fc2ブログ

ロシア海軍総司令官ニコライ・エフメノフ提督はクリミア半島のサキ飛行場の艦上航空隊訓練複合体ニートカを視察した

22-1013a.jpg
『タス通信』より
2022年10月12日6時33分配信
【海軍総司令官はクリミアの地上「航空母艦」を視察した】
モスクワ、10月12日/タス通信

ロシア海軍総司令官ニコライ・エフメノフ大将は、クリミアに在り、航空母艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」の完全な類似物である航空機地上試験訓練複合体(ニートカ)を視察した。
『タス通信』クリミアの治安機関に近い情報筋から伝えられたように、エフメノフは施設の作業を継続する為の評価を行なった。

「総司令官は施設に精通し、その作業を継続する可能性を評価し、作業部会を開催しました」
対談者は話し、全ての活動は非公開モードで行なわれた事を指摘した。

彼によると、エフメノフは提示された施設視察計画から逸脱し、サキにある巨大なクリミア地上「航空母艦」の殆ど全ての施設と戦闘ポストを個人的に詳細に調査した。

サキ複合体「ニートカ」は完全に動作している事が知られている:数年前から北方艦隊の2個艦上戦闘機航空連隊が定期的にフックを引っ掛ける着陸を行なっている。
エイスク複合体「ニートカ」については、この件に関する情報は無い。

以前、ロシア連邦国防相セルゲイ・ショイグは、当局の電話会議でのスピーチで、ロシアは新たな海上航空隊地上訓練試験場を作成する試験設計作業を進めていると述べた。
試験場は、艦載飛行装置、艦載航空機器、航空機拘束装置、将来電磁カタパルトの試験の為に意図されている。
加えて、これは新たな航空機材の為に海上航空隊の飛行要員及び整備技術要員の実地の再訓練の実施を助力する。
この事に関連し、サキ或いはエイスクのどちらの複合体ニートカ将来航空母艦の為の電磁カタパルトの試験を行なうのかが決定される。



18-0531c.jpg
nitka12.jpg
nitka13.jpg
ソヴィエト連邦時代(1980年代初頭)、ウクライナには航空母艦の飛行甲板を模した発着艦訓練施設「ニートカ」が建設されました。
[地上試験・訓練複合体「ニートカ」]
[サキ飛行実験センター(ニートカ)]
[Нитка(ニートカ)~知られざる旧ソ連の蒸気カタパルト開発の経緯~]




ソ連邦解体後はウクライナに接収され、ロシアウクライナと協定を結んで「ニートカ」を使用していました。
2012年8月、改訂された「ニートカ」使用協定にロシア・ウクライナ国防相が署名しました。
[ロシアとウクライナは艦上機訓練施設ニートカ使用協定を改訂した]

しかし、2013年にはロシア「ニートカ」を使用しませんでした。
[ロシアは2013年にウクライナのニートカを使用しない]

その一方、ロシアは、クラスノダール地方エイスク市に新たな「ニートカ」の建設を開始しました。
[ロシアは、2010年に空母パイロット訓練センターの建設を開始する]
20-1202e.jpg
20-1202f.jpg

その後、2014年3月18日にロシアウラジーミル・プーチン大統領クリミア自治共和国ロシア連邦へ編入する条約に署名した事により、クリミア半島サキに在る「ニートカ」は再びロシアの手に戻りました。
[ウクライナの訓練複合体ニートカ要員はクリミアへ忠誠を誓う]
[クリミア半島のニートカは2015年2月末から本格的に稼働を再開する]

これにより、クリミア旧ニートカは主に現用のロシア海軍艦上戦闘機隊の訓練に使われ、エイスク新ニートカは主にロシア海軍航空隊の新型航空機の各種試験と訓練に使われる事になりました。
[ロシア海軍航空隊の2つの「ニートカ」]

2014年9月初頭、ロシア海軍Su-33艦上戦闘機は、クリミア「ニートカ」へ戻ってきました。
[ロシア海軍艦上航空隊はクリミアのニートカへ戻ってきた]

以後、クリミア「ニートカ」ではSu-33艦上戦闘機の訓練が行なわれました。
[ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機航空連隊はクリミアのニートカでの訓練を終えた]


一方、エイスク新ニートカでは、主に新型機の試験や訓練が行なわれています。
[ロシア連邦国防相セルゲイ・ショイグ上級大将はエイスクのロシア海軍飛行訓練センター(新ニートカ)を視察した]
[エイスク飛行場にロシア海軍航空隊の新型シミュレーターが設置された]
[クラスノダール地方エイスクのロシア海軍の新ニートカは2022年に完成する]


2019年には、艦上戦闘機MiG-29K/MiG-29KUBが10月、Su-33が2月と11月にクリミア「ニートカ」で訓練を行なっています。
[ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機MiG-29K/MiG-29KUBはクリミアの発着艦訓練施設ニートカでの訓練を完了した]
[ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機Su-33はクリミア半島の訓練複合体ニートカで『発着艦』訓練を行なう]

