FC2ブログ

ロシア海軍航空隊の為の新世代艦上ヘリコプターは2020年までに作成される

15-0827c.jpg
『タス通信』より
2015年8月25日11時27分配信
【ロシア海軍海洋航空隊は2020年に「カモフ」からの根本的に新しいヘリコプターを待っている】
ジュコーフスキー/モスクワ州/ 8月25日/タス通信

「カモフ」は2020年までにロシア海軍航空隊の為の根本的に新しいヘリコプターを作成する。
8月25日、タス通信ロシア海軍海洋航空隊司令官イーゴリ・コジン少将より伝えられた。

「根本的に新しいヘリコプターを作成する作業は進行中です。
2018~2020年には、それが待ち受けている事でしょう」
コジン
は話した。

彼によると、作成される将来機は、主として潜水艦を探知、追尾し、破壊する為に意図されている多目的艦載ヘリコプターKa-27を代替しなければならない。


現在、ロシア海軍主力艦載ヘリコプターKa-27の近代化改修が進められています。
[ロシア海軍の艦載ヘリコプターKa-27PLとKa-27PSが近代化される]
[ロシア海軍航空隊の長距離対潜哨戒機Tu-142及び対潜ヘリコプターKa-27は2020年までに全機が近代化される]

しかし、Ka-27を未来永劫に渡り使用し続ける事は出来ないので、「カモフ」による新たな艦上ヘリコプターの開発が計画されることになりました。
[ロシア海軍の為の将来多目的艦上ヘリコプターが開発される]

今回、ロシア海軍航空隊司令官イーゴリ・コジン少将は、Ka-27の後継機となる新世代艦上ヘリコプターが2020年までに作成されると述べています。
12-0714e.jpg
関連記事
スポンサーサイト