fc2ブログ

ロシア海軍太平洋艦隊艦船はベトナムのカムラン湾を去り、ウラジオストクへ向かった

14-0621a.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区(太平洋艦隊)広報サービス発表
2014年6月20日12時09分配信
【太平洋艦隊艦船支隊はカムラン海軍基地(ベトナム)を去り、ウラジオストクへ向かった】

本日(6月20日)、大型対潜艦「マルシャル・シャーポシニコフ」率いる太平洋艦隊艦船支隊は、6月17日に非公式訪問を行なったカムラン海軍基地(ベトナム)を去った。

ウラジーミル・ドミトリエフ少将が指揮する太平洋艦隊艦船支隊は、今年3月中旬から太平洋、そしてインド洋での戦闘勤務に就いている。

ベトナムの同僚との会議中、ウラジーミル・ドミトリエフ少将は、ベトナム側は訪問に関連する全ての問題を解決した事を指摘した。
訪問は、もてなしの雰囲気の中で行われた。

更に彼は確信を表明した。
我々の艦は再びカムランへ寄港するだろう。
これは、ロシア海軍ベトナム海軍の協同活動の更なる拡大を可能とする。

「このような協力は、地域の状況の安定化に貢献します」
ロシア支隊
の指揮官は強調した。

訪問初日、太平洋艦隊艦船支隊司令部は、ベトナム海軍第4海軍区司令官を表敬訪問した。
その後ロシア人船員は、職務遂行中に死亡したロシア及びベトナム軍人の記念碑への献花式典に参加した。

翌日、大型対潜艦「マルシャル・シャーポシニコフ」ベトナム社会主義共和国ロシア連邦特命全権大使アンドレイ・コヴトゥンが訪れた。
更にロシア艦には、ベトナム海軍司令部、カインホア省国境管理部の代表が訪れた。

訪問中、ロシア船員とベトナムの同僚はバレーボールの試合を行い、ニャチャン市の観光名所を見学した。

今回の訪問の注目される点は、2001年以降初めてのカムラン港へのロシア戦闘艦の寄港となった事にある。

想い起せば、2002年5月までの23年間以上、カムランには太平洋艦隊物資・技術供給所が位置しており、海外におけるロシア海軍の最大の基地であった。
14-0617e.jpg


大型対潜艦「マルシャル・シャーポシニコフ」を中核とするロシア太平洋艦隊艦船支隊は、3月中旬にウラジオストクを出航しました。
[ロシア太平洋艦隊の大型対潜艦マルシャル・シャーポシニコフはインド洋へ行く]

3月28日、多国籍海軍演習KOMODOに参加する為、インドネシアバタム島に到着しました。
[ロシア太平洋艦隊は多国籍海軍演習KOMODOに参加する]

3月31日、南シナ海ナトゥナ(リアウ)諸島海域で海上演習が開始されました。
[多国籍海軍演習KOMODOが始まった]

海上での演習は4月2日まで続けられ、4月3日には演習の終了セレモニーが開催されました。
[多国籍海軍演習KOMODO-2014は続く]

4月8日、マラッカ海峡を通過してインド洋へ入りました。
[大型対潜艦マルシャル・シャーポシニコフはインド洋へ入った]

4月19日、パキスタンカラチ港を訪問しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船はパキスタンのカラチを訪問する]
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船のパキスタン訪問は続く]

訪問は4月23日まで続けられ、翌4月24日にパキスタン海軍との合同演習が実施されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊はパキスタン海軍と合同演習を実施した]

5月初頭からアデン湾海賊対処任務に就きました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦マルシャル・シャーポシニコフはアデン湾で海賊対処任務に就いた]
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦マルシャル・シャーポシニコフは5隻の民間船を護送した]

5月23日、セーシェル諸島ヴィクトリア港を訪問しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の大型対潜艦マルシャル・シャーポシニコフはセーシェルを訪れた]

6月6日から9日までスリランカコロンボ港を訪れました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船はスリランカを訪問する]

6月17日、ベトナムカムラン海軍基地(カムラン湾)を訪問しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊艦船はベトナムのカムラン湾を訪問した]
14-0617d.jpg

そして6月20日にカムラン湾を出港し、ウラジオストクへの帰路に就きました。
関連記事
スポンサーサイト