2020年にはクリミア「ニートカ」での艦上戦闘機隊の訓練は実施されませんでした。
[クリミア半島のロシア海軍航空隊の艦上航空隊訓練複合体ニートカは修理及び近代化される]

クリミア「ニートカ」の修理及び近代化の為の契約は、2021年5月下旬に署名されました。
[クリミア半島のロシア海軍航空隊の艦上航空隊訓練複合体ニートカの修理及び近代化の契約が締結された]
[クリミア半島のロシア海軍航空隊の艦上航空隊訓練複合体ニートカの着艦拘束装置は2022年に修理される]

2021年8月中旬、第279独立艦上戦闘機航空連隊Su-33サキ飛行場へ進出しました。
[ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機Su-33のパイロットはクリミア半島の訓練複合体ニートカでの訓練を開始した]

飛行訓練は9月末に完了し、その後、セヴェロモルスク-3飛行場へ戻りました。
[ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機Su-33、クリミアのサキ飛行場の訓練複合体ニートカで発着艦訓練完了(2021年9月末)]

続いて、第100独立艦上戦闘機航空連隊艦上戦闘機MiG-29Kサキ飛行場へ進出し、10月上旬から11月中旬まで飛行訓練を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機MiG-29K、クリミアのサキ飛行場の訓練複合体ニートカで発着艦訓練(2021年10月上旬~11月中旬)]
11月24日にセヴェロモルスク-3飛行場へ戻りました。
[クリミアのサキ飛行場の訓練複合体ニートカでの発着艦訓練を終えたロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機MiG-29Kはセヴェロモルスク-3へ戻った]

2022年にも第279航空連隊第100航空連隊サキ飛行場「ニートカ」で「発着艦」訓練を行なう予定でした。
[ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機隊は2022年にもクリミア半島の艦上航空隊訓練複合体ニートカで訓練を行なう]

しかし、2022年2月24日にロシア連邦軍ウクライナ特殊軍事作戦が始まり、黒海艦隊多用途複座戦闘機Su-30SM前線爆撃機Su-24Mが駐留するサキ飛行場も前線飛行場として使用される事になった為、サキでの艦上戦闘機隊の訓練は中止されました。
[クリミア半島の艦上航空隊訓練複合体ニートカでの2022年のロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機隊の訓練は中止された]


2022年9月初頭、セルゲイ・ショイグ国防相は国防省の会議において、ロシア海軍将来航空母艦の為の電磁カタパルトの試験場の建設に言及しました。
[ロシア海軍の将来航空母艦の為の電磁カタパルトの地上試験場が建設される]

電磁カタパルトの試験場の候補には、クリミア半島サキ飛行場クラスノダール地方エイスク飛行場の2ヶ所の「ニートカ」が挙げられています。
[ロシア海軍の将来航空母艦の為の電磁カタパルトの試験場の建設場所が決定される]
22-0718c.jpg

サキ飛行場
22-0921h.jpg
22-0921i.jpg

エイスク飛行場
22-0903a.jpg
22-0903b.jpg

この件に関連してか、2022年10月中旬にロシア海軍総司令官ニコライ・エフメノフ提督がサキ飛行場を訪れ、同地の「ニートカ」を詳細に視察しました。
スポンサーサイト



ロシア海軍バルト艦隊の海軍航空隊はカリーニングラード州で演習を開始した

22-1005d.jpg
『AviaPort』より
2022年10月4日19時14分配信
【バルト艦隊海上航空連合部隊の戦術飛行演習がカリーニングラード州で始まった】

バルト艦隊海上航空隊航空機ヘリコプターの乗員は、艦隊航空連合部隊の戦術飛行演習の枠組みにおける計画実地行動へ着手した。

計画演習には、バルト艦隊海上航空隊の20機以上の航空機Su-27、Su-24、Su-30SM、Su-30SM2 、打撃ヘリコプターMi-24軍用輸送ヘリコプターMi-8、そして更に艦上ヘリコプターKa-27軍用輸送航空機An-26の乗員が参加する。

戦術飛行演習の最中に、戦闘航空機Su-24、Su-30SM、Su-30SM2の乗員は、標的場への爆撃を行ない、沿岸目標への無誘導ロケットの射撃を行なう。
これに加え、戦闘機Su-27カリーニングラード州の境界への仮想侵犯航空機を迎撃する任務を遂行し、そして更に「敵」有翼ミサイル戦略爆撃機への電子発射を行なう。

打撃航空隊及び戦闘機航空隊と並行して戦闘訓練射爆場では、ヘリコプターの乗員が潜水艦の捜索と追跡、沿岸部隊の航空支援、戦術空挺部隊の移送と降下へ取り組む。
演習には、航空連合部隊の全ての飛行要員及び技術要員、そして更に後方支援及び通信の専門家が参加している。
戦術飛行演習の主な目標は、乗員の飛行訓練と航空機の戦闘使用の技量の改善、そして更に飛行士の専門技量の向上に在る。

