ロシア海軍の艦上攻撃ヘリコプターKa-52Kの試験はシリアで行なわれた

17-0112d.jpg
『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2017年2月9日2時8分配信
【(ロシア)軍は航空母艦「アドミラル・クズネツォフ」の航海の枠組みにおける「カトラン」の試験に満足している】
モスクワ、2月9日、インタファクス

重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」地中海への航海の枠組みにおけるロシアの最新艦載偵察攻撃ヘリコプターKa-52K「カトラン」の試験飛行は成功裏に行なわれた。
航空母艦の艦長セルゲイ・アルタモノフは述べた。

「それは、今の所は未だ試験飛行が行なわれておりますが、海軍航空隊の一員としての兵器使用の能力、ヘリコプター自身の能力が非常に高い事は明白であります」
木曜日夜に放送されたテレビ局『ロシア-24』のドキュメンタリー番組において、セルゲイ・アルタモノフは話した。
番組は、ロシア連邦海軍打撃艦グループシリアへの航海を取り上げたものである。

「Ka-52の海上での動作状態は、実に称賛に値する特性を示しております」
セルゲイ・アルタモノフ
は述べた。

「このヘリコプターの信頼性は、様々な条件下において戦闘安定性を保障できる事を期待させてくれます」
巡洋艦
の艦長は話した。

番組では、カモフ記念試験設計局の飛行士により行なわれた「アドミラル・クズネツォフ」の甲板からの「カトラン」の試験飛行が紹介されている。

昨年(2016年)12月初頭、テレビ局『ロシア-1』は、巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」の甲板から離艦し、ミサイルの訓練発射を行なうKa-52Kの映像が公開された。

「アドミラル・クズネツォフ」の為の「カトラン」の試験について、インタファクスは(2016年)9月初頭に報じた。
「ヘリコプターKa-52Kは既に試験中です。
この機体に対する飛行士の印象は、非常に肯定的です」

次に、ホールディングス『ロシアン・ヘリコプターズ』の国家調達・軍事技術協力担当取締役ウラジスラフ・サヴェリエフインタファクスへ話した。

ロシア連邦海軍打撃艦グループは、遠距離航海からロシア連邦北方艦隊主要基地セヴェロモルスクへ戻った。
木曜日、セヴェロモルスクでは、シリア沿岸で戦闘任務を遂行した重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」の乗組員の歓迎式典が開催された。

艦船グループは、2016年10月15日にセヴェロモルスクを去った。
2016年11月15日、ロシア軍当局は、「アドミラル・クズネツォフ」航空隊が歴史上初めて戦闘へ使用されたと発表した~艦上戦闘機は、シリア領内の軍事作戦へ関与した。



16-0709c.jpg
艦上攻撃ヘリコプターKa-52K「カトラン」(空軍のKa-52「アリガートル」の艦載機型)の試作1号機は、2015年3月7日に沿海地方で初飛行しました。
[ロシア海軍の艦上攻撃ヘリコプターKa-52Kの試作1号機が初飛行した]

Ka-52Kは、元々はロシアフランスへ発注した2隻の「ミストラル」級ヘリコプター揚陸ドック艦の搭載機として開発されたのですが、フランスウクライナ情勢に関連して艦の引き渡しを凍結しました。

2015年8月5日、ロシア連邦大統領ウラジーミル・プーチンフランス大統領フランソワ・オランドは電話で会談し、「ミストラル」級ヘリコプター揚陸ドック艦の建造・供給契約の終了(破棄)を決定しました。
[ロシアとフランスはロシア海軍向けミストラル級ヘリコプター揚陸ドック艦の契約を終了させた]
[ロシア海軍向けミストラル級ヘリコプター揚陸ドック艦の契約終了によりフランスはロシアへ9億4975万4849ユーロを支払う]
[ロシア海軍向けだった2隻のミストラル級ヘリコプター揚陸ドック艦から取り外されたロシア製機器は全てロシアへ到着した]
その後、2隻の「ミストラル」級エジプトへ売却されました。

しかし、「ミストラル」級の動向とは関係なしにKa-52Kの開発と生産は続行されます。
[ロシア海軍の為の艦上攻撃ヘリコプターKa-52Kの開発と生産は続行される]

