ロシア海軍航空隊は2025年までに30機の近代化改修された対潜哨戒機Il-38Nを受け取る

17-0131b.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年1月31日12時14分配信
【(ロシア)国防省はIl-38の近代化プログラムが何時完了するのかについて話した】
ジュコーフスキー(モスクワ州)、1月31日-ロシア通信社ノーボスチ

30機の対潜航空機Il-38Il-38Nレベルへの近代化プログラムは2025年に完遂する。
火曜日、ロシア連邦海軍航空隊司令官イーゴリ・コジン少将は報道陣へ伝えた。

火曜日、モスクワ州ジュコーフスキーで、1988年~1994年の海軍航空隊司令官ヴィクトール・パヴロヴィチ・ポタポフ大将の名を付けた近代化された対潜航空機Il-38Nの受領式典が開催された。
17-0131a.jpg

「近代化プログラムは2025年までと見積もられています。
従いまして、この期間内に全ての近代化の実行が計画されています」
コジン
は、30機の航空機Il-38が全て近代化されるのは何時になるのかという質問に答え、こう話した。

彼は、モスクワ州ジュコーフスキーで軍備採用されたIl-38Nは、エイスク海軍航空隊地上試験複合体へ移管されると付け加えた。



『イリューシン』公式サイトより
【Il-38対潜航空機】

旅客機Il-18をベースに開発された対潜哨戒機Il-38は、1961年9月27日に初飛行し、1967年から1972年までに65機が生産されました。

現用のIl-38は、Il-38N仕様への近代化改修を受けます。

Nは「ノヴェッラ」Новелла(短編小説、新規追加条項)の略です。
Il-38の上部に追加されたのが「ノヴェッラ-P-38」複合体です。
15-0720c.jpg

北方艦隊は、2012年3月にIl-38N(15号機)を受領していますが、これはプロトタイプのようです。
[ロシア北方艦隊は近代化された対潜哨戒機Il-38Nを受領した]
[ロシア北方艦隊は近代化された対潜哨戒機Il-38Nの飛行訓練を開始した]

16-0113b.jpg
2014年7月15日、Il-38N「量産機」(機体番号19)ロシア海軍へ引き渡されました。
[近代化された対潜哨戒機Il-38Nは7月15日にロシア海軍へ引き渡される]
[近代化された対潜哨戒機Il-38N量産1号機はロシア海軍へ引き渡された]

その後、27号機、24号機、23号機が改修を終えてロシア海軍航空隊へ引き渡されています。

2015年3月30日には太平洋艦隊航空隊が初めてIl-38Nを受領しています。
[ロシア海軍太平洋艦隊は近代化改修された対潜哨戒機Il-38Nを受領した]

2015年6月30日、5機目となる「フョードル・ゾロトゥヒン」号(機体番号78、RF-75338)モスクワ近郊のジュコーフスキー飛行場ロシア海軍航空隊へ引き渡され、7月20日にカムチャツカ半島航空基地(エリゾヴォ)へ到着しました。
[ロシア海軍航空隊は5機目の近代化された対潜哨戒機Il-38Nを受領した]
[ロシア海軍航空隊の近代化改修された対潜哨戒機Il-38N『フョードル・ゾロトゥヒン』号はカムチャツカへ配備される]
[ロシア海軍航空隊の近代化改修された対潜哨戒機Il-38N『フョードル・ゾロトゥヒン』号はカムチャツカのエリゾヴォ基地へ到着した]


Il-38Nの第1バッチ近代化改修機の5機は、以下の航空基地へ配備されています。

・19号機「ラジー・パンコフスキー」(RF-75355):エイスク(クラスノダール地方)
・27号機「ヤコフ・クテポフ」(RF-75320):エイスク(クラスノダール地方)

・23号機(RF-75322):ニコラエフカ(沿海地方)

・24号機(RF-75341):エリゾヴォ(カムチャツカ半島)
・78号機「フョードル・ゾロトゥヒン」(RF-75338):エリゾヴォ(カムチャツカ半島)


Il-38Nの第1バッチ近代化改修(2012年契約締結)は5機で終了しますが、これに続く第2バッチの近代化改修の為の契約も2015年5月に締結されました。
[ロシア海軍航空隊の為の対潜哨戒機Il-38近代化改修の第2バッチの契約が締結された]

