ロシア海軍の為の第5世代多用途原潜ハスキー級と第5世代戦略原潜の開発は『2018年~2027年の国家軍備プログラム』において継続される

17-1225c.jpg
『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2017年12月25日9時30分配信
【第5世代原子力潜水艦の開発は『2018~2027年の国家軍備プログラム』承認後に継続される】
モスクワ、12月25日、インタファクス-AVN

第5世代原子力潜水艦の外観の形成作業は、『統合造船業営団』設計局『ルビーン』『マラヒート』の主導により進められている。
月曜日、『統合造船業営団』のトップ、アレクセイ・ラフマノフ『インタファクス-AVN』のインタビューに対し、こう述べた。
17-1225b.jpg

この作業は「2018年から2027年までの期間の国家軍備プログラムの承認後に継続されます~あとの詳細は、軍事機密です」
アレクセイ・ラフマノフ
は話した。

周知の通り、海洋工学中央設計局『ルビーン』の専門分野の1つである大陸間弾道ミサイル搭載戦略用途原子力ロケット潜水艦が開発されている。
サンクトペテルブルク海洋機械製造局『マラヒート』原子力多目的潜水艦を開発している。

公開情報によると、『マラヒート』は、特に、兵装として極超音速対艦ミサイル「ツィルコン」を受け取る予定の「ハスキー」型原子力潜水艦を立案している。
ミサイルの開発は、レウトフ科学生産合同『機械製造』で進められている。



ソ連/ロシア海軍攻撃原潜(多用途原潜)を手掛けてきた機械製造局『マラヒート』は、現在、第5世代多用途原子力潜水艦「ハスキー」の設計作業を進めています。
[ロシア海軍第5世代多目的原子力潜水艦ハスキー級の寿命は52年となる]

「ハスキー」級の建造開始は2020年代前半頃に予定されています。
[ロシア海軍の第5世代多用途原子力潜水艦ハスキー級の1番艦は2023~2024年に起工される]

「ハスキー」級には、現在開発中の極超音速有翼ミサイル「ツィルコン」が装備されます。
[ロシア海軍の為の極超音速対艦ミサイル"ツィルコン"は新たな2018-2027年の国家軍備プログラムにおいて開発を完了し、生産を開始する]


一方、ソ連/ロシア海軍戦略原潜(弾道ミサイル原潜)を手掛けてきた海洋工学中央設計局『ルビーン』も、既に第5世代戦略原子力潜水艦の設計作業に取り掛かっています。

ただ、第5世代戦略原潜の前に、第4世代戦略原潜「ボレイ-A」の改良型である「ボレイ-B」が建造される事になったので、第5世代戦略原潜の建造が開始されるのは、早くても2020年代末でしょう。

第5世代戦略原潜の為の新型弾道ミサイルも開発されます。
[モスクワ熱技術研究所はロシア海軍の為の新型SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を開発する]
スポンサーサイト

ロシア海軍第5世代多目的原子力潜水艦ハスキー級の寿命は52年となる

17-1220b.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年12月20日3時46分配信
【原子力潜水艦「ハスキー」の就役期間は半世紀以上となる】
モスクワ、12月20日-ロシア通信社ノーボスチ

第5世代多目的原子力潜水艦「ハスキー」の就役期間は52年になる。
サンクトペテルブルク海洋機械製造局『マラヒート』ロボット工学部長オレグ・ウラソフ『ロシア通信社ノーボスチ』へ語った。

アカデミー会員N.N.イサーニン記念サンクトペテルブルク海洋機械製造局『マラヒート』は、第4世代原子力潜水艦「ヤーセン」を含む原子力潜水艦の開発に従事している。

「正確に申し上げますと、このハスキーは、それ(註:ロボット複合体)と共に存在します。
私共は、その為に、艦の作成における将来の作成を実現する上での設置複合体の為の技術的可能性が如何なるものとなるのかを定めます。
この艦は52年間に渡り就役します。
艦は、明日には形成されるでしょう」
ウラソフ
は話した。

『マラヒート』の代理人は、海軍をサポートする国産の海洋ロボット機器及び全てロシア国内で用意されるエンジンの開発に関する全ロシア協議会での報告において公表した。
ウラソフロボット機器の開発の枠組みにおける国の強化というテーマで話し、更には第5世代多目的潜水艦「ハスキー」の為のロボット工学複合体の作成へ詳細に言及した。

