ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグは太平洋艦隊司令官の座乗の下に海上での訓練を行なう

17-0306d.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2017年3月6日10時36分配信
【太平洋艦隊司令官は、ロケット巡洋艦「ワリャーグ」の海上での単独戦闘実行の準備状態を点検する】

太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」は、錬成任務K-2の要素へ取り組む上での指導-教授訓練の実行の為に出航した。

総合的な統制演習活動は、太平洋艦隊司令官セルゲイ・アヴャキャンツ大将により実行される。

艦隊の首脳、各部署と機構、更には旗艦の専門家は、隷下にある戦闘部門の専門家の任務への取り組みの為の様々な実施を監視する。

巡洋艦の乗組員は、仮想敵の空中攻撃手段からの攻撃の撃退、艦の防護の為の対潜及び対破壊工作の保障、仮想砲撃戦及び一連の演習~電波電子戦闘、核兵器・生物兵器・化学兵器の防護、生存の為の闘い(ダメージコントロール)及び他の複合活動を行なう。



ロシア太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」は、2015年11月2日にウラジオストクを出航してインドへ向かい、インド海軍との合同演習『インドラ ネイヴィー-2015』へ参加しました。
2016年1月初頭には地中海東部へ入り、シリア沖へ展開しました。

2016年6月には極東へ戻り、オホーツク海の演習へ参加した後、7月18日にウラジオストクへ帰港しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグは長期航海を終えてウラジオストクへ帰港した]

その後はウラジオストクで整備が行なわれていたようであり、2017年2月7日に戦闘訓練の為、出航しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグは海上戦闘訓練の為に出航した]

2月9日に対空戦闘訓練を行ないました。
この時、東方軍管区(おそらくは沿海地方第22戦闘機航空連隊)所属の戦闘機Su-35Sが仮想敵役を務めました。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグは戦闘機Su-35と対空戦闘訓練を行なった]

2月13日にはピョートル大帝湾で対地、対艦、対空砲撃訓練を実施しました。
17-0213a.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグはピョートル大帝湾で砲撃訓練を行なった]

その後、「ワリャーグ」は一旦ウラジオストクへ帰港したようですが、3月6日に再び訓練のために出航しました。

今回の訓練では、太平洋艦隊司令官セルゲイ・アヴァキャンツ提督や太平洋艦隊司令部要員も「ワリャーグ」へ同乗します。
スポンサーサイト

ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグはピョートル大帝湾で砲撃訓練を行なった

17-0213b.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2017年2月13日6時21分配信
【巡洋艦「ワリャーグ」は様々な目標への砲射撃を実施した】
ウラジオストク、2月13日-ロシア通信社ノーボスチ

太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」は、海上での第2錬成任務(K-2)への取り組みの枠組みにおいて、沿岸、海上、空中の目標への砲射撃を実施した。
東方軍管区下の太平洋艦隊広報サービス・情報供給部長ウラジーミル・マトヴェーエフは報道陣へ伝えた。

「艦隊の戦闘訓練計画に沿って、ピョートル大帝湾海域に位置する射爆場で同艦は、砲複合体AK-130とAK-630から、仮想敵の火砲拠点を模した沿岸目標、水上艦を模した曳航海上盾船、空中攻撃手段を模した発光航空爆弾SAB-250への複合砲射撃を成功裏に実施しました。
射撃は様々な距離で、困難な妨害環境の条件下で実施されました」
マトヴェーエフ
は述べた。

彼によると、射撃任務を遂行した後、「ワリャーグ」乗組員は、艦隊の海軍航空隊ヘリコプターKa-27と協同で対潜防衛の課題へ取り組み、一連の艦上演習~電波電子戦闘、放射線、化学、生物への防護、生存の為の闘い(ダメージコントロール)、その他を実施した。

錬成任務K-2は、その意図する目的へ使用する為の艦の訓練、つまり艦の組織的な戦闘使用、兵装の使用である。
その枠組みにおいて、意図された任務を海上で遂行する為の乗組員と各艦艇の部品の準備の度合い、更には、様々な作戦-戦術情勢での単独での戦闘遂行が評価される。



ロシア太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」は、2015年11月2日にウラジオストクを出航してインドへ向かい、インド海軍との合同演習『インドラ ネイヴィー-2015』へ参加しました。
2016年1月初頭には地中海東部へ入り、シリア沖へ展開しました。