2016年12月29日、第2バッチの第1陣2機がイリューシン社からロシア海軍へ引き渡されました。
22号機「ヴィクトール・ポタポフ」11号機「ミハイル・ヴェロビツキー」と命名されました。
[ロシア海軍航空隊は2機の近代化された対潜哨戒機Il-38Nを受領した]


そして今回、ロシア海軍航空隊司令官イーゴリ・コジン少将は、2025年までに計30機のIl-38Il-38N仕様へ近代化改修される事を明らかにしました。
スポンサーサイト

ロシア海軍航空隊は装備の更新を進める

17-0102a.jpg
『タス通信』より
2017年1月2日7時35分配信
【ロシア連邦海軍の為に艦上配置無人機が作成される】
モスクワ、1月2日/タス通信

ロシア海軍航空隊の為の艦上配置無人機の開発が始まる。
海軍航空隊司令官イーゴリ・コジン少将は述べた。

「主要な設計局の作業の将来の方向性の1つは、艦上配置無人飛行装置の分野における研究と開発に在ります」
彼は、作業時期は明らかにせずに、こう話した。

コジンは、今後数年の間に、海軍航空隊には、現行の飛行装置(航空機)集団の大掛かりな近代化と、段階的な将来航空複合体への交換が控えている事を指摘した。

「特に、航空隊の艦上戦闘機部隊には、2017年~2020年に戦闘機MiG-29KとMiG-29KUBが補充されます。
更に、海軍航空隊の打撃ヘリコプター集団の大掛かりな近代化が計画されております。
今の軍備として在るヘリコプターKa-29の代わりに、最新の戦闘偵察打撃艦上ヘリコプターKa-52Kカトランが加入を開始します」

海軍航空隊司令官は付け加えた。

[2020年までの計画]
約100機の新たな飛行装置(航空機)をロシア海軍航空隊は2020年までに受領するとコジンは述べた。

「海軍航空隊の航空機集団の近代化及び更新に関する現行のプログラムに沿って、海軍航空隊の軍備として、2020年までに約100機の飛行装置を受領します」
彼は話した。

以前に報じられたように、ロシア海軍航空隊は2016年に様々なクラスの10機以上の航空機と20機の近代化された艦上ヘリコプターKa-27を受領した。



現在、ロシア海軍航空隊は、既存機の近代化改修と新型機の導入を並行して進めています。

現用の対潜ヘリコプターKa-27は近代化改修されます
[ロシア海軍航空隊は近代化された艦載ヘリコプターKa-27Mの第1号機を受領した]

この他、戦闘輸送ヘリコプターKa-29もオーバーホールを行なって現役復帰しています。
[ロシア海軍太平洋艦隊は修復された戦闘輸送ヘリコプターKa-29を受領する]

更には、新たな艦上攻撃ヘリコプターKa-52K「カトラン」の量産も始まります。
[ロシア海軍の艦上攻撃ヘリコプターKa-52Kカトランは最新鋭の目標探知システムを装備する]

対潜哨戒機Il-38の近代化改修も進められています。
[ロシア海軍航空隊は2機の近代化された対潜哨戒機Il-38Nを受領した]

艦上戦闘機MiG-29K/MiG-29KUBは、機体そのものは2015年末までに計24機が引き渡されておりますが、パイロットの錬成は途上であり、保有機全てを空母で運用出来るレベルには達していないようです。
コジン少将が言っているのは、おそらくは、2020年までに保有機全てを空母で運用出来るレベルにするという事でしょう。
[艦上戦闘機MiG-29K/KUB]

陸上基地航空隊への多用途複座戦闘機Su-30SMの導入も進められています。
[多用途複座戦闘機Su-30SM]

17-0102b.jpg
今回、イーゴリ・コジン少将は、2020年頃までに約100機の航空機を受領すると述べていますが、これは新造機と近代化改修機を合わせた数字でしょう。


更にコジン少将は、無人艦載機の開発にも言及しています。

無人艦載機の具体的な内容には触れていませんが、例えば、昨年に1番艦が起工されたプロジェクト20386(ジェルズキ―型)コルベットには無人ヘリコプターが搭載されます。
[プロジェクト20386コルベット(ジェルズキ―型)]

