ロシア海軍第5世代AIP潜水艦カリーナ級1番艦は2017年に起工される

14-0829g.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2014年8月28日11時41分配信
【(ロシア)海軍総司令官:新たな潜水艦の建造は2017年から始まる】
モスクワ、8月28日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシアは2017年に嫌気性装置を備えた新世代非核動力潜水艦の建造に着手する。
木曜日、ロシア通信社ノーボスチサンクトペテルブルクロシア連邦海軍総司令官ヴィクトール・チルコフ大将より伝えられた。

非大気依存発電装置の主な利点は、潜水艦の隠密性の増加に有る。
潜水艦は、バッテリーを充電する為に浮上する事無く水中に滞在できる。

「無論、建造されるのはディーゼルエレクトリック潜水艦になります。
私共は、今日、非核動力潜水艦について御話しております。
2017年からは嫌気性装置を備えた新シリーズの建造が続けられるでしょう。
建造にはアドミラルティ造船所が関わる事になります」
チルコフ
は話した。

既に報じられているように、現在、嫌気性(非大気依存)装置中央設計局「ルビーン」において試験が行われている。
2015年には、この装置はプロジェクト677「ラーダ」潜水艦への設置が計画されている。

同プロジェクトの最初の潜水艦「サンクトペテルブルク」は、クラシックな発電装置の下に建造され、現在、試験を続けている。
同プロジェクトの他の2隻の潜水艦は、未だ建造完了段階には無く、これらの艦が最初に嫌気性装置の試験を行なう。

ロシアが開発した非大気依存発電装置は、水素の生成方法において外国の同類とは根本的に異なっている。
それは潜水艦の中に高純度水素を貯蔵するのではなく、この装置により、改質装置を用いたディーゼル燃料の消費量に応じた水素の生成が提供される。


ロシア海洋工学中央設計局「ルビーン」は、以前から第5世代非核動力(通常動力)潜水艦の開発作業を進めています。
この第5世代潜水艦AIP(非大気依存機関)が標準装備されます。
[ロシア海軍第5世代AIP潜水艦プロジェクトはカリーナと命名された]
[ロシア第5世代潜水艦には「自動化(ロボット化)兵器複合体」が装備される]

今回、ロシア海軍総司令官ヴィクトール・チルコフ提督は、「新シリーズ(新世代)の非核動力潜水艦」としか言っておりませんが、これは「カリーナ」級を指しています。

「カリーナ」級の為の非大気依存発電装置は、まず初めに、現在建造中の第4世代非核動力潜水艦「ラーダ」級に装備されて試験が行われます。
[ロシア海軍のラーダ級潜水艦は非大気依存(AIP)機関を装備する]
[AIP機関を装備する改ラーダ級潜水艦は2018年までに完成する]
スポンサーサイト