fc2ブログ

2014年に2隻の新世代戦略原潜ボレイ級が起工される

14-0109b.jpg
13-0220a.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2014年1月9日13時01分配信
【次の原子力潜水艦「ボレイ」の起工は軍の祭日に合わせられる】
モスクワ、1月9日-ロシア通信社ノーボスチ

2隻の原子力戦略用途水中ロケット艦プロジェクト955A「ボレイ」が2014年に起工される。
起工は軍の祭日に合わせられる。
木曜日、ロシア通信社ノーボスチ防衛産業企業体の高位の代理人より伝えられた。

「ボレイ」ロシアの海洋核戦力の基礎となる事が意図されている。
ロシア連邦海軍潜水艦乗組員の日は毎年3月19日に、海軍の日は7月の最終日曜日に祝われている。

「第5のボレイは今年3月に、第6は7月の海軍の日に起工される予定です」
対談者は話した。
潜水艦は、全ての「ボレイ」を建造する「セヴマシュ」(セヴェロドヴィンスク)で起工される。

彼によると、伝統に則り、「ボレイ」にはロシア大公の名前が付けられる事は明らかである。

シリーズのトップ艦「ユーリー・ドルゴルーキー」は、2013年1月10日に北方艦隊の編制へ加入した。
シリーズの2隻目「アレクサンドル・ネフスキー」は2013年12月23日に軍備採用され、太平洋艦隊の編制へ加入した。
第3の艦「ウラジーミル・モノマーフ」は試験を受けており、2014年に海軍の編制へ受け入れられなければならない。
第4の艦「クニャージ・ウラジーミル」は、現在、「セヴマシュ」で建造されている。

2020年までの国家軍備プログラムにおいては、8隻の戦略用途ロケット水中巡洋艦の建造と海軍の戦闘編制への加入が予定されている。


[新世代戦略原潜ボレイ級(旧ブログ)]
[新世代戦略原潜ボレイ級]

「ボレイ」級1番艦K-535「ユーリー・ドルゴルーキー」は、1996年11月2日に起工、2007年4月15日に進水、2012年12月29日に竣工、2013年1月10日に就役し、北方艦隊第31潜水艦師団に編入されました。
[新世代戦略原潜ユーリー・ドルゴルーキーはロシア海軍へ就役した]
[新世代戦略原潜ユーリー・ドルゴルーキーは北方艦隊第31潜水艦師団へ編入された]

「ボレイ」級2番艦K-550「アレクサンドル・ネフスキー」は、2004年3月19日に起工、2010年12月6日に進水、2013年12月23日にロシア海軍へ納入され、太平洋艦隊第25潜水艦師団へ編入されました。
[ボレイ級戦略原潜2番艦アレクサンドル・ネフスキーはロシア海軍へ就役し、太平洋艦隊へ編入された]

「ボレイ」級3番艦「ウラジーミル・モノマーフ」は、2006年3月19日に起工、2012年12月30日に進水、2013年9月から航海試験が開始されました。
[ボレイ級戦略原潜3番艦ウラジーミル・モノマーフは最初の航海試験を完了した]
2014年にはロシア海軍へ引き渡される予定です。

「ボレイ」級4番艦「クニャージ・ウラジーミル」は、2012年7月30日に起工されました。
[改ボレイ級戦略原潜クニャージ・ウラジーミル起工]

2番艦と3番艦は「潜水艦乗組員の日」、4番艦は「海軍の日」に合わせて起工されています。

そして今回の記事によると、5番艦は「潜水艦乗組員の日」、6番艦は「海軍の日」に起工されるとの事です。
ロシア「海軍の日」は7月の最終日曜日であり、2014年は7月27日になります。

「ボレイ」級5番艦及び6番艦の建造準備作業は2012年から開始されています。
[既に6隻の新世代戦略原潜ボレイ級が建造されている]

「ボレイ」級セヴェロドヴィンスク「セヴマシュ」造船所で建造されていますが、「セヴマシュ」は2013年11月に航空母艦「ヴィクラマーディティヤ」インド海軍へ引き渡し、12月には戦略原潜「アレクサンドル・ネフスキー」多用途原潜「セヴェロドヴィンスク」ロシア海軍へ引き渡しています。
長年に渡る仕事を幾つか片づけたので、新たに「ボレイ」級を起工する余裕が出来たという事でしょう。


「ボレイ」級原潜の艦名は、昔のロシアの大公(ロマノフ朝以前の大公)の名前が付けられています。

ユーリー・ドルゴルーキー:キエフ大公ユーリー1世(在位1149年-1150年、1155年-1157年)
アレクサンドル・ネフスキー:ウラジーミル大公国の大公アレクサンドル1世(在位1252年-1263年)
ウラジーミル・モノマーフ:キエフ大公ウラジーミル2世(在位1113年-1125年)
クニャージ・ウラジーミル:キエフ大公ウラジーミル1世(在位978年-1015年)


5番艦と6番艦の名前も同様になるようです。
関連記事
スポンサーサイト