fc2ブログ

ロシア海軍太平洋艦隊はカムチャツカで対潜戦闘訓練を実施した

15-0625b.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2015年6月25日11時07分配信
【太平洋艦隊の艦は査察中にカムチャツカで「敵」潜水艦を探索した】
モスクワ、6月25日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア太平洋艦隊の艦は、50隻の艦船が関わる査察の枠組みにおいて、戦術グループを構成してアヴァチャ湾で仮想敵の潜水艦を探索した。
木曜日、東方軍管区の代理人ローマン・マルトフ1等海佐は報道機関へ伝えた。

「グループは、アヴァチャ湾水域及び近接エリアへ接近する仮想機雷の探知、監視偵察を実施しました。
小型対潜艦で構成される探知打撃艦グループの任務は、アヴァチャ湾での仮想敵の潜水艦の探知でした」

彼は話した。

査察には、約50隻の艦と支援船、40機の飛行機とヘリコプター、14000名の軍人と民間専門家が関わっている。


ロシア太平洋艦隊は6月中旬以降から日本海及びオホーツク海で演習を実施しています。
その一環として、オホーツク海で対潜演習が行われ、沿海地方からも水上艦潜水艦が派遣されています。
[ロシア海軍太平洋艦隊はオホーツク海で対潜演習を実施した]

今回は、カムチャツカ半島ペトロパヴロフスク・カムチャツキー沖で対潜戦闘訓練が行なわれました。
15-0625a.jpg

この訓練には小型対潜艦が参加していますが、現在、ペトロパヴロフスク・カムチャツキーには2隻の小型対潜艦(MPK-82、MPK-107)が常駐しており、これに加え、現在、沿海地方からも2隻の小型対潜艦(メチェーリ、コレーツ)が派遣されています。

これらの艦が今回の対潜戦闘訓練へ参加したようです。
関連記事
スポンサーサイト