2016年6月には極東へ戻り、オホーツク海の演習へ参加した後、7月18日にウラジオストクへ帰港しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグは長期航海を終えてウラジオストクへ帰港した]

その後はウラジオストクで整備が行なわれていたようであり、2017年2月7日に戦闘訓練の為、出航しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグは海上戦闘訓練の為に出航した]

2月9日に対空戦闘訓練を行ないました。
この時、東方軍管区(おそらくは沿海地方第22戦闘機航空連隊)所属の戦闘機Su-35Sが仮想敵役を務めました。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグは戦闘機Su-35と対空戦闘訓練を行なった]

そして2月13日にはピョートル大帝湾で対地、対艦、対空砲撃訓練を実施しました。
17-0213a.jpg

ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグは戦闘機Su-35と対空戦闘訓練を行なった

17-0209a.jpg
『タス通信』より
2017年2月9日4時42分配信
【太平洋艦隊旗艦「ワリャーグ」は成層圏の高速目標を模擬破壊した】
ウラジオストク、2月9日/タス通信特派員ナターリヤ・ニクーリナ

太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」は第2錬成任務へ取り組み、成層圏の高速目標を探知し、模擬破壊した。
『タス通信』東方軍管区下の太平洋艦隊広報サービス・情報供給部長ウラジーミル・マトヴェーエフ2等海佐より伝えられた。

「ウラジオストク付近のツェントラリナヤ・ウグロヴァヤ飛行場から飛来した戦闘機Su-35の2機編隊は、高射ミサイル複合体フォルト戦闘班に捕捉、追尾されました。
航空機は巡洋艦に対し、様々な方向から高度15km以上で同艦の火力攻撃ゾーンへの進入を試みる仮想敵の航空攻撃を模し、、高射ミサイル複合体フォルトの電子発射により模擬破壊されました」
マトヴェーエフ
は述べた。

また、「ワリャーグ」乗組員は、高射ミサイル複合体「オサー-MA」の空中目標への発射を行なった。

今後数日間、太平洋艦隊船員は、仮想敵の砲撃地点と水上艦を模した沿岸目標及び曳航海上盾への砲射撃を行なう。
射撃は、困難な妨害環境という条件下において、様々な距離で実施される。

射撃任務を実行した後、艦の乗組員は、艦隊の海軍航空隊ヘリコプターKa-27と協同で対潜防衛の課題へ取り組み、一連の艦上演習~電波電子戦闘、放射線、化学、生物への防護、生存の為の闘い(ダメージコントロール)、その他を実施する。

錬成任務K-2は、その意図する目的へ使用する為の艦の訓練、つまり艦の組織的な戦闘使用、兵装の使用である。
その枠組みにおいて、意図された任務を海上で遂行する為の乗組員と各艦艇の部品の準備の度合い、更には、様々な作戦-戦術情勢での単独での戦闘遂行が評価される。



ロシア太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」は、2015年11月2日にウラジオストクを出航してインドへ向かい、インド海軍との合同演習『インドラ ネイヴィー-2015』へ参加しました。
2016年1月初頭には地中海東部へ入り、シリア沖へ展開しました。

2016年6月には極東へ戻り、オホーツク海の演習へ参加した後、7月18日にウラジオストクへ帰港しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグは長期航海を終えてウラジオストクへ帰港した]

その後はウラジオストクで整備が行なわれていたようであり、2017年2月7日に戦闘訓練の為、出航しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグは海上戦闘訓練の為に出航した]

そして2月9日に対空戦闘訓練を行ないました。
この時、東方軍管区(おそらくは沿海地方第22戦闘機航空連隊)所属の戦闘機Su-35Sが仮想敵役を務めました。
17-0208e.jpg


なお、前日(2月8日)には大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」も対空戦闘訓練を行なっています。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・トリブツは戦闘機Su-35Sと対空戦闘訓練を行なった]

ロシア海軍黒海艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦モスクワは2018年からセヴェロドヴィンスクで近代化改装を始めるかもしれない

17-0207e.jpg
『イズベスチヤ』より
2017年2月7日0時1分配信
【「モスクワ」はセヴァストーポリから去る】

最も戦闘的な艦は修理のためにセヴェロドヴィンスクへ向かう。
17-0207f.jpg

黒海艦隊旗艦親衛ロケット巡洋艦「モスクワ」は、修理及び近代化の為、2018年にセヴァストーポリから去る。
作業は、セヴェロドヴィンスク艦船修理センター『ズヴェズドーチカ』で行なわれる。
超音速対艦ミサイル「ヴルカーン」高射ミサイルシステムS-300Fを装備する巡洋艦は、「空母キラー」の異名を持つ。
専門家の意見では、更新される黒海艦隊旗艦は、最新の対艦ミサイル「オーニクス」超精密(ミサイル)「カリブル」を得るだろう。

