2020年末にはロシア海軍の約半数近くの軍艦が巡航ミサイル"カリブル"を装備しているだろう

Kalibr.jpg
『タス通信』より
2017年5月24日10時33分配信
【2020年末にはロシア連邦海軍の軍艦の約半数にミサイル「カリブル」が装備されている】
モスクワ、5月24日/タス通信

2020年末には、(ロシア)海軍の約半数の戦闘艦に海洋配置有翼ミサイル「カリブル」が装備されている。
水曜日、ロシア連邦国防相セルゲイ・ショイグ上級大将は、連邦院(上院)『政府の時間』で述べた。
17-0524a.jpg

「2020年末には・・・海軍の約半数の戦闘艦に、海洋配置有翼ミサイル"カリブル"が装備されているでしょう」
ショイグ
は話した。

ミサイル複合体「カリブル」は、シリア作戦中にプロジェクト11356フリゲート「アドミラル・グリゴロヴィチ」プロジェクト21631小型ロケット艦を含む水上艦、更にはプロジェクト636.3潜水艦(ワルシャワンカ)により使用された。

また、2021年のロシア海軍の軍備には、新たなミサイル複合体「ブラヴァー」を有する7隻の先進的な「ボレイ」級を含む13隻の潜水艦が採用されている。

「2021年には・・・海洋戦略核戦力の戦闘編制に13隻の潜水艦が提供されているでしょう。
新たなミサイル複合体ブラヴァーを有する7隻の先進的なボレイ級を含めて」
ショイグ
は話した。

3隻のプロジェクト「ボレイ」潜水艦は、既に海軍へ引き渡されている。
2014年には、2隻の潜水艦「クニャージ・オレグ」「ゲネラリーシムス・スヴォーロフ」が起工された。
2015年には潜水艦「インペラ―トル・アレクサンドルIII」が、2016年には「クニャージ・ポジャールスキー」が起工された。
各々の潜水艦は、16基の大陸間弾道ミサイル「ブラヴァー」を搭載する。

以前、ロシア防衛産業企業体の情報提供者は、「クニャージ・ウラジーミル」が当初計画よりも1年後の2018年にロシア海軍へ加わると『タス通信』へ伝えた。
潜水艦は、2017年に海軍へ引き渡される見込みだった。



『ノヴァトール・エカテリンブルク設計局』により設計された有翼ミサイル「カリブル」(対地/対艦/対潜用)は、輸出用有翼ミサイル「クラブ」シリーズのロシア海軍向けヴァージョンです。
元々は、ソ連海軍時代に配備された対地有翼ミサイル「グラナート」をベースに開発されました。
[対艦(対地)巡航ミサイル「クラブ」]
[巡航ミサイル「カリブル」対地攻撃型は2500kmの最大射程を有する]

現在、ロシア海軍では、プロジェクト11356警備艦プロジェクト11661K警備艦「ダゲスタン」プロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦プロジェクト885「ヤーセン」原子力水中巡洋艦(セヴェロドヴィンスク)プロジェクト06363潜水艦プロジェクト671RTMK原子力大型潜水艦「オブニンスク」プロジェクト677「ラーダ」潜水艦(サンクトペテルブルク)に搭載されています。

2015年10月以降には、シリア領内テロ組織に対し、何度か実戦で使用されています。

・2015年10月7日カスピ小艦隊警備艦「ダゲスタン」、小型ロケット艦「グラード・スヴィヤージスク」、「ウグリーチ」、「ヴェリキー・ウスチュグ」カスピ海南方からシリアへ発射。
[ロシア海軍カスピ小艦隊の4隻の艦はシリアへ巡航ミサイル"カリブル"を発射した]
[ロシア海軍は巡航ミサイルでシリアのISIL(イラクとレバントのイスラム国)拠点を攻撃した]
[ロシア連邦軍参謀本部作戦管理総局長はロシア海軍によるシリアのISIL(イラクとレバントのイスラム国)拠点攻撃について語った]

・2015年11月20日カスピ小艦隊警備艦「ダゲスタン」、小型ロケット艦「グラード・スヴィヤージスク」、「ウグリーチ」、「ヴェリキー・ウスチュグ」カスピ海南方からシリアへ発射。
[ロシア海軍カスピ小艦隊は再びシリアのISIL(シリアとレバントのイスラム国)拠点へ巡航ミサイル"カリブル"を発射した]

・2015年12月8日黒海艦隊潜水艦「ロストフ・ナ・ドヌー」地中海東部からシリアへ発射。
[ロシア海軍黒海艦隊の潜水艦ロストフ・ナ・ドヌーは地中海東部からシリアのISIL(イラク・レバントのイスラム国)拠点へ巡航ミサイル"カリブル"を発射した]

