ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は成層圏での迎撃訓練を行なった

17-0519e.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦国防省情報・マスコミュニケーション部発表
2017年5月19日9時21分配信
【カムチャツカで戦闘機飛行士は成層圏の空中目標の迎撃を実施した】

カムチャツカ太平洋艦隊海軍航空隊の航空基地での戦闘機飛行士の戦闘訓練活動実施の枠組みにおいて、ロシア領空への仮想侵入者の成層圏迎撃訓練が実施された。

空中境界線上の侵入者の役割は、高度18000~20000メートルを超音速で飛行し、戦闘機飛行隊長で1級飛行士のセルゲイ・コデルレ中佐により操縦されるMiG-31が演じた。

目標の迎撃へ、その乗員に最近の軍事飛行学校の卒業生の士官を含む2機の戦闘機MiG-31が飛び立った。
乗員は、仮想空中目標の捜索、捕捉、破壊へ取り組んだ。
「侵入者」のデータは、地上の対空防衛手段から受け取った。

目標の迎撃に最適な条件を作成する為、乗員は、毎時2100kmの速度で戦闘機を成層圏下部へ上げなければならなかった。
空中境界線への仮想侵入者は、100~120kmの距離で破壊された。

航空基地司令ゲンナジー・ミロネンコ大佐の評価によると、与えられた戦闘任務を果たした若い飛行士は「良好」及び「優秀」である。

カムチャツカ戦闘機飛行隊海軍で最高のものの1つであり、戦闘機飛行隊の間で、空中戦闘実施において3年連続で1位を獲得した。



16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
17-0328g.jpg
エリゾヴォ基地MiG-31
17-0328h.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年7月1日に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は12機のMiG-31B/BSと20機のMiG-31BMを保有しています。


MiG-31は度々訓練を行なっており、2016年7月中旬には、原子力潜水艦から発射された超音速有翼ミサイルの迎撃訓練を実施しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は原潜から発射された超音速巡航ミサイルを撃墜した]

12月24日には、敵の攻撃を受けて損傷したという想定下での滑走路への着陸訓練を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2016年12月24日8時2分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊海軍航空隊の戦闘機MiG-31乗員は、損傷したという想定下の滑走路への着陸へ取り組んだ】

12月30日には、潜水艦捜索訓練を行なう対潜哨戒機Il-38の援護訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は対潜哨戒機Il-38を援護した]

2017年3月10日、一部のMiG-31エリゾヴォから沿海地方ツェントラーリナヤ・ウグロヴァーヤ基地(ロシア航空宇宙軍戦闘機Su-35が駐留)へ移動しました。
17-0328f.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2017年3月10日10時31分配信
【太平洋艦隊海軍航空隊の戦闘機MiG-31編隊はカムチャツカから沿海地方への長距離飛行を行なった】

ツェントラーリナヤ・ウグロヴァーヤ基地
17-0328e.jpg

2017年3月28日には、太平洋艦隊親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」戦隊水雷艇(駆逐艦)「ブイストルイ」の防空戦闘訓練へ「空中目標」として参加しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグと戦隊水雷艇(駆逐艦)ブイストルイは日本海で防空戦闘訓練を行なった]

4月3日にはMiG-31B/BSMiG-31BM沿海地方ピョートル大帝湾上空で空中戦闘訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は沿海地方で空中戦闘訓練を行なった]
17-0403e.jpg

4月9日にツェントラーリナヤ・ウグロヴァーヤ飛行場を離陸し、ホームベースであるカムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場へ戻りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は沿海地方からカムチャツカへ戻った]

4月13日にはカムチャツカ半島有翼ミサイル(巡航ミサイル)の迎撃訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は成層圏での巡航ミサイル迎撃訓練を行なった]

そして5月19日には成層圏での迎撃戦闘訓練を行ないました。
ロシア国防省の発表を見る限り、新米パイロットの訓練も兼ねていたようです。


なお、第865独立戦闘機航空連隊は、5月15日に創設78周年を迎えました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2017年5月17日2時41分配信
【カムチャツカの戦闘機飛行隊の飛行士は、その空中部門の設立の日を迎えた】
1939年5月15日にカムチャツカで創設された第20襲撃機航空連隊第865独立戦闘機航空連隊の起源です。
スポンサーサイト

ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は成層圏での巡航ミサイル迎撃訓練を行なった

17-0413f.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2017年4月13日5時27分配信
【カムチャッカで戦闘機MiG-31の飛行士は成層圏での空中目標の迎撃へ取り組んだ】

カムチャッカでの戦闘訓練活動実施の枠組みにおいて、太平洋艦隊海軍航空隊航空基地迎撃戦闘機MiG-31のペアは、仮装有翼ミサイルの迎撃訓練を実施した。

警報演習下で戦闘機飛行士は離陸し、所定地域まで飛行した。
その後、MiG-31乗員は空中目標の捜索と破壊へ取り組んだ。
飛行目標のデータは、対空防衛手段から受け取った。
MiG-31乗員の為の仮想目標-時速800kmで飛翔する有翼ミサイル成層圏下部で探知された。
距離約120kmでミサイルは破壊された。

この迎撃の特徴は、仮装目標の探知の最良の条件を作成する為、MiG-31乗員が成層圏の高度15kmまで上昇していた事に有る。
そして迎撃戦闘機の飛行速度は、時速2500km以上であった。

ロシア海軍の首位競争の結果、太平洋艦隊海軍航空隊航空基地戦闘機飛行隊は、空中戦闘実施部門において3年連続で1位を獲得した。



16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
17-0328g.jpg
エリゾヴォ基地MiG-31
17-0328h.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は12機のMiG-31B/BSと20機のMiG-31BMを保有しています。


MiG-31は度々訓練を行なっており、2016年7月中旬には、原子力潜水艦から発射された超音速有翼ミサイルの迎撃訓練を実施しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は原潜から発射された超音速巡航ミサイルを撃墜した]

12月24日には、敵の攻撃を受けて損傷したという想定下での滑走路への着陸訓練を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2016年12月24日8時2分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊海軍航空隊の戦闘機MiG-31乗員は、損傷したという想定下の滑走路への着陸へ取り組んだ】

12月30日には、潜水艦捜索訓練を行なう対潜哨戒機Il-38の援護訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は対潜哨戒機Il-38を援護した]

2017年3月10日、一部のMiG-31エリゾヴォから沿海地方ツェントラーリナヤ・ウグロヴァーヤ基地(ロシア航空宇宙軍戦闘機Su-35が駐留)へ移動しました。
17-0328f.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2017年3月10日10時31分配信
【太平洋艦隊海軍航空隊の戦闘機MiG-31編隊はカムチャツカから沿海地方への長距離飛行を行なった】

ツェントラーリナヤ・ウグロヴァーヤ基地
17-0328e.jpg

2017年3月28日には、太平洋艦隊親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」戦隊水雷艇(駆逐艦)「ブイストルイ」の防空戦闘訓練へ「空中目標」として参加しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグと戦隊水雷艇(駆逐艦)ブイストルイは日本海で防空戦闘訓練を行なった]

4月3日にはMiG-31B/BSMiG-31BM沿海地方ピョートル大帝湾上空で空中戦闘訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は沿海地方で空中戦闘訓練を行なった]
17-0403e.jpg

4月9日にツェントラーリナヤ・ウグロヴァーヤ飛行場を離陸し、ホームベースであるカムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場へ戻りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は沿海地方からカムチャツカへ戻った]


そして4月13日にはカムチャツカ半島有翼ミサイル(巡航ミサイル)の迎撃訓練を行ないました。

この「有翼ミサイル」は、飛行速度が時速800km程度との事ですから、おそらくはアメリカの「トマホーク」を想定しているのでしょう。

ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は沿海地方からカムチャツカへ戻った

17-0409e.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2017年4月9日3時0分配信
【太平洋艦隊海軍航空隊の戦闘機MiG-31編隊は、沿海地方からカムチャツカへの長距離飛行を行なった】