そして、将来的には空母への無人機の搭載も構想されています。
[ロシア海軍航空隊の為の有人/無人航空機が開発される]

ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は対潜哨戒機Il-38を援護した

16-1230b.jpg
16-1230c.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年12月30日11時42分配信
【迎撃戦闘機MiG-31はカムチャツカで航空機Il-38を「援護」した】
モスクワ、12月30日-ロシア通信社ノーボスチ

迎撃戦闘機MiG-31カムチャツカ航空機Il-38の援護を行なった。
東方軍管区下の太平洋艦隊広報サービス・情報供給部長ウラジーミル・マトヴェーエフ2等海佐は報道機関へ伝えた。

「カムチャツカで戦闘機飛行士は、太平洋艦隊対潜航空隊との連携飛行へ取り組みました。
そのために、MiG-31戦闘機飛行隊の搭乗員には、仮想敵潜水艦の探索を実施する対潜航空隊の航空機Il-38の援護を行なう任務が与えられました」
マトヴェーエフ
は話した。

MiG-31の搭乗員のフライト実施の下で、地域の「周回」、更には仮想敵の捕捉及び破壊行動の要素へ取り組んだ事が伝えられた。
フライトは、昼間及び夜間に実施された。
戦闘機飛行士の飛行勤務において、10回以上の訓練飛行が行なわれた。



16-0714b.gif
16-1230a.jpg
カムチャツカ半島エリゾヴォ飛行場には、太平洋艦隊海軍航空隊迎撃戦闘機MiG-31(第865独立戦闘機航空連隊)が駐留しています。
16-0714d.jpg
16-0714e.jpg

このMiG-31は、元々はロシア防空軍に所属していたのですが、防空軍空軍と合併した後の1998年に海軍航空隊へ移管されました。
(第865独立戦闘機航空連隊は1989年にSu-15からMiG-31へ機種改編)

現在は12機のMiG-31B/BSと20機のMiG-31BMを保有しています。


MiG-31は度々訓練を行なっており、2016年7月中旬には、原子力潜水艦から発射された超音速有翼ミサイルの迎撃訓練を実施しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の戦闘機MiG-31は原潜から発射された超音速巡航ミサイルを撃墜した]

12月24日には、敵の攻撃を受けて損傷したという想定下での滑走路への着陸訓練を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2016年12月24日8時2分配信
【カムチャツカの太平洋艦隊海軍航空隊の戦闘機MiG-31乗員は、損傷したという想定下の滑走路への着陸へ取り組んだ】


そして12月30日には、潜水艦捜索訓練を行なう対潜哨戒機Il-38の援護訓練を行ないました。

エリゾヴォ飛行場には、近代化改修された2機のIl-38Nを含む対潜哨戒機Il-38も駐留しています。
[ロシア海軍航空隊は2020年までに計28機の近代化された対潜哨戒機Il-38Nを受領する]
15-0720c.jpg

ロシア海軍航空隊は2機の近代化された対潜哨戒機Il-38Nを受領した

16-1229e.jpg
『中央海軍ポータル』(フロートコム)より
2016年12月29日13時5分配信
【(ロシア)海軍は近代化された2機の対潜航空機Il-38Nを受領した】

イリューシン記念航空複合体は、ロシア海軍の為の2機の対潜航空機Il-38の修理と近代化を完了した。
12月29日・木曜日、同社広報サービスは発表した。


国家契約の条件下でロシア海軍航空隊対潜航空機Il-38Nへとアップグレードされる。

ロシア海軍へ引き渡された航空機は、海軍航空隊司令官ヴィクトール・ポタポフソ連邦英雄海洋飛行士ミハイル・ヴェロビツキーの名を受けた。

Il-38対潜航空機であり、旅客機Il-18Vをベースにして1961年に開発された。
自身で、或いは対潜艦と合同で潜水艦を探知、破壊する為、海洋偵察、捜索救助作戦、機雷源敷設の為に意図されている。