軍当局造船業界の複数の情報筋が『イズベスチヤ』へ話したように、巡洋艦の近代化に関する基本的決定は2018年に採択される。
しかし、契約を締結すべき『統合造船業営団』(ロシア)国防省は、技術的特性及び規模に関する合意へ未だ至っていない。
双方は、今年末までに、それが実現する事を見込んでいる。

親衛ロケット巡洋艦「モスクワ」は、プロジェクト1164「アトラント」のトップ艦である。
それは、「スラヴァ」という名前で1983年に運用へ入った。
1996年、親衛ロケット巡洋艦モスクワ政庁の後援を受け、巡洋艦「モスクワ」と改名された。
排水量11000トン、全長180メートル以上の艦は30ノット以上の速力を発揮する。

「モスクワ」の主砲は、16基の超音速ミサイルP-1000「ヴルカーン」である。
「ヴルカーン」は時速約3000kmの速度を発揮し、距離500km以上の水上目標を破壊する。
そして、高射システムS-300F「フォルト」「オサー-M」は、半径150kmの巡洋艦自身、更には他の艦と地上部隊を護る。

「モスクワ」は、ロシア海軍で最も戦闘的な艦である。
2008年の「8月戦争」中に親衛ロケット巡洋艦グルジア沿岸を封鎖した。
2015年11月25日にシリア爆撃機Su-24が撃墜された後、巡洋艦S-300Fシリア-トルコ境界線エリアをカバーした。
シリア作戦への参加により、巡洋艦ナヒーモフ勲章を授与された。

以前、(ロシア)国防省『統合造船業営団』は、同型の巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」を修復している。
実際には、作業は深刻な遅れを見せた。
艦は2011年に『ズヴェズドーチカ』へ向かった。
しかし、2015年第1クオーター(1-3月)に計画されていた「ウスチーノフ」の試験は、2016年末に延期された。
これにより作業費用は増加した。

艦船修理センターは、遅延について、当初の見積もりには明記されていなかった大量の作業が明らかになった為と説明した。
それ故に、修理(作業)量は3倍に増大した。
しかしながら、工場プロジェクト1164巡洋艦の修理の為のユニークな経験を得た。

「国防省が巡洋艦モスクワの修理をズヴェズドーチカへ割り当てる事を決定した場合、工場は、この艦を受け入れる用意が有ります」
株式会社・艦船修理センター『ズヴェズドーチカ』
公式代理人エフゲニー・グラジシェフ『イズベスチヤ』へ表明した。
「プロジェクト1164巡洋艦の修理の側面に関する多くの問題には、マルシャル・ウスチーノフで取り組んでおります。
文書の復元、協同企業との協力の再建、機器設備の製造。
特に、この巡洋艦の修理の経験は、ズヴェズドーチカにとっては最大のみならず、最も切実なものでした」


軍事史家ドミトリー・ボルテンコフが指摘したように、プロジェクト1164巡洋艦は、その特徴的なシルエットにより「野獣の歯を剥き出しにした社会主義」の異名を得たが、その兵装は徐々に旧式化している。

「複合体P-1000ヴルカーンは強力な兵装ですが、それは1987年に軍備採用されたものであり、既に新しいものでは無い事は明白です」
専門家は語った。
「主要ミサイル複合体は、より現代的なオーニクスと入れ換える事が予測できます。
更に、艦の構造を、ある程度作り直す事により、有翼ミサイル"カリブル"発射装置の配置が可能となります。
高射(ミサイル)S-300Fとオサー-Mが、より強力なシステムと入れ換えられる可能性は除外されないでしょう」

17-0207g.jpg



黒海艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦「モスクワ」(1983年1月30日就役)は、2015年には何度も長期航海を行なってます。
[ロシア海軍黒海艦隊の艦船は2015年に総計50万海里以上を航行した]

2015年1月1日の時点では、太平洋遠征(ニューギニア沖まで進出)から戻る途中であり、オマーンで新年を迎えました。
[ロケット巡洋艦モスクワ遠距離航海(2014年9月-2015年1月)]