海上航空隊の飛行士は昼間と夜間に全ての戦闘演習任務を遂行する。
戦闘演習では、約50回の出撃が計画されている。
合計で演習にはバルト艦隊海上航空隊の20機以上の航空機ヘリコプター、そして更に200名以上の航空連合部隊の軍人が関わる。



バルト艦隊海軍航空隊航空機ヘリコプターは、ロシア連邦の飛び地カリーニングラード州へ配備されています。
22-1005a.jpg

チカロフスク飛行場に駐留する第689親衛戦闘機航空連隊は、18機程度の戦闘機Su-27及びSu-27UBを保有しています。
18-0126e.jpg
18-0126f.jpg

チェルニャホフスク飛行場に駐留する第4親衛独立海洋襲撃機航空連隊は、20機程度の前線爆撃機Su-24Mと6機程度の偵察機Su-24MRを保有しています。
18-0126a.jpg
18-0126c.jpg
18-0126b.jpg
18-0126d.jpg

2016年12月初頭から多用途複座戦闘機Su-30SMの配備が始まり、2018年7月初頭までに計8機のSu-30SMが配備されました。
[ロシア海軍バルト艦隊へ2機の多用途複座戦闘機Su-30SMが到着した]

2022年1月末には、アップグレード型のSu-30SM2が4機チェルニャホフスク飛行場へ到着しました。

[ロシア海軍バルト艦隊航空隊へ4機の多用途複座戦闘機Su-30SM2が配備された]

バルト艦隊ヘリコプターは、カリーニングラード州ドンスコエ飛行場に駐留する第396混成ヘリコプター連隊へ配備されています。
20-0620f.jpg
20-0620g.jpg
[第396混成ヘリコプター連隊]
・第125独立ヘリコプター飛行隊:Mi-8、Mi-24
・第396独立艦上対潜ヘリコプター飛行隊:Ka-27、Ka-29


バルト艦隊輸送機(An-26)フラブロヴォ飛行場に駐留する第398独立輸送機飛行隊に配備されています。
22-1005b.jpg
22-1005c.jpg

ロシア海軍の将来航空母艦の為の電磁カタパルトの試験場の建設場所が決定される

『タス通信』より
2022年9月21日9時8分配信
【特別委員会は何処で航空母艦の為の電磁カタパルトをテストするのかを決定する】
モスクワ、9月21日/タス通信

ロシア連邦国防省及びロシア連邦海軍総司令部の代表から成る特別委員会は、近い内に将来航空母艦の為の電磁カタパルトの試験場所に関する勧告を提出しなければならない。
『タス通信』軍当局に近い情報筋より伝えられた。

「近い内に国防省及び海軍総司令部の委員会は、ロシアがサキエイスクに持っている2つの航空機地上試験訓練複合体(ニートカ)のどちらでロシア将来航空母艦の為の電磁カタパルトの試験を行なうのかを選択する事になります」
彼は話した。
22-0718c.jpg
対談者によると、委員会を設立する決定は、最近に海軍総司令官ニコライ・エフメノフ大将がエイスクサキ複合体「ニートカ」を訪れた後に下された。

サキ複合体「ニートカ」は完全に動作しており、北方艦隊の2個艦上戦闘機航空連隊が定期的にフックを引っ掛ける着陸を行なっている事が知られている。
エイスク複合体「ニートカ」については、『タス通信』はこのような情報は持っていない。

9月2日、ロシア連邦国防相セルゲイ・ショイグは、当局の電話会議でのスピーチで、ロシアは新たな海上航空隊地上訓練試験場を作成する試験設計作業を進めていると述べた。
「この試験場は、艦載飛行装置、艦載航空機器、航空機拘束装置、将来電磁カタパルトの試験の為に意図されています。
加えて、これは新たな航空機材の為に海上航空隊の飛行要員及び整備技術要員の実地の再訓練の実施を助力します」

彼は話した。

[複合体について]
航空母艦
から飛行する前に、艦上航空隊の飛行士は、現行の規則により、その許可を受けなければならない。

複合体「ニートカ」は、艦上航空隊航空機の発艦及び着艦へ取り組む為に意図されている。
サキ複合体は、トランポリン台航空機拘束装置を持つ艦の甲板の形の鋼鉄の飛行スペースを備える集合飛行場である。
飛行スペースの寸法は、「アドミラル・クズネツォフ」の飛行甲板に等しい。



ロシア海軍の為の将来航空母艦Перспективный Авианосецの開発作業は、2007年に始まりました。
[ロシア新世代航空母艦]

将来航空母艦が装備する電磁カタパルトの開発作業は、2014年春頃から始まっています。
[ロシアは将来空母用の電磁カタパルトの開発を始めている]
[ロシア海軍将来正規空母の為の電磁カタパルトの開発は進められている]
[ロシア海軍の新世代原子力航空母艦の為の電磁カタパルトが開発される]