以前、ウラソフは、今日において「ハスキー」の概略設計は定められており、外観は形成されていると『ロシア通信社ノーボスチ』へ伝えた。
潜水艦には、水中及び空中で動作するロボット工学複合体の装備が計画されている。
潜水艦「クニャージ・ウラジーミル」の進水式典において海軍総司令官ウラジーミル・コロリョーフは、プロジェクト「ハスキー」の科学研究作業は2018年に完了すると発言した。

潜水艦の建造は、2018年~2027年の国家軍備プログラムにおいて計画されている。
更に、潜水艦は新たな極超音速有翼ミサイル「ツィルコン」を搭載できる事が知られている。



ソ連/ロシア海軍攻撃原潜(多用途原潜)を手掛けてきた『マラヒート』機械製造局は、既に第5世代多用途原子力潜水艦「ハスキー」の設計作業に取り掛かっています。
[第5世代多用途潜水艦はステルス性を重視する]
[ロシア海軍第5世代多用途原潜は複殻式船体となり、排水量は12000トン以下になるだろう]
[ロシア海軍第5世代多用途原子力潜水艦の開発作業は進行中である]
[ロシア海軍の為の第5世代多用途原潜ハスキー級の開発は進められている]

第5世代多用途原子力潜水艦「ハスキー」は、モジュール方式(基本型は攻撃原潜であり、有翼ミサイル区画を挿入すれば有翼ミサイル原潜になる)となるようです。
[ロシア海軍の為の第5世代多用途原子力潜水艦はモジュール方式となる]

この他、旧ソ連海軍「アルファ」級のような大幅な自動化による省力化も検討されています。
[ロシア海軍は自動化原潜の建造を検討する]

「ハスキー」級には、現在開発中の極超音速有翼ミサイル「ツィルコン」が装備されます。
[ロシア海軍の為の極超音速対艦ミサイル"ツィルコン"は新たな2018-2027年の国家軍備プログラムにおいて開発を完了し、生産を開始する]

「ハスキー」級の建造開始は2020年代前半頃に予定されています。
[ロシア海軍の第5世代多用途原子力潜水艦ハスキー級の1番艦は2023~2024年に起工される]


「ハスキー」級には「水中、空中で動作するロボット複合体」が装備されます。
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年12月19日3時10分配信
【第5世代原子力潜水艦はロボットを装備する】

「ロボット複合体」というのは、要するに無人機の事です。
[ロシア海軍第5世代多用途原潜は水中無人機を搭載する]


「ハスキー」級の就役期間(寿命)は52年になるとの事です。
例えば、2030年頃に就役すれば、2080年代まで現役に留まることが出来るでしょう。

ロシア海軍の第5世代通常動力潜水艦の為の非大気依存発電装置(AIP機関)の洋上試験は2021年に完了する

17-0702i.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年8月23日10時9分配信
【統合造船業営団:潜水艦の為の嫌気装置の試験は2021年に完了する】
クビンカ(モスクワ州)、8月23日-ロシア通信社ノーボスチ

第5世代通常動力潜水艦の為の嫌気性(非大気依存)装置の試験は2021年末までに完了しなければならない。
『ロシア通信社ノーボスチ』は、水曜日に『統合造船業営団』副総裁(軍事造船担当)イーゴリ・ポノマリョフより伝えられた。

非大気依存発電装置の主な利点は、潜水艦の隠密性の増加に有る。
潜水艦は、バッテリーを充電する為に浮上する事無く水中に滞在できる。

「私共は、第5世代通常動力潜水艦建造の為の海軍のプラン実行に関心を持っているが故に、新たな装置の試験は2021年末までに完了させなければなりません」
ポノマリョフ
フォーラム『アルミヤ(軍)-2017』において、こう話した。

彼によると、(現実の条件下での動作の為に必要な)海洋試験台を有する装置の見本艦は、ロシア産業貿易省を通して作成される。
現在、技術的課題が形成されている。

伝えられているように、ロシアが開発した非大気依存発電装置は、水素の生成方法において外国の同類とは根本的に異なっている。
それは潜水艦の中に高純度水素を貯蔵するのではなく、この装置により、改質装置を用いたディーゼル燃料の消費量に応じた水素の生成が提供される。