2015年5月には中国海軍との合同演習『海洋協同-2015』へ参加しています。
[ロシア-中国海軍合同演習「海洋協同-2015」(2015年5月)]

2015年6月には、エジプト海軍との合同演習『友情の橋-2015』へ参加しました。
[合同演習『友情の橋-2015』を終えたロシア海軍とエジプト海軍の艦船はアレクサンドリアへ戻った]

2015年6月下旬から8月初頭まで大西洋へ進出し、アンゴラ赤道ギニアを訪問しています。
[ロシア黒海艦隊大西洋遠征(2015年6月-)]

2015年9月24日にセヴァストーポリを出航して地中海東部(シリア沖)へ向かい、2016年1月9日に帰港しました。
[ロシア海軍黒海艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦モスクワはシリアからセヴァストーポリへ帰港した]

2016年5月21日から7月16日までセヴァストーポリ第13艦船修理工場浮きドックへ入渠しました。
16-0723a.jpg

2016年7月22日、視察のためにセヴァストーポリを訪れたロシア連邦国防相セルゲイ・ショイグ上級大将によりナヒーモフ勲章が授与されました。
[ロシア海軍黒海艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦モスクワはナヒーモフ勲章を授与された]



「モスクワ」は、以前から近代化改装の話が何度も出ており、当初は2015年末から近代化改装を開始する予定でしたが、延期されています。
[スラヴァ級ロケット巡洋艦はセヴェロドヴィンスクで近代化される]
[ロシア海軍黒海艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦モスクワはセヴァストーポリで修理されるかもしれない]

一方、セヴェロドヴィンスクでは同型艦の「マルシャル・ウスチーノフ」の近代化改装が行なわれ、2016年12月末に完了しました。
[ロシア海軍のロケット巡洋艦マルシャル・ウスチーノフは近代化改装を終えて北方艦隊へ復帰した]


続いて「モスクワ」も近代化改装される事になりますが、現時点においては、2018年にセヴェロドヴィンスクへ回航して近代化改装を開始する可能性が高いようです。

ただ、近代化の具体的な内容は未だ決まっていないようであり、今回の記事では、ロシアの軍事専門家ドミトリー・ボルテンコフ氏が、現行の有翼ミサイル「ヴルカーン」を新型の「オーニクス」へ換装するだろうと予測しています。

ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグは海上戦闘訓練の為に出航した

17-0207d.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2017年2月7日7時40分配信
【親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」はミサイルと砲の射撃を行なう】

巡洋艦「ワリャーグ」乗組員は、艦隊の海上戦闘訓練射爆場第2錬成任務の要素へ取り組む間に、高射ミサイル複合体及び砲の射撃を実行する。
戦闘練習の実施中、乗組員は、艦の高射ミサイル複合体及び砲複合体を使用し、仮想敵の空中攻撃手段の攻撃を撃退する任務へ取り組む。
また、仮想敵の砲撃地点と水上艦を模した沿岸目標及び曳航海上盾への砲射撃が行なわれる。
射撃は、困難な妨害環境という条件下において、様々な距離で実施される。

射撃任務を実行した後、「ワリャーグ」乗組員は、艦隊の海軍航空隊ヘリコプターKa-27と協同で対潜防衛の課題へ取り組み、一連の艦上演習~電波電子戦闘、放射線、化学、生物への防護、生存の為の闘い(ダメージコントロール)、その他を実施する。

錬成任務K-2は、その意図する目的へ使用する為の艦の訓練、つまり艦の組織的な戦闘使用、兵装の使用である。
その枠組みにおいて、意図された任務を海上で遂行する為の乗組員と各艦艇の部品の準備の度合い、更には、様々な作戦-戦術情勢での単独での戦闘遂行が評価される。



ロシア太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」は、2015年11月2日にウラジオストクを出航してインドへ向かい、インド海軍との合同演習『インドラ ネイヴィー-2015』へ参加しました。
2016年1月初頭には地中海東部へ入り、シリア沖へ展開しました。

2016年6月には極東へ戻り、オホーツク海の演習へ参加した後、7月18日にウラジオストクへ帰港しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグは長期航海を終えてウラジオストクへ帰港した]

その後はウラジオストクで整備が行なわれていたようであり、2017年2月7日に戦闘訓練の為、出航しました。

なお、前日には大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」が戦闘訓練の為に出航しています。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・トリブツは戦闘訓練の為に出航した]