FC2ブログ

ロシア海軍の艦船はエジプトの港を簡単に利用できるようになる

15-0615b.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2015年6月14日19時39分配信
【ロシアとエジプトは港への軍用艦の入港を簡易化できる】
アレクサンドリア、6月14日-ロシア通信社ノーボスチ、ラファエル・ダミノフ

ロシアエジプトは両国の港への軍用艦の寄港を簡略化する為の文書の作成に関し、大筋で合意した。
協定は、今年末までに署名される。
ロシア連邦海軍総司令官代理アレクサンドル・フェドテンコフは表明した。

ロシア連邦海軍エジプト海軍は、金曜日に地中海での初の合同演習『友情の橋-2015』の海上段階を完了した。

「私共は、今後の我々の国の港へのロシアとエジプトの艦の寄港を簡易化する協定に関し、大筋で合意しました。
我々は、この協定に関する合意の締結、そして今年末の署名へと進む為、8月にエジプトの委員会の一部がモスクワへ到着する事で合意しました」
フェドテンコフ
は、演習結果に関して開催された記者会見において述べた。

ロシア-エジプト演習『友情の橋-2015』には、ロシア海軍から親衛ロケット巡洋艦「モスクワ」、エアクッションロケット艦「サムーム」、大型揚陸艦「アレクサンドル・シャバリン」、海洋曳船「MB-31」、給油船「イワン・ブブノフ」の乗組員が参加した。
エジプト海軍からは、フリゲート「タバ」、「シャルム・エル・シェイク」、ロケット艇「4月25日」、「6月18日」、給油船「シャラティン」が参加した。


黒海艦隊親衛ロケット巡洋艦「モスクワ」、エアクッションロケット艦「サムーム」、大型海洋給油船「イワン・ブブノフ」、海洋曳船「MB-31」の4隻は、6月6日にエジプトアレクサンドリアを訪れました。
[ロシア海軍黒海艦隊艦船部隊はエジプトを訪れた]

この4隻+バルト艦隊大型揚陸艦「アレクサンドル・シャバリン」が、ロシア・エジプト海軍合同演習『友情の橋-2015』へ参加しました。
[ロシア海軍とエジプト海軍の合同演習『友情の橋-2015』は地中海で実施される]
[ロシア海軍とエジプト海軍は合同演習『友情の橋-2015』の打ち合わせを行なった]
[ロシア海軍黒海艦隊艦船はエジプトのアレクサンドリアに居る]

エジプト海軍からはフリゲート「タバ」、「シャルム・エル・シェイク」、ミサイル艇「4月25日」、「6月18日」、給油船「シャラティン」の他に、エジプト空軍からF-16戦闘機2機も参加しました。

6月10日、ロシア海軍エジプト海軍の演習参加艦はアレクサンドリアを抜錨し、地中海東部の演習実施海域へ向かいました。
[合同演習『友情の橋-2015』に参加するロシア海軍とエジプト海軍の艦船はアレクサンドリアを抜錨した]

ロシア海軍エジプト海軍は、地中海東部で様々な想定下の演習を行ないました。
[ロシア海軍とエジプト海軍は地中海東部で合同演習を行なっている]
[戦闘機F-16はロシア海軍とエジプト海軍の合同演習へ参加した]
[ロシア海軍とエジプト海軍は地中海東部で砲撃訓練を行なった]

6月12日に演習は完了しました。
[地中海東部でのロシア海軍とエジプト海軍の合同演習『友情の橋-2015』は終了した]

6月13日、ロシア海軍エジプト海軍の演習参加艦船はアレクサンドリア港へ戻りました。
[合同演習『友情の橋-2015』を終えたロシア海軍とエジプト海軍の艦船はアレクサンドリアへ戻った]

6月14日、合同演習の締めくくりとして、モスクワから来たロシア海軍総司令官代理アレクサンドル・フェドテンコフ中将と、エジプト海軍司令官オサマ・ムニール・ラビー少将による共同記者会見がアレクサンドリアで開催されました。

この共同記者会見の席上でエジプト海軍司令官オサマ・ムニール・ラビー少将は、ロシア海軍エジプト海軍の合同演習は、来年から毎年実施される事を明らかにしました。
[ロシア海軍とエジプト海軍の地中海合同演習は毎年実施される]

一方、ロシア海軍総司令官代理アレクサンドル・フェドテンコフ中将は、今後のロシア海軍の艦船のエジプトの港~例えばアレクサンドリアなど~の使用に関する協定が今年末までに締結される事を明らかにしました。

既にロシアは、キプロスの港の使用に関する協定を結んでいます。
[ロシアとキプロスは軍事協力協定を結んだ]

以前からのシリア(タルトゥース)、最近のキプロス(リマソール)に加え、今後はエジプトの港(アレクサンドリア)もロシア海軍は自由に使用できるようになります。
関連記事
スポンサーサイト