ロシア海軍の為の新型掃海艦イワン・アントノフはサンクトペテルブルクで起工された

17-0125f.jpg
17-0125g.jpg
17-0125h.jpg
『タス通信』より
2017年1月25日14時39分配信
【ロシア連邦海軍の為の第3のガラス繊維強化プラスチック製掃海艦はサンクトペテルブルクで起工された】
サンクトペテルブルク、1月25日/タス通信

ガラス繊維強化プラスチック製船体を持つ第3の掃海艦「イワン・アントノフ」は1月25日にサンクトペテルブルク『中部ネヴァ川造船工場』で起工された。
『タス通信』特派員は現地より報告した。

「これらの艦は、ロシア海軍の主要戦力構成の1つとなる事が求められています。
このシリーズの艦は、我が国の全ての艦隊で必要とされています。
私共は、来年以降、『中部ネヴァ川造船工場』から、このような艦を少なくとも1年に2隻は受領できる事を確信しております」

起工式典でロシア海軍副総司令官(軍備担当)ヴィクトール・ブルスク中将は話した。

このタイプの3番艦であり、第2の生産艦である海上掃海艦「イワン・アントノフ」ロシア連邦国防省との建造契約は、2014年4月に署名された。

プロジェクト12700「アレクサンドリト」掃海艦は、海洋中央設計局『アルマーズ』により設計された。
それは、艦自身へ配置される最新の水中音響ステーション(ソナー)、遠隔操作の自動水中無人機、自動化対機雷活動管理システムを使用出来る。
更には、従来の掃海兵装も使用できる。

「アレクサンドリト」シリーズ艦は、世界最大の真空注入により形成された単一のガラス繊維強化プラスチック製船体というユニーク性を有する。
トップ艦「アレクサンドル・オブホフ」は、2016年12月に海軍へ引き渡された。
2隻目の「ゲオルギー・クルバトフ」は工場で建造されている。
シリーズの4番艦も2017年に起工される。



[プロジェクト12700掃海艦]
ロシア海軍新世代掃海艦プロジェクト12700「アレクサンドリト」は、船体が一体成型のガラス繊維強化プラスチックで造られており、世界最大級の非金属船体艦です。
15-0424d.jpg
12700b.jpg

プロジェクト12700の1番艦「アレクサンドル・オブホフ」は、2011年9月22日にサンクトペテルブルク「中部ネヴァ川造船工場」で起工され、2014年6月27日に進水し、2016年12月9日に就役しました。
[新世代掃海艦プロジェクト12700の1番艦アレクサンドル・オブホフはロシア海軍へ就役し、バルト艦隊へ編入された]

プロジェクト12700の2番艦「ゲオルギー・クルバトフ」は、2015年4月24日に起工され、2016年5月下旬までにガラス繊維強化プラスチックの船体の形成は完了しました。
[ロシア海軍の為の新型掃海艦ゲオルギー・クルバトフは起工された]
[ロシア海軍の為の新型掃海艦ゲオルギー・クルバトフの船体が形成される]

その後、艦内へ各種機器を設置する為、船体周辺に足場が組まれましたが、2016年6月7日夜に火災が発生しました。
[ロシア海軍の為に建造中の新型掃海艦ゲオルギー・クルバトフで火災が発生した]
この為、「ゲオルギー・クルバトフ」の進水は2017年に延期されました。

プロジェクト12700の3番艦の船体形成作業は2016年6月27日に始まりました。
[ロシア海軍の為の第3のプロジェクト12700掃海艦の建造が始まった]

そして2017年1月25日、3番艦は「イワン・アントノフ」と命名され、起工式典が開催されました。


既にプロジェクト12700掃海艦の4番艦の船体形成作業も2016年8月30日から始まっており、こちらも2017年春頃に正式に起工されます。
[ロシア海軍の為の第4のプロジェクト12700掃海艦の建造が始まった]
スポンサーサイト

