FC2ブログ

ロシア海軍黒海艦隊の為の最新小型ロケット艦グライヴォロンは係留試験を開始した

20-0610b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦国防省情報・マスコミュニケーション部発表
2020年6月10日10時26分配信
【最新小型ロケット艦「グライヴォロン」は係留試験に着手した】

ロシア海軍の為に造船営団『アク・バルス』の生産基盤で製造されているプロジェクト21631小型ロケット艦「グライヴォロン」は、本日(6月10日)、係留試験の実施へ着手した。
ロシア海軍総司令官ニコライ・エフメノフ大将は、水上造船問題に関する計画会議で報告された。

係留試験中、専門家は総合艦内基礎システムと主動力装置システムを起動させ、動作を点検する。
起動-調整作業と並行して艦の居住及び勤務室の整備及び装飾が行なわれる。
係留試験プログラムの完了後、艦はノヴォロシースクの外部試運転基盤へ送られ、工場試運転チームと艦の乗組員は、工場航行試験へ着手し、その後、国家試験を行なう。
造船業者の「グライヴォロン」黒海艦隊への引き渡しは、国家契約期限に沿って2020年末までに計画されている。

今年4月、小型ロケット艦「グライヴォロン」は、工場岸壁での艤装の為に進水した。
現在、艦は主要機械の設置を完了し、居住保障システム、制御システムの取り付け作業が行なわれており、工場試運転チームは、係留試験プログラムの実行へ着手している。
プロジェクト21631小型ロケット艦株式会社『ゼレノドリスク計画設計局』により開発された多目的艦である。
それは、最新の風貌の砲、ミサイル、対水中工作、高射、電波工学兵装を装備する。

株式会社『A.M.ゴーリキー記念ゼレノドリスク造船工場』は、株式会社『造船営団アク・バルス』の一員であり、2010年に同プロジェクト艦の建造を開始した。
現在、同プロジェクト艦8隻~トップの「グラード・スヴィヤージスク」、生産艦「ウグリーチ」、「ヴェリキー・ウスチュグ」、「ゼリョヌイ・ドル」、「セルプホフ」、「ヴイシニー・ヴォロチョーク」、「オレホヴォ・ズエヴォ」、「イングシェチア」が既にロシア海軍の一員として勤務へ就いている。
更に3隻の同プロジェクト~「グラード」、「ナロ・フォミンスク」、「スタヴロポリ」の建造が進められている。

プロジェクト21631小型ロケット艦は、現代のロシア海軍で最も多数のシリーズである事は注目される。
プロジェクト21631艦は、以前にシリア・アラブ共和国テロリストの施設へ打撃を与える為に海軍部隊の一員として行動し、その有効性を示した。



19-0222a.jpg
プロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦の9番艦「グライヴォロン」は、ロシア内陸部ゼレノドリスク『A.M.ゴーリキー記念ゼレノドリスク造船工場』で2015年4月10日に起工されました。
[ロシア海軍の小型ロケット艦グライヴォロンは2015年4月10日に起工される]

2020年3月下旬までに黒海艦隊から乗組員が集められました。
[ロシア海軍黒海艦隊はブヤン-M級小型ロケット艦グライヴォロンとカラクルト級小型ロケット艦ツィクロンの乗組員を編成した]

2020年4月に進水しました。

2020年6月10日に造船所の岸壁で係留試験を開始しました。

今後、「グライヴォロン」ノヴォロシースクへ回航され、黒海で洋上試験を行ないます。

「グライヴォロン」は2020年12月末までにロシア海軍へ就役し、黒海艦隊へ編入されます。

「グライヴォロン」以降の3隻の21631小型ロケット艦(「グラード」、「ナロ・フォミンスク」、「スタヴロポリ」)黒海艦隊へ編入されます。
[ゼレノドリスク造船所はロシア海軍黒海艦隊の為に4隻の小型ロケット艦と4隻の哨戒艦を建造する]
スポンサーサイト



ロシア海軍黒海艦隊の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海で多用途複座戦闘機Su-30SMと『対決』した

20-0526b.jpg
20-0526a.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア黒海地域情報供給部(セヴァストーポリ市)発表
2020年5月26日8時30分配信
【小型ロケット艦「イングシェチア」乗組員は黒海エリアで対空防衛演習を実施した】

黒海艦隊小型ロケット艦「イングシェチア」乗組員は、黒海エリアで対空防衛演習を実施した。

演習は、黒海艦隊海洋襲撃機航空連隊に所属する多目的戦闘機Su-30SMのペアの提供により行なわれた。

演習計画下で仮想敵の役割を演じる航空機は、艦へミサイル打撃を与えなければならず、小型ロケット艦の乗組員は、空中からの脅威を撃退し、破壊しなければならなかった。

活動中に小型ロケット艦「イングシェチア」の対空防衛戦闘班は、空中の脅威を探知し、乗組員は電波電子戦闘手段を使用してパッシブ妨害を設定したが、Su-30SM乗員は、艦へ航空打撃を与える試みを続けた。

