fc2ブログ

ロシア海軍最新戦略原潜アレクサンドル・ネフスキーは2015年9月中旬以降にカムチャツカへ到着する

15-0907c.jpg
『タス通信』より
2015年9月7日13時58分配信
【情報筋:「アレクサンドル・ネフスキー」は予定より遅れて9月中旬にカムチャツカへ到着する】
モスクワ、9月7日/タス通信

「ボレイ」型戦略原子力潜水艦「アレクサンドル・ネフスキー」は、困難な天候及び結氷条件が故に、当初の予定よりも遅れて9月中旬に太平洋艦隊へ到着する。
9月7日、タス通信海軍本部の情報提供者より伝えられた。

「アレクサンドル・ネフスキーは、ガジエヴォ基地から8月15日に出航し、9月上旬にはカムチャツカのルイバチー村の原子力潜水艦基地へ到着しなければなりませんでした。
しかしながら、困難な天候及び結氷条件、その他の要因が故に、同艦の到着時期は、少し後へずれ込みました。
今は、今月中旬に基地へ到着する予定となっております」

対談者は話した。

彼は、カムチャツカへ到着後、「アレクサンドル・ネフスキー」は、少なくとも年末までは大陸間弾道ミサイル「ブラヴァー」発射を実行しない事を想い起した。
「同艦の弾薬として、分離可能な核弾頭を有するミサイル"ブラヴァー"が16基在ります。
潜水艦がオホーツク海からアルハンゲリスク州のチジャ射爆場へブラヴァーを発射する機会は除かれます」

情報提供者は説明した。

以前、ロシア連邦軍参謀本部の情報提供者は「アレクサンドル・ネフスキー」が10月頃に戦闘パトロールの為に海へ出るとタス通信へ伝えた。
当初の計画では、今年は太平洋艦隊へ2隻の「ボレイ」が補充される事になっていたが、潜水艦「ウラジーミル・モノマーフ」の回航は延期された。


[新世代戦略原潜ボレイ級]
[新世代戦略原潜ボレイ級(旧ブログ)]

第4世代戦略原子力潜水艦プロジェクト955「ボレイ」級2番艦のK-550「アレクサンドル・ネフスキー」は、2004年3月19日に起工され、2010年12月6日に進水し、2011年10月22日から海洋試験を開始しました。

ロシア海軍へ引き渡される前の2013年9月6日、白海弾道ミサイル「ブラヴァー」発射試験を実施しましたが、失敗に終わりました。
[2隻のボレイ級戦略原潜の国家試験はSLBMブラヴァー試射失敗により中断される]
[発射に失敗したSLBMブラヴァーには遠隔測定器が装備されていなかった]
[SLBMブラヴァー発射失敗の原因が発表された]

その後、2013年12月23日にロシア連邦海軍へ引き渡され、太平洋艦隊へ編入されました。
[ボレイ級戦略原潜2番艦アレクサンドル・ネフスキーはロシア海軍へ就役し、太平洋艦隊へ編入された]

2013年12月30日、北方艦隊原潜基地ガジエヴォに到着しました。
[2隻のボレイ級戦略原潜はガジエヴォ基地に到着した]

その後は、ガジエヴォに「仮住まい」しながら慣熟訓練を行なっていました。

2014年11月28日、バレンツ海から弾道ミサイル「ブラヴァー」発射に成功しました。
[ロシア海軍最新戦略原潜アレクサンドル・ネフスキーからの弾道ミサイル"ブラヴァー"発射は成功した]

2015年4月頃、弾道ミサイル「ブラヴァー」を定数の16基搭載し、戦闘即応体制が整いました。
[ロシア海軍最新戦略原潜アレクサンドル・ネフスキーは戦闘即応体制が整った]

そして8月中旬(8月15日)に「アレクサンドル・ネフスキー」カムチャツカへ向けて出航しました。
[ロシア海軍最新戦略原潜アレクサンドル・ネフスキーはカムチャツカへ回航される]

「アレクサンドル・ネフスキー」は9月上旬にカムチャツカ半島ヴィリュチンスク基地へ到着する予定でしたが、少し遅れて9月中旬以降に到着する事になるようです。

ヴィリュチンスク基地到着後、乗員の休養と艦の整備を行なった後、「アレクサンドル・ネフスキー」は今年10月以降に戦略核パトロールを開始します。
[ロシア海軍最新戦略原潜アレクサンドル・ネフスキーは2015年10月以降に太平洋艦隊で戦略核パトロールを開始する]


以前の計画では、「アレクサンドル・ネフスキー」は、今年9月末にオホーツク海から「ブラヴァー」を発射する事になっていましたが、取り止めとなりました。
[ロシア海軍最新戦略原潜アレクサンドル・ネフスキーは2015年9月末にオホーツク海から弾道ミサイルを発射する]

なお、同じく書類上は太平洋艦隊に所属している「ボレイ」級3番艦「ウラジーミル・モノマーフ」(2014年12月就役)のカムチャツカ回航は2016年になります。
[ロシア海軍最新鋭戦略原潜ウラジーミル・モノマーフのカムチャツカ回航は2016年になる]
関連記事
スポンサーサイト