材料で造られる]

将来航空母艦の動力に関しては、通常動力(ガスタービンなど)と原子力推進の2つのヴァージョンが検討されていますが、ロシア海軍の要求により、ほぼ原子力推進に確定しております。
[ロシア海軍将来正規空母は原子力推進となる]
[ロシア海軍将来正規空母と将来駆逐艦リデル級は同型の原子力機関を搭載する]

将来航空母艦は、2016年6月16日にサンクトペテルブルク『バルト工場』で進水した新型原子力砕氷船「アルクチカ」(2019年就航予定)と同型の原子炉RITM-200を搭載するようです。
[ロシア海軍将来原子力空母は原子炉RITM-200を搭載するかもしれない]
18-0225g.jpg

将来航空母艦の最終設計案は2020年以降に固められます。
[ロシア海軍将来原子力空母の最終設計案は2020年以降に作成される]
[新型原子力空母の建造はロシア海軍の将来計画に含まれている]

将来航空母艦の建造は2023年~2028年の開始が計画されています。
[ロシア海軍の新世代空母の建造は2023年~2028年に開始される]
[ロシア海軍の為の新世代空母の建造は『2018-2027年の国家軍備プログラム』において開始される]

ロシア海軍の為の新世代空母の建造は『2018-2027年の国家軍備プログラム』において開始される

CVL-concept.jpg
『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2018年2月8日配信
【国家軍備プログラムで新たな航空母艦の為の作業の定義が規定される-統合造船業営団】
ソチ、2月8日、インタファクス-AVN

『統合造船業営団』は新たな航空母艦の作成の為の作業を率先して行ない、これは2018~2027年の国家軍備プログラムにおいて規定される。
『インタファクス』『統合造船業営団』のトップ、アレクセイ・ラフマノフより伝えられた。

「作業の定義は、その方向で規定されます。
私達が間に合えるように行なうかどうか、私達が計画期間の枠組みにおいて実行するかどうかという我々にとっての問題は未解決です」
アレクセイ・ラフマノフ
は、国家軍備プログラムにおいて新たな航空母艦の建造は規定されているのかどうかという質問に答え、こう話した。

「私達が率先し、これらの作業を進めます。
このような種類の艦の必要性は、疑いなく存在している事を理解していますから」
『統合造船業営団』
総裁は付け加えた。

同時に彼は、航空母艦の建造の最終決定は、ロシア軍の責任の範囲にある事を強調した。
「軍事ドクトリンに沿った具体的な海洋機器の種類に関する要求の問題、これは参謀本部と海軍の仕事です」
アレクセイ・ラフマノフ
は話した。

『インタファクス』が伝えたように、『クリロフ国立研究センター』は、将来航空母艦の概念設計~プロジェクト「シトルム」を開発している。
将来航空母艦は、未だ模型でのみ存在している。
艦のコンセプトは、『クリロフ研究センター』(サンクトペテルブルク)『ネフスキー計画設計局』と共同で開発している。
艦の全長は330メートル、幅40メートル、吃水11メートル。
航空母艦の速力は30ノットに達し、それは90機までの航空機及びヘリコプターを搭載する。

2017年3月初頭、ドミトリー・ロゴージン副首相『インタファクス』のインタビューに対し、ロシア防衛産業企業体は、然るべき決定が下された場合、海軍の為の新たな航空母艦を建造する用意があると語った。



[ロシア将来航空母艦]

ロシア海軍の為の将来航空母艦Перспективный Авианосецの設計開発作業は2007年に始まりました。

ロシア海軍向けなどの艦船の形状を研究する『クリロフ国立研究センター』は、将来空母の概念設計案「シトルム」を作成しています。
[ロシア海軍将来空母概念設計案・プロジェクト23000E「シトルム」]

この概念設計案をベースにして、5万トンから8万5千トンまでの3種類の設計案(軽空母、中空母、重空母)がロシア海軍へ提示されています。

重航空母艦(排水量80000-85000t、搭載機70機)
中航空母艦(排水量55000-65000t、搭載機50-55機)
軽航空母艦(排水量50000t)