新世代掃海艦プロジェクト12700の1番艦アレクサンドル・オブホフはロシア海軍へ就役し、バルト艦隊へ編入された

本日(2016年12月9日)、プロジェクト12700「アレクサンドリト」掃海艦の1番艦「アレクサンドル・オブホフ」がロシア連邦海軍へ就役し、バルト艦隊へ編入されました。
[新世代掃海艦プロジェクト12700の1番艦アレクサンドル・オブホフは2016年12月9日にロシア海軍へ就役する]

『中央海軍ポータル』(フロートコム)より
2016年12月9日12時29分配信
【ロシア海軍へ新たな掃海艦「アレクサンドル・オブホフ」が補充された】

12月9日・金曜日、プロジェクト12700掃海艦のトップ「アレクサンドル・オブホフ」はバルト艦隊へ引き渡された。
式典は、クロンシュタットのペトロフスキードックで開催された。


「海軍へのアレクサンドル・オブホフの引き渡しは、我々の機雷掃海部隊の歴史に新たなページを開きます」
艦への聖アンドレイ旗掲揚式典において、ロシア海軍総司令官ウラジーミル・コロリョーフ大将は表明した。
「全ての科学技術的作業が、この掃海艦のプロジェクトの準備と建造に使用されています」

彼によると、更に7隻の艦の建造が計画されており、将来的に、海軍は、40隻ほどの同プロジェクト掃海艦の受領を望んでいる。

西方軍管区司令官アンドレイ・カルタポロフ大将は、バルト艦隊が遥か以前から新たな(掃海)艦を受領しておらず、従って、プロジェクト「アレクサンドリト」掃海艦のトップの引き渡しは、全てのバルト艦隊船員にとって喜ばしい出来事である事を指摘した。

次に、中央海洋設計局『アルマーズ』総取締役アレクサンドル・シリャフテンコは、プロジェクト「アレクサンドリト」沿岸哨戒艦を開発する為の基礎プラットフォームになる事が出来ると考えている。

最新対機雷防衛艦「アレクサンドル・オブホフ」海軍への引き渡しは、フランス側の機雷探知システムの納入の取り消しと、代替用の国産機器の導入と試験の必要が有ったが故に、何度も延期された。

2014年4月にロシア連邦国防省『中部ネヴァ川造船工場』の間で署名された契約に沿って、更に3隻のプロジェクト「アレクサンドリト」掃海艦が建造されなければならない。

第2の掃海艦「ゲオルギー・クルバトフ」は2017年秋にのみ進水する~計画よりも1年遅れて。
遅延は、6月初頭に建造中の艦で発生した火災に関連する。

中央海洋設計局『アルマーズ』により設計された艦の排水量は890トン、16.5ノットの速力を発揮する。
艦の主な用途は、海軍基地海域での機雷の探知と破壊である。

「アレクサンドル・オブホフ」は様々な種類の掃海具自動無人潜水装置を使用できる。
機雷へ対処する為の追加手段として、艦にはフランス製の無人艇「インスペクトル Mk2」が設置される。




ロシア海軍新世代掃海艦プロジェクト12700「アレクサンドリト」の1番艦「アレクサンドル・オブホフ」は、2011年9月22日にサンクトペテルブルク『中部ネヴァ川造船工場』で起工されました。

プロジェクト12700の船体はガラス繊維強化プラスチックで造られており、世界最大級の非金属船体艦です。
15-0424d.jpg
12700b.jpg

起工から約3年後の2014年6月27日に進水しました。
[ロシア海軍の新世代掃海艦アレクサンドル・オブホフは進水した]


進水後に艤装工事が行なわれ、2015年2月から係留試験が始まりました。

2015年7月26日の「ロシア海軍の日」には、他の新型艦と共にバルチースクの観艦式へ参加しました。

[バルチースクの『海軍の日』記念観艦式にロシア海軍の最新鋭艦5隻が参加する]

2015年12月25日、当初の予定よりも大幅に遅れて工場航行試験が始まりました。
[ロシア海軍の最新掃海艦アレクサンドル・オブホフは洋上試験を開始した]


