FC2ブログ

ドヌズラフ湖出口に沈められたロシア海軍除籍艦船は引き揚げられる

14-0408b.jpg
『中央海軍ポータル(フロートコム)』より
2014年4月8日10時28分配信
【黒海艦隊の補助船はクリミアのドヌズラフ湖の封鎖を解除する】

4月6日、黒海艦隊補助船支隊セヴァストーポリを去り、ドヌズラフ湖エリアへ針路を取った。

支隊は、サルベージ船「KIL-158」「KIL-25」環境制御船「ピョートル・グラドフ」、海洋潜水作業船「VM-911」、泊地曳船「PB-389」で構成される。

補助船は、元ウクライナ海軍基地ドヌズラフの入り口に沈められた艦船の引き揚げ作業を実施しなければならない。

想い起して欲しい。
2014年3月、ドヌズラフに駐留するウクライナ海軍艦の逃走を防ぐ目的の為、大型対潜艦「オチャコフ」、海洋潜水作業船「VM-232」「VM-416」、更には、泊地艇が基地出口の防波堤の間に沈められた事を。
これらは、全て2008年~2011年の間に海軍から除籍された。

引き揚げ作業の実施には特殊ポンツーンが使用され、作戦開始は4月7日に予定されている。


14-0408a.jpg
2014年3月5日、ロシア黒海艦隊除籍艦「オチャコフ」(プロジェクト1134B大型対潜艦、1973年就役/2011年除籍)がクリミア半島ドヌズラフ湖出口に沈められました。
[ロシア黒海艦隊の除籍艦オチャコフはクリミア半島のドヌズラフ湾口に沈められた]

続いて、同じく黒海艦隊除籍船数隻もドヌズラフ湖出口へ沈められました。
[ウクライナ海軍艦艇の一部はドヌズラフ湾内に閉じ込められた]

その後、ドヌズラフに駐留していたウクライナ海軍艦艇はロシアに接収されました。
[ウクライナ海軍には10隻の艦艇が残った]

そしてクリミア共和国ロシア連邦へ編入された為、新たにロシア領となったドヌズラフ湖の出口に沈められた除籍艦船も引き揚げられる事になりました。
関連記事
スポンサーサイト