建造費は重空母で3000億ルーブル、軽空母で1000億ルーブルと見積もられています。
[ロシアは3種類の将来航空母艦を設計している]
[ロシア国防省は3つの将来原子力空母設計案を検討している]
[ロシア将来空母の作成には約10年掛かり、費用は1000-3000億ルーブルになる]

将来航空母艦の最終設計案は2020年以降に固められます。
[ロシア海軍将来原子力空母の最終設計案は2020年以降に作成される]
[新型原子力空母の建造はロシア海軍の将来計画に含まれている]

2016年11月~2017年1月には重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」シリア軍事作戦へ参加していますが、この時の経験も将来航空母艦の設計に取り入れられます。
[ロシア海軍の正規空母アドミラル・クズネツォフのシリア遠征の経験は同艦の近代化改装と新たな空母の建造へ生かされる]
[正規空母アドミラル・クズネツォフを中核とする空母機動部隊のシリア遠征の経験はロシア海軍の新型艦の設計と建造へフィードバックされる]


2017年7月、ロシア連邦国防次官ユーリー・ボリソフ氏は、ロシア海軍の将来の「航空巡洋艦」は、2018年からスタートする新たな国家軍備プログラムの終わりに建造が開始され、更に、その搭載機として、『ヤコブレフ』社による新世代VSTOL艦上戦闘機の開発が検討されていると発言しました。
[ロシア海軍の将来空母はVSTOL空母になるかもしれない]

2017年7月下旬、ロシア海軍航空隊司令官イーゴリ・コジン少将は、新たな国家軍備プログラムにおいてロシア海軍将来空母の為のVSTOL戦闘機の開発が始まると述べました。
[ロシア海軍の将来空母の為のVSTOL艦上戦闘機が開発される]

2017年11月下旬、ロシア連邦国防次官ユーリー・ボリソフ氏も、新たなVSTOL戦闘機の開発計画が有ると述べました。
(つまり、「検討」の段階は終わり、開発が決定した)
[ロシア海軍の為の新たなVSTOL艦上戦闘機が開発される]

ヤコブレフ新世代VSTOL艦上戦闘機を搭載する事になる将来空母が、8万トン級重空母6万トン級中空母になるとは考えられないので、実際に建造される新空母は、軽空母になる可能性が高いでしょう。

以前に将来空母概念設計(シトルム)を作成した『クリロフ国立研究センター』は、今度は30000~40000トン級の軽空母の概念設計案を作成します。
[クリロフ国立研究センターは軽空母の概念設計案を作成する]

2017年11月下旬、ロシア連邦海軍副総司令官(軍備担当)ヴィクトール・ブルスク中将は、将来空母の建造は2023年~2028年の開始が計画されていると述べました。
[ロシア海軍の新世代空母の建造は2023年~2028年に開始される]
2018年からスタートする新たな国家軍備プログラムは、以前には「2018年~2025年の国家軍備プログラム」と呼ばれていたのですが、最近になって「2018年~2027年の国家軍備プログラム」に変更されて10ヶ年計画となったので、その後半~末期に建造を開始するという事でしょう。


現在の所、将来空母の艦載機として開発が決定しているのはヤコブレフ新世代VSTOL艦上戦闘機のみですが、この他に、べリエフによる艦上早期警戒機の自主設計プランが存在します。
[べリエフは艦上早期警戒機の特許を登録した]

旧ソ連邦時代に計画されたプロジェクト114342重航空巡洋艦(改「バクー」型)は、VSTOL戦闘機Yak-41(141)と通常の早期警戒機Yak-44Eを搭載する「空母」であり、ソ連国防省からも建造は承認されていたのですが、更に大型化してCTOL戦闘機を搭載するプロジェクト11435重航空巡洋艦(アドミラル・クズネツォフ)が建造される事になった為、ペーパープランで終わりました。
project114342.jpg

或いは、将来、このコンセプトがロシア海軍で復活する事になるかもしれません。

ロシア海軍の新世代空母の建造は2023年~2028年に開始される

17-1218a.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年11月23日20時56分配信
【(ロシア)国防省は航空巡洋艦の開発について話した】
ボチャロフ・ルチェイ(ソチ)、11月23日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア連邦の新たな国家軍備プログラムのプロジェクトにおいて航空巡洋艦の開発と発注が意図されている。
ロシア連邦国防相代理(国防次官)ユーリー・ボリソフは報道陣へ伝えた。