照準手段のデータを利用して艦のミサイル-砲戦闘班は、目標のコースを追跡し、ミサイル及び砲兵装を用いる事により、敵航空機を仮想破壊した。

演習は、艦隊戦力の戦闘訓練計画に沿って黒海エリアで実施された。



プロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦の8番艦「イングシェチア」は、ゼレノドリスク『ゴーリキー記念ゼレノドリスク造船工場』で2014年8月29日に起工されました。
19-0611g.jpg

それから約5年経った2019年6月11日に進水しました。


[ロシア海軍の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは進水した]

2019年8月中旬、ロシア内陸水路経由でゼレノドリスクから黒海沿岸へ回航されました。
[ロシア海軍の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは黒海へ回航された]
19-0822c.jpg
19-0822d.jpg

9月30日、「イングシェチア」ノヴォロシースク海軍基地から出航し、黒海で洋上試験を開始しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは黒海で洋上試験を開始した]

10月25日にはセヴァストーポリへ到着しました。
19-1030d.jpg

その後、同港を出港し、10月28日には黒海艦隊多用途複座戦闘機Su-30SMを「敵役」に見立てた対空戦闘訓練を行ないました。
[ロシア海軍の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海艦隊の戦闘機Su-30SMと対空戦闘訓練を実施した]

11月12日には有翼ミサイル「カリブル」及び100mm砲の発射試験を行ないました。
[ロシア海軍の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海で巡航ミサイル及び砲の発射試験を行なった]

12月3日にも砲撃試験を行ないました。
[ロシア海軍の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海で砲撃試験を行なった]

「イングシェチア」の洋上試験は12月23日までに完了しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の為の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海での洋上試験を完了した]

2019年12月28日に聖アンドレイ旗初掲揚式典を開催して正式にロシア海軍へ就役し、黒海艦隊へ編入されました。

[最新鋭小型ロケット艦イングシェチアはロシア海軍へ就役し、黒海艦隊へ編入された]

就役後は、黒海で乗組員の慣熟訓練を行なっています。

2020年4月28日には、黒海艦隊ロケット艇2隻と共に対艦ミサイルの仮想発射訓練を行ないました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア黒海地域情報供給部(セヴァストーポリ市)発表
2020年4月28日9時38分配信
【黒海艦隊は仮想敵への組み合わせミサイル攻撃演習を実施した】

2020年05月9日の大祖国戦争(1941年6月22日のナチスドイツ軍によるソ連侵攻開始から1945年5月9日のベルリン占領までのソ連-ドイツ戦争ロシア側公式呼称)勝利75周年記念日には、黒海沿岸のヤルタで記念行事へ参加しました。



多用途複座戦闘機Su-30SMは、2014年7月から黒海艦隊海上航空隊第43独立海洋襲撃機航空連隊への配備が始まり、2016年12月には1個飛行隊(12機)が揃いました。
[ロシア海軍黒海艦隊航空隊で多用途複座戦闘機Su-30SMの1個飛行隊が完全に形成された]

2020年5月26日、「イングシェチア」黒海で防空演習を行ない、2機のSu-30SM「敵役」を務めました。

ロシア海軍のブヤン-M小型ロケット艦はスマート機雷を搭載する

20-0318e.jpg
『イズベスチヤ』より
2020年3月16日15時56分配信
【賢い機雷:小型艦は知的な弾丸を得る】

小型ロケット艦「ブヤン-M」は、ユニークな能力を得る。
その兵装構成には、海洋機雷ロボットが加わる。
賢い弾丸は独力で「自分」「他者」を区別し、航行手段を識別する。
その後でのみ、同定された目標を撃破する。
今、「ブヤン」の主要打撃力は有翼ミサイル「カリブル」であるが、個々の海域へ機雷を配置する事により敵の船舶航行をブロックできるようになる。

「大型の為の小型」
プロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦
は、機雷ロボットを使用する為に再装備すると国防省の情報提供者は『イズベスチヤ』へ話した。
艦は既に新たな弾丸で最初の演習を行なっている。

当初、この小型ロケット艦は、沿岸ゾーンの保護及び防護の為に開発された。
しかしカスピ海及び地中海エリアからシリアの目標へ「カリブル」を発射した事により、距離約1500キロメートルへ極めて正確にミサイル打撃を与える能力を示した。


機雷兵器は、敵にとってはより危険なものであると軍事専門家ドミトリー・ボルテンコフは考える。

「小型ロケット艦は、軍事活動舞台の枢要な地点の間の短い距離の内海で使う為には良いものです」
専門家は『イズベスチヤ』へ話した。
「まず初めに、黒海、バルト海、日本海について言えば、ブヤンはあまり目立たちませんが、同時に高い迅速さを持っております。
その軽快さは、島嶼、岩礁、湾の中へ紛れる事が出来ます。
必要なのは、必要な地点で迅速性を引き出し、敵の航行手段の航行或いは展開ルートへ(機雷を)運び、移動しながら敷設する事です。
他の重要な目標の中でも~戦略的な海峡に」


