ロシア海軍の3隻の戦略原潜は2014年12月26日にセヴェロドヴィンスクを出航する

14-1220a.jpg
『中央海軍ポータル』(フロートコム)より
2014年12月19日16時17分配信
【3隻の戦略ロケット艦はセヴェロドヴィンスクを去る】

3隻の戦略原子力潜水艦は12月26日にセヴェロドヴィンスクを去る。

この日、潜水艦「エカテリンブルク」は、「ズヴェズドーチカ」工場の埠頭を離れ、「アレクサンドル・ネフスキー」「ウラジーミル・モノマーフ」「セヴマシュ」を去る。
『中央海軍ポータル』は、北方艦隊の情報提供者より伝えられた。

「エカテリンブルク」は、「ズヴェズドーチカ」での2年間に渡った修理を終え、12月19日に(ロシア)海軍へ引き渡された。
潜水艦北方艦隊ガジエヴォに駐留する。

「ウラジーミル・モノマーフ」も12月19日に海軍の編制へ加わった。
潜水艦は10月初頭に試験を完了した。

「アレクサンドル・ネフスキー」は、「ブラヴァー」ミサイルの発射後、12月12日にセヴェロドヴィンスクへ到着した。
2014年末までに、潜水艦カムチャツカの常時駐留地へ到着しなければならないと報じられている。


2011年12月末の火災事故で損傷した戦略原潜「エカテリンブルク」(北方艦隊所属)は、セヴェロドヴィンスク「ズヴェズドーチカ」工場での修理を終え、12月19日にロシア海軍へ引き渡されました。
[火災で損傷したデルタIV級戦略原潜エカテリンブルクは修理を終えてロシア海軍へ復帰した]

2013年12月23日に就役し、書類上はロシア太平洋艦隊に所属している「ボレイ」級戦略原潜「アレクサンドル・ネフスキー」は、12月12日にセヴェロドヴィンスクへ入港しました。
[ロシア海軍最新戦略原潜アレクサンドル・ネフスキーはセヴェロドヴィンスクへ入港した]

「ボレイ」級戦略原潜「ウラジーミル・モノマーフ」は、12月19日にロシア海軍へ就役しました。
同艦は太平洋艦隊へ配備されます。
[第3のボレイ級戦略原潜ウラジーミル・モノマーフはロシア海軍へ就役した]

そして、この3隻は、揃って12月26日にセヴェロドヴィンスクを出航するとの事です。

北方艦隊所属の「エカテリンブルク」は、駐留基地であるガジエヴォへ向かう事になります。
14-1220b.jpg
関連記事
スポンサーサイト