太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31の編隊は、沿海地方航空・防空軍航空連合部隊の飛行場ツェントラーリナヤ・ウグロヴァーヤからカムチャツカ常時駐留飛行場への長距離飛行を行なった。
飛行距離は2200km以上であった。
フライトの枠組みに置いて飛行士は空中戦闘の要素へ取り組み、空中目標の捜索、探知、迎撃の任務を遂行した。

沿海地方においてカムチャツカ飛行士は数十回の戦闘演習を実施し、良く知らない場所の上空で任務を果たした。
更に、飛行中に軍勤務者は大きな傾斜と曲線の機動の要素へ取り組み、照準複合体の能力値の限界での空中戦闘を行ない、昼間及び夜間の着陸へのアプローチへ取り組んだ。

また、迎撃戦闘機MiG-31の乗員は、飛行技量と専門的技術の水準を高める為、一連の特別なテストを受けた。

[参照]
迎撃機MiG-31BM
は、対ミサイル防衛システムの一部である。
あらゆる範囲の高度で有翼ミサイル及び弾道ミサイルを破壊する為に意図されている。
衛星、第5世代ステルス航空機、起伏を迂回する軌道を飛ぶ低空飛行目標、無人飛行装置(無人機)の探知と破壊が可能である。

超音速迎撃戦闘機MiG-31BMは、複座高空飛行機として比類が無い。
高空での速度はマッハ2.83、地面上では時速1500kmである。

航空機MiG-31は、「空対空」長距離ミサイル、中距離ミサイル、短距離ミサイルを搭載できる。
更にMiG-31BMは、地上目標へ打撃を与える「空対地」高精度兵器の搭載が可能である。



16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
17-0328g.jpg
エリゾヴォ基地MiG-31
17-0328h.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は12機のMiG-31B/BSと20機のMiG-31BMを保有しています。


MiG-31は度々訓練を行なっており、2016年7月中旬には、原子力潜水艦から発射された超音速有翼ミサイルの迎撃訓練を実施しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は原潜から発射された超音速巡航ミサイルを撃墜した]

12月24日には、敵の攻撃を受けて損傷したという想定下での滑走路への着陸訓練を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2016年12月24日8時2分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊海軍航空隊の戦闘機MiG-31乗員は、損傷したという想定下の滑走路への着陸へ取り組んだ】

12月30日には、潜水艦捜索訓練を行なう対潜哨戒機Il-38の援護訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は対潜哨戒機Il-38を援護した]

2017年3月10日、一部のMiG-31エリゾヴォから沿海地方ツェントラーリナヤ・ウグロヴァーヤ基地(ロシア航空宇宙軍戦闘機Su-35が駐留)へ移動しました。
17-0328f.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2017年3月10日10時31分配信
【太平洋艦隊海軍航空隊の戦闘機MiG-31編隊はカムチャツカから沿海地方への長距離飛行を行なった】

ツェントラーリナヤ・ウグロヴァーヤ基地
17-0328e.jpg

2017年3月28日には、太平洋艦隊親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」戦隊水雷艇(駆逐艦)「ブイストルイ」の防空戦闘訓練へ「空中目標」として参加しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグと戦隊水雷艇(駆逐艦)ブイストルイは日本海で防空戦闘訓練を行なった]

4月3日にはMiG-31B/BSMiG-31BM沿海地方ピョートル大帝湾上空で空中戦闘訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は沿海地方で空中戦闘訓練を行なった]
17-0403e.jpg


そして4月9日、ツェントラーリナヤ・ウグロヴァーヤ飛行場を離陸し、ホームベースであるカムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場へ戻りました。

ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は沿海地方で空中戦闘訓練を行なった

17-0403d.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2017年4月3日6時8分配信
【迎撃戦闘機MiG-31BMは沿海地方のピョートル大帝湾上空で空中戦闘を行なった】

迎撃戦闘機MiG-31MiG-31BMの乗員は、沿海地方ピョートル大帝湾上空で空中戦闘実施の技量習得へ取り組んだ。
飛行士は、仮想敵航空機の探知、迎撃と戦闘の実施を学んだ。
フライトは、太平洋艦隊海軍航空隊カムチャツカ航空基地迎撃戦闘機MiG-31乗員が参加する飛行戦術演習の枠組みで実施された。