Ka-52Kには、対艦ミサイルKh-35(ウラン)及び対レーダー/対艦ミサイルKh-31の運用能力が付与されます。
[ロシア海軍の為の艦上攻撃ヘリコプターKa-52Kは対艦ミサイルの運用能力を付与される]
[ロシア海軍の艦上攻撃ヘリコプターKa-52Kカトランは最新鋭の目標探知システムを装備する]

そして結局、「ミストラル」級ヘリ空母へ搭載される筈だったKa-52Kは、重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」へ搭載されることになりました。
[ロシア海軍の艦上攻撃ヘリコプターKa-52Kカトランは空母アドミラル・クズネツォフへ搭載される]


北方艦隊重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」を中核とする航空打撃艦グループは、2016年10月15日にセヴェロモルスク基地を出航し、2017年2月8日に帰投しました。
[空母アドミラル・クズネツォフ第6次地中海遠征(2016年10月-2017年2月)]

この間、2016年11月中旬から2017年1月初頭まで約2ヶ月ほどシリア沖に滞在し、シリア領内のテロ組織(イスラム国アル=ヌスラ戦線)への空爆作戦に参加しました。
[ロシア海軍の重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフ航空隊は1252のシリアのテロリスト施設を破壊した]

今回のシリア遠征において、「アドミラル・クズネツォフ」は、艦上戦闘機Su-33、艦上戦闘機MiG-29K/MiG-29KUB、救難ヘリコプターKa-27PS、対潜ヘリコプターKa-27PL、輸送戦闘ヘリコプターKa-29、早期警戒ヘリコプターKa-31、艦上攻撃ヘリコプターKa-52Kを合計で約40機程度搭載しました。
[ロシア海軍の重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフは40機程度の搭載機を有する]


艦上攻撃ヘリコプターKa-52K「カトラン」は2機の試作機「アドミラル・クズネツォフ」に搭載され、シリア沖で各種試験に従事しました。




そして、「アドミラル・クズネツォフ」艦長セルゲイ・アルタモノフ1佐は、シリアから戻った後、Ka-52Kの試験結果について、非常に良好であったと述べました。
16-1113b.jpg
[空母アドミラル・クズネツォフ艦長セルゲイ・アルタモノフ]

アルタモノフ1佐の発言を見る限り、Ka-52Kシリアで兵器使用試験も行ったようですが、試験飛行を担当したのはロシア海軍のパイロットでは無く、開発元の『カモフ』のテストパイロット(つまり民間人)なので、シリア領内への空爆作戦へ参加した可能性は低いでしょう。
スポンサーサイト

ロシアン・ヘリコプターズはロシア海軍航空隊の為、1年に8機のヘリコプターKa-27を近代化改修できる

17-0201a.jpg
『タス通信』より
2017年1月31日15時58分配信
【『ロシアン・ヘリコプターズ』は(ロシア)海軍航空隊の為に1年に8機程度のKa-27を近代化する用意がある】
モスクワ、1月31日/タス通信

ホールディングス『ロシアン・ヘリコプターズ』(『ロシアン・テクノロジー』へ加入)は、1年に8機程度の多目的ヘリコプターKa-27を近代化する用意がある。
『タス通信』ホールディングスの広報サービスより伝えられた。

以前、ロシア海軍航空隊司令官イーゴリ・コジンは、部隊に在る全てのヘリコプターKa-27を近代化すると述べた。

「『ロシアン・ヘリコプターズは、国防省により署名された国家契約に沿って、発注者の要望する方向へのヘリコプターの近代化を実行します。
今日において、クメルタウ航空機製造事業の生産現場は、1年に8機程度のヘリコプターKa-27の近代化が可能です」

広報サービスは話した。

多目的機Ka-27の様々な派生型は、今日における海軍航空隊ヘリコプター部隊の基礎となっている。
これらは、海上の空中偵察、艦船グループの対潜防護、潜水艦及び水上艦の捜索と探知を提供する。
また、彼等は、海上で遭難した航空機、艦船の乗組員の捜索と救助に従事している。



16-1220a.jpg

現在、ロシア海軍は、艦載対潜ヘリコプターKa-27PLを約50機程度保有しており、北方艦隊、太平洋艦隊、黒海艦隊、バルト艦隊海軍航空隊で運用されています。
これらのKa-27PLは、電子機器を換装する近代化改装が行なわれ、Ka-27Mへアップグレードされます。
[ロシア海軍の艦載ヘリコプターKa-27PLとKa-27PSが近代化される]
[ロシア海軍航空隊の長距離対潜哨戒機Tu-142及び対潜ヘリコプターKa-27は2020年までに全機が近代化される]