次世代艦上戦闘機の開発も始まっています。
[ミグは第5世代艦上戦闘機プラス艦上無人機を開発する]

これまでロシア電磁カタパルトに関する話は、ロシア造船業界サイドからのみ出ていましたが、2022年9月初頭、初めてロシア軍当局のトップであるセルゲイ・ショイグ国防相電磁カタパルトの試験場の建設に言及しました。
[ロシア海軍の将来航空母艦の為の電磁カタパルトの地上試験場が建設される]

今回の「匿名希望の情報筋」によると、電磁カタパルトの試験場の候補としてクリミア半島サキ飛行場クラスノダール地方エイスク飛行場の2ヶ所の「ニートカ」が挙げられています。

サキ飛行場
22-0921h.jpg
22-0921i.jpg

エイスク飛行場
22-0903a.jpg
22-0903b.jpg

しかし、サキ飛行場「ニートカ」にはソヴィエト連邦時代(1980年代初頭)に設置された蒸気カタパルト「マヤーク」の試作品が在るので、電磁カタパルトの試作品が設置されるのはエイスク飛行場になる公算が高いでしょう。

ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機Su-33とMiG-29Kはノヴァヤ・ゼムリャで地対空ミサイルS-400の戦闘訓練へ参加した

22-0918b.jpg
22-0705c.jpg
20-0815e.jpg
『Life』より
2022年9月17日22時26分配信
【北方艦隊は北極で国境を保護する対空防衛部隊の演習を実施した】

北方艦隊は、ノヴァヤ・ゼムリャに駐屯している高射ミサイル複合体S-400を装備する対空防衛連隊の演習を実施した。
艦隊広報サービスは発表した。

「ノヴァヤ・ゼムリャに駐屯している北方艦隊の対空防衛連隊は、北極空域の国境を保護する演習を実施しました」
声明では、こう述べられた。

任務遂行中にS-400要員は電波位置測定(レーダー)偵察、仮想敵目標の追跡、更には高射誘導ミサイルの模擬発射を伴う対空戦闘を行なう複合活動を実施した。
客観的観測手段は全ての空中目標が成功裏に撃破された事を確認した。
広報サービスは、敵役は北方艦隊航空・防空軍艦上戦闘機Su-33MiG-29Kが演じた事を指摘した。



22-0918c.jpg
22-0918d.jpg
22-0918e.jpg
ノヴァヤ・ゼムリャ群島のロガチョフ飛行場には、北方艦隊第45航空・防空軍第3対空防衛師団(北極圏ノヴァヤ・ゼムリャ群島、チクシに駐留)の第33高射ミサイル連隊が駐留しています。
同連隊は2019年から高射ミサイル複合体S-400「トリウムフ」が配備されています。

ムルマンスク州セヴェロモルスク-3飛行場には、第45航空・防空軍第279独立艦上戦闘機航空連隊(1979年12月設立、艦上戦闘機Su-33)と第100独立艦上戦闘機航空連隊(2016年1月頃設立、艦上戦闘機MiG-29K/MiG-29KUB)が駐留しています。
sev3a.jpg
sev3b.jpg
sev3c.jpg

2022年9月17日、第33高射ミサイル連隊S-400は対空戦闘訓練を行ない、Su-33MiG-29Kが敵機役を務めました。


艦上戦闘機MiG-29Kは、2021年3月からスクランブル待機任務へ就く為にロガチョフ飛行場へ派遣されています。
[ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機MiG-29Kは北極のノヴァヤ・ゼムリャ諸島へ派遣された]
[ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機Su-33とMiG-29Kは北極圏へ派遣される]

ロシア海軍北方艦隊の対潜航空隊はバレンツ海で潜水艦捜索訓練を実施した

22-0911a.jpg
22-0911b.jpg
22-0911c.jpg
『タス通信』より
2022年9月10日20時36分配信
【北方艦隊の航空隊はバレンツ海で潜水艦捜索演習を実施した】
モスクワ、9月10日/タス通信

北方艦隊対潜航空部隊は、バレンツ海潜水艦を捜索する戦術飛行演習を実施した。
土曜日に艦隊広報サービスは発表した。

「北方艦隊の航空・防空軍の混合航空連隊及びヘリコプター連隊の対潜航空隊飛行士は、艦隊の数隻の潜水艦が役割を演じる仮想敵潜水艦を捜索する戦術飛行演習を実施しました」
声明では、こう述べられた。

航空機Il-38及びTu-142の乗員はバレンツ海の戦闘訓練射爆場で練習訓練飛行を行なった。
乗員は、電波位置測定(レーダー)及び水中音響(ソナー)の水中目標探知手段を使用し、潜水艦を捜索及び追跡する戦術動作へ取り組んだ。

対潜ヘリコプターKa-27の乗員は3回の飛行交代勤務へ取り組み、その中で潜水艦捜索の為に50回以上飛行した。
ヘリコプター乗員は近海ゾーンでの潜水艦の捜索訓練中の情報交換へ実地で取り組んだ。