以前、小型ロケット艦は、艦上に機雷を持っていなかったが、国内軍事造船は、この種の兵器の使用の為の順応に絶えず努力していると情報提供者は指摘した。

今、「ブヤン-M」は、カスピ小艦隊、更にバルト艦隊黒海艦隊に加わっている。
更に数隻の小型ロケット艦が建造されている。

その主要兵装は有翼ミサイル「カリブル」と見られているが、今、海軍の為に極超音速ミサイル「ツィルコン」の小型ヴァージョンが開発されている。
これはマッハ5~10を発揮し、距離300~500キロメートルの目標を撃破できる。
その弾丸のスピードは、敵の対空防衛手段にとっては実質的に傷つけ難いものである。

これに加え、小型ロケット艦は、地上偵察-打撃及び偵察-火力回路に含まれる。
これは「ブヤン」を汎用打撃プラットフォームとし、地上部隊との綿密な連絡での行動が可能となる。

この場合、全ての必要な情報は、偵察・制御・通信複合体「射手」を通じて艦上へ転送される。
これは、最大限簡単に行動する:戦闘員は海岸の測量板で充分に目標指示が出来、砲あるいはミサイル打撃の砲火を呼び出す。

[パスポートによる識別]
新たな風貌の海洋機雷は、グループか、あるいは互いに離れて設置できる。
特殊アルゴリズムによりエレクトロニクスは、航行手段のタイプを特定し、「自分」「他者」を区別できる。
目標の同定の為のプログラムは、防衛側の艦の音響の特徴のインプットを保障する。

この特異な「パスポート」は、攻撃ゾーンに居る航行手段の確実な理解の高度な共有を助ける。
その結果、完全に安全に機雷源を移動し、敵は攻撃され、撃破される。

加えて海軍は今、機雷源使用の為の概念を開発している。
「賢い」弾丸の出現のお陰で、小型ロケット艦は知的な機雷源を設置する。
今、指定海域で対艦機雷「整列」自動モードでの戦闘手順が可能となる。
この為にそれは特殊センサーを装備し、その助力で指令制御ブロックは個々の目標へ接続できる。
このようなアプローチは、弾薬の間に目標を正しく配置し、一番価値のあるものを選択する事を可能にする。

この場合、各々の弾丸へ、明確な任務を与える事が出来る。
例えば、戦闘車両を移送する揚陸艦のみを、砂浜に穴を掘る事無く破壊する。
グループ攻撃において、それは、最初に行って機雷を探す小さな掃海艇を無視し、より大きな火力支援航行手段を爆破できる。
このような機雷の搭載は、更に、潜水艦、海上航空隊、戦術航空隊、戦略航空隊でも可能である。

新たな機雷の作成と、現代的な技術の導入により、敵の艦及び潜水艦に対処する艦隊の戦闘能力は著しく向上すると北方艦隊原子力潜水艦K-241の元艦長でロシア英雄フセヴォロド・フムイロフ少将は考える。

「機雷は、最も危険な種類の武器の1つです。
それは水上艦と水中艦を脅かします。
大祖国戦争中、ドイツ人は実際にクロンシュタットのバルト艦隊を封鎖し、その周辺海域を『つみれのスープ』に変えました」

彼は『イズベスチヤ』へ話した。
「そして、機雷から発せられる危険性は、増えるのみです。
新たな弾丸は、より現代的な弱体化システムを受け取り、磁気及び音響、更には他の物理的原理で作動する起爆装置を装備しています」


「敷設の限界範囲も変わりました。
特に、機雷は、飛行機の助力により設置できます。
ですが最も重要なのは、それは事実上魚雷へと変わり、自身で目標を見つける事です」

専門家は指摘した。

現在、機雷兵器は積極的に発展している。
アメリカ合衆国海軍は最近、Mk.65弾の近代化を行なった。
クイックストライク航空機雷ファミリーの改善作業が進められている。
それはGPS信号による進路修正誘導システムが設置され、高高度及び目標~数十キロメートル離れた場所から弾丸を投下できる。
アメリカ合衆国海軍の弾薬庫にある海洋機雷の正確な数は、公式には明らかにされていない。
しかしながら、様々な推測によれば、その数は10000個に達するかもしれない。



プロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦は、これまでに12隻が起工され、この内の8隻がロシア海軍へ引き渡されています。
全てロシア内陸部ゼレノドリスク『A.M.ゴーリキー記念ゼレノドリスク造船工場』で建造されています。
19-0222a.jpg
建造番号631「グラード・スヴィヤージスク」Град Свияжск
2010年8月27日起工/2013年3月9日進水/2014年7月27日就役
カスピ小艦隊へ配備

建造番号632「ウグリーチ」Углич
2011年7月22日起工/2013年4月10日進水/2014年7月27日就役
カスピ小艦隊へ配備

建造番号633「ヴェリキー・ウスチュグ」Великий Устюг
2011年8月27日起工/2014年5月21日進水/2014年11月18日納入/2014年12月19日就役
カスピ小艦隊へ配備

建造番号634「ゼリョヌイ・ドル」Зелёный Дол
2012年8月29日起工/2015年4月2日進水/2015年12月12日就役
黒海艦隊へ配備/2016年10月にバルト艦隊へ転属