Ka-27PLの近代化型Ka-27Mは、2012年5月に第一次発注が行なわれると発表されました。
[ロシア海軍は艦載ヘリコプターKa-27Mを発注する]

【Ka-27M試作機(0909号機)】
その後、Ka-27M試作機(0909号機)は、北方艦隊での試験が行なわれました。
[艦載ヘリコプターKa-27Mの試験は北方艦隊で行なわれている]

2014年12月には、北方艦隊所属の4機のKa-27PLが近代化改修を行なう事になりました。
[ロシア海軍の対潜ヘリコプターKa-27PLの近代化改修が始まる]

近代化改装されたKa-27Mの最初の8機は、2015年末までにロシア海軍へ引き渡される予定でした。
[ロシア海軍の8機の対潜ヘリコプターKa-27が2015年に近代化される]

しかし、引き渡しは1年遅れて2016年12月になりました。
[ロシア海軍航空隊は8機の近代化改装された艦載対潜ヘリコプターKa-27Mを2016年12月に受領する]

17-0106a.jpg
2016年12月19日、近代化されたKa-27Mの第1号機がロシア海軍へ引き渡されました。
[ロシア海軍航空隊は近代化された艦載ヘリコプターKa-27Mの第1号機を受領した]

その後、残りの7機も2016年12月末~2017年1月初頭までに引き渡されました。
[ロシア海軍航空隊は8機の近代化された艦載ヘリコプターKa-27Mを受領した]

この計8機のKa-27Mの内の6機は、北方艦隊へ配備されるようです。
[ロシア海軍北方艦隊は2017年に6機の近代化された艦上ヘリコプターKa-27Mを受け取る]


Ka-27Mへの近代化改修作業は『クメルタウ航空機製造事業』で実施されていますが、同社の製造ラインでは、1年間に8機程度のKa-27の近代化改修が可能との事です。
17-0106c.jpg
単純に計算して、6-7年でロシア海軍が保有するKa-27を全て近代化改修できます。


Ka-27の後継機となる将来艦上ヘリコプター「ミノーガ」の開発も始まっています。
[ロシア海軍航空隊将来艦上ヘリコプター"ミノーガ"は2025年頃から生産を開始する]

ロシア海軍北方艦隊は2017年に6機の近代化された艦上ヘリコプターKa-27Mを受け取る

17-0106b.jpg
『タス通信』より
2017年1月6日6時37分配信
【北方艦隊は2017年に6機の近代化されたヘリコプターKa-27Mを受け取る】
ムルマンスク、1月6日/タス通信

北方艦隊のヘリコプター飛行士は2017年に6機の新たなヘリコプターKa-27Mを受け取る。
同艦隊の広報サービスは発表した。

「2017年に北方艦隊のヘリコプター飛行士は、新たに近代化された多目的ヘリコプターKa-27Mをマスターします。
6機の新たな機体は北方艦隊の航空・防空軍部隊へ軍備採用されます」

広報サービスは伝えた。

パイロットは、エイスク海軍航空隊飛行士訓練センター北方艦隊の沿岸飛行場、更には、艦上にヘリコプターを搭載できる戦闘艦の甲板上で訓練を実施する。

広報サービスが指摘したように、ヘリコプターは、クメルタウ航空機製造事業で近代化が実施された。
17-0106c.jpg

Ka-27は、ソヴィエト時代の艦載多目的ヘリコプターである。
北方艦隊水上艦連合部隊において、対潜及び捜索救助モデルが使用されている。

艦載ヘリコプターは、重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」、重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」、プロジェクト1155大型対潜艦、プロジェクト956駆逐艦の艦上に搭載されている。



16-1220a.jpg

現在、ロシア海軍は、艦載対潜ヘリコプターKa-27PLを約50機程度保有しており、北方艦隊、太平洋艦隊、黒海艦隊、バルト艦隊海軍航空隊で運用されています。
これらのKa-27PLは、電子機器を換装する近代化改装が行なわれ、Ka-27Mへアップグレードされます。
[ロシア海軍の艦載ヘリコプターKa-27PLとKa-27PSが近代化される]
[ロシア海軍航空隊の長距離対潜哨戒機Tu-142及び対潜ヘリコプターKa-27は2020年までに全機が近代化される]