当初、「アレクサンドル・オブホフ」は2015年11月にロシア海軍へ納入される予定でしたが、2016年に延期される事になりました。
[最新掃海艦アレクサンドル・オブホフは2015年11月にロシア海軍へ引き渡される]
[ロシア海軍の新世代水上艦の就役は2016年に延期された]

2016年7月26日にはサンクトペテルブルクへ入港しました。


2016年7月31日の「ロシア海軍の日」には、サンクトペテルブルクの記念行事へ参加しました。
16-0924b.jpg

8月1日にサンクトペテルブルクを出航しました。


9月22日、最終洋上試験となる国家受領試験がようやく始まりました。
[ロシア海軍新世代掃海艦アレクサンドル・オブホフは国家受領試験を開始した]

国家受領試験は11月末までには完了し、2016年12月9日に聖アンドレイ旗掲揚式典、即ちロシア海軍への就役式典が開催されました。
同時に造船工場からロシア海軍への納入証書への署名も行なわれたようです。

正式にロシア海軍へ就役した「アレクサンドル・オブホフ」は、バルト艦隊へ編入されました。


記事中で触れられていますが、「アレクサンドル・オブホフ」には、フランス無人艇「インスペクトル Mk2」が搭載されます。

『ECAグループ』公式サイトより
【無人水上艇インスペクトル Mk2】

無人艇「インスペクトル Mk2」は、フランスからロシアへの輸出が禁止されている品目に含まれていなかったので、現在でも普通に輸入できたようです。
ただし、プロジェクト12700の2番艦以降には、別の無人艇が搭載されることになります。

サンクトペテルブルクのネヴァ川で試験中の「インスペクトル Mk2」
(試験中の為に人が乗っています)

16-1203a.jpg
16-1203d.jpg


プロジェクト12700の2番艦「ゲオルギー・クルバトフ」は、2015年4月24日に起工されています。
[ロシア海軍の為の新型掃海艦ゲオルギー・クルバトフは起工された]
しかし、建造中の2016年6月7日に火災事故を起こしました。
[ロシア海軍の為に建造中の新型掃海艦ゲオルギー・クルバトフで火災が発生した]

2016年6月27日には3番艦の船体形成作業が開始されました。
[ロシア海軍の為の第3のプロジェクト12700掃海艦の建造が始まった]

2016年8月30日には4番艦の船体形成作業が開始されました。
[ロシア海軍の為の第4のプロジェクト12700掃海艦の建造が始まった]

新世代掃海艦プロジェクト12700の1番艦アレクサンドル・オブホフは2016年12月9日にロシア海軍へ就役する

16-1203c.jpg
『中央海軍ポータル』(フロートコム)より
2016年12月1日21時50分配信
【掃海艦のトップ「アレクサンドル・オブホフ」は12月9日に(ロシア)海軍へ引き渡される】

プロジェクト12700掃海艦のトップ「アレキクサンドル・オブホフ」は12月9日にロシア海軍へ引き渡される。
聖アンドレイ旗掲揚式典の日について『海軍産業』(フロートプロム)は『中部ネヴァ川造船工場』より伝えられた。


「私共は式典(聖アンドレイ旗掲揚)を12月9日に予定しております」
『海軍産業』
は同社より伝えられた。

プロジェクト12700掃海艦のトップ「アレキクサンドル・オブホフ」は、2014年6月に進水し、同艦の係留試験は2015年7月に完了した。
『中部ネヴァ川造船工場』は、同プロジェクト艦を合計4隻建造する。

雑誌『国家防衛』の編集長イーゴリ・コロチェンコは、海軍へ1隻の現代的な掃海艦が現れる事によって海軍の対機雷戦の準備は基本的には成長するわけでは無く、ロシアは、このクラスの艦の大規模な建造が必要であると考える。
16-1203e.jpg
「機雷の脅威は、以前のまま存在しております。特に、現代の戦闘活動において予見できる条件特性でも。
僕達は、バルト艦隊のロシア艦の基地の封鎖と、その後の破壊の課題に取り組んだこの夏に行われた最新のNATOの演習を見てきました」

