fc2ブログ

ロシア海軍最新鋭戦略原潜ウラジーミル・モノマーフは短期間海へ出た

15-0915f.jpg
『中央海軍ポータル』(フロートコム)より
2015年9月15日15時8分配信
【戦略用途ロケット水中巡洋艦「ウラジーミル・モノマーフ」は「ブラヴァー」発射の前に海洋への出航を行なった】

戦略用途原子力水中巡洋艦「ウラジーミル・モノマーフ」は短期間の海洋への出航後、セヴェロドヴィンスクへ帰港した。
『中央海軍ポータル』は北方艦隊の情報提供者より伝えられた。


「ウラジーミル・モノマーフ」は、9月10日・金曜日にセヴェロドヴィンスクから出航し、9月14日に帰港したと対談者は話した。

ロケット巡洋艦は、大陸間弾道ミサイル「ブラヴァー」の今後の発射の前の9月初頭にセヴェロドヴィンスクへ到着した。
今後数か月以内に潜水艦は、バレンツ海エリアからカムチャツカのクラ射爆場へ水中位置からミサイル「ブラヴァー」を発射しなければならない。

[『中央海軍ポータル』参考資料]
戦略用途原子力水中巡洋艦「ウラジーミル・モノマーフ」
は、プロジェクト「ボレイ」第3のロケット艦である。
潜水艦は2006年3月19日に公開株式会社「生産合同セヴマシュ」で起工され、2012年12月30日には造船台から出た。、
原子力ロケット艦は2014年7月5日に工場試験を完了し、7月16日には国家試験の為に海へ出た。
それは10月初頭になってから完了した。
12月19日、水中巡洋艦太平洋艦隊の一員として受領された。

現在、海軍の戦闘編制には、「ボレイ」級原子力潜水艦3隻が在る:「ユーリー・ドルゴルーキー」(北方艦隊)、「アレクサンドル・ネフスキー」「ウラジーミル・モノマーフ」(両方とも太平洋艦隊)。
更に3隻の水中巡洋艦「セヴマシュ」で建造されている:「クニャージ・ウラジーミル」、「クニャージ・オレグ」、そして2014年12月26日に起工された「ゲネラリーシムス・スヴォーロフ」(プロジェクト「ボレイ-A」)

合計して2020年までに8隻のプロジェクト「ボレイ」潜水艦の軍備採用が計画されている。
その全長は170メートル、幅13.5メートル、水中排水量は24000トンである。
プロジェクト「ボレイ」艦は16基の海洋配置大陸間弾道ミサイルR-30「ブラヴァー-30」を搭載できる。


[新世代戦略原潜ボレイ級(旧ブログ)]
[新世代戦略原潜ボレイ級]

「ボレイ」級戦略原潜3番艦「ウラジーミル・モノマーフ」は、2006年3月19日に起工、2012年12月30日に進水、2014年12月10日に竣工、12月19日にロシア海軍へ就役しました。
同艦は、書類上は太平洋艦隊第25潜水艦師団に所属しています。
[第3のボレイ級戦略原潜ウラジーミル・モノマーフはロシア海軍へ就役した]

12月26日にセヴェロドヴィンスクを出航し、北方艦隊原潜基地ガジエヴォに到着しました。
[ロシア海軍最新鋭戦略原潜ウラジーミル・モノマーフは北方艦隊原潜基地ガジエヴォに到着した]

「ウラジーミル・モノマーフ」カムチャツカ回航は2016年になります。
[ロシア海軍最新鋭戦略原潜ウラジーミル・モノマーフのカムチャツカ回航は2016年になる]

これに先立ち、今年末までに弾道ミサイル「ブラヴァー」を発射する事になりました。
[ロシア海軍は2015年末までに数回の弾道ミサイル"ブラヴァー"発射を実施する]
[ロシア海軍最新鋭戦略原潜ウラジーミル・モノマーフは2015年末までに弾道ミサイル"ブラヴァー"を発射する]

「ウラジーミル・モノマーフ」からの弾道ミサイル「ブラヴァー」発射は今年10月~11月に予定されています。
[ロシア海軍最新鋭戦略原潜ウラジーミル・モノマーフは2015年10-11月にカムチャツカへ弾道ミサイルを発射する]

その「ウラジーミル・モノマーフ」は、9月初頭にセヴェロドヴィンスクへ回航され、9月10日から14日まで海へ出ていました。


「ウラジーミル・モノマーフ」は、2014年9月10日に初めて弾道ミサイル「ブラヴァー」を発射しています。
[ロシア海軍最新鋭戦略原潜ウラジーミル・モノマーフはブラヴァー弾道ミサイル発射に成功した]
関連記事
スポンサーサイト