飛行中、飛行士は海上の様々な高度での操縦技術を向上させた。
彼らはグループ飛行の操縦術へ習熟し、若いパイロットは極北の航法特性と、目印の無い場所の上空飛行をマスターした。
飛行は、ムルマンスク州の駐留飛行場から行われた。



22-0911d.jpg
ロシア北方艦隊対潜哨戒機第403独立混成航空連隊に所属し、Il-38セヴェロモルスク-1飛行場Tu-142キペロヴォ飛行場に駐留しています。

セヴェロモルスク-1飛行場
22-0911f.jpg

Il-38
22-0911h.jpg
22-0911i.jpg

キペロヴォ飛行場
22-0911e.jpg

Tu-142

22-0911f.jpg

北方艦隊艦上ヘリコプター(Ka-27、Ka-29、Ka-31)は全て第830独立艦上ヘリコプター航空連隊に所属し、セヴェロモルスク-1飛行場に駐留しています。
22-0911j.jpg

ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機Su-33と前線爆撃機Su-24Mはムルマンスク州で地上爆撃訓練を実施した

22-0909d.jpg
『Aviation Explorer』より
2022年9月8日配信
【北方艦隊の航空・防空軍は練習訓練飛行を行なった】
2022年9月8日、AEX.RU

北方艦隊の航空・防空軍航空連隊戦闘機Su-24M及びSu-33の飛行士は、航空攻撃手段を使用する練習訓練飛行を行なった。
飛行は、セヴェロモルスク及びモンチェゴルスクの飛行場から行なわれた。
ロシア国防省北方艦隊広報サービスは発表した。
22-0909e.jpg
飛行中、航空機の兵器及び電波技術手段の30回の戦闘動作が行なわれ、主なものはルムボフカ射爆場の目標へのロケット爆弾による攻撃であった。

更に航空・防空軍の飛行士は、航空機の迎撃及び空中戦闘の幾つかの要素の行動へ取り組んだ。
総飛行時間は30時間以上に及んだ。

計画飛行には合計10名以上の飛行乗員が関わり、昼間及び夜間に極北の困難な気象条件下で16回に及ぶ飛行任務を遂行した。



第45航空・防空軍は、北方艦隊の指揮下で北極圏の防空を担当する為、元々の北方艦隊海軍航空隊に、ロシア航空宇宙軍(空軍)から移管した航空部隊及び防空部隊を加えて2015年12月に編成されました。

この時、モンチェゴルスク飛行場に駐留し、高空迎撃戦闘機MiG-31、前線爆撃機Su-24M、戦術偵察機Su-24MRを有するヴィスレンスキー赤旗・クトゥーゾフ勲章授与・第98親衛混成航空連隊北方艦隊の指揮下へ移管されました。
21-0117d.jpg
21-0117e.jpg
21-0117g.jpg
21-0117f.jpg



第45航空・防空軍が編成される前から北方艦隊海上航空隊に所属するスモレンスク赤旗授与・ソ連邦英雄2度受賞ボリス・サフォーノフ記念第279独立艦上戦闘機航空連隊(1973年12月創設)は艦上戦闘機Su-33を装備しており、重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」を母艦としています。
(普段はセヴェロモルスク-3飛行場に駐留)
現在の総保有機は20機程度です。
20-0628b.jpg
20-0628c.jpg


基本的には対空戦闘専門のSu-33ですが、9月8日にはSu-24Mと共に地上爆撃訓練を行ないました。

Su-33は、2016年夏以降に地上爆撃用の特殊計算サブシステムSVP-24-33が装備されています。
[ロシア海軍航空隊の艦上戦闘機Su-33は地上攻撃の為の新たなシステムを装備する]
[ロシア海軍の艦上戦闘機Su-33は爆撃精度を向上させる為のシステムを装備している]

ロシア海軍の将来航空母艦の為の電磁カタパルトの地上試験場が建設される

22-0903a.jpg
22-0903b.jpg
『タス通信』より
2022年9月2日18時17分配信
【航空母艦の為に作成される電磁カタパルトは地上演習場でテストされる】
モスクワ、9月2日/タス通信

将来電磁カタパルト海上航空隊地上訓練試験場で試験を行なう事が出来る。
ロシア連邦国防相セルゲイ・ショイグは金曜日の電話会議で述べた。

「この試験場は、艦載飛行装置、艦載航空機器、航空機拘束装置、将来電磁カタパルトの試験の為に意図されています」
彼は話した。

ショイグによると、今回の会議中、試験場を作成する為の試験設計作業を実行する問題が討議される。

「加えて、これは新たな航空機材の為に海上航空隊の飛行要員及び整備技術要員の実地の再訓練の実施を助力します。
今日、このプロジェクトの実現について議論します」

国防省のトップは指摘した。

現在、ロシアには2ヶ所の地上試験訓練複合体(航空機)ニートカが在る~サキエイスク



ロシア海軍の為の将来航空母艦Перспективный Авианосецの開発作業は、2007年に始まりました。
[ロシア新世代航空母艦]