専門家は強調した。
「機雷の脅威は、ロシア領海付近、更には、ロシア海軍基地付近への直接の機雷敷設を含め、考慮すべき現実です」

基地掃海艦「アレクサンドル・オブホフ」は、中央海洋設計局『アルマーズ』により設計された。
艦の排水量は890トン、速力は16.5ノット、乗組員は44名。
機雷を探知し、無力化する為に、「アレクサンドル・オブホフ」は様々な種類の掃海具自動無人潜水装置を使用できる。
これらに加え、艦にはフランス製の無人艇「インスペクトル Mk2」が設置される。




ロシア海軍新世代掃海艦プロジェクト12700「アレクサンドリト」の1番艦「アレクサンドル・オブホフ」は、2011年9月22日にサンクトペテルブルク『中部ネヴァ川造船工場』で起工されました。

プロジェクト12700の船体はガラス繊維強化プラスチックで造られており、世界最大級の非金属船体艦です。
15-0424d.jpg
12700b.jpg

起工から約3年後の2014年6月27日に進水しました。
[ロシア海軍の新世代掃海艦アレクサンドル・オブホフは進水した]


進水後に艤装工事が行なわれ、2015年2月から係留試験が始まりました。

2015年7月26日の「ロシア海軍の日」には、他の新型艦と共にバルチースクの観艦式へ参加しました。

[バルチースクの『海軍の日』記念観艦式にロシア海軍の最新鋭艦5隻が参加する]

2015年12月25日、当初の予定よりも大幅に遅れて工場航行試験が始まりました。
[ロシア海軍の最新掃海艦アレクサンドル・オブホフは洋上試験を開始した]


当初、「アレクサンドル・オブホフ」は2015年11月にロシア海軍へ納入される予定でしたが、2016年に延期される事になりました。
[最新掃海艦アレクサンドル・オブホフは2015年11月にロシア海軍へ引き渡される]
[ロシア海軍の新世代水上艦の就役は2016年に延期された]

2016年7月26日にはサンクトペテルブルクへ入港しました。


2016年7月31日の「ロシア海軍の日」には、サンクトペテルブルクの記念行事へ参加しました。
16-0924b.jpg

8月1日にサンクトペテルブルクを出航しました。


9月22日、最終洋上試験となる国家受領試験がようやく始まりました。
[ロシア海軍新世代掃海艦アレクサンドル・オブホフは国家受領試験を開始した]


国家受領試験は11月末までには完了したらしく、今回、建造元の『中部ネヴァ川造船工場』は、2016年12月9日に聖アンドレイ旗掲揚式典、即ちロシア海軍への就役式典が予定されている事を明らかにしました。
当然ながら、同日か、それよりも前に、造船工場からロシア海軍への納入証書への署名も行なわれるようです。

記事中で触れられていますが、「アレクサンドル・オブホフ」には、フランス無人艇「インスペクトル Mk2」が搭載されます。

『ECAグループ』公式サイトより
【無人水上艇インスペクトル Mk2】

無人艇「インスペクトル Mk2」は、フランスからロシアへの輸出が禁止されている品目に含まれていなかったので、現在でも普通に輸入できたようです。
ただし、プロジェクト12700の2番艦以降には、別の無人艇が搭載されることになります。

サンクトペテルブルクのネヴァ川で試験中の「インスペクトル Mk2」
(試験中の為に人が乗っています)

16-1203a.jpg
16-1203d.jpg


プロジェクト12700の2番艦「ゲオルギー・クルバトフ」は、2015年4月24日に起工されています。
[ロシア海軍の為の新型掃海艦ゲオルギー・クルバトフは起工された]
しかし、建造中の2016年6月7日に火災事故を起こしました。
[ロシア海軍の為に建造中の新型掃海艦ゲオルギー・クルバトフで火災が発生した]

2016年6月27日には3番艦の船体形成作業が開始されました。
[ロシア海軍の為の第3のプロジェクト12700掃海艦の建造が始まった]