近代化されたIl-38N探索-照準複合体「ノヴェッラ」を装備し、距離90kmまでの空中目標、320kmまでの水上目標の発見が可能である。
このシステムは、水上及び水中の32個の目標を同時に追尾する。
対潜水艦戦闘に加え、Il-38Nは、電波電子偵察哨戒航空機としての任務の遂行が可能である。



『イリューシン』公式サイトより
【Il-38対潜航空機】

旅客機Il-18をベースに開発された対潜哨戒機Il-38は、1961年9月27日に初飛行し、1967年から1972年までに65機が生産されました。

現用のIl-38は、Il-38N仕様への近代化改修を受けます。

Nは「ノヴェッラ」Новелла(短編小説、新規追加条項)の略です。
Il-38の上部に追加されたのが「ノヴェッラ-P-38」複合体です。
15-0720c.jpg

北方艦隊は、2012年3月にIl-38N(15号機)を受領していますが、これはプロトタイプのようです。
[ロシア北方艦隊は近代化された対潜哨戒機Il-38Nを受領した]
[ロシア北方艦隊は近代化された対潜哨戒機Il-38Nの飛行訓練を開始した]

16-0113b.jpg
2014年7月15日、Il-38N「量産機」(機体番号19)ロシア海軍へ引き渡されました。
[近代化された対潜哨戒機Il-38Nは7月15日にロシア海軍へ引き渡される]
[近代化された対潜哨戒機Il-38N量産1号機はロシア海軍へ引き渡された]

その後、27号機、24号機、23号機が改修を終えてロシア海軍航空隊へ引き渡されています。

2015年3月30日には太平洋艦隊航空隊が初めてIl-38Nを受領しています。
[ロシア海軍太平洋艦隊は近代化改修された対潜哨戒機Il-38Nを受領した]

6月30日、5機目となる「フョードル・ゾロトゥヒン」号(機体番号78、RF-75338)モスクワ近郊のジュコーフスキー飛行場ロシア海軍航空隊へ引き渡され、7月20日にカムチャツカ半島航空基地(エリゾヴォ)へ到着しました。
[ロシア海軍航空隊は5機目の近代化された対潜哨戒機Il-38Nを受領した]
[ロシア海軍航空隊の近代化改修された対潜哨戒機Il-38N『フョードル・ゾロトゥヒン』号はカムチャツカへ配備される]
[ロシア海軍航空隊の近代化改修された対潜哨戒機Il-38N『フョードル・ゾロトゥヒン』号はカムチャツカのエリゾヴォ基地へ到着した]


Il-38Nの第1バッチ近代化改修機の5機は、以下の航空基地へ配備されます。

・19号機「ラジー・パンコフスキー」(RF-75355):エイスク(クラスノダール地方)
・27号機「ヤコフ・クテポフ」(RF-75320):エイスク(クラスノダール地方)

・23号機(RF-75322):ニコラエフカ(沿海地方)

・24号機(RF-75341):エリゾヴォ(カムチャツカ半島)
・78号機「フョードル・ゾロトゥヒン」(RF-75338):エリゾヴォ(カムチャツカ半島)


Il-38Nの第1バッチ近代化改修(2012年契約締結)は5機で終了しますが、これに続く第2バッチの近代化改修の為の契約も2015年5月に締結されました。
[ロシア海軍航空隊の為の対潜哨戒機Il-38近代化改修の第2バッチの契約が締結された]


そして2016年12月29日、第2バッチの第1陣2機がロシア海軍へ引き渡されました。
「ヴィクトール・ポタポフ」と命名されたのは22号機「ミハイル・ヴェロビツキー」11号機のようです。

ロシア海軍Il-38は、2020年までに合計28機がIl-38N仕様へ近代化改修されます。
[ロシア海軍航空隊は2020年までに計28機の近代化された対潜哨戒機Il-38Nを受領する]

