fc2ブログ

ロシア太平洋艦隊艦艇部隊は二手に分かれて帰港する

ロシア-中国海軍合同演習「海洋協同-2012」("Морское взаимодействие -2012")に参加したロシア海軍艦艇部隊は、二手に分かれ、ウラジオストク(金角湾)フォーキノ(ストレロク湾)へ帰港します。
12-0430c


『ヴェスチレギオン』より。
2012年4月29日9時33分配信
【1つの太平洋艦隊支隊は、ストレロク湾と金角湾へ向かっている】

ロシア海軍艦艇支隊の親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」、大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」、「マルシャル・シャーポシニコフ」、「アドミラル・トリブツ」、支援船SB-522、MB-37、「ペチェンガ」は、黄海エリアにおけるロシア-中国演習「海洋協同-2012」の任務を完璧に遂行し、ウラジオストクへ向かう。

演習のために形成され、祖国の沿岸へ向かう艦艇支隊は、海洋で物資を補充後、再び2つのグループに分かれる。

セルゲイ・ジューガ1等海佐が指揮する親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」、大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」、「マルシャル・シャーポシニコフ」、救助曳船SB-522は、5月1日にストレロク湾(フォーキノ)へ到着し、艦艇乗員の歓迎式典が開催される。

大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」、支援船MB-37と「ペチェンガ」で構成され、イリダル・アフメロフ1等海佐の指揮下でアデン湾において海賊対処の戦闘当直任務を遂行した太平洋艦隊艦艇支隊は、5月3日に金角湾(ウラジオストク)へ到着する。

東方軍管区太平洋艦隊情報供給・広報サービス部長ローマン・マルトフ1等海佐は発表した。


[ロシア-中国海軍合同演習「海洋協同-2012」]

ロシア-中国海軍合同演習「海洋協同-2012」には、7隻のロシア海軍艦艇が参加しました。

親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」(011)
大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」(564)
大型対潜艦「マルシャル・シャーポシニコフ」(543)
大型対潜艦「アドミラル・ヴィノグラードフ」(572)
給油船「ペチェンガ」
海洋曳航船MB-37
海洋曳航船SB-522


この内、大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」、給油船「ペチェンガ」、海洋曳航船MB-37アデン湾海賊対処任務を終えて戻ってくる途中での参加でした。
[ロシア太平洋艦隊海賊対処部隊はロシア-中国海軍合同演習「海洋協同-2012」に参加する]
この3隻(ロシア太平洋艦隊第7次アデン湾海賊対処任務部隊)がウラジオストク(金角湾)を出港したのは、2011年12月10日でした。
[「アドミラル・トリブツ」はソマリア沖へ向け出港した]
12-0430b


親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」、大型対潜艦「マルシャル・シャーポシニコフ」、「アドミラル・ヴィノグラードフ」、海洋曳航船SB-522の4隻は、2012年4月15日にストレロク(フォーキノ)を出港しました。
[太平洋艦隊艦艇は黄海へ向かった]
12-0430a

両隊は、4月19日に黄海で合流し、ロシア-中国海軍合同演習「海洋協同-2012」に参加する為、チンタオ港へ向かいました。
[ロシア太平洋艦隊艦艇は「朝鮮海峡」を通過する]
関連記事
スポンサーサイト