FC2ブログ

2019年7月1日の火災事故で損傷したロシア海軍の深海調査原潜AS-31は修理の為にセヴェロドヴィンスクへ運ばれた

19-1102a.png
『タス通信』より
2019年11月2日配信
【情報筋:水中装置「ロシャリク」は修理の為にセヴェロドヴィンスクへ運ばれた】
モスクワ、11月2日/タス通信

7月1日の火災で損傷した原子力水中装置AS-31(ロシャリク)は、修理を行なう為に艦船修理センター『ズヴェズドーチカ』(セヴェロドヴィンスク)へ曳航された。
『タス通信』防衛産業企業体の情報提供者より伝えられた。

「深海装置AS-31は、修理を行なう為に『ズヴェズドーチカ』へ運ばれました。
修理作業の量と、長期に渡るであろうその期間は、特務潜水艦の損傷の検査を行なった後に判明します」

対談者は話した。

『ズヴェズドーチカ』は、『タス通信』が情報提供者より提示された情報へのコメントを拒んだ。

以前、防衛産業の他の情報提供者は、「ロシャリク」は復旧の為、今秋に『ズヴェズドーチカ』へ曳航されると『タス通信』へ伝えた。
この時、対談者は、潜水艦から水を排水し、チタン製船体と内部区画の不具合の検出を行なうと説明した。
情報提供者は、予備評価では、AS-31のシステムは損傷を受けている事を指摘した。


7月2日、ロシア連邦国防省は、軍用科学研究深海装置で7月1日に火災が発生し、それ故に14名の士官潜水艦乗員が死亡したと発表した。
装置はセヴェロモルスク海軍基地へ運ばれ、委員会は事故原因の調査作業を始めた。

秘密の潜水艦の存在は、2003年に『セヴマシュ』の社内新聞である新聞『コラベル』の発表により知られるようになった。
この時、同時に非公式名「ロシャリク」についても言及された。

新聞によると、労働者は、新たな潜水艦の複数の球形の区画から成る強度船体が、1970年~1980年代の人気アニメ映画の主役であるボールから成る馬の玩具に似ている事から、このニックネームを付けた。



2019年7月1日、ロシア海軍「科学研究深海装置」は、ロシア領海内での海底調査中に火災が発生し、乗組員14名が死亡しました。
[ロシア海軍の深海調査原潜で火災が発生し、乗員14名が死亡した]

ロシア国防省は、事故を起こした「科学研究深海装置」の名前などは一切公表していませんが、プロジェクト10831「ロシャリク」原子力深海ステーションのようです。
19-0703b.jpg


原子力深海ステーションAS-12は、1988年頃にセヴェロドヴィンスク造船所『セヴマシュ』で起工され、2003年8月頃に進水、2004年~2010年頃に就役しました。
船体はチタン製です。
同級に関しては詳細は未だ不明です。
艦名については「AS-31」という説も有り、今回の『タス通信』の記事では、AS-31と記されています。

明確な要目も不明ですが、水中排水量は2100トン、全長は60メートル、幅は7メートル、水中速力は30ノット、潜航深度は少なくとも1000m以上(未確認情報によれば最大6000m)、乗員は25名と推定されています。
ロシア海軍第4世代通常動力潜水艦プロジェクト677「ラーダ」とほぼ同サイズの小型原潜のようです。

「ロシャリク」級特務原潜AS-12(AS-31?)
12-1223k.jpg
12-1223l.jpg
12-1223m.jpg

ロシャリク級は、以前には戦略原子力潜水艦プロジェクト667BDR(デルタIII級)K-129を改造した特殊用途原子力潜水艦プロジェクト09786(デルタ・ストレッチ)BS-136「オレンブルク」を母艦としており、同艦に搭載されて海洋で行動していました。
12-1223i.jpg
12-1223j.jpg

2012年9月には北極圏へ行き、ロモノソフ海嶺メンデレーエフ海嶺の海底を調査しています。
『イズべスチヤ』より
2012年10月29日配信
【軍用原子力バチスカーフ「ロシャリク」は北極圏を探った】

北極圏で行動する母艦BS-136「オレンブルク」(2012年9月27日)
12-1223n.jpg

ロシャリクは、2015年にも2回の遠距離航海を行なっています。
[ロシア海軍の特務原潜ロシャリクは2015年に2度の遠征を行なっていた]

2016年12月末にプロジェクト09787特殊用途原子力潜水艦「ポドモスコヴィエ」が再就役してからは、同艦を母艦としているようです。
[改造を終えた特務原潜ポドモスコヴィエ(モスクワ州)はロシア海軍へ引き渡された]


19-1102b.jpg
事故後、ロシャリク搭載母艦(プロジェクト09787特殊用途原子力潜水艦BS-64「ポドモスコヴィエ」)北方艦隊基地セヴェロモルスクへ入港しました。
19-0704a.jpg
19-0704b.jpg

この事故の詳細や事故を起こした艦の名前は相変わらず公表されていませんが、ロシア国防省は、事故で死亡した乗員14名の名前は公表しています。
[2019年7月1日のロシア海軍の深海調査原潜の火災事故で死亡した乗組員14名の氏名が公表された]
死亡したのは艦長を始めとして佐官クラスの年長者が殆どですが、おそらくは、火災事故発生の際、若い乗組員(つまり、将来のロシャリク運用の中核となる人々)を助ける為、自分達が犠牲になったのでしょう。
(ロシャリクの標準乗員は25名なので、おそらく11名程度が生存している)