ロシア海軍航空隊最年長の艦上戦闘機パイロット、イーゴリ・マトコフスキー大佐


テレビ局『ズヴェズダー』より
2016年12月9日13時55分配信
【ロシア英雄は艦上機飛行士という職業の微妙な差異について話した】

ロシア英雄で、勇敢勲章を保持するイーゴリ・マトコフスキー大佐は、テレビ局『ズヴェズダー』へ艦上機飛行士という職業の微妙な差異について話した。

「この職業は、無頓着、無関心な人には勤まりません。
非凡な飛行士となれる者がマスターするのは1つの事だけでは有りません。
陸上の飛行場から上手に飛行できても、艦は貴方の前に多くの心理的なハードルを置きます。
従いまして、全ての人が、この職業をマスターする事は出来ません」
マトコフスキー
は話した。

イーゴリ・マトコフスキーは、我々の艦隊において、最も経験豊かな艦上航空隊飛行士の1人であり、「アドミラル・クズネツォフ」の甲板へ244回の着艦を行なっている。
彼は、ロシア海軍において、航空母艦へ200回以上の着艦の経験を有する3名の飛行士の1人である。

2008年4月21日には、長年の軍務遂行で発揮された勇気と英雄的行為に対し、ロシア連邦英雄「金星」メダルが授与された。

今、マトコフスキーは、ロシアの若いパイロットの訓練に従事している。
彼等が与えられた任務を申し分なく遂行できるようにする為に。

12月9日、ロシア祖国英雄の日を祝う。
この祭日は、戦闘中の格別の勇敢さを表彰する為にエカテリーナ2世聖大致命者凱旋者ゲオルギイ勲章を創設した18世紀以来の歴史が有る。
ソヴィエト連邦において、この祭日は廃止され、ロシアで2007年に復活した。



16-1210b.jpg
イーゴリ・フェオクトヴィチ・マトコフスキー氏は、1961年5月21日にウクライナ共和国セヴァストーポリで生まれました。
1982年にエイスクV.M.コマロフ記念高等軍事飛行士航空学校を卒業し、バルト艦隊航空隊第846独立親衛襲撃機航空連隊へ配属されました。

1996年にN.G.クズネツォフ記念海軍アカデミーを卒業した後、北方艦隊航空隊へ転属し、翌1997年には第279独立艦上戦闘機航空連隊へ配属され、30代後半になってから艦上戦闘機へ転科する事になりました。
igor-timur.jpg

この時の第279艦上戦闘機航空連隊司令チムール・アパキージェ大佐も、元々はバルト艦隊航空隊襲撃機航空連隊Su-17パイロットであり、マトコフスキー氏が同連隊へ着任した頃には連隊副司令でしたから、先輩であるアパキージェ大佐に引き抜かれて第279連隊へ来たようです。
[伝説のロシア艦上戦闘機パイロット、故チムール・アパキージェは60回目の誕生日を迎えた]

1998年に初めて重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」へ着艦しました。

16-1210c.jpg
2006年から2009年まで第279独立艦上戦闘機航空連隊司令を務め、2008年4月21日には「ロシア連邦英雄」勲章を授与されました。
[遠征に参加した将兵達は、勲章を授与された]

第279航空連隊司令から退いた後も「アドミラル・クズネツォフ」地中海遠征に参加し、2014年3月上旬には「アドミラル・クズネツォフ」への200回目の着艦を達成しました。
[2名のSu-33パイロットは空母アドミラル・クズネツォフへの200回目の着艦を達成した]
[空母アドミラル・クズネツォフの最高の艦上戦闘機パイロット達]

16-1210a.jpg
今回の「アドミラル・クズネツォフ」地中海遠征にも参加しており、現在までに244回の着艦を行なっています。
[空母アドミラル・クズネツォフ第6次地中海遠征(2016年10月-)]

特に今回、「アドミラル・クズネツォフ」は、2種類の艦上戦闘機Su-33MiG-29K/KUBを載せていますが、両機種とも別々の部隊(第279艦上戦闘機航空連隊第100艦上戦闘機航空連隊)に所属しているので、ロシア海軍航空隊最年長の現役パイロットであるイーゴリ・マトコフスキー大佐が両部隊を統括しているようです。

今回、マトコフスキー大佐は「陸上の飛行場から上手に飛行できても、艦は多くの心理的なハードルを置く」と言っていますが、これは、かつての同氏自身の経験を指しているのでしょう。
バルト艦隊の陸上航空隊で10年以上に渡りパイロットとして勤務した後、30代後半で艦上機へ転科した自分自身に・・・