Ka-27PLの近代化型Ka-27Mは、2012年5月に第一次発注が行なわれると発表されました。
[ロシア海軍は艦載ヘリコプターKa-27Mを発注する]

【Ka-27M試作機(0909号機)】
その後、Ka-27M試作機(0909号機)は、北方艦隊での試験が行なわれました。
[艦載ヘリコプターKa-27Mの試験は北方艦隊で行なわれている]

2014年12月には、北方艦隊所属の4機のKa-27PLが近代化改修を行なう事になりました。
[ロシア海軍の対潜ヘリコプターKa-27PLの近代化改修が始まる]

近代化改装されたKa-27Mの最初の8機は、2015年末までにロシア海軍へ引き渡される予定でした。
[ロシア海軍の8機の対潜ヘリコプターKa-27が2015年に近代化される]

しかし、引き渡しは1年遅れて2016年12月になりました。
[ロシア海軍航空隊は8機の近代化改装された艦載対潜ヘリコプターKa-27Mを2016年12月に受領する]

17-0106a.jpg
2016年12月19日、近代化されたKa-27Mの第1号機がロシア海軍へ引き渡されました。
[ロシア海軍航空隊は近代化された艦載ヘリコプターKa-27Mの第1号機を受領した]

その後、残りの7機も2016年12月末~2017年1月初頭までに引き渡されました。
[ロシア海軍航空隊は8機の近代化された艦載ヘリコプターKa-27Mを受領した]


今回の記事によると、この8機のKa-27Mの内の6機が北方艦隊へ配備されるようです。

ロシア海軍の4艦隊の内、北方艦隊には、重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」を筆頭にヘリコプター搭載能力を有する水上艦が最も多く配備されているので、Ka-27Mも優先的に回される事になるようです。


なお、太平洋艦隊には、Ka-27の派生型であり、予備役として保管されていた戦闘輸送ヘリコプターKa-29がオーバーホールを終えて引き渡されます。
[ロシア海軍太平洋艦隊は修復された戦闘輸送ヘリコプターKa-29を受領する]

Ka-27の後継機となる将来艦上ヘリコプター「ミノーガ」の開発も始まっています。
[ロシア海軍航空隊将来艦上ヘリコプター"ミノーガ"は2025年頃から生産を開始する]

ロシア海軍航空隊は8機の近代化された艦載ヘリコプターKa-27Mを受領した

16-1220d.jpg
『タス通信』より
2017年1月5日9時55分配信
【8機の近代化された艦上ヘリコプターKa-27Mはロシア連邦海軍航空隊へ受領された】
モスクワ、1月5日/タス通信

最初の8機の近代化された艦上ヘリコプターKa-27Mロシア海軍航空隊へ受領された。
木曜日にロシア連邦国防省は報道機関へ伝えた。

「海軍航空隊の飛行装置(航空機)集団の更新計画に沿って、最初の8機の近代化された艦載ヘリコプターKa-27Mが受領されました。
ヘリコプターは機上電波電子機器が大幅に更新され、新たな探索システムが設置されており、新たな探知手段を用いて様々なクラスの潜水艦を撃破する事が可能となります。
ヘリコプターKa-27Mは、最新の電波音響探知機器を装備しています」

軍当局は話した。

近代化されたヘリコプターKa-27Mの搭乗員は、エイスク海軍航空隊戦闘適用・飛行再訓練センターで特別コースの訓練を行なう事を国防省は付け加えた。
17-0105a.jpg
17-0105b.jpg

多目的機Ka-27の様々な派生型は、今日における海軍航空隊ヘリコプター部隊の基礎となっている。
これらは、海上の空中偵察、艦船グループの対潜防護、潜水艦及び水上艦の捜索と探知を提供する。
また、彼等は、海上で遭難した航空機、艦船の乗組員の捜索と救助に従事している。



16-1220a.jpg

現在、ロシア海軍は、艦載対潜ヘリコプターKa-27PLを約50機程度保有しており、北方艦隊、太平洋艦隊、黒海艦隊、バルト艦隊海軍航空隊で運用されています。
これらのKa-27PLは、電子機器を換装する近代化改装が行なわれ、Ka-27Mへアップグレードされます。
[ロシア海軍の艦載ヘリコプターKa-27PLとKa-27PSが近代化される]
[ロシア海軍航空隊の長距離対潜哨戒機Tu-142及び対潜ヘリコプターKa-27は2020年までに全機が近代化される]

