ロシア海軍空母アドミラル・クズネツォフへ新兵が着任した

11435a.jpg
『タス通信』より
2015年6月29日10時13分配信
【唯一のロシア航空母艦「「アドミラル・クズネツォフ」乗組員として95名の新兵が補充された】
ムルマンスク、6月29日/タス通信特派員イリヤ・ヴィノグラードフ

重航空巡洋艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」艦上において、若き補充兵の軍事宣誓式典が開催された。
6月29日にタス通信北方艦隊広報サービスから伝えられたように、95名の水兵から成る2015年春の兵役期間の第1グループは、ロシア連邦への忠誠の宣誓を行なった。

「合計で徴集期間中に航空母艦へ、ロシアの様々な地域からの150名以上の若い水兵が送られます。
残りの人々(55名)は、後で宣誓を行なう事になります」

広報サービスは指摘した。

司令部から良い推賞を受けた水兵は、更なる契約を締結する。
艦には、徴集兵の兵役遂行の為の全ての条件が整えられている。
若い補充兵の為の食料、医療保障、居住環境、そして安全な兵役は、巡洋艦の司令部の特別な統制下に在る。

「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」は、ロシア海軍唯一の航空母艦である。
黒海造船工場で起工されたのは1982年9月1日であり、1985年12月4日に進水した。
艦の航海時には航空機Su-25UTG、Su-33、ヘリコプターKa-27、Ka-29が駐留する。

以前、北方艦隊広報サービスが伝えたように、(今年)5月に航空母艦は修理の為にドックへ置かれた。
修理は、ムルマンスク州ロスリャコヴォ第82艦船修理工場の専門技術者により実行される。
修理期間について艦隊は説明しなかった。


[重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフの経歴(ロシア国防省公式サイト)]
[空母アドミラル・クズネツォフ艦長セルゲイ・アルタモノフ]

「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ」は、2013年12月17日から2014年5月18日までの5ヶ月間に渡り、大西洋・地中海遠征を実施しました。
[空母アドミラル・クズネツォフ第5次地中海遠征(2013年12月-)]

遠距離航海から戻った後は、ムルマンスク市郊外の第35艦船修理工場でメンテナンスが行なわれました。

7月18日にはムルマンスクからセヴェロモルスクへ移動しました。
[ロシア海軍空母アドミラル・クズネツォフ近影(2014年7月18日)]

7月27日の「ロシア海軍の日」には、北方艦隊基地セヴェロモルスクで祝賀行事に参加しました。

その後、第35艦船修理工場へ戻ってメンテナンスを完全に終え、9月29日に点検の為、バレンツ海へ出航しました。
[ロシア海軍の空母アドミラル・クズネツォフは整備後の点検の為に出航した]

9月30日、艦上航空隊の訓練が始まりました。
[ロシア海軍の空母アドミラル・クズネツォフで艦上航空隊の訓練が始まった]

10月1日からは北方艦隊捜索救助部隊の演習へ参加し、「遭難艦」の役を演じました。
[ロシア海軍北方艦隊は空母アドミラル・クズネツォフの救助訓練を行なう]

2014年11月末、ムルマンスク市と後援協定を締結し、同市の後援を受ける事になりました。
[ムルマンスク市はロシア海軍の空母アドミラル・クズネツォフを後援する]

2015年5月13日、常時係留地であるムルマンスク郊外の第35艦船修理工場岸壁からロスリャコヴォ第82艦船修理工場へ移動しました。
[ロシア海軍空母アドミラル・クズネツォフは浮きドックへ入る]
[ロシア海軍空母アドミラル・クズネツォフは浮きドックへ入渠した]

「アドミラル・クズネツォフ」は、ロスリャコヴォ大型浮きドックPD-50に入渠してオーバーホールを行ないます。
[ロシア海軍重航空巡洋艦アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ近影(2015年5月31日)]

その「アドミラル・クズネツォフ」へ、徴兵された若い水兵95名が着任しました。
今回は第1陣であり、近い内に第2陣も到着し、合計で150名以上の新兵が「アドミラル・クズネツォフ」で勤務する事になります。

現在、ロシア連邦軍は徴兵制から志願制への移行を進めており、ロシア海軍にも、既に全乗組員が契約軍人のみで構成されている艦は在りますが、1900名以上の大所帯である「アドミラル・クズネツォフ」乗員団の場合、まだ全ての乗員を契約軍人にする所までは進んでいません。
(現在のロシア連邦海軍において、1隻だけで1000名以上の乗員が居るのは「アドミラル・クズネツォフ」のみ)


「アドミラル・クズネツォフ」は、2010年代末に近代化改装が予定されています。
[空母アドミラル・クズネツォフの近代化は先延ばしされている]
[ロシア海軍の空母アドミラル・クズネツォフは2010年代後半に近代化改装を行なう]
スポンサーサイト