建造番号635「セルプホフ」Серпухов
2013年1月25日起工/2015年4月3日進水/2015年12月12日就役
黒海艦隊へ配備/2016年10月にバルト艦隊へ転属

建造番号636「ヴイシニー・ヴォロチョーク」Вышний Волочек
2013年8月29日起工/2016年8月22日進水/2018年5月25日納入/2018年6月1日就役
黒海艦隊へ配備

建造番号637「オレホヴォ・ズエヴォ」Орехово-Зуево
2014年5月29日起工/2018年7月18日進水/2018年12月10日就役
黒海艦隊へ配備

建造番号638「イングシェチア」Ингушетия
2014年8月29日起工/2019年6月11日進水/2019年12月28日就役
黒海艦隊へ配備

建造番号639「グライヴォロン」Грайворон
2015年4月10日起工/2020年就役予定
黒海艦隊へ配備予定

建造番号640「グラード」Град
2017年4月24日起工/2021年就役予定
黒海艦隊へ配備予定

建造番号641「ナロ・フォミンスク」Наро-Фоминск
2018年2月23日起工/2022年就役予定
黒海艦隊へ配備予定

建造番号642「スタヴロポリ」Ставрополь
2018年7月12日起工/2023年就役予定

黒海艦隊へ配備予定

プロジェクト21631は12番艦までの建造が計画されており、この内の10~12番艦の建造契約は2016年9月に締結されました。
[ロシア海軍の為のブヤン-M小型ロケット艦3隻(10-12番艦)の建造契約が締結された]


プロジェクト21631の主要兵装は、有翼ミサイル複合体「カリブル」です。
「カリブル」には、対艦攻撃型(最大射程375km)と対地攻撃型(最大射程2500km)が有ります。
21631-kalibr.jpg
[打撃巡航ミサイル「カリブル」]

従来の小型ロケット艦は対艦攻撃のみに特化していましたが、「ブヤン-M」は対地攻撃用の有翼ミサイルを搭載する事により、地上への戦力投射にも使用できるようになりました。
19-0709a.jpg

「ブヤン-M」の1~5番艦はドイツMTU社製ディーゼルエンジンを装備し、6番艦「ヴイシニー・ヴォロチョーク」以降は、ドイツ製ディーゼルをライセンス生産した中国製ディーゼルエンジンを装備していますが、これらの艦のエンジンも、将来的にはロシア国内で製造されるディーゼルエンジンに換装される事になるようです。
[ロシア海軍のブヤン-M小型ロケット艦はロシア製エンジンへ換装する]

「ブヤン-M」は、今後の電子機器や対空兵器の更新が計画されています。
[ロシア海軍のプロジェクト21631ブヤン-M小型ロケット艦は電子機器と対空兵器を更新する近代化が計画されている]

更に、新型のスマート機雷を搭載して機雷敷設任務にも使う事が考えられているようです。

最新鋭小型ロケット艦イングシェチアはロシア海軍へ就役し、黒海艦隊へ編入された

2019年12月28日、プロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦の8番艦「イングシェチア」はロシア連邦海軍へ就役しました。

『タス通信』より
【黒海艦隊へ新たな「カリブル」装備艦が受け入れられた】
セヴァストーポリ、12月28日/タス通信

小型ロケット艦の8番艦「イングシェチア」は、土曜日に黒海艦隊へ受け入れられた。
『タス通信』特派員は伝えた。

艦において、聖アンドレイ旗が厳かに掲揚された。
式典は、黒海艦隊司令官イーゴリ・オシポフの主催下で開催され、それには更にロシア連邦国防次官ユヌス=ベク・イェフクロフ、セヴァストーポリ及びイングーシ共和国、そして更に製造工場の代表が出席した。

式典でイーゴリ・オシポフが指摘したように、近い内にアレクサンドル・イェルモレンコ3等海佐が率いる艦の乗組員には、錬成任務への取り組みと常設即応部隊への加入が待ち受けている。
「大祖国戦争勝利75周年を祝う年に、意図された任務の遂行の準備は完全に整う事が保証されます。
小型ロケット艦イングシェチア乗組員は、与えられた任務へ高いクオリティで対処し、我が国の安全保障に貢献するであろう事を確信しております」

司令官は指摘した。

イェフクロフは、このクラスの艦は、その有効性を示し、目下の課題は「ミサイル"カリブル"及び"ツィルコン"を装備する戦闘艦の隻数の増大」であると付け加えた。
「『小型』(艦)と呼ばれているにも関わらず、重要な兵装を有しており、その同型艦は、シリア・アラブ共和国での使用を含め、戦闘動作性が確認されました」
イェフクロフ
は話した。

[「イングシェチア」について]
2019年には合計で6隻の艦艇が黒海艦隊へ受け入れられ、2020年には、更なる16隻の艦船が艦隊へ受け入れられる予定である。
その結果、艦隊における現代的な戦闘艦及び支援船の割合は70パーセントに達する。

