空母アドミラル・クズネツォフ近影

2008年4月11日10時16分頃に撮影された
重航空巡洋艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」
<写真をクリックすると、大サイズ(1600×1200ピクセル)画像が表示されます>
08-0411a.jpg
08-0411b.jpg



クズネツォフが航行しているのは、ムルマンスク市北方のベロカメンカБелокаменка付近です。
Berokamenka.jpg
スポンサーサイト

ロシア海軍は、2008年中に再び艦艇打撃グループの遠征を行なう

8-0404a.jpg
2008年4月4日、ロシア海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキー大将が、
ロシア連邦国防省で記者会見を行ないました。

この中で、ヴィソツキー大将は、再び艦艇打撃グループの遠征を行なう意向を明らかにしました。


【ロシア海軍は、2008年中に再び艦艇打撃グループを遠征に送り出す】
モスクワ、4月4日(イタル・タス)

ロシア海軍は、2008年中に再び艦艇打撃グループを遠征に送り出す。
ロシア連邦海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキー大将は、記者会見で、こう語った。

「我々の戦略的関心は、特に地中海に有り、私達は、地域における海軍力の存在の発展についての課題を提起します」
ヴィソツキーは、注意を促した。

最近、北方艦隊の艦艇打撃グループによって遂行された大西洋遠征を想起した後、海軍大将は言った。
「これは単一の行動でした。 現在、絶えずそれが行われる可能性は有りませんが、私達は、定期的に、この問題を解決します」
「今年も、同じような行動は、より大規模となって、繰り返されるでしょう」
海軍総司令官は報告した。

ヴィソツキーの見方によると、ロシア海軍は、艦艇および航空グループが危機にあるという結論により、2010年までに努力を促進する必要がある。
彼はこう仮定した「新しいシステムの艦艇は、一見して最低50年が必要です」

既に、2035年まで、そして更に先の2050年までの海軍の開発計画が詳細に検討されている事に、海軍総司令官は注意を促した。

「4月中に、艦隊を準備する建造の概念が示されます。2010年以降、一連の艦艇の建造を、かなり加速する事が必要です。さもなければ私達は、永遠に取り残されてしまうでしょう」
ヴィソツキーは報告した。
(イタル・タス、2008年4月4日16時35分)


ヴィソツキー総司令官は
「今年も、同じような行動は、より大規模となって、繰り返されるでしょう」
と発言しているので、参加艦艇が、前回(北方艦隊からは空母1、駆逐艦2、補給艦1、曳航救助艦1)
よりも多くなるのでしょう。

今度は、原子力巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」やソブレメンヌイ級駆逐艦も加わるかな?

トゥーロンを訪問したミサイル巡洋艦「モスクワ」(2008年2月)

ロシア国防省公式サイトより

2008年2月1~4日、フランスの港トゥーロンを訪問したロシア海軍黒海艦隊のロケット巡洋艦「モスクワ」


フランス海軍地中海海軍部隊司令官ジャン・タンドネ中将(左端)
黒海艦隊司令官代理ワシーリー・コンダコフ中将(中央)
親衛ロケット巡洋艦「モスクワ」艦長イーゴリ・スモリャク1等海佐(右端)
t01.jpg


トゥーロン市庁舎を訪れた「モスクワ」艦長イーゴリ・スモリャク1等海佐(左端)
黒海艦隊司令官代理ワシーリー・コンダコフ中将(中央)
t02.jpg


黒海艦隊司令官代理ワシーリー・コンダコフ中将(右側)
t03.jpg


ロケット巡洋艦「モスクワ」を訪れた
フランス駐在ロシア連邦特命全権大使アレクサンドル・アヴデーエフ
(右から2人目のスーツを着た人物)
t04.jpg


「モスクワ」乗組員とトゥーロン市民
t05.jpg


フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」
t06.jpg


トゥーロン市内(「モスクワ」乗組員撮影)
t07.jpg
t08.jpg
t09.jpg
t11.jpg
t12.jpg
t13.jpg
t14.jpg
t15.jpg
t16.jpg
t17.jpg
t18.jpg