空母アドミラル・クズネツォフ艦長セルゲイ・アルタモノフ

11435-captn.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
【北方艦隊旗艦艦長】

セルゲイ・グリゴリエヴィチ・アルタモノフ
北方艦隊重航空巡洋艦「アドミラル-フロータ-ソヴィエツカヴァ-ソユーザ・クズネツォフ」艦長、1等海佐。


[経歴]
1970年10月24日、カリーニングラード市に生まれる。

セルゲイ・アルタモノフ1等海佐は経験豊かな軍事船員である。
その勤務は、北方艦隊において、少尉から1等海佐まで重航空巡洋艦「アドミラル-フロータ-ソヴィエツカヴァ-ソユーザ・クズネツォフ」に関わっていた。

1992年にカリーニングラード海軍高等学校ロケット-砲学部を卒業後、彼は巡洋艦高射ミサイル大隊指揮官から全ての指揮官職を経て同艦の艦長となった。

2007年にN.G.クズネツォフ記念海軍アカデミーを卒業した。

2011年8月、重航空巡洋艦「アドミラル-フロータ-ソヴィエツカヴァ-ソユーザ・クズネツォフ」艦長に任命された。

勤務の過程においてウシャコーフ勲章ロシア連邦国防省勲章を授与されている。
11435-captn2.jpg


[重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフの経歴(ロシア国防省公式サイト)]
スポンサーサイト