FC2ブログ

ロシア海軍新型フリゲート及びコルベットの乗員はサンクト・ペテルブルク市へ到着した

『中央海軍ポータル』(フロート・コム)ツイッターより。


【2012年3月16日18時08分】

プロジェクト22350フリゲート1番艦「アドミラル・ゴルシコフ」の乗組員を形成する北方艦隊将兵はサンクト・ペテルブルク市に到着した。


【2012年3月16日18時09分】

コルベット「ボイキー」乗組員は1ヶ月半に渡りバルト艦隊に滞在する。


【2012年3月16日18時10分】

コルベット「ボイキー」乗組員は、サンクト・ペテルブルク市で基本的な訓練プロセスを行なう。


12-0316z

「アドミラル・ゴルシコフ」はロシア海軍の新世代フリゲート・プロジェクト22350の1番艦です。
[「アドミラル・ゴルシコフ」近影(2012年2月9日)]
[アドミラル・ゴルシコフ型フリゲート]

同艦の乗組員が北方艦隊の将兵で構成されるという事は、就役後は北方艦隊へ配備されるのでしょうか。


「ボイキー」はロシア海軍の新世代コルベット「ステレグーシチー」型(プロジェクト20380)の1隻です。
[ステレグーシチー型コルベット「ボイキー」は2012年に就役する]
[ステレグーシチー型コルベット]
関連記事
スポンサーサイト