小型ロケット艦「イングシェチア」黒海艦隊の為に建造され、近代化されたプロジェクト21631「ブヤン-M」シリーズの8隻目となる。
それは6月に進水し、現在、試験を成功裏に実行している。

同プロジェクトの艦は、海上及び沿岸目標の攻撃の為に意図されている高精度汎用ミサイル複合体「カリブル-NK」含む最新の風貌の砲、ミサイル、対水中工作、高射、電波工学兵装で武装している。
プロジェクト「ブヤン-M」の用途は、国家経済ゾーンの保護及び防護である。



プロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦の8番艦「イングシェチア」は、ゼレノドリスク『ゴーリキー記念ゼレノドリスク造船工場』で2014年8月29日に起工されました。
19-0611g.jpg

それから約5年経った2019年6月11日に進水しました。


[ロシア海軍の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは進水した]

2019年8月中旬、ロシア内陸水路経由でゼレノドリスクから黒海沿岸へ回航されました。
[ロシア海軍の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは黒海へ回航された]
19-0822c.jpg
19-0822d.jpg

9月30日、「イングシェチア」ノヴォロシースク海軍基地から出航し、黒海で洋上試験を開始しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは黒海で洋上試験を開始した]

10月25日にはセヴァストーポリへ到着しました。
19-1030d.jpg

その後、同港を出港し、10月28日には黒海艦隊多用途複座戦闘機Su-30SMを「敵役」に見立てた対空戦闘訓練を行ないました。
[ロシア海軍の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海艦隊の戦闘機Su-30SMと対空戦闘訓練を実施した]

11月12日には有翼ミサイル「カリブル」及び100mm砲の発射試験を行ないました。
[ロシア海軍の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海で巡航ミサイル及び砲の発射試験を行なった]

12月3日にも砲撃試験を行ないました。
[ロシア海軍の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海で砲撃試験を行なった]

「イングシェチア」の洋上試験は12月23日までに完了しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の為の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海での洋上試験を完了した]

「イングシェチア」は、2019年12月28日に聖アンドレイ旗初掲揚式典を開催して正式にロシア海軍へ就役し、黒海艦隊へ編入されました。


黒海艦隊には、既に2隻の「ブヤン-M」小型ロケット艦が配備されています。

「ヴイシニー・ヴォロチョーク」(2018年6月1日就役)
19-1223d.jpg
[プロジェクト21631小型ロケット艦の6番艦ヴイシニー・ヴォロチョークはロシア海軍へ就役し、黒海艦隊へ編入された]

「オレホヴォ・ズエヴォ」(2018年12月10日就役)
19-1223e.jpg
[プロジェクト21631小型ロケット艦の7番艦オレホヴォ・ズエヴォはロシア海軍へ就役し、黒海艦隊へ編入された]

ロシア海軍黒海艦隊の為の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海での洋上試験を完了した

19-1223c.jpg
『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2019年12月23日10時36分配信
【新たな「カリブル」搭載艦の国家試験は完了した-黒海艦隊】
モスクワ、12月23日、インタファクス

新たな小型ロケット艦「イングシェチア」の国家試験は完了し、艦は今週に艦隊へ引き渡される。
黒海艦隊広報サービスは発表した。

「黒海艦隊の新たな小型ロケット艦イングシェチア乗組員は、国家試験を成功裏に完了しました」
声明では、こう述べられた。

「船員は、海上、空中、沿岸目標への砲複合体からの射撃と、ミサイル複合体の発射管からのミサイル"カリブル"の模型の試験発射を実施しました」
艦隊
は伝えた。

試験の過程で、艦の兵装の動作に問題点は出てこなかったことが指摘された。
「更に、艦の動力装置、操舵装置、補助機械、通信装置、航法システム及び他の機器システムの動作、様々な航行モードでの艦の航行性能、その制御性、安定性、慣性特性が点検されました」
声明では、こう述べられた。

以前、ロシア連邦国防省は、小型ロケット艦「イングシェチア」黒海艦隊への引き渡しは12月26~27日に計画されていると発表した。
その式典はセヴァストーポリで開催される。

「イングシェチア」は、「河川-海」クラスの多目的艦であり、最新の風貌の砲、ミサイル、対水中工作、高射、電波工学兵装を装備する。
カスピ海及び黒海エリアでの使用を考慮に入れ、ロシア海軍の為に特別に設計された。

小型ロケット艦「イングシェチア」は、黒海艦隊の為に建造された。
これは、近代化された「ブヤン」シリーズの8番目である。

「同プロジェクトの艦は、最新の長距離高精度ミサイル兵器~汎用ミサイル複合体カリブル-NKを装備しております。
小型ロケット艦は、カスピ海及び地中海エリアからシリア・アラブ共和国のテロリスト施設へ実戦使用され、遠海ゾーンにおける活動時の効果性及び広範囲の戦闘能力が示されました」

声明では、こう述べられた。



プロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦の8番艦「イングシェチア」は、ゼレノドリスク『ゴーリキー記念ゼレノドリスク造船工場』で2014年8月29日に起工されました。
19-0611g.jpg