合同演習訓練飛行を実施する為、カムチャツカの飛行士は、沿海地方航空・防空軍の航空連合部隊の飛行場への2000km以上の移動飛行を行なった。

一度のみの飛行勤務の演習の枠組みにおいて、飛行士は約30回の発進を行なった。
空中において迎撃戦闘機の乗員は、交互に超音速で遠距離の「敵」航空機を迎撃する合同任務へ取り組んだ。

更に、フライト中に飛行士は、大きな傾斜と曲線の機動の要素へ取り組み、照準複合体の能力値の限界での空中戦闘を行ない、昼間及び夜間の着陸へのアプローチへ取り組んだ。

[参照]
迎撃機MiG-31BM
は、対ミサイル防衛システムの一部である。
あらゆる範囲の高度で有翼ミサイル及び弾道ミサイルを破壊する為に意図されている。
衛星、第5世代ステルス航空機、起伏を迂回する軌道を飛ぶ低空飛行目標、無人飛行装置(無人機)の探知と破壊が可能である。

超音速迎撃戦闘機MiG-31BMは、複座高空飛行機として比類が無い。
高空での速度はマッハ2.83、地面上では時速1500kmである。

航空機MiG-31は、「空対空」長距離ミサイル、中距離ミサイル、短距離ミサイルを搭載できる。
更にMiG-31BMは、地上目標へ打撃を与える「空対地」高精度兵器の搭載が可能である。



16-0714b.gif
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。

エリゾヴォ基地
17-0328g.jpg
エリゾヴォ基地MiG-31
17-0328h.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は12機のMiG-31B/BSと20機のMiG-31BMを保有しています。


MiG-31は度々訓練を行なっており、2016年7月中旬には、原子力潜水艦から発射された超音速有翼ミサイルの迎撃訓練を実施しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は原潜から発射された超音速巡航ミサイルを撃墜した]

12月24日には、敵の攻撃を受けて損傷したという想定下での滑走路への着陸訓練を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2016年12月24日8時2分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊海軍航空隊の戦闘機MiG-31乗員は、損傷したという想定下の滑走路への着陸へ取り組んだ】

12月30日には、潜水艦捜索訓練を行なう対潜哨戒機Il-38の援護訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は対潜哨戒機Il-38を援護した]

2017年3月10日、一部のMiG-31エリゾヴォから沿海地方ツェントラーリナヤ・ウグロヴァーヤ基地(ロシア航空宇宙軍戦闘機Su-35が駐留)へ移動しました。
17-0328f.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2017年3月10日10時31分配信
【太平洋艦隊海軍航空隊の戦闘機MiG-31編隊はカムチャツカから沿海地方への長距離飛行を行なった】

ツェントラーリナヤ・ウグロヴァーヤ基地
17-0328e.jpg

2017年3月28日には、太平洋艦隊親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」戦隊水雷艇(駆逐艦)「ブイストルイ」の防空戦闘訓練へ「空中目標」として参加しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグと戦隊水雷艇(駆逐艦)ブイストルイは日本海で防空戦闘訓練を行なった]

そして4月3日、MiG-31B/BSMiG-31BMは、沿海地方ピョートル大帝湾上空で空中戦闘訓練を行ないました。
17-0403e.jpg

ロシア海軍航空隊は2025年までに30機の近代化改修された対潜哨戒機Il-38Nを受け取る

17-0131b.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年1月31日12時14分配信
【(ロシア)国防省はIl-38の近代化プログラムが何時完了するのかについて話した】
ジュコーフスキー(モスクワ州)、1月31日-ロシア通信社ノーボスチ

30機の対潜航空機Il-38Il-38Nレベルへの近代化プログラムは2025年に完遂する。
火曜日、ロシア連邦海軍航空隊司令官イーゴリ・コジン少将は報道陣へ伝えた。

火曜日、モスクワ州ジュコーフスキーで、1988年~1994年の海軍航空隊司令官ヴィクトール・パヴロヴィチ・ポタポフ大将の名を付けた近代化された対潜航空機Il-38Nの受領式典が開催された。
17-0131a.jpg