「航空巡洋艦について具体的に御話しいたしますと、それ(開発及び発注の予定)はプログラムの最後です」
ボリソフ
は話した。


『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年11月24日14時43分配信
【ロシア連邦海軍は新世代航空母艦の作成へ何時着手するのかを話した】
サンクトペテルブルク、11月24日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア連邦航空母艦の作成は2023年から2028年までの期間の着手が計画されている。
ロシア連邦海軍副総司令官(軍備担当)ヴィクトール・ブルスクは報道陣へ伝えた。

「新世代航空母艦の作成へ我々は国家軍備プログラムの第2(後半)のプログラム期間に着手します」
彼は話し、第2プログラム期間は2023年から2028年までであると説明した。



[ロシア将来航空母艦]

ロシア海軍の為の将来航空母艦Перспективный Авианосецの設計開発作業は2007年に始まりました。

ロシア海軍向けなどの艦船の形状を研究する『クリロフ国立研究センター』は、将来空母の概念設計案「シトルム」を作成しています。
[ロシア海軍将来空母概念設計案・プロジェクト23000E「シトルム」]

この概念設計案をベースにして、5万トンから8万5千トンまでの3種類の設計案(軽空母、中空母、重空母)がロシア海軍へ提示されています。

重航空母艦(排水量80000-85000t、搭載機70機)
中航空母艦(排水量55000-65000t、搭載機50-55機)
軽航空母艦(排水量50000t)

建造費は重空母で3000億ルーブル、軽空母で1000億ルーブルと見積もられています。
[ロシアは3種類の将来航空母艦を設計している]
[ロシア国防省は3つの将来原子力空母設計案を検討している]
[ロシア将来空母の作成には約10年掛かり、費用は1000-3000億ルーブルになる]

将来航空母艦の最終設計案は2020年以降に固められます。
[ロシア海軍将来原子力空母の最終設計案は2020年以降に作成される]
[新型原子力空母の建造はロシア海軍の将来計画に含まれている]

2016年11月~2017年1月には重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」シリア軍事作戦へ参加していますが、この時の経験も将来航空母艦の設計に取り入れられます。
[ロシア海軍の正規空母アドミラル・クズネツォフのシリア遠征の経験は同艦の近代化改装と新たな空母の建造へ生かされる]
[正規空母アドミラル・クズネツォフを中核とする空母機動部隊のシリア遠征の経験はロシア海軍の新型艦の設計と建造へフィードバックされる]


2017年7月、ロシア連邦国防次官ユーリー・ボリソフ氏は、ロシア海軍の将来の「航空巡洋艦」は、2018年からスタートする新たな国家軍備プログラムの終わりに建造が開始され、更に、その搭載機として、『ヤコブレフ』社による新世代VSTOL艦上戦闘機の開発が検討されていると発言しました。
[ロシア海軍の将来空母はVSTOL空母になるかもしれない]

2017年7月下旬、ロシア海軍航空隊司令官イーゴリ・コジン少将は、新たな国家軍備プログラムにおいてロシア海軍将来空母の為のVSTOL戦闘機の開発が始まると述べました。
[ロシア海軍の将来空母の為のVSTOL艦上戦闘機が開発される]

2017年11月下旬、ロシア連邦国防次官ユーリー・ボリソフ氏も、新たなVSTOL戦闘機の開発計画が有ると述べました。
(つまり、「検討」の段階は終わり、開発が決定した)
[ロシア海軍の為の新たなVSTOL艦上戦闘機が開発される]

ヤコブレフ新世代VSTOL艦上戦闘機を搭載する事になる将来空母が、8万トン級重空母6万トン級中空母になるとは考えられないので、実際に建造される新空母は、軽空母になる可能性が高いでしょう。

以前に将来空母概念設計(シトルム)を作成した『クリロフ国立研究センター』は、今度は軽空母の概念設計案を作成します。
[クリロフ国立研究センターは軽空母の概念設計案を作成する]

そして2017年11月下旬、ロシア連邦海軍副総司令官(軍備担当)ヴィクトール・ブルスク中将は、将来空母の建造は2023年~2028年の開始が計画されていると述べました。