それから約5年経った2019年6月11日に進水しました。


[ロシア海軍の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは進水した]

2019年8月中旬、ロシア内陸水路経由でゼレノドリスクから黒海沿岸へ回航されました。
[ロシア海軍の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは黒海へ回航された]
19-0822c.jpg
19-0822d.jpg

9月30日、「イングシェチア」ノヴォロシースク海軍基地から出航し、黒海で洋上試験を開始しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは黒海で洋上試験を開始した]

10月25日にはセヴァストーポリへ到着しました。
19-1030d.jpg

その後、同港を出港し、10月28日には黒海艦隊多用途複座戦闘機Su-30SMを「敵役」に見立てた対空戦闘訓練を行ないました。
[ロシア海軍の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海艦隊の戦闘機Su-30SMと対空戦闘訓練を実施した]

11月12日には有翼ミサイル「カリブル」及び100mm砲の発射試験を行ないました。
[ロシア海軍の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海で巡航ミサイル及び砲の発射試験を行なった]

12月3日にも砲撃試験を行ないました。
[ロシア海軍の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海で砲撃試験を行なった]

「イングシェチア」の洋上試験は12月23日までに完了しました。

「イングシェチア」は、2019年12月26日~27日頃にロシア海軍への引き渡しが予定されており、引き渡し後は黒海艦隊へ編入されます。


黒海艦隊には、既に2隻の「ブヤン-M」小型ロケット艦が配備されています。

「ヴイシニー・ヴォロチョーク」(2018年6月1日就役)
19-1223d.jpg
[プロジェクト21631小型ロケット艦の6番艦ヴイシニー・ヴォロチョークはロシア海軍へ就役し、黒海艦隊へ編入された]

「オレホヴォ・ズエヴォ」(2018年12月10日就役)
19-1223e.jpg
[プロジェクト21631小型ロケット艦の7番艦オレホヴォ・ズエヴォはロシア海軍へ就役し、黒海艦隊へ編入された]

ロシア海軍の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海で砲撃試験を行なった

19-1203a.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア黒海地域情報供給部(セヴァストーポリ市)発表
2019年12月3日9時15分配信
【最新の小型ロケット艦「イングシェチア」は黒海での国家試験中に砲射撃を成功裏に実施した】

最新の小型ロケット艦「イングシェチア」乗組員は、黒海艦隊の海上射爆場において、砲射撃の実行を伴う砲複合体の試験を成功裏に実施した。

砲射撃は、艦が黒海艦隊の戦闘編制へ加わる前の国家試験の枠組みで実施された。

これに加え、現実の条件で艦砲を使用する射撃中に、艦内設備、艦制御システム、艦載兵装の同調及び調整が行なわれた。

更に小型ロケット艦「イングシェチア」乗組員は、黒海艦隊海上航空隊航空機Su-30SM乗員と合同で、艦の対空防衛システムの点検を実施した。

[参照]
小型ロケット艦「イングシェチア」
は、最新の風貌の砲、ミサイル、対水中工作、高射、電波工学兵装を装備する多目的艦である。

黒海艦隊の為に建造される小型ロケット艦「イングシェチア」は、近代化された「ブヤン-M」シリーズの8番艦である。
同プロジェクト艦は増大した排水量を有し、海上および沿岸目標の撃破の為に意図されている長距離最新高精度ミサイル兵器汎用ミサイル複合体「カリブル」を装備する。
プロジェクト「ブヤン-M」の用途は、国家経済ゾーンの保護及び防護である。
艦の黒海艦隊への受け入れは、2019年12月末に計画されている。



プロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦の8番艦「イングシェチア」は、ゼレノドリスク『ゴーリキー記念ゼレノドリスク造船工場』で2014年8月29日に起工されました。
19-0611g.jpg

それから約5年経った2019年6月11日に進水しました。


[ロシア海軍の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは進水した]

2019年8月中旬、ロシア内陸水路経由でゼレノドリスクから黒海沿岸へ回航されました。
[ロシア海軍の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは黒海へ回航された]
19-0822c.jpg
19-0822d.jpg

9月30日、「イングシェチア」ノヴォロシースク海軍基地から出航し、黒海で洋上試験を開始しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは黒海で洋上試験を開始した]

10月25日にはセヴァストーポリへ到着しました。
19-1030d.jpg

その後、同港を出港し、10月28日には黒海艦隊多用途複座戦闘機Su-30SMを「敵役」に見立てた対空戦闘訓練を行ないました。
[ロシア海軍の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海艦隊の戦闘機Su-30SMと対空戦闘訓練を実施した]

11月12日には有翼ミサイル「カリブル」及び100mm砲の発射試験を行ないました。
[ロシア海軍の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海で巡航ミサイル及び砲の発射試験を行なった]

12月3日にも砲撃試験を行ないました。

「イングシェチア」は、2019年12月末にロシア海軍への引き渡しが予定されており、引き渡し後は黒海艦隊へ編入されます。

ロシア海軍の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海で巡航ミサイル及び砲の発射試験を行なった

19-1112e.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2019年11月12日13時49分配信
【小型ロケット艦「イングシェチア」乗組員はミサイル複合体「カリブル」及び砲複合体の試験を成功裏に実施した】