将来航空母艦が装備する電磁カタパルトの開発作業は、2014年春頃から始まっています。
[ロシアは将来空母用の電磁カタパルトの開発を始めている]
[ロシア海軍将来正規空母の為の電磁カタパルトの開発は進められている]
[ロシア海軍の新世代原子力航空母艦の為の電磁カタパルトが開発される]

次世代艦上戦闘機の開発も始まっています。
[ミグは第5世代艦上戦闘機プラス艦上無人機を開発する]


これまでロシア電磁カタパルトに関する話は、ロシア造船業界サイドからのみ出ていましたが、今回、初めてロシア軍当局のトップであるセルゲイ・ショイグ国防相電磁カタパルトに言及しました。

今回、ショイグ国防相電磁カタパルト地上試験場の作成について話していますが、これはおそらく、クラスノダール地方エイスク飛行場新ニートカ(発着艦訓練施設)電磁カタパルトを設置して試験を行なうという事でしょう。
[クラスノダール地方エイスクのロシア海軍の新ニートカは2022年に完成する]

地上試験場の作成に言及するくらいですから、電磁カタパルトの開発はかなり進んでいるようです。


ソヴィエト連邦時代には、原子力航空母艦の為の蒸気カタパルトが開発されました。

蒸気カタパルト「マヤーク」
14-0422b.jpg

「マヤーク」の試作品は1980年代初頭にクリミア半島サキ飛行場に設置されました。
13-0712a.jpg

ロシア海軍バルト艦隊航空隊の戦闘機と爆撃機はカリーニングラード州及びバルト海で戦闘訓練を実施した

22-0831c.jpg
『タス通信』より
2022年8月31日1時45分配信
【バルト艦隊海上航空隊はカリーニングラード州上空での空中戦闘戦術へ取り組んだ】
カリーニングラード、8月30日/タス通信

バルト艦隊海上航空隊航空連合部隊混成航空連隊の約20機の戦闘航空機は、カリーニングラード州の本土及びバルト海の上空での演習へ関わった。
火曜日に艦隊広報サービスは発表した。
飛行中、飛行士は特に戦術的対立の最中の「敵」との現代的な空中戦闘機動を行なう課題へ取り組んだ。

「演習の枠組みで、最新の戦闘機Su-30SM及びSu-30SM2、そして更に前線爆撃機Su-24Mの乗員は、用途上の任務へ取り組む為の戦術エピソード~陸上部隊への火力支援、仮想敵の指揮所、装甲車、人員、水上艦の破壊、そして更に空中偵察の実施~を演じました」
広報サービスは話した。

戦闘機Su-27の飛行士は、戦闘機の兵器を仮想使用して様々な高度と速度で攻撃及び防衛機動を用いる操縦技術へ特別な注意を払った事を広報サービスは指摘した。

「現代的な空中戦闘機動を行なう任務を遂行する際、航空機の乗員は戦術的対立の最中に仮想敵航空機の捜索と破壊を実施しました」
広報サービスは話した。

バルト艦隊海上航空隊の戦闘訓練活動には、合計20機の戦闘機爆撃機が関わった事を艦隊広報サービスは明らかにした。



バルト艦隊海軍航空隊戦闘機爆撃機は、ロシア連邦の飛び地カリーニングラード州へ配備されています。
18-0126g.jpg

チカロフスク飛行場に駐留する第689親衛戦闘機航空連隊は、18機程度の戦闘機Su-27及びSu-27UBを保有しています。
18-0126e.jpg
18-0126f.jpg

チェルニャホフスク飛行場に駐留する第4親衛独立海洋襲撃機航空連隊は、20機程度の前線爆撃機Su-24Mと6機程度の偵察機Su-24MRを保有しています。
18-0126a.jpg
18-0126c.jpg
18-0126b.jpg
18-0126d.jpg

2016年12月初頭から多用途複座戦闘機Su-30SMの配備が始まり、2018年7月初頭までに計8機のSu-30SMが配備されました。
[ロシア海軍バルト艦隊へ2機の多用途複座戦闘機Su-30SMが到着した]

2022年1月末には、アップグレード型のSu-30SM2が4機チェルニャホフスク飛行場へ到着しました。

[ロシア海軍バルト艦隊航空隊へ4機の多用途複座戦闘機Su-30SM2が配備された]

クリミア半島の艦上航空隊訓練複合体ニートカでの2022年のロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機隊の訓練は中止された

22-0718b.jpg
『タス通信』より
2022年7月17日17時38分配信
【情報筋:艦上飛行士の為のクリミアの地上「航空母艦」の使用は未だ計画されていない】
モスクワ、7月17日/タス通信

北方艦隊艦上航空隊飛行士の訓練の為のサキ地上「航空母艦」地上試験訓練複合体(ニートカ)の使用は、未だ計画されていない。
『タス通信』クリミアの軍機関に近い情報筋より伝えられた。

