黒海艦隊の為のプロジェクト06363潜水艦ノヴォロシースクはロシア海軍へ就役した

本日(2014年8月22日)、プロジェクト06363ディーゼルエレクトリック潜水艦の1番艦B-261「ノヴォロシースク」はロシア連邦海軍へ就役しました。

14-0822b.jpg
『イタルタス』より
2014年8月22日15時26分配信
【黒海艦隊の為の「ワルシャワンカ」型潜水艦の1隻目はロシア海軍へ引き渡された】
サンクトペテルブルク、8月22日/イタルタス

黒海艦隊の為に意図されているプロジェクト636.3ディーゼルエレクトリック潜水艦のトップ「ノヴォロシースク」は、正式にロシア海軍へ引き渡された。
金曜日、イタルタスは、「統合造船業営団」広報サービスより伝えられた。

「金曜日、統合造船業営団の一員であるアドミラルティ造船所において、プロジェクト636.3ディーゼルエレクトリック潜水艦ノヴォロシースクへ海軍旗が掲揚されました。
式典には、ロシア連邦国防相セルゲイ・ショイグ、知事代行ゲオルギー・ポルタフチェンコ、公開株式会社・統合造船業営団総裁アレクセイ・ラフマノフが出席しました」

広報サービスは付け加えた。

以前に伝えられたように、式典中にショイグは、有力かつ効率的な海軍の作成は同省の最優先事項の1つであり、海軍の開発ペースは更に上がる事を約束した。

国防相によると「より多くの最新技術が実現し、兵器や軍事機器の製造に導入されます」
「この潜水艦の建造は、その良い例であると認められます」

彼は話した。

国防相は、潜水艦の作成に参加した全ての人々への感謝の意を表し、確信を表明した。
「乗組員はロシア人船員の戦闘の伝統と、英雄都市ノヴォロシースクの名の栄誉を立派に受け継ぐでしょう」
「私は、あなた達の航海の無事とキール下の7フィートを願っております」

乗組員を前にしてショイグは締め括った。

木曜日、6隻の潜水艦を生産する「アドミラルティ造船所」において、「ノヴォロシースク」受領-引渡証書へ署名された。
以前、潜水艦は、北方艦隊で深海試験を実施しなければならないと伝えられた。
中央設計局「ルビーン」設計主任イーゴリ・モルチャノフによると、それは約2週間に渡って続けられる。

「ノヴォロシースク」は2010年8月に起工された。
これは、2016年までに黒海艦隊へ受領されなければならない「ワルシャワンカ」型潜水艦6隻の1隻目である。
これらの潜水艦第3世代に属しており、世界で最も静粛な潜水艦の1つと見られている。


テレビ局『ズヴェズダー』動画ニュースより
2014年8月22日17時30分配信
【潜水艦「ノヴォロシースク」はサンクトペテルブルクでロシア海軍へ引き渡された】


[プロジェクト06363潜水艦]

プロジェクト06363潜水艦の1番艦B-261「ノヴォロシースク」は2010年8月20日に起工され、2013年11月28日に進水しました。
[プロジェクト06363(改キロ級)潜水艦ノヴォロシースクは進水した]

その後、航海試験の準備が進められていました。
[プロジェクト06363潜水艦ノヴォロシースクはバルト海での海洋試験を準備する]

5月末に工場航海試験が開始されました。
[プロジェクト06363潜水艦ノヴォロシースクの航海試験が始まった]

6月22日、最初の航海試験は完了しました。
[プロジェクト06363潜水艦ノヴォロシースクは最初の航海試験を終えた]

7月下旬に再び航海試験が実施されました。

「ノヴォロシースク」が8月22日にロシア海軍へ就役する件については、8月初頭にロシア防衛産業の関係者が明らかにしました。
[ロシア黒海艦隊の為の1隻目のプロジェクト06363潜水艦ノヴォロシースクは2014年8月22日に就役する]

その後、ロシア海軍総司令官ヴィクトール・チルコフ提督も、「ノヴォロシースク」が8月22日に就役する事を認めました。
[プロジェクト06363潜水艦ノヴォロシースクは2014年8月22日にロシア海軍へ就役する]

8月21日、サンクトペテルブルクにおいて受領-引渡証書への署名が行なわれました。
[プロジェクト06363潜水艦ノヴォロシースクはロシア海軍へ納入された]

そして8月22日、正式な就役式典となる聖アンドレイ旗初掲揚式典が開催され、名実ともにロシア海軍へ就役しました。



ロシア海軍の艦の就役は
1:受領-引渡証書への署名(艦の造船所から海軍への納入)
2:海軍旗の初掲揚式典・各艦隊部隊への編入

の2段階で行なわれますが、「ノヴォロシースク」の場合、1は2014年8月21日に、2は2014年8月22日に実施されました。


ロシア海軍向けのプロジェクト06363非核動力潜水艦は、これまでに4隻が起工され、この内1隻が就役しています。
全てサンクトペテルブルク「アドミラルティ造船所」で建造されています。
14-0622c.jpg
現在の所、6隻が建造される計画です。

プロジェクト06363は、輸出用のプロジェクト636を更に改良したタイプであり、今後建造される第5世代非核動力潜水艦「カリーナ」級の開発設計作業の成果がフィードバックされています。

[プロジェクト06363]
・B-261「ノヴォロシースク」(Б-261 Новороссийск)
建造番号01670
2010年8月20日起工/2013年11月28日進水/2014年8月22日就役
黒海艦隊に配備予定

・B-237「ロストフ・ナ・ドヌー」(Б-237 Ростов-на-Дону)
建造番号01671
2011年11月21日起工/2014年6月26日進水/2014-2015年就役予定
黒海艦隊に配備予定

・B-262「スタールイ・オスコル」(Б-262 Старый Оскол)
建造番号01672
2012年8月17日起工/2014年8月28日進水予定/2014-2015年就役予定
黒海艦隊に配備予定

・「クラスノダール」(Краснодар)
建造番号01673
2014年2月20日起工
黒海艦隊に配備予定

・「ヴェリキー・ノヴゴロド」(Великий Новгород)
2014年起工予定
黒海艦隊に配備予定

・「コルピノ」(Колпино)
2014年起工予定
黒海艦隊に配備予定


プロジェクト06363潜水艦には有翼ミサイル「カリブル」が装備されます。
[巡航ミサイル「カリブル」対地攻撃型は2500kmの最大射程を有する]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。