FC2ブログ

伝説のロシア艦上戦闘機パイロット、故チムール・アパキージェは60回目の誕生日を迎えた

Timur8.jpg
『中央海軍ポータル』(フロートコム)より
2014年3月5日11時18分配信
【北方艦隊海洋飛行士はロシア名誉飛行士チムール・アパキージェを追悼する】

(2014年)3月4日、著名な北方艦隊飛行士でロシア連邦英雄チムール・アパキージェ少将は、誕生日から60年に達した。

西方軍管区下の北方艦隊広報サービス・情報供給部長ワジム・セルガ1等海佐が伝えたように、セヴェロモルスクサフォーノフ通りの公園に在る伝説の艦上飛行士ナンバー1-ロシア英雄チムール・アパキージェ少将プスコフ州での展示飛行中実施中に悲劇的な最期を遂げた~の胸像に花輪が捧げられた。
北方艦隊海洋航空部隊及び司令部の代表は、名誉飛行士を追憶し、1分間の黙祷を捧げた。

追憶行事は、北方艦隊海洋航空隊の艦上飛行士駐屯地~セヴェロモルスク-3でも開催された。

チムール・アヴタンジロヴィチ・アパキージェロシア英雄、ロシア名誉軍事飛行士、狙撃飛行士、航空隊少将である。
彼は、ロシア海軍航空隊の生ける伝説の飛行士と呼ばれた。
彼は、艦上飛行士ナンバー1と認められた。
チムール・アパキージェは、重航空巡洋艦「アドミラル-フロータ-ソヴィエツカヴァ-ソユーザ・クズネツォフ」の甲板への着艦を実行した同国初の戦闘飛行士となった。

2001年7月17日、アパキージェ少将プスコフ州オストロフ市における海軍航空隊85周年の展示飛行実施中に死亡した。

北方艦隊は、彼を追悼する。
彼が勤務していた飛行士駐屯地の通りは、彼の名に因んで命名され、ロシア連邦英雄チムール・アパキージェの胸像は、艦隊の首都の公園で、他の栄光ある北方海洋飛行士であるソヴィエト連邦英雄2度受賞ボリス・サフォーノフの胸像の横に設置された。
しかし、チムール・アヴタンジロヴィチの最高の記念碑は、彼が創り上げた艦上航空連隊である。


14-0305e.jpg
[ロシア空母航空隊司令チムール・アパキージェ少将]

チムール・アヴタンジロヴィチ・アパキージェは1954年3月4日にグルジア共和国トビリシで生まれましたが、翌1955年にはレニングラードへ移住しました。

timur1.jpg
timur2.jpg

1971年、レニングラードナヒーモフ海軍高等学校へ入学し、1975年にはV.M.コマロフ記念エイスク高等軍事飛行士学校へ進みました。
1975年に少尉任官後、バルト艦隊海洋襲撃機航空連隊へ配属され、Su-17Mに乗りました。
そして1983年には、同連隊の司令代理に昇格しました。

1986年にA.A.グレチコ記念海軍大学校を卒業し、ウクライナサキ飛行場に在る海軍艦上航空センター第100艦上戦闘機連隊司令に任命され、艦上戦闘機Su-27Kの試験に従事しました。
timur5.jpg

1991年9月26日、海軍航空隊のパイロットとして初めて重航空巡洋艦「アドミラル-フロータ-ソヴィエツカヴァ-ソユーザ・クズネツォフ」へ着艦しました。
1991年7月11日には試作機T-10K-8の墜落事故に遭いましたが、脱出しています。

1991年12月末にソヴィエト連邦が解体された後、アパキージェ司令はウクライナへの宣誓を拒否し、翌1992年6月までに部下を纏めてロシアへ脱出しました。
18名のパイロットと約100名の地上整備スタッフが彼に付いて行き、彼らがロシア海軍艦上戦闘機隊の中核となりました。

1994年に第279独立艦上戦闘機航空連隊司令に任命され、1995年8月17日にはロシア連邦英雄勲章を授与されました。

2000年に少将へ昇進し、ロシア海軍航空隊司令官代理に任命されました。
この時までに13種類の航空機に乗り、飛行時間は3850時間、重航空巡洋艦の甲板へ283回の着艦を行なっていました。
timur6.jpg

2001年7月17日、プスコフ州オストロフ市で開催された海軍航空隊創設85周年記念式典でSu-33に乗り展示飛行を行ないましたが、その最中に乗機が故障。
Timur7.jpg

しかし彼は脱出せず、乗機を郊外まで持って行き、墜落しました。
2001a.jpg
2001b.jpg
墜落時には生存していたのですが意識は無く、救急車で病院へ運ばれる途中に死亡しました。

チムール・アパキージェの記念碑は幾つか建立されていますが、最近では、2013年7月17日に極東コムソモリスクナアムーレ市の航空機製造工場(艦上戦闘機Su-33を製造した所)にSu-33記念碑が建立されています。
『ロシースカヤ・ガゼータ』より
2013年7月17日11時07分配信
【コムソモリスクで伝説のSu-33記念碑が公開された】
14-0305d.jpg


そして、チムール・アパキージェ「最高の記念碑」~彼が育て上げたロシア海軍艦上戦闘機部隊「スモレンスク赤旗授与・ソ連邦英雄2度受賞ボリス・サフォーノフ名称記念第279独立艦上戦闘機航空連隊」~は、現在、重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」地中海遠征に参加しています。
[空母アドミラル・クズネツォフ第5次地中海遠征(2013年12月-)]
[ロシア海軍の艦上戦闘機連隊は創設40周年を迎えた]
関連記事
スポンサーサイト