火災事故で損傷したロシャリクセヴェロドヴィンスク艦船修理センター『ズヴェズドーチカ』へ回航され、修理が開始されます。
19-1102c.jpg
[2019年7月1日の火災事故で損傷したロシア海軍の深海調査原潜の修理は9月に始まる]

機関部分以外の損傷は激しく、船体の一部を含め、殆どの機器は交換される事になるようです。
スポンサーサイト



戦略演習『グロム-2019』においてロシア海軍の原潜と水上艦は弾道ミサイルと巡航ミサイルを発射した

『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦国防省情報・マスコミュニケーション部発表
2019年10月17日17時4分配信
【戦略指揮参謀演習『グロム-2019』の枠組みで戦略抑止部隊の訓練が実施された】

本日(10月17日)、ロシア連邦軍最高司令官ウラジーミル・V・プーチン指揮下の戦略指揮参謀演習『グロム-2019』の枠組みで、戦略抑止戦力を構成する地上、海上、航空部隊及び手段訓練が実施された。

訓練中に弾道ミサイル及び有翼ミサイルの実地発射が行なわれた。

バレンツ海及びオホーツク海エリアで、北方艦隊及び太平洋艦隊戦略用途ロケット潜水艦は、カムチャツカクラ射爆場及びアルハンゲリスク州チジャ射爆場への弾道ミサイル発射を行なった。
同時に、北方艦隊及びカスピ小艦隊水上艦は、バレンツ海及びカスピ海エリアから沿岸目標へ高精度有翼ミサイル「カリブル」の発射を実施した。

国立試験宇宙発射基地プレセツク移動式地上ミサイル複合体「ヤルス」班は、カムチャツカクラ射爆場への大陸間弾道ミサイルの発射を行なった。

作戦-戦術ミサイル複合体「イスカンデル」班は、南方軍管区及び東方軍管区の射爆場への有翼ミサイルの実地発射を行なった。


任務遂行には遠距離航空隊航空機Tu-95MSも参加し、コミ共和国ぺムボイ射爆場及びカムチャツカクラ射爆場空中配置有翼ミサイルの実地発射を行なった。


有翼ミサイル及び弾道ミサイルの実地発射の統制は、ロシア連邦国立防衛管理センターから行なわれた。

活動中に軍事管理組織の準備水準と、部隊を管轄する統制組織の管理および操作の作業技量の点検が行なわれた。

戦略抑止戦力の訓練中に提示された任務は、完全に遂行され、全てのミサイルは目標へ到達し、指定特性が確認された。



2019年10月15日~17日、ロシア連邦大統領(ロシア連邦軍最高司令官)ウラジーミル・プーチンの指揮下で戦略部隊の演習『グロム-2019』が実施されました。

演習最終日の10月17日にはミサイルの実弾発射が行なわれました。

北方艦隊戦略用途原子力ロケット水中巡洋艦「カレリア」(プロジェクト667BDRM)は、弾道ミサイル「シネーワ」を発射しました。


太平洋艦隊弾道ミサイルを発射したのは、戦略用途原子力ロケット水中巡洋艦「リャザン」(プロジェクト667BDR)です。


北方艦隊カスピ小艦隊の水上艦は有翼ミサイル「カリブル」を発射したとの事ですが、公表された動画を見る限り、「カリブル」を発射したカスピ小艦隊の水上艦は、小型ロケット艦「グラード・スヴィヤージスク」です。


「カリブル」を発射した北方艦隊の水上艦は、フリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」です。


この他、北方艦隊原子力水中巡洋艦「セヴェロドヴィンスク」「カリブル」を発射しました。

ロシア海軍バルト艦隊の艦船は2019年12月に実施されるインド海軍との合同演習『インドラ-2019』へ参加する

19-0907g.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2019年9月6日16時31分配信
【バルト艦隊の艦は初めて演習『インドラ-2019』へ参加する】
カリーニングラード、9月6日-ロシア通信社ノーボスチ

バルト艦隊戦闘艦支隊は、初めてロシア-インド演習『インドラ-2019』へ参加する。
バルト艦隊の代理人ローマン・マルトフ1等海佐は報道陣へ伝えた。

彼は、バルト艦隊を代表し、バルト艦隊戦闘訓練管理部長ワレーリー・ホルン1等海佐が、インドデリーで行なわれる演習『インドラ-2019』の計画代表者会議へ参加する事を指摘した。
参加者により演習の組織及び実施計画が討議され、会議の議定書へ署名される。

「ロシア国防省の国際行動計画に沿って、今年に演習『インドラ-2019』の海上部門へ参加し、バルト艦隊戦闘艦支隊が初めて参加します。
ロシア-インド演習『インドラ-2019』の海上部門は、2019年12月10日から19日までインド洋海域で実施されます」
マルトフ
は話した。

バルト艦隊の代理人は、演習の海上部門のプログラムの詳細は、今年11月に行なわれる最終の計画代表者会議中に仕上げられると付け加えた。



ロシア海軍インド海軍合同演習『インドラ・ネイヴィー-2018』は、2018年12月11日から16日までベンガル湾で実施され、太平洋艦隊の艦船が参加しました。
[ロシア太平洋艦隊東南アジア遠征(2018年10月-2019年1月)]