Ka-27PLの近代化型Ka-27Mは、2012年5月に第一次発注が行なわれると発表されました。
[ロシア海軍は艦載ヘリコプターKa-27Mを発注する]

【Ka-27M試作機(0909号機)】

その後、Ka-27M試作機(0909号機)は、北方艦隊での試験が行なわれました。
[艦載ヘリコプターKa-27Mの試験は北方艦隊で行なわれている]

2014年12月には、北方艦隊所属の4機のKa-27PLが近代化改修を行なう事になりました。
[ロシア海軍の対潜ヘリコプターKa-27PLの近代化改修が始まる]

近代化改装されたKa-27Mの最初の8機は、2015年末までにロシア海軍へ引き渡される予定でした。
[ロシア海軍の8機の対潜ヘリコプターKa-27が2015年に近代化される]

しかし、引き渡しは1年遅れて2016年12月になりました。
[ロシア海軍航空隊は8機の近代化改装された艦載対潜ヘリコプターKa-27Mを2016年12月に受領する]

12月19日、近代化されたKa-27Mの第1号機がロシア海軍へ引き渡されました。
[ロシア海軍航空隊は近代化された艦載ヘリコプターKa-27Mの第1号機を受領した]

その後、残りの7機も2016年12月末~2017年1月初頭までに引き渡されたようです。

ロシア海軍太平洋艦隊は修復された戦闘輸送ヘリコプターKa-29を受領する

16-1226d.jpg
『タス通信』より
2016年12月26日4時56分配信
【2017年に太平洋艦隊海軍航空隊へ更新されたヘリコプターKa-29の一団が補充される】
ウラジオストク、12月26日/タス通信特派員ナターリヤ・ニクーリナ

2017年に太平洋艦隊海軍航空隊へ、敵の艦や潜水艦へ対抗する為に意図されたヘリコプターKa-29の更新された一団が補充される。
月曜日にタス通信東方軍管区下の太平洋艦隊広報サービス・情報供給部長ウラジーミル・マトヴェーエフ2等海佐より伝えられた。

「更新された機体は、既に沿海地方の航空部隊へ到着し始めております。
国家契約に沿って、輸送-戦闘ヘリコプターKa-29はホールディングス『ロシアン・ヘリコプターズ』の工場で縦列移動ローター、エンジン、減速装置の部品を交換し、被覆塗料を完全に更新しました」
マトヴェーエフ
は伝えた。

輸送-戦闘ヘリコプターKa-29は、敵の艦や潜水艦へ対抗する為に意図されている。
機体は、人員や貨物輸送の為に使用できる。



カモフ対潜ヘリコプターKa-27の派生型である戦闘輸送ヘリコプターKa-29は、プロトタイプKa-252TBが1976年7月28日に初飛行した後、1984年から1991年までにクメルタウ工場で59機が生産されました。
海軍への軍備採用(制式採用)は1987年8月8日です。

ソ連邦時代には、プロジェクト1174大型揚陸艦(イワン・ロゴフ型)へ搭載されていましたが、1990年代以降に1174が退役した為、搭載艦が無くなり、殆どが予備役として保管されました。
16-1221e.jpg


現在、ロシア海軍が保有するKa-29は28機ですが、稼働状態に在るのは一部の機体のみです。

2016年7月、ロシア海軍航空隊司令官イーゴリ・コジン少将は、年末までに戦闘輸送ヘリコプターKa-29の乗員が15組ほど用意される事を明らかにしました。
[ロシア海軍航空隊へ戦闘輸送ヘリコプターKa-29が復活する]

2016年12月、太平洋艦隊向けのKa-29の修理が完了しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の艦載輸送戦闘ヘリコプターKa-29が修復された]

既に一部のKa-29沿海地方の部隊~ニコラエフカ基地第289独立混成対潜航空連隊へ到着しているとの事ですが、完全に揃うのは2017年になるようです。
16-1226e.jpg
16-1226f.jpg


なお、記事中でKa-29「敵の艦や潜水艦へ対抗する為に意図されている」と書かれていますが、これはベースとなった対潜ヘリコプターKa-27と混同しているようです。


Ka-29は、シリア沖へ派遣されている北方艦隊重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」にも、少なくとも2機(機体番号23、75)が搭載されています。