地中海のロシア海軍水上艦の動向

13-0702e.jpg
『黒海ニュース』より
2013年8月18日
【黒海艦隊の大型揚陸艦「ニコライ・フィリチェンコフ」はシリアへの5回目の往復便の後に黒海へ戻った】

2013年8月17日午後、黒海艦隊大型揚陸艦「ニコライ・フィリチェンコフ」ボスポラス海峡を通過し、黒海へ向かいました。


『黒海ニュース』より
2013年8月20日
【太平洋艦隊の2隻の大型揚陸艦はノヴォロシースクから地中海へと去った】

2013年8月19日、太平洋艦隊大型揚陸艦「ペレスウェート」「アドミラル・ネヴェリスコイ」ボスポラス海峡を通過し、地中海へ向かいました。


13-0825i.jpg

この他、バルト艦隊からも大型揚陸艦「ミンスク」「アレクサンドル・シャバリン」地中海へ派遣されています。

「ミンスク」は最近になって地中海へ派遣されましたが、「アレクサンドル・シャバリン」は昨年(2012年)12月にバルチースクを出港、2013年1月に地中海へ到着して以来、ずっと地中海黒海を往復しています。


これらの大型揚陸艦は、黒海東岸のノヴォロシースク地中海東部(シリアタルトゥース)を往復しています。

ノヴォロシースク
13-0825k.jpg

タルトゥース
13-0825l.jpg

なお、太平洋艦隊から派遣された大型対潜艦「アドミラル・パンテレーエフ」救助曳船「フォーチィ・クリロフ」は、8月17日の時点ではノヴォロシースクに停泊しています。
13-0825j.jpg
スポンサーサイト