・2016年8月19日黒海艦隊小型ロケット艦「ゼリョヌイ・ドル」、「セルプホフ」地中海東部からシリアへ発射。
[ロシア海軍黒海艦隊の最新鋭小型ロケット艦ゼリョヌイ・ドルとセルプホフはシリアのアル=ヌスラ戦線を巡航ミサイル"カリブル"で攻撃した]

・2016年11月15日黒海艦隊警備艦「アドミラル・グリゴロヴィチ」地中海東部からシリアへ発射。
[ロシア海軍黒海艦隊の最新警備艦アドミラル・グリゴロヴィチはシリア領内のテロ組織へ巡航ミサイルを発射した]


今後、更に「カリブル」を装備する新型艦~プロジェクト22350フリゲートプロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦プロジェクト22160哨戒艦プロジェクト885M原子力水中巡洋艦プロジェクト677M潜水艦プロジェクト06363潜水艦(太平洋艦隊向け)ロシア海軍へ就役します。
この他、プロジェクト949A原子力水中巡洋艦プロジェクト971原子力巡洋潜水艦プロジェクト11442重原子力ロケット巡洋艦の一部も近代化改装により「カリブル」を装備します。

大雑把に推測して、2020年末には、ロシア海軍「カリブル」装備の水上艦は35隻程度、潜水艦は24隻程度になっているでしょう。

今回、セルゲイ・ショイグ国防相は、「Около половины」(約半分)と言っていますが、これは、必ずしも「50パーセント」を意味しておりません。
この場合は、およそ35-40パーセント以上といった所でしょう。


この他、セルゲイ・ショイグ国防相は、ロシア海洋戦略核戦力、即ちロシア海軍戦略原潜にも言及しています。
[新世代戦略原潜ボレイ級]

要するにショイグ国防相は、2021年には7隻の新世代戦略原潜「ボレイ」級を含む13隻の戦略原潜ロシア海軍で活動していると言っているので、「ボレイ」級以外の戦略原潜は5隻という事になります。
この5隻は、プロジェクト667BDRM(デルタIV)の事でしょう。
スポンサーサイト

ロシア海軍とトルコ海軍は黒海で合同演習を行なった

17-0405f.jpg
17-0405g.jpg
17-0405h.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年4月5日13時47分配信
【黒海でロシアとトルコの合同演習が実施された】
モスクワ、4月5日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア黒海艦隊トルコ海軍の艦は黒海合同演習を実施した。
黒海艦隊情報供給部長ヴャチェスラフ・トルハチェフは報道機関へ伝えた。

「2ヶ国の艦の演習の枠組みにおいて、係留地での測量、駐留地からの出航、掃海の実施、合同機動演習と組織的通信、更には、小型高速目標の攻撃の撃退、組織的な臨検活動の実施、水上に浮かんだ人の捜索と救助へ取り組みました」
彼は話した。

トルハチェフは、黒海艦隊からはフリゲート「アドミラル・グリゴロヴィチ」、海洋掃海艦「ヴィツェ・アドミラル・ザハリン」、「ラプトル」型哨戒艇が、トルコ海軍からはフリゲート「バルバロス」コルベット「ブユックアダ」が参加した事を説明した。



ロシア海軍の最新警備艦(フリゲート)プロジェクト11356Rの1番艦「アドミラル・グリゴロヴィチ」(494)は、カリーニングラード『ヤンターリ』造船所で2010年12月18日に起工され、2014年3月14日に進水し、2016年3月11日に就役し、同年6月9日にセヴァストーポリ基地へ到着しました。
[プロジェクト11356R警備艦(フリゲート)1番艦アドミラル・グリゴロヴィチはロシア海軍へ就役し、黒海艦隊へ編入された]
[ロシア海軍最新フリゲート"アドミラル・グリゴロヴィチ"は黒海艦隊基地セヴァストーポリへ到着した]

その後、何度か地中海への航海を行ないました。

2017年2月27日、「アドミラル・グリゴロヴィチ」セヴァストーポリを出航し、地中海東部へ向かいました。

それから約1ヶ月後の3月31日、出航したセヴァストーポリでは無く、黒海東岸ノヴォロシースクへ入港しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の警備艦アドミラル・グリゴロヴィチはシリア沖からノヴォロシースクへ戻ってきた]
17-0331e.jpg


2017年4月3日、トルコ海軍フリゲート「バルバロス」(F-244)コルベット「ブユックアダ」(F-512)ノヴォロシースク港を訪れました。
17-0405i.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2017年4月3日13時0分配信
【トルコ海軍戦闘艦支隊はノヴォロシースクへ到着した】

