fc2ブログ

ロシア海軍黒海艦隊はセヴァストーポリで大祖国戦争勝利70周年記念観艦式の準備を始めた

15-0504a.jpg
15-0504b.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2015年5月4日9時36分配信
【5月9日のパレードの為の艦の隊列の形成はセヴァストーポリで始まった】
モスクワ、5月4日-ロシア通信社ノーボスチ

大祖国戦争勝利70周年に捧げられる海上パレードに関わる黒海艦隊戦闘艦の隊列の形成はセヴァストーポリ内の泊地で始まった。
黒海艦隊情報供給部の発表では、こう述べられた。

「セヴァストーポリ内の泊地では、大祖国戦争勝利70周年に捧げられる海上パレードに関わる黒海艦隊の戦闘艦の隊列の形成が始まりました」
声明では、こう述べられた。

広報サービスの情報によれば、海上パレードには黒海艦隊旗艦・ロケット巡洋艦「モスクワ」、警備艦「スメトリーヴイ」、エアクッションロケット艦「ボラ」、大型揚陸艦「ヤマル」、「アゾフ」、小型ロケット艦「ミラーシュ」、小型対潜艦「ムーロメツ」、海洋掃海艦「コヴロヴェツ」、ロケット艇「R-239」を含む10隻の黒海艦隊の艦が参加する。

艦の隊列の形成は5月5日に終わる。


来たる2015年5月9日には、ロシアの各地で大祖国戦争勝利70周年記念式典が開催されます。

最も注目を集めているのは、ロシア陸軍新型戦車T-14「アルマータ」などが初公開されるモスクワ市内のパレードですが、ロシア海軍各艦隊の基地でも観艦式が行なわれます。

セヴァストーポリ湾内で行なわれる観艦式には、10隻の水上艦が参加します。

親衛ロケット巡洋艦「モスクワ」
警備艦「スメトリーヴイ」
エアクッションロケット艦「ボラ」
大型揚陸艦「ヤマル」
大型揚陸艦「アゾフ」
小型ロケット艦「ミラーシュ」
小型対潜艦MPK-134「ムーロメツ」
海洋掃海艦「コヴロヴェツ」
ロケット艇「R-239」


広報サービス発表では9隻の艦名しか公表されていませんが、あとの1隻はロシア国境警備隊境界線警備艦「ゼムチュク」のようです。

陸上でも黒海艦隊沿岸部隊のパレードが行なわれ、沿岸ミサイル複合体「バスチオン」、高射ミサイル複合体「オサー」、対空防衛複合体S-300、高射ミサイル複合体「パーンツィリ」、装甲兵員輸送車BTR-80などの各種車輌が参加します。
関連記事
スポンサーサイト