2016年8月30日には4番艦の船体形成作業が開始されました。
[ロシア海軍の為の第4のプロジェクト12700掃海艦の建造が始まった]

ロシア海軍新世代掃海艦アレクサンドル・オブホフは国家受領試験を開始した

16-0924a.jpg
『中央海軍ポータル』(フロートコム)より
2016年9月22日16時5分配信
【新世代掃海艦のトップ「アレクサンドル・オブホフ」は国家試験を開始した】

新世代対機雷防衛艦のトップ「アレクサンドル・オブホフ」は国家受領試験の実施へ着手し、その後、ロシア海軍へ引き渡される。
9月22日・木曜日、『ネヴァ川中部造船工場』広報サービスは発表した。


プロジェクト12700掃海艦「アレクサンドル・オブホフ」は2014年6月に進水した。
海軍への引き渡しは2015年に計画されていたが、その後、再三に渡り延期された。
造船所は、多くの新たな対機雷機器の導入の遅延の為であると説明した。

今後5年間でロシア海軍は、新型の対機雷防衛艦4隻を受領しなければならない。
これらの掃海艦は、重量を軽減し、艦の寿命の延長を可能にする複合材料で作られた一体成型船体を有している。

6月初頭、建造中の掃海艦「ゲオルギー・クルバトフ」艦上で火災が発生した事が想い起される。
しかし、『ネヴァ川中部造船工場』の幹部は、艦の納入時期が遅延する事は無いと確言した。
その後、造船所は、艦の引き渡し時期は、およそ1年ほど遅れる事を認めた。

艦は中央海洋設計局『アルマーズ』により開発され、新世代掃海艦を代表するものとなる。
同プロジェクトでは、最新の高性能水中音響ステーション(ソナー)を用いた対機雷回路の形成が提供され、艦自体には遠隔操作・自動水中装置が配置される。
それと同時に、艦は伝統的な掃海兵装を使用できる。

新たな掃海艦の排水量は890トン、全長61メートル、幅10メートル、満載排水量における速力16.5ノット、乗組員44名。



ロシア海軍新世代掃海艦プロジェクト12700「アレクサンドリト」の1番艦「アレクサンドル・オブホフ」は、2011年9月22日にサンクトペテルブルクネヴァ川中部造船所で起工されました。

プロジェクト12700の船体はガラス繊維強化プラスチックで造られており、世界最大級の非金属船体艦です。
15-0424d.jpg
12700b.jpg

起工から約3年後の2014年6月27日に進水しました。
[ロシア海軍の新世代掃海艦アレクサンドル・オブホフは進水した]


進水後に艤装工事が行なわれ、2015年2月から係留試験が始まりました。

2015年7月26日の「ロシア海軍の日」には、他の新型艦と共にバルチースクの観艦式へ参加しました。

[バルチースクの『海軍の日』記念観艦式にロシア海軍の最新鋭艦5隻が参加する]

2015年12月25日、当初の予定よりも大幅に遅れて工場航行試験が始まりました。
[ロシア海軍の最新掃海艦アレクサンドル・オブホフは洋上試験を開始した]


当初、「アレクサンドル・オブホフ」は2015年11月にロシア海軍へ納入される予定でしたが、2016年に延期される事になりました。
[最新掃海艦アレクサンドル・オブホフは2015年11月にロシア海軍へ引き渡される]
[ロシア海軍の新世代水上艦の就役は2016年に延期された]

2016年7月26日にはサンクトペテルブルクへ入港しました。


2016年7月31日の「ロシア海軍の日」には、サンクトペテルブルクの記念行事へ参加しました。
16-0924b.jpg

8月1日にサンクトペテルブルクを出航しました。


そして9月22日、最終洋上試験となる国家受領試験がようやく始まりました。



プロジェクト12700の2番艦「ゲオルギー・クルバトフ」は、2015年4月24日に起工されています。
[ロシア海軍の為の新型掃海艦ゲオルギー・クルバトフは起工された]
しかし、建造中の2016年6月7日に火災事故を起こしました。
[ロシア海軍の為に建造中の新型掃海艦ゲオルギー・クルバトフで火災が発生した]