トルコ海軍の艦のホストシップは、「アドミラル・グリゴロヴィチ」が務めました。
「アドミラル・グリゴロヴィチ」セヴァストーポリでは無くノヴォロシースクへ戻ってきたのは、この為だったようです。

同日、トルコ海軍のヴェイセル・コセル大将と黒海艦隊司令官アレクサンドル・ヴィトコ大将の会談が行なわれました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2017年4月3日18時54分配信
【ノヴォロシースクで黒海艦隊司令官とトルコ海軍指揮官の会合が開かれた】

4月4日、トルコ海軍代表団は「アドミラル・グリゴロヴィチ」を訪問しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2017年4月4日9時37分配信
【トルコ海軍の指揮官は黒海艦隊のフリゲート「アドミラル・グリゴロヴィチ」を訪れた】

同日、トルコ海軍代表団は、大祖国戦争で戦死したロシア海軍将兵の慰霊碑へ献花しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2017年4月4日14時9分配信
【黒海艦隊とトルコ海軍の代表は戦争で死亡したノヴォロシースクのロシア船員の記念碑へ黙祷を捧げた】

トルコ海軍の2隻の艦は、4月5日午前にノヴォロシースクを出航しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2017年4月5日11時8分配信
【トルコ海軍の艦はノヴォロシースクへの訪問を完了した】


その後、トルコ海軍の2隻の艦とロシア海軍黒海艦隊の合同演習が実施されました。

ロシア海軍トルコ海軍の合同演習は、2013年4月以来、実に4年ぶりです。
[黒海艦隊の揚陸艦は黒海沿岸諸国の合同演習に参加する]

ロシア海軍NATO加盟国海軍の合同演習も、2014年3月のウクライナ危機以降、全く行われていませんでしたが、今回、数年ぶりに実施されました。
(ただし、ロシア海軍北方艦隊NATO加盟国ノルウェー沿岸警備隊の合同演習は、ウクライナ危機の後も何度か実施された)

ロシア海軍からは、「アドミラル・グリゴロヴィチ」の他に、掃海艦「ヴィツェ・アドミラル・ザハリン」が参加しました。
「ヴィツェ・アドミラル・ザハリン」は2009年1月17日に就役しており、黒海艦隊の艦船の中では新しい部類に入ります。
[新型掃海艦ヴィツェ-アドミラル・ザハリン、黒海艦隊へ]
[新型掃海艦「ヴィツェ-アドミラル・ザハリン」は1月17日に就役する]
[ロシア海軍新掃海艦「ヴィツェ-アドミラル・ザハリン」就役]

この他、2015年以降に就役した「ラプトル」型哨戒艇(対破壊工作艇)も参加しました。
BF-Raptor.jpg
「ラプトル」型哨戒艇は、合同演習において、ロシア海軍及びトルコ海軍の艦へ攻撃を仕掛ける敵の「小型高速目標」の役割を演じたようです。

ロシア海軍艦船のカーボベルデへの寄港手続きは簡略化される

16-1107b.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年11月7日11時38分配信
【(ロシア連邦)政府は艦船寄港の簡略化についてのカーボベルデとの合意を承認した】
モスクワ、11月7日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア政府は、共和国水域へのロシア戦闘艦船の寄港に関するカーボベルデとの政府間合意案を承認した。
対応する文書は、法律情報の公式インターネットポータルサイト上で公開されている。

「ロシア国防省は、ロシア外務省、他の関連する連邦執行当局及びロシア連邦最高検察庁とカーボベルデ側が事前に審議したカーボベルデ共和国の領海と内水域へのロシア連邦戦闘艦船の寄港の簡略化に関するロシア連邦政府とカーボベルデ共和国政府との間の合意案を承認した」
文書では、こう述べられている。

また、ロシア連邦国防省は、この文書への署名で合意に達するように指示した。



ロシア海軍艦船の寄港の簡略化というのは、要するに、ロシア海軍の艦船は、その国の港へ殆ど自由に入港できるようになるという事です。

昨年(2015年)には、キプロス、エジプト、赤道ギニアの3ヶ国がロシアと艦船寄港簡略化協定を締結しました。
[ロシアとキプロスは軍事協力協定を結んだ]
[ロシア海軍の艦船はエジプトの港を簡単に利用できるようになる]
[ロシアと赤道ギニアはロシア海軍艦船の寄港手続きを簡略化する協定を締結した]

そして2016年11月、大西洋中部に位置する島国カーボベルデロシアが艦船寄港簡略化協定を締結する事になりました。
16-1107c.jpg
16-1107d.jpg