ロシア海洋工学中央設計局『ルビーン』は、通常動力潜水艦の為の新たな非大気依存発電装置(AIP機関)の開発を進めています。

この非大気依存機関は、2011年12月初頭に陸上試験の最初の段階を終えています。
[ロシアは新たなAIP機関の試験を終えた]

その後も陸上試験は続けられました。
[ロシア海軍の新世代潜水艦の為のAIP機関の試験は進んでいる]

海洋工学中央設計局『ルビーン』によると、新たな非大気依存発電装置(AIP機関)の開発は既に完了しています。
[ロシア海軍第5世代通常動力潜水艦カリーナ級の為の非大気依存発電装置(AIP)の開発は完了した]

今後建造されるロシア第5世代通常動力潜水艦「カリーナ」級には、このAIP機関が搭載されます。
[ロシア海軍第5世代通常動力潜水艦カリーナ級の設計と建造は『2025年までの国家軍備プログラム』において実施される]

「カリーナ」級へ搭載する前に、AIP機関の洋上試験を行なう為の試作艦が造られ、試験は2021年末までの完了が予定されています。


この他、ルビーン設計局は、潜水艦用のリチウムイオン電池の開発も進めています。
[ロシアは潜水艦用のリチウムイオン電池の試験に成功した]

ロシア海軍の第5世代多用途原子力潜水艦ハスキー級の1番艦は2023~2024年に起工される

16-0906k.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年7月28日14時9分配信
【次世代多目的原子力潜水艦「ハスキー」は2025年までに起工される】
セヴェロドヴィンスク(アルハンゲリスク州)、7月28日-ロシア通信社ノーボスチ

次の第5世代多目的原子力潜水艦プロジェクト「ハスキー」の起工は、2023~2024年に計画されている。
『ロシア通信社ノーボスチ』は金曜日に、ロシア連邦海軍副総司令官ヴィクトール・ブルスク中将より伝えられた。

現在、ロシア連邦海軍は、第4世代多目的原子力潜水艦プロジェクト「ヤーセン」を軍備採用している。

「おおよそは、起工(原子力潜水艦「ハスキー」の)は2023~2024年に予定されております」
プロジェクト「ヤーセン-M」原子力潜水艦「ウリヤノフスク」
の起工式典の為に工場『セヴマシュ』へ来訪したブルスクは話した。



ソ連/ロシア海軍攻撃原潜(多用途原潜)を手掛けてきた『マラヒート』機械製造局は、既に第5世代多用途原子力潜水艦「ハスキー」の設計作業に取り掛かっています。
[第5世代多用途潜水艦はステルス性を重視する]
[ロシア海軍第5世代多用途原潜は複殻式船体となり、排水量は12000トン以下になるだろう]
[ロシア海軍第5世代多用途原潜は水中無人機を搭載する]
[ロシア海軍第5世代多用途原子力潜水艦の開発作業は進行中である]
[ロシア海軍の為の第5世代多用途原潜ハスキー級の開発は進められている]

第5世代多用途原子力潜水艦「ハスキー」は、モジュール方式(基本型は攻撃原潜であり、有翼ミサイル区画を挿入すれば有翼ミサイル原潜になる)となるようです。
[ロシア海軍の為の第5世代多用途原子力潜水艦はモジュール方式となる]

この他、旧ソ連海軍「アルファ」級のような大幅な自動化による省力化も検討されています。
[ロシア海軍は自動化原潜の建造を検討する]

「ハスキー」級には、現在開発中の極超音速有翼ミサイル「ツィルコン」が装備されます。
[ロシア海軍の為の極超音速巡航ミサイル"ツィルコン"の試験が始まった]
[ロシア海軍第5世代多用途原子力潜水艦ハスキー級は極超音速巡航ミサイル"ツィルコン"を装備する]
[ロシア海軍の為の極超音速対艦ミサイル"ツィルコン"は発射試験で最大速度マッハ8に達した]

ロシア造船業界の総元締・総本山である『統合造船業営団』は、「ハスキー」級の設計原案は2018年には出来上がると発表しました。
[ロシア海軍第5世代多用途原子力潜水艦ハスキー級の設計原案は2018年に出来上がる]

現在の所、「ハスキー」級の建造開始は2020年以降に予定されています。
[ロシア海軍第5世代多用途原子力潜水艦ハスキー級の建造契約は2018年以降に締結される]
[ロシア海軍第5世代多用途原潜ハスキー級の建造は2020年以降に始まる]