2016年6月27日には3番艦の船体形成作業が開始されました。
[ロシア海軍の為の第3のプロジェクト12700掃海艦の建造が始まった]

2016年8月30日には4番艦の船体形成作業が開始されました。
[ロシア海軍の為の第4のプロジェクト12700掃海艦の建造が始まった]

ロシア海軍の為の第4のプロジェクト12700掃海艦の建造が始まった

16-0831c.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年8月30日15時43分配信
【サンクトペテルブルクで新たなプロジェクト「アレクサンドリト」掃海艦の建造が始まった】
モスクワ、8月30日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア海軍の為の第4の最新掃海艦プロジェクト12700「アレクサンドリト」の建造がサンクトペテルブルク『ネヴァ川中部造船工場』で始まった。
火曜日、『統合造船業営団』広報サービスは発表した。

「中部ネヴァ川造船工場(『統合造船業営団』へ含まれる)で、ロシア海軍の為の第4の新世代対機雷防衛艦の建造作業が始まりました。
現時点で工場の作業員は作業の準備段階、具体的には型の組み立てを行なっています。
続いて単一ガラス繊維強化プラスチック船体の形成を始める為の」

声明では、こう述べられた。

広報サービスは、対機雷防衛艦は、改良された物理的・機構的な特徴を有するポリマー複合材料からの大型の船体の製造を可能とする真空注入技術を使用して工場で建造されると説明した。

プロジェクト12700「アレクサンドリト」掃海艦の船体は、その強度を増大させた複合材料で製造されており、対機雷作戦行動中の艦の生残性を確保する。
また、単一非磁性船体の就役期間は、磁性鋼鉄船体の艦の数倍以上になる。

機雷掃海艦プロジェクト12700は、海軍基地周辺水域の艦にとって安全な距離で機雷を探知、破壊する為に意図されている。
艦の排水量は890トン、全長61メートル、幅10メートル、満載排水量での速力16.5ノット、乗員44名。
艦は機雷へ対処する為、様々な種類の掃海具、更には遠隔操作及び自立型無人水中装置を使用できる。


ロシア海軍新世代掃海艦プロジェクト12700「アレクサンドリト」は、船体が一体成型のガラス繊維強化プラスチックで造られており、世界最大級の非金属船体艦です。
15-0424d.jpg
12700b.jpg

プロジェクト12700の1番艦「アレクサンドル・オブホフ」は、2011年9月22日にサンクトペテルブルク「ネヴァ川中部造船工場」で起工され、2014年6月27日に進水しました。
[ロシア海軍の新世代掃海艦アレクサンドル・オブホフは進水した]

「アレクサンドル・オブホフ」は2015年12月25日から工場航行試験が行なわれ、現在は国家受領試験が行なわれています。
16-0831a.jpg

プロジェクト12700の2番艦「ゲオルギー・クルバトフ」は、2015年4月24日に起工されました。
[ロシア海軍の為の新型掃海艦ゲオルギー・クルバトフは起工された]

2016年5月下旬までにガラス繊維強化プラスチックの船体の形成は完了しました。
[ロシア海軍の為の新型掃海艦ゲオルギー・クルバトフの船体が形成される]

その後、艦内へ各種機器を設置する為、船体周辺に足場が組まれましたが、6月7日夜に火災が発生しました。
[ロシア海軍の為に建造中の新型掃海艦ゲオルギー・クルバトフで火災が発生した]

2016年6月27日、『ネヴァ川中部造船工場』は、プロジェクト12700の3番艦の建造作業を開始しました。
[ロシア海軍の為の第3のプロジェクト12700掃海艦の建造が始まった]

そして8月30日、プロジェクト12700の4番艦の建造作業が始まりました。


既に計4隻のプロジェクト12700掃海艦の建造契約が締結されており、2016-2018年にロシア海軍へ引き渡される予定です。
[ロシア海軍は2015-2018年に4隻の新世代掃海艦プロジェクト12700を受領する]