『インドラ・ネイヴィー-2016』は2016年12月16日から21日までベンガル湾で実施され、太平洋艦隊の艦船が参加しました。
[ロシア-インド海軍合同演習『インドラ・ネイヴィー-2016』(2016年12月)]

『インドラ・ネイヴィー-2015』は2015年12月7日から12日までベンガル湾で実施され、太平洋艦隊の艦船が参加しました。
[ロシア-インド海軍合同演習『インドラ・ネイヴィー-2015』(2015年12月)]

これまでにインド海軍との合同演習『インドラ』へ参加したのは、全て太平洋艦隊の艦船でしたが、2019年12月に実施される『インドラ-2019』には、初めてバルト艦隊の艦船が参加する事になりました。

インド洋へ派遣されるバルト艦隊の艦船は未だ明らかにされていませんが、可能性が高いのは、これまでにもアデン湾インド洋へ何度も行った事が有る警備艦「ヤロスラフ・ムードルイ」でしょうか。
[警備艦ヤロスラフ・ムードルイ地中海・アデン湾遠征(2018年4月-10月)]
[警備艦ヤロスラフ・ムードルイ遠距離航海(2016年6月-12月)]
[警備艦ヤロスラフ・ムードルイ遠距離航海(2014年8月-2015年2月)]

ロシア海軍と日本海上自衛隊は2019年12月にアデン湾で合同対海賊演習を行なう

19-0831e.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2019年8月30日16時48分配信
【ロシアは日本との合同対海賊演習の実施を計画している】
モスクワ、8月30日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア海軍総司令官日本を訪問するかもしれず、これに加え、12月には合同対海賊演習を計画している。
ロシア連邦大統領補佐官ユーリー・ウシャコーフは発表した。

「軍事ラインでの連携は発展します。
5月には、日本陸上自衛隊参謀総長がロシアを訪れました。
ロシア海軍総司令官の日本への出張旅行の準備が進められております。
12月には、アデン湾における合同海賊演習を計画しております。
これは、2018年11月に初めて行なわれました」
ウシャコーフ
は、『東方経済フォーラム』会場でのロシア連邦大統領ウラジーミル・プーチン日本首相安倍晋三の2ヶ国会談を前に報道陣へ伝えた。



2018年11月10日、アデン湾ロシア海軍大型対潜艦「セヴェロモルスク」日本海上自衛隊護衛艦「いかづち」が合同演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊の大型対潜艦セヴェロモルスクはアデン湾で日本海上自衛隊の護衛艦と合同演習を行なった]

そして、今年(2019年)12月にも、アデン湾ロシア海軍日本海上自衛隊の艦の合同対海賊演習が行なわれる事になりました。

ロシア海軍からどの艦が派遣されるのかは現時点では明らかにされていませんが、この時期に合わせてアデン湾へ向かう事になるでしょう。


なお、昨年の日本との合同演習へ参加した大型対潜艦「セヴェロモルスク」は、昨年7月末の『ロシア海軍の日』観艦式へ参加した後、そのまま地中海、アデン湾への遠距離航海へ向かいました。
[ロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフと大型対潜艦セヴェロモルスクの遠距離航海(2018年7月-2019年5月)]

今年は、ロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」が、昨年の大型対潜艦「セヴェロモルスク」と同様に7月末の『ロシア海軍の日』観艦式へ参加した後、そのまま地中海へ向かっています。
[ロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフの遠距離航海(2019年8月-)]

2020年に6隻の潜水艦がロシア海軍へ就役する

19-0825e.jpg
『タス通信』より
2019年8月23日9時45分配信
【情報筋:2020年にロシア海軍は28年ぶりに6隻の潜水艦を一度に受け取る】
モスクワ、8月23日/タス通信

2020年、ロシア海軍は28年ぶりに造船分野の企業から、4隻の原子力艦を含む6隻の潜水艦を一度に受け取る。
『タス通信』は金曜日にロシア連邦防衛産業企業体の情報提供者より伝えられた。

「契約に沿って、『セヴマシュ』は2020年に海軍へ、プロジェクト955A潜水艦の最初の生産艦クニャージ・オレグとプロジェクト885Mの最初の生産艦ノヴォシビルスクを引き渡さなければなりません。
更に『セヴマシュ』は、プロジェクト885M潜水艦のトップであるカザンと、プロジェクト09852特殊用途原子力潜水艦ベルゴロドを海軍へ引き渡します」

対談者は話した。
「ベルゴロド」の受け入れは国防省深海調査総局により、水中装置「ポセイドン」無しで行なわれ、その試験は未だ完了していないと彼は説明した。

次に、対談者は『アドミラルティ造船所』海軍へ2隻のディーゼルエレクトリック潜水艦を引き渡すと話した。
それはプロジェクト636.3「ヴォルホフ」プロジェクト677潜水艦の最初の生産艦「クロンシュタット」だが、通常のものであり、非大気依存発電装置は無い。

『統合造船業営団』は、情報提供者から提示された情報に関する『タス通信』の質問に答え、こう指摘した。
「営団は、国家発注の全ての艦船を、合意されたスケジュールに沿って御引き渡しいたします」

[2019年の計画]
今年末までに海軍へ2隻の潜水艦の引き渡しが計画されている。
6月に『セヴマシュ』総取締役ミハイル・ブドニチェンコは、2019年末までに海軍プロジェクト955A潜水艦のトップ「クニャージ・ウラジーミル」を引き渡すと述べた。
3月に『アドミラルティ造船所』のトップ、アレクサンドル・ブザコフは、今年に発注者へ太平洋艦隊の為の最初のプロジェクト636.3潜水艦「ペトロパヴロフスク・カムチャツキー」を引き渡すと通知した。