そして今回、ロシア連邦海軍副総司令官ヴィクトール・ブルスク中将は、「ハスキー」級の1番艦の起工は、2023から2024年に予定されていると発言しました。

さる7月28日に起工された第4世代多用途原潜プロジェクト885「ヤーセン」の最終艦「ウリヤノフスク」は、2023~2024年にロシア海軍へ引き渡される予定となっているので、その後で第5世代多用途原潜「ハスキー」級の建造が始まる事になるようです。
[ロシア海軍北方艦隊の為の第4世代原子力水中巡洋艦ヤーセン級7番艦(最終艦)ウリヤノフスクは起工された]
[ロシア海軍第4世代多用途原潜ヤーセン級は2023年までに計7隻が就役する]

ロシア海軍第5世代通常動力潜水艦カリーナ級の設計と建造は『2025年までの国家軍備プログラム』において実施される

17-0702i.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年7月2日10時21分配信
【海軍副総司令官は「カリーナ」の設計作業の完了が何時になるのか述べた】
サンクトペテルブルク、7月2日-ロシア通信社ノーボスチ

第5世代通常動力潜水艦「カリーナ」の試験設計作業は、『2018-2025年の国家軍備プログラム』の枠組みにおいて完了する。
サンクトペテルブルク海軍サロン(IMDS-2017)の枠組みにおける代表者会議で海軍副総司令官(軍備担当)ヴィクトール・ブルスク中将は述べた。

第5世代通常動力潜水艦は、現在、海軍の軍備として在る潜水艦プロジェクト877、636(ワルシャワンカ)、更には677「ラーダ」を代替しなければならない。

「第5世代通常動力潜水艦の建造プログラムは、国家軍備プログラムに組み込まれています。
カリーナの試験設計作業は2025年までに完了しなければなりません」
ブルスク
は話した。

彼は強調した。
「プロジェクト677ラーダ潜水艦の建造は続けられますが、プロジェクト"カリーナ"潜水艦の建造は延期されたわけではありません。
これらは並行して実施されます」




ロシア海軍第5世代通常動力潜水艦「カリーナ」級の設計作業は、海洋工学中央設計局『ルビーン』により進められています。
[ロシア海軍第5世代AIP潜水艦プロジェクトはカリーナと命名された]
[ロシア海軍の為の第5世代通常動力潜水艦カリーナ級の予備設計作業は完了した]
[ロシア海軍第5世代通常動力潜水艦カリーナ級は2017年から本格的な開発作業を始める]
[ロシア海軍の為の第5世代通常動力潜水艦カリーナ級の開発作業は進められている]

「カリーナ」「ガマズミ属」を意味します。
「カリンカ」「カリーナ」の指小辞です。


海洋工学中央設計局『ルビーン』は、通常動力潜水艦の為の新たな非大気依存発電装置(AIP機関)-改質型燃料電池の開発も進めています。
[ロシアは新たなAIP機関の試験を終えた]
[ロシア海軍の新世代潜水艦の為のAIP機関の試験は進んでいる]
[ロシア海軍第5世代通常動力潜水艦カリーナ級の為の非大気依存発電装置(AIP)の開発は完了した]

第5世代の「カリーナ」級は、この非大気依存発電装置を標準装備します。

「カリーナ」級の建造は、『2018-2025年までの国家軍備プログラム』の下で実行されます。
[ロシア海軍第5世代通常動力潜水艦カリーナ級は『2025年までの国家軍備プログラム』により建造される]

実際に「カリーナ」級の建造が始まるのは、2020年以降になるようです。
[ロシア海軍の為の第5世代通常動力潜水艦カリーナ級の建造は2020年以降に始まる]

17-0701b.jpg
「カリーナ」級を建造するのは、ロシア海軍や外国向けの通常動力潜水艦を建造しているサンクトペテルブルク『アドミラルティ造船所』になります。

『アドミラルティ造船所』は、今後、第4世代通常動力潜水艦「ラーダ」級を更に少なくとも2隻建造します。
[ロシア海軍の為の第4世代通常動力潜水艦ラーダ級の4番艦と5番艦が建造される]


今回のロシア海軍副総司令官(軍備担当)ヴィクトール・ブルスク中将の発言を見る限りでは、「ラーダ」級と同時並行で「カリーナ」級も建造されることになるようです。