fc2ブログ

ロシア太平洋艦隊旗艦・親衛ロケット巡洋艦ワリャーグは戦闘訓練を実施した

14-0327b.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2014年3月27日17時06分配信
【太平洋艦隊はロケット巡洋艦「ワリャーグ」と海洋航空隊の合同演習を実施した】

太平洋艦隊は計画戦闘訓練を続けている。
今日、海洋航空隊の飛行士と親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」は合同演習を実施した。

戦闘演習の実施には、捜索救助・対潜ヘリコプターKa-27が関わっていた。
回転翼機の乗員は、何度か空中偵察に飛び立ち、仮想敵潜水艦の捜索・探知の課題を果たし、ロケット巡洋艦への数多くの着艦の間に、彼らの飛行技量を磨き上げた。

「ワリャーグ」乗組員は、艦の生存への対処及び無防護の停泊地における防衛の課題を果たした。
擲弾筒で武装した対後方攪乱グループは、一連の戦闘演習を遂行し、仮想敵の水中工作員を撃滅した。

今日、太平洋艦隊旗艦の乗組員は、仮想敵の空中攻撃手段~対潜航空機IL-38から同艦へ数キロメートルへ投下された模擬小型空中移動目標~に対し、砲撃により成功裏に反撃した。

明日、親衛船員は、海上及び地上目標に対し、約20回の戦闘射撃を実施する。


14-0327c.jpg
ロシア太平洋艦隊旗艦となっている親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」は、2013年8月末から2014年1月末まで、太平洋、インド洋、そして地中海への遠距離航海を行ないました。
[ロケット巡洋艦ワリャーグ地中海遠征(2013年8月-)]

帰港後はウラジオストク金角湾で艦の整備と乗員の休養に専念していたようですが、3月末に洋上活動を再開しました。
関連記事
スポンサーサイト