最新の小型ロケット艦「イングシェチア」乗組員は、黒海エリアにおいてミサイル複合体「カリブル」及び砲複合体の試験を成功裏に実施した。

試験は、工場航行試験計画の枠組みで実施された。

艦の兵装の点検中、ミサイル複合体発射筒からのミサイル「カリブル」の模擬弾の試験発射が行なわれ、更には仮想海上および沿岸目標への砲射撃が行なわれた。

試験の結果、艦の兵装の動作に不具合は現れなかった。

以前、「イングシェチア」乗組員は、動力装置、操舵装置、補助機械、通信装置、航法システム及び他の艦載兵装システムの動作、更には様々な航行モードでの艦の航海性能、安定性及び慣性特性を点検した。

工場航行試験は、標準乗組員が造船工場の代表と共に実施し、艦の建造プロセス完了における重要な段階の1つである。
その目的は、建造された艦の基礎特性、全ての艦載装置、機構、機器が意図された技術的条件に沿っているか同課の点検である。

[参照]
小型ロケット艦「イングシェチア」
は、最新の風貌の砲、ミサイル、対水中工作、高射、電波工学兵装を装備する多目的艦である。

黒海艦隊の為に建造される小型ロケット艦「イングシェチア」は、近代化された「ブヤン-M」シリーズの8番艦である。
同プロジェクト艦は増大した排水量を有し、海上および沿岸目標の撃破の為に意図されている長距離最新高精度ミサイル兵器汎用ミサイル複合体「カリブル」を装備する。
プロジェクト「ブヤン-M」の用途は、国家経済ゾーンの保護及び防護である。



プロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦の8番艦「イングシェチア」は、ゼレノドリスク『ゴーリキー記念ゼレノドリスク造船工場』で2014年8月29日に起工されました。
19-0611g.jpg

それから約5年経った2019年6月11日に進水しました。


[ロシア海軍の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは進水した]

2019年8月中旬、ロシア内陸水路経由でゼレノドリスクから黒海沿岸へ回航されました。
[ロシア海軍の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは黒海へ回航された]
19-0822c.jpg
19-0822d.jpg

9月30日、「イングシェチア」ノヴォロシースク海軍基地から出航し、黒海で洋上試験を開始しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは黒海で洋上試験を開始した]

10月25日にはセヴァストーポリへ到着しました。
19-1030d.jpg

その後、同港を出港し、10月28日には黒海艦隊多用途複座戦闘機Su-30SMを「敵役」に見立てた対空戦闘訓練を行ないました。
[ロシア海軍の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海艦隊の戦闘機Su-30SMと対空戦闘訓練を実施した]

11月12日には有翼ミサイル「カリブル」及び100mm砲の発射試験を行ないました。

「イングシェチア」は、2019年末までにロシア海軍への引き渡しが予定されており、引き渡し後は黒海艦隊へ編入されます。

ロシア海軍の最新鋭小型ロケット艦イングシェチアは黒海艦隊の戦闘機Su-30SMと対空戦闘訓練を実施した

19-1030c.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2019年10月28日12時29分配信
【黒海艦隊海上航空隊のSu-30SMは、工場航行試験中の新たな小型ロケット艦「イングシェチア」と訓練を実施した】

黒海艦隊海上航空隊多目的戦闘機Su-30SM乗員は、工場航行試験の枠組みで小型ロケット艦「イングシェチア」乗組員と訓練を実施した。

工場航行試験中、航空機乗員は、艦の空中目標探知システムの点検の為、艦を仮想爆撃する戦闘進路への進入を行なった。

小型ロケット艦「イングシェチア」の対空防衛班は、空中攻撃手段に対する任務~空中目標の探知、コースの追跡、仮想撃破~を遂行した。

小型ロケット艦「イングシェチア」乗組員とSu-30SMの演習は、新たな艦の工場航行試験実施計画の一部として初めて行なわれた。

[参照]
小型ロケット艦「イングシェチア」
は、最新の風貌の砲、ミサイル、対水中工作、高射、電波工学兵装を装備する多目的艦である。

黒海艦隊の為に建造される小型ロケット艦「イングシェチア」は、近代化された「ブヤン-M」シリーズの8番艦である。
同プロジェクト艦は増大した排水量を有し、海上および沿岸目標の撃破の為に意図されている長距離最新高精度ミサイル兵器汎用ミサイル複合体「カリブル」を装備する。
プロジェクト「ブヤン-M」の用途は、国家経済ゾーンの保護及び防護である。



プロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦の8番艦「イングシェチア」は、ゼレノドリスク『ゴーリキー記念ゼレノドリスク造船工場』で2014年8月29日に起工されました。
19-0611g.jpg

それから約5年経った2019年6月11日に進水しました。


[ロシア海軍の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは進水した]

2019年8月中旬、ロシア内陸水路経由でゼレノドリスクから黒海沿岸へ回航されました。
[ロシア海軍の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは黒海へ回航された]
19-0822c.jpg
19-0822d.jpg