ロシア海軍カーボベルデの縁は、2009年8月に大西洋上でハイジャックされて行方不明となった貨物船「アークティック・シー」ロシア海軍警備艦「ラードヌイ」カーボベルデ沖で発見し、ハイジャック犯を拘束して同船を解放した事に端を発しています。
[ロシア海軍は、貨物船捜索の為、カーボベルデへ向かう]
[ロシア海軍フリゲート、貨物船「アークティック・シー」ハイジャック犯を拘束]

その後も、時々ロシア海軍の艦船が寄港していました。

サンクトペテルブルク海洋機械製造局マラヒートはロシア海軍の為の水中無人機の母艦(プラットフォーム)を開発する

16-0909d.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年9月6日16時34分配信
【ロシア連邦は水中無人機の為の海洋原子力プラットフォームを作成する】
クビンカ(モスクワ州)、9月6日-ロシア通信社ノーボスチ

設計局『マラヒート』の研究者は、水中無人機を配送し、充電する為の海洋原子力プラットフォームの概念設計を開発する。
ロシア通信社ノーボスチは同社の総取締役ウラジーミル・ドロフェーエフより伝えられた。

「マラヒートの若い専門技術者は学生と共にコンセプトを開発しております。
そのアイデアは、無人水中装置の使用の支援を可能にする汎用プラットフォームの作成です」
ドロフェーエフ
フォーラム『アルミヤ(軍)-2016』において、こう話した。

彼によると、開発されるプラットフォームの任務が広範囲に及ぶが故に、原子力非大気依存発電装置(AIP)を含む異なる動力装置の幾つかの選択肢がある。


現在、ロシア海軍第5世代原子力潜水艦に搭載する為の水中無人機の開発が進められています。
[ロシア海軍第5世代多用途原潜は水中無人機を搭載する]
[ロシア海軍の試験潜水艦サロフは水中ロボットの試験に従事する]

第5世代多用途原潜「ハスキー」級の設計は『マラヒート』設計局により進められています。
[ロシア海軍第5世代多用途原子力潜水艦ハスキー級の建造契約は2018年以降に締結される]


16-0909e.jpg
そして今回、サンクトペテルブルク海洋機械製造局『マラヒート』のトップ、ウラジーミル・ドロフェーエフ氏は、水中無人機を搭載、運用する為の専用の母艦(プラットフォーム)の概念設計案の作成が同社で進められている事を初めて明らかにしました。

このプラットフォームは、原子力推進或いは非大気依存発電装置(AIP)が検討されているとの事です。
[ロシア海軍第5世代通常動力潜水艦カリーナ級の為の非大気依存発電装置(AIP)の開発は完了した]

ロシア海軍黒海艦隊とカスピ小艦隊は抜き打ち演習へ参加する

16-0826c.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年8月26日5時5分配信
【ロシア艦は黒海とカスピ海で演習を実施する】
モスクワ、8月26日-ロシア通信社ノーボスチ

15隻以上のロシア黒海艦隊の戦闘艦と10隻以上のカスピ小艦隊の艦船は、戦闘準備体制の抜き打ち査察の枠組みにおいて出航した。
国防省の情報・マスコミュニケーション部は発表した。

「抜き打ち査察へと入る任務を遂行する為、黒海艦隊からは打撃艦グループ、対潜打撃艦グループ、機雷掃海グループ、揚陸艦支隊の15隻以上の戦闘艦が出航しました」
声明では、こう述べられた。

それには、フリゲート「アドミラル・グリゴロヴィチ」、ロケット艦「サムーム」、「ミラーシュ」、警備艦「スメトリーヴイ」、小型対潜艦「アレクサンドロヴェツ」、「カシモフ」、ロケット艇、機雷掃海艦、大型揚陸艦「ニコライ・フィリチェンコフ」、「アゾフ」、「ヤーマル」、「ツェーザリ・クニコフ」、「サラトフ」が含まれる。

また、当局によると、アストラハン及びカスピースクの駐留所からは、最新小型ロケット艦「グラード・スヴィヤージスク」、「ウグリーチ」、「ヴェリキー・ウスチュグ」、砲艇、泊地掃海艇及び基地掃海艇を含むカスピ小艦隊の10隻以上の戦闘艦艇と支援船が出航した。

演習実施ルート上で艦の戦闘班は、海上での組織的対空及び対機雷防衛、組織的ダメージコントロール演習、狭い海域での艦の通航へ公式に従事する。

戦闘準備体制の抜き打ち査察は、最高司令官(註:ロシア連邦大統領)の命令により実施される。
演習には、南方軍管区の将兵、中央軍管区及び西方軍管区の一部、航空宇宙軍及び空挺軍が参加する。