「近代化プログラムは2025年までと見積もられています。
従いまして、この期間内に全ての近代化の実行が計画されています」
コジン
は、30機の航空機Il-38が全て近代化されるのは何時になるのかという質問に答え、こう話した。

彼は、モスクワ州ジュコーフスキーで軍備採用されたIl-38Nは、エイスク海軍航空隊地上試験複合体へ移管されると付け加えた。



『イリューシン』公式サイトより
【Il-38対潜航空機】

旅客機Il-18をベースに開発された対潜哨戒機Il-38は、1961年9月27日に初飛行し、1967年から1972年までに65機が生産されました。

現用のIl-38は、Il-38N仕様への近代化改修を受けます。

Nは「ノヴェッラ」Новелла(短編小説、新規追加条項)の略です。
Il-38の上部に追加されたのが「ノヴェッラ-P-38」複合体です。
15-0720c.jpg

北方艦隊は、2012年3月にIl-38N(15号機)を受領していますが、これはプロトタイプのようです。
[ロシア北方艦隊は近代化された対潜哨戒機Il-38Nを受領した]
[ロシア北方艦隊は近代化された対潜哨戒機Il-38Nの飛行訓練を開始した]

16-0113b.jpg
2014年7月15日、Il-38N「量産機」(機体番号19)ロシア海軍へ引き渡されました。
[近代化された対潜哨戒機Il-38Nは7月15日にロシア海軍へ引き渡される]
[近代化された対潜哨戒機Il-38N量産1号機はロシア海軍へ引き渡された]

その後、27号機、24号機、23号機が改修を終えてロシア海軍航空隊へ引き渡されています。

2015年3月30日には太平洋艦隊航空隊が初めてIl-38Nを受領しています。
[ロシア海軍太平洋艦隊は近代化改修された対潜哨戒機Il-38Nを受領した]

2015年6月30日、5機目となる「フョードル・ゾロトゥヒン」号(機体番号78、RF-75338)モスクワ近郊のジュコーフスキー飛行場ロシア海軍航空隊へ引き渡され、7月20日にカムチャツカ半島航空基地(エリゾヴォ)へ到着しました。
[ロシア海軍航空隊は5機目の近代化された対潜哨戒機Il-38Nを受領した]
[ロシア海軍航空隊の近代化改修された対潜哨戒機Il-38N『フョードル・ゾロトゥヒン』号はカムチャツカへ配備される]
[ロシア海軍航空隊の近代化改修された対潜哨戒機Il-38N『フョードル・ゾロトゥヒン』号はカムチャツカのエリゾヴォ基地へ到着した]


Il-38Nの第1バッチ近代化改修機の5機は、以下の航空基地へ配備されています。

・19号機「ラジー・パンコフスキー」(RF-75355):エイスク(クラスノダール地方)
・27号機「ヤコフ・クテポフ」(RF-75320):エイスク(クラスノダール地方)

・23号機(RF-75322):ニコラエフカ(沿海地方)

・24号機(RF-75341):エリゾヴォ(カムチャツカ半島)
・78号機「フョードル・ゾロトゥヒン」(RF-75338):エリゾヴォ(カムチャツカ半島)


Il-38Nの第1バッチ近代化改修(2012年契約締結)は5機で終了しますが、これに続く第2バッチの近代化改修の為の契約も2015年5月に締結されました。
[ロシア海軍航空隊の為の対潜哨戒機Il-38近代化改修の第2バッチの契約が締結された]

2016年12月29日、第2バッチの第1陣2機がイリューシン社からロシア海軍へ引き渡されました。
22号機「ヴィクトール・ポタポフ」11号機「ミハイル・ヴェロビツキー」と命名されました。
[ロシア海軍航空隊は2機の近代化された対潜哨戒機Il-38Nを受領した]


そして今回、ロシア海軍航空隊司令官イーゴリ・コジン少将は、2025年までに計30機のIl-38Il-38N仕様へ近代化改修される事を明らかにしました。