9月30日、「イングシェチア」ノヴォロシースク海軍基地から出航し、黒海で洋上試験を開始しました。
[ロシア海軍黒海艦隊の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは黒海で洋上試験を開始した]

10月25日にはセヴァストーポリへ到着しました。
19-1030d.jpg

その後、同港を出港し、10月28日には黒海艦隊多用途複座戦闘機Su-30SMを「敵役」に見立てた対空戦闘訓練を行ないました。

「イングシェチア」は、2019年末までにロシア海軍への引き渡しが予定されており、引き渡し後は黒海艦隊へ編入されます。

ロシア海軍黒海艦隊の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは黒海で洋上試験を開始した

19-0930d.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2019年9月30日11時9分配信
【黒海でミサイル「カリブル」搭載艦「イングシェチア」の試験が始まった】
モスクワ、9月30日-ロシア通信社ノーボスチ

最新の小型ロケット艦「イングシェチア」は、黒海で試験へ着手した。
月曜日、黒海艦隊情報供給部長アレクセイ・ルリョフ2等海佐は発表した。

「最新の小型ロケット艦イングシェチアの乗組員はノヴォロシースクから出航し、工場航行試験の実施へ着手しました。
艦の乗組員にとって、これは、建造及び進水後の初の自力航行となります」

彼は話した。

ルリョフは、試験中に「イングシェチア」乗組員は、動力装置、操舵装置、補助機械、通信装置、航法システム及び他のシステム、艦載機器及び兵器の信頼性を点検すると説明した。

黒海艦隊の為に建造される小型ロケット艦「イングシェチア」は、近代化された「ブヤン-M」シリーズの8番艦である。
同プロジェクト艦は増大した排水量を有し、海上および沿岸目標の撃破の為に意図されている長距離最新高精度ミサイル兵器汎用ミサイル複合体「カリブル」を装備する。
プロジェクト「ブヤン-M」の用途は、国家経済ゾーンの保護及び防護である。



プロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦の8番艦「イングシェチア」は、ゼレノドリスク『ゴーリキー記念ゼレノドリスク造船工場』で2014年8月29日に起工されました。
19-0611g.jpg

それから約5年経った2019年6月11日に進水しました。


[ロシア海軍の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは進水した]

2019年8月中旬、ロシア内陸水路経由でゼレノドリスクから黒海沿岸へ回航されました。
[ロシア海軍の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは黒海へ回航された]
19-0822c.jpg
19-0822d.jpg

9月30日、「イングシェチア」ノヴォロシースク海軍基地から出航し、黒海で洋上試験を開始しました。

「イングシェチア」は、2019年末までにロシア海軍への引き渡しが予定されており、引き渡し後は黒海艦隊へ編入されます。

ロシア海軍の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは黒海へ回航された

19-0822b.jpg
『Mil.Press FLOT』(フロートコム)より
2019年8月22日11時48分配信
【小型ロケット艦「イングシェチア」は試験の為に黒海艦隊へ回航された】

『ゴーリキー記念ゼレノドリスク造船工場』で建造されたプロジェクト21631(コード名「ブヤン-M」)小型ロケット艦「イングシェチア」は、艤装及び試験実施の為、黒海へ回航された。
8月22日・木曜日に『軍事展望』が伝えたように、小型ロケット艦は2019年末までに黒海艦隊への編入が計画されている。


「イングシェチア」は、プロジェクト21631艦シリーズの8番目である。
それは2014年8月にゼレノドリスク工場で起工され、2019年6月に進水した。

当初、同艦は2018年10月の就役が計画されていたが、プロジェクト21631小型ロケット艦「ヴイシニー・ヴォロチョーク」及び「オレホヴォ・ズエヴォ」の引き渡し時期が延期され、海軍への補充が2018年になったが故に、「イングシェチア」の建造完了も1年遅れる事になった。

プロジェクト21631(コード名「ブヤン-M」)小型ロケット艦は、多目的の「河川-海」クラスの艦である。
艦は、最新の長射程汎用ミサイル複合体「カリブル-NK」を含む最新の風貌の砲、ミサイル、対水中工作防衛、高射及び電波電子兵装を装備する。

プロジェクト21631小型ロケット艦の排水量は949トン、全長75メートル、幅11メートル。
最大速力25ノット。航続距離2500海里、自立航行期間10日。乗組員52名。



プロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦の8番艦「イングシェチア」は、ゼレノドリスク『ゴーリキー記念ゼレノドリスク造船工場』で2014年8月29日に起工されました。
19-0611g.jpg

それから約5年経った2019年6月11日に進水しました。


[ロシア海軍の為のブヤン-M小型ロケット艦8番艦イングシェチアは進水した]

2019年8月中旬、ロシア内陸水路経由でゼレノドリスクから黒海沿岸へ回航されました。
19-0822c.jpg
19-0822d.jpg

今後、「イングシェチア」黒海で洋上試験を行ないます。

「イングシェチア」は、2019年末までにロシア海軍への引き渡しが予定されており、引き渡し後は黒海艦隊へ編入されます。