「艦上航空隊の飛行士の訓練の為のクリミアの複合体ニートカの使用は、半島および海の上空域が、ウクライナ特殊軍事作戦中に戦闘任務を果たす航空機へ与えられているという事を含めた理由により、今年は未だ計画されておりません」
彼は話した。

『タス通信』は、この情報を公式に確認していない。

ロシアでは、毎年7月17日に『海軍航空隊の日』を祝っている。

2021年秋、サキ複合体「ニートカ」北方艦隊海上航空隊第279独立艦上戦闘機航空連隊航空機Su-33及びSu-25UTG第100独立艦上戦闘機航空連隊MiG-29K/KUBの飛行士が訓練を実施した。
広報サービスが伝えたように、彼らは航空拘束装置のケーブルへフックを引っ掛けて地上トレーナーへ着陸する飛行を行なった。
この時、航空母艦の甲板へ着艦する為の訓練を、5名の若いパイロットを含む艦上航空隊の7名の飛行士が受けた。

[複合体「ニートカ」と航空母艦]
航空母艦
から飛行する前に、艦上航空隊の飛行士は、現行の規則により、その許可を受けなければならない。
その訓練の為、サキエイスクの2つの複合体ニートカを使用できる。
22-0718c.jpg

複合体「ニートカ」は、艦上航空隊航空機の発艦及び着艦へ取り組む為に意図されている。
サキ複合体は、トランポリン台航空機拘束装置を持つ艦の甲板の形の鋼鉄の飛行スペースを備える集合飛行場である。
飛行スペースの寸法は、「アドミラル・クズネツォフ」の飛行甲板に等しい。

2017年2月、北方艦隊航空打撃艦グループ地中海からセヴェロモルスクへ戻ってきた。
グループの構成には、特に、航空母艦「アドミラル・クズネツォフ」重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」が居た。
ロシア海軍の現代史で初めて「クズネツォフ」艦上航空隊シリア軍事作戦へ関わった。
戦闘作業には、主に第279独立艦上戦闘機航空連隊のパイロットが参加した。

現在、「ソヴィエト連邦海軍元帥クズネツォフ」は、『第35艦船修理工場』(艦船修理センター『ズヴェズドーチカ』支所)のドックで修理中である。



18-0531c.jpg
nitka12.jpg
nitka13.jpg
ソヴィエト連邦時代(1980年代初頭)、ウクライナには航空母艦の飛行甲板を模した発着艦訓練施設「ニートカ」が建設されました。
[地上試験・訓練複合体「ニートカ」]
[サキ飛行実験センター(ニートカ)]
[Нитка(ニートカ)~知られざる旧ソ連の蒸気カタパルト開発の経緯~]




ソ連邦解体後はウクライナに接収され、ロシアウクライナと協定を結んで「ニートカ」を使用していました。
2012年8月、改訂された「ニートカ」使用協定にロシア・ウクライナ国防相が署名しました。
[ロシアとウクライナは艦上機訓練施設ニートカ使用協定を改訂した]

しかし、2013年にはロシア「ニートカ」を使用しませんでした。
[ロシアは2013年にウクライナのニートカを使用しない]

その一方、ロシアは、クラスノダール地方エイスク市に新たな「ニートカ」の建設を開始しました。
[ロシアは、2010年に空母パイロット訓練センターの建設を開始する]
20-1202e.jpg
20-1202f.jpg

その後、2014年3月18日にロシアウラジーミル・プーチン大統領クリミア自治共和国ロシア連邦へ編入する条約に署名した事により、クリミア半島サキに在る「ニートカ」は再びロシアの手に戻りました。
[ウクライナの訓練複合体ニートカ要員はクリミアへ忠誠を誓う]
[クリミア半島のニートカは2015年2月末から本格的に稼働を再開する]

これにより、クリミア旧ニートカは主に現用のロシア海軍艦上戦闘機隊の訓練に使われ、エイスク新ニートカは主にロシア海軍航空隊の新型航空機の各種試験と訓練に使われる事になりました。
[ロシア海軍航空隊の2つの「ニートカ」]

2014年9月初頭、ロシア海軍Su-33艦上戦闘機は、クリミア「ニートカ」へ戻ってきました。
[ロシア海軍艦上航空隊はクリミアのニートカへ戻ってきた]

以後、クリミア「ニートカ」ではSu-33艦上戦闘機の訓練が行なわれました。
[ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機航空連隊はクリミアのニートカでの訓練を終えた]


一方、エイスク新ニートカでは、主に新型機の試験や訓練が行なわれています。
[ロシア連邦国防相セルゲイ・ショイグ上級大将はエイスクのロシア海軍飛行訓練センター(新ニートカ)を視察した]
[エイスク飛行場にロシア海軍航空隊の新型シミュレーターが設置された]
[クラスノダール地方エイスクのロシア海軍の新ニートカは2022年に完成する]


