FC2ブログ

ロシアへのミストラル級ヘリ空母の引き渡しはウクライナ紛争解決後に可能となる

14-1202c.jpg
『タス通信』より
2014年12月2日9時52分配信
【フランス大使:ロシアへの「ミストラル」引き渡しはウクライナ紛争の解決後に可能となる】
ノヴォシビルスク、12月2日/タス通信

フランスからロシアへの「ミストラル」型ヘリコプター空母の引き渡しは、ウクライナ紛争が、その事を許容できるようになった後でのみ可能となる。
本日(12月2日)、在ロシアフランス大使ジャン-モーリス・リペールノヴォシビルスクで記者団へ表明した。

「(フランス)共和国大統領は、数時間前に確認しました。
ミストラルの引き渡しは、ウクライナ情勢が、その引き渡しを可能とする時まで延期する事になるでしょう」

大使は話した。

先週、フランス大統領フランソワ・オランドは、現時点においては、2011年にロシア側から発注された2隻の「ミストラル」型ヘリコプター空母の1隻目をモスクワへ引き渡すことは出来ないと表明した。
エリゼ宮が発表したように、、オランド「ウラジオストクと命名された艦の輸出を承認する為の新たな処置が行なわれるまでは延期する必要があると見ております」

[「ミストラル」の供給契約]
ロシア海軍の為の「ミストラル」の契約は2011年6月に署名され、その金額は11億2000万ユーロに達する。
1番艦は2013年10月に進水した。
同艦の引き渡しは2014年11月14日に行なわれる事になっていたが、パリは式典を無期限に延期した。
2番艦「セヴァストーポリ」は11月20日に進水した。


[フランスのミストラル級引き渡し保留問題]
[ヘリコプター揚陸ドック艦ミストラル型]
[ヘリ空母ミストラル型(旧ブログ)]

2014年11月25日、フランス大統領フランソワ・オランドは、ロシアへの「ミストラル」級ヘリコプター揚陸ドック艦「ウラジオストク」の引き渡しを一時停止すると発表しました。
[フランスはロシアへのミストラル級ヘリ空母ウラジオストクの引き渡しを一時停止する]

この件に関し、ロシア駐在フランス大使ジャン-モーリス・リペール氏は、ヘリコプター揚陸ドック艦「ウラジオストク」ロシアへの引き渡しは、ウクライナでの紛争が解決されるまで延期されると述べました。
14-1202b.jpg

ジャン-モーリス・リペール氏は、今年10月にも同様の事を述べています。
[ウクライナに平和が戻った時にフランスはロシア海軍向けミストラル級に関する決断を下す]
関連記事
スポンサーサイト