以前、ロシア連邦国防相セルゲイ・ショイグは、年末までに海軍は3隻の潜水艦~ディーゼル艦と2隻の原子力艦を受け取ると発言した。
『タス通信』が防衛産業の他の情報提供者から説明されたように「引き渡されなければならない原子力潜水艦の内の1隻のカザンですが、引き渡しは2020年に変更されました」

ソヴィエト時代、海軍へは各年ごとに10隻以上の潜水艦が引き渡されていた。
1971年にソヴィエト社会主義共和国連邦海軍は、業界から原子力潜水艦だけで様々なクラスの12隻を受け取った。



プロジェクト955「ボレイ」戦略用途原子力水中巡洋艦の5番艦(改型のプロジェクト955A「ボレイ-A」としては2番艦)「クニャージ・オレグ」は、2014年7月27日に起工され、2016年末までに船体の水密試験を終えています。
[ロシア海軍の為の新世代戦略原潜ボレイ級5番艦クニャージ・オレグの船体(耐圧殻)の水密試験は完了した]

プロジェクト885「ヤーセン」原子力水中巡洋艦の3番艦K-573「ノヴォシビルスク」(改型のプロジェクト885M「ヤーセン-M」としては2隻目)は、2013年7月26日に起工されています。
[ヤーセン-M級原子力水中巡洋艦ノヴォシビルスクは2020年にロシア海軍へ引き渡される]

建造途中のプロジェクト949A原子力水中巡洋艦を改造したプロジェクト09582原子力調査潜水艦「ベルゴロド」は、2012年12月20日に再起工され、2019年4月23日に進水しました。
19-0626b.jpg
[ロシア海軍の特殊用途原子力潜水艦ベルゴロドは2020年4月以降に洋上試験を開始する]

プロジェクト885「ヤーセン」原子力水中巡洋艦の2番艦(改型のプロジェクト885M「ヤーセン-M」としては1番艦)「カザン」は、2009年7月24日に起工され、2017年3月31日に進水、2018年9月末からは洋上試験を開始しています。
当初は2019年末までにロシア海軍へ引き渡される予定でしたが、洋上試験で不具合が発覚した為、翌2020年に延期される事になりました。
19-0607c.jpg
[ロシア海軍の最新鋭原子力水中巡洋艦ヤーセン級2番艦カザンは2019年7月に航行試験を再開する]

プロジェクト677「ラーダ」通常動力潜水艦の2番艦「クロンシュタット」は、2005年7月28日に起工され、2018年9月20日に進水しました。
最近では、7月28日の『ロシア海軍の日』サンクトペテルブルクネヴァ川で行なわれた観艦式へ参加しています。
19-0825f.jpg
[ロシア海軍の為の第2のラーダ級潜水艦クロンシュタットは2019年に洋上試験を開始する]

太平洋艦隊向けのプロジェクト06363通常動力潜水艦としては2隻目となる「ヴォルホフ」は、2017年7月28日に起工されました。
19-0825h.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊の為のプロジェクト06363潜水艦ペトロパヴロフスク・カムチャツキーとヴォルホフはサンクトペテルブルクで起工された]

この6隻は、2020年中にロシア海軍への引き渡しが予定されています。


2019年には、2隻の潜水艦の引き渡しが予定されています。

プロジェクト955A「ボレイ-A」戦略用途原子力水中巡洋艦「クニャージ・ウラジーミル」
19-0614e.jpg
[第4のボレイ級戦略用途原子力ロケット水中巡洋艦クニャージ・ウラジーミルは2019年12月にロシア海軍へ引き渡される]

プロジェクト06363通常動力潜水艦「ペトロパヴロフスク・カムチャツキー」
19-0825g.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊の為のプロジェクト06363潜水艦ペトロパヴロフスク・カムチャツキーはバルト海で潜航試験を行なった]


なお、今回の記事では「2020年に28年ぶり」と書かれていますが、2020年から28年前の1992年には、この6隻の潜水艦ロシア海軍へ引き渡されています。

プロジェクト949A原子力水中巡洋艦K-456「トヴェリ」
プロジェクト949A原子力水中巡洋艦K-266「オリョール」
プロジェクト971原子力巡洋潜水艦K-419「クズバス」
プロジェクト971原子力巡洋潜水艦K-328「レオパルド」
プロジェクト671RTMK原子力大型潜水艦B-448「タンボフ」
プロジェクト877大型潜水艦B-190「クラスノカメンスク」


1993年~1995年には毎年3隻の潜水艦が引き渡されましたが、1996年には1隻のみとなり、その後は2001年に1隻、2010年に1隻、2013年に2隻、2014年に4隻、2015年に2隻、2016年に2隻の潜水艦が引き渡されています。

ロシアとベネズエラは海軍の艦船寄港合意へ署名した

19-0815g.jpg
19-0815h.jpg
『タス通信』より
2019年8月15日23時24分配信
【ロシアとベネズエラは戦闘艦の訪問に関する合意へ署名した】
モスクワ、8月15日/タス通信