2018年からスタートする新たな国家軍備プログラムは、以前には「2018年~2025年の国家軍備プログラム」と呼ばれていたのですが、最近になって「2018年~2027年の国家軍備プログラム」に変更されて10ヶ年計画となったので、その後半~末期に建造を開始するという事でしょう。

ロシア海軍の将来空母の建造は2025年に始まる

17-0824h.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年8月24日14時35分配信
【新たなロシアの航空母艦の建造は2025年に始まる】
クビンカ(モスクワ州)、8月24日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア海軍の為の新たな航空母艦の建造開始は2025年に計画されている。
国防次官ユーリー・ボリソフフォーラム『アルミヤ(軍)-2017』において述べた。

「私は、はっきりと申し上げる事が出来ます。
新たな国家軍備プログラムのプロジェクト計画が終了する2025年に、私共は新たな航空母艦を建造する意図を有している事を」

彼は話した。



[ロシア将来航空母艦]

ロシア海軍の為の将来航空母艦Перспективный Авианосецの設計開発作業は2007年に始まりました。

ロシア海軍向けなどの艦船の形状を研究する『クリロフ国立研究センター』は、将来空母の概念設計案「シトルム」を作成しています。
[ロシア海軍将来空母概念設計案・プロジェクト23000E「シトルム」]

この概念設計案をベースにして、5万トンから8万5千トンまでの3種類の設計案(軽空母、中空母、重空母)がロシア海軍へ提示されています。

重航空母艦(排水量80000-85000t、搭載機70機)
中航空母艦(排水量55000-65000t、搭載機50-55機)
軽航空母艦(排水量50000t)

建造費は重空母で3000億ルーブル、軽空母で1000億ルーブルと見積もられています。
[ロシアは3種類の将来航空母艦を設計している]
[ロシア国防省は3つの将来原子力空母設計案を検討している]
[ロシア将来空母の作成には約10年掛かり、費用は1000-3000億ルーブルになる]

将来航空母艦の最終設計案は2020年以降に固められます。
[ロシア海軍将来原子力空母の最終設計案は2020年以降に作成される]
[新型原子力空母の建造はロシア海軍の将来計画に含まれている]

現時点では将来航空母艦の建造開始の具体的な時期は未だ定められておらず、この件に関する決定は2025年近くに下されます。
[ロシア海軍の新たな航空母艦の建造に関する決定は2025年近くに下される]
[ロシア海軍の為の将来正規空母の建造開始は2025年よりも前にはならない]

将来航空母艦の設計作業は「2018-2025年の国家軍備プログラム」に組み込まれています。
[ロシア連邦の『2018-2025年の国家軍備プログラム』でロシア海軍の為の将来航空母艦の設計作業が進められる]
[ロシア海軍の為の将来航空母艦は2024年に建造を開始する]


2017年7月、ロシア連邦国防次官ユーリー・ボリソフ氏は、ロシア海軍の将来の「航空巡洋艦」は、「2018-2025年の国家軍備プログラム」の終わりに建造が開始され、更に、その搭載機として、『ヤコブレフ』社による新世代VSTOL艦上戦闘機の開発が検討されていると発言しました。
[ロシア海軍の将来空母はVSTOL空母になるかもしれない]

続いてロシア海軍航空隊司令官イーゴリ・コジン少将は、「2018-2025年の国家軍備プログラム」においてロシア海軍将来空母の為のVSTOL戦闘機の開発が始まると述べました。
[ロシア海軍の将来空母の為のVSTOL艦上戦闘機が開発される]


ヤコブレフ新世代VSTOL艦上戦闘機を搭載する事になる将来空母が、8万トン級重空母6万トン級中空母になるとは考えられないので、実際に建造される新空母は、軽空母になる可能性が高いでしょう。

以前に将来空母概念設計(シトルム)を作成した『クリロフ国立研究センター』は、今度は軽空母の概念設計案を作成する事になりました。
[クリロフ国立研究センターは軽空母の概念設計案を作成する]


そして今回、ロシア連邦国防次官ユーリー・ボリソフ氏は、将来空母の建造は「2018-2025年の国家軍備プログラム」が終わる年、つまり2025年に始まると述べました。