北方艦隊とバルト艦隊の艦はキプロス島沖で合同演習を実施する

14-0326d.jpg
『イタルタス』より
2014年3月26日13時47分配信
【北方艦隊とバルト艦隊の艦は連携行動に習熟する】
ムルマンスク、3月26日/イタルタス特派員イリヤ・ヴィノグラードフ

北方艦隊大型対潜艦「アドミラル・レフチェンコ」及び大型揚陸艦「オレネゴルスキー・ゴルニャク」は、バルト艦隊大型揚陸艦「カリーニングラード」及び「ミンスク」との連携行動への習熟を始めた。

イタルタス西方軍管区下の北方艦隊広報サービス・情報供給部長ワジム・セルガより伝えられた所によると、ロシア海軍艦隊間グループの構成に加わっている4隻の艦の演習は、地中海東部キプロス島南西で実施される。

「アドミラル・レフチェンコ艦上から実施される単一指揮の下、北方艦隊とバルト艦隊の艦は、視覚及び観測機器装置を使用した航海中の再編成、更には、国際基準に沿った電波信号を発信する組織的通信練習といった一連の合同訓練を実施します」
広報サービスは伝えた。

今後数日間、北方艦隊バルト艦隊の将兵は、対空防衛訓練-様々な高度からの攻撃への反撃-に参加する。
更には、海上における艦の生存の為の対処、一連の捜索-救助支援活動といった演習が提供される。


本日(3月26日)、ロシア海軍大型揚陸艦3隻が黒海から地中海へ入りました。
[ロシア海軍の大型揚陸艦3隻は黒海から地中海へ入った]

この3隻は、地中海東部に居た北方艦隊大型対潜艦「アドミラル・レフチェンコ」と合流し、キプロス島南西沖で合同訓練を開始しました。

大型対潜艦「アドミラル・レフチェンコ」は、2014年3月19日から3月24日までキプロス島リマソール港へ寄港していました。
[大型対潜艦アドミラル・レフチェンコはキプロスを訪れた]

大型対潜艦「アドミラル・レフチェンコ」は、今年2月中旬には地中海東部黒海艦隊大型揚陸艦と合同訓練を実施しています。
[大型対潜艦アドミラル・レフチェンコは2隻の揚陸艦と演習を行なった]

現在、地中海に展開するロシア海軍の水上艦及び各種支援船は、この13隻です。

[ロシア連邦海軍地中海作戦連合部隊]司令官オレグ・ペシクロフ1等海佐
重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」(北方艦隊、作戦連合部隊旗艦)
重航空巡洋艦「アドミラル-フロータ-ソヴィエツカヴァ-ソユーザ・クズネツォフ」(北方艦隊)
大型対潜艦「アドミラル・レフチェンコ」(北方艦隊)
大型揚陸艦「ゲオルギー・ポベドノーセッツ」(北方艦隊)
大型揚陸艦「オレネゴルスキー・ゴルニャク」(北方艦隊)
大型揚陸艦「カリーニングラード」(バルト艦隊)
大型揚陸艦「ミンスク」(バルト艦隊)
偵察艦「アドミラル・フョードル・ゴロヴィン」(バルト艦隊)
救助曳船「アルタイ」(北方艦隊)
救助曳船「ニコライ・チケル」(北方艦隊)
大型海洋給油船「セルゲイ・オシポフ」(北方艦隊)
中型海洋給油船「カーマ」(北方艦隊)
浮揚工場PM-56(黒海艦隊、タルトゥースに駐留)
スポンサーサイト