ロシア海軍の新型揚陸艦ピョートル・モルグノフは2015年6月11日に起工される

15-0225a.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2015年6月9日15時41分配信
【ロシア海軍最大の揚陸艦は6月11日に起工される】
モスクワ、6月9日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア連邦海軍の為の最大の大型揚陸艦-プロジェクト11711「ピョートル・モルグノフ」は、6月11日に造船工場「ヤンターリ」で起工される。
火曜日、海軍の代理人イーゴリ・ディガロ1等海佐は記者団へ伝えた。

プロジェクト11711の1番艦「イワン・グレン」は、現時点で建造の最終段階に在り、試験後、大方は2015年末に海軍へ引き渡される事になるだろう。

「6月11日、カリーニングラード造船工場ヤンターリにおいて、海軍の為の新たなプロジェクト11711大型揚陸艦が起工されます。
それは海軍総司令官ヴィクトール・チルコフ大将の指示により、ピョートル・モルグノフと命名されています」
ディガロ
は伝えた。

艦は5000トンの排水量を有しており、これは、現在、ロシア連邦海軍に在籍する大型揚陸艦の中でも最大級となる。

プロジェクト11711大型揚陸艦「ピョートル・モルグノフ」は、艦上に13両の戦車或いは30両以上の装甲兵員輸送車及び歩兵戦闘車を搭載可能であり、海軍歩兵大隊を積載する能力が提供される。
艦の生活条件は大幅に改善され、乗組員、空挺部隊員及び海軍歩兵の居住区が配置されている。

大型揚陸艦は4000海里の航続距離を有しており、遠海ゾーンでの任務遂行を可能とする。
プロジェクト11711大型揚陸艦の艦上には、艦載輸送戦闘ヘリコプターを搭載できる。


[新型揚陸艦イワン・グレン]

プロジェクト11711大型揚陸艦の2番艦は、当初2010年に起工される予定でしたがキャンセルされ、2014年9月に改めて建造が決定されました。
[ロシア海軍の大型揚陸艦イワン・グレン型の2番艦が建造される]

「ピョートル・モルグノフ」と命名された2番艦の為の工事は既に始まっています。
[プロジェクト11711大型揚陸艦2番艦ピョートル・モルグノフの建造が始まった]

「ピョートル・モルグノフ」の正式な起工は2015年7月8日の予定でしたが、約1ヶ月早い6月11日になりました。
[ロシア海軍の為のプロジェクト11711大型揚陸艦2番艦ピョートル・モルグノフは2015年6月11日に起工される]

そして今回、ロシア海軍側からも起工日は6月11日になる事が発表されました。
スポンサーサイト