ロシア太平洋艦隊艦船支隊は日本の舞鶴を訪れた

本日(2013年12月16日)、ロシア太平洋艦隊の軍艦が日本舞鶴港を訪問しました。
13-1216a.jpg
13-1203c.jpg


『イタルタス』より
2013年12月16日07時08分配信
【ロシア太平洋艦隊艦船は合同演習の為ヤポーニヤに到着した】
トキオ、12月16日/イタルタス特派員イーゴリ・ベリャーエフ

大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」、給油船「イルクト」、曳船「カラール」で構成されるロシア太平洋艦隊艦船支隊は、ホンシュウ島沿岸のマイヅル海軍基地へ到着した。

イタルタスヤポーニヤ海軍司令部から伝えられたように、太平洋艦隊艦船は12月18日-20日までマイヅル港海域での合同捜索救助演習へ参加する。
支隊アンドレイ・クズネツォフ1等海佐が指揮している。

ヤポーニヤ側からは、この演習にロケット駆逐艦「シラネ」、ロケット艇「ハヤブサ」、保障船が関与する。
支隊ヨシヒロ・ゴカ1等海佐が指揮する。

演習の過程においては、特に、遭難者の救助活動実施中の信号交換の連係動作への習熟が予定されている。
このような合同訓練は、14時間に渡り実施される。
現在の演習の特徴として、海賊行為の容疑船の臨検の為の行動への習熟が在る。

今年、ロシア及びヤポーニヤの軍当局は、アデン湾海域において独自に合同海軍演習を実施する事で合意した。
彼らは、専ら海賊行為への対処及び対テロリスト作戦における連携行動に習熟する。


『ロシア通信社ノーボスチ』より
2013年12月16日10時57分配信
【ロシア連邦太平洋艦隊艦船支隊はヤポーニヤのマイヅル港を訪問した】
トキオ、12月16日-ロシア通信社ノーボスチ、クセーニヤ・ナカ

ロシア太平洋艦隊艦船支隊は業務訪問の為、ヤポンスキー海沿岸のヤポーニヤの都市マイヅルの軍事基地へ入った。
ロシア通信社ノーボスチヤポーニヤロシア大使館領事部長オレグ・リャボフより伝えられた。
ロシア外交団の代表は艦船を出迎えた。

「私共の軍艦アドミラル・ヴィノグラードフ、給油船イルクト、曳船カラールは、現在のヤポーニヤの天候基準では非常に寒いマイヅルで、とても暖かく出迎えられました。
今後2日間に我々の海軍将兵は、同市市長、マイヅル海域海軍基地司令官、地方の海洋安全保障管理部のトップとの会合が予定されています。
更には、マイヅル市内の観光及びキョートへの旅行が行なわれます。
訪問中にロシア及びヤポーニヤの海軍将兵は、海洋遭難者の捜索救助、合同連携機動への習熟、通信、不審船の臨検といった20回の合同演習を実施します」

ロシア外交官は話した。

ロシア艦の艦上をヤポーニヤ海軍将兵及びマイヅル市住民が訪れる事になり、大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」乗組員は、ヤポーニヤヘリコプター駆逐艦「シラネ」を見学できるだろう。

2ヶ国の海軍将兵の業務訪問及び合同演習は、定期的かつ相互に行なわれている。
前回、このような演習が行なわれたのは2012年9月であり、ヤポーニヤ自衛海軍艦船支隊は、太平洋艦隊主要基地ウラジオストクへ寄港した。


大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」を中核とする太平洋艦隊艦船支隊は、今年10月19日にウラジオストクを出港し、大韓民国ミャンマーを訪問しました。

[太平洋艦隊インド洋派遣支隊]指揮官アンドレイ・クズネツォフ1等海佐
大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」
中型海洋給油船「イルクト」
曳船「カラール」

[ロシア太平洋艦隊の大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフはミャンマーへ行く]
[ロシア太平洋艦隊艦船はエジプトとオマーンとミャンマーを訪れた]

任務を終えてウラジオストクへ戻る途中、日本舞鶴を訪問する事になりました。
[ロシア軍艦は12月16-20日に日本の舞鶴を訪問する]
13-1212d.jpg

大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」は、1997年(6月)にも日本東京を訪問しており、今回は16年ぶりの日本訪問になります。
『中央海軍ポータル(フロートコム)』より
【「アドミラル・ヴィノグラードフ」】
スポンサーサイト