2019年には、艦上戦闘機MiG-29K/MiG-29KUBが10月、Su-33が2月と11月にクリミア「ニートカ」で訓練を行なっています。
[ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機MiG-29K/MiG-29KUBはクリミアの発着艦訓練施設ニートカでの訓練を完了した]
[ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機Su-33はクリミア半島の訓練複合体ニートカで『発着艦』訓練を行なう]

2020年にはクリミア「ニートカ」での艦上戦闘機隊の訓練は実施されませんでした。
[クリミア半島のロシア海軍航空隊の艦上航空隊訓練複合体ニートカは修理及び近代化される]

クリミア「ニートカ」の修理及び近代化の為の契約は、2021年5月下旬に署名されました。
[クリミア半島のロシア海軍航空隊の艦上航空隊訓練複合体ニートカの修理及び近代化の契約が締結された]
[クリミア半島のロシア海軍航空隊の艦上航空隊訓練複合体ニートカの着艦拘束装置は2022年に修理される]

2021年8月中旬、第279独立艦上戦闘機航空連隊Su-33サキ飛行場へ進出しました。
[ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機Su-33のパイロットはクリミア半島の訓練複合体ニートカでの訓練を開始した]

飛行訓練は9月末に完了し、その後、セヴェロモルスク-3飛行場へ戻りました。
[ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機Su-33、クリミアのサキ飛行場の訓練複合体ニートカで発着艦訓練完了(2021年9月末)]

続いて、第100独立艦上戦闘機航空連隊艦上戦闘機MiG-29Kサキ飛行場へ進出し、10月上旬から11月中旬まで飛行訓練を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機MiG-29K、クリミアのサキ飛行場の訓練複合体ニートカで発着艦訓練(2021年10月上旬~11月中旬)]
11月24日にセヴェロモルスク-3飛行場へ戻りました。
[クリミアのサキ飛行場の訓練複合体ニートカでの発着艦訓練を終えたロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機MiG-29Kはセヴェロモルスク-3へ戻った]

2022年にも第279航空連隊第100航空連隊サキ飛行場「ニートカ」で「発着艦」訓練を行なう予定でした。
[ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機隊は2022年にもクリミア半島の艦上航空隊訓練複合体ニートカで訓練を行なう]

しかし、2022年2月24日にロシア連邦軍ウクライナ特殊軍事作戦が始まり、黒海艦隊多用途複座戦闘機Su-30SM前線爆撃機Su-24Mが駐留するサキ飛行場も前線飛行場として使用される事になった為、サキでの艦上戦闘機隊の訓練は中止されました。
saki1.jpg
saki2.jpg

ロシア海軍バルト艦隊航空隊の多用途複座戦闘機Su-30SMと前線爆撃機Su-24Mはカリーニングラード州の演習で50発以上の爆弾を投下し、500発以上の機関砲弾を発射した

22-0702a.jpg
22-0702b.jpg
『インテルファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2022年7月1日16時33分配信
【バルト艦隊の飛行士はカリーニングラード付近の演習で地上目標への爆撃を実行した】
モスクワ、7月1日、インテルファクス

海上航空隊航空連合部隊航空機Su-30SM及びSu-24の乗員は、飛行戦術演習の枠組みで地上目標の破壊へ取り組み、実地爆撃を実行した。
バルト艦隊は金曜日に発表した。

「飛行戦術演習の最中、乗員は50発を超える重量100kgから500kgまでの爆弾を投下し、そして更にカリーニングラード州射爆場の様々な目標へ航空機関砲から500発を超える30mm機関砲弾を発射しました」
声明では、こう述べられた。

特に、陸上部隊の火力支援、仮想敵の指揮所、装甲車両及び人員を破壊する課題へ取り組んだと艦隊は伝えた。

艦隊によると演習は計画されたものであり、それには15機以上の航空機Su-30SM及びSu-24の乗員、そして更に約100名の軍事飛行要員及び整備技術要員が関わった。



バルト艦隊海軍航空隊戦闘機爆撃機は、ロシア連邦の飛び地カリーニングラード州へ配備されています。
18-0126g.jpg

カリーニングラード州チェルニャホフスク飛行場に駐留する第4親衛独立海洋襲撃機航空連隊は、20機程度の前線爆撃機Su-24Mと6機程度の偵察機Su-24MRを保有しています。
18-0126a.jpg
18-0126c.jpg
18-0126b.jpg
18-0126d.jpg

2016年12月初頭から多用途複座戦闘機Su-30SMの配備が始まり、2018年7月初頭までに計8機のSu-30SMが配備されました。
[ロシア海軍バルト艦隊へ2機の多用途複座戦闘機Su-30SMが到着した]

2022年1月末には、アップグレード型のSu-30SM2が4機チェルニャホフスク飛行場へ到着しました。

[ロシア海軍バルト艦隊航空隊へ4機の多用途複座戦闘機Su-30SM2が配備された]