ロシア海軍北方艦隊の艦上戦闘機航空連隊は訓練の為、クリミアのニートカへ進出した

15-0713d.jpg
15-0713f.jpg
『タス通信』より
2015年7月13日11時00分配信
【北方艦隊の甲板飛行士はクリミアでのシミュレーター「ニートカ」での訓練を開始した】
モスクワ、7月13日/タス通信

北方艦隊海洋航空隊艦上戦闘機航空連隊の飛行士は、クリミアノヴォフェドロフカ町地上練習-訓練航空複合体ニートカからのフライトを開始した。
15-0713e.jpg
北方艦隊広報サービス部長ワジム・セルガ1等海佐は記者団へ伝えた。

「北方艦隊海洋航空隊のセヴェロモルスク-3飛行場からクリミアのサキ飛行場へ、訓練飛行へ関わる事になる3機の戦闘練習機Su-25UTGと3機の甲板戦闘機Su-33が再配置されました。
更に、クリミアへ、北方艦隊艦上戦闘機航空連隊の一員である70名の飛行要員及び整備要員が到着しました。
これには、航空母艦の甲板からの発着艦の経験を持たない5名の若い飛行士が含まれます」
セルガ
は話した。

訓練は数週間に渡って続けられ、10回の飛行勤務が実施される。
戦闘機飛行士の訓練を管理するのは、航空連隊司令・ロシア名誉飛行士パーヴェル・ポドグゾフである。

「複合体ニートカで訓練を終えた後、飛行士は常時駐屯地へ戻り、重航空巡洋艦アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフの甲板からの飛行の準備を始めます」
北方艦隊
の代理人は指摘した。

航空隊地上試験訓練複合体ニートカは、航空母艦の甲板を模した特殊地上練習訓練複合体であり、航空母艦からの航空機の発着艦技術の習熟の為に意図されている。
それは特殊鋼で造られた艦の甲板の形の発着艦地帯であり、トランポリン航空機制止装置を装備する。
15-0713c.jpg
15-0713b.jpg

航空機Su-27トランポリン複合体からの初めての離陸は1982年9月に実施された。
15-0713a.jpg


[ロシア海軍の艦上戦闘機連隊は創設40周年を迎えた]
[伝説のロシア艦上戦闘機パイロット、故チムール・アパキージェは60回目の誕生日を迎えた]
[空母アドミラル・クズネツォフの最高の艦上戦闘機パイロット達]
[ロシア海軍の艦上戦闘機Su-33(Su-27K)は空母の甲板への初着艦から25周年の記念日を迎えた]

ロシア海軍艦上戦闘機Su-33は、北方艦隊「スモレンスク赤旗授与・ソ連邦英雄2度受賞ボリス・サフォーノフ記念第279独立艦上戦闘機航空連隊」にのみ配備されており、空母「アドミラル・クズネツォフ」を母艦としています。
(普段はセヴェロモルスク-3飛行場に駐留)
現在の総保有機は21機であり、この内の14機程度が稼働状態に在ります。
15-0320d.jpg

この他、第279連隊は7機の練習機Su-25UTGを保有しています。
[艦上練習機Su-25UTGは寿命延長改修を行なった]

記事中で名前が出てくるパーヴェル・ポドグゾフ大佐は、今年2月初頭に艦上戦闘機航空連隊司令に就任しました。
[ロシア海軍艦上戦闘機部隊の指揮官が交代した]

そして2015年7月中旬、第279艦上戦闘機航空連隊戦闘機Su-33練習機Su-25UTGは、航空連隊へ新たに着任した新人パイロットの訓練の為、連隊司令パーヴェル・ポドグゾフ大佐に率いられ、クリミア半島サキ飛行場艦上機訓練施設「ニートカ」へ到着しました。

クリミア「ニートカ」は、2014年春以降、ロシア海軍航空隊の手に戻っています。
[ロシア海軍航空隊の2つの「ニートカ」]

なお、第279艦上戦闘機航空連隊の母艦である重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」は、現在、浮きドックで修理中です。
[ロシア海軍重航空巡洋艦アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ近影(2015年5月31日)]


Su-33は、順次寿命延長近代化改修が行なわれており、少なくとも2025年までは運用されることになります。
[ロシア北方艦隊艦上戦闘機隊は近代化改修されたSu-33を受け取った]
[ロシア海軍航空隊の艦上戦闘機Su-33は2025年まで現役に留まる]
スポンサーサイト