FC2ブログ

ロシア海軍新世代フリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」の為の130mm砲は完成した

遅延に遅延を重ねていたプロジェクト22350フリゲート「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・ゴルシコフ」(ソ連邦海軍元帥ゴルシコフ)用のA-192M 130mm単装砲ですが、ようやく完成し、2014年9月11日、造船所(セーヴェルナヤ・ヴェルフィ)へ届けられました。
14-0912e.jpg
[A-192-5P-10 130mm砲]

A-192M 130mm単装砲を製造した「アルセナル」工場(上)とフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」を建造している「セーヴェルナヤ・ヴェルフィ」(左下)
14-0912f.jpg

A-192M 130mm単装砲の開発と製造は遅延に遅延を重ね、この為、「アドミラル・ ゴルシコフ」の就役も当初計画より大幅に遅れる事になりました。
[ロシア海軍への新世代フリゲート「アドミラル・ ゴルシコフ」の引き渡しは130mm砲の問題により延期される]

しかし、ようやく130mm砲が完成し、「アドミラル・ ゴルシコフ」へ搭載される事になりました。
14-0912g.jpeg

これで「アドミラル・ ゴルシコフ」も、ようやく航海試験を開始する事が出来るようになります。
関連記事
スポンサーサイト