ロシア連邦国防相セルゲイ・ショイグ及びベネズエラ国防相ブラディミル・パドリノ・ロペスは、戦闘艦の訪問に関する合意へ署名した。
19-0815i.jpg
ロシア連邦ベネズエラ政府間合意では、両国の港への戦闘艦の訪問が提供される。

文書は、ロシア及びベネズエラ軍当局のトップが、ボリバル共和国の状況、更には両国の軍事協力及び軍事技術協力、その他の一連の問題について討議したモスクワでの会合の際に署名された。

以前、ベネズエラへは、ロシア航空宇宙軍航空機が何度も飛行している。





ロシア連邦は、以前から友好関係にある国と海軍の艦船の寄港協定を締結しています。
要するに、ロシア海軍の艦船は、その国の港へ殆ど自由に入港できるようになるという事です。

2014年11月にはベトナムとの間でカムランへの海軍の艦船寄港手続き簡略化協定へ署名しました。
『タス通信』より
2014年11月27日14時52分配信
【情報筋:ロシアとベトナムはロシア連邦艦船のカムランへの寄港手続き簡略化の合意へ署名した】

2015年2月には中央アメリカニカラグアとの間で海軍の艦船寄港手続き簡略化協定へ署名しました。
『タス通信』より
2015年2月12日15時18分配信
【情報筋:ロシア連邦とニカラグアは軍用艦船の寄港手続き簡略化の合意へ署名する】

この他、2015年には、キプロス、エジプト、赤道ギニアの3ヶ国がロシアと艦船寄港簡略化協定を締結しています。
[ロシアとキプロスは軍事協力協定を結んだ]
[ロシア海軍の艦船はエジプトの港を簡単に利用できるようになる]
[ロシアと赤道ギニアはロシア海軍艦船の寄港手続きを簡略化する協定を締結した]

2016年11月には、大西洋中部に位置する島国カーボベルデロシアが艦船寄港簡略化協定を締結しています。
[ロシア海軍艦船のカーボベルデへの寄港手続きは簡略化される]

この他、2017年12月には、タルトゥースロシア海軍基地に関するシリアとの協定が批准されており、こちらも艦船寄港は簡略化されています。
[タルトゥースのロシア海軍基地に関するロシアとシリアの協定は批准された]

2018年1月には、ミャンマーへの艦船寄港簡略化を含むロシアミャンマーの軍事協力協定が締結されました。
[ロシア海軍艦船のミャンマーへの寄港手続きは簡略化される]

2018年4月には、アフリカ南東モザンビーク共和国ロシア連邦ロシア海軍の艦船寄港簡略化協定を締結しました。
[ロシア海軍艦船のモザンビークへの寄港手続きは簡略化される]

そして2019年8月15日、カリブ海沿岸のベネズエラ共和国ロシア連邦が、相互に海軍の艦船を寄港させる協定を締結しました。

ただ、現時点においては、ベネズエラ海軍の艦船がロシアを訪問する可能性は殆ど無いので、これもロシア海軍の艦船寄港を簡略化する為のものと言って良いでしょう。

2019年7月1日の火災事故で損傷したロシア海軍の深海調査原潜の修理は9月に始まる

19-0814e.png
『タス通信』より
2019年8月14日14時13分配信
【水中装置「ロシャリク」の修理は今秋に始まる】
モスクワ、8月14日/タス通信

7月1日のバレンツ海での火災の結果、損傷した水中装置AS-31(ロシャリク)の復旧は、艦船修理センター『ズヴェズドーチカ』(アルハンゲリスク州、セヴェロドヴィンスク)で今秋に始まる。
『タス通信』は水曜日にロシア連邦防衛産業企業体の情報提供者より伝えられた。

「今秋にロシャリクは、修理を行なう為、ズヴェズドーチカへ曳航されます」
対談者は話した。
「最初の段階では、装置から水を排水し、チタン製船体と内部区画の不具合の検出を行ない、その後に修理及び復旧の為の作業の技術設計が組成されます」
彼は説明した。

修理には、海洋工学中央設計局『ルビーン』(一部の機器を開発)と『セヴマシュ』(装置の製造者)の専門家が参加する。

『タス通信』の対談者は、予備評価では、深海装置のシステムは損傷を受けていると述べた。
「御話し出来るのは、火災による重大な損傷の為、電波電子機器、自動化装置、音響及び航法機器、居住保障システムは交換されるという事です」
彼は話した。
ステーションのチタン製船体の被害が、どれほど激しいのかは未だ明らかではない。

『タス通信』が他の防衛産業企業体の情報提供者から伝えられたように、『セヴマシュ』は、火災による損傷で交換する為、新たなチタン製船体の一部を製造している。

『タス通信』は、情報提供者から提示された情報を公式に確認していない。



2019年7月1日、ロシア海軍「科学研究深海装置」は、ロシア領海内での海底調査中に火災が発生し、乗組員14名が死亡しました。

『タス通信』より
2019年7月2日22時29分配信
【7月1日のロシア連邦水域での深海装置の火災により14名の船員が死亡した】

事故を起こした「科学研究深海装置」は、北方艦隊基地セヴェロモルスクへ到着しました。
『タス通信』より
2019年7月2日22時4分配信
【火災が発生した深海装置はセヴェロモルスクに居る】

ロシア国防省は、事故を起こした「科学研究深海装置」の名前などは一切公表していませんが、プロジェクト10831「ロシャリク」原子力深海ステーションのようです。
19-0703b.jpg


原子力深海ステーションAS-12は、1988年頃にセヴェロドヴィンスク造船所『セヴマシュ』で起工され、2003年8月頃に進水、2004年~2010年頃に就役しました。
船体はチタン製です。
同級に関しては詳細は未だ不明です。
艦名については「AS-31」という説も有り、今回の『タス通信』の記事では、AS-31と記されています。

明確な要目も不明ですが、水中排水量は2100トン、全長は60メートル、幅は7メートル、水中速力は30ノット、潜航深度は少なくとも1000m以上(未確認情報によれば最大6000m)、乗員は25名と推定されています。
ロシア海軍第4世代通常動力潜水艦プロジェクト677「ラーダ」とほぼ同サイズの小型原潜のようです。

「ロシャリク」級特務原潜AS-12(AS-31?)
12-1223k.jpg
12-1223l.jpg
12-1223m.jpg

ロシャリク級は、以前には戦略原子力潜水艦プロジェクト667BDR(デルタIII級)K-129を改造した特殊用途原子力潜水艦プロジェクト09786(デルタ・ストレッチ)BS-136「オレンブルク」を母艦としており、同艦に搭載されて海洋で行動していました。
12-1223i.jpg
12-1223j.jpg

2012年9月には北極圏へ行き、ロモノソフ海嶺メンデレーエフ海嶺の海底を調査しています。
『イズべスチヤ』より
2012年10月29日配信
【軍用原子力バチスカーフ「ロシャリク」は北極圏を探った】

北極圏で行動する母艦BS-136「オレンブルク」(2012年9月27日)
12-1223n.jpg

ロシャリクは、2015年にも2回の遠距離航海を行なっています。
[ロシア海軍の特務原潜ロシャリクは2015年に2度の遠征を行なっていた]

2016年12月末にプロジェクト09787特殊用途原子力潜水艦「ポドモスコヴィエ」が再就役してからは、同艦を母艦としているようです。
[改造を終えた特務原潜ポドモスコヴィエ(モスクワ州)はロシア海軍へ引き渡された]


事故後、ロシャリク搭載母艦(プロジェクト09787特殊用途原子力潜水艦BS-64「ポドモスコヴィエ」)北方艦隊基地セヴェロモルスクへ入港しています。
19-0704a.jpg
19-0704b.jpg

この事故の詳細や事故を起こした艦の名前は相変わらず公表されていませんが、ロシア国防省は、事故で死亡した乗員14名の名前は公表しています。
[2019年7月1日のロシア海軍の深海調査原潜の火災事故で死亡した乗組員14名の氏名が公表された]
死亡したのは艦長を始めとして佐官クラスの年長者が殆どですが、おそらくは、火災事故発生の際、若い乗組員(つまり、将来のロシャリク運用の中核となる人々)を助ける為、自分達が犠牲になったのでしょう。
(ロシャリクの標準乗員は25名なので、おそらく11名程度が生存している)

火災事故で損傷したロシャリクですが、2019年9月にはセヴェロドヴィンスク艦船修理センター『ズヴェズドーチカ』へ回航され、修理が開始されます。

機関部分以外の損傷は激しく、船体の一部を含め、殆どの機器は交換される事になるようです。

ロシア海軍太平洋艦隊の原子力水中巡洋艦イルクーツクと原子力巡洋潜水艦マガダンの近代化改装が始まる

19-0730b.jpg
『Mil.Press FLOT』(フロートコム)より
2019年7月30日12時29分配信
【原子力潜水艦「イルクーツク」と「マガダン」は『ズヴェズダー』で修理を待っている】

極東工場『ズヴェズダー』は、2隻の原子力潜水艦~「マガダン」と「イルクーツク」の修理を開始する。
7月30日・火曜日、同社広報サービスは発表した。


造船所の代理人は、「イルクーツク」の船体の近代化の為の技術的プロジェクトは、海洋工学中央設計局『ルビーン』の技師により遂行されると話した。
近い内に、同局の専門家は、作業の進行を監督する為、工場へ到着する。

広報サービスによると、「イルクーツク」の船外部品、全ての艦内機構、操舵装置の問題点検出及び修理作業の実行が計画されている。
原子力潜水艦の引き渡し時期は2022年に決まっている。

原子力潜水艦「マガダン」の近代化の作業は、未だ始まっておらず、現在、原子力艦の検査が行なわれている。

「マガダン」は、プロジェクト971「シチューカ-B」多目的原子力潜水艦であり、第3世代原子力潜水艦に属する。
当初はK-331の名で1989年12月28日にコムソモリスク・ナ・アムーレ『レーニン共産党青年団記念造船工場』で起工され、1990年6月23日に進水した。
1991年に海軍へ加入した。
潜水艦は1993年に「ナルヴァール」、2000年には「マガダン」と改名された。
原子力潜水艦工場『ズヴェズダー』で2014年から修理と近代化を待っていた。

「イルクーツク」は、プロジェクト949A「アンテイ」多目的原子力潜水艦である。
『セヴマシュ』で1985年5月8日に起工され、1987年12月29日(他のデータでは12月27日)に進水した。
潜水艦は1989年10月31日にK-132の名で北方艦隊へ加入し、1990年10月29日には太平洋艦隊へ転属した。
1993年春、「イルクーツク」と改名された。
潜水艦は、工場『ズヴェズダー』で2013年から修理と近代化を待っていた。
潜水艦の復帰は、2017年に予定されていた。



プロジェクト949A「アンテイ」(オスカーII級)巡洋潜水艦K-132は、1985年5月8日にセヴェロドヴィンスク北方機械製造事業(セヴマシュ)で起工され、1987年12月29日に進水、1988年12月30日にソ連海軍へ納入され、1989年1月4日に海軍旗初掲揚式典を開催し、正式に就役しました。

1989年10月31日に赤旗北方艦隊に編入され、同年11月16日にザーパドナヤ・リッツァ基地へ配備されました。

1990年8月30日から9月27日にザーパドナヤ・リッツァ基地からカムチャツカ半島ヴィリュチンスク基地へ移動し、1990年10月29日付で赤旗太平洋艦隊へ転属しました。

1992年4月28日付で「原子力水中巡洋艦」へ分類変更され、1993年4月13日には「イルクーツク」と命名されました。
(合わせて同名の都市との後援協定を締結)

1997年11月には予備役に編入され、2001年11月には沿海地方ボリショイ・カーメニ市艦船修理工場『ズヴェズダー』へ回航されました。

それから10年以上経った2013年、ミサイルを換装する大規模な近代化改装が行なわれる事になりました。
[オスカーII級原潜イルクーツクは高度な近代化を実施する]
[ロシア海軍太平洋艦隊の原子力水中巡洋艦イルクーツクは汎用ミサイル発射機を装備する]

「イルクーツク」は2022年に太平洋艦隊への復帰が予定されています。


プロジェクト971「シチューカ-B」(アクラ級)原子力大型潜水艦K-331は、1989年12月28日にコムソモリスク・ナ・アムーレ市『レーニン共産党青年団記念造船工場』で起工され、1990年6月23日に進水、同年12月31日に海軍へ納入され、1991年2月23日に海軍旗初掲揚式典を開催し、正式に就役しました。

1991年9月24日にカムチャツカ半島クラシェニーンニコフ湾(ヴィリュチンスク基地)へ到着しました。

1992年4月28日付で「原子力巡洋潜水艦」へ分類変更され、1993年4月13日には「ナルヴァール」と命名されました。

2001年1月24日には「マガダン」と改名されました。
(合わせて同名の都市との後援協定を締結)

2009年7月26日の『ロシア海軍の日』にはウラジオストクの観艦式へ参加しました。
19-0730a.jpg

2012年9月に沿海地方ボリショイ・カーメニ市艦船修理工場『ズヴェズダー』へ回航されました。

19-0730c.jpg
以後、同地で修理を待っていましたが、最近、ようやく作業が開始される事になりました。

2019年7月1日のロシア海軍の深海調査原潜の火災事故で死亡した乗組員14名の氏名が公表された

『タス通信』より
2019年7月4日2時6分配信
【(ロシア)国防省は深海船の火災の死亡者のリストを公表した】
モスクワ、7月3日/タス通信

(ロシア)国防省は、7月1日の科学研究深海装置の火災で死亡した潜水艦船員のリストを公表した。
軍当局のサイトは、水曜日に写真付きで名簿を公表した。

悲劇の犠牲者14名:

ウラジーミル・アバンキン1等海佐

アンドレイ・ヴォスクレセンスキー1等海佐

デニス・ドロンスキー1等海佐

コンスタンチン・イワノフ1等海佐

デニス・オパリン1等海佐

コンスタンチン・ソモフ1等海佐

ニコライ・フィリン1等海佐

アレクサンドル・アヴドニン2等海佐

セルゲイ・ダニリチェンコ2等海佐

ドミトリー・ソロヴィヨフ2等海佐

ミハイル・ドゥブコフ大尉

ヴィクトール・クジミン3等海佐

ウラジーミル・スヒニチェフ3等海佐

アレクサンドル・ワシリエフ潜水艦乗員医療サービス


軍当局は、死亡した潜水艦乗員の高いプロ意識を指摘した。

「ロシア海軍の科学研究深海装置の乗組員である潜水艦船員は祖国への真の愛国心、高いプロ意識を示し、軍務及び上級司令部からの課題の遂行に対し、再三に渡り国家表彰を受けていました」
声明では、こう述べられた。

国防省が指摘したように
「彼らは全て、限界深度への潜航を伴う北極調査の困難な水中遠征へ一度ならず参加しました」



2019年7月1日、ロシア海軍「科学研究深海装置」は、ロシア領海内(バレンツ海)での海底調査中に火災が発生し、乗組員14名が死亡しました。
[ロシア海軍の深海調査原潜で火災が発生し、乗員14名が死亡した]

ロシア国防省は、事故を起こした「科学研究深海装置」の名前を一切公表していませんが、プロジェクト10831「ロシャリク」原子力深海ステーションAS-12のようです。
何故、AS-12であると断定できるのかと言えば、事故の状況(14名が死亡)から見て、該当するのは、標準乗員数25名のAS-12しか無いからです。

ロシア海軍には、他にも深海潜水艇深海調査用小型原潜が有りますが、14名以上乗れるフネはロシャリク級の他には有りません。
そしてロシャリク級AS-12しか有りません。


事故後、AS-12搭載母艦(プロジェクト09787特殊用途原子力潜水艦BS-64「ポドモスコヴィエ」)北方艦隊基地セヴェロモルスクへ入港しています。
19-0704a.jpg
19-0704b.jpg

この事故の詳細や事故を起こした艦の名前は相変わらず公表されていませんが、ロシア国防省は、事故で死亡した乗員14名の名前を公表しました。

この14名の内、デニス・ドロンスキー1等海佐(1972年10月17日生まれ、享年46歳)がAS-12の艦長のようです。
19-0704c.jpg

ニコライ・フィリン1等海佐(1962年4月6日生まれ、享年57歳)は、深海軍事機器の試験官であり、オブザーバーとして乗艦していたようです。
19-0704d.jpg

この2名は、以前に「ロシア連邦英雄」称号を授与されています。

軍医1名を除き、佐官クラスが多いですが、「ロシャリク」級の乗組員は、医療スタッフ以外は全員士官で構成されているようです。

「ロシャリク」級は高度な軍事機密であり、その動向も原則非公開である為、これ以上の詳細な情報がロシア国防省やロシア海軍などの公式筋から公表される事は無いでしょう。

ロシア海軍の深海調査原潜で火災が発生し、乗員14名が死亡した

19-0703a.jpg
『Mil.Press FLOT』(フロートコム)より
2019年7月2日16時35分配信
【深海装置の火災で14名の潜水艦乗員が死亡した】

7月1日・月曜日、ロシア連邦国防省の科学研究深海装置で火災が発生した。
その結果、『タス通信』が軍当局広報サービスを引用して報じたように、14名の潜水艦船員が死亡した。


国防省が説明したように、事故はロシア領海内で発生した。

「ロシア海軍の要望による世界の大洋の海底空間における調査の為に意図されている科学研究深海装置で、海底測定中に火災が発生しました。
燃焼による有毒ガス発生の結果、14名の潜水艦船員が死亡しました」
ロシア連邦国防省
広報サービスは説明した。

当局は、乗組員の献身的な行動のお陰で火災は消し止められた事を付け加えた。

ロシア海軍総司令官ニコライ・エフメノフ大将の監督下で、この悲劇の全面的な調査が行なわれる。

『Mil.Press FLOT』ロシア海軍の情報提供者によると、この事故は、原子力深海ステーションAS-12「ロシャリク」で起こった可能性が有る。
その乗組員は25名である。
このような形の事故の後、乗組員全体の内、少なくとも11名が生存している可能性が有る。
AS-12は基地へ曳航されたと北方艦隊の代理人は伝えた。
生き残った潜水艦乗員は入院した。

他の対談者は、火災が発生したのは「ロシャリク」では無く、原子力深海ステーション搭載特殊潜水艦かもしれないと述べた。
彼によると、事故が発生したのはドッキング或いは、その直後であろう。

ロシア捜査当局は、14名の船員が死亡した事実に関する検証調査を開始した。



2019年7月1日、ロシア海軍「科学研究深海装置」は、ロシア領海内での海底調査中に火災が発生し、乗組員14名が死亡しました。

『タス通信』より
2019年7月2日22時29分配信
【7月1日のロシア連邦水域での深海装置の火災により14名の船員が死亡した】

事故を起こした「科学研究深海装置」は、北方艦隊基地セヴェロモルスクへ到着しました。
『タス通信』より
2019年7月2日22時4分配信
【火災が発生した深海装置はセヴェロモルスクに居る】

ロシア国防省は、事故を起こした「科学研究深海装置」の名前などは一切公表していませんが、今回の記事によると、プロジェクト10831「ロシャリク」原子力深海ステーションAS-12のようです。
19-0703b.jpg


原子力深海ステーションAS-12は、1988年頃にセヴェロドヴィンスク造船所『セヴマシュ』で起工され、2003年8月頃に進水、2004年~2010年頃に就役しました。
同級に関しては詳細は未だ不明です。
艦名については「AS-31」という説も有ります。
(AS-12の番号はプロジェクト1839深海救助装置の1隻に使用されている為)

明確な要目も不明ですが、水中排水量は2100トン、全長は60メートル、幅は7メートル、水中速力は30ノット、潜航深度は少なくとも1000m以上(未確認情報によれば最大6000m)、乗員は25名と推定されています。
ロシア海軍第4世代通常動力潜水艦プロジェクト677「ラーダ」とほぼ同サイズの小型原潜のようです。

「ロシャリク」級特務原潜AS-12
12-1223k.jpg
12-1223l.jpg
12-1223m.jpg

AS-12は、以前には戦略原子力潜水艦プロジェクト667BDR(デルタIII級)K-129を改造した特殊用途原子力潜水艦プロジェクト09786(デルタ・ストレッチ)BS-136「オレンブルク」を母艦としており、同艦に搭載されて海洋で行動していました。
12-1223i.jpg
12-1223j.jpg

2012年9月には北極圏へ行き、ロモノソフ海嶺メンデレーエフ海嶺の海底を調査しています。
『イズべスチヤ』より
2012年10月29日配信
【軍用原子力バチスカーフ「ロシャリク」は北極圏を探った】

北極圏で行動する母艦BS-136「オレンブルク」(2012年9月27日)
12-1223n.jpg

AS-12は、2015年にも2回の遠距離航海を行なっています。
[ロシア海軍の特務原潜ロシャリクは2015年に2度の遠征を行なっていた]

2016年12月末にプロジェクト09787特殊用途原子力潜水艦「ポドモスコヴィエ」が再就役してからは、同艦を母艦としているようです。
[改造を終えた特務原潜ポドモスコヴィエ(モスクワ州)はロシア海軍へ引き渡された]