fc2ブログ

ロシア海軍最新鋭戦略原潜ボレイ級3番艦ウラジーミル・モノマーフは航行試験を終えてセヴェロドヴィンスクへ戻った

14-0707l.jpg
『中央海軍ポータル』(フロートコム)より
2014年7月7日10時38分配信
【水中ロケット艦「ウラジーミル・モノマーフ」は航行試験から戻ってきた】

2014年7月5日、「セヴマシュ」で建造されたプロジェクト955「ボレイ」戦略用途原子力水中巡洋艦「ウラジーミル・モノマーフ」は、航行試験からセヴェロドヴィンスクへ戻ってきた。
同艦は海で30日間を過ごした。


航行試験中に水中ロケット艦の乗組員は艦の航海システム、電波電子機器、更には「ウラジーミル・モノマーフ」の航行性能をチェックした。
2014年9月、この潜水艦からの大陸間弾道ミサイル「ブラヴァー」発射が計画されている。

想い起せば、航行試験実施の為、「ウラジーミル・モノマーフ」は、2014年6月11日に出航した。
それは、元々から予定されていたものだった。

原子力潜水艦「ウラジーミル・モノマーフ」は、プロジェクト955の3番艦であり、「セヴマシュ」で2006年に起工された。
2014年にはロシア海軍へ受領される予定である。

戦略原子力ロケット艦「ボレイ」級は、海洋工学中央設計局「ルビーン」(サンクトペテルブルク)により設計された。
その主な兵装は、16基の新たな大陸間弾道ミサイル「ブラヴァー」である。


[新世代戦略原潜ボレイ級(旧ブログ)]
[新世代戦略原潜ボレイ級]

「ボレイ」級3番艦「ウラジーミル・モノマーフ」は、2006年3月19日に起工され、2012年12月30日に進水しました。
[ボレイ級戦略原潜3番艦ウラジーミル・モノマーフ進水(セヴマシュ公式サイト)]
[ボレイ級戦略原潜3番艦ウラジーミル・モノマーフは進水した]

乗組員は太平洋艦隊から集められました。
[新世代戦略原潜ボレイ級3番艦ウラジミール・モノマーフに電力が供給される]

2013年1月18日、「セヴマシュ」造船所の岸壁に係留されました。
[ボレイ級戦略原潜3番艦ウラジーミル・モノマーフの係留試験が開始された]

5月下旬、陸上から蒸気を送り、蒸気タービン機関の試験が行われました。
[ボレイ級戦略原潜ウラジーミル・モノマーフは蒸気タービン機関の試験を行なった]

6月10日、ロシア正教会の神父による祈祷式が執り行われました。
[ボレイ級戦略原潜ウラジーミル・モノマーフは祝福を授けられた]

9月12日、最初の工場航海試験の為に出港しました。
[ボレイ級戦略原潜3番艦ウラジーミル・モノマーフの航海試験が始まった]

10月初頭に最初の航海試験は完了しました。
[ボレイ級戦略原潜3番艦ウラジーミル・モノマーフは最初の航海試験を完了した]

2014年6月11日、2回目の工場航海試験を行なう為、白海へ出航しました。
[ロシア海軍最新鋭戦略原潜ウラジーミル・モノマーフは海洋試験の為に出航した]

そして7月5日、航海試験を終えてセヴェロドヴィンスクへ戻ってきました。

なお、「ウラジーミル・モノマーフ」が出航する2日前の6月9日には原潜「ドミトリー・ドンスコイ」が出航しており、6月19日には戻っています。
[タイフーン級原潜ドミトリー・ドンスコイは出航した]
[タイフーン級原潜ドミトリー・ドンスコイは帰港した]
おそらくは、「ウラジーミル・モノマーフ」の海洋試験の各種サポートやモニタリングを行なっていたのでしょう。

今後は、潜水艦弾道ミサイル「ブラヴァー」の発射試験も実施されます。
[ロシア海軍は2014年に2回、2015年に3回の潜水艦弾道ミサイル「ブラヴァー」試射を実施する]
[2014年の潜水艦弾道ミサイル「ブラヴァー」試射は白海から、2015年にはオホーツク海から実施される]

「ウラジーミル・モノマーフ」は2014年にロシア海軍へ引き渡される予定です。
引き渡し後、太平洋艦隊へ正式に編入され、カムチャツカ半島原潜基地(ヴィリュチンスク)へ